FC2ブログ
5月29日(木) バヌアツ 66日目。気温23.5℃、湿度82% 曇り。
2008/05/29(Thu)
先週金曜日、23日から風邪の症状である。昨日早く帰って休んだせいか、少し楽になった気がする。
幸い、ひどくならず、回復できそうだ。
2時半目を覚ます。寝汗をかいたので、下着を換える。のどの痛みは引いたが、咳がでる。レモンティーをつくり、飲む。「沈まぬ太陽㈣会長室山篇」を読んでまた眠る。6時5分起床。食事をし、昨夜着替えた下着を手洗いして、ベランダに干す。今日は2時間目の8時40分からであったが、7時10分アパートを出て、歩き7時35分学校に着く。ゴミを出し、日記を書く。8:16  今日は11時から13時まで授業が無い。この時間に銀行に行って、お金を下ろし、不動産屋に行って、6月分の家賃を払ってこようかと思う。家賃はアパートに住む管理人に支払いにいくのではなく、不動産屋に払いに行くのがこの国のやり方である。銀行から、自動振込みも出来るが振込み手数料がかかるという。銀行にいくらかかるかを聞いておこう。今月は、電話の取り付け料9,500vt、1ケ月の電話基本料は1,575vtがかかる見込みであり、電気代は10,000vtぐらいだという。但し、電話については、JICAが負担してくれるので、領収書を取っておくことが必要だ。8:30
そろそろ、マシンの電源をあげて、使える準備をする。8時42分最初の生徒が入ってくる。12年生OptDでペイントで絵を書く生徒が多い。生徒の絵はなかなか素晴らしい。8時50分Shem先生出てくる。午前は11時で授業は終わりなので、10時15分、下のバス乗り場でバスを待つ。バスがきて、BRED銀行と言うと、反対方向に行くという。構わないと乗って後悔した。ハイダウェア島の先のウォーターフォールまで、オーストラリア人カップル2組を運んで、BRED銀行には、11時になっていた。12万VTを引き出して、11時14分、アイランドプロパティに11時30分前に入り、6月分の家賃、85,000vtを支払う。次に、電話会社TVLへ電話を聞きに行くと、番号 27831で、開通済みだという。次にインターネットを訪ねると、MAXスピード128KBのADSLで、平日PM8:00-AM6:00までと、週末土曜、日曜と、公的休日は終日使える条件で、月の使用料が7,800vtという。これを申し込もうと思うが、USB PACKというものを、使う必要があるかどうか、分からないので、申し込み用紙を持ち帰ることにして、電話会社 TVLを11時50分出る。バスで12時、学校に戻る。Shem先生は、昼食に家に戻るという。中庭のパンプレムースの木から、1個、とる。
昼食を図書室でいただく。1時から3時まで授業。3時半、別の先生に呼ばれて、プロジェクターをノートPCと接続するが、DVDが写らず、お役に立てずに残念だった。16:05分。まだ教室の生徒はゲームなどで楽しんでいるがそろそろ、店じまいにしようと思う。今日は、ドミに行って、インターネットをしようと思う。
帰り道でパン2本買って、ドミでインターネットでメールとブログをして、6時半アパートへ戻る。たらこスパゲッティを作り、食後、本を読んでいると、7:00頃ろ川口さんから電話。ショートカットの作り方を尋ねられる。マタソーの旅行の話をする。6月か7月に行きたいとのこと。金曜の夜から行くスケジュールをタリスさんに聞いてみる。また、行きたい人を募ってみる。さし当たって、新所長を誘ってみようと思う。9時頃、ベッドに入る。本を読みながら就寝。
スポンサーサイト



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月28日(水) バヌアツ 65日目。気温24℃、湿度80%
2008/05/29(Thu)
4時10分目を覚ます。少し寝汗をかく。レモンティーを飲んで読書、JICAの雑誌と「沈まぬ太陽㈣会長室篇」を読む。7時過ぎアパートを出て歩いて学校へ。7時40分から、生徒が集まる。ゲームをする生徒が多い。8:17マイケルジョーンズが来て、Wed Site Creation Free Softのことを話していく。8:40頃自分の授業が始まるといって、出て行く。9時半頃Shem先生が来て、これから北エファテに行くので、帰りが午後になるという。何時ごろ帰るかを聞くと、午後2時ごろだという。北まで行って、2時に戻るのは無理ではないかと思ったが、今日の授業の終了の3時までには戻りたいようであった。午前中生徒がよくしているゲームをしてみる。また授業のデータを見てみる。昼食を食べようと、図書室の机に戻ると、タリスさんが、今日は昼食が出ると、隣の部屋での昼食会への参加を勧められた。タリスさんを待っていたが、仕事が終りそうもないようで再度勧められたので、中庭を隔てた教室からプラスチックの椅子を持って、昼食会の会場の部屋へ入ると、40名以上の先生が部屋の回りに座っていて、真中のテーブルには、ごはん、いも、シチュー、鳥の手羽焼き、ポーク料理、デザート、フルーツなどを取り、オレンジジュースでいただく。勤めていた先生がオーストラリアに帰るということで、2人の可愛いお嬢さんも連れてきていた。オーストラリア人といっても、白人ではない。プレゼントや、唄の合唱などで、先生を送り、校長先生と、女の先生が別れの挨拶をしてから、昼食をいただいた。午後1時の授業開始の時間になっても、出て行く先生を見かけなかったので、不思議に思ったが、1時15分、食事を終えて、部屋を出て、コンピュータルームに戻る。午後は3時までの2つのクラスであった。Shem先生は3時半まで教室にいたが戻らず、学校を後にした。途中LAM STOREでパンを買い、アパートには、4時過ぎに戻り、シャワーを浴び、洗濯をして、ベッドに横になって「沈まぬ太陽㈣会長室篇」を読む。夕方6時半、ソバを作り、生姜をすって入れ、いただく。フルーツはパンプレムース1/4個。夜、8時半パンとレモンティー。10時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月27日(火) バヌアツ 64日目。気温23.5℃、湿度77%
2008/05/27(Tue)
4時半に目を覚ます。寝汗をかいていたので、下着を着替え、ホットレモンティーを飲む。爪切りで爪を切り、トイレットペーパーでほとんど無くなったポケットティシュの紙を補充する。日記を書いて、5:50
外は明るくなってきて、今日はお天気になりそうだ。寝汗で湿った下着と、寝巻きを手洗いして、ベランダに干す。パンと、レモンティーとバナナの朝食後、7時10分アパートを出て学校には7時35分着く。コンピュータ室のゴミを出し電源を上げる。7時40分から9時40分まで教室にいて、10時から11時まで、インターネットでWebサイトのコンポーネントを検索。GoogleでAutoIt Error検索すると、修正モジュールのダウンロードがあった。夜ドミでやってみよう。11時かYear11 OPT-Dクラスの授業。昼休み、JICA中村所長のデイリーポスト、5月26日の記事を読む。午後、教材をコピーする。15:56 これから、JICAオフィスへ。
16:15 JICAオフィス。郵便受けから書類を取り、本を2冊返して、2冊かりて、買い物をして、ドミでインターネット。書類が昨夕届いたとのメールがあり、一安心。7時頃まで。小熊さんは今日、築山さんの家にとまりに行くとのこと。長い留守にすると、泥棒に入られやすくなるので、時々色々な人に泊まってもらうのが安心だという。なるほどと感心する。Run time error 52とIPL後のエラーは解決しなかった。7時過ぎアパートに戻って食事。日記。シャワーを浴びて洗濯。読書して21:30就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月26日(月) バヌアツ 63日目。気温24℃、湿度80%
2008/05/26(Mon)
4時半目を覚ませ、トイレ、歯磨き、少し寝汗をかいた下着の着替え。日記、今週は、不動産屋に6月分の家賃を払い込みに行く必要がある。30日の金曜日の午前中にしようかと思う。「沈まぬ太陽㈡アフリカ篇下」
を読んでいたら、ケニアのナイロビでビールの銘柄で「TUSKER」タスカというのがあった。バヌアツの代表的なビールもTUSKERである。ナイロビでは「牙をもつもの=象」をあらわすそうだが、バヌアツでは、「牙をもつもの=豚」かもしれない。まだ暗闇のなかで、鳥の声と、雄鶏の時の声と、時々走る車の音を聞きながら、日記を書いている。今日の授業は10時から、16時である。途中、11年生の11時からと13時からの授業は、Test Reviewをする予定。5:45 少し、暗闇が、ぼんやりしてきた。7時20分、アパートを出発。7時45分、コンピュータルームの鍵をあけ、マシンの電源をオンにし、PCを使う。作ったはずの物が見つからず、パワーポイントとノートパッドで説明のコンテンツを作る。校長室からプロジェクターを借りに行くが校長不在だったので、2時半まで借りると書いたメモを机の上に置いて借りてくる。校長室には、COMPAQのノートでWINDOWS VISTAが置いてあった。9:23 X24でIPLの時、エラーが出るようになった。調べてみると、起動時の自動でスタートするプログラムで、アベンドしているらしく、調べてみると起動時自動開始プログラムの中の、Yahoo Messenggerでアベンドを起していることがわかったが、WindowsXPではMSCONFIGで自動開始プログラムを設定できるが、Windows2000ではMSCONFIGが無い。どこで、修正できるか要チェックである。10:28。13年生の授業であるが、10:30マシンが瞬電2回落ちる。11時、電源回復し、Year11授業開始。Test Reviewするが、関心がないような生徒が多い。生徒にオペレーションをしてもらい、時間一杯かかる。昼食後生徒を待っていたが現れず、2時半過ぎ、生徒と顔を合わせたので聞くと別の場所で待っていたという。4時に再度、コンピューター教室で会うことにして別れる。2時45分。喉の痛みが強くなる。風邪の調子が悪くなったようだ。タリスさんと、マタソーに行く船賃を聞いたところ、
往復で25,000vtから、28,000vt位かかるとのこと。6人が乗っていけば一人5,000vtで往復の船賃がまかなえる計算である。島では、ゲストハウスのようなものは無いようで、公民館のようなところで宿泊出来るようである。タリスさんは、金曜日の夕方から、ヌーナに家族5人で遊びに行ったそうである。長男は18歳、次男はマラポアカレッジのYear12年生というから、17歳か、三女は15歳か。タリスさんは40歳だという。マラポアカレッジを卒業して、USP、オーストラリア、マレーシアで学び、マラポア カレッジのライブラリアンについたそうである。ゲストハウスの料理の写真をコピーして、渡す。
職員休憩室で、お湯を飲んでいると、USAピースコのマイケル ジョーンズさんが、Web Site構築をするための、フリーソフトの情報をE-Mailで送ったが見たかと聞いてきた。何時送ったのかと聞いたら、今朝だという。まだ見ていないといったが、そうかと言って別れた。4時にYear 13年生のJoynol Tari君が話に来た。コンピュータ関係の仕事につきたいとの希望をもっているというので、色々話をした。また、ノートパソコンを欲しいという。予算は40,000~50,000vtだという。今年の年末で卒業だというが、それまでに、欲しいようである。こんな熱心な生徒にはなんとかしてあげたいと思った。5時前にShem先生は帰った。また夜7時頃に来て仕事をするという。17:13 Shat Downをお願いする。学校を17:15頃でて帰り道、後ろからタリスさんも帰り道で、LAMストアまで一緒に歩いた。いつもはもう少し遅いらしい。6時半頃に帰るという。住まいは近くらしい。LAMストアでパンを2本買って、ドミに6時前に着き、6時40分ぐらいまで、インターネットのメールを送る。郵便物は今週届くと思うのでもう少し辛抱して待ってとメールすると、了解と返事がきていた。マイケルジョーンズからのメールも着ていた。ブログを更新する。WINDOWS2000のスタートアッププログラムの変更の仕方をgoogleで探す。
「スタート」→「プログラム」→「管理ツール」→「サービス」→「自動」→「手動」と説明があったが、
やってみると、管理ツールが出てこない(見つからない)。
7時前、アパートへ帰り、夕食は生姜入り、ソバを作リデザートはパパイヤ。洗濯もシャワーも億劫になって、DVD「有頂天ホテル」を見て、22時前、喉が痛くホットレモンを飲んで就寝。x
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月25日(日) バヌアツ 62日目。気温23℃、湿度81%
2008/05/25(Sun)
5月25日(日) バヌアツ 62日目。気温23℃、湿度81%

夜中12時目を覚ます。喉が痛くて、腰がしっくりこなくて風邪の初期症状。早速、お湯を沸かし、レモン1個と、生姜を摩り下ろし砂糖を入れて、レモン生姜ティーを作って飲みまた就寝。5時、目を覚ます。寝汗をかいていて、喉の痛みは取れたが、腰がすこしぎこちないので、風邪の症状が残る。居間で沈まぬ太陽㈢御巣鷹山篇を読みつづけ、朝食は、レモン生姜紅茶を作り、パンをいただく。昨夜は、向かいで夜中の1時ごろから歌ったりやけににぎやかだったのを思い出す。なんだったのか、疲れていて、見なかったのでよくわからない。今日は曇っているが明るい。やはり、秋の風情である。7:00 これから、8時半にドミに行き9時半にPMCに出かけることにする。9:20 ドミでブログ更新。9時半、ドミを出て、PMCへ向かう。
9時55分、PMCの庭で、レモンティーを飲む。9時55分から、賛美歌が始まり、10時3分大きな鐘が鳴って、礼拝が始まる。今日も、これまでの牧師と違う、バヌアツ人の牧師が話をした。新しく来たのは、オーストラリアやフィジーなどから、8名。中には、ハネムーンできたという、若い白人カップルがいた。
12時まで、賛美歌が沢山あって、沢山の人と、「Nice to meet you」と言って握手して散会した。独立記念公園のスタンドでサンドイッチの昼食。そのあと、センターポイントでパンを2本買って、ドミに戻る。12時55分。WINDOWS 2000 SP4を導入する。15:38 処理を終わり、アパートへ戻る。パンとレモンティー、ビーフステーキをいただく。その後、読書、ベッドに入る。19時頃、大町さんの呼ぶ声で目を覚ます。囚人が26人集団脱走したので、気をつけるようにとの話。それから、「沈まぬ太陽㈢御巣鷹山篇」を読了し、21時半、スパゲッティ50gを作り夕食。23:30熱いレモンティーを飲んで就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月24日(土) バヌアツ 61日目。気温24度、湿度77%
2008/05/25(Sun)
3時半に目を覚ます。風邪の具合は昨日より悪くなっていなかったので、ほっとする。
4時から、紅茶を飲み居間で「沈まぬ太陽㈡アフリカ篇下」を読む。朝食も本を読みながら過ごす。
本を読める生活は誠に贅沢だと思う。マラクラのホームステイでは、暗くなったら、もう寝るしかない。
明かりがあり、読む本があることは有難い。勤めているときから、図書館は大いに利用させてもらったが、JICAオフィスに思いがけなく沢山の本があることはありがたい。これまでの隊員が残していった本も多いと聞いた。折角外国に来ているのだから、本など読んでないで、土地の人ともっと交流することに、時間を使えばいいじゃないかという考えもあるが、読書は自分の好きな時間に楽しめる楽しみだから、自分流の生活のペースを保つ道具としてはありがたいと思っている。しかし、JICAの図書室には、藤沢周平や司馬遼太郎、フレデリックフォーサイスなど、これまで親しんだ作家の本は無いようだが、それもいいと思っている。また新たな好みの作家を見つけられるかもしれない。今日読んだ本でなるほどと思ったところがある。
第八章ナイロビの冒頭の文章で、「ナイロビの夜の闇に、夜鳥の鳴き声だけがしている。」というものである。
バヌアツの夜も真っ暗にもかかわらず、夜鳥の鳴き声だけがしている。そのあと、2時か3時になると雄鶏の時の声である。外が暗闇が薄くなるのが、5時45分ぐらいである。今日は、パンは作りたての店に行き、果物の調達にはマーケットに行こう。先日タリスさんから、ヌーナ島のお母さんが、マーケットに品物を売りにいったところ、ゲストハウスに泊まった日本人に合ったと言っていた。マーケットでも知り合いに合うかもしれないので、注意しよう。また、毛布を買おうと思う。7:42 買い物に出かける。まずパン屋。古い工場兼店舗が閉じられていて、向かいに新しい店が出来てそこで開業していた。パン2本。次に、マーケットでレモン、パパイヤ、パンプレムース、バナナを買って、センターポイントで肉、バター玉葱、芋、ピーナッツ、カレーパウダーなど買って、チャイニーズストアで毛布を買って帰宅10:10。シャワーを浴びて、パパイヤを食べて、洗濯をして、家計簿。なんと腕時計が壊れて止まっていることに気がついた。ネジが取れていた。マーケットで買い物をする度に、リュッサックをはずしているうちに、時計をこすって、ネジが取れたのだろう。あと、デジタル時計と、ストップウォッチがあるので、これからは、それを使おう。日本を出る前に、腕時計の電池を新しくして、2年は持ちますと言われたものだけに、残念なことをした。11:10 これから居間で読書。12時過ぎ、昼食を作る。スパゲッティナポリタン。麺は100gにした。昼食後、居間のソファーで昼寝。2時に目を覚ませ、4時半までで、「沈まぬ太陽㈡アフリカ篇下」読了。それから、続いて、「沈まぬ太陽㈢御巣鷹山篇」を読み始める。夕食は簡単にパンと野菜スープと紅茶。9時ごろ就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月23日(金) バヌアツ 60日目。
2008/05/23(Fri)

4時に目を覚ます。喉がいがらっぽいので、レモンティーを作って飲む。4:49。昨日福ちゃんから、8月11日から1週間の夏休みを、バヌアツに行こうかと、メールがあったので、「JICAボランティアハンドブック」の「配偶者および、子女の一時呼び寄せ制度」をよんでみた。以下に、記述を写す。
本制度はJICAが旅費の一部を負担して、ボランティアの配偶者および子が、ボランティアの任地を訪問するための制度(以下「一時呼び寄せ」であり、任国において、ボランティアがどのような環境で生活し、どのような業務を行っているかを家族に知ってもらい、理解してもらうことを目的としています。
◎呼び寄せることができるボランティアの要件
・ 派遣期間が1年以上
・ 派遣期間開始後90日以上を経て、帰国のための任国を出発するまで90日以上であること。
◎呼び寄せ対象者
① ボランティア、またはボランティアの配偶者が扶養している者
② 年齢が25歳未満の者
③ 婚姻していない者
◎実施回数および派遣国滞在期間
① 派遣期間中に一回
② 対象者の滞在期間(任国到着の翌日~任国出発の前日)は原則14日間以内
③ 配偶者・子女別々に実施することも可能
◎申請・承認などの手続き
一時呼び寄せの開始日の3ケ月前までに「配偶者および子女一時呼び寄せ申請書」を在外事務所に提出して承認を受けてください。3ケ月を切ると、一時呼び寄せで使用するエコノミーPEX運賃航空券の手配が困難となりますので、期間厳守でお願いします。呼び寄せが承認された時点で、派遣支援センターが呼び寄せ対象者に手続きの詳細を連絡します。航空券および査証の手配は原則としてJICA指定の旅行会社を通じておこないます。渡航ルートはJICAが指定した経路となります。
◎旅費の支給額
一時呼び寄せを許可されたボランティアには、以下の要領にて、自己負担額を除いた航空賃を支給します。
・ 航空券:エコノミーPEX航空券。ただしエコノミーPEX運賃の航空券が手配できない場合はY2以下の最も経済的な航空券を購入します。
◎経路:本邦の国際空港からボランティアの在勤地の最寄の国際空港までの順路直行往復
・ ボランティア自己負担額:自己負担額:20,000円
・ 学生割引が適用される旅程では、割引を行った額を支給対象とします。
・ 空港使用税、宿泊を伴う経由地でのホテル代などは、呼び寄せ対象者の負担となります。
◎パスポート
・ 呼び寄せ対象者の旅行は一般旅券によるものとし、旅券取得手続きなどは呼び寄せ対象者が行ってください。
◎航空券・搭乗券の控えの提出
・ 本邦帰国後、速やかに国際協力人材部派遣支援センターの航空券の残券(パッセンジャーレシート)と搭乗券の半券の2点を提出してください。(郵送も可)
◎その他注意事項
・ 本制度の趣旨は上に記したとおりであり、観光旅行や個人的理由による旅行を目的とするものではありません。
・ 旅行経路はボランティア任国への直行直帰となります。第三国への旅行や経由地での必要日数以上の滞在は認められません。
・ ボランティアは呼び寄せ対象者の出発・到着に関する連絡、送迎などは、自己責任で行ってください。
・ JICAは一時呼び寄せに伴う旅行中に生じた呼び寄せ対象者の疾病、その他の事故の一切の責任を負いませんので、傷病・盗難などの不測の事態に備えて、海外旅行保険に加入する等をお勧めします。

以上が、「配偶者および、子女の一時呼び寄せ制度」で、これはシニアだけではなく長期派遣の、青年海外協力隊員にも適用される。5:39

外はまだ暗い。さかんに雄鶏が時の声をあげる。車が走り出す。昨夜は星空だったが、もう星は見えない。
海は、停泊している船の明かりが見える。
5:55外は明るくなってきた。今日もお天気のようである。朝はすっかり秋の風情になった。これから、8月に向けてもっと寒くなるという。今日もお天気なので、7時に出かける予定で支度をする。朝食後ごみを持って出かける。アパートノ扉のとこに置いてあるゴミ箱にゴミを捨て、歩き出す。今日も昨日と同じ秋晴れだ。歩きやすいように、スポーツシューズを履いた。歩くのが楽で、7時25分、学校に着く。教室を掃除して、電源をオンにして、エアコンを着けて、おくと、しばらくして、Shem先生が顔をだした。プロジェクターを使いたいことを話すとすぐ、部屋を出て行くのでついていくと、校長室を訪ねて、そこにある、エプソンのプロジェクターを持ってくる。Think Padでは、PC画面も、プロジェクターの画面も同時に写るが、生徒のPCでは、PC画面が写らないので、午後使い勝手を確める。お天気だったが急に午前中強い雨が降り始めたが、その後上がって強い日差しが戻ってきた。今日の授業は午前中でお仕舞であったが、午後も入れ替わり立ち代り生徒がPCを使いに来る。驚いたことに、午後3時ぐらいから、可愛い生徒がパソコンのゲームを楽しんでいるので、尋ねると9年生だという。まだコンピューターの授業はしていないが、みんな、コンピューターを使いたいので、授業の無い時間を使いに来ていたのだ。ゲームで遊びたいのだ。感心するのは、生徒が楽しめる様々なゲームソフトが各PCにロードされていることである。授業が終った金曜日の放課後であるからか、入ってきた13年生は私服を着ていた。生徒たちは様々なゲームを一心不乱といった感じで、没頭しているのには感心した。16:15 どうやら、最近の季節の変わり目で、急に朝晩の冷え込みで風邪を引いてしまったようである。喉がいがらっぽいし、身体が熱っぽい。しかし幸いなことに、頭は痛くない。明日は町へ、食料品と、毛布を買いに行こうと思っている。どうも今のタオルケットと、ふとんカバーだけではこの秋から冬への寒さには耐えられそうにない。今日もこれから、ドミに出かけて、福ちゃんにメールとブログの更新をしてこようと思う。16:34 校長室から借りてきたプロジェクターを来週月曜日に使うので、机の引き出しに閉まっておこうと思うと、Shem先生に尋ねると校長室に返したほうがいいというので、校長室に持っていく。ルイ校長がいたので、お礼とまた、月曜日使いたいと話すと、これは、石原さんが使っていたものだとのことであった。それで、EPSON製のプロジェクターなのかと合点がいった。16:45。17:00学校を後にする。学校を出た道路で、一人の見覚えの或る生徒から、来週月曜日に、コンピューターの世界で35年過ごしてきたと聞いたので話がしたいと、話し掛けられる。月曜日、12時半から13時まで話しましょうと言って別れる。帰り道、ストアで買い物をして、ドミに5時半。アンバエの健一さんと一緒に、インターネット、メールとブログの更新。17:50 18:15ドミを出て、アパートへ戻る。シャワーを控えて、パントラーメンとパンプレムースの夕食。夕食後、DVDをみて、9時日誌。読書して9:30就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月22日(木) バヌアツ 59日目。
2008/05/22(Thu)
4時半に目を覚ませ、日誌。昨夜は、寝巻きを洗濯したので、長袖シャツを着て寝たが、寒さはしのげた。昨日歩いて帰ったのが良かったのか、少し身体が軽くなったような気がする。サラリーマン時代の後半、阪急梅田駅と、本町の勤務先との間を、朝晩、30分づつ歩いていたが、このときは、体調は最高によかった。健康診断の数値はどれもが、標準値の範囲内で、健康管理室の女性から、「こんな数値が得られるは、どんな生活をしているからか」と問われたことがあった。普通に生活していれば、標準値を保持するのは、たやすいことと思っていたが、会社を退職し、家で気ままな生活をしていたら、思いがけなく、太りだし、血圧も上がり、中性脂肪の数値が上がったのには驚いた。しかし、JICAの申し込みをして、健康診断の異常な数値を知ってから、まず間食を止めて、三食だけにして、近くの大学のグランドの回りを毎日歩くようにしたところ、5カ月で、体重が5Kg減って、血圧、中性脂肪値も標準値になったのは有難かった。最近は、朝のラジオ体操をしていない。せめて歩くことを再開しようかと考えている。但しバヌアツでは歩くのに障害がある。車の排気ガスだ。駒ケ根で支給された、所外活動のために支給された防塵マスクを持ってこなかったのが、悔やまれる。あれは、バヌアツでは役立つと思う。
駒ケ根では肝心の防塵マスクの使い方を知らず、派遣された農家では、籾殻を、小屋の中で、移動する仕事をしたが、肝心の支給された防塵マスクを着けずに作業したところ、鼻の中は真っ黒、うがいしてもしばらく、もみがらの粉塵が残っていたことがあった。今日は、お天気が良ければ歩いてみよう。5:46。
朝食後、今日は2時間目からの授業で、8時にShem先生と打ち合わせの予定にしていたので、7時27分家を出て歩き出した。学校へ曲がる、WELCO Hardware Storeまでが15分、学校まで25分で着いて、少し汗をかいた。今日は日本の秋晴れといった感じのお天気で、日差しは強かったが、湿気が少なく気持ちよかった。
朝の時間はラッシュアワーで車の排気ガスはやはりひどかった。7時55分頃着いたが、図書室は鍵がかかっていたので、職員控え室にいたが、8時に図書室へ行ってみるが、やはり閉まっていたので、コンピュータ室にきて、マシンを立ち上げ、ゴミをだし、日記を更新する。8:25
9時にShem先生が来て、打合せは11時からにしましょうといっていた。10時から11時は13年生のクラスでAccessの演習。11時USAピースコのマイケルジョーンズが教室に顔を出し、インターネットで先生、生徒全員にメールアドレスを持たせて、サインオンのセキュリティをして、情報の共有化を図るという、かねてからの持論を話していたが、校長もその話にからんでいるらしく、二人で部屋を出て行った。しばらくして、shem先生だけが一人で部屋に戻ってまた出て行った。11:20
12:00昼食。午後5時まで。夜生徒使いに来る。5時学校を後にする。歩いて途中パン2本、ツナの缶詰を買って、ドミに5時半。6時40分までインターネット。夕食とおしるこをご馳走になり、アパートへ戻り、シャワーを浴び、ワイシャツ下着を洗濯し、パンをいただき、DVDホワイトアウトを見て、日誌、22時就寝。来週月曜日にYear11に前回したテスト分の解説をすることにした。あす、プロジェクターを使って準備する。少し喉がいがらっぽい。風邪の引き始めのようだ。暖かくして寝なければならない。22:30就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月21日(水) バヌアツ 58日目。
2008/05/22(Thu)
3時半目を覚ます。風がよく入る。こちらのガラスサッシの上の小窓は、日本では引き戸が多いが、こちらは、ルーバーになっていて、下のガラスサッシは閉めていても、うえのルーバーは普通開けているので、風があればよく入る。これまで掛け布団はタオルケットとフトンカバーだけで過ごしてきたが、昨夜は少し寒くて目を覚ました。毛布を一枚調達する必要がありそうである。先日、町のストアでは、ダブルサイズの毛布が2,500~2,900vtであったが、必要かどうかまだよく分からず、みるだけにした。かさばるものだけに、使わないでしまって置くだけになっては、もったいないので、しばらく様子を見ることにした。おとといは、蒸し暑い日であったが、今朝は、日本の秋の感じであり、こんど町へ出たときには買ってこようと思う。4:30
これから、勉強。6時朝食。パンとトマトとツナの煮込み缶詰、レモンティー、果物はパンプレムース。7時15分出かけ、メンジスの前でバスに乗り、学校に7時25分。コンピュータ教室を開けて、電源をいれる。7:40 大勢11年生OPT-Eクラスが集まる。2時間目の休みに休憩室でShem先生にあって、調子の悪いPCの相談をする。 WindowsXPの再設定などを2台のPCでして、1台のPCでマウスのチェック、1台のPCでマウスを接続して使えるようにしてくれる。CE作業までよく精力的にやってくれる。昼休み、ルイ校長先生が、図書室の私の席にすわっているので、少し話をした。学校の組織図を見せてくれるように頼む。また、ルイ校長は、マラポアカレッジにいつ何代目の校長に就任したのか、大学はどこで何を専攻したのかなどを尋ねた。ルイさんは2002年9代目の校長になつて、今年で7年目。大学はUSP(University of South Pasific)大学で農業を専攻したとの事であった。組織図は、準備すると言ってくれた。タリスさんにヌーナ島から見えた、のこぎり(鋸)のように見えた島のことを、絵を書いて尋ねたところ、それはマタソーだという。
ヌーナのゲストハウスに泊まって、朝早くボートで向かえば、昼前にマタソーに着いて、昼過ぎにマタソーを発てば暗くなる前に、ヌーナに帰れるということである。マタソーには人がすんでいるそうだが、宿泊施設があるかどうかは分からないということで、調べてみるということであった。また、ヌーナから見て、マタソーの左に見える島が、Makiraという島で、Shem先生の出身だそうだ。タリスさんも、シェイムさんも、共に、島からでてきて、マラクラカレッジで学んだOBであるとの事。島から、マラクラカレッジに入るのは難しいとのことであった。午後は、後ろの席で活動計画づくりをして、明日8時から打ち合わせをすることにした。夕方5時まで、コンピュータ教室でパソコンを使う生徒に付き合いクローズする。それまで第一回目の報告書づくり。帰りは昨日同様、買い物をして歩いて帰る。スーパーで、パン2本とマヨネージを買う。日本のマヨネージはチューブであるが、こちらはビンに入れてある。買い物をしている時、雨が降ったらしく、道がかなり濡れていた。店の外に出た時には、雨はやんでいたが、その帰り道、アパートへ曲がる道を間違えて、知らない道へ入ってしまい、道がわからなくなってしまった。暗くなってきたので少し焦ったが、幸い遠回りをしただけで、知った道に出て助かった。油断大敵である。帰宅(17:50)後、シャワーを浴び、夕食は昨日同様ザルソバ(18:30)、食後、ワイシャツ、下着、寝巻きを手洗いしベランダに干す(19:00)。DVD ショーンコネリーの「理由」を見る(21:00)。見終わった後味のよいものではなかった。サイコスリラーというジャンルは自分には合わないようだ。その後今日の日記、明日の打ち合わせ用に、Activity Planをプリントしてみる(22:50)。矢張りエプソンは黒が出ない。結局、キャノンで印刷する。ベッドに入り「沈まぬ太陽⑵アフリカ篇・下」を読んで就寝。23時。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月20日(火) バヌアツ 57日目。
2008/05/20(Tue)
4時15分、目を覚ます。もう一つ軽井沢分の小包作りと宛名書きをする。手紙は昨晩書いておいた。
5時30分日誌を書く。まだ外は暗いのに、鳥の鳴き声がにぎやかだ。今日は、9時40分から、11時まで、授業がないので、この間に、中央郵便局に行く予定。5:52そとが見えてくる。今日も静かな海。涼しい風がよく通る。雄鶏が時の声を繰り返す。7時20分メンジスの前からバスでマラポアカレッジへ。7時25分。
コンピュータールームの電源を立ち上げて、たまっていたゴミを出し、エアコンをつける。7時40分から生徒来る。9時40分で図書室に戻ると、Shem先生がきている。郵便局まで行って、11時に戻るといってバスで、郵便局へ。すいていたのですぐ手続き終わり、250g以内の小包が700vt,2個、封筒が130VTであった。バスで学校に戻ったのが10時15分。入れ替わりにShem先生は出かけたようで、少し具合が悪いようだ。インターネットが繋がったというので、使ってみるが、大変回線が遅いようで使うのは困難な状態であった。15:30 もう一度試してみようと思ったが、生徒で、使える端末がなくタリスさんの端末を借りてしてみるが、回線が細いようで、遅くて使うのをあきらめた。帰り際、タリスさんにマラポアカレッジの代代の校長先生を尋ねたところ、明日説明してくれるとのことであった16:45学校を出た。帰り道歩いて、中国人のスーパーにより、パン2本買ってドミに行く。誰もいなかった。インターネットメール。17:30から18:30ごろまで。途中原田さんからスカイプで呼び出しがあったので、スカイプで話す。すっかり暗くなった道をヘッドライトをつけて足元を照らし、秋の虫の合唱を聞きながら、アパートへ帰る。ドミからアパートはわずか300mぐらい。帰宅は18:35分。シャワーを浴び、ワイシャツ、下着、Tシャツを手洗いし、ベランダに外からは見えないように干し、帰国した江畑所長にいただいたソバを湯がいて水で冷やしザルソバを作り夕食。そのあとデザートに、よく熟れたパパイヤ。そのあと、日誌、20:00。今日は、年金の書類を郵便でひとまず出したので、少し気が楽になる。またこの後は、郵便が日本につかないで気をもむことになるのかもしれないが、取り越し苦労はやめとこう。ドミで借りてきたDVD、ケビンコスナー主演のポストマンを見るが、眠くなり9
時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月19日(月) バヌアツ 56日目。
2008/05/19(Mon)
3時半目を覚ます。寝汗をかいた。原因を考えたが、昨日午後上半身なにも着ずに過ごして、くしゃみもしていた事を思い出す。今後、気をつけよう。寝汗をかいたが、頭が痛いわけでもなく、快調である。
日記を更新し、今日から始まる2学期のことを考える。4:15 雄鶏の時の声を聞きながら、11年生の教材をレビューする。「What is a computer」15Pを見る。実にわかり易く出来ていることに感心する。5時15分。
朝食は、パン、レモンティー、カレー。ついでに昼食分のサンドイッチとレモンティー600mgを作る。
食器を洗い、ゴミをまとめ、7時15分、アパートを出る。アパート前で、3台目のバスが止まって、乗せてくれる。学校には7時25分に着く。図書室は開いていてしばらくすると、アリミサさんが鍵を、タリスさんに返してと、図書室とコンピューター室の2つの鍵を置いていく。100語英会話の11 know,12 will/would,13 thinkを復習。タリスさんが顔を見せたので、鍵を渡し、マラポアカレッジの歴史を書いた本はないかと尋ねると、3ページのWORDをプリントアウトしてくれた。1966年5月に英国政府が作ったBritish Secondary Schoolという名前の学校が最初で、当初は全寮制で27名(男子20名、女子7名)で、生徒の平均年齢は16才であった。私が大学の1年目の年である。初代Gordon Longmore校長以下Jim Carter,Bob Lloydの3人の先生であった。最初の年の生徒のなかで、Sela Molisaは有名な政治家となり、首相になった。Kalehiarie Vatokoはバヌアツ プレスビテリアン教会の、ディレクターになり、Charles Goddenは南太平洋陸上競技大会で100m,10.6秒の結果を出した。学校はCambridge General Certificate of Educationに習って、5年制の全寮制の学校を目指していて、当初の2年間は、英語、数学、フランス語、一般科学、社会、音楽、美術、工芸を教えていた。1977年、生徒の投票で、BSSは「Farelapa College」と「Malapoa College」のどちらかを選ぶ投票にかけられ、「Malapoa College」に改名することが決まった。
1979年Dr.Richardsが二代目の校長に就任。1980年バヌアツ共和国として独立。1996年Mr.John Niroaが3代目の校長に就任この年、学校創立30周年が祝われた。2001年、Mr.Toukoune氏が4代目校長に就任し、現在のRui校長は5代目である。
現在では、Malapoa Collegeはバヌアツで最大の学校で、5つの科学実験室を備え、コンピューター室を備え、Video Roomを備えている。その卒業生はこの国の高いポジションに多数の人材を送り込んでいる。
10時から、13年生の授業なので、コンピュータ教室に9時45分に行き、教室の掃除をしてゴミを捨て、エアコンをつけて、サーバーのサインオンをする。10時前から、生徒が教室の前に集まりだしたので、中に入れる。Shem先生はまだ顔を見せない。生徒は端末をオペレーションしながら面白い映像などを楽しむ生徒や、課題をするせいとなどで、まちまちである。11時になり、端末を離れて授業を終える生徒が出てくる。11時からは11年生のopt11のクラスの授業。直ぐに生徒は端末についたが、早速ゲームをする人たちでまちまちである。Shem先生はまだ姿を見せない。12時になり生徒も教室を出る人が出てくる。図書室の自席に戻り、昼食を取る。タリスさんは、スキャナーで記事の取り込みと、フラッシュメモリーへの取り込み。先生からリクエストされているようだ。午前中から降りだした雨が強くなる。Shem先生は姿を見せず。13:06学校の玄関口あたりを先生の姿を探すが見当たらず。明日11年生の試験のレビューをしようかと思う。説明にはオーバーヘッドプロジェクターが必要になるので、今日中に、予約と接続のテストをしておこうと思う。専ら生徒は、ゲームなどをしているものが多い。14:50Shem先生に電話したら、留守番電話がフランス語でなっていたのですぐ切った。以前留守番電話で登録したら、随分電話の度数がかさんだことがあり、留守電はしないと決めたからである。それにしても、どうしたのだろうか?11年生D組の授業はまもなく終了。そろそろ教室を出て行く生徒が出始めた。13:56。14:04生徒が次々に席を立ち始め、次は12年生の授業である。
14時5分過ぎ12年生が次々に教室に入ってきた。15:00 12年生OPT-Aのクラスのコンピューター授業が終わり、12年生OPT-Bの生徒が入ってくる。この間、プログラミングのセルフスタディー。
プログラミングのサンプルを見てたら面白いのがあった。Good morningをバヌアツの島々の言葉で言ったものだ。渋谷さんのいるAmbae島:Zerobong Karea,ハムリニ首相の出身Pentecost島:Rani,浦さんが居て、黒沼さんが行くTanna島:Rautlagabnibun,森川さん、石田さん、真崎さんのMalekula島:Eres Rorbong, Ambrym:Bosmaqwe,Tongoa:Magorise awoh,120ぐらいの方言があるというバヌアツのこれは一つの例である。
15:35。4時で終ったら、ルイ校長に挨拶して、学校の組織図と予算を教えてもらおうと思う。また校長は第何代目の校長か、学歴なども聞いておこうと思う。Mr.Shemの学歴なども聞いておこうかと思う。3時35分生徒が5人ぐらい尋ねてきて、Shem先生からtelがあったそうで、コンピュータ室の鍵を机の上に置いたというが見つからないと言ってきた。自分の鍵を見せて一緒に、机の上を見たが無い。鞄の中ではないかと言ったが、よく探さないで出て行った。一体どうしたのかよく事情がつかめなかった。15:50 12年生Opt-Bのクラスでは、バヌアツ国旗とコンピューターをペイントで描いている生徒がいる。まもなく4時、終了時刻。今日は、最終までいて、マシンの電源を切って、エアコンの電源を落とし、消灯してから、鍵をかけて帰ろう。16:00。ルイ校長の部屋を覗いたが不在だったので、自席に戻る。JICAオフィスに電話すると、現地職員が出て、英語で、郵便が来ていないか尋ねると、4通あるという。フィジー大使館からの封書はないか尋ねると、あるという。ようやく在留証明書が届いたらしい。すぐ、コンピュータ室に行き、20名ぐらいいた生徒に、すぐ終わるように言って返し、各パソコンをシャットダウンし、サーバーを落とし、電源をきり、エアコンを切り、消灯して鍵をかける。Shem先生はとうとう姿をみせなかったが、具合いが悪いのかもしれない。マラポア カレッジの下でバスに乗り、JICAオフィスを告げる。バスには、先客がいて、首都にもこんな田舎があるのかと、いうようなところに先客をおろして、JICAオフィスへ向かった。運転手は私のことを、メンジスに住んでいて、マラポアカレッジに行っていることを知っていた。以前にも2~3回、そのバスに乗って、話したことがあるらしい。バスに乗ると、よく聞かれるのが、中国人か日本人かという事。次に、いつまで、ここにいるのかということである。中国人は、市内のマーケットや店を抑えており、昨今の中国人はバヌアツに対する援助を増やしているので、町には、日本人と似た人をよく見かけるが、ほとんど、中国人である。しかし、バヌアツ人の運転手の中には、中国人は嫌いだという人が多い。日本人が嫌いだとは、日本人に対して面と向かって言う人はいないが、陰でそう言われないようにしたいものだと思う。JICAオフイスに5:00行き、郵便物を受取る。フィジーから待望の、在留証明書が届いていた。バヌアツには大使館が無く、フィジー大使がバヌアツの大使を兼ねている。フィジーのナディとバヌアツの距離は966Km, ボーイング737-800 885KM/h max 162 personsで2時間ぐらいの距離である。但し時差は、フィジーが日本より3時間早いのにたいして、バヌアツは2時間早いので、フィジーはバヌアツより1時間早い。岡田清子さんからは、5月11日と12日発信の2通が同時に届いていた。バングラデシュの茂内さんからは4月5日発信の絵葉書が今日ついた。バングラデシュの絵葉書は、大きな荷物と着飾った女性(多分奥さん)を積んで、自転車をこぐ、青年の写真で、いかにもアジア的な写真である。バヌアツでは、貧しいが、トラックで運んでも、これほどの荷物を自転車で人間が運ぶことなど、考えられない事だ。バングラデシュの絵葉書を見ていると、アジアの貧しさの写真に悲しい気持ちになってくる。借りた本を返し、新しく2冊の本をかり、買い物をして、ドミに6:00に来て、メールとブログの更新。7:00まで。郵便物は、このあと、明日送る小包つくりと宛名書き、手紙を書いて「沈まぬ太陽⑵アフリカ篇・下」を1ぺージ読んで就寝。23:15
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月18日(日) バヌアツ 55日目。メンジスフラット 18日目。
2008/05/18(Sun)
3時半トイレに起きたがそのまま寝て、6時に起床、シャワーを浴びる。
日本では、トイレにウォシュレットの生活をしていたので、バヌアツにもウォシュレットを日本から持ってこようかと考えたが、荷物がかさばるので、見合わせた。しかしシャワーがあるので、ないことの不便さを感じたことはない。いつでも温かいシャワーを使えるのは幸せである。地方の青年隊員は雨水の行水で生活している人も多いようで、しばらくぶりで来たドミトリーの快適な生活を楽しんでいる。昨日も帰っていった隊員がいたが、今日明日には、ほとんどの隊員が任地に戻る。5月と12月にある隊員総会は、任地が地方の隊員にとって首都のポートビラで仲間と語り合い、買い物などをする貴重な楽しみとなっているようだ。
学校の教師が多い隊員にとって、この時期、1学期の学期末休みの2週間である。わたしも同様でいよいよ明日から2学期で出勤である。今日は食事をして、ドミでインターネットをして、教会に行き、午後買い物をしよう。昨夜は少し雨が降っていたが、朝はあがった。6:47
8時45分ドミに来て、インターネットメールとブログ更新。9:15これから教会。PMCへ。
雨上がりで大変蒸し暑い一日。ポートビラの海には2~3人、海水浴をする人がいた。歩いて、PMCへむかう途中で、ギターを持った女性がいた。教会で歌う人かと思う。PMCに上がる階段の下で、声を掛けられたが、先先週、独立公園のスタンドで会話をした人であった。10時前から、会衆の賛美歌で始まり、途中で何度も歌われ、説教はオーストラリア人でこれまでとは別の人であった。新しくオーストラリアから6人ぐらいの人が来ていて、全員で握手した。JICAのヘレンさんも来ていた。礼拝後、独立記念公園で、教会と、海を見ながら、パンとバナナとレモンティーの昼食。その後、マーケットで、ココナッツの実を2個拾い、センターポイントでフランスパン2本、120vt,イチゴジャム500g,360vt,洗剤450g 160vtを買って、アパートに帰る。アパートで下着、ポロシャツ、Tシャツ、靴下を手洗いし、ベランダに干し、ココナッツの実をよく洗い、中に漂白剤を2~3滴たらし、水を満たしてベランダに置く。冷蔵庫の材料を全部使い、カレーを作る。2時半ごろ、雨が降り始め、3時頃には強くなる。4時頃には雨が上がり、少し涼しくなる。今日は13時から、安馬さんがドミでインターネーネットをすると、今朝メールを見たが、午後は、家で過ごすことにする。5時ごろから、DVDでボクシングの映画を見る。7時夕食は、パンと、カレーと、レモンティーとパパイヤ1個。夕食後、「ホテル ルワンダ」を再度見て、9時過ぎ就寝。
中央郵便局 PMC教会 青年コーラス オバサンコーラス

オーストラリア人牧師 PMC 独立記念公園 よくいくセンターポイントストア

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月17日(土) バヌアツ 54日目。メンジスフラット 17日目。
2008/05/17(Sat)
4時に目を覚ませ、トイレ、日記更新。こんな時間に下の道路から子供の声が聞こえる。車の走る音も聞こえる。5時から6時半まで、Operating Systemの勉強。6:35朝食。パンとレモンティー、カレー、パパイヤ1個。よく熟れた美味しいパパイヤ1個を食べて、お腹が満腹になる。パソコンをマレクラのホームステイのシルビオのお母さんからいただいた、バッグに入れて、ドミに向かう。7時45分から、インターネットでメールとブログ更新。9:30までドミでインターネット。そのあと、メンジスに戻り、先日、山田さんにいただいた、ベニア板で碁盤を作る。碁盤の縦横18の升目が、2.2cmと2.35cm両端を1.3cmで鉛筆で下書きをしてから、先日ボンマルシェ2号館で買ったMade in USAのサインペン描き、あとで、カッターナイフで二辺を切って出来上がり。
昼食は12時半からスパゲッティ125gと牛の挽肉200g玉葱と人参とサトイモのスライスとトマトケチャップで具を作り、スパゲティミートソース。食後居間のソファーで海を見ながら昼寝。2時頃目を覚ませ、JICA図書室で借りてきた、「沈まぬ太陽⑴アフリカ篇・上」山崎豊子著を読了。パキスタンの誠さんの生活はこのようなものかと想像出来る、パキスタンの様子が詳しく綴られていた。バヌアツで読了した最初の一冊。19:30。夕食は中村新所長からいただいた、「銀座ろくさん亭焼き穴子ちらし寿司 道場六三郎作」メンジスフラットに移って初めてご飯を2合電気炊飯器で炊く。こちらの炊飯器は炊けるのが早く水加減さえ間違わなければ美味しく炊ける。食後は、ドミで借りてきた、DVD「ホテル ルワンダ」を見る。14年前の1994年にルワンダで起こった、民族(ツチとフツ)間の争いが、100万人といわれる大虐殺に発展し、アメリカはソマリアの介入の失敗していて、手出しせず、イギリス、フランス、ヨーロッパも、国連平和維持部隊のベルギー人10名が殺されるにいたって、撤退し、金もダイヤモンドも油も出ない貧しいこの国を世界中が黙殺したこの悲劇の中で、ひとりのホテルマンが殺される運命にあった1200人の命を救っていた。「アフリカのシンドラー」と呼ばれたこの実在の人物はルワンダの4つ星の高級ホテルの支配人として勤めていたポール・ルセカハバギオ氏。ホテルマンとして培った話術と機転を頼りに、その命をたった一人で守り抜いた映画である。10時半見終わってから、就寝。
ベニア板で作った碁盤 ホテルルワンダ 2008_05180005.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月16日(金) バヌアツ 53日目。メンジスフラット 16日目。
2008/05/17(Sat)
3時半目を覚ます。昨日コピーしてきた、シニアボランティアの報告書で、コンピューター関係の、平井さん、中沢さん、黒岩さんのに目を通す。泥棒に入られパソコンを2台も盗まれた方、またバヌアツの最近の物価高を詳しく記述されている方もあって、役立つ情報がたくさんあった。早いうちに、報告書のフォーマットを見ておく必要があると感じた。6時、パンとレモンティー、カレー、バナナ、パンプレムースの朝食、
ペットボトル600mlに、レモンティーも作っておく。6時45分日誌。
今日7時、江畑旧所長、ポートビラから、シドニー経由で帰国。
午後、築山調整員、フィジーのナディ経由で、一時帰国。
本日のMust do 項目。
① Year11の教材のレビュー
② SV業務実施計画書のフォーマットレビュー
③ 夕方4時半、JICAオフィス郵便棚の郵便物の確認。
④ 買い物、パン、紅茶
⑤ インベントリー リストの完成
午前中、②のJICAレポートを作り始める。昼食、ザルソバとバナナ。食後、居間の椅子で、海を見ながら昼ね。午後、実施計画書を作り始める。4時、JICA事務所に郵便を確認に行くが、フィジーからの在留証明書は届いていなかった。南太平洋大学のSV五十嵐さんと事務所で会う。両足に包帯を巻いて、最初は靴づれから、化膿してボイラーというのになって、今日から抗生物質の内服剤も処方されたとのこと。手や足の傷にハエがたかり、痒いので掻くと傷が悪くなるという悪循環の末、医者にかかるというパターンでこのときはもう痛くて歩くのも辛くなるようだ。タンナの浦さんにも会う。明日の午後の便で、タンナに戻るが7月にはまた、ワークショップでビラに来るという。キッコーマンの醤油1Lのペットボトルをもっていたので、尋ねるとボンマルシェ2号館で1本900VT以上したとのこと。日本の食材はインスタントラーメンが150VTぐらいで、なんでも高い。センターポイントでフランスパン60VT,レモン6個35VT,紅茶ティーバッグ25袋160VT合計255VTを買って帰る。帰り道、JICAオフィスの前で、JICA現地スタッフのヘレンさんが、買い物荷物をさげて、タクシーに乗って帰るところであった。日曜日教会で会いましょうと言ってから、マラポアカレッジの校長先生のことを聞いたら、ルイ校長は私のブラザーだとのことであった。帰ってから、早速、足の傷口をチェックして、バンソコウを貼った。先日から実は気になっていたのだが、今日の五十嵐さんの姿を見て、ようやく、気になるところを、バンソコウで貼った。そのあと日誌を書く。これから夕食。今日は簡単に、パンとテモンティーと昨日作って冷蔵庫に入れてある、カレーの残り。カレーは一晩おいたものが美味しくなる。フルーツは、バナナ、パパイヤ、パンプレムース。夜は①をやろう。5:45
夕食をいただき、ソファーでくつろぎ、DVDをつけて寝てしまった。10時過ぎ、本を読みながら就寝。
10時半。
道路の穴補修トラック アスファルト修理あと 補修あと
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月15日(木) バヌアツ 52日目。メンジスフラット 15日目。
2008/05/17(Sat)
朝2時に眼が覚めるが、そのまま寝て5時に起床。年金の書類のうちWORDで作ったものを印刷し、署名し、本と一緒に送る小包を作る。もう一つは、封筒で送る用の封筒の宛名書き、小包の宛名書きをして、朝食後、8時部屋を出ると雨が降ってきたので、傘をさして、メラネシアンホテルを目指す。途中サントの佐々木隊員と一緒になり、8時半、メラネシアン旅行代理店の山田さん、佐々木さん、吉越さん、新枝さん、川口さん、私の総勢6名でバスで水産局に行く。水産局では、専門家の菊谷さんをたづねる。JICAには、青年海外協力隊員、シニア海外ボランティアのほかに、専門家(EXPERT)がいて、バヌアツには3名の専門家がおり、菊谷さんは、シャコ貝の養殖をバヌアツ人3人と一緒にやっている。水産局の水槽で貝を育て、それを、エファテ島の西北のコミュニティにおろし、村の海岸で育てて、村の経済振興に役立てようとしている。シャコ貝の植物の花のような鮮やかな色には驚いた。10時ごろ、菊谷さんに、メラネシアンホテルまで
送っていただき、ボンマルシェで、囲碁の碁盤の線を書く為の黒のサインペンを95vtで買い、隣のハードウェアの
店で、サウンドペーパー57vt,ベランダの板を抑える、ナット2個46vtを買い、肉屋でミンチを162vt,マーケットでパパイヤ(ポポとよぶ)を3個、110vt買って、オフィスに郵便が着てないことを確めて、メンジスに帰る。昼食はスパゲッティ。お昼、居間のソファーで少し居眠りをする。午後2時、Westpack銀行に350US$をおろしに行くと、吉村さんが、同じ行列に並んでいた。ドルのトラベラーズチェックをVTに換金すると言。銀行は換金率が良くないので、町の両替所を勧める。350ドルの引出しは、ドルがないという。昨日に今日の午後までに350ドル準備しておくように頼んで、来ているというと、50ドルしかないという。
残りはVTにしてくれと言って、計算しだしたので、ドルでないと困るといって、粘った結果350ドルを手にすることが出来た。これでWestpack銀行に預けたお金は全て引き出した。続いてBred銀行に350US$を預けに行くと、預ける金額の1%を手数料として銀行に支払う必要があるという。VTを預けるときは、かからないが、US$を預けるときはかかるという。最初に預けた4,350US$のときは掛からなかったはずだと、聞くが、最初はどうやら掛からないが、その後の入金では掛かるようである。そこで、預けるのはやめて、現金を持つことにした。そのあと事務所を尋ねたが、フィジーからの在留証明書は届いていなかった、国和さんに、今日は私書箱から郵便は取ってきたかを尋ねると未だだということなので、郵便局まで取りに行っていただき、待つことにする。待つ間に、これまでのシニアボランティアの報告書に眼を通し、コンピュータ教育関係の4篇とマラポアカレッジの1篇をコピーする。5時頃、メンジスに戻り、シャワーを浴び、夕食の準備をする。カレーとビーフステーキとパンとレモンティー。7時、夕食後、5編のシニアレポートの整理。その後9時まで、日誌の更新。今日は蒸し暑い一日であった。これからフルーツを食べて、DVD「スパイ ゾルゲ」2巻目を見て、11時半就寝。
5/15水産局 しゃこ貝養殖事業見学 アルミ ボート 漁船 しゃこ貝

しゃこ貝 しゃこ貝 しゃこ貝 しゃこ貝
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月14日(水) バヌアツ 50日目。メンジスフラット。
2008/05/14(Wed)
2時半に目を覚ませ、日記を更新。これから写真を、川口さん、山田さん、タリスさんと3人分を分ける。
3時半、フラットの玄関口のほうから、犬の吼える声がなきやまない。4時までかかって、3人に配る写真を分ける。犬は鳴き止み、人声も止んだ。インベントリー リストの続きを、5時までで、ほぼ終る。4:55
今日は、Westpack銀行で4700ドルをおろして、Bred銀行へ預け、アイランドプロパティに在庫一覧の修正を求め、スパゲッティ、人参、ひき肉、パンと、紅茶を買い、17:30から歓送迎会。
朝食はパンとレモンティー。6時半、ドミトリーにインターネットを使いに行く。メールとブログ更新し、山田さん、川口さんに、写真をメールする。家にメールする。原田さんから、skypeが入り、会話する。11時、USBにバックアップを取るが、ちゃんととれないので、クイックイニシャライズをして、データのコピーをして、ようやく、バックアップが出来る。11時、アイランドプロパティを尋ね、アパートの備品で、居間の応接セットの椅子で青いカバーのもの、2脚を1脚に訂正してもらいサインする。次にWestpackのUS$カウンターに行き、4700ドルの支払いを求めると、お金がないという。月曜日に準備しておくように頼み、今日水曜日に来ると言っていた、その女子行員であったが、そのことを話すと、机の中から、金を出してきて、
4,350ドルしかないという。残りの350ドルは、明日の午後来るから準備しておくよう頼み、支払い書を書いてもらい、Bred銀行へ向かう。Freddy Bongさんの部屋を訪ね4,350US$を預けると、別のカウンターに案内され、そこの女性行員がまた、紙幣を数えて伝票に記入する。最後に、Detail Listを要求してみたが、明日にならないと、出せないという。明日また来てみよう。センターポイントストアによって、スパゲッティ、バター、パン、ピーナッツ、人参、玉葱をかって637vt。12時過ぎ、メンジスに帰り、ザルソバ。食後、シャワーを浴び、下着、ワイシャツ、ズボンなどを手洗いする。日記を書こうとパソコンを出すが、電源ケーブルをドミに忘れたのを思い出す。2時、ドミに行って、パソコンの電源コードを取ってくる。2時40分。
これから、5時半まで、フリータイム。5時オフィスへ向かう。JICAの振込み依頼書を起こし、Westpack銀行から、Bred銀行に振込先を変える。なんとメールボックスに宝塚市長からハムリニ首相宛ての親書がようやく届いていた。送ったとメールを受けたのはたしか、4月上旬のはず。1か月以上かかったことになる。もう、使えない代物になってしまった。自分の書いた文章で修正された個所は宝塚市の人口がやけに細かくかいてあったとこぐらいで、他にはなかった。表敬訪問の場で渡してくれれば、役にたった物をと残念であった。5時半からの所長の歓送迎会は、二階のベランダから、サーチライトを5本ぐらいで照らして、1階の庭に、椅子を並べてバーベキューであった。ビールとラップラップと、ソーセージなどをいただき、スピーチのあと、バヌアツの音楽先生への教育指導をしている吉村さんのフルート演奏が楽しかった。吉村さんは、7月帰国の予定だが、私たちと入れ替わりに3月に帰国した、電気技師の隊員と、帰国後新家庭を持つ予定だそうだ。バヌアツ在住50年という鴨田さん(72歳)や、市瀬さん(53歳)というJICAにかかわりのある、日本人も参加していた。この会の終わりごろ、山田さんから、碁盤用の、ベニア板を持ってきたと、車に向かい、いただいた。7時過ぎに終りとなり、椅子やスピーカーなどの機材を運び込み、ヘッドライトをつけて、メンジスまで5分間、歩いて帰った。夜は、「スパイ ゾルゲ」のDVD1枚目を見て、10時過ぎ就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月13日(火) バヌアツ 50日目。メンジスフラット。
2008/05/14(Wed)
朝8時半から、メラネシアンホテルで隊員総会。
朝1時50分ごろ目をさませ、流しの下を見ると今日も、中くらいのゴキブリを発見。新たに見つけた隙間に、週刊誌のページを切って、折って詰めていく。3時、家計簿を入力し、日記を入力しだす。途中パン、バナナをたべる。5時45分明るくなりだす。今日は曇り空のようだ。パンとレモンティーとバナナの朝食を食べて、8時15分ゴミを入り口のゴミ箱に出して、歩いて、メラネシアンホテルに行く。8時45分到着。既に始まっていた。8時15分からスタートしたという。全部で32名出席していた、隊員総会で時間を間違えてしまった。今回のテーマは安全管理について。警察の人がビシュラマ語で話していたが、よくわからなかった。次に、JICAの現地スタッフの警察出身のレイさんの英語での話しは、以前のオリエンテーションで聞いた内容と同じだったのでよく分かった。大町さんの歩行者と自動車運転者の安全管理と泥棒に入られた家の紹介など、詳しい話があった。寝るときは、戸締りをしてということが基本であるようだ。メンジスフラットの3階となると、寝室は、網戸でも大丈夫と思って鍵をしていないが、やはり鍵をしなければいけないのかもしれない。管理人のダリルさんは、網戸で大丈夫と言っていたが。ここのフラットは回りを金網の塀で囲まれており、夜間の玄関は鍵をかけ、玄関正面にはガードマンが夜中中椅子に座って見張っていて、しかも犬も一匹居るにもかかわらず、先だって、入り口とは反対側の南側のベランダから泥棒に入られ、鍵をかけてなかった、ベランダ側から進入され、物が盗まれるという事件があった。寝ていたのはフランス人で、幸い人には被害は無かったが、金品が盗まれたという。2人の泥棒が、1階から肩車をして、一人を肩に乗せて2階のベランダに上ったようである。被害後すぐ管理人のダリルさんは、1階と2階の間に、3線の鉄条網を設置して1階からの進入予防を図った。それでも万全というわけではないだろう。鍵をかけていてもガラスをこわされたら、鍵は簡単に開けられるわけだけど、鍵をかけるにこしたことはないだろう。
今日から、寝室も鍵をかけて寝ることにしよう。五十嵐さんから、Bred銀行について聞かれる。やはり、Westpack銀行の手数料がかかるのには、頭を痛めていたようで、すぐBred銀行に変えたい様子であった。川口さんから、懐中電灯が返され、車代ビール代もろもろで1,000vt預かり、山田さんに2,000vt支払う。鋸山の情報をお互いに収集することにする。11時半に会議が終る。終了後、近くのポートビラ最大のスーパーであるボンマルシェ2号館をのぞき、マーケット前の肉屋を覗くき、スープ用骨付き肉500gを199vtで買い、マーケットでバナナ一房30vtで買い、ココナッツの飲み終わった実をもらって、Bred銀行に行き、5,000vt
を引き出してみる。VT口座とUS$口座が出来ていてホットする。チューストアでフランスパン60vtを買い、
メンジスに12:30戻り、ベランダでパンとレモンティーとパパイヤの昼食。昼食後、ベランダのバケツに水と漂白剤を入れ、島で取ってきた、サンゴを入れる。ココナッツにも、漂白剤を少し入れ、水を一杯に入れて、エアコンの室外機に吊るしておく。こうしてしばらく置いて中が腐って取りやすくなったら中をとってから、乾燥させ、乾燥後、蓋の部分を切ろうと思う。先に蓋の部分を切ってから乾燥させたところ、後で、蓋と本体が合わなくなってしまったことの失敗から学んだ乾燥法である。これをしてから、ベッドで昼寝。2時から4時ぐらいまで、寝たようである。4時から旅行写真の整理。家計簿。日記付け。明日朝、明るくなったら、ドミに行ってインターネットをしてこようと思う。今日はこれから、夕食作り。今日は昨日と同じスパゲッティナポリタン。18:08夕食後、9時まで、インベントリー リストを作ってみる。
10時すぎ就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月12日(月) バヌアツ 49日目。ヌーナ島 晴れ。ウナカップ村ゲストハウス3日目。
2008/05/14(Wed)
寝るころは、雲でよく見えなかったが5時目を覚ませ洗面したときは星空であった。
今日は、朝日を見たいと、5時半、ゲストハウスの椅子を持って、渚にいく。
6時前東の海が明るくなってきたが、雲があって日の出は見られなかった。1時間ぐらい、椅子に座って海を見て、日記を書いて、サンゴ礁でおだやかな海であるがそれでも大きな潮騒を聴いて過ごす。8時最後の朝食。ドーナツ、ミロ、パンプレムース、野菜とツナのサラダ。最後に、ヌーナ(Nguna)島のプロファイルをお父さんに聞いた。お父さんのジョンさんは、68歳、小学校の教員を33年間過ごした方である。小学校では、全ての教科を教えたそうである。島に住む人口はよくわからないが、500名ぐらいだろうと言う。小学校は2つあり、それぞれ、100名づつの生徒がいるという。小学校は6歳からで、6年間。島の出身者は2,000人ぐらいがポートビラなどへ出ているとのことであった。9時15分記念写真などとりながら、お別れ。2泊分の費用、5,000vtを感謝して支払う。お土産に手作りの小さな手提げバッグとパンプレムースをいただく。9時45分ボートで、対岸のエムアを目指す。30分間、ほとんど、海の底がサンゴ礁だからだと思うが白く光って見える浅いおだやかな海をはしり、10時、エムアに着く。お父さんが(ジョンさん)が、ここまで付き添って来てくれて、船で走っている間中、糸をたらしていたが、魚は釣れなかった。お父さんは、バスを探してくれるというが、しかしいつになるか分からないという。急に山田さんが、2人の荷物の積み込みを始めた。2人の足の目途が立たないのを哀れに思ってくれたのかもしれない。4人の荷物を整理しながら、丁寧に積み込む。前の座席に、山田さんと川口さん、後ろに山田さんの奥さんと私が乗って、遠回りだが、左へ曲がって、ビラを目指す楽な道をいくという。確かに、来たときの道とは違い、危険な道は、少なかった。途中ですれちがった車は5~6台だった。途中、ODA草の根援助で日本が建設の金を出した、学校に立ち寄り、12時過ぎ、メンジスまで、送っていただき、本当にありがたかった。楽しい思い出ができた。川口さんから、ヌーナ島から見えた、鋸山に行かないかと誘われた。3~4時間の船旅だという。行ってみるのも面白そうだと思い承知した。帰宅後、ザルソバの昼食後、ユカタ、Tシャツ2枚、半ズボン、下着を洗濯し、ベランダに干し、1時半、フラットを出て、ウエストパック銀行に行き、284,000vtおろす。4,700US$もおろしたいといったら、今日は出来ないというので、明後日水曜日に来るから準備を御願いする。次に、Bredバンクに行き、265,000vtを預けようとすると、まだ口座が出来ていないという。預かり書をもらって、265,000vtを預けて、マーケットに行き、パパイア2個とキューリ2本100vtで買い、アイランドプロパティーによって、インベントリーリストをもらい、センターポイントで、塩500g 180vt,砂糖1Kg 120vt,胡椒50g 200vt,ひき肉200g 100vt パン2本120vt,玉葱小5個50vt,芋など食材を800vtほど買い、JICA事務所に、郵便物を確認して、4時帰宅。荷物を冷蔵庫などに片付け、パンプレムースを食べて、ドミに行き、メールを1つ発信して、5時半頃帰宅。夕食はスパゲッティナポリタン。夕食後8時頃、ソファーで寝てしまい、9時、ベッドで寝る。
雲間の太陽。 くも間の朝日。 くも間の朝日。 のこぎり島遠景。

朝食 チョコレート パン。 帰りの記念撮影。 草の根無償援助、学校校舎。 EPAU村の看板。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月11日(日) バヌアツ 48日目。ヌーナ島 晴れ。ウナカップ村ゲストハウス2日目。
2008/05/14(Wed)
朝6時目を覚ませ、6時15分、海に出たが、既に太陽は水平線の上にあって、日の出には間に合わなかった。しかし、写真をとり、砂浜に打ち上げられていた、貝やサンゴを拾う。8時朝食。ドーナッツと、チコレートパン、パパイヤ、野菜とツナレモン汁サラダ、オレンジジュースの朝食。9時20分頃、お世話をしてくれた人たちは、教会に出かけた。プレスティビテリアン(長老派教会)だという。行ってもみたかったが、川口さん、山田さんと話がはずんでいたので、残ることにした。そのあと山田さんの奥さんと、魚釣りに行くが、浅いところでは魚はいないようで、ちっともあたりがなかった。12時半頃、川口さんが、昼食だと呼びに来る。大きなロブスターだという。昼食は大きな伊勢海老(ロブスター)、スパゲッティ、ケチャプ、パンプレムースを皆で歓声をあげて賞味する。食後山田さんにシュノーケルを借りて、使い方を教えてもらって海で泳ぐ。シュノーケルを着ければ、なんと海の中を水中眼鏡で見ながら、口で息をしながら泳げることを初めて知る。魚はボートを係留している錘のそばに20cmぐらいのが2匹いただけだった。少し泳ぐともう足の届かない場所に来たことを知ると慌ててしまい、陸を目指して横泳ぎで泳いだときは、思わず塩水を飲んでしまった。海の潮の流れが速いから上がれという声で渚にあがる。4時、山田さんの持ってきた、ご飯をふりかけでいただく。このあと、川口さん白で、囲碁をする。形勢不利で、夕食休憩。夕食は6時半、バヌアツの郷土料理。ラップラップと牛肉といんげん豆のシチュウーと、フルーツ。夕食後、チャンスがあったが、負ける。次は、川口さんと、初めてという山田さんが13目置いて対戦。緊張した場面もあり、最終までいって、作り碁になった。数えてみると黒が良かった。しかし久しぶりであったが楽しかった。ミスの多さを反省もした。その後少し語り合って11時過ぎ就寝
島の朝の煙。 くも間の朝日。 渚。 近くの島々。

お世話してくださった、ご主人、奥様、お嬢さん。 ロブスター パパイヤ ラップラップ

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月10日(土) バヌアツ 47日目。 ウナカップ村ゲストハウス1日目。
2008/05/10(Sat)
2時半起床。夜中冷えてきた。昨夜のシャワーの後、寒気がしたが、今朝は少し汗をかいていた。
下着を着替えて、洗面所の流しで手洗いする。空を見上げるが昨夜の星は消えて曇り空のようだ。
日記を付けて、これから、写真の取り込み、学科の勉強。
朝、6時50分から、ドミトリーでインターネットでメールとブログの更新。
8時に電話局から電話が携帯に入り、電話工事を8時半からしたいと連絡が入る。
9時半にしてくれと頼む。8:30。
今日の予定
5時:朝食(パン、レモンティー、バナナ、パンプレムース、パパイア)
7時~9時 ドミトリーでインターネット。
10時~11時荷物準備。
11時 昼食(スパゲッティ)
11時半 出発

9時半の約束の電話会社TVL(Telecom Vanuatu Limited)が9時半になってもこない。携帯に電話があって、聞き逃して、留守電になっているのかと、留守電の聞き方がわからないので、携帯を持って、管理人のダリルさんの部屋に行こうとした所、丁度、大町さんが外出から帰ったところだったので、尋ねるが、分からないという。ダリルさんの部屋を訪ねるが、寝ているようなので、帰ってくる。そのうち10時頃携帯に電話があり、5分後ぐらいに行くという。待っていると、10時15分、バヌアツ人が、フラットの庭木の手入れなどをしている、バヌアツ人の付き添いで尋ねてくる。ほうじ茶を出し飲んでから作業を始めるが、15分ぐらいで、工事のテスト途中で、部屋を出て行こうとするので、どれくらいで戻ってくるかを尋ねると、5分ぐらいだという。しかし、戻ったのは11時であった。11時20分に出かけると話すと、問題ないといい、それから5分ぐらいで、予め設置済みの部屋の電話配線と電話機の接続確認などの工事が終わり、外のフロアーの集線ボックスの工事に取り掛かると言う。集線ボックスがどれか、確認し、工事人に挨拶し、管理人のダリルさんと奥さんに、月曜日までヌーナに行くことを伝え、部屋をでる。囲碁の石と、ペットボトルの水500ml X 2本を入れたリックは少し重い。
トラックの出発するHua Storeには、約束の11時45分、川口さんが既に座っていた。バスは時間どうりには来ず、12時50分になって、バンのバスが来て出発した。一番前は、運転手とその若い奥さんと、小さなお嬢ちゃんが座っていて、その3人を含めて乗客は12人であった。最初にマーケットに寄り、次に左の道で、北を目指した。途中ボンマルシェで買い物をし、次に、村で何かを積み込み、途中2回、道端の青空市場で果物を買ったりしたので、ずいぶん時間がかかった。すごい坂の登りや下り、水溜り、ぬかるみ、小川の横断、大きな穴だらけのアスファルト道路など、道路を保守することに金をかけられない、貧しさを改めて知ることが出来た。時々出てくる穴だらけのアスファルト道路も、外国の援助で作られたのであろうが、その後の保守がされてないため、始末に悪い。開いた穴は大きく、土砂を入れても、豪雨が川になり、それらを流してしまう。アスファルトの穴ぼこ道路は早く走れない。ゆっくり、ゆっくり進む。しかし、土砂の道路では、凸凹がなだらかなので、車はスピードを出せる。そんな道には、土砂が道脇に積まれていて、補修に使うようである。3時半に、エムア(Emua)村の波止場に着くと、まさにボートが出ようとするところであった。実は、車で行った、山田さんご夫妻がそこで、1時間半も待っていてくれたのだそうだ。船は30分でヌーナ島に着く。子供たち7人の出迎えがあり、ゲストハウスに案内される。
4:00 直ぐ前が熱帯樹木でその先がすぐ海。遠浅のさんご礁で、貝やサンゴのかけらが砂浜に打ち上げられていたので、拾ってきた。6時半山田さんの車に積んできた、冷えたビールで乾杯をする。夕食はビーフステーキとライス、サラダ、フルーツなど。夕食後、渚に出て、北の空にある月のそばに、臥せったオリオン座が見え、その近くには、船乗りが位置を知るための基準にしたという、シリウス(恒星)が見えた。南西の空には、南十字星(サザンクロス)とその近くに、さそり座(スコーピオン)、天の川が見え、人工衛星が、南十字星の傍から、さそり座にかけて、右から、左に動くのが見えた。かなりの明るさと、スピードだった。オリオン座と南十字星が同時に見えるのは、この季節のバヌアツだけだという。ケニア、セーシエル、サモア、ホンジェラス、フィリピンなど、各地で自動車整備の人材育成をしてこられた山田さんに、星のことを教わる機会がもてて幸せだった。ポートビラは少し町が明るいので、ヌーナよりは見えにくいが、それでも、ベランダからよく見える。バヌアツに居る間に、星をもっと知りたいと思った。よる11時過ぎまで、川口さん、山田さんと、語り合って、就寝。11時半。
バス代 ポートビラー>ヌメア 約60Km 2時間40分。 500vt,船賃 ヌメアー>ヌーナ 約10Km 30分。 500vt。

ベランダからの朝の海。 Emua行きのバス乗り場で。50分過ぎて出発。 Emua波止場 ヌーナ島に上陸。

Guest houseに到着。 記念写真。 Guest house 前の夕景。 投網で取れた魚。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月9日(金) バヌアツ 46日目。メンジス フラット九日目。くもりのち晴れ、夜星空、三日月。
2008/05/09(Fri)
今日のMust do
1. SV定例会。
2. 郵便小包梱包袋。
3. 封筒
4. 学科自習。
3時に目を覚ます。日記と、3:50から学科の勉強。1.Boot process 9 pagesと、2.Computer basics 26 pages,を5:20まで。
今日はこのあと、computer Hardware 11 pages と、File managementを勉強しておこうと思う。6:00 これから食事して、7時前、
寮に行ってインターネットでメールの処理をしておこう。そのあと、部屋に戻って、勉強の続き。明日からの旅行の荷造り準備。
川口さんと囲碁をしようと、石とダンボールで作った碁盤を持っていこうと思う。
7時過ぎドミトリーへ行って、インターネットでメール、ブログ更新。11時までかかる。原田さんからフォーマット変換したEXCEL送られていて、その内容をできるとこまで、埋めてみる。11時過ぎ、部屋に帰って、昼食、ザルソバ。久しぶりに日が照ったので、台所のフキンと手ぬぐいとスリッパを洗濯して、日に干す。午後は、プリンターの印刷テスト。最初にCanon BJ M40黒とカラーのインクカートリッジを取り替えて、印刷出来るようになる。次にEPSON PM-900C。カラーのカートリッジを取り替えて、青色では印刷できたが、黒の印刷が出来なかった。4時10分、オフィスへ向かう。築山さんにBRED銀行のパンフレットを返して、大町さんにガスボンベとガス代10,000vtを支払い、4時30分から5時50分まで、SV会議。所長の江畑さんと、新所長の中村さんが挨拶をされた。中村さんからは、道場六三郎作の穴子のちらし寿司の具の入った袋を各自にお土産で配られた。私はなにも、JICAスタッフへ土産を持ってこなかったが、このあたりが、所長を勤める人との気配りの違いかと感心する。終ってから、明日の旅行の出発場所である、HUA STOREまで川口さんと、原田さんと歩く。明日11時45分待ち合わせることを確認し、HUA STOREの前で別れる。もうすっかり暗くなった道を、メンジスに戻る。星空でつい、星を見ていると、道路の凸凹で足を取られ転びそうになる。ヘッドライトを持ってこなかったことが悔やまれた。フラットに戻り、夕食は、フランスパン、レモンティー、バナナ、パンプレムース。夕食後、シャワーを浴び、今日JICAの図書室で借りてきた「塀の中の懲りない面々2」安部譲二をベッドのなかに入り読む。2ページぐらいで眠くなり、明かりを消して就寝。20:00
居間」カーテン。 洗面所カーテン。 台所カーテン。 寝室カーテン。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月8日(木) バヌアツ 45日目。メンジス フラット八日目。強い雨音がして目を覚ます。
2008/05/08(Thu)
2時ごろ目を覚ます。台所の流しの下にゴキブリを発見。1匹ハエたたきで召し取るが、大物を上の隙間に逃がしてしまう。隙間をふさぐのに最初木をはめていたが、その騒音に階下の住人からクレームがある。申し訳ないことであった。以後もっと、注意をしなければ。今まで、気にしながら、部屋の清掃をしていたが、以降は夜中は音を立てないように注意しよう。木から、紙を隙間に挟んで、その上から、テープを貼る方法に作戦変更。4時半までかかって、終了。頼りない応急措置だったので、いずれやり直しになるだろうが、明日からゴキブリがやはり入ってくるか、こないか楽しみである。実は、2~3日前からゴキブリの糞を発見していて、どこから入るのかと疑問をもっていた。今日逃げられた大きな隙間をみつけて納得した。その隙間ふさぎをしていたのである。4時55分日誌。

今日のMust Do項目
1. ドミでインターネット、メール、ブログ処理。
2. JICAオフィスに在留証明書の確認。
3. 銀行月末800vt自動引き落としの確認。
4. ガスのボンベの支払い。プリンターの問い合わせ。
5. 台所流しの下の隙間ふさぐ、材木の調達。マグカップのみ口かけていることを伝える。
6. マーケットに果物の買出しと、階下の住人にお詫びしておこう。
7. センターポイントでパンと肉の買出し。
8. 11年生の授業内容のスタディ。
5:25 さかんに、ニワトリが高らかに鳴き、車の走る音が聞こえはじめる。
朝食はパンとレモンティー、カレー。デザートはパンプレムース。
7時前、ドミトリーへ行き、インターネット、メール処理、ブログ更新、福ちゃんからWORDとEXCELが送られていたが、EXCELは2007形式であったので、読み取れず、再送の依頼をする。ブログ更新10時20分、事務所に出て、築山さんに、在留証明書を来週15日までに欲しいと郵送をお願いする。ドミの鍵は、貸出ししてくれることになったとのこと。銀行の口座維持手数料の400vtは毎月かかるが、もう一つの400vtは四半期ごとぐらいにかかるのではないかとのこと。スタッフの織元さんが最近フランス系のこの銀行に口座を作り、口座維持費が無料だったとの話を聞き、BANQUE POPULAIRE BRED (Vanuatu) Limitedに行くことにする。
大町さんと、ガスボンベのお金の話をして、明日、10,000vt支払うことになる。内訳は、空のガスボンベ:4,000vt,ガス:3,000vt x 2 = 6,000vt足して10,000vt。これで、ガスが切れたとき即座に、地下に鍵をかけて置いてある、ガスボンベを使えるという具合である。
11時15分頃、事務所を出て、フランス系の銀行という、BRED (Vanuatu) Limitedに行き、INQUIRYの行列に並ぶ。7人目で隣の行列だと8番目だったので、7番目の行列に並ぶ。30分ぐらいで順番が回ってきて、口座開設の申し込み用紙をもらい、記入の仕方を説明して欲しいと頼むと、窓口の人が、パスポートのコピーと、JIKAの身分証明書を持ってコピーを取りに行っていたが、別の個室に通され、別のFledyという係員が、記入の仕方を記入しながら説明してくれる。Westpackは4/30に800vt手数料を自動的に引かれたが、BRED Limitedは手数料はかからず、700vtの利子がつくという。とりあえず、vt口座とUS$口座を作る申し込みをして、来週の月曜日に、パスポートと日本の自動車免許証と預金するお金を持ってくることにする。
12時20分、BRED Limitedを出て、マーケットへ向かう途中で、マラポアカレッジの可愛いい女生徒と合う。言葉を交わしてSee youと言って別れる。マーケットでは、40vtのパパイヤを3個、120vtとバナナ50vtを買う。帰り道、アイランド不動産にバイオレットを尋ねると、今日3時に、インベントリーチェックにアパートに来るという。待ってますと言って、センターポイントストアでパンと牛肉を買って、歩いて、アパートに帰る。ダリルさんに、3時にバイオレットが来るので、スタンバイをお願いする。しばらくして、ダリルさんが手配した、職人が、椅子の足の裏に、プラスチックの緩衝材を付けに来る。バヌアツ人の職人に日本のお茶だといって、玄米茶の冷えたのを出し一緒に飲む。ついでに寝室の緩んでいた、ネジをしっかり締めてもらう。椅子の緩衝材取り付けが終ってから、象のような50代ぐらいのオーストラリア女性のバイオレットを待つが、3時半ごろ遅れてきた。ダリルさんを呼んできて、大家の在庫品かそうでないかを確め、バイオレットがメモしていた。今日これをするなら前回したら良かったのにと思いながら見ていた。15分ぐらいで、バイオレットは帰って行った。そのあと、今朝隙間を塞いだ流しの下を見て、やはりゴキブリのふんが落ちているのを確め、再度隙間を確認し、地下の材木置き場に適当な板を探して持ってきて、ゴキブリの出入りする隙間を全て、木と、紙と、テープでふさぎきる。これで明日、ゴキブリの糞があるかどうかを確めよう。夕食は、パンと牛肉とカレーとバナナ2本とレモンティー。夕食後、日記、シャワーを浴びて、日記の続き。19:16 ベッドで二石一鳥を読みながら就寝。
居間の天井のファン。 居間のカガミ。 居間のエアコン。 居間のTV (ナショナル21型)

DVDプレーヤー ベランダ テーブル。 ベランダ 椅子。 板とホウキとモップ。


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月7日(水) バヌアツ 44日目。メンジス フラット七日目。雨時々豪雨、3時半雨上がる。
2008/05/08(Thu)
3時半目を覚ませ、昨日のパンプレムースの残り半分食べてから、PCに向かう。家計簿を入れて、日記を入力。まだ暗いのに、ニワトリのコケコッコーの大きな時の声、絶えず鳴いている鳥の声、下の道を走る車の音で、既ににぎやかである。今5時46分、黒かった空の色が、濃い灰色になってきた。先ほどまで降っていた、昨日来の雨は、上がったようである。今日はどんな一日にしようか。朝食は、アボカドを金網ざるで裏漉しし、ツナ缶の半分と混ぜてジャムを作りパンに塗って食べる。レモンティーとキューリのスライスとバナナ。7時、豪華客船が、ポートビラの港に入港するところを偶然部屋からみる。朝傘をさして、ごみを玄関出口の大きなプラスチックのゴミボックスに入れに行く。雨が強くなったので、今日は家にいて、休養の一日とすることにする。午前中、ベランダのプラスチックの白い椅子2つと青いテーブルを、清掃する。ともに黒ずんで、カルシウムがこびり付いていたが、ステンレスたわしで簡単に落ちた。12時までかかり、昼食はザルソバ。たれは、醤油とだしの素、少しの砂糖と、生の生姜のすりおろし。今日も美味しくいただいた。デザートはバナナ3本。昼食後、昼寝。2時半目を覚ませ、まだ大雨が降っているなか、ベッドでJICAの雑誌クロスロード2月号、シニア時代は海外でボランティアを読み、ベランダの椅子にすわり、ドリアンに似た果物を食べる。白い果実で、味は、青いリンゴのようだったが、あまり美味しくなく、残した。。4時前雨が上がったが、もう遅いので、今日は外にでないことにする。ココナッツシェルの外側をナイフでけずる。夕食準備は5時から、昨日買った、440gの牛肉の、1/3をカレーに入れ、残りを、醤油、生生姜のすりおろし、ニンニク1かけのすりおろし、砂糖少々をフライパンに入れ、弱火でいためる。カレーは人参1/4本、じゃがいも小1個、玉葱小1個を刻んで、肉と、小麦粉小匙3杯を炒め、お湯カップ2杯にだしの素を入れたスープをいれて、沸騰してアクをとり、カレー粉大さじ3杯入れて、塩いれて出来上がり。夕食は、パン、バター、アプリコットジャム、アボカド+ツナのミックスジャム。食後のデザートはパンプレムース1個。夕食後、シャワーを浴びて、今日の日記を入力する。19:54ベッドに横になりJICAの雑誌を読みながら、電気をつけっぱなしで寝てしまう。
居間の整理机。 寝室の机と椅子。 寝室のベッド。寝室の勉強机。

寝室の椅子。 寝室のカガミ。 寝室の天井のファン。 2008_05070001.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月6日(火) バヌアツ 43日目。メンジス フラット六日目。
2008/05/08(Thu)
2~3度目を覚ませ、4時半起床。日記づけ。今日も昨夜来の雨の一日。
今日のMust do項目。
1.9:00マラポアカレッジで、テストの結果をShem先生に渡す。補習授業のことを話す。
2.下の店で、鍵のスペアーを作る。
3.アイランドプロパティにインベントリーリストを預かる。この際欠けた、マグカップを持っていき返却する。
4.JICA事務所に国内旅行届けを提出する
5.マーケットでマンゴー、野菜の買い物
6.センターポイントで買い物、パン、マッチ。

朝食は、昨日買った胡瓜(1本10vt)のスライス。フランスパン、バター、レモンティー、バナナ2本、カレー、パンプレムース1/2個。洗面所の汚れたままの奥のタイル2枚、磨く。ベランダの暴風雨カバーの材木1枚、表面を洗う。今日は昨夜からの雨で、気温26度、湿度90%で、また、ココナッツシェルにカビが生えてきた。8:40玄関前のゴミ箱に、生ゴミを出してメンジスを出てバスを拾う。9時5分前、マラポアカレッジ着。コンピュータールームのマシンの電源を立ち上げ、エアコンをつける。男女それぞれ2人づつ、コンピューターを使いたいと、顔を出す。9時20分、また一人、男子学生が来る。生徒にとって、学期末休暇に入ったにもかかわらず、授業に出てくるのに感心する。外は雨、一段と強くなった屋根を打つ雨音だけが聞こえる教室で日記の作成。昨日、採っておいた校庭のパンプレムースの木の実4個をリュックサックに入れる。こんなに美味しい実ではあるが、誰も取らない。どんな味なのか楽しみである。
図書室も自分の席に行ってみたが、図書室の鍵がかかったままで、入れず、隣の部屋でなにかしているようすなので、のぞくと、先生方のワークショップ中であった。Shem先生もいて、直ぐに出てきて、一緒にコンピュータールームに行く。途中でテスト結果とその対策について話す。満点以外の生徒に補習をしたらどうかと言った。自分が補習をしてもいいと思ったからである。教室で、テストの採点結果を渡したら、その結果をよく見ていた。今日はもう、帰るが、明日は何か仕事があるかを尋ねると、ないという。今週はどうかを聞くとないという。何かあったら電話してくれと話して、See you.と言って別れる。
下の、ハードウェア ストア、日本でいえば、DIYの店に約10分雨の中歩いていく。車が物凄い勢いで傍を走っていくので、身の危険を感じる。天気の悪い日や、暗いときは、歩くのは極力控えよう。DIYの店は品数豊富で、大家のダリルさんが教えてくれた店だけあって、専門的な高価な品物も、多くあった。この次は、ナットを見に行こう。スペアーキーは225VTと思ったより安かった。店を出て、雨の中、バスを拾い、
アイランド不動産をたずねると、象のようなバイオレットが体を小さくして、「I’m sorry Mr.Sano」
と言って、JICAオフィスに電話したのだという。忙しくてまだ、アパートの備品在庫一覧表が出来ていないという。昨日午前中にも来た時は、午後になると、けんもほろろの応対で、明日来ると言って帰ったのだが、流石に頭にきた。、備品のうちのマグカップの1つののみ口が欠けているのを話すとそれは、自分もしっていた。大家のダリルに話せという。準備が出来たら電話をするように言って、携帯電話の番号を伝えて、店を出る。センターポイントで、牛肉ロース440g 308vt ,200g 102vt,アプリコットジャム500g 360vt,ピーナッツ缶105vt,フランスパン2本 120vt,マッチ2箱、120vt合計1,015vtを買ってリュックに背負い、店を出て、JICAオフィスへ向かう。事務所で、岡田清子さんの手紙と、新しいJICAバヌアツ緊急連絡網を自分の棚から受取る。岡田清子さんの手紙は、4月25日に投函されて、5月6日受領だから、12日間かかっている。こちらから、4月17日に出した本の小包は、18日の消印で23日お昼に着いたとのことで、5日間で届いたことになる。無事届いたことで安心する。送った本をとても喜んでくれて、嬉しかった。あの本を興味を持って読んでくれそうなのは、清子さんぐらいだろうなと、思っていた。手紙の最後にあった質問、good night はビシュラマ語では、たしか、gud nite。講習用テキストは学校に置いてあるので、確めることが出来ないが、そうだったと思う。先日の土曜日の音楽会の題名は、TALENT NITEだった。これからも少しづつ、日本の皆様に送ろうと思った。今度の土曜日から行く予定の旅の国内移動届を、5/10-5/12 Nguna島、自分と、川口、山田の3名連記で記入し提出する。スタッフはミーテイング中で話が出来ず、日曜日教会であった、ヘレンさんと、挨拶してオフィスを出る。メンジスまで歩いて帰る。シャワーを浴び、昼食の準備にかかる。昼食はザルソバ。
良く沸騰したお湯で麺を柔らかくして、よく水洗いをして、たっぷりの氷で冷やして、タレには、生生姜をすりおろし、今日も美味しくいただく。昼食後、昼寝。2時頃目を覚ませ、ベランダに置いてある、サイクロン(日本の台風)が来たとき、はめる板の清掃。部屋の窓の横には、板をはめる、枠が上下に設置されていて、そこに、板を落として、窓を守るようになっているが、その板がカビで黒く汚れていたのを、洗剤と雑巾で奇麗にする。30cm x 240 cn x 8枚であった。無事作業を終えて、ベランダが少し明るくなる。次に、シャワールームのタイルの目地がカビで黒ずんでいるのを、歯ブラシに漂白剤をつけて塗る。鍋に2Lのお湯を入れて沸かし、玄米茶を作る。ベランダに干しておいた、ココナッツシェルがまた白いカビが生えてきたので、漂白剤をカビの上から塗り、またベランダに干す。今日の気温25度、湿度90%。つかれたので、また寝る。夕方、7時目をさませ、学校校庭のパンプレムースの実を半分食べてみる。みずみずしく、甘く大変美味しかった。パンとレモンティーとカレーの夕食後、またベッドで眠る。夜目を覚まして、シャワー室のタイルの目地が思いのほか、奇麗になっているのに気を良くして、洗面台の回りの目地も、漂白剤を塗り、タイルについていた、セメントや、接着剤もカッターで削りとる。少しずつ気になるところが、少なくなってきた。ボチボチやっていこう。また寝て、3時半目を覚ます。
台所テーブルの、まな板代わりに使ったようなきず。 台所ハンガーの上の壁のよごれ。クリーナーで磨いてとれず。 マグカップ4個。1つは少しかけている。 電気ポット

ナベとフライパン。 食卓の椅子2脚。 居間の座椅子2脚。 居間の3人がけ座椅子とテーブル。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月5日(月) バヌアツ 42日目。メンジス フラット五日目。
2008/05/08(Thu)
今日の予定。
1.7:30メンジスに工事に来る職人に、サビた、大きな中華なべをグラインダーでサビを磨いてもらうことを頼む。
2.8:00マラポアカレッジで、先週のテストの結果をUSBフラッシュメモリーのコピーしてもらい採点する。
3.マラポア カレッジのコンピュータールームに置き忘れたハエタタキを回収する。
4.下の店で、鍵のスペアーを作る。
5.アイランドプロパティにインベントリーリストを預かる。この際欠けた、マグカップを持っていき返却する。
6.電話会社に行って、電話工事を申請する。
7.JICA事務所に国内旅行届けを提出する
8.

7:30管理人のダリルさんを訪ね、電話の申請でハウスオーナーの許可が必要と聞いたので来たと話すが、そんなことは必要ないと言う。さらに、持ってきた中華フライパンを見せて、この錆を取るのに、先日会った職人に、グラインダーで磨いてもらうよう頼みたいがと話すと、フライパンは凸凹があってグラインダーでやるより、サンドペーパーでやる方が良いといって、フライパンを手にとった。自分でやってくれるらしい。7時40分メンジスを出て、下の車道まで出て、バスを拾い学校へ向かう。8時前に着いたが、Shem先生は来ておらず、コンピュータルームで待つ。9時5分Shem先生来る。先週のテストの結果は、明日の9時に持ってくるということになる。町まで行くというので、フラッシュメモリーに結果をコピーして、もらったら、読めることを確めてから、Shem先生の車で町(town)まで、送ってもらう。助手席には、先生のお母さんが乗っていて挨拶をする。アイランド不動産にバイオレットさんを訪ねるが、インベントリーリストは午後になるという。明日また来ることにする。Westpack銀行にお金を下ろしに行く。操作の仕方を教えてもらうため、カウンターで御願いし、一緒に引き出し操作をして、2,000vtおろす。思いがけなく800vt預金が少ないので、明細を出してくれるよう頼むと、4月30日に400vtが2回引き落とされている。口座開設料で毎月月末に800vtが自動引き落としされるという。センターポイントで、パン2本、バター半ポンド、225vt,人参、レモンを買ってから、電話会社TLVへ、電話設置の申請にいく。21日かかるという。もっと早くしてくれと話してみたが、特別扱いは出来ないといわれる。インターネットの申請は電話が繋がったあとになるという。TVLからは歩いてメンジスに帰る。シャワーを浴び、下着、ワイシャツを洗濯し、昼食はザルソバ125gにする。醤油とだしの素と砂糖で、タレを作り、麺は沸騰した湯によく通し、水でよく洗い、氷でよく冷やして食べたが、美味しかった。昼食後、ベッドで昼寝をしていたら、管理人のダリルさんの玄関前で呼ぶ声で目をさます。1時半であった。朝わたした、中華フライパンのサビが奇麗に磨かれておとされていた。ベランダで、中華フライパンと、干しているココナッツシェルの実と、洗濯物の写真をとる。
2時半、これから、11年生のコンピューターテストの成績づけ。いろいろやっていて、眠くなり、眠る。6時起きて成績づけ。8時20分終了これからシャワー浴びて、成績まとめシート作成。20:25。夕食を作る。
カレーと、ビーフステーキ生姜焼きとパン、レモンティー。夕食後、居間、寝室、洗面所のタイルの清掃。
汚くくすんだタイルが、光ったタイルになって、気持ちよくなる。最後に試験結果を1枚にまとめる。21人の結果は、満点はShem先生分を含めて5名。最低6点。補習授業が必要かと思う。
12時就寝。
2008_05050009.jpg 2008_05050010.jpg 2008_05050011.jpg 2008_05050015.jpg

2008_05050017.jpg 2008_05050019.jpg 2008_05050016.jpg
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月4日(日) バヌアツ 41日目。メンジス フラット四日目。朝、ドミでインターネット、午前中聖日礼拝後ラ・ゴーンでゴルフ。
2008/05/04(Sun)
3時半起床。ココナッツシェルを写真にとる。今日は、引越しで整理した荷物のうち、使いきれない、いただきものの食器類、なべ、電気ポットなどを、ドミの黒沼さんにもって行き、インターネットでメール、ブログ更新をする予定。
その後、PMC礼拝出席後、コータローさんとゴルフ。なつかしい北海道弁で話す方である。剣道を教えているせいか、年は私より、7つ上にもかかわらず、溌剌としているせいか、若く見える。マラクラ島のホームステイでは、同じシルビア家に1年前お世話になり、身体をこわして、フラフラになって、飛行機のタラップを降りてきたそうである。朝のうちに、昼食と夕食を作っておこうと思いつく。朝食と昼食用にアボカドとツナをまぜて、ジャムを作り、パンにぬってサンドウィチをつくる。朝食分を食べて、ドミに置いておく品物をまとめて、手に持ってドミに向かう。7時頃電話がかかり、取るのが遅れて切れてしまった。ドミには、浦さん、森川さん、真崎さん、渋谷さんたちが、来ていてにぎやかだった。森川さんが早速、電気ポットを使わせてもらいますと持っていったのは、嬉しかった。7:40
9時までインターネットを使い、メール、ブログ更新し、ドミを出て、メンジスに戻り、ダリルさんの部屋に行き、ゴルフバックをもらい、部屋で、教会とゴルフ行きの準備をする。9時40分メンジスを出て、下の道路でバスを拾う。どのバスも、お客さんが多くて何台かのバスがとまらず、走り去った。10分ぐらい待ってやっと、止まり、PMCまで、乗せてもらう。10時丁度だった。ゴルフバッグは、玄関の机の下に置かせてもらう。礼拝前から、賛美歌が始まり、11時半の終了まで、10曲の賛美歌が歌われた。
今日のゲストは、オーストラリアからのお年より3名、ニュージーランドからの女性2名、フィジーからの1名だった。最後の玄関前での握手の際、お年寄りに年を尋ねると93歳だという。私の母と同じです話す。
独立公園の観客席に1人座って昼食のサンドイッチとレモンティ、バナナを食べる。12時でまだ、時間があるので、リュックサックを枕に、観客席で昼寝をする。しばらくしてバヌアツ人に声をかけられ、話をする。12時40分、バスを拾いに車道まで行くが、なかなか乗せてもらえるバスが来ず、10分ぐらいで、ようやく乗せてもらう。ラ・グーンまで約10分。既に川口さん、山田さん、新さんが1番テーで練習をしている。ゴルフ代、1000vtを払い、リュックサックを預け、12ホールを78でまわる。3時半であった。ドライバーとサンドウェッジのクラブ2本、途中で忘れてきたのに気づき、また歩いて探したが見つからず、近くの家の3匹の犬に吼えられ追いかけまわされる始末だった。受け付けカウンターに話をして、出てきたら、電話してもらうように話をしてメモを残す。
4時30分、バスを拾い、メンジスまで。4時45分帰宅。
シャワーを浴び、下着、ズボン、帽子、を洗濯し、夕食パン、レモンティー、パンプレムース、バナナ、マンゴウを食べて、6時ごろベッドに横になる。9時に目をさませ、日記をつける。夜は少し蒸し暑く湿度は80%あった。ゴルフで久しぶりにアップダウンを汗を流してあるいたせいだろう、足の負担が大きかったようで、両足がつったのにはまいった。何度か足がつった痛みで目を覚ます。10時半ごろ寝て、4時起床。
パソコン日誌をつける。5:01
2008_05050001.jpg 2008_05050002.jpg 2008_05050003.jpg 2008_05050004.jpg

2008_05050005.jpg 2008_05050006.jpg





この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月3日(土) バヌアツ 40日目。メンジス フラット三日目。晴れ、日差しが強い一日。
2008/05/04(Sun)
3時半、起きて、プリンターの黒インクを新しいものと変えて見るが、矢張り黒が印刷されない。ユーティリィテーの残量表示は満杯になっているにもかかわらずである。実は帰る前のインクでは、残量表示が80%あったのだ。
いろいろやっているうち、とうとうエラーランプがついたままになってしまい、疲れてしまった。朝食はパンとレモンティーとマンゴーの残り半分。色と食感は日本のメロンと同じ、甘さはメロンより甘い。出かける前に隣の、ロイスさんに引越しの挨拶に祭りの手ぬぐいと5円だまをもって、行く。ロイスさんの家には、前に、家の下見の際に訪ねたが、マラポアカレッジのソーシャルワーカーという仕事をこの7月までで、オーストラリアに戻る予定のご主人とい一緒に隣に住む女性である。前にもいったが、今日も、魚屋、パン屋、マーケットで買い物をすることにする。9時、リュッサックを背負って、歩いて25分、魚屋に着くが、手ごろな魚がなくて今日も魚を買うことが出来なかった小さなスーパーで漏斗を80vtで買う。昼食用のテモンティーを、500mlのペットボトルに入れるためのものである。マクラもほしかったが900vtであきらめる。フランスパン屋で出来たての熱いのを2本買う。120vt。それから、歩いて、カトリック教会のカテドラルの前を通って、中華街で店に入り、ガスの点火棒のガスかオイルがなくなっていたので、その燃料充填出来ないかを、現物を見せて尋ねるが、スピードガスといって、マーケットそばのスーパーボンマルシエの先に行けば200VTぐらいで、充填できるという。マーケットで、いつものパンプレムース1個30vt、マンゴー1個20vt、果物の王様ドリアンのような、形ととげのある果物で名前を聞くと、クレソールというものを、50vt,
碁石を入れる、碁笥用に、飲み終わって捨ててあるココナッツの実を、店のおばさんにことわって拾ってリュックに入れる。
近くのボンマルシェでツナ缶65vtを店のかごに入れ,椅子を高くするのに、足を繋ぐボンドを買おうとしたが、ボンドが店員に通じず、女性の店員と男性の店員が二人がかりで応対して、あきらめず、これはどうかと、いろいろ出してきて、とうとう、ボンドをだしてきたが、それは、紙を張るもので、木をくっつけるのには使えないと言い、最後に、extra strong super glue
Bonds:Rubber Metal Glass Plastics Ceramics Wood 3gのチューブ4本入ったものをもってきた。120vtだった。あと石鹸1個、30vt合計215vt。 マーケットをだたところで、朝尋ねたロイスさんご夫婦と会う。握手して、別れる。今日はまた豪華客船が島にきたのだろう。白人の旅行者が多く、町に活気を与えていた。センターポイントに行きステーキ用牛肉、200g,168vt,カレー用牛肉200g,114vt,小麦粉1kg、120vt,カレー粉50g,70vt,シャンプー500g,260vt 合計732vtの買い物をして、バスで帰る。バスでメンジスフラットといえば、運転手ならだれでもが知っているようでありがたい。その玄関まで運んでくれるので、日本では、乗合のタクシーといったところで、大変便利で、手ごろな値段の100vtなのである。アパートに帰つたのは11時。ココナッツの実を、ベランダに干し、食堂と机の2脚の椅子にくっつける木を下の廃材置き場に見に行き、拾って帰り、寸法を測り、木に寸法を書き入れる。昼食は、ざるそばを作る。漬け汁を醤油とだしの素、砂糖、生姜のすりおろしで作り、氷を入れて、そばを良く冷やし、今日は美味しくいただいた。食後のデザートはバナナ。食後、1階に住む、管理人のダリルさんを尋ね、木工の道具を借りにいく。2人で地下にある、ダリルさん自慢の、工作室の鍵を開け、2台ある、電動のこぎりで、2脚の椅子の8個の継ぎ足しようの部品を瞬く間に作り上げる。大きなのは、日本の,RYOBI製で、どう切るかを、赤いレザー光線で示されるものであるのには驚いた。次に3個のココナッツの実を蓋の部分と、ボディの部分に切り分ける。おまけに、ボンドはないかと聞くと新しいカンを開けて、中身をプラスチックの蓋に少し分けてくれた。部屋に戻り、椅子に、足の部品をボンドでつける。2脚の椅子が5cm継ぎ足したので、寸法が丁度よくなり、生き返った。ココナッツは、中の白い実を良く取り除き、良く洗い、ベランダにほした。4時疲れてベッドで昼寝をしているいと、B7へ移った大町さんが、ガスボンベを繋いでいる鍵を2つ届けてくれる。ガスボンベはボンドが必要で10,000VTと以前聞いた。夕食は、パンとテモンティーとパンプレムース半分。夜、日記をつけていると、7時半ごろ、幸太郎さんからtelあり。SVバヌアツの最長老。大学の先輩。剣道5段、元町長さん。来週末には、旅行に申し込まれた。おさそいいただいたので、急に、明日、午後1時から4時までラ・ゴーンでゴルフをすることにする。もう、20年ぶりになる。1985年福岡から大阪に転勤になり、その年、四国に会社の旅行で行った時、して以来の23年ぶりのゴルフである。九州時代の10年間、福岡、熊本、宮崎、鹿児島でゴルフはしたが、上達しないままである。明日の予定は、6時30分、ドミの黒沼さんに、食器などを届け、インターネット、メールの処理と、ブログの更新。9時45分、バスで、PMCへ。PはPresbyterianといって、長老派教会でこの国での、布教には最も古くから、熱心に関わってきた教派である。MはMemorial、CはChurchである。PMCで10時から12時まで礼拝。12時半までに食事をとり、12時50分、ラ・ゴーンゴルフ場、4時30分、メンジスに戻り、夕食、ビーフステーキの予定。21:25。夜10時30分就寝。
この頃は暑さが去って、涼しさを感じるようになってきた。寝るのも寝やすい。ビシュラマ語講座の前半を担当された、USP大学のロバート教授が言っていた、「5月1日になれば季候が良くなる」との言葉を思い出した。確かにそうである。こちらにいると、季節感覚がわからないで、これまでの40日を過ごしていたが、夏から秋への変化を感ずるこの頃の感覚であり、確かに湿気、蒸し暑い日が減ってきて、爽やかな風が気持ちのいい季節になってきた。洗濯物もよく乾くようになってきた。
このメンジスフラットの3階は、風もよくとおり、最高の眺め。まさにパラダイス、楽園生活を楽しませてもらっています。ここのメンジスフラットでは、衛星TVでNHKのBS放送が見れますが、今まで、一度見ただけで、TVを見たいという気持ちは起こりません。静かに過ぎていく時があっという間で、新聞もTVも無い生活が快適です。
重要な日本のニュースは、インターネットで見ることが出来、詳しくも知ることはできるのですが、詳しく知りたいという気持ちもでてこないので、ヘッドラインだけを見ています。
2008_05040006.jpg 2008_05040010.jpg 2008_05040013.jpg 2008_05040017.jpg

2008_05040012.jpg 2008_05020104.jpg 2008_05040025.jpg 2008_05040015.jpg
 

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月2日(金) バヌアツ 39日目。メンジス フラット二日目。晴れ、風が通り気持ちの良い一日。朝は雨。Athletics大会。
2008/05/04(Sun)
昨夜は何時に寝たのだろう。12時頃に、いただいたEpson PM-900Cのドライバーのインストールが終わり、黒インクが出ないので、青で印刷をして、良く見ると、わずかに欠ける字があったが、使えそうなことが分かって就寝。
今朝は、3時半ごろに目をさませ、台所の整理。朝食はパンとレモンティー。昼食分も作るが、あわてて、持っていくのを忘れてしまった。7時25分頃、アパートを出るが、バスに乗ったのは、7時35分ごろ。Kormam Stadiumに着いたのは、開会セレモニーの7時45分を3分ぐらい過ぎていたが、まだ始まらず、女性の先生の隣に座り、先生の傘を日傘にして、
お話をする。フランス語トSocial Scienceの教師で、2001年には、日本に4週間いて、東京、山口、広島に行ったとのことで、東京では、泊まったホテルで夜中うるさいので、外を見たら、工事をしているのを見て驚いたと話していた。日本人は一日中働いているような印象をもったようだ。言葉は、フランス語、英語、ビシュラマ語と出身のマラクラ島の母国語の4つをしゃべるという。日本語もいくつか話された。8時に、携帯電話がかかり、福ちゃんからだった。携帯電話から安い国際電話のかけ方を教わったので、ためしにかけてみたとのことで、よく聞こえた。日本もゴールデンウイークでお休みのようであった。スタジアムは、スタンド正面に緑に囲まれた、一周400mのアンツーカーのトラックがあり、ようやく、9時前に開会式が始まった。Malapoa college Athletics大会といい、種目は、男女とも、競走が、100m、200m、400m、1600mが単独とリレーが男女それぞれあり、槍投げ、砲丸投げ、ハンマー投げが男女それぞれ、走り幅跳び、三段跳び、走り高飛びの種目で、男子寮4つ、女子寮4つの8つのチームで、No1を競うものだった。午前中は12時半まで槍投げがかかり、Shem先生がかかりの先生だった。一人一人の記録と順位をつけて、採点し、チームの点数を発表していた。昼食はグランド内のテントのある、先生の場所に、正面スタンドから移り、Shem先生と、サンドイッチ2本とオレンジジュース4杯、ナウスと呼ぶ、青いリンゴに似た味のフルーツを2個たべる。午後は2時過ぎから始まり、最後の男子、400mリレーがファイナルレースだった。計画では15時終了が、実際は既に暗くなり始めた、18時であった。これがバヌアツタイムなのだそうだ。帰りもバスに乗り、メンジスフラットまで、乗せてくれた。今日も素晴らしい運動会だった。優勝したチームの喜びようは大変なもので、大手を広げて、駆け出す生徒もいた。
夕食用に、残っていたパンをどうぞと先生に声をかけられたので、パン2本とナウス1個を持ってかえり夕食とした。
夕食後は、台所にある、食器などの清掃と、数の多いものは、ドミに持っていくことにする。
すぐ時間がたってしまい、11時から、日記。明日は、椅子の足に5cm木をつけて、高さを高くするのと、ココナッツシェルで碁石の入れ物を作ろうと思う。23:50。これからシャワー、就寝。
2008_05020008.jpg 2008_05020019.jpg 2008_05020030.jpg 2008_05020054.jpg
2008_05020059.jpg 2008_05020066.jpg 2008_05020071.jpg 2008_05020084.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月1日(木) バヌアツ 38日目。引越し当日。朝は雨。
2008/05/04(Sun)
明るくなった6時過ぎ、小雨の中、スーツケースと紙袋、リュックサック、マラクラ島のシルビオさんのお母さんからもらった、ショルダーバッグをかついで、メンジスまで運ぶ。かたずけてから、ドミに戻り、灰色のスーツケースとキャリーバッグとリュックサックを途中、バヌアツ人に、一つを引いてもらって、2回目運び完了する。部屋に置かれていた、ダンボール箱2つも整理して、アパートの管理人ダリルさんに、引越しの挨拶に行き、手ぬぐいと5円だまを説明して渡す。
お返しに掃除のちりとりをくれる。昼食、そうめん。3時頃、買い物にでようかと考えていたとき、所長さんから電話があり、今からスタンドを持ってきてくれるという。さらに、なにか必用なものは、ありませんかと尋ねてくれて、ゴミ箱なんかどうですかと聞いてくれる。実はゴミ箱の無いのに気がついていて、バンボール箱で作ろうかと考えていたところであった。タオルはありますかと聞いてくれて、実は、これも少なくなってきたところであった。しばらくして、玄関の所にいるという電話で、出迎えに出て、荷物を運び込む。そのほか、お茶づけのもとやノリなどの食料品の差し入れまで箱に詰めて持つてきていただいた。お茶とパンプレムースの準備をしていたが、すぐ帰られた。先月は正田さん、今月は所長と最低の荷物しかもってこなかった私にとって、生活を楽しむものをゆずっていただけたのはラッキーだった。早速背の高いスタンドは居間に置き、背の低いスタンドは、机の上において、これで、夜も、手元が明るく本を楽しめる。4時過ぎ、今日出たゴミをポリ袋に入れて、買い物に行く。途中で大きなゴミ箱にゴミを捨てる。日曜日は閉まるマーケットは祭日の今日は木曜日なので、開いていた。ミニバナナ50vt、パンプレムース特大2個150vt、マンゴー50vt、ショウガ100vt、ボンマルシェでパン2本ととツナ缶、185vt、センターポイントで肉野菜など426vt買い物をして、重たいリュックを担ぎ、頭にヘッドランプをつけて、夜道をメンジスにかえる。夕食はパンとレモンティーと牛肉のショウガ焼き。夕食後、食器を洗い、日誌。これから、プリンターPM-900cの接続のテスト。22時20分。明日は、町のシタジアムで体育大会。7時45分から15時まで。タリスさんに旅行人数4名の連絡とシエム先生から、生徒の試験結果のコピーの入手。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |