FC2ブログ
11月30日(日)  晴れ 26度、70% バヌアツ 249日目
2008/11/30(Sun)
2時半目を覚ませ、3時まで京都国際会議場で行われていたテクノロジー国際会議を見る。
そのあと、今日一日やることを手帳に書き出す。4時に日本時間2時のBSニュースを見る。阿呆は来年4月前に解散はしないらしい。議席を減らす結果しか予想できない選挙は誰でもやりたくない。選挙をすれば、落ちる心配のある議員の多くは任期満了まで居たいのが本音である。でもそうはいえないので、何をいつまでにしなければならないからと言って、解散は出来ないという。
何をしゃべり出すか、心配はあるが、ここはマンガののりでヤラセテおこうという自民党である。
4時半、鳥の鳴き声、雄鶏の時の声で賑やかな、夜が明けてきた、バヌアツである。4:35
5時半まで、3通メールを準備する。5時のBSニュースで、11月20日に自分のブログに、文部科学省の幹部を殺すと書き込んだ25才の男がつかまったということが、報じられていた。東大の卒業生らしい。どこにも事件を真似する人間が出てくるものである。よくそのブログを見つけて、10日以内に逮捕したことに感心する。逮捕されると思っていなかったのだろうか。これで、彼を支えてきた多くの人を悲しませる結果になるだろう。これから朝食。5:45
朝食後7時半 眠くなったのでベッドで横になる。うとうとして、8時半目を覚ます。起きて昼食のサンドイッチを作り、英語を勉強して、9時半アパートを出る。9時45分PMCへ。10時からの礼拝がなかなか始まらない。女性のリードで賛美歌を歌って10時25分ようやく始まった。どうやら当番の牧師を待っていたようだが、どうやら諦めて別の人が担当することになったようだ。終わりはいつもどおり、11時45分に終わった。センターポイントでパンと肉を買って、昼食をどこでしようかなとビラの海岸をあるいたが、木陰のあるベンチで海に胸まで入って魚釣りをしていた親子を見ながら昼食をする。ドミに行きインターネット。メールの処理と帰国の交通手段の予約。クレジットカードが無くて決済が出来ず、また月曜日出直す。竹川さんから先週の政治情勢を聞く。水曜日に1票差で辛うじて不信任決議案を否決したとのこと。きわどいところだったそうだ。先週木曜日に来たSV短期隊員にアパートを紹介する。ダリルさんと奥さんとそのお母さんとおしゃべりをする。先日入居した、女性隊員の部屋も見てもらう。10か月の短期だとのこと。1月に開く予定の部屋があるというので、そこを考えてみると言う。職場の教育省まで歩いて10分でいける便利さが良いと言う。
女性隊員から食パンをいただく。アイランドキャベツを取って、今夜もすき焼き風を作る。夕食後、家計簿の更新と日記更新。20:05ココナッツジュースを飲んでから、ココナッツシェルの加工をする。10時までで完成。ベランダの干し紐に干す。10時、家に電話する。10時半就寝。
スポンサーサイト



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月29日(土)  晴れ 27度、70% バヌアツ 248日目
2008/11/30(Sun)
2時半目を覚ませ、3時までニュース9を見る。小沢と阿呆の党首討論の結果を報じていた。直接見ていないのが残念であった。インドのテロは鎮圧された。タイの空港占拠で、1万人の日本人が足止めをくっているという。4時まで、日記などをつける。これから、ライフジャケットでのやり残しとTシャツのポケットの位置なおし。Tシャツのポケットのつけ直し。朝食はご飯とすき焼きの残り。その後、ライフジャケットの修理をして10時半買い物に出かける。チューストアから出てきたら、誰だったか知らない、バヌアツ婦人から、「ティーチャー」と声を掛けられる。果たして誰であったか考えたが良くわからない。マラポアカッジの学校の先生かスタッフかも知れない。昨日もセンターポイントの向かい側で、バヌアツ婦人から笑顔で声をかけられた。どうやら、学校の教師かなとおもったが、よく覚えていなかった。こんな時、困ってしまう。レイパコアさんに挨拶する。パイナップルを買おうとしたら、自分の持ってきたものは、全部売れてしまった。といっていた。来週来るのかと聞くから、1人だけれど、金曜日行くと伝える。肉ときゅーりとレモンとココナッツ、パイナップル、パン、ピーナッツ、醤油を買う。
12時前アパートに帰宅。ガーデンでアイランドキャベツを収穫。昼食はパンとレモンティー
昼食後、ライフジャケット1号機の修理。これを次回ヌーナに持って行き、ヌーナに置いておく。これからはいつでも、海に浮かんで過ごせる。6時までかかって、修理完成。夕食はご飯の残りと、昨夜のすき焼き風肉と野菜の煮込みに味をしめ再度作っていただく。牛肉料理では、肉じゃがと、すき焼き風の肉野菜煮込みが簡単でよろしい。夕食後、日記。20時、横山秀夫著「真相」を読みながら就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月28日(金)  晴れ 28度、80% バヌアツ 247日目
2008/11/30(Sun)
朝2時半目を覚ませニュース9を見る。3時から昨日買ってきた絵葉書2枚を書く。駒ヶ根の倉田さんと福ちゃんへ。倉田さんは18歳から50歳まで駅伝で活躍された方で、2月14日に、トロフィーやメダルを陳列していたショーケースの引越しを手伝った。今年77歳で元気に若い隊員に作業指示をする姿に日本の農民の力強さを教わった。横浜から来たお嫁さんが親切にご馳走を振舞ってくれて、ビールもご馳走になった。絵葉書はイリリキ島とエラコール島の写真で供に近くにあり行ったことのある島である。朝7時半アパートを出て、8時学校。コンピュータ室の床がきれいになっていた。ゴミ拾いをして、図書室で着替えてから日記をつける。英語のテキストを読んで過ごす。8:45
タリスさんと今年最後は来週木曜日とし、金曜から月曜日まで、ヌーナにお世話になることにする。
シェイム先生とデジタルビデオカメラについて話しをする。2GBの拡張メモリーカードも欲しいと言う。今年は来週4日の木曜日までとし、新年は1月19日から出てくることにする。
図書室のウィルスにかかっていたパソコンに対して、ウィルス駆除をしたところ、2,000以上の大量の感染プログラムを削除したが、削除後、XPのIPLが立ち上がらなくなってしまい、XPの初期導入も起動しなくなってしまい、3時店じまいすることにする。ウィルス駆除も危険を伴うことを身をもって体験する。来週月曜日からXPの導入をすることにして、下校する。一旦アパートに帰り、荷物を軽くし出かける。JICAオフィスで、バヌアツ便りの記事1,2を提出し、本を返却し、新たに借りて、バヌアツ航空へ、12月10日の出発の時間の確認など。次回は前日9日に来るように言われる。
次に郵便局で絵葉書2通出す。それぞ100vtであった。肉屋で少し高い肉を買う。マーケットでココナッツとタローいもを買う。タローいもは日本の里芋のような形だが、つるつるネバネバ感が少ない、ドライな里芋といった感じである。2Kgぐらいで100vtと大変安かった。あと玉葱、シャンプーなどを買って6時帰宅。ガーデンで白菜、アイランドキャベツを収穫する。シャワーを浴び、野菜とキャベツの千切り、玉葱、タロー芋の薄切りと牛肉ですき焼き風に煮てみる。肉が柔らかくて美味しかった。これからは牛肉は量は多くなくていいから、高い肉を買うことにする。ご飯を炊いて、柔らかいすき焼きをいただくことができた。夕食後洗濯をして。7時半就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月27日(木)  晴れ 28度、80% バヌアツ 246日目
2008/11/30(Sun)
3時目を覚ませ、Tシャツ2枚にポケットを附ける。5時過ぎ朝食。パンとキャベツ炒め、レモンティーとパンナップル。朝食後、雨が降っていたので、出かける気になれず、ベッドに横になる。
うとうと寝てしまい、9時に目を覚ますがまた寝て11時過ぎ起床。ベランダのパンタナスで作ったカーペットと貝を洗うことにする。雨は上がって陽射し出てきたので、カーペットをベランダに干していたが、午後又雨になった。2時半雨があがったので、銀行に行きお金をおろして、不動産屋に12月分の家賃を支払いにいく。途中11年生の2人の男子学生に会ったので、ハローと声をかける。不動産屋の後、郵便局に絵葉書を2枚買い、ボンマレシェ2号店の隣の金物店に塗料とヤスリを買いに行く。とちゅうの坂道で、13年生のセタイタに会う。ちょっとおしゃべりをする。塗料は少量のものが無く断念し、ココナッツシェルのお尻を平らにするためのヤスリを1本購入。隣のボンマルシェで麺3袋、ジャムを買う。マーケットに下りて、牛肉、バナナ、ココナッツ、パン2本買って、JICAオフィスによって郵便物を見る。宝塚市からの11月号と、札幌の深瀬先生からの手紙があった。住所はメンジスになっていたが、私書箱9005に回してくれたようで、自分の名前が、バヌアツで認知されたような気持ちになって、嬉しくなる。帰宅後シャワーを浴び、洗濯をして、ココナッツジュースを飲んで、ココナッツ入れ物の加工をする。9時からニュース。阿呆がまた馬鹿なことを言ったことを、取り消していた。そろそろ、支離滅裂になってきた。森も様々な馬鹿な発言で支持率を下げ続けていたもんだが、阿呆もメッキがはげてきた。この先、しばらく、発言を控えるだろうが、どこまで地を隠せることができるか、根が軽薄なだけに直ぐ口が出てしまうので、だめであろう。21:55。10時過ぎ就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月26日(水)  晴れ 28度、81% バヌアツ 245日目
2008/11/30(Sun)
4時目を覚まし、ベッドの中で「南太平洋殺人事件」の最終章を読む。なかなか読み終わらない。
5時過ぎ、ガーデンへ行って、アイランドキャベツと白菜の葉を収穫。朝のパン、レモンティーと、野菜汁をいただく。今日は、学校のピクニックで海に行く。パンゴという海岸で学校から町に向かって反対側だから、バスで20分はかかりそうである。一度行って見たいところだったので、楽しみである。今日はライフジャケット2号機の試運転。海に仰向けになって、プカプカ浮いて昼寝が出来そうなので楽しみである。海に浮かぶ時は帽子とペットボトルのジュースを忘れずに持って行こう。
どれくらい浮いて居れるかも楽しみである。今日は昨日のようなくもりを期待していたが、陽射しが出てきた、暑くなりそうである。 6:45これから英語の自習。7時15分、半ズボンのかわりに海水パンツをはいたままアパートを出る。ライフジャケットは丁度入るビニールのカバンがあったのでそれに入れる。8時前学校に着き、コンピュータ室を覗き、図書室へ。9時ごろまで図書室で英語。それから椅子運びを手伝い、9時15分のバスでパンゴのハネムーン ビーチへ。9時45分頃着く。ハネムーンビーチはマラポアカレッジの貸し切り海水浴場となる。なんと子供達の多いことか。マラポアカレッジ生徒も沢山いた。男子はバーベキューの火をたき、薪をマサカリで切る。鶏肉、牛肉、豚肉、魚のぶつ切りを大きな2つの鉄板の上に油をしいて、どんどん焼いていく。トラックで運んできたテーブルを並べて、ご飯やサラダ、パイナップル、ラップラップなどのローカルフードなど並べて食事の準備をする。長袖に着替え、海にライフジャケットをつけて浮かぶ。あお向けに寝て足を蹴飛ばすようにして泳ぐ。バーベキューは焼け次第、大きな鍋にどんどん入れていく。ボーデイング マスター(寮長)のカロチチが近くの宿泊施設を案内してくれる。うみの側のコテージには、オーストラリア人の若い男女がいて、部屋を見せてもらったが、食事は自炊で食堂やシャワー、台所、洗濯場があり、ベッドには蚊帳がついていた。1泊2,000vtで利用できるという。宿泊施設を見終わって、バーベキューの場所に戻ると、どんどん焼けていて、カロチチがソーセージを1つとって渡してくれる。魚も焼いて、出来たてを大きな木の葉をつけて、渡してくれる。皆、気を使ってくれるのが嬉しい。料理を並べ終えて、電気でいつもお世話になる、ジェフリーの食前のお祈りで食事が始まる。いつものように、最初に食事を取るように声を掛けてくれる。全ての料理をすこしづつお皿に取ると一杯になった。食事を終えると、汗をかいたので海へ入り、プカプカ浮いて、渚に座っていると、今度は、紙のお皿やホーク、パイナップルが波に漂い始める。パイナップルをつかんで食べたが、砂がまじっていたが、塩辛くもあったが、甘くて美味しかった。4時ごろ、ドライバーのヤカリップの助手席に乗せてもらって、マーケットまで運んでもらう。ヤカリップはタンナの出身で、タンナのことをいろいろ教えてもらった。タンナの人口は22,000人ぐらいいるという。先日の議員選挙のタンナの議席は8議席(7+1)といっていた。ビラよりタンナの方が住み良いといっていた。マーケットの手前で降ろしてもらうと、笑顔の素敵な12年生のサイラスと会う。マーケットでレイパコアさんに挨拶をしてパイナップルを1個100vtで買うと、もう1つおまけしてくれた。レモン、キャベツ、パン、砂糖など買って、JICAオフィスで郵便物を確認し帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして、昼食のバーベキューでお腹が一杯であったので、夕食を食べず本を読みながら22:00就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月25日(火)  うすぐもり、29度、79% バヌアツ 244日目
2008/11/30(Sun)
5時過ぎ目を覚ませ、食事後、7時40分アパートを出る。8時過ぎ学校について、ごみ拾い。
図書室で日記。エアコンが有り難い。8時35分。これからコンピュータ室でnero7。2つめのコンピュータ室の清掃。13年生の生徒がタリスを尋ねてくる。セタイタ タロサは来年USPへ進学するという。これから校長先生に挨拶してくるという。11時20分コンピュータ室にウィルスチェックの結果を見て帰宅する。コンピュータ室を覗いて帰宅。
夕食前のパンと夕食のザルソバをいただき、夜10時出までで、ライフジャケット2号機が完成。1つ目より、浮力をつけた事と、身体を結ぶ、紐をつけたことなど、改良した。夜10時半「南太平洋殺人事件」をベッドで読んで就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月24日(月)  晴れ 29度、79% バヌアツ 243日目
2008/11/30(Sun)
1時に目を覚ませ、TVを見るが、レモンティーとピーナッツを食べて読書。4時また寝て、5時半起きる。朝食後、8時半アパートを出る。この時間になると、道で行き交う人の数が少なくなる。9時に登校。コンピュータ室を覗くが、シェイム先生まだ来ておらず、図書室で、日記を付ける。9時半
10時からコンピュータ室で14台のパソコンのフリーソフトのウィルスチェックプログラムAVGをインストールする。時間はわずか5分ぐらい。11時半までに終る。別のアンチウィルスプログラムであるNOD32をUSBにコピーして、導入を試みるが、ウィルスが導入を阻止して、出来ない。アンチウィルスの導入をしようとすると、すぐさまアベンドさせてしまう。どうしても出来ない。やはり、このマシンのディスクを抜いて、別のマシンにかけて、ヴィルス削除をしない限りできそうも無い。
水曜日、学校の教師やスタッフの家族のピクニックがパンゴであるというので、参加させてもらうことにする。2時半下校。パンを買って、2つめの、ライフジャケットを作る。夕食はざるそば。2時半までかかって、なんとか、明日で完成できるところまで作る。本を読んで就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月23日(日)  晴れ 28度、79% バヌアツ 242日目
2008/11/23(Sun)
今日の教会は、サンクス ギブン ディ(アメリカの感謝祭)で歌が多くて、礼拝終了は12時45分だった。
ビラの海岸で昼食。1時40分ドミに来てインターネット、メールとブログ更新。考えていたイー・エルダーの鈴木政孝さんのホームページを見て、メールを送ることを断念する。京都コンピュータ学院には、メールを出してみる。ドミでアンチウィルスのフリーソフトをダウンロードしようと、いくつかやってみるが、まるで、現在入っている、ウィルスプログラムが邪魔するかのように、ダウンロードの途中でアベンドしてしまう。昨日CDを読むことを邪魔していたのも、ウィルスの仕業だろうと思いつく。5時過ぎまでかかったダウンロードも40分の半分ぐらいで、アベンドになって切り上げる。アパートへ帰ってコンピュータのコードを忘れたのに気が付きドミに取りに帰る。6時前帰宅し、シャワーを浴びて、洗濯をして、肉じゃがを作り、いただき、夕食代わりとする。
ダウンロードが出来ず、がっかりして、疲れたので本を読みながら早々と就寝。20:00


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月22日(土)  晴れ 28度、79% バヌアツ 241日目
2008/11/23(Sun)
2時前に目を覚ませ、ニュース9を見る。阿呆はAPEC会合でペルーに行ったそうだ。新型インフルエンザのことで、対策に追われているようだが、本当にそんなに騒ぐべき問題なんだろうかと、いささか疑問に感じてしまう。自動車の契約社員の8,100人が首になるほうが、よほど大きな問題だと思う。簡単に辞めさせられる労働者の悔しさはどんなものであろう。4時過ぎから日記。4:45
鳥の声が賑やかになる。朝5時半ガーデンでアイランドキャベツと白菜を収穫。寝巻きとタオルを手洗いし、ベッドのシーツとタオルケット、ベッドカバーを地下の洗濯機に入れて洗濯をする。タオルケットとベッドカバーは初めての洗濯である。7時前洗濯物を地下の洗濯機から取り出し、ベランダに干す。8時前ゴミ拾いにJICAオフィスへ行くが誰もきておらずどうやら時間を間違えたようだった。しかたなくマーケットへ行き、パイナップルとココナッツを買い、チャイニーズ ストアでノコギリを運良く見つけて買い、アパートへ帰る。9時前再び、JICAオフィスへ行くと、すでに何人かで前の
道路際のゴミ拾いをしていた。早速ゴミ拾い。ゴミをつかむステンレス製の料理用つかみばさみが使い勝手がよく、ワレたビンや、道路にコビリついたダンボールや布もはがしてビニール袋に入れる。なんと20分で終了。ごみ回収ビニール4袋の成果であった。スタッフ差し入れの冷たいジュースとスナックで休憩し、記念写真を撮って10時解散。パン屋まで行き2本買って帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして英語77,78。昼食はパンとキャベツいため。レモンティーとバナナ。午後、ココナッツシェルの実をけづる。買ってきたココナッツジュースを飲んで、実を切り、中を取り出し、ベランダのロープで干す。良く乾いた、シーツ、タオルケット、ベッドカバーをベッドに敷き、部屋をほうきで掃除して、シャワーを浴びて、ベッドに本を持って横になる。4時半。6時目を覚ますがそのまま寝て、9時前起床。7時のNHKニュース9を見てから夕食。ザルソバとレモンティー。しゃわーを浴びてから日記をつける。ベランダでは昼間隅にじっとしていたヤドカリが元気に散歩をしていた。22時22分。これからメールの準備。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月21日(金)  晴れ 29度、79% バヌアツ 240日目
2008/11/23(Sun)
2時過ぎに目を覚ましニュース9を見る。阿呆が話した「医者は社会的常識を欠落している人が多い」と話したことを撤回して謝罪していた。やっとこの人らしい地が出たというところだろう。常々心に思っていることは、口に出てしまう。本音が出てしまったということだろう。必ずこういうときの、釈明の決り文句は「言葉足らずで誤解を招いて申し訳ない」であるが、本当は「医者は社会的常識を欠落している人が多い」と言われているのは、ことさら自分が言わなくても常識だろ。しかし、反発が多くて、人気を落とすことを、言ってしまった。医者を敵に回しても損はあっても、得はないと、心ならづもごめんなさいと白旗を揚げたというところなのだ。続いて、道路特定財源から持って来る金を地方に1兆円、好きに使ってと、これまた選挙対策用、思いつきをしゃべって、今度は自民党道路族から反発である。地方の自治体に1兆円ばらまくのは良さそうで良くない。地方役人は先日の名古屋市などの裏金問題でも明らかなように、裏金を作って自分のパソコンや椅子など、住民のためなどにではなく、自分の為に使いたい大変貧しい発想の人種なのである。子供におもちゃを買うように、裏金を作っては先ず自分の身の回りの物を買いこそすれ、日の当たらない住民に裏金の金を使うなどの発想は出てこない。自分本位の考え方をする役人に金をバラマクのは、中央官庁でも1兆円の使い道のアイデアが無いことを示している。阿呆は選挙対策の施策で、公金を国民に2兆円、地方自治体に1兆円をバラマこうとしているが、首相を退陣した後に待っているものは、公職選挙法違反で裁判にかけられることであろう。公金で国民や、公務員を買収したという罪状である。多分有罪にはすることは難しいであろうが、今彼がやっていることは、選挙対策の施策ばかりである。
生活弱者である、パートタイム労働者、派遣社員、契約社員など、働いているが将来に希望が持てない若い人たちへの支援がもっと考えられなければならない。厚労生省役人テロも若いこういうところの人からの不満が原因にあるのかもしれない。バヌアツの朝は、元気な雄鶏が時の声を次々にあげる。
行き交う車の音も少なくなった。朝4:00 5時までベッドで横になり、5時起床。朝食後、7時半アパートを出る。道行く人とモーニングと声を交わし、8時登校。学校の中を掃除して、すっかり汗をかいて、図書室へ。9時まで英語テキスト。9時からコンピュータ室でオフィスXPのインストールとプリンターのセットアップを14台のパソコンについてする。10時までで終了。コンピュータ室を出るとシェイム先生がトラックから書類の荷物運びをしている。しばらく図書室で次の作業を考えていたが図書室に行き、オフィス XPのコピーとAVGのコピー。2本のフラッシュメモリーのウィルスチェックと1本のフラッシュメモリーのフォーマットなどをして、11時下校する。アパートヘ帰り、シャワーを浴び、洗濯をして、昼寝。2時前目を覚ませ、ニュースを見る。阿呆の医師をめぐる発への批判が内閣内で出ているニュースが報じられていた。河村は存在感の薄い官房長官だが、サービス精神旺盛なのがこの発言に繋がったと言っていたが、まさに政治家の舌下事件の根底には全てサービス精神が元になっていて、阿呆ばかりではない。2時から日記とデータのバックアップとウィルス チェック。2:35 バックアップは終了。これまで出ていた、USBの接続を切る処理もエラーにならず取り外せるようになったが、ウィルスチェックプログラムの読み込みが上手くいかなかった。3:35 一旦終了。CDドライブが調子悪いのだろうか。プリンターを出し、手紙と名刺を印刷する。4時半前なので、郵便局に手紙を出しに行く。4時45分郵便局、4枚を同封した、日本までの手紙であったが、130vtと言われて、得をした気持ちになる。前回は250vtだったが、何枚同封したか記憶が無い。マーケットに立ち寄り、肉、レモン、キャベツ・ココナッツ、ボンマルシェでじゃがいも、中国人ストアで玉葱を買って帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして、ココナッツジュースを飲み、9時のニュースまでココナッツ バスケットを作り、9時半、本を読んで就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月20日(木)  晴れ 29度、80% バヌアツ 239日目
2008/11/23(Sun)
2時前目をさませ、ニュース9を見る。3時見終わってまたベッドに横になる。4時半起床。
朝食後、7時半アパートを出る。8時学校に着き、学校の中のゴミやガラスを拾ってビニールに入れる。右手で血が出ているのに気がつく。手洗いしてみると、中指の皮膚が切れて血が出ていた。いつ切ったか気がつかなかったが、ガラスをたくさん拾ったからだろう。図書室で着替えて、9時まで英語を勉強して9時日記。タリスさんとおしゃべりをする。今月スタッフのピクニックがあるという。参加させてもらうように話す。昨日、7月10日のバックアップしたシステムを復元してから、突然シャットダウンする現象は出なくなったのは有り難い。停止一歩手前の深刻なウィルスのダメージは避けられた感じでほっとするがまだ油断はできない。これから、コンピュータ室でマシンのセットアップの続き。9:45コンピュータ室の14台のパソコンをサーバーに接続するため、イーサーネット接続ソフト、M1187,M2013をインストールした後、コントロールパネルから、作られたネットワーク接続のアイコンのプロパティからTCP/IP接続のアドレスを登録する。次に、コンピュータのハードウェアをLANのドメインを登録して再起動をすると接続完了。1台当たり約20分かかり、午後3時半過ぎ終了。ルイ校長先生に、プリーズ トライ トー メイク アポイントメント。シェイム先生にシーユー アゲインと言って下校する。買い物をして帰宅し、JICAオフィスにコピーと町に買い物に行く。帰宅後シャワー、洗濯、夕食はザルソバとパイナップル。
夕食後本を持ってベッドへ。吉村達也著「南太平洋殺人事件」8時就寝。


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月19日(水)  晴れ 29度、78% バヌアツ 238日目
2008/11/19(Wed)
朝3時前起床。ニュースを見て、4時ベッドへ。5時起床。
朝食パン。7時過ぎアパートを出る。図書室で写真を探すが見つからず。復元をやろうとするがうまく行かず。8:20これから、コンピュータ室へ。XPの初期導入。その前に、XPのCD作り。
図書室のPCでCDドライブが認識できず、ウィルスチェックの実行できず。8:20
8時半、コンピューターでXPの複製作り。9時半まで5部複製を作り、9時半から12時までにブラックを14台XP導入。LAN接続をのこして今日の作業を終える。7月10日のバックアップを復元してみたが、絶えずディスクをアクセスする動きは変らなかった。13:30
JICAオフィスのパソコンがウィルスに感染していて使えなくなっているので、ウィルス削除をしようと、JICAオフィスへ行ってみると、パソコンのカバーが開けられていたので、触らずなにもしないで、ドミに行き、インターネットメールとブログの更新を行う。3時半切り上げアパートへ帰り、発泡スチロールをカットすると、材料不足で、再度発泡スチロールを調達に行く。帰宅後、発泡スチロールを寸法に合わせてカットして、ライフジャケットの2着目の材料が揃う。ガーデンでアイランドキャベツとチャイニーズキャベツをとる。シャワーを浴び洗濯をする。夕食はざるそば。夕食後疲れたので8時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月18日(火)  晴れ 29度、80% バヌアツ 237日目
2008/11/18(Tue)
4時前の目を覚ませ、ココナッツジュースを飲んで中のオイルを掻き出し、外側をカッターで削る。朝までに作って、ベランダに干す。朝食はパンとレモンティーキャベツ炒め。食後箒ではき出す。8時過ぎアパートを出て、8時半すぎ学校に着く。タリスさんとおしゃべりをして9時半日記づけ。
昨日のアベンドの影響でIPLでディスクの整合性のチェックが走る。Wordでは最初にディテクト アンド リペアを走らせる。これから写真の整理。午前中写真の整理、事務所の前で、校長先生とシェイム先生に会う。校長先生に首相府にパタペイ首相との面会のアポをしてもらうように督促をする。シェイム先生にウィルス駆除の話しをする。昼食後、ノースエファテのタカラ温泉のレストランのオーナーがレストランのバスで学校に尋ねて来ていたので、挨拶をする。午後、ビジネスレターを1枚書く。これから、ドミに帰り、メールを済ませてしまおう。3時40分これから、下校。
明日から、全てのシステムの初期XP導入と図書室のマシンのウィルス駆除の予定。
ドミでインターネット。3回ダウンで諦めて、5時過ぎアパートへ帰宅。
夜、夕食後、9時前就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月17日(月)  晴れ 29度、80% バヌアツ 236日目
2008/11/18(Tue)
4時半起床。歯を磨き、水を浴びて、荷物の整理。5時前ミレアムが起こしに来る。5時15分皆揃って出発。5時半アリックの船で我々5人だけで出発。なんとチャーターしてくれたようだ。高速運転で5時40分エムア埠頭到着。アリックの携帯番号をノートに書いてもらい、待っていたトラックに乗って、5時45分出発。なんとメンジスには7時過ぎ到着する。
荷物を整理して、洗濯して、レモンティーを作り、少しパソコンで日記を付けるが疲れてしまいすぐ昼寝。11時半目を覚ませ、昼食にざるそばを作りいただく。1時50分まで日記を作り休む。これから、買い物に出かけ夕食はご飯を炊いていただこう。今日もパソコンで1回突然の終了が発生した。2時過ぎ出かける。先ず、TVL(テレコム バヌアツ)に出かける。途中、朝別れたばかりのピーターに出会い、握手をして別れる。電話代を払い、肉屋へ向かうと、13年生の女生徒から声をかけられる。男子生徒もいた。挨拶をして別れる。肉屋で牛肉200gを買い、ボンマルシェでマーガリンを買い、マーケットで、レモン、バナナ、ココナッツ、キューリ、キャベツと、貝殻の首飾りを2つ、2人の娘のお土産に買う。雨が降り出ししばらく、マーケットで雨宿りをして、小降りになって外に出る。少し疲れて、元気の無い顔をして下を見て歩いていると、声をかけられ。セティが満面の笑顔で話し掛け、マタソーはどうだったと聞く。奥さんと話していたという。握手をして、魚が釣れて、刺身にして醤油とわさびで食べたと話す。少し元気をもらってから別れて歩き出すと、ニュージーランド銀行の前で、シェイム先生に会う。握手して、今日はもう学校は終ったのかと尋ねると、今日はいかなかったという。マタソーに行って、パティソンが6年間学んだ小学校を見てきたこと。マキラのあなたの名前を島の人が知っていたことなどを話す。明日学校で会いましょうといって別れる。チチャイニーズストアでパンを買い、JICAオフィスへ顔を出し、新しいパートタイムの若い女性に挨拶すると、スタッフから日本語がペラペラよと教えられ、日本語でおしゃべりをする。かわいい名前であったが、やはり書いてもらわないとすぐ忘れてしまう。JICAを後にして、アパートに帰る。
4時半、シャワーを浴び、洗濯をして、レモンティーとバナナを食べて17時本を読みながらベッドで就寝。21時前目を覚ませ、7時のニュースを見る。9時半パンとレモンティーとキャベツいための夕食。よく休んだので少しぼんやりしていた頭がすっきりしてきた。22時半。これから、写真の整理。写真の調整中また突然のシャットダウンが発生したので、就寝。23:00
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月16日(日)  晴れ 27度、75% バヌアツ 235日目
2008/11/18(Tue)
4時目を覚ませ5時前起床。歯を磨き洗濯物を外に移し、椅子を持って海辺に行って、朝日のあがるのを見ながら日記を書き、100語でスタート英会話のテキストを読む。偶然、シーシック 船酔いという単語が出てきたので、昨日帰り道、ケイトが船酔いしたのを思い出し、seasickと書く。渚を、ココナッツシェルの穴を塞ぐための小さな貝を拾って歩く。ゲストハウスに戻って、貝を洗って砂をおとし、テーブルに乾かせてから、水を浴びて、8時朝食。ジョンが作ったという、パパイヤ、パイナップル、バナナ、ココナッツミルクで作ったフルーツジュースが美味しかった。バーブ、ケティ、ピーター、コータローの5人とおしゃべりをする。9時携帯のソーラー充電器に日が当たるように置いてパラソルのある椅子で休む。9時半、バーブとケティを裏のパイナップル畑に案内し、10時、村のプレスビテリアンの教会の礼拝にでる。チーフのカルパットの隣で賛美歌を見せてもらって歌う。帰りにエマウを見ながらいただいた、パイナップルを2切れもいただく。昼食はローカルフードやパイナップルをいただく。コータローパイナップルだけで元気が無い。午後、庭のパラソルの下の椅子に座り、ココナッツシェルでバスケットを3個作り、入れ物を1個作る。貝で穴には、貝を米で作った糊でつける。そのあと、太陽の陽射しに当てて乾燥させ4時半やっと、手作りライフジャケットをつけて、海に入りに行く。具和よく浮くので楽ちんであお向けになって、島を眺め、足だけ動かして泳ぐ。実験成功に気を良くして、帰り道、バーブとケティに会ったので、海で浮いてみせる。2人も大喜びで見てくれた。コテージに戻り、水を浴び洗濯をして荷物を片付け、6時庭で日記。6時15分ピーターとおしゃべりをする。コータローのお腹の調子が悪いと言うので、レイパコアに話したら、ピーターが薬を持っているというので渡して飲んでもらう。6:2008年11月17日
夕食はラーメンやオレンジクマラのテンプラ、バーブがオーストラリア赤ワインを1本出してきて、皆でいただく。コータローは飲めなった。夕食後ノートにマタソーに行ったこと。アリックやバーブ、ケティ、ピーターにありがとうと書く。5人で夕食後、星を見に出かける。砂浜に寝転んで満天の星を30分ぐらい見て9時前帰宅する。コータローから、シベリアやイスラエルで見た星はもっと大きかったという話を聞く。コテージに戻り、歯を磨いて就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月15日(土)  晴れ 27度、75% バヌアツ 234日目
2008/11/18(Tue)
3時過ぎ起きて歯を磨きシャワーを浴び髭をそり、日記を書く。5時過ぎ川口さん起きてきておしゃべりをする。5時半すぎバーブ起きてくる。少しくもっていて陽射しが無くて船で出かけるのに最高の気象条件である。5時45分川口さんとおしゃべりをして川口さん5時50分足の裏の傷の治療に部屋に戻る。バーブの奥さんのケイトとピーターが起きてくる。バーブ夫妻、ピーターも同行したいと言う。6時チョコレートドーナッツとコーヒー、パパイヤで朝食。6時半アリックがお父さんと来たところで、ジョン、レイパコア、ミレアムも揃って記念撮影。総員7名乗って7時15分ボート、ヌーナを出発。9時マタソーに着く。迎えのウォルターと子供達と村の広場に案内される。30人から40人の村人を前に、川口さんがビシュラマ語で挨拶とスピーチをして、私が、チーフへのギフトである、カリコと、祭りの日本てぬぐいとピカピカに磨いた5円玉2個を、英語で説明する。5円玉はスモールマネイだが、ビルド ア ストロング リレーションシップの願いが込められていると話す。後で、33歳3人の父であるウォルターからあんたのジャパニーズ英語は良くわからないと言われて、がっかりしてしまったが、スピーチのあと、村人と、記念撮影をする。
昼食は海辺の見晴らしのいいところで、いただく。回りを取り囲む子供達にもご飯を分けて、パイナップルバナナを振舞って楽しい昼食であった。ウォルターとおしゃべりをして、ゲストが来たらとまると言う、ナカマルを見せてもらう。3泊で食事がついて8,000~10,000vtという。屋根はあるが、オープンな建物で、したは石ころ敷きであった。泊まる時は、女性がマットなどを持ってきてくれるという。マラポアカレッジ13年生のパティソンが6年間学んだという、プライマリースクールを見た。学校の屋根の上にソーラー発電パネルが置かれてあった。サイクロンが来た時のためのシェルターという建物を見せてもらう。プレスビテリアン チャーチもあった。11時半過ぎ、川口さんとアリックとワォルターともう一人の青年と5人で、釣りに出る。燃料が少ないと言うので、1時に戻ることにして、モニュメントロックを目指して疑似餌でトローリングである。運良くワォルターがはまちに似た魚を釣り上げる。1時前のマタソーに戻り、1時15分マタソーを出発する。帰りは高速走行で、イルカの群れが船と並んで泳ぎ、飛び魚の飛ぶのが何度も見えた。2時15分ヌーナ着。
ゲストハウスに帰り、シャワーを浴び、洗濯をしてから日記を書く。4:30
釣ってきた魚を2枚にさばき、半身を刺身にする。持ってきた、醤油とわさび、ダイコンを千切りにして、刺身のつまを沿えて、バーブ、ケティ、ピーター、川口さんと日本酒を飲みながら刺身をいただく。雨が降ってきたので、洗濯物を軒下に移し、残りの半身を刺身にして、あらを、醤油汁にする。夕食はアリックのお父さんのトニーも来て、刺身と、夕食を供にする。夕食は、ステーキ、スパゲッティ、パンプキン、オレンジクマラ魚のお汁。バーブが魚のお汁を良く食べてくれた。夕食後バーブ達とピーターとおしゃべりをして歯を磨き10時就寝。川口さんお腹の調子が悪そう。
2008_11160033.jpg 2008_11160051a.jpg 2008_11160068.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月14日(金)  晴れ 27度、75% バヌアツ 233日目
2008/11/18(Tue)
朝、寝巻きなど洗濯。午前中、ユネルコに電気代を支払いに行き、そのあとマーケットでレモンを2個買う。アパートに帰り昼食のサンドイッチとレモンティーを作る。11時半アパートを出てユーユーストアへ。11時45分既に止まっていたトラックに、待っていた川口さんと乗り込む。直ぐに出発。乗客は14人。ボンマルシェでビールの買い物を川口さんに頼み、50Lのガソリンを2つのポリに入れて、オイル1Lを買って乗車。12時54分ボンマルシェスタート。氷を買いに少し戻ってもらい3Kg買ってエムアへ。14:15着。アルミ船で2時35分出発。3時5分ヌーナ到着。荷を運ぶ一輪車を借りて、荷物を運ぶ。ココナッツドリンクを飲み1つバスケットを作る。ALICKが来て川口さんと3人でおしゃべり。暗くなって雨の降る中、ボートを見に行く。マタソーまで海が凪いでいれば30分でいける、明日はお父さんも一緒に行くと言う。夕食は、パンプキン、オレンジクマラ、鳥の煮込み、ライス。オーストラリアのメルボルンから275kmはなれた32,000人の町からきたという、61歳のバーブ夫妻と、イングランドからバヌアツに14か月ボランティアで来ていたと言うピーター23歳と川口さんと、タスカと、日本酒を飲みながらおしゃべりをして、明日行く、マタソーの話をして同行を勧める。日曜日は山に登るというので同行させてもらうことにする。酒が入って楽しい夕食であった。9時過ぎ歯を磨きに部屋を出て鍵を部屋の中に忘れてしまい、レイパコアさんの家まで合鍵を借りに行く。10時就寝。
2008_11160019.jpg 2008_11160025.jpg 2008_11160028.jpg 2008_11160029.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月13日(木)  うすぐもり 27度、75% バヌアツ 232日目
2008/11/13(Thu)
4時目を覚ませ起床。昨日着ていた、電気料金と電話料金の請求書を見る。今月も電気料金の単価が値上げされていた。毎月単価が値上げされる。これでは絶対会社が困ることはないだろう。5時すぎまで、日記をつけていたが、今日することを、あげてみる。
朝7時半JICAオフィスに行き、午後2時から視察に来る、JICA専門家と調査役への説明資料をプリンター印刷。9時、マラポアカレッジ。アルバートさんに電話で迎えに来る時間変更の連絡。
午前中試験の採点。午後2時、コンピュータ室で校長先生、シェイム先生とJICA調査団へ説明会。
説明終って、教師控え室でおしゃべり。4時ドミにインターネット。6時アパートに戻り、夜は、ヌーナ・マタソー行きの荷物の整理。
朝7時20分JICAオフィスに出て、午後の説明資料の印刷。ヘレンさんとジョエルさんに、記事をコピーしてわたす。8時半コンピュータ室で掃除。9時すぎ、アルバートさんに電話すると、なんと行けなくなったという。川口さんに明日11時45分に出発すると伝える。タリスさんに、明日5時以降の交通手段をあたってもらう。10時。これから昨日の試験の採点。12時まで採点。11時頃ルイ校長先生が来て、午後どこで話し合いをするかと聞きに来たので、コンピュータ室でしましょうと話す。1時半にコンピュータ室に移り、コンピュータを使っていた10名ほどの生徒に直ぐ終るように話し、プレゼンの準備をする。シェイム先生がコンピュータ室に来て、図書室で話合いをしようと言うが、コンピュータ室でしようと話し、会議の机と椅子を並べ、会議の体裁を整える。JICAから5名が来て、マラポアカレッジのルイ校長先生、シェイム先生と8人で2時から3時前まで話しあい、図書室のインターネット室を見学してもらい、クーラーの効いた教師控え室でコーヒーと紅茶をご馳走になり3時半まで話し合い。ルイ校長先生はマラポアカレッジのスクールマガジンとマラポアカレッジマークの服を3人にプレゼントする。私からは、ココナッツシェルを加工した手提げ椀を3人に1つづつプレゼントする。予定通り、3時半に雨の中5人が帰っていった。そのあと、図書室で、試験の採点をして、花壇作りをしていたタリスさんに夜電話すると話し、ドミに行く。ドミでインターネット。メールを送付。須田さんの誕生日祝いのケーキをお相伴に預かり、竹川さんとプライムミニスターについて聞き、船での行き方を尋ねる。帰宅した永田さんに新しい状況を説明する。大年さんに作っていただいた、ラーメン・ライスを3人でいただく。8時過ぎアパートへ帰る。川口さんから電話があり、予定通り明日昼出発することと、永田さんがジョインすることを伝える。シャワーを浴び、洗濯をしてから、タリスさんに電話をし、永田さんに電話をする。9時からのニュースを見て日記。10:45就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月12日(水)  雨 26度、71% バヌアツ 231日目
2008/11/13(Thu)
2時前に目を覚ませ、2時から3時までニュース9を見る。4時まで英語を勉強して、ベッドへ。
5時目を覚ませ5時15分起床。朝食後、7時過ぎアパートを出る。7時半コンピュータ室の掃除とゴミ拾い。図書室に45分行き、タリスさんに金曜日3時半以降にビラからヌーナへの交通手段を当たってもらうように依頼する。タリスさんからは、校長先生に頼めば、午前中で済むのではないかと言っていた。しかし着たばかりの隊員がそこまではなかなか言えないだろうなと思う。8時5分前にマーガレット先生が、9時まで試験のスタンバイがあるとのことを伝えにくる。9時からおしゃべりをすることにする。9時まで、2通メールの準備と日記。8:50 9時にマーガレット先生が来てくれたので、先生がフツナの出身と聞いて、お願いがあると話をする。 新首相もフツナ出身ということで、首相のナタペイさんとお会いしたいのだが、どうしたらいいかとお尋ねする。話を聞いて、校長先生が首相のナタペイさんと親しいからトウコウネから会うアポを取ってもらうのがいいと、アドバイスしてくれる。早速校長室へ話しに行くと、農業教師が校長と話していたがすぐ、終ってくれて、話をする。奥さんも隣で口添えをしてくれる。すぐアポの電話を首相府に入れてくれる。担当者が不在だったようで、次の週に会えるよう、引き続きアポを取ってくれることになった。これで、来月の帰国までに片付けておきたい2つのこと、来年の準備と、9月の選挙で新しくバヌアツ首相に就任したナタペイさんとお会いして、日本とのきづな作りが、もう一つできそうである。11時過ぎまで、事務所前の花壇づくり。金曜日のスピーチデイまでに、きれいな花壇をつくる予定だそうだ。
11:36 12時、永田さんに電話する。3時半に迎えに行くことを考えると伝える。折り返し永田さんから電話があり、3時半には終われないという。4時半か5時半になるかわからないという。何時になれば帰れるか午後3時以降に電話をしてもらうように伝える。1時から3時半までメインホールで11年生の英語の試験。暑い中でみんな静かに試験を書いていた。3時過ぎに全員終わる。シェイム先生に正解を確認し、明日採点するから、今日は帰ると言って、スクール マガジン 1,200vtで買って、カロチチを官舎に尋ね、留守をしていたので、写真を渡す。3時40分、事務所前で花壇作りをしていたタリスさんに挨拶して、歩いてアパートへ。シャワーを浴びて、4時半アパートを出て、JICAオフィスへ。先のチューストアでパンを買い、ごみ拾いの、アイアンフォークを尋ねるが無いと言う。5時前JICAオフィスで、新しく採用されたバヌアツ人のジョエル ジョナスに挨拶しおしゃべりをする。アルバートの後任として、沢山の応募者の中から選ばれた29歳の青年は、矢張りマラポアカレッジの卒業生で、シェイム先生の4年先輩だという。好感の持てるおだやかな青年であった。永田さんに会ったので金曜日5時に迎えに行くことで話しがつく。5時から、牧野、都築、伊藤の三氏とお話をする。7時前、バスで「乾杯」にチャーターした高級バスで、場所を移動する。
「KANPAI」は日本人が経営するバヌアツでは有名な高級日本食レストランで料金も高いと聞いていたので、入ったのは今回がはじめてであった。牧野氏は40カ国以上29歳の青年協力隊でザンビアを最初にバヌアツには23年前に空港建設前に来たJICAの協力専門員として来たことがある。JICAの専門家として、大変有名な方であることを知った。牧野氏も同様、有能な専門家として認められ活躍されているようだ。少し年齢的には先輩にあたるお二人のお話を聞けて励まされた。久しぶりのビール2本ととワイン、マグロの刺身と美味しい焼きそばを堪能し9時過ぎ、チャーターしたキャロルさんの旦那さんが運転し、助手席にはキャロルさんにメンジスまで送られる。アパートに帰り、川口さんに電話し、金曜、4時45分に変更の了解をとる。アルバートさんにも電話するが不在で、明日携帯に電話してくれるよう頼む。ワーシャツ、下着を洗濯する。久しぶりの飲み会であったが、矢張り飲み会は、ヌーナで飲んでそのままそこで寝れるのがいい。明後日はヌーナで宴会だが8時過ぎの夜遅い開始で果たしてどうなることか。10時半就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月11日(火)  雨 27度、71% バヌアツ 230日目
2008/11/11(Tue)
4時起床。その前にも目をさましたが、寝たのでよく休めた。
昨夜7時半に留守電が入っていた。だれからか調べて見たら、川口さんからであった。5時半まで日記。久しぶり、夜中雨が降ったようである。今日のパソコンの立ち上げではこれまでになかったメッセージが2種類でて悪化している感じである。今日午後ウィルス駆除をしてみよう。5:30
明け方降っていた雨が朝には上がる。7時過ぎアパートを出る。7時半コンピュータ室でテキストを取って、図書室の自席に移る。8時からのテスト会場であるメインホールに行ってみると12年生のフィジックスのテストが始まるところで、11年生のコンピュータのテストと重なっていた。11年生には、午前中待ってもらい、シェイム先生が出てくるのを待つことにして、コンプータ試験問題を解いてみる。9時頃、シェイム先生が来て、明日1時からダイニングホールで試験をするという。もう一度教師控え室のスケジュール表を確かめに行こう。9時35分。10時確めに行くと明日午後1時から、メインホールでは12年生のデザイン、ダイニングホールでは10年生の数学が入っていて、開いているのは、AVルームだけだった。インド系の女性教師から、ファンを見てくれと声を掛けられたので行って見ると、天井に取り付けてある扇風機である、3枚のファンが、折れ曲げられたり、取り去られたりしていた。タリスさんと見て回るとファンを取り付けている教室のほとんどのファンの羽が折り曲げられている状態であった。直す前に犯人を見つけて、罰を与えなければいけないと、タリスさんは言っていたが、やはり犯人は生徒であろうか?マラポアカレッジでも矢張りこういうことをする生徒がいるのだろうか。今日は事務所の玄関に横断幕が貼られた。17日金曜日のスピーチディがpm3:30-6:00あり、教育大臣も来て、スピーチをするという。10:30 タリスさんがラップトップを欲しいという。希望を聞いてみよう。インド人の女性教師もいて、色々話し掛けるので、後から聞いた方が良さそうである。10:45 12月の最初の週にお金を渡すから買ってきてくれという。
昼食時、永田さんに逢いに学校を尋ねるが試験週間できていない。竹口さんを訪ねおしゃべりをして帰る。午後シェイム先生にパソコンを見てもらうがCDROMより先にPCが立ち上がってしまうので、明日、ディスクを外して、ウィルスチェックにかけようということになる。宝塚市ニュースレターをパソコンに取り込む。13:55 職員室に出かけ、女性の先生たちとおしゃべりをしていた、ソーシャル サイエンス、ヒストリー教師をしている校長先生の奥さんのマーガレット先生にちょっとお願いしたいことがあるので、話をしたいと伝える。私に?と驚いた様子だったが、2時から試験があるとのことだったので、明日の8時に図書室にきてもらうことにする。図書室に戻ると、寮長のカロチチが来たので、写真を撮らせてもらう。3時過ぎ、カロチチとタリスさんに、アイ リーブ トデェイ
シーユーと言って、先に帰る。ドミに寄ると、竹川さんが居てお話をしたかったが、先に帰られる。掃除のキャロルさんとおしゃべりをして、ゴミ拾いの道具のことをなんと言えばわかるかについて、アイアン フォーク トー ピック アップ ラディシュ。と言うことに結論が出る。永田さんにメールを送り、インターネットで調べものをして、ブログの更新。運良く永田さんが帰ってきておしゃべりをする。帰ろうとすると、須田さんが来て、いろいろ質問される。暗くなる前にアパートに帰り、ガーデンで大根とアイランドキャベツを収穫する。シャワーを浴び、洗濯をして、夕食はスパゲッティ。ソースはツナと玉葱。レモンティとバナナ。そのあと、日記。昨日から新たなウィルスに感染したのは確実になる。絶えずディスクが忙しく動くようになってしまった。これから、暫らく使っていなかったプリンターに写真の印刷。20:35 名刺印刷をして、写真3枚印刷する。21:45
これから、USBにバックアップを取って22時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月10日(月)  晴れ 29度、71% バヌアツ 229日目
2008/11/11(Tue)
夜中3時に目を覚ます。少し寝汗をかく。暑さのせいか、風邪のせいかわからないが多分暑さのせいだと思う。暫らく、ベッドで横になって、パソコンのウィルス削除のことを考えていたが、思い切って今日やってみようと考える。ウィルスに感染しているのは間違いない。
1. 作業中、突然、シャットダウンしてしまう。このあと起動させると、ノーマルに起動される 場合と、ディスクのコンシステンシーチェックの要求がくることがある。昨日の3回起こったこの症状では、2回がノーマル起動、1回がディスクチェックの要求があって行った。
2. USBフラッシュメモリーを接続すると、取り外しのソフトが効かない。他のコンピューターで同じことをしてみると、矢張り取り外しのソフトが効かないパソコンと、取り外しが効くパソコンがある。前者はウィルスが原因だと考えられる。
3. フォルダーごとディスクの内容をUSBフラッシュメモリーに保管したものの、内容が読めない現象が発生する。
4. エクスプローラーで起動しようとすると、ランタイムエラーが出て実行できない。
ワークパッドやノートパッドで作成したものも、ランタイムエラーになって開けない。
5. ワードがスムースに動かない。そのたびにヘルプメニューでディテクト アンド リペアをするがウィルスが原因と考えられる。
6. ワードでしばしばフリーズに似た現象が発生する。キャンセルはかろうじて出来るが、ウィルスが原因と考えられる。
7. コンピュータ起動直後、エクスプローラーの起動でアベンドしたとのメッセージが5回に1回くらいのわりで、発生する。
思いつくだけで、以上の現象が起きている。以前には
「AutoIt Error」というエラーメッセージが起動後2回出る現象が、5月26日以来でていたが、
ワードのヘルプメニューでディテクト アンド リペアをやって以来、出なくなった。
1. 以外はなんとかまだ使えているが、1.で起動不能になった場合のことを考えるとお手上げである。
何故、ウィルスチェックプログラムをためらうかと言うと、学校のパソコンでウィルスチェックプログラムを流して、ウィルスを駆除したパソコンのその後の調子がどうも良くないという感じがしているからである。
現在4時半、向かいのマラポアの島と空の区別がようやくつくようになってきた。相変わらず、鳥の鳴き声と、雄鶏のときの声が賑やかだ。これから楽しい英語の勉強。「100語でスタート英会話」。48回目のbeginから。7時過ぎアパートを出て、コンピュータ室のごみを拾いゴミを出す。図書室で荷物を整理して、タリスさんにいろいろ質問する。まずライフジャケットについては、5つ準備してもらえるとのこと。2番目の金曜日、夜5時すぎに一人ビラを発ってヌーナに行く交通手段を探してもらうこと。オーストラリアの女性にヌーナのコテージを紹介したことを伝え名前を教える。
カリファトコが言っていたアンティとは何かを聞くとアントAuntの事だと言う。これから、英語8:45
数学教師のロブセン先生がきたので、おしゃべりをする。パプアニューギニアの大学で生活した時に危険なことはあったかを尋ねたところ、一度、バスの中で、3人組の子供にサイフをとられたことがあるという。 正面の子供がナイフで脅かし、両側の子供がズボンのポケットから財布を抜き取られたそうだが、他の乗客は見て見ぬふりだったそうだ。PNG(パプア ニューギニア)は危険な国ではあるが、物価はバヌアツのが高いと言う。フツナに行く方法については、タンナまで船で行き、タンナからフツナまで飛行機で行く行き方をアドバイスされた。先生の写真を撮り、e-mailのアドレスを教えてもらう。昼食後、ジョイノル君とおしゃべりをする。アンバエ出身で両親はサントに住んでいると言う。来年はUSPに進むそうで、マラポアカッジの成績証明書だけで入れると言う。奨学金は100名が、授業料、生活費の一切が出るという。来年1月から3月にかけて、南太平洋の国々から10名の学生が選ばれて日本等に訪問するトリップに応募しているそうである。以前話を聞いた、ノートパソコンについて、英語鍵盤をオークションで選ぶのはなかなか難しいことを話す。結局、買ってこなくていいということになった。USPヘは昨年58人の卒業生のうち50人が進学したという。今年は74
人の卒業生のうちの何人が進学することになるのだろうか。来月はサントに帰るのかと聞くと、帰らずビラで仕事をして学費を稼ぐという。今仕事を探しているところだと言う。エルトン先生がボードにスクールマガジンの募集のチラシを貼る。1部1,200vtだという。1部頼みますと口頭で伝えたが、1,200vtを渡して頼むべきだったかと思い直す。フツナ出身の生徒はいないかとテクノロジーの教師とおしゃべりをしていたら、校長先生の奥さんのマーガレット トウコウネがフツナの出身だということであった。14:10 しばらく、スキャナーでバヌアツの地図や写真を読み込み、パソコンに取り込む。3時すぎ、学生寮の寮長のカロチチが来たので、先日教えてもらった学校の数を書いた本の最新版について再度尋ねる。USPの本屋で2,400vtで買えるらしい。またいつまでで今年の寮が閉まるかを聞くと、11月14日の金曜日だという。来年はいつから始まるかを聞くと、学校は1月29日からで、寮は1月28日からだという。今週で寮生が出たら、中をリフォームするという。来年の寮生は男女40名づつで総員80名。申し込みは200名あったという。寮は1室10名で9年生から13年生までの生徒が2名づつで10名だという。夕食は6時から6時半で寝るまでで若い生徒たちはお腹が空くだろうと聞くとそういう時は、同じ敷地にある、カロチチの官舎に食べに来るそうである。また夜などでも、ココナッツの木に上ってココナッツを取って食べたりしているそうである。
そういえば、以前パンプレムースの木に登って取っていたのを見たことがあった。朝からシェイム先生に逢わないので、明日の試験の問題用紙の準備が出来ているか確めに、マリアのところに聞きに言ったが、コピーを頼まれていないと言う。コンピュータ室を覗いたら、シェイム先生が一人で試験問題がようやく出来たところのようだった。昨日会った、サイモン デイビッド ジョージのことを話し、何故、サイモンが頭にきているのかを尋ねた。どうやら、私は、サイモン家に繋がる、ディビッド ジョージですという意味らしい。一緒にマリアのところに95部のコピーを頼みに行き、明日8時から10時半の試験の立会いをすることになった。シェイム先生は8時半か9時に来ると言う。
4時過ぎ下校。ドミまで9年生の女生徒に追いつきおしゃべりをする。住いがラゴーンヴィレッジで遠いので、バスで通っているが、ここからバスは遠いので断わられるらしい。マーケットまで歩いて行って、そこからバスに乗るという。どこのプライマリースクールの出身かを聞くと、セントラルスクールだという。そこからは沢山マラポアカレッジに来るらしい。サイモン デイビッド ジョージ先生のことを尋ねると知っていた。ドミで、マタソー行きのメンバーにライフジャケットは5つ準備
できたことのメールを出す。また、日曜日逢って写真を撮ったデービット フィッシャー、ケライレイセル、サイモン デイビッド ジョージに写真を送る。ドミの冷凍庫に1.5リットルのペットボトル4本に水を入れておく。金曜日にクーラーボックスに入れて持って行く予定。
5時過ぎ、アパートへ帰りつくと丁度須田さんが帰ったところで、挨拶をする。ガーデンで大根、アイランドキャベツを取って、ダリルさんに大根を見せると、よく出来たと話してくれる。アパートの壁がきれいに塗られ、メンジスの名前も入って良くなっという。部屋に帰り、シャワーを浴び、洗濯をして、夕食はザルソバとパンプレムース。夕食後疲れたので、7時過ぎ就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月9日(日)  晴れ 28度、75% バヌアツ 228日目
2008/11/09(Sun)
夜中2時目を覚ませ、TVをつけるがすぐ切って、英語の100語でスタート英会話の12月号41回目から勉強開始。途中パンプレムースを食べて4時までに44回のleadまで終わり、メールの準備と、ニュースレターの記事の修正。外が藍色と黒で見えるようになってきた。朝にライフジャケットの試運転をするかどうか考えている。鳥の鳴き声、雄鶏の時の声が賑やかだ。4:45
朝食パンそのあと、就寝。8時半目を覚ませ、昼食のおにぎりを作り、9時20分PMCに着く。ドロシーさん、ジョンさんご夫妻に握手して挨拶。礼拝はカリ フォトコさんの話。TEAMについて話す。
礼拝後、会堂建設募金の話し合い。途中で抜けて、庭で、果物やサンドウィッチを勧められ、パパイヤ、パンプレムース、サンドイッチ、パイナップル、レモンティをいただく。教会の庭で、オーストラリアから来て、まもなく帰国し、来年1月また来て、ミュージアムでボランティアをしているという、28歳のデェイビッドと、オーストラリアから遊びにきて27日までいるというクライレとサイモン デェイビッド ジョージと4人でおしゃべりをする。ジョージはシェイム先生のカズンだという。シェイム先生のお爺さんの妹が、ジョージのお婆さんで、同じマキラの出身だという。
写真を撮って食後、カリ ファトコに挨拶をして帰る。カリ ファトコは、マラポアカレッジの初代バヌアツ人校長を務めた人。約20年前のことである。ドミに来て、昼食のおにぎりとカレーをいただく。美味しいビーフカレーであった。インターネットでメールとブログの更新をするが、3回突然、シャットダウンが予期せず発生する。昨夜は1回発生した。ウィルスが原因だと思うが、もうウィルスチェックを流して、ウィルス駆除をしなければならないようだ。学校のコンピューターでウィルス駆除をしたあと、動かなくなったコンピュータがあったことで、これまでウィルス駆除の実行をしなかったが、いよいよ限界かもしれない。4時35分
5時半過ぎまでドミでインターネットをして、アパートに引き上げる。シャワーを浴び、洗濯をして、英語の勉強をして、夕食は8時、ザルソバとパンプレムース。夕食後、デジカメの写真を取り込もうとすると、起動プログラムが動かない。スタートプログラムから起動プログラムを立ち上げて、読み始めた。写真を取り込んで、日記を入力するが、いつまたストップするかと思うと気が気ではない。
SAVEを繰返して進める。下を走る車の音が高くなった。雨が降ったためのようだ。これからメールの準備。20:55 9時から、NHKニュースを見ながら、お昼に写真を撮った、オーストラリア人2人、バヌアツ人の3人に写真を送るメールを作る。21:15。夜10時前、シャワーを浴び、10時自宅に電話する。元気そうな声にホットして誕生日祝いを言って、娘の声を聞く。電話を終えて就寝。

2008_11090001.jpg 2008_11090002.jpg 2008_11090003.jpg 2008_11090004.jpg

2008_11090005.jpg 2008_11090009.jpg






この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月8日(土)  晴れ 29度、75% バヌアツ 227日目
2008/11/09(Sun)
夜中2時前目を覚ませ、3時までニュース9を見ながら日記。3時45分おしまいにして、再度就寝。
朝5時15分起床。畑に大根とアイランドキャベツを取りに行く。寝巻きとズボンを洗濯する。朝食はパンと紅茶、夕食の米を水洗いしてつけておく。今日もいい天気で、外は30度を越しているだろう。今日することを考えてみる。1.英語 33回目から。昨日の遅れを取り戻して、40回目まで。2.買い物 食料とマタソーチーフへの贈り物である、カリコ。 3.ライフジャケットの試運転 着けて向かいのビラの海に浮かぶこと。4.メールの準備。5.リュックサックの洗濯。
6.12月10日の帰国までにどう過ごすか考える。そういえば、今日中村さんが一時帰国の予定である。これから寒い日本に帰れば、先ず風邪を引きそうである。これには気を付けなくてはならない。
8時10分。買い物より先に英語の勉強をすることにする。10時まで勉強して、それから、マーケットへ出かけよう。英語の勉強を始めるが、調子が出ず、ベッドに横になる。10時半目を覚ませ、買い物に出かける。カリコを買い、マーケットでレイパコアさんに握手して挨拶し、バナナ、レモン、キューリ、ココナッツを買って、肉屋に行く途中、11年生の女生徒に会う。握手しておしゃべりをして、肉屋へ。牛肉を買って、帰り道またあって、おしゃべりをして別れる。暑い陽射しを受けてようやくアパートにたどり着く。シャワーを浴び、洗濯をして、肉じゃがを作り、ベッドで東野圭吾著「予知夢」をようやく読了。2時半目を覚ませ、ザルソバを作り、頭痛がするのでココナッツジュースを飲みながら、セデスを2錠のむ。検温してみると、36.7度。英語を4時半までで40回まで修了。11月1日に思いついて、毎日5回分。今日で40回分までたどり着く。帰国までには100回分を2回繰返せる勘定だ。昨年も同じテキストで勉強していた。今年も同じ勉強をしているが、スキットの舞台はニューヨークである。ニューヨークは先日応募した、シンボルマークの採用の商品が、東京―ニューヨークの往復航空券である。10月末締め切りで応募し、11月から再開した勉強の舞台がニューヨークということで、偶然とはいえ、シンボルマークが採用されるような気がしてくる。自然ニューヨークの様々なスポットがこれから行くかもしれないと思うと興味を持って読める。この年になってこんな刺激的な生活を送れるのだから有り難いことである。今日は、頭がスッキリせず、朝の予定の、海に浮かぶことはできなかった。マタソーチーフへの贈り物は黒地字にランの花柄模様のカリコと呼ばれる生地と祭りの日本てぬぐいとよく磨いて光った5円玉2枚。これから夕食の準備。夕食後、残ったメールの準備。夕食後、ココナッツを糸鋸で切って、中の脂肪をスプーンでかきとりベランダに干す。ごはん糊を作り、椅子の足のバランサーにダンボールを切って糊で貼る。ココナッツの穴も糊で塞ぐ。21:25 吉村達也著「南太平洋殺人事件」の地図を見て、就寝22:00
2008_11080017.jpg 2008_11080013.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月7日(金)  晴れ 27度、75% バヌアツ 226日目
2008/11/07(Fri)
3時半目を覚ませ、ニュースを見る。4時から、ライフジャケット作り。5時半、ガーデンで大根とアイランドキャベツの収穫。7時過ぎアパートを出る。学校に7時半。コンピュータ室のドミを出し
生徒が入ってきて、コンピュータを使い出す。
図書室の自席に移り、メールを作り、日記を書く。外は暑そうな陽射しであるがこの部屋は快適である。8:35 タリスさんが、ヌーナのゲストハウスの紹介の写真に説明文を付けて、旅行代理店を回ろうと思うという。ついては、英語を日本語に翻訳してくれないかと言う。もちろんいいよ。イッツ マイ プレジャー。と言う。来年から土日はできるだけヌーナに泊まりに来てほしいという。費用はレイパコアさんがお世話をしてくれる食事代だけでいいと言ってくれる。宿泊の部屋代はタダにしてくれるという。泊まっていろいろ、指摘してくれるだけで有り難いといってくれる。こちらも有り難いことであるが、すぐにどう返事をしていいかわからず、サンキューという。社会人時代、ホテルのお客様のシステム開発で、九州の最高級ホテルで仕事をしたが、お客さまのホテルに行くたびに、大変な配慮をいただいたことを思い出した。一週間最高級ホテルに泊り込んで料金をとられなかったこともあった。天皇陛下が泊まったという特別室にも形だけのわずかな料金で泊めていただいたこともあった。9時過ぎ寮長のカロチチが、来週に迫ったマタソーの地図が載った厚い書物を持ってきてくれる。早速スキャナーに読み込んで画像を編集して、今日、同行する3人にメールで添付して送るのに47KBの小さなサイズにする。カロチチに有難うと言って本を返す。タリスさんに、ライフジャケットを尋ねる。タリックに準備するよう話している経過を聞きに、今日、マーケットにレイパコアに聞きに行くと言う。9:55 再びカロチチ寮長が来ていろいろ話しをしてくれる。ビラの湾に浮かぶ、イフィラ島出身で、お父さんは医者だったそうで、現在のセントラルホスピタルがイリリキ島にあったとき、そこで少年時代を過ごしたそうだ。マラポアカレッジを卒業し、大学はパプアニューギニアで法律を学んだそうだが、危険で物価高のパプアニューギニアを逃げ出して、バヌアツに戻ってきたと言う。ヨーロッパへは西ドイツで6か月働きスエーデンでも生活したことがあるそうである。まだ日本には行ったことがないが、是非行ってみたいと言う。次に寮を見せてもらうことにする。今年は、女生徒52名、男子生徒40名が利用しているという。来年は男子、女子ともに、40名づつで80名の予定。再来年は男子100名、女子52名の予定。寮費は1ターム27,000vtという。1タームは4か月で年間81,000vtこの中には朝昼晩の食費も含まれるという。その金額は生徒にとって、負担感があるのかを聞くと、生徒の親の給料によるが、両親供に働いている家庭や、給料のいい家庭はどうということはないが、母親だけが働いている生徒などには、負担が大きいと言う。寮生の部屋は、10名部屋で、1966年開校以来の42年経ったサビだらけの鉄のベッドを変えたいが変えるお金が無いとのこと。200部屋分で200万vt(100万円)ぐらいかかるという。何故200部屋分も必要なのか、100部屋分で良いのではないかと尋ねると、いい質問だ。自分も100部屋分の100万vtあればいいと思うという。2年経って、この学校をさよならする時、寮のベッド100台分100万円をプレゼントするのもいいかなと思った。部屋にはベッドと物置だけで、机も、個人使用の照明スタンドはない。勉強は9年生から10年生は、教室を使う時間が夜8時半までで、11年生から13年生のシニアは夜10時まで教室を使えるという。ドミの消灯は21時。寮は10個のシングルベッドが並べられていて、机は無い。小さなスペースの棚に荷物を置いている。衣服をハンガーに吊るしている生徒もいた。朝は5時半起床、ゴミ拾いなどの仕事をして、シャワーを浴びて7時から朝食といった生活だという。色々見せてもらって勉強になった。寮生と家から通ってくる生徒とどちらが成績がいいかを尋ねると、寮生の方が、いいという。何故かを尋ねると、家から通っている生徒は、両親が喧嘩をしたりしていて、落ち着かないからという。この国のプライマリースクール(小学校)、セカンダリースクールの数を尋ねたら、本棚から、本を探して、そこには、2002年の数字で、スライマリースクールが410校、セカンダリースクールが60校と出ていた。英語系(アングロフォンという)が60%強、フランス語系(フランコフォンという)が40%弱である。シェイム先生が昼前顔を出したので、昨日の11年生の試験のことを話すと来週火曜日に延期したと話していた。
クールトン先生が、バヌアツの詳しい地図を持ってきてくれた。昼休み、スキャナーでコピーして、パソコンに取り込む。マタソー行きの3人に送ってあげよう。13:00これから下校。
ドミへ行く途中、女生徒に追いついたので、歩きながらおしゃべりをする。11年生のメリッサという。コンピューターは選択していないと言う。好きな科目を聞くと、ケミストリー、フィジックス、マス(マジマティックス)で、将来はシビルエンジニアリング(土木)を勉強したいと言っていた。ドミの前で別れて、1時半からドミでインターネットをする。ドミでフツナ草の根の技術援助をしている北九州大学の竹川さんが今週バヌアツに来たところで、活動内容を聞かしてもらう。フツナは今度新しく首相に就任した、エドワード ナタペイの出身地で、小さな島であるが、約500人の住民が住んでいると言う。隣の大きなタンナ島が2,000名というのに較べたらそんなに人が住んでいるのかと疑問にも思ったが。伝統的に魚釣りがさかんで、その魚を燻製に加工して産業にしようと取組んでいるそうである。電気もガスも水道も無い島に今度、500Wのソーラー発電と冷凍庫を設置し、冷凍してタンナ島を経由して、4時間で、燻製した魚をビラに売り出す計画だという。約30人の村人とこの新しい試みに取組んでいると言う。面白そうな仕事で、写真も沢山見せてもらう。ただ交通費は飛行機で、タンナ経由で往復35,000vtぐらいかかるという。砂浜は少なく、火山の岩礁で囲まれているが、大変きれいな海であった。旅行者を入れておらず、ゲストハウスは無い。宿泊は、現地人の家にお世話していただくことになるという。だからあまり大勢で訪問するわけにもいかないらしい。
あと1人仲間を見つけて、行ってみようかという気持ちになる。来週月曜日、フツナから来ている生徒がいないかを尋ねてみよう。できれば、12月10日の一時帰国前に、船でフツナに行ってみたくなった。しばらくインターネットをしてから、3時半JICAオフィスにスタッフを尋ね、国際協力協会への原稿のチェック結果をもらう。一箇所修正の教育的指導をいただく。来週のマタソー旅行の届けを書いて提出する。また任国外旅行の手続きを尋ねる。原則1カ月前に申請とあったが事前であれば良い様であった。来週の旅行参加予定の隊員から、金曜日都合で行けなくなったと話しがある。土曜日に1人での来かたを説明する。しばらく10,11月のデイリーポストを借りてバヌアツ航空の広告を探すが、最近は無いことに気がつく。取りあえず、バヌアツ航空事務所に4時20分行ってみる。カウンターでニュージーランドのオークランドまで9,000vtという広告を見たがと尋ねると、細かい明細を見せて、税金や諸経費がかかって、総額往復で44,500vtだという。たしかに新聞には、別途、税金、空港使用料、燃料費用など別払いと小さくかかれていたと思うが、こんな金額になるとは思わなかった。日本語で挨拶する美人のカウンター女性がすまなそうに説明してくれたので、どこで日本語を勉強したかを尋ねる。リセーの卒業生らしい。先生の名前を尋ねると、あずさと言っていた。とりあえず、ニュージーランド行きの気をそがれて、バヌアツ航空事務所を後にして、アパートへの帰り道、USPの英語講座で一緒だった、フィジーからUSPバヌアツ校に来ている学生からヒロと声をかけられる。今日の授業に出ないかというのだ。もう終ったものと思っていたが、今日もあるという。本当にあるのかなと疑問に思ったが、もう終わりにしたと言って、別れる。時計を見ると、4時45分で、5時から授業がるならあまり時間はない。アパーとに帰り、野菜のお汁、パンとレモンティーを夕食にし、夕食後、9時過ぎまで、ライフジャケットを完成させ、9時のニュースを見ていたが、疲れて、9時15分就寝。


マタソー地図 マタソー詳細図 2008_11080010.jpg 2008_11080012.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月6日(木)  晴れ 27度、75% バヌアツ 225日目
2008/11/07(Fri)
4時目を覚ませ、ニュースなど見ながらライフジャケット作り。ベランダの整理をしてゴミにだす。
7時10分アパートを出て、途中リザーブ銀行に転出したロビンソンと逢い、握手しておしゃべりをする。コンピュータ室のごみだしと、机の雑巾がけをする。11年生の男子3人が使いに入ってくる。図書室に移り、日記を付け、着替えをして、これから英語テキスト。試験風景の写真撮影に行く。
のんきにしていたら、午後1時コンピュータの試験の立会いをフランス語の女性教師から頼まれ、行くと、試験問題はと尋ねられる。シェイム先生からなにもきいていない。急遽、コンピュータの11年生の試験はキャンセルとなった。思いがけない成り行きに気持ちが落ちてしまう。シェイム先生に電話をしたそうだが、留守電で出ないと言う。図書室でタリスさんと、化学の女性教師ロスリンさんとタリスさんと3人でおしゃべりをする。バヌアツにいる白人で一番有名な人は誰か、この国で一番大きなビジネスをしているのは誰かなどを尋ねる。男性ではフランス人のキャプテン クロウク、女性では法律家のフランス女性マイノエル パティション、ビジネスマンでは、ベトナム人のティン・ファン・タン氏は、船、ホテル、建設業、牛などのカテルプロジェクトを起している。船ではティン1、ティン2など所有しているという。中国人のアポファミリーは、ボンマルシェやベーカリーを経営。ニュージーランド人のピーターウォルソンは、ハードウェア ウイルコを経営している。キューイウェイクラブでチャリティーにも取組んでいるそうだ。2時半下校。アパートに寄って荷物を置いて、銀行へお金をおろし、買い物をして帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして、夕食はザルソバ。夕食後、ライフジャケット作り。10時まで。それから日記。22時15分 これから就寝。


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月5日(水)  晴れ 27度、75% バヌアツ 224日目
2008/11/07(Fri)
2時前目を覚まし、昨夜9時のニュースを見る。やはりガスの匂いがするような気がするので2時半、地下のプロパンガスボンベ置き場に行って、ガスの元栓を締める。夜なべして玄関前で椅子に座って見張ってくれるバヌアツ人のガードマンに右手を上げて挨拶をする。ニュースは小室哲也逮捕、アメリカ大統領選挙、中小企業緊急融資、田母神更迭問題など。田母神は記者会見でも日本は侵略国家ではなかったと言っていたが、同じ年代を生きてきた同年代から見て、こんな歴史認識をしている馬鹿者に自衛隊の責任者をさせていたと思うと、任命した人間はこの事を知らなかったのかと、当然の任命責任を問わざるを得ない。満州国を作り、中国で長く侵略した事実をどう認識しているのだろうか。3時までニュースを見てから、写真の取り込みとライフジャケット作り。昨夜はオバマのルーツのケニヤのオバマ家が報道されていた。そのあと、ライフジャケットの作成。上半分の寸法を測り、布を切るが、やはり寸法を誤り大きく切りすぎる。朝食は5時半。ガスの元栓を開けに行き、朝食後元栓を締める。7時20分アパートを出る。日が高く朝7時過ぎだと言うのに、日本の夏休み後半の午後の陽射しの雰囲気である。学校に着く頃にはすっかり汗をかいて図書室を開けると今日は、エルトン先生は居なくて、コンピューターも片付けられていた。ゴミを出して、図書室に行き、10時まで英語11月号の21回から25回目までを勉強。10時から、日記。シェイム先生が10時前、図書室に顔を出したので、昨日JICAから入手した質問表を見て、今日午後2時からやろうという事になる。タリスさんが昨日持ってきたエリザベスさんの新聞記事を返してくれる。10:30 お昼までで、質問票をパワーポイントで作りあげる。3時半下校。買い物をして、帰宅。プロパンガス置き場を覗いて見るとガスの元栓がきつく締まっていた。ライフジャケットの発砲スチロールをカッターで切ってから、畑に野菜をとり、シャワーを浴び終わったところで、ダリルさんが尋ねてきて、ガスの検査結果を報告してくれる。やはり部品が壊れていたと言い、応急処置で直して、明日また、材料を揃えて直すと言う。元栓を開けたままにしていても、ガスの匂いはしないようになった。夕食はザルソバとパンプレムース。夜10時半まで、ライフジャケット作り。あと、2日で完成予定のところまできた。オバマさん圧勝で44代大統領に当選。来年1月20日が就任式だそうだ。ケニアのお父さんの出身地、子供時代過ごした、インドネシア、福井の小浜市なども、大喜びしている。11時前就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月4日(火)  晴れ 27度、75% バヌアツ 223日目
2008/11/07(Fri)
5時過ぎ起きて朝食。パンとレモンティー。昼食のサンドイッチとレモンティーを作る。7時15分アパートを出て、学校に7時40分。コンピュータ室にはエルトン先生がクーラーの効いた部屋でパソコンに向かっていた。ゴミを出して、どろで汚れた床をモップで拭く。8時過ぎ、図書室に行き、荷物の整理。タリスさんから10時15分から教師の控え室で食事会があると誘われる。それまで2
時間、生徒の試験風景を写真に撮って英語の勉強をしよう。8:20 今日は早めに帰って、プロパンガスを買いに行かなければならない。昼食会は毎月あるものと思っていたが10月には無かったが、11
月初めの今日にしたようである。昼食会の席で校長先生から、JICAから13日の2時に視察に来ると伝えられる。シェイム先生と明日の午前中、何を説明するか話し合うことにする。
説明する候補の項目を以下に箇条書きにしてみる。

1.現在の11年生から13年生までのシラバス。
2.1週間のコンピュータクラスのスケジュール。
2.クラスの進め方。
3.施設環境。
4.今年のコンピュータ部門の予算。
5.来年度9年生、10年生コンピュータ学習のシラバス。
6.来年のコンピュータ部門の予算。
7.卒業生の進路。

12:00
昼食後1時15分、11年生の数学の試験の立会いに食堂へ行く。11年生の112名、男子48名、女子64名が、食堂の27の食卓に4名から5名がかけて、テスト。大変暑いが文句を言う生徒はいない。問題をやってみるが解らない問題もあった。1時間ほどして、別の先生が来たので、女性の先生が、もう行きましょうといわれたので、あとは、年輩の別の先生に任せて、部屋を出る。聞くと英語の先生だという。3時過ぎ下校。一旦アパートに帰り、荷物を置いて、プロパンガスを持って、JICAオフィスへ。岡田清子さんと宝塚市国際交流協会からバヌアツ便りの記事が届いていた。スタッフとヘレンさんに13日の学校訪問について尋ねる。5月に来られた所長が8日に一時帰国の予定とのこと。何故、年末年始に帰国しないのか不思議に思う。スタッフから、プロパンガスの交換は電話で取替えにきてくれると言うことを知る。今度教えられたガス会社に出かけて、早速頼んでみようと思う。プロパンガスを買って、バスでメンジスに帰る。帰って野菜をとりに畑に行くとダリルさんが赤ちゃんをだっこして水撒きにきたのでプロパンガスもれの話をすると明日よく調べてみるとのことだった。ついでに、宝塚市に書いているバヌアツ紹介の記事に、アパートの紹介をするから、いつか、家族全員で写真を撮りたいと話しをする。白菜にも水をやってから、パン屋まで買いに行く。帰り道、マラポアカレッジの女生徒2人に逢って、グナイトと挨拶をする。アパートに帰宅後シャワーを浴びて、洗濯をして、夕食はレモンティーを作り、昼食に持っていって、昼食会があって、食べなかったサンドイッチとキャベツをフライパンで炒めてパンにはさんでいただく。デザートはパンプレムース。夕食後、岡田清子さんと、バヌアツ便りの第一回目の記事をあらためて読んでみる。ベランダに来る鳥の名前は時々聞くのですが直ぐ忘れて覚えていません。すずめより大きくて、けたたましい鳴き声をあげ、毎朝2羽できます。まだパンクズを蒔いてないのかと督促するようにようにけたたましくも鳴きます。来週14日、バヌアツ人1人を含めて4人でヌーナに3泊し、そこから、バヌアツのモンサンミッシエルと命名した、マタソーに釣りを兼ねて、上陸の予定です。この島には、200人ぐらい住んでいて、マラポアカレッジの13年生のパティソン君はこの島の出身です。酋長の名は、TIMATASOという人だそうで、カリコと呼ぶ布をギフトに持って行く予定です。また日本からたくさん持ってきた、祭りの日本手ぬぐいと5円ダマも持って行きます。5円ダマは良く磨き粉で磨いて、ピカピカにしたものを持っていきます。5円玉には、ビルド ア ストロング レレーションシップ の思いが込められていると説明します。 マタソー周辺は釣りのメッカと、バヌアツ人は言っていて、同行する釣り名人のバヌアツ人は15Kgを10匹釣るといっています。釣り舟のキャプテンと交渉して、ガソリン50リットルとオイルをこちらから持っていくことになっています。小包から税金をとられることは無いようですが、運賃が高いのと時間がかかるので、航空郵便でも船便でも頼んだのは1回きりでした。デジカメのソフトのCDを日本から本に挟んで航空便の小包で送ってもらいましたが、2か月ぐらいかかり、もう諦めたころようやく届きました。スイカはまだ食べていません。キロ100円ぐらいで、5KGのスイカは500vt(しばらく1vt=1.2円だったのが近頃ではこのところの円高で1vt=1円ぐらいのようです)、10Kgは1000vtぐらいです。黄色いスイカはまだ見たことがありません。丸いスイカと細長いスイカがあります。ヤドカリは、洗濯物を干すとたれるしずくや、雨が降るとベランダの先まで出て、少し雨に濡れたところを好むようです。食べ物などなにもやっていません。白檀はエロマンゴ島出身の数学教師、ロブセンさんからもらって、机の引出しに入れていますが、引出しを引くといい香りがします。白檀は今でもエロマンゴの輸出品だそうです。大変硬い木です。学校が休みになったら、エロマンゴに行って、沢山買ってこようかなと思っていましたが、これを外国に持ち出すのが厄介だと言う話を聞きました。まず、年末10日にビラを発ち、シドニー経由で成田に帰りますが、ここで1つ持ち出すのにどんな障害があるのか確めようと思っています。畑の堆肥
は、主として、芝生を刈った細かい芝です。アパートには、ガーデンが常勤の2名のバヌアツ人でよく手入れされていて、芝生も良く刈られています。主として、これが、堆肥になります。アパートの前庭の隅に穴が掘られていて、其処に刈った芝生の葉が積み上げられていますが、手を入れると熱くなっていて、白く焼けたようになっています。適当に雨も降り堆肥こちらの人はコンポーストと呼んでいますがこれが出来ます。この白くなった、芝生の葉を土に敷きこみます。大家さんはナマゴミなども、ここに捨てているようです。ヤドカリは飼育しているわけではありません。たまたま他の貝にまじって連れて来られ、ベランダを第二の生活の場としているようで、時々どこかへ見えなくなりますが、夜などにベランダの先に姿をみせます。その生命力には感心します。今どうしているか、ベランダを見てきましたら、貝の間に入り込んでいました。記念に写真に撮りましたから、ブログにアップロードしておきます。学校は12月5日で今年の授業が終わりと思っていたが、どうやら今週と来週の試験週間で終わりになりそうだ。11月から気を取り直し英語の100語でスタート英会話を復習し、今日までで10月号を修了。明日から11月号。毎日5回分を続けよう。9:30これから就寝。
試験風景 試験風景 2008_11080006.jpg 2008_11080007.jpg

2008_11080008.jpg 2008_11080002.jpg 2008_11080003.jpg 2008_11080004.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月3日(月)  晴れ 26度、80% バヌアツ 222日目
2008/11/07(Fri)
5時過ぎに起床。朝食をいただき、7時アパートを出る。コンピュータ室でゴミを出し、図書室で着替え、タリスさんとおしゃべりをする。タリックさんが先週土曜日にビラに来たそうだ。ライフジャケットは準備してくれるそうである。燃料はガソリンスタンドで、ボートに使う燃料でミックスと言えばよいそうだ胴だ。来週に迫ったマタソー行きのメールを準備する。9時20分まで。
今週はテスト週間である。10時コンピュータ室に行き、シェイム先生に今週はクラスが無いことを確認し、図書室に移り、試験問題を勉強する。11:35
シンボルマークをUSBにコピーする。試験勉強。昼食後、椅子でうたた寝。午後、試験勉強。13年生3人とおしゃべりをする。マレクラとアンブリムからきたという。来年はUSP(University of South Pacific)へ行くと言う。USPはフィジーに本部を置く、南太平洋12ケ国で運営する大学で、バヌアツには法学部と一般教養がある。学費は年間、24万3千vt程度とのこと。これは、1年に3セメスター(学期)があり、1セメスターが4カ月。1セメスターに2つから3つの学科(Subject)を選択するそうで、1Subjectの学費が27,000vtかかるという。よって、1セメスターに3つ学科を選択すると、81,000vtかかり、これが年間の3倍すると、243,000vtになる。この学費は大変なので、アルバイトなどで学費を補うそうである。アルバイトは家庭教師などはないそうである。タリスさんからセカンダリースクールの課程について、話を聞く。小学校は、プライマリースクールと呼ばれていて、Year1からYesr6までのと、Year8まである学校と2種類あるらしい。Year8年で、統一試験(National Examination)があって、セカンダリースクールの希望を3校まで書いて、上位成績者から、希望のセカンダリースクールへ合格・配属されるという。セカンダリースクールの9年生に入ると、全員が卒業の13年生まで進めるわけではなく、10年生から11年生への進学で選抜が行われるという。下位10人程度が、別のセカンダリースクールに移動となる一方、他のセカンダリースクールから、上位成績者10名程度が、マラポアカレッジの11年生に移動してくるという。3時すぎ下校、ドミに寄ってメール発信。5時過ぎ、パンを買いにパン屋へ。2本買って帰宅。シャワーをつけるが、火がつかず。ガスが切れたようだ。ガスコンロを動かして、ホースの穴など探すが見つからず。9時からニュースを見る。文化勲章受賞式、田辺聖子さんたち。10時過ぎ就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月2日(日)  うすぐもり 26度、80% バヌアツ 221日目
2008/11/02(Sun)
3時半目を覚ませ、昨日の計画で遣り残した、英語の勉強1時間とクロスロード11月号特集、語学力アップの技術を読む。学校の試験問題に2時間時間をあてる。の内、クロスロード11月号特集、語学力アップの技術を読む。並木智宏さんの記事を読んで大変感銘を受ける。この方は、今度来た、20年2次隊の永田智大さんと同じ名前で忘れないだろう。同じテキストを勉強していたことも、親近感を増した。早速、11月中に「100語でスタート」英会話を毎日5回分づつ勉強して、一時帰国までに1回目全部目を通すことを目標にする。6時半までに、昨日していなかった、5回分を終える。今日も勉強してあと、5回分やろう。7:00
今日の予定:10時からPMC礼拝。午後、ドミでインターネットでメールとブログの更新。夕食前、英語。夕食後、学校の試験問題。出来そうもないが、まあ計画することは大切である。
田母神が応募した論文が優秀論文に選ばれて幕僚長を更迭された。何故歴史認識の欠けた応募内容で優秀論文に選ばれたか、選ぶほうにも問題があるが、選ぶほうの意図に沿った内容だったのだろう。
賞金は300万円だという。こういう人はこれまで、上の人の意図をよく汲み取って、うまく人生を泳いでとうとうトップまで登りつめたわけであるが、懸賞論文というものに遭遇して、その主催者の意図するところを良く汲み取って見事に優秀論文に選ばれるものを書いたわけであるが、その内容がどのような影響が出るかの判断が出来なかったようである。「こんなになるとは思わなかった」と、単純に驚いたコメントをしている。流石に幕僚長の肩書きは出さないで応募しているが、ペンネームを使う配慮もしていない。「才子 才に溺れる」といった感じである。よほどの馬鹿なのであろう。
朝食後も英語の勉強。9時、昼食のおにぎりを作り、9時25分アパートを出る。PMCには9時40分に着き、ジョンさんと挨拶。元農業、現在悠々自適の旅行者であるニュージーランドから来たジョンさんのお兄さん夫婦が一緒にはじめて着ていた。3~4か月バヌアツに滞在するという。ニュージーランドについて聞いてみる。気候は日本と反対だという。南の島にあるスキー場は日本の客が多くて日本語が通じるそうである。来年の8月の夏休みにでも行ってみるかと思う。礼拝は11時半で終わり、ビラの海に面した木陰で上半身裸になって昼食のおにぎりを食べる。日本の夏休みのあのうだるような暑さである。12時半ごろ、ドミに行き、インターネット。保健省の須田さんがタンナの出張から戻って来ていて、引越しの差し入れのお返しと言って、うどんをいただく。タンナから若い大年さんがドミに戻っていた。先週月曜日から40度の熱を出し、食事も食べられずマラリアと診断され急遽ビラに来て、診断したら今度はデング熱と診断され現在は薬も飲まず、平熱に戻ったそうである。メールとブログの更新を終って、オークションを見ようとした、1時半頃から、インターネットが繋がらなくなり、しばらく、背もたれが外れた椅子のネジが机の上にあったので、修理をする。道具箱にあったネジも使い、椅子のはずれていたネジ4本をしっかり取り付け、椅子がよみがえる。須田さんとおしゃべりをして、なんとパン屋が日曜日の午前中にも開いていたということを知る。2時インターネットを諦めて、アパートへ帰り、シャワーを浴び、洗濯をして、東野圭吾著「予知夢」を読みながら昼寝。5時半起床。夕食はいただいたうどんに、大根の薄切りとアイランドキャベツを入れていただく。デザートはパパイヤ半分。夕食後、日記。昨年の今日は、囲碁の先輩達と野間の大ケヤキを見に出かけている。あっという間の一年であった。ニュースでフランク永井さんが先月27日亡くなっていたことが報じられる。76歳だったという。85年の自殺未遂から23年不自由な寝たきりの人生であったようだ。91年には奥さんが自殺未遂を起こし翌年離婚したそうだ。愛された歌手であったが、後半生は誠にお気の毒な人生だった。自殺だけがその人の選択肢に思われてしまう辛い思いは誰にでもあることだろうが、それでどれだけ残された人が辛く悲しい思いをさせられるかを考えると、自殺はそれでもしてはならない。大変罪深いものだ。7時12分これから、英語の勉強。
昨日買ってきたココナッツ(900g)を飲んで、半分に切り、中のミルクを食べて、外側をカッターナイフできれいにカットしてベランダに干す。そのあと英語を10時45分までで、10回分まで終える。日記を付けて、23時。これからベッドで本を読んで就寝。
2008_11040002.jpg 2008_11040009.jpg 2008_11040011.jpg




この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月1日(土)  うすぐもり 26度、82% バヌアツ 220日目
2008/11/02(Sun)
3時前に目を覚ませ、起きてBSテレビを見る。4時まで新しい11月の日記を準備する。
4時から、今日やることを考えてみる。先ず、定例行事:月1回のベッドのシーツと、週1回の寝巻きの洗濯、朝のウォーキングを兼ねて昼食のパンを買いに行く。畑仕事:大根を収穫して、空いたところに白菜の種まき。買い物:マーケットへ行き、バナナ、レモン、キューリ、ココナッツ、じゃがいも、牛肉、マーガリンを買う。ライフジャケットの設計と、黄色の糸の購入と1つ作ってみる。夕食の準備。英語の勉強1時間とクロスロード11月号特集、語学力アップの技術を読む。学校の試験問題に2時間時間をあてる。日曜日のメールの準備。これぐらいはやりたいが果たしてどこまで出来ることか。4:25 6時まで日曜日のメール2通の準備完了。これから朝食の準備。朝食後寝巻きとシーツを手洗いし、ベランダに干し、8時過ぎ、パンを買いに行き4本買う。9時前、買い物に出かけ、黄色の糸とカミソリと軍手を買い、バナナとレモン、パパイヤ、ココナッツ、ジャガイモ、牛肉を買って10時過ぎ帰宅。昼前、肉じゃがを作り、これからキャベツを刻んで、ステーキを焼く。11時55分。パンと肉じゃがの昼食。昼食後、ライフジャケットの設計。新たに、1Lのトマトジュースのペットボトルの調達が必要なことと、発砲スチロールの入手を考える。午後やはり雨が降ってきたが大した事は無く、乾いたシーツを取り込んで、ベッドに敷きこんで終ったら止んでもう強い陽射しが照り付けてきた。大根畑に行って、大根3本収穫し、そのあとに、白菜の種を蒔いてくる。有刺鉄線にズボンが引っかかり、少し破れてしまったので、繕い、アヤワーを浴びて、洗濯をする。夕食のお汁を作り、ご飯を炊く。夕食後、椅子にソファーのクッションを持ってくる。カレンダーをめくり11月分をだす。あと、25日で今年の学校の授業は終了となる。夕食後、ご飯をボールペンでついて糊を作り、椅子とテーブルの足元のバランスをとっている厚紙につけて接着する、ココナッツの穴も塞ぐ。夕食後、東野圭吾著「予知夢」の第二章を読みながら10時前就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ