FC2ブログ
5月29(金) 晴れ 24 ℃ 湿度75% 日の出6:09 日の入り17:19 バヌアツ滞在395日目
2009/05/29(Fri)
5月29(金) 晴れ 24 ℃ 湿度75% 日の出6:09 日の入り17:19 バヌアツ滞在395日目

3時に目を覚ます。パンプレムースを1個いただく。陽が出ている時間が短くなっているようだ。
日が出ている時間が11:10で夜の時間が12:50である。昨日はいいお天気であった。今週はぎっくり腰の違和感があって心配したが、ようやく週末までたどりつくことができた。ひどくはならないようで助かっているが無理をしないようにしよう。これから英語の復習。それから朝食。今日はハエタタキを持って学校に行こう。実習授業前にコンピュータ室に発生した蚊をハエたたきで一網打尽に根絶してやろう。蚊に対しては、この国の人は気を遣っていて良く手で叩いている。マラリアやデング熱の感染のこわさを良く知っているようだ。4:55 今日もお天気である。6時50分からSBS TVでNHKの昨夜のニュースを見る。郵便局の不正問題を取り上げていた。7時にアパートを出て7:25コンピュータ室で、コンピュータの配置換えをして、ゆったりと実習できるように再配置する。蚊を取るためのハエたたきを出していたら、13年生の男子生徒が蚊取りに熱中し出し、こちらは、コンピュータの再配置をして、ゆったり実習できるようにする。8時15分図書室に移り、着替えをしてメールを見る。駒ヶ根の先生からメールをいただき返事を英語で出す。そのあと、大阪朝日放送1008を聞きながら日記をつける。大阪も気温24℃湿度は75%だという。日本は春から夏へ、バヌアツは夏から秋への気候で丁度気温、湿度とも重なり合う。午後から12年生のペイントの実習を見て2時で今週のクラスは終了。
実習を続けたいという女生徒5人ほどをコンピュータ室に残して戸締りをたのんで下校し途中買物をして3時半帰宅。荷物を置いて町へ。ユネルコへ行く途中11年生の兄さんに会い挨拶をする。ユネルコで電気代の支払い、教会の司会をする人に会い挨拶をする。中国人の店で買物をして郵便局による。帰りはバスに乗って帰宅。ほうきで部屋を掃きだし、ベランダもほうきで掃除をする。肉、じゃがいも、玉葱を刻んで火にかけシャワーを浴び、洗濯をして、夕食はレモンティーとパンと肉じゃが。夕食後ベッドに横になり「麗しき白骨」を読んで7時就寝。

スポンサーサイト



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月28(木) 晴れ 24 ℃ 湿度75% 日の出6:09 日の入り17:19 バヌアツ滞在394日目
2009/05/28(Thu)
4時枕元の携帯電話が鳴り出し目を覚ます。アラームとメッセージが出ていた。目覚ましをセットした覚えは無いが、丁度いい時間なので起床。15日と書かれた手紙27日受領する。まずマラポアとは学校がある土地の名前で、このあたりいったいをマラポア地区と呼んでいることによると思います。職員会議はあるのかも知れませんが出たことはありません。毎月1回昼食会がありますがここには声をかけられ出席します。いつも先生が食前のお祈りをしてみんなでバイキング形式の食事をいただきます。お皿にすこしづつ全部取るとお皿が山盛りになります。私はそれで普段の2倍近い量で満腹になりますが、他の先生はお変わりを取るのが普通です。鶏肉の骨などは外で待っている犬にあげます。
心優しいシェイム先生はバイキングの料理をお皿に載せてコンピュータ室にいる生徒に持って行き、
食べなさいとあげています。カッコーの声は聞いたことがありません。フィジーへは一度旅行に行きたいと思っています。この3月で2年の小学校教師の任期を終えた青年隊員が5月からフィジーでやはり2年働く人がいます。フィジーは東に約900Kmはなれた、バヌアツ人には一番身近な外国です。
「鯔と子供ら」いい文章ですね。鯔は昨年マラポア海岸で当時ミニスター オブ ジャスティスをしていた、ジョシア カルサコフと知り合い、彼の定置仕掛けから取れた鯔を沢山いただいたことがあります。これはイナと呼ばれる20cmぐらいの大きさでした。先日行ったイフィラ島はカルサコフ一族の住まいでお墓の写真はカルサコフさんのものです。この国の魚で日本と同じ魚は、鯔と鯵があります。鯔も鯵も時々マーケットで売っています。40cmぐらいのボラと呼ばれるくらいの大きさのものを売っていました。鯵を一度買って先輩とお隣さんと煮付けの夕食でいただいたことがあります。新鮮な25cmぐらいの鯵が8匹で300vt(250円)でした。鯵はこんど手に入ったら南蛮漬けにしようと思っていますが、鯔の料理は知らないので、今度インターネットで調理の仕方を調べてみようと思います。トドのつまりの大物はまだ見たことはありません。昔子供の頃、海で大きな太い竹の竿で魚を釣っている人を見た記憶がありますが、トドを釣っていたと思います。福岡の津屋崎では秋になると、50~60cmの立派なボラが釣れていました。長崎名産のからすみのような珍味もやれば出来るかも知れませんね。一度インターネットで作り方を見てみます。日本では、サバやアジの一夜干は、塩や醤油みりんで冬にはよく作リました。一夜干しただけでとても美味しくなり我が家の人気料理でした。バヌアツも短い秋になり、夜中は20 ℃ぐらいまで下がってきましたから、これらを作るのに一番いい時期だと思います。鯖に良く似た魚が時々売られていますが、肉質、姿とも鯖そのものですが、鱗があるところが違います。こちらでは、マッカレル(鯖)と呼んでいます。まな板は日本とおなじ、合成樹脂の白いものを使っています。一年が過ぎて、西洋包丁の切れ味が悪くなってきました。日本では日本の出刃、刺身包丁から洋包丁まで全ての包丁を時々グラインダーで研いでいたのですが、それが出来なくなって残念です。ガウンを喜んでいただいてありがたいことです。さてもう5:30 これから、朝食の準備と英語の復習。6時50分SBS TVをつけるとサッカーのライブをしていて、NHKニュースをしていなかった。7時20分にアパートを出て、コンピュータ室に7:45。昨日シェイム先生が持ってきた紙の濡れ布巾で、キーボードと机を拭く。蚊が異常発生したようでコンピュータ室を飛び回る。4匹手で叩き潰す。キーボード2台を傾き調整のマットをつける。今日の実習は2時間目から。図書室に移り着替えインターネット。メールを見る。昼休み大阪朝日放送1008のラジオを聴く。昨夜のタイガース4:1ライオンズの実況を聞く。最後に藤川が3者連続三振で阪神ファン最高の試合だった。下柳が3連勝で4勝2敗という。作詞家の石本美由起(いしもと・みゆき、本名石本美幸)さんが27日、死去した。85歳だったそうで「あこがれハワイ航路」を聞く。午後は1時から4時までコンピュータ室で過ごす。部屋の電気が何度も消えてその度にiplが繰返され、複数台のPCの調子がおかしくなる。22番はIPLが出来なくなる。女子生徒から印刷を頼まれフラッシュドライブの中身を見てみると、なんと、CIAのオーストラリアの文書が保存されているのを見て驚いた。果たして日本の高校生でCIAのお国の情報を検索して見た生徒がどれだけいるであろうか。私も少しバヌアツの情報を来る前に調べてみたが、バヌアツの統計局のウェブサイトの情報は古いまま更新されておらず、結局役立ったのが、CIAのwebサイトであった。これは実にわかりやすい情報であった。今日はこれから帰り支度。帰り道の店で買い物をして5時帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして、夕食はパンと肉じゃがとレモンティー。夕焼けが赤く綺麗であった。6時半ベッドに横になり「麗しき白骨」を読んで7時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月27(水) 晴れ 24 ℃ 湿度78% バヌアツ滞在393日目
2009/05/27(Wed)
夜中目を覚まし「大西洋漂流76日間」の40日目あたりまで読む。4時半起床。ココナッツジュースを飲み日記をつける。6:50のNHKニュースを見る。北朝鮮への制裁決議を日本が中心になってするという。朝食後8:30に開く銀行でお金を下ろして、それから不動産屋に来月の家賃を支払い、学校へは9:45登校する。3時間目の12年生のクラスと4時間目の13年生のクラスを見る。昼前図書室の席に移り、昼食。今日も4時まで11年生の実習を見て、図書室へ。隣のAVルームでは生徒の合唱練習で美しいコーラスが流れてくる。それを聞きながら日本のTVを見ると、今日は厚生労働省の分割問題で、自民党の関係者がそれぞれの意見を戦わせている。阿呆の思い付きのような分割案を言い出したことで一騒ぎの様である。これを今度の選挙の争点にしようというつもりか、持ち出した意図がつかめないが、そんな簡単に分割など出来るものでもなかろう。4時半今日はこれで店じまいとしよう。コンピュータ室でまだいるシェイム先生に「シーユートモロー」の挨拶をして下校。アパートに急ぎ5時過ぎ帰宅。荷物を置いて買物の袋をさげて町へ。JICAオフィスへ郵便物を取りによる。いつもどおり、所長以外の日本人スタッフ全員とバヌアツ人スタッフ1名が仕事をしていた。ここの勤務は7:30から16:30のはずである。昼食休みは11:30-13:30。子供さんを育てご主人のいる奥さんが3人ともいつまで仕事をするのかまだ机に張り付いていた。ここだけは日本の職場と同じ雰囲気である。地下の図書室で2冊本を選ぶ。町へ買物に出かける。センターポイントでマラポアの先生と出合う。1期生の卒業生で一番長くマラポアで教鞭を執っているレイワニ先生だった。2人の若い生徒も一緒だったが、お嬢さんかもしれない。柔らかいパンと肉と玉葱、じゃがいもを買って帰宅。肉じゃがの材料を鍋に入れ火にかけ、清子さんからの手紙を読み、シャワーを浴び、洗濯をしてから夕食の準備。今日はスパゲッティにする。具はツナと玉葱、じゃがいもの煮込み。夕食後ベッドに横になり。借りてきた渡辺淳一著「麗しき白骨」を読んで21:00就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月26(火) 曇り 24 ℃ 湿度80% バヌアツ滞在392日目 2学期の授業開始
2009/05/27(Wed)
4時半に目を覚ます。TVを見るためのヘッドホンを取り出す。汚れの目立ってきたシャワー室のタイルに洗剤を塗る。日記をつける。5時20分これから6時まで英語の復習。早いもので63-if,64-and/so。それから朝食。今日は6時半に出て7時から最後のマシンセットアップを10時まで。3時間目からクラス再開の予定である。海の波の音が聞こえる。朝食の準備を6時から始めて6時半に終わり6時50分のNHKニュースを見て7時アパートを出る。コンピュータ室に25分ついてパソコンを生徒が使いやすいように設定をしていく。8時前シェイム先生も出てきて作業をする。結局10時までに終わらず、11時近くまでかかったが、1台の設定だけできずあとは全て終了する。12年生のカヨが来てサーバー接続の仕方を教える。11時前自席に移り着替えをして、パソコンを立ち上げる。コンピュータ室に行って、26番のパソコン設定をしてみるが矢張りうまく行かない。メールを見る。パソコンのプリンター設定のサポートの依頼があったので、先輩に電話してサポートをお願いする。快諾いただけたのでメールの返信をする。昼食を済ませしばらくTVを見る。もっぱら今日は北朝鮮の地下核実験のニュースであった。ミサイル実験といい、核実験といい、この貧しい国の指導者は大量人殺しの道具にかくも熱心な事にあきれるばかりである。どうやら日本とアメリカばかりがこの貧しい国のニュースを取り上げすぎるようにも感じる。独裁者がいなくならないかぎりこの国は変わらないだろうが、はたして生きている間にこの国が独裁者のいない国になるであろうか。今日も4時半過ぎ下校する。雨が降り出したので帰り道で買物を済ませ5時過ぎ帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして、夕食は昨夜同様、うどんの煮込みとパンと肉じゃがとレモンティとバナナ。夕食後「大西洋漂流76日間」を読んで19:00 就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月25(月) 晴れ 24 ℃ 湿度75% バヌアツ滞在391日目
2009/05/25(Mon)
5時半起床。朝食後6時50分NHK昨夜7時のニュースを見る。新型インフルエンザのニュースを見て7時アパートを後にする。7時25分コンピュータ室を開けて扉を開いて空気を入れる。どんよりとした空気がコンピュータ室から漂っている。今日は出てきてくださいよと頼んだシェイム先生は出てきていなかった。コンピュータ室を開けるだけにして図書室で過ごすことにする。12年生の女生徒がフラッシュ ドライブを貸してくれと言ってきたが、他のコンピュータにつけると、ウィルスに感染するので貸せないと断る。インターネットでメールを見る。先日のカンパイの懇親会の写真が送られていたのでお礼の返事をだす。 メールを見てから、ブログを更新しkehole TVのテスト。簡単に導入できて日本時間7時のニュースを見ることができた。さいたま市長選挙で民主党が支持した候補が勝って、名古屋市に続いて2勝目だという日本TVのニュースであった。小沢の秘書が逮捕されて、民主の勢いに水をさされたが、やはり阿呆の支持者は相変わらず少ない様である。これでまた任期満了まで解散はしない方向に行くのだろうか。別の局ではノムヒョンさんの自殺の理由を解説している。日本の騒々しいTVが身近に来た感じになった。ジェフリーが部屋に来て、昨日イフィラに行っただろうと話かけられる。昨日イフィラの教会の中にいて、見かけたという。あとでご馳走が出たので探したが見つからなかったといっていた。昨日の写真を見せて、イフィラは大変綺麗な島であったことを伝える。ジェフリーは週末にはイフィラの家に帰るという。週の初めに学校の官舎に来て週末まで暮らすという。あのような綺麗な島に家があるというのはうらやましいかぎりである。車が無いので大変静かである。昨年11月に渡った、マタソーと較べると遥かに家々が広くて豊かな感じのする島であった。11時から12年生の実習である。コンピュータ室に行ってみるとシェイム先生は居なくて、コンピュータの設定はされていないままであった。仕方なくノークラスの張り紙を扉に貼る。昼休み、自席でTVを見ていたら、タリスさんが2台のスピーカーを持ってくる。小さい音で聞いていたのでスピーカーをつないで大きな音を出して聞けという。回りに迷惑ではないかと思い小さな音で聞いていたので、スピーカーをつけて見るなど思いもよらないことでサンキューと言う。明日はヘッドホーンを持ってきて聞いてみようと思う。テレビ画像は小さく画像の移動はあまり滑らかではないがリアルタイムで見れるのがいい。自分のパソコンの時間設定は日本時間のままにしているがパソコンの時間とTVに写る時間が一致しているのも、最初感動ものであった。フジTV,日本TV,テレビ朝日、TBS,TV東京を見てFMラジオも聞けた。時々聞いていた大阪朝日放送のラジオでは聞いたことのあるナレーターの声を聞くことができた。残念なことはNHKが番組メニューに無いことであった。面白くも無いNHKワールドなどに金をかけるより、この番組メニューに参加してくれればありがたいと思わざるをえなかった。有料にしているNHKとしては出来ないのかもしれない。
午後3時サーバーの設定を調べていたらシェイム先生が出てきて、クライアントの設定をして、繋がらないところを修正し何台か設定が出来始める。4時45分仕事を切り上げて下校する。シェイム先生がアパートまで車で送るという。今日は遅くなったのでありがたく送ってもらう。明日7時半にと言ってさよならをする。買物の袋を提げて町へ。JICAオフィスで郵便物を取りに寄る。5時過ぎにもかかわらず日本人スタッフは所長以外全員まだ仕事をしていた。町で買物をして薄暗い中帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして夕食は少し風邪を心配して煮込みうどんにする。麺は120gと少し多いかと思ったが丁度良かった。おいしくいただけた。今日は北朝鮮が地下核実験をしたというニュースを聞く。
毎度お騒がせなキムジョンイルである。8時まで日記をつけて、ベッドへ。
「大西洋漂流76日間」を読んで20:30 就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月24(日) 曇り 25 ℃ 湿度80% バヌアツ滞在390日目
2009/05/25(Mon)
夜中目を覚まし、ベッドで「大西洋漂流76日間」を読んでは又寝る。
6時起床して日記をつける。今日も曇り空ではあるが、湿度は80%と高くは無い。どうやら雨の心配はなさそうだ。今日は午後、向かいのイフィラ島に足を伸ばすことにしよう。いつか出かけたいと思っていたが、昨日先輩に話を聞いて行って見たくなった。今日は礼拝後食事に戻りその後出かけてみよう。これから遅い朝食。7:30 朝食後8時からファイルの整理をする。フラッシュ ドライブのデータをディスクにコピーする。そのうち曇っていた空から9:00にとうとう雨が降り始めた。かなりの雨である。まあ昼までには止むであろうからイフィラ紀行は中止と決まったわけではない。しかし雨に濡れて出かけることになりそうである。また一層強い雨になった。小降りになってでかければよい。これから英語の復習。9:10 SBS TVは23日にあったノムヒョン前韓国大統領の飛び降り自殺のニュースを韓国TVが取り上げていた。NHK日本語ワールドでは自殺の原因として6億円のワイロの追究などのスキャンダルの発覚をあげていた。雨は止みそうもない。9:45にアパートを出ることにする。9:25 小雨になったところで9:50アパートを出る。10:05 PMC。丁度礼拝が遅れて始まるところであった。前の方の席にかける。なんと隣のお年寄りがよくセキをされるので、新型インフルエンザを思い出し気持ち悪くなって少し離れて座りなおす。礼拝が終わるとなんと握手を求められる。あれだけセキをしている手に握手したくなかったが止むをえず握手する。昨年は5月23日から風邪を引いて、長引いた。今年はこの時期風邪に気をつけなければならない。11時半礼拝終わり、少し風邪気味な気がする中センターポイントで買物をして帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして昼食後1時半アパートを出る。2時にイフィラ行きのボートに乗る。海は波があり約15分でイフィラに上陸。教会を覗く。パブリック ワークスに勤務しているというパトリック(1969年生まれの40歳)が親切に島を案内してくれる。教会は日曜日には、4回礼拝があるという。
6時、10時、15時、19時という。14:30ごろ着いたが教会では沢山の信者が牧師の話を聞いていた。土曜日の午後にゴミ拾いをしたとのことで、ポートビラの町よりゴミが少なかった。家々は広い綺麗な芝生の庭で、以前見たマタソーより遥かに豊かそうな家並みであった。バイリンガルスクールは1年生から10年生まであるという。中にはポートビラからイフィラの学校に通ってきている生徒もあるという。ここで教師をしていたJICAの隊員の名前は全て知っていた。2時半から3時半までの1時間島を歩く。なんと干潮の時は、エファテ島まで歩いていけるというところも見る。ジョシアの住まいの近くまで行く。3時半船着場で子供たちの写真を撮り帰路に着く。ウォーターフロントで釣りを試みるが波があって、全然魚はいないようで餌を取られなかった。4時半でお仕舞いにして帰宅。ガーデンでアイランドキャベツを摘んで夕食のスープの具にする。シャワーを浴び、洗濯をしてから、夕食は6:00 ご飯と肉じゃがと塩コンブとアイランドキャベツのコンソメスープ。夕食後日記づけ。写真のアップロードと調整。「大西洋漂流76日間」を読んで20:00 就寝。
イフィラからイリリキを望む 島のプリスビテリアン教会 島のビッグファミリーカルサカウさんのお墓島とエファテが干潮の時歩いて渡れるところ
英語学校 フランス語学校 HIMG0074.jpg HIMG0078.jpg
埠頭で子供たちの記念写真




この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月23(土) 雨のち曇り 25 ℃ 湿度86% バヌアツ滞在389日目
2009/05/25(Mon)
今日は6時から大使主催の夕食会に参加の予定。日本食レストランに在留邦人が呼ばれている。昨年10月フィジー大使として着任されバヌアツの大使も兼任されている。着任依頼バヌアツは二度目の訪問である。4時半起床。昨夜来の雨がまだ時々降っているようであった。ココナッツを飲んでから日記をつける。今日一日の過ごし方を考える。5:30 朝食後英語復習し6時50分から日本語ニュースを見る。相変わらずインフルエンザと南太平洋島サミットのニュース。あほうがわざわざダミ声を作って役人の作文を読み上げていた。小物が精一杯大物ぶっているようでおかしかった。バヌアツのナタペイさんも出席していた。ニュースが終わって8時前町へ買い物に出かける。お隣さんは既に出発しているようだった。マーケットで花を見ていると矢張り花を買いに来たまみさんと出合う。土曜日には花を買いに来るそうだ。今日の夕食には40人ほど集まるという。お世話になります。よろしくといって買物。レモン、バナナ、ココナッツを買う。魚は大物があったが今日は見合わせる。肉と砂糖、パン、洗剤を買う。マーケットでは学校の女生徒にあう。アパートには9時前帰宅。肉じゃがを火にかけシャワーを浴び洗濯をして居間の椅子で身体を伸ばして読書。渡辺淳一著「七つの恋の物語」
11時パンとレモンティーの昼食。それから読書。12時半再度軽い食事をして12時45分アパートを出る。
学校に1時15分着いて24番でドメインへのジョインを試みるが出来ない。MS オフィスをCDからフラッシュドライブにコピーして06番のPCにインストールをする。サーバーでアクティブディレクトリーのコンピューターに設定が出来ていないのを見つけ、シェイム先生にコンピューター登録をしておくようメッセージを書いてお仕舞いにする。学校周りのゴミ拾いをしてゴミを出し3時下校する。3時半帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして、ベランダでパンプレムースをいただき、4時15分から日記。これから1時間、5時半まで読書それから、夕食会に出かける。4:30 5時25分出かける支度をする。荷物は名刺だけ持って行くことにする。5:30 暗くなった道を下の道路まで行きすぐバスを捕まえることが出来た。町なかを走るが土曜日で渋滞は無くカンパイ レストランには5:45ごろ着いた。既に大勢集まっていて全員立ったままであった。6時に大使の挨拶があってビール瓶を置き、バイキングの料理を皿にとる。料理は白ご飯、千切りに刻んだ野菜の酢入りサラダ風、キューリとレタスとトマト少々のサラダ、緑色と黒色のオリーブのピクルス、ギョウザ、春巻き、魚のから揚げ南蛮漬、牛肉と野菜炒め、チャーハン、やきそば、鳥のカラ揚げチューリップ仕立てというものであった。昨日到着したばかりという方の向かいに座り隣の先輩方とおしゃべりをしてすごした。これから2年間建設機械の修理をされるとのことであった。3月任期満了で帰国されたシニアボランタリーは自動車修理が出来る人材養成の学校である職業訓練学校の教師をされていたが、今度の方は沢山動かなくなった建設機械を動かすようにするのが任務だという。現在ニュージーランドの援助でエファテ島一周道路が進められていて、北側では既にアスファルト道路が出来ている。大きな沢山の建設機械も並んでいるが、その保守が出来ていないようでその技術支援をされるという。この国で西回りで北に上がる道路の中には穴だらけのアスファルト道路がある。外国の援助で作ったものだろうが、その後のメンテナンスが出来ていないので、穴だらけで車は注意深く徐行運転をしてしか走れない。穴が深いのである。一方舗装していない道路の両側には土砂がところどころ積まれている。穴が出来ると穴を埋めるらしい。この舗装していない道路は車は穴の無い舗装道路と同様に早く走っていた。今建設中の舗装道路が過去の二の舞にならなければいいが、日本と違って薄いアスファルトを見ると完成後の補修がいつもされていないと穴だらけの無残な舗装道路に逆もどりとなってしまうのは明らかである。1996年中国の援助で出来たコールマン競技場は13年経って屋根の一部は落ちたまま内部は廃墟のような有様である。出来た後掃除もいたんだところの修理もされていない様子である。お金のかかるこうしたものの多くが外国援助に頼るものであるが、出来た後の自前のお金がないから保守が出来ずにいる。日本からも建設機械の援助をしているが故障したら直せないので使えない機械が沢山あるらしい。一方でそれを直す人材教育もするし、直接修理の人も派遣するというわけである。先輩とセティーさんで話が弾んだ。5週間のオーストラリア旅行から戻られたらまた行きたいとの事であった。
8時過ぎ最後にフルーツが出てきた。オレンジ、リンゴなどが小さく刻まれていて、シャーベットのようにとても冷やされていて美味しかった。
8時までは日本人40人の貸切だったようで、それから外人などのお客さんがきて食事を運ぶ姿がみられた。まみさんはお化粧をして髪も整え服装にも気を使って目だたず動き回っていた。
冷やしうどんの銘柄を尋ねられたので書いておく。女及油麺 Cream Flavored Noodles 新順福食品有限公司 という香港の会社の製造だった。不添加防腐剤・不含化学色素と表示されている。ボンマルシェ No2で 340g一袋230vtで売られていた。先日は5袋を買ってまだ、2袋残っている。これも沸騰したお湯で湯がくが湯加減が肝心である。少し長すぎると腰が無くなってしまい、短いと硬さが残ってしまい食べられない。水道の水で冷やすが、タレは少しの水に醤油を足して少し砂糖を入れて少しの生姜を摩り下ろし汁を搾って入れる。
帰りはギシギシ鳴るバスでJICA現地スタッフのご主人のバス運転手の運転でアパートまで帰る。以前載せてもらったときはバヌアツにこんな豪華なバンがあるのかと思ったが、この日はポンコツ車であった。ご主人自前に車を持っているわけではなくて、借りている車であるという。
9時前帰宅して、汗もかかなかったので「大西洋漂流76日間」を読んで就寝。21:00

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月22(金) 雨 25 ℃ 湿度86% バヌアツ滞在388日目
2009/05/22(Fri)
3時目を覚ます。雨音が聞こえてきて外は雨であることを知る。今日は2学期が始まって5日目の金曜日であるが、今日は朝ウィルスで動かなくなっていた1台のOSインストールをする。これからおかゆの準備。先日お茶漬けの替わりにおかゆにしてみると、お腹にもたれないようで良かったので又作ることにする。それとレモンティーのお湯を沸かして、英語の復習。4:40 雨音が高いので結構降っているようである。6時50分からの昨夜のNHKニュースはインフルエンザと裁判員制度開始のニュース。東京にもアメリカから帰国した高校生が感染していたというニュースであった。7時過ぎ定期観光船がガ入港してくる。パシフィック サンであった。7時半アパートを出て、8時コンピュータ室。N015のOSインストールを行う。9時半までで、XP-J終了してXPのインストールを続けて行う。Office2003とAVG8.5をインストールする。シェイム先生が町でMavisを調達してくる。2,800vtとのこと。そのあと30台のPCにMavisをインストールする。CDが読めない06番PCはCDをフラッシュドライブにコピーして、フラッシュドライブからインストールを行う。午後2時半で導入完了。3時店じまいを始める。生徒たちは大掃除である。空が黒い雲で暗くなってきたので、帰り道のLAMストアで買物をして帰宅する。シャワーを浴び洗濯をしてベランダに干す。そのうち稲光が光るようになってきて、雨風が強くなってきて、干した洗濯物を風当たりの少ない側に移す。夕食は焼きそばが食べたくなって、細イスパゲッティを120g湯がいて、玉葱を切り、ツナ缶で砂糖少々、胡椒、塩、醤油、ウスターソースで仕上げる。美味しかったが120gは多すぎた。100gで十分であった。デザートはバナナ。夜7時にベッドで「大西洋漂流76日間」を読んで就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月21(木) 曇りのち小雨 25 ℃ 湿度80% 祭日 バヌアツ滞在387日目
2009/05/22(Fri)
4時に枕元に置いている携帯電話が長く鳴るのに気がついて目を覚ます。取ってハローと言ったら切れた。後に、接続テストのようなメッセージが残っていたがよく分からなかった。「よろずや平四郎活人剣 上」を5時までで読了。藤沢さんの本は読んだ後いつも爽やかにしてくれるので有難い。
中には読んで疲れだけがのこる本もあるがこういうのはいただけない。どうも自分の文章もそういうところがあるようだ。そこえいくと、亡き父の文章は傑出していた。父の知人で東京で活躍されていた有名な方が亡くなってその追悼の本が出来て、その本を父からこれを読むようにと残されたが、その本の一番最初に載っていたのが、父の追悼の文章であった。その文章を読むと何故遺族が、有名な方々の文章ではなく、名も無い当時静岡に住んでいた、肩書きは単に(静岡市在住)の父の文章を選ばれたかが納得できた。その文章では他のどの文章より、故人について詳しくかかれていたし、その生涯の友情に感謝する心のこもったものであり、残されたご遺族をなぐさめるものであったからであった。昨日の下痢便は幸い回復していた。しかしお腹を出して寝る生活に慣れてしまって、タオルケットや毛布をかけるのさえ邪魔臭くなって背中にしいて寝ている。今日お天気であれば、これらを広げてベランダに干そうかと考えたがあいにく空には雲がかかっていて、湿度も高いので雨が来そうだ。
今日の貴重な一日をお腹を出して寝ていても大丈夫なように腹巻を作ろうかと考える。丁度6時50分になったので、SBS TVをつけると日本語放送ではなくサッカーのライブであった。朝食はパンとレモンティーとバナナ。朝食後英語53-help,54-moveを復習し町へ9時前出かける。オープンレストランで先日アパートの出口で会ったスリランカ人が朝食をしていた。マーケットで魚を見たがいい魚が無くて見合わせる。肉屋も覗くがいい肉が無い。店を出たところでダリルさんと奥さんとよちよち歩きを始めたお嬢さんの手を引いて歩いているのに出会いおしゃべりをする。マーケットでパンプレムースとココナッツを買いセンターポイントへ向かう道でバヌアツ人のおじさんにイグッドと声をかけられどこで会った人かは覚えていない人であったが握手をしてグッドグッドと返事をする。センターポイントで肉を買い10時前アパートに帰りシャワーを浴び洗濯をする。外は曇り空であったが、ほぼ半年しまっていた毛布をベランダの物干しに広げて虫干しをする。ベッドに横になり、「よろずや平四郎活人剣 下」を読んで朝寝。12時起床。昼食はパン。午後は居間の椅子で読書。久しぶりで煎茶を飲む。煎茶をパックに詰め、水を沸騰させベランダで約70℃まで冷ました湯を茶碗にパックと一緒に約1分入れてからベランダでビラの眺望を味わいながらお茶を飲む。久しぶりに飲んだお茶が美味しかった。そのあと、茶殻を絞って居間の床に撒きほうきで掃きだすと、お茶のいい香りがしてきてほこりを取ってくれて気持ち良かった。5時夕食前の運動を兼ねてアパートを出ると小雨が降っていたので傘を部屋へ取りに帰り、傘をさしてパンを買いに町へ出る。まだ温かい出来立てのパンを1本を買って5時20分帰宅。6時半ご飯のスイッチをつけて7時夕食。夕食後再び煎茶をいただく。お茶のせいだろうかちっとも眠くならず居間の椅子にかけて、スタンドの明かりで10時までで「よろずや平四郎活人剣 下」を読了。これまでにも読んだことのある本だが今回も大変楽しませてもらった。曇り空で夕方から降り出した陰気なお天気の一日であったが、よく寝て読書三昧の贅沢な一日を送ることが出来て幸せなことであった。
ベッドに移りスティーブン・キャラハン著「大西洋漂流76日間」を読んで就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月20(水) 晴れ 25 ℃ 湿度75% バヌアツ滞在386日目
2009/05/20(Wed)
3時目を覚ます。下痢便。夏の調子で浴衣の寝巻きだけで毛布をかけず腹を出したまま寝ていたのが原因であろう。食べ物のせいとは考えにくい。念のため朝食のあとワカマツを飲むことにする。ギックリ腰気味は変わらない。これからデジカメの写真のパソコンへの取り込み。以前の名機と言われたFinePix F31fdほどのシャープさはないがまあ何が写っているかはわかるからいいとする。久しぶりで海の写真と、昨日釣った小魚の佃煮のような写真をブログに載せよう。4時半まで写真の調整。これから英語の復習。今日は51からもう後半戦である。この時間朝を待ちきれない様子で雄鶏の時の声が賑やかである。今日は7時半に郵便局に手紙を出しに行きそれから学校へ出かけよう。朝のご飯はおかゆにする。おかゆにすると2倍にもボリュームがふえる。塩コンブでゆっくり噛みしめていただく。6時50分から昨夜7時のNHKニュースを見る。相変わらず新型インフルエンザのニュース。兵庫県の感染者が多いという。7時20分アパートを出て郵便局へ出かける。7:33郵便局に着くと丁度表の扉を開けるところだった。カウンターに行くとレジが開かないのでお金が取り出せないので後にしてくれと言われたが、お釣りは必要ないと言って、細かいお金で支払う。20gまでのアジアへの航空郵便は130vtである。封筒の中身はA4の紙2枚とポストイットで封筒の全量は10gであるという。細かいお金があってよかった。レシートを書いてもらい、アパートへ帰り学校に向かう。道でいつものようにモーニングといつものように声をかけると、笑顔のおじさんから、「モーニング ボス ナンバーワン」と声をかけられくすぐったくなる。8時半コンピュータ室を見るとサーバーの導入は完了していないので、ノークラスにしてくれとシェイム先生のメモがあった。
サーバードメインのジョインをした形跡があったが、うまく機能していないようだった。
学校のゴミ拾いをして、図書室に移り日記をつける。午前中図書室で過ごす。シェイム先生が顔を見せておしゃべりをする。サーバーのユーザー設定がまだらしい。午後、設定したというのでドメインへのジョインをしてみたら4台は出来たが、26台は接続出来なかった。Msvisを買いに3時に行くと言っていたが経理の女性がいなくてお金が出なかったから金曜日になるという。明日はお国の祭日で休みなのである。4時足取り重く下校する。アパートに荷物を置いて、町へ買物に出る。帰り道5:30 JICA事務所に寄ったが、部屋の明かりはついていたが、扉がロックされていて入れずしかたなくアパートヘ帰る。薄暗い5:35帰宅。夕食の準備をして、シャワーを浴び、洗濯をして、パンとレモンティーと肉じゃがの夕食。夕食後19:30 「よろずや平四郎活人剣 上」を読んで就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月19(火) 晴れ 26 ℃ 湿度75% バヌアツ滞在385日目
2009/05/20(Wed)
4時起床。英語の復習。朝食はパンをトーストして、マヨネージをつけ、肉じゃがを載せてレモンティーでいただく。6時50分に久しぶりでNHK昨夜7時のニュースを見る。新型インフルエンザが日本国内135人に増え世界では8800人が感染し日本は世界で4番目に多いという。中でも兵庫県と大阪府で感染者が多く高校生が多いという。学校、保育所の休校も増えている。JRの駅の売店も閉店する。関西方面への修学旅行を取りやめる学校が611校という。新型インフルエンザは感染力は強いようだが、症状は軽いらしい。症状は軽くても感染が急に広がるのは不気味なところがある。沖縄と奄美で梅雨入りという。沖縄は平年より10日遅れという。オホーツクでは今日から放牧が始まったというニュースであった。 ビラの海はひさしぶりに晴れて美しく写真に撮る。重いスーツケースを持って、すこしギックリ腰気味になる。今日はゆっくりアパートで過ごそう。7:20 朝食後ベッドで「よろずや平四郎活人剣 上」を読んで朝寝。9時目を覚ます。お天気で綺麗な海を見ていてエラコールの海で泳げばギックリ腰にいいかと思い、釣りもしに行くことにする。ライフジャケットを持って釣り支度をして10時過ぎ下の道路でバスに乗り、エラコールの島への渡し場まで運んでもらう。約10分。しばらくすると船が来て島まで運んでくれる。島の船着場は小魚が沢山見えてまるで水族館だ。団子を付けて入れると直ぐ食べに魚が集まる。なかなか食い付くまでいかないが、小さなベラがかかる。今日は大漁と思ったとたん、団子が転がって海に落ちてしまった。仕方なく海に入って何度か取ろうとするが深くて取れず何回目か潜ってようやく餌を取り戻す。あわてていたのだろう、腕時計をつけたまま潜っていた。結局用意した団子がなくなるまで11時45分店じまいとした。釣果はピゴー1匹とベラ4匹、黒い魚1匹の合計6匹であった。12時船に対岸まで乗せてもらい、ラグーンゴルフ場そばでバスを待つ。約15分でバスが来てメンジスまで運んでもらう。12時半帰宅。シャワーを浴び洗濯をしてから昼食はお茶漬けとバナナ。昼食後、魚の腸をだして、鱗を出刃で取って、生姜を千切りにして醤油と砂糖を入れた鍋で細火で煮る。ベッドで本を読みながら昼寝。4時半目を覚ます。良く乾いた洗濯物を取り込み、町へ買物に行く。マーケットの前で先日の釣りでおしゃべりした青年に声をかけられる。イリリキアイランド リゾートで働いているオーガスト トム君であった。1999年マラポアカレッジに入学し、途中でマテフルカレッジに移り、職業訓練校で観光を学んだという青年である。今日は町でインターネットメールなどをしていたと話していた。センターポイントではマラポアカレッジの女生徒に会ってグナイトと挨拶をする。素敵なライトブルーのトヨタの乗用車に乗っていた。お金持ちなのだろう。JICAオフィスによって郵便物を取る。バングラデシュのゆかりさんから元気なお便りがあった。5月5日のバングラデシュの消印で5月19日バヌアツで受領。14日間かかっている。5月5日にバヌアツから日本に出した小包は5月11日日本に届いたと連絡をいただいた。このときは6日かかっている。バヌアツのいやなところランキングで似ているところは、町中ゴミが多いこと。学校もゴミが多い。おかげで学校と町中のゴミ拾いが楽しみの1つになっている。臭いまではいかないが、町の空気は汚い。黒い廃棄ガスを出す車が多いのが原因。車は多い。狭い町に車が多いので夕方5時ごろには渋滞する。これを逃れて今日は空気の綺麗なエラコールで釣りをして日に焼かれてきた。金に汚いというのはこの国の人に感じないが、学校でお金を盗まれることが3度あった。それも決まって学期末にある。お金がありそうなところは、普段からよく見て知っている様子だ。それ以来小銭しか財布には入れないことにしている。教会の献金では1000vt(約1000円)をする人がめずらしくない。時には最高紙幣の5,000vtを献金する人もいる。お金の執着心はこの国の人にはうすいようだ。夕食はご飯、煮魚と肉じゃがとコンソメスープ。デザートはパンプレムース。夕食後ゆかりさんに送るマラポアカレッジのご紹介の記事を印刷して、バングラデシュの宛て名書きをする。黒インクが最後の4ぺーじ目の途中で出なくなったので、新しいカートリッジに取り換えて3,4頁を再度両面印刷する。明日郵便局に16:30までに出しに行こう。2週間くらいかかるであろうか。今日はよく寝たので夕食後しばらくおきて過ごす。21:30 「よろずや平四郎活人剣 上」を読んで就寝。
朝の海 200905190003.jpg 200905190004.jpg
エラコールでの釣果 夕食



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月18(月) 曇り 26 ℃ 湿度82% バヌアツ滞在384日目
2009/05/18(Mon)
夜中雨音で目を覚ます。1時半であった。ベッドのスタンドで本を読んで過ごす。マレクラのホームステイでは小さなランプの明かりで夜を過ごし本を読むことは出来なかった。電気の明かりが読書の楽しみを与えてくれて有難い。JICAバヌアツの図書室にはいろいろな作者の本があって有難い。宮本輝、山本周五郎は昔良く読んだ作者であり沢山ある。司馬遼太郎、藤沢周平、山崎豊子の作品もすこしある。若い頃よく読んだ松本清張作品は少ない。藤沢周平作品はNHKで沢山TVドラマ化されている。TVでは「蝉しぐれ」「三屋清左衛門残日録」「秘太刀馬の骨」「風の果て」「よろずや平四郎活人剣」などを見た記憶がある。NHKのTV時代劇のドラマでは一番取り上げられる作家ではなかろうか。いずれも本にはかなわないがTVでもいい作品に仕上げていた。4時起床。雄鶏の時の声を聞いて日記をつける。今日から2学期の開始である。これから英語、朝食。5:00 6時半アパートをでる。スリランカ人がアパートを出るのと同時だった。ユーロッパのユニオンから3年の任期で職業訓練校のマネージャーで来ているという。1年経ってあと2年だそうだ。名前は聞いたがすぐ忘れた。7時学校に着く。コンピュータ室は土曜日のままであった。照明は点くがエアコンは点かない。今日もシェイム先生は来ないだろう。7時40分にコンピュータ室を開けて、クライアントだけで実習を続けさせるしかないか。7:15 結局1時間目はコンピュータ室を開けなかった。シェイム先生のサーバーの導入が終わっていないので先生が出てきてから始めることにする。2,3時間目のクラスが無い時間に電話会社に支払いに行く。9時45分コンピュータ室に戻るとジェフリーが作業をしていた。エアコンのケーブルを接続しているようだ。11時から次の授業だといってあるがようやく1か月ぶりにエアコンも動き出すかもしれない。10:10 11時にコンピュータ室へ行くとエアコンは動いていた。サーバーが動かないのでノークラスにする。サーバーはシェイム先生に任せたので、さわらないことにする。今週一週間すれば、インストールが終わるかもしれない。 それまでノークラスで過ごすしかないか。昼休み先輩に電話する。今日6時にアパートに来てもらうことにする。先日は13年生に貸した4GBフラッシュドライブが帰ってこない。今度はPCを貸すわけだがどんな結末になるであろうか。タリスさんに、明日はアパートで過ごすことを告げて3時半下校する。コンピュータ室にはサーバーが動かないのでノークラスの張り紙を書いて扉に貼って帰る。アパートに荷物を置いて町へ。ボンマルシェで片栗粉(スターチ)を店員尋ねる。タピオカ スターチを教えてもらう。500g 185vtこれを買うことにする。タイからの輸入物で、ビニール袋には、英語、アラビア語、フランス語、中国語でTAPIOCA STARCHが書かれていた。バヌアツにとってタイは最大の輸出国である。農産品中心で約60%次いでインド17%、日本11%の順である。輸入ではづっと日本が最大の輸入国であったが、2006年にはオーストラリア21%,日本20%,シンガポール12%で次第にオーストラリア経済圏に組み込まれて取引が増えている。
大きな緑ピーマンと赤ピーマンがあったので値段を聞くと秤に計ってそれぞれ1個が220vtと330vtであった。1kgあたり1800vtととても高い。肉屋でいつもの柔らかい牛肉を買ってアパートへ。ガーデンでアイランドキャベツの葉を摘んで帰る。5時15分帰宅して、6時の約束の時間までに夕食の準備とシャワー、洗濯をしてしまおうとはじめたら5時半に訪問される。すっかり予定がくるってしまったが仕方がない。お貸しするパソコンを見せるとなんと、ACアダプターが太すぎて接続出来ないことがわかる。矢張りパソコンを貸すのはリスクが大きすぎると思い始めていたので、貸さないでよいことになってほっとする。なにかあった時のためのバックアップを貸し出して必要になったとしたら後悔するばかりであろう。先輩が帰られてから洗濯をして夕食の準備をする。夕食は出来たての美味しいご飯、肉じゃが。塩コンブ、アイランドキャベツのコンソメスープ。夕食後ベッドに横になり「よろずや平四郎活人剣 上」を読んで8時就寝。
夜中何度か目を覚まして枕元のスタンドで読書して過ごす。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月17(日) 雨のち曇り 26 ℃ 湿度90% バヌアツ滞在383日目
2009/05/18(Mon)
夜中にも目を覚まし枕元のスタンドで本を読んですごす。4時半に目を覚まし日記をつける。
今日も湿度が高くお天気ではないらしい。5時35分でまだ真っ暗である。今日の日の出は6:05頃か。
これから英語の復習それから朝食。朝食はお茶漬けと肉じゃが。6時ごろ強い雨がまた降り出したので、今日の釣りは止めようと思ったが7時前に雨が上がったのでいつもの場所に釣りに行く。岸壁に座って釣り支度を始めるとたちまちバヌアツ人が周りに群がる。今日は脇でいつまでも立ち去ろうとしない若者とおしゃべりをする。お父さんがニューカレドニアのフランス人でお母さんがバヌアツ人で22歳。マラポアカレッジに7年生から10年生まで学び、11年生から13年生までサントのマテフルカレッジで学んだという。職業訓練校で観光を学び、現在イリリキでハウスキーピングのスーパーバイザーをしているという。勤務は8時から16:30だという。イリリキの向かいのSEIBELというホテルのオーナーでもある若いオーストラリア人2人の共同経営者がイリリキのリゾートを経営しているという。給料は2週間で9,000vtだという。聞き間違いかと思いなんどか確かめたがどうやらそうらしい。それだけで生活できるのかと聞くと、なんとかヤッテいけるという。しかしあまり元気そうな顔をしていなかった。ニューカレドニアには時々行くという。バヌアツのようにゴミが落ちていなくて綺麗な町だという。給料もバヌアツよりかなり高いという。バヌアツとニューカレドニアとどちらが好きかと尋ねたが返答はなかった。しばらくして、渡船に乗ってイリリキに出かけて行った。今日はこれまでで一番波があって、海の底が見えなかった。時々餌を取られたが、あまり魚が寄ってもいないようだったので8時前に釣りは店じまいをして帰ることにする。昨日ゴミ拾いしたステージの周りにはもう大きなゴミが落ちていたのでそれらを手で拾いビニール袋に入れてゴミ容器に入れる。帰り道で大きなSUVの助手席に東洋人の若い女性が難しい顔をして座っていたのが目に入った。突然目が会ったら急に微笑みかけられ車の窓から身体を乗り出すようにして大きく手を振るではないか。多分中国人だと思うが何故急に知らない人間が笑顔で手を振ったのかを考えてしまった。運転席には腹の大きな白人が無表情で座っていた。以前帰国した先輩がこの国にも売春婦がいますと言っていたのを思い出した。日曜日の朝、テイクアウトの店の前に止まっていた釣り合いの取れないカップルを見てあれがそうかもしれないと思ってしまった次第である。アパートに帰ってシャワーを浴び、陽が出てきたので寝巻きも着替えと一緒に手洗いをする。9時半までらもさんの本を読んでPMCヘ。今日はセティもジョンさんも旅行中である。パスターは元気なウィリーであった。礼拝後ファトコさんに挨拶してジェームズ ボンドがニックネームですねと話すと笑っていた。マラポアカレッジの1期生で生徒番号が007なのでジェームズ ボンドである。後に初代バヌアツ人マラポアカレッジを勤められた。センターポイントで買物をして、片栗粉を探すとスターチがあった。原料はイモで3袋あった。量が多すぎるのでもう少し小さいのは無いかと店員に聞くとこれだけだというので今日は買うのを見合わせた。しかし今になって買っとけば良かったかと後悔する。この国ではお金より品物に価値があり直ぐものは無くなってなかなか来ないことがある。大きな買物では衝動買いしてしまう傾向にあるのに安いものでは逆に一晩たたなければ買うのをためらわれる事がよくある貧乏性である。この国では買える物があったら買っておくというのが生活の知恵のようだ。アパートに帰りシャワーを浴び、洗濯をして昼食はパンとレモンティーとバナナと肉じゃが。昼食後居間の安楽椅子で身体を伸ばしてらもさんの本を4時15分までで読了。途中居眠りをしていたようだ。朝日新聞の「明るい悩み相談室」では彼の才能ある名回答で楽しませていただいた。朝日はあれで購読者を増やしたのではないか。それから日記。現在17:20 そろそろ夕暮れである。これから夕食のご飯のスイッチを付けてアイランドキャベツを摘んできて夕食の準備。ガーデンに行くのが面倒くさくなって、玉葱を刻んでスープに入れることにする。向かいのマラポアの丘に陽が沈み、空を赤く染めている。ベランダの洗濯物を外から見えない場所に移動させて、ベランダからの眺望が良くなる。5時45分からSBS TVのサッカーを見る。6時夕食後、ベッドで藤沢周平著「よろずや平四郎活人剣 上」を読んで8時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月16(土) 雨 26 ℃ 湿度90% バヌアツ滞在382日目
2009/05/16(Sat)
このところじりじり日の出が遅くなり、日の入りが早くなって来ている。今日は1時に目を覚まし横になったまま、らもさんの本を読んで3時まで過ごす。飾らない文章で人間観察が面白い。思いがけない事故で突然早世されて驚いたがこの本を読むとああして人生の幕を下ろしたのが必然だったようにも思えてきたが誠に惜しい人を早く亡くしたことであった。今日は朝公園のゴミ拾いのあと一日らもさんの本を読んで楽しませていただき故人を偲ぼう。3時起床。久しぶりで前の道路を走る車の音は濡れた道路を走る音である。湿度計の目盛りは0%から90%までしかないがは90%を指して張り付いたままになっている。これから、お米を1.5合といで、釣りの餌を作り、5時まで英語の復習をして6時5分日の出ととものアパートを出てウォーターフロントへ魚釣り。8時から9時までウォータフロントでゴミ拾いである。この国の人はゴミをどこでも捨てるが中には拾っている人もいる。ただし素手で拾っている。ゴミを摘まむトングを使って拾っている人を見たことが無い。トングを持ってゴミ拾いするのは自分だけだ。ゴミ拾いに集まる日本人の仲間も全員素手に手袋をして腰を曲げて拾っている。このゴミ拾いのトングは店で売られていなくて、料理の道具屋でステンレスのトングが1,300vtぐらいで売られていた。自分のゴミ拾いに使うトングは料理用のステンレスのトングである。建設業従事者が一日働いて1400vtぐらいのこの国で1,300vtのトングはとても買えない。100vtぐらいで鉄のトングがあれば、バヌアツでも売れるかも知れないが、竹か木で作った物でも素手よりましかもしれない。ゴミ拾いに集まる仲間全員にトングをプレゼントしたいが一つ作って先ずリーダーにプレゼントしてみようか。4:10 5時まで英語の復習。この前100まで済んだと思ったらもう43 lead,44 leave(2)である。それから朝食が済んだ5時45分から雨が強くなってきた。音をたてて降る雨で明るくなってきた向かいのマラポアの先端は雨で見えなくなってしまった。今日の釣りは取りやめにして貯まったココナッツシェルでバスケットを作ることにする。先ほどまで写っていたSBS TVの映像が、雨の影響でだろう、電波を捉えられなくなったというメッセージを出したままで映像は映せなくなった。この雨も2時間続くことは無いだろうから8時のゴミ拾いまでには止むだろう。いつもの小鳥がベランダに来てけたたましくパンクズを催促して鳴く。雨が小降りになって雨音が止んだ。これからフライパンのパンクズをあげてベランダでココナッツ加工をしよう。6:12 7時半までベランダで2つココナッツバスケットを作る。強い雨が時々降ったが7時45分小降りになったので、支度をして始めてコンパクトな雨カッパを着てウォータフロントへ行く。ゴミ拾いの仲間は来ていなかった。15分ステージ周りとベンチ周りのゴミ拾いをする。昨夜のこの周りの喧騒が伺えるゴミの内容で面白かった。マーケットでココナッツとレモンを買ってバナナを見ていたらレイパコアさんが声をかけてくれた。レイパコアさんが持ってきたバナナを2房袋から取り出しいただく。魚は小魚しかなく買うのを止めた。帰り道米と醤油を買って9時前帰宅。部屋をほうきではきだし、シャワーを浴び、洗濯をしてベッドでらもさんの本を読んで朝寝。12時目を覚まし、パンとレモンティーとバナナの昼食。1時昨日のやり残しの作業をしに学校へ。マウスが動かなかった18番は他で動いているマウスに付け替えるがやはり動かない。念のため他で動いている光学式のマウスに付け替えてみるとなんと動いて嬉しくなる。デバイスマネージャーの設定ではLANポートはEnableになっているままであった。最初ここがDisableになっているので動かないのかと検討をつけて、キーボードだけで設定をかえようとしたが、マウスの左クリックに相当することはキーボードで出来るが、右クリック相当がどうしても出来ないで困っていたが、それが原因ではなかった。USBポートを使えないようにDisableに設定をする。24番はマザーボードが違いLANドライバーは別物で昨日はしなかった。CDを探して2013を見つけてやってみるとLANドライバーがインストールされて、LAN設定が出来た。調子よく2台の設定を終え、あと1台は古いパソコン。これからそれを試みて4時には終りたい。古いパソコンではCDが動かない。ドライバーCDを読みこませて設定をしたいが、これを読めない。しかたなくCDの内容をフラッシュドライブにコピーしてインストールを試みようと考え付いて、別の1番CPUの早いCDが動くマシンCDからフラッシュドライブへのコピーを13:30に開始する。15:00にコピー終了の見込みを立て、図書室でメールを見る。ゴミ拾いのリーダーから雨で今日は中止のメールが朝届いていた。15:30もう終っているだろうと思ってコンピュータ室に行くと、コピーは80%ぐらいのところでメッセージを出して応答を待って止まっていた。しかたなくキャンセルする。80%コピー出来ればうんがよければ、コピー済みの中に必要な物があるかもしれないので、USBから古いパソコンのディスプレイ ドライバーのインストールを試みる。これが簡単にうまくいって、きれいな画像が見れるようになった。予定した4時までで、今日考えて出てきた作業は全てうまくいって、足取り軽く帰路につけた。今日は出てきて良かった。通常CDからインストールするコピーはUSBからでも出来ることが経験できた。この経験は大きい。
アパートに4時半に帰宅し町へ買物に出かける。途中マーケットの働き者のおばさん軍団がトラックにぎっしり座って地方に帰るのを見かける。マーケットではトラックに売れ残りを詰め込み半分人が座れる場所を作っているのもあった。帰り支度の最後の人達である。マーケットそばのボンマルシェでじゃがいも、玉葱を買う。いつも行く中国人の店もチューストアも5時前で既に閉まっていた。アパートに帰ってガーデンにアイランドキャベツを10枚摘んで、ご飯のスイッチを点けてシャワーを浴び、洗濯をして夕食の支度をする。先日の写真で少し太り気味なことに気がつき、少し小食を心がけることにした。今日の夕食はご飯とアイランドキャベツのコンソメスープと塩こぶである。今日もご飯が炊けて20分後ぐらいに食べたがとても美味しかった。これぐらいであればお腹の負担はかからない。3月帰国された先輩とまみさんの店で送別の夕食をご一緒したあと食べすぎて消化剤を飲みましたと話しておられたが、ご馳走の食べすぎも気持ちのいいものではない。今は腹8分目か6分目で十分である。6時半ベッドに横になり、らもさんの本をよんで、8時就寝
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月15(金) くもり 26 ℃ 湿度85% 日の出:6:04,日の入り:17:22 バヌアツ滞在 381日目
2009/05/15(Fri)
3時起床。雄鶏が真っ暗な中盛んに時の声をあげる。コケコッコーとは鳴かずこの国ではコーコ・レッコーと鳴くという。日記をつける。昨日受け取った懇親会のメールを考える。この国の大使を兼ねているフィジーの日本人大使が急に来週土曜日来て懇親会を元気なまみさんの店で開くという。予定していたものがキャンセルになったのか、飲み食いする賑やかさが急にほしくなったのか、兎に角、急な案内で出席者は18日までに返事をしろというものだった。文面からはどうぞご招待しますというものではなく食わせてやるからおいでという感じのものだった。上着、ズボン、はきものまで指定してあった。この大使とは昨年来られた時ちょっとおしゃべりをした。けして難しい方ではない。乗り物は借り物のバンに日の丸の旗をつけていたのが面白かった。日の丸の旗をつけた車は黒塗りの高級車と相場は決まっているものだが、日の丸の旗とバンの取り合わせが奇妙で思わず笑ってしまった。日本で見る新聞社の車につけている社旗のようになびかせるものである。その時はナタペイさんなど要人の接待をしに来られたのだが、今回はそれは無い様である。まあ、あまり多くは来て欲しくないようなメールの文面だったので、それを酌んで今回は失礼することにしようかと思ったが、まみさんの店ということなので会いにでかけることにする。無邪気に出かけて行って不愉快な思いをさせられるのもかなわないが。お前はメールの文面も読み取れないのかと非難するような気難しい人もいるのであるが辛抱しよう。昨日はコンピュータ室の照明の電気が点いた。エアコンは相変わらず点かないので蒸し暑い部屋での作業であったが、13台のパソコンをXP-JとXP都合26回の初期導入をした。1回の導入が約30分であるが同時に4台づつ導入する。うっかり導入する前のPCにウィルス チェックのソフトを導入しようと、フラッシュドライブを差し込んだら全てのフォルダーにウィルスが感染して読めなくなってしまい作り直さなければならなかった。10台にはオフィスも導入した。今日は30台全てにオフィスとウィルスチェックをいれ、ラン接続設定とドメインへのジョインをして来週のための設定を終える。今日は魚釣りを止めて早く行って作業をして、4時までに電話会社TVLにお金を支払いに行こう。明日は公園のゴミ拾いを8時から9時までバヌアツの山下公園でする。昨日は大変忙しくて出来なかったが、今日は学校のゴミ拾いもしよう。来週からの新学期ごみの無い学校で生徒を迎えよう。これから英語の復習。それから朝食。6時15分明るくなったら出かけよう。6時15分アパートを出る。6時45分コンピュータ室。昨日帰る時点いていた照明がつかない。仕方なく扉を開けて少しでも明かりを入れた暗い中、インストールを始める。汗が自然に流れてくる。時々外に出て学校周りのゴミ拾いをする。外に出てときどきマシンルームに入り汗をかきまた外に出るを繰返しているうちに照明が点いた。エアコンは動かないが、15台動かしてもダウンしない。その合間にキーボードの清掃。ひっくり返して叩くと鍵盤の間からゴミが落ちてくる。葉ブラシと雑巾で鍵盤を掃除する。床もモップでごみを取る。11:20作業一段落で図書室の自席に移る。11:45これからインターネット。電気担当のジェフリーが居たので、エアコンを早く点く様にしてくれと頼む。午後にはすると言ったがまだ鍵を取りにこない。13:10
1時半から4時までで全てのクライアントの導入が出来るところまで終った。サーバーのOSのインストールは途中でまだ終わっていなかった。とうとう今日もシェイム先生もジェフリーも来なかった。月曜日までにマシン環境は整いそうもない。今日は最近の中では湿度が高くマシンルームはエアコンが故障なので汗だくであった。下校してアパートに荷物を置いて町に買物に出てからJICAオフィスを訪ねる。タンナの隊員に会ったのでいつ帰るのと聞いたら日曜日に帰るとの事であった。バヌアツ人のお宅にホームステイしていているが、教員宿舎が11月になれば出来る予定だという。独立した生活が実現することを指折り数えているのではないか。体重は駒ヶ根から10KG近く痩せて下げ止まったようである。地方の島で活動する青年の中にはデング熱やマラリアにかかったりして不安を抱えながら厳しい生活を送っている人もいるようだ。それでもかなり現在の過酷な生活に慣れたようで、青年の適応力を感心したが、得がたい貴重な経験に負けずに生きぬいてほしいと思わざるをえない。地下の図書室で本を8冊返し、新しく借りる。夜になって雨になって湿度が90%に近くなってきた。アパートに帰り、シャワーを浴び、洗濯をして夕食はひやしうどんとバナナとレモンティー。これからベッドで読書をして就寝。一日のゴールデンタイムである。今日借りてきた中島らも著「今夜、すべてのバーで」よ読む。「なぜそんなに飲むのだ」「忘れるためさ」「なにを忘れたいのだ」「・・・。忘れたよ、そんなことは」(古代エジプトの小話)19:15 就寝 

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月14日(木) 晴れ 25 ℃ 湿度80% バヌアツ滞在380日目
2009/05/14(Thu)
2時起床。おととい買ってきたココナッツを飲む。ココナッツは生ものなので1週間も置けない。買ってきて2日以内に飲んだほうがいい。3~4日も置くと外側に灰色のカビが生えてくる。そのぐらいでは中のジュースの味に変わりは無いがあまり気持ちのいいものではない。日本では宮崎で椰子の実を飲んだことがありそんなに甘くはなく、さほど美味しいものだという記憶はない。ここのフレッシュココナッツジュースは全く別物である。甘いし嫌味な味は一つも無い。但し飲むコツがある。ストローを用意することである。小さな穴を開けて、ストローなしで逆さにして飲むのには骨が折れる。今日飲んだココナッツは950gあって飲んだあとは420gだったからジュースは530gもある。以前学校の昼食会で校長は飲んだ後のココナッツを2つに割って中の白い果肉をスプーンですくって食べていた。この白い果肉をミキサーなどですりつぶすとココナッツミルクとよんでカボチャの煮物の上に掛けたりしている。この果肉からココナッツ油が作られる。日本では植物油はサラダ油、ごま油であるが、
こちらではマーケットでココナッツ油が売られている。こちらの1人暮らしでは、油ものの料理はしないのでココナッツ油を使ったことは無いが、一度小魚を釣った時、から揚げにして野菜を炒め甘酢あんかけにして魚に掛けていただいてみようか。その場合片栗粉があんを作るのに欠かせないが「スターチ」を探してこなければならない。来月の食事会には「小魚のから揚げと野菜の甘酢あんかけ」10皿分を作ることにしようか。小魚でなくても大きな魚を1匹買ってきて10切れに切ってそれをから揚げにしたほうが外国人には食べやすいだろう。外人のために魚の小骨は気をつけてしっかり取りのぞく。野菜はピーマンとパプリカがあればいい。あとは、ビーフステーキの肉,昨日は牛の舌・タンがあった。心臓・ハツもあった。ハツよりタンの方がコリコリ食感がいい。タンの薄切りを準備してこれに少しコショウと塩をふって鉄板の上で焼いてみよう。しかしビーフ以外はいつもあるわけではない。これからいつにはあるか注意して調べてみよう。ことによると直前で見つけたら買って冷凍しておくしかないかもしれない。このタンでは思い出す。約30年前勤め先の六本木の事務所から夕食に入った近くののれんの小奇麗な和食の店でこのタンとご飯と味噌汁を夕食をいただいたが記憶がある。とても美味しかったが料金が当時で2000円ぐらいしていて普通の3~4倍ぐらいに高かったような記憶がある。あの味と食感がいただけたら申し分ない。昨日は大きな牛の舌がそのままの形で1Kg490vt(日本円約410円)で売っていた。現在の為替レートは1円=1.2vt(バツー)である。
3:40これから英語の復習。5時朝食。6時15分ボキャブラリーカードを声を出して、ウォータフロントまで歩く。7時まで釣ったが釣れなかった。サントから来たという30歳の青年が脇で見ているのでおしゃべりをする。建設会社で働いていて10日毎に給料が支給されて14,000vtだという。それで十分マネージできるという。釣れないので7時店じまいしていると、目つきの鋭いマタソーのウォルターに声をかけられる。マーケットでココナッツとバナナを買って7:20 JICAオフィスに車が無かったので開いているかと見ると開いていたので郵便物を取りに入る。なんと現地スタッフが2名机に向かっていた。日本人は所長を除いて朝7:30の時間通りに出てき,夕方しばらく残業をして帰るようだ。現地スタッフは夕方は大抵16:30の時間通り事務所を出るようだ。バヌアツの役所では4時半になると事務所を出されて鍵がかけられて出られなくなるところもあるそうだ。アパートに帰り支度をしてアパートを出る。途中の道で声をかけられる。イースターの時ヌーナで親子で釣りをしていたジェームズと言っていた。仕事で出てきていて来週ヌーナに帰るという。サヨナラをして歩くと今度はマラポアカレッジのトラックが向かいから来て、にこにこした顔で手を上げる人がいた。多分タリスだろう。手を上げて答える。8時15分図書館の席に座ると今日はジェフリーがコンピュータ室の鍵を取りにきた。しばらくして鍵を返しに来たが今日こそやるぞというようなことを言っていた。これでここ1か月期待は裏切られ続けているので、もう笑ってそうかそうか、頑張ってねとと頼むしかない。日記を付けてこれからメールを見てマシンルームで暗い中仕事をしよう。休みもあと今日を入れて2日しかない。
8:40 9時から16:30まで13台のマシンのXP初期導入をする。朝ジェフリーが照明は点くようにしてくれたので明るい中で作業ができた。エアコンが点かないので汗だくであったが、作業は順調に進んだ。この分では明日1日で作業は出来そうである。夕方薄暗くなり始めに町のチューストアに行きできたてのまだ温かいフランスパンを買って帰る。夕食後7:00過ぎ「司馬遼太郎の日本史探訪」を読んで就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月13日(水) 晴れ 24 ℃ 湿度79% 日の出:6:03,日の入り:17:23 バヌアツ滞在379日目
2009/05/13(Wed)
2時起床。3時までJOCVジャマイカの今年のニュースレターを読む。全て英語で作られ、今年の1号だけに気持ちが伝わる力作であり紙面から所長の高島さんの意気込みが伝わってくるものであった。
小島さんや夏見さんのご活躍がうかがえる写真と記事も良かった。これなら送られた人はたとえ英語で書かれていても読む気になるだろう。ただ高島さんにアドバイスしたいことがある。1号を出す時は緊張感があって良いものが出来るが、これを続けることが難しい。年に何回も出すと考えずにこれならば、四半期に1回又は年に2回でもいい。バヌアツでは年1回でも記事を集めすぎて、それも勝手なことを書かれるので、読みにくくCDで配るという結果になってしまった。ジャマイカは今のボリュームで年2回出すことを考えていい物を作り、ぜひ続けてもらいたいものと思う。
これが白黒であれば記事の中にわざわざ入れ込んだカラーイラストは単なる記事を読みにくくする邪魔者でしかなくなり、現地の子供たちの顔はただ真っ黒くなって見るに見れないものになったであろう。ましてやCDを送って見て下さいと言っても見てくれる人がいるわけが無い。お隣さんは「コンピューターをやる人がそんな事を言っちゃいけない」と言っていたがいつも使う側に立ってものを考えなければいけない。自分が出来ればいいではないかというわけにはいかない。今はコンピューター関係の展示会に行くと配られるのがパンフレットに混じってCDが広告媒体に配られるが、それを見るのは専門家だからそれでもいい。留守家族に見てもらうのにCDを送っても見てくれないだろう。普通の人が読めるものでなければ意味は無い。自分の記事は印刷しても、人が書いた記事まで印刷して読んで下さいと知り合いに送る人は1人もいやしないだろう。若い人達は自分が読めさえすればそれで良くて、親や家族や知り合いに読んでもらいたいとは考えないのだろうか。
自分にはまったく理解できないことで若い人との意識のギャップは埋められないようだ。
ジャマイカの記事に習って自分も英語の練習に書いてみる。
「Hi! I’m Hiro. I’m teaching computer at Malapoa College.
I’m very happy to stay here. I love my school, students and teachers!
It’s my pleasure to make coconuts baskets and boxes with coconuts.
Vanuatu natural material is nice especially coconuts and pantanus!
And I also love Vanuatu culture, music, gospel song ,especially food!!
French bread is very soft and pampremooth, banana ,papaya ,mango ,watermelon and passion fruits and coconuts juice are very sweet, sour and fresh.
Every weekend I get big fresh fish at market and boiled with soy source and ginger and small sugar in big pan with small fire on the stove.
Cooking is my favorite habit and before two times I got big fish by trolling and made sasimi.」
今日はこのくらいにしておいてこの後は続きにしよう。

5時15分になった。雄鶏の時の声が時々鳴り響く。これから朝食。
6時からおかずを釣りにウォータフロントへ行く。エトンプライマリースクール6年生の女の子ロースとの約束である。6時15分から7時15分まで1匹かかる。小さな魚だったので帰り際放してやる。ロースは来なかった。7時半アパートに帰りベッドで「司馬遼太郎の日本史探訪」を読んで朝寝。8時半目を覚ます。昼食のサンドイッチを作り8時45分アパートを出る。途中の道路でクラクションを鳴らして脇で止まる車があり。教頭先生であった。乗れと言うので歩きたかったが仕方なくサンキューと言って乗せてもらうことにする。せんだっても、上等な黒塗りの乗用車が止まって、マラポアカレッジにいくのだろ。乗っていきなと誘われたがその時はお断りした。この国の人は歩くことより車に乗るのが好きなようだが、歩くのは健康維持に一番良い。狭いビラの町中では車の必要性はない。学校には9時に着く。コンピュータ室を覗くとおとといと変わらず電気が点かない。ジェフリーに電話をするとドアが閉まっていて入れなかったという。一昨日待っていたが来ないので帰ったことを言った。ライブラリーに居るから鍵を取りに来いというと今日は直ぐ来た。どうせ、直らないだろうが少し期待しよう。9:30 今日はアクセスの復習をしよう。朝シェイム先生が来る。校長先生も顔を出す。シェイム先生に先日校長先生に見せたデータベースのデモをしてみせる。なんとこれがお父さん。これがお母さんと検索して見せてくれた。シェイム先生の両親もマラポアカレッジで学んだそうで養子に行った妹さんもマラポアカレッジの12年生だとは知らなかった。データの間違いが2つ見つけて修正する。1997年以降のデータは今日サーバーのインストールが終ったら渡すという。昼前ジェフリーが来て午後には直すからと言って部屋の鍵をどうするかと聞くので閉めてもらう。午後も居るから開けたい時来るように伝える。6月の昼食会にタリスさん夫婦とレイパコアさんとシェイム先生をご招待する。送別のスモールギフトを持ってきてもらうように頼む。午後コンピュータ室で4時半まで。ランドライバーとアンチバイルスをインストールする。なんと先週インストールしたPCがもうウィルスに感染していた。再度導入する。学校を下校してアパート近くの坂道を歩いている時後ろから来たバスの中からグナイトと女生徒が手を振って笑顔で声を掛けてくれた。またまた元気をもらって嬉しくなった。今日も町まで買物に歩いて、JICAオフィスには寄らないで帰る道すがらマレクラの青年隊員と出合う。薄暗くなったアパートの前ではこれから出かけるお隣さんに出合う。アパートに帰ってシャワーを浴び洗濯をして夕食は久しぶりでスパゲティにする。ツナと玉葱を炒めてかけていただく。夕食後日記をつける。19:45 これからベッドへ。「司馬遼太郎の日本史探訪」を読んで20:00就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月12日(火) 晴れ 24 ℃ 湿度75% 日の出:6:03,日の入り:17:23 バヌアツ滞在378日目
2009/05/13(Wed)
12時半目を覚ます。ベッドの中で阿刀田高「花あらし」を2時まで読んで起床。昨日買ってきたパンプレムースの赤を半分いただく。種が多くて甘みが少なくジューシーさに欠けていた。やはり黄色いパンプレムースの方が美味しい。この時間にも遠くからモーター音が響いてくるがどうやら、船の泊まる突堤の方からの音らしい。朝方になると止むが夜中の時間にどうしてであろうか。今日はバヌアツ協力隊の隊員総会の日である。全員集合するがしばらくぶりに会う面々がどのように変わっているかが楽しみである。中には任期途中で帰国する人もいる。本当の理由は他にあっても表向きは健康を理由にするようである。途中帰国する理由は働く職場環境が大きいことは言うまでもないことだろう。2年間の難しい人間関係、難しくて出来もしない仕事、小野田さんや横井さんを思い出してしまうような厳しい生活環境にもし置かれたら、帰国したいと思っても仕方がない。日本人はそれでもアメリカのピースコより途中帰国する人が少ないと聞く。日本人は我慢強いのだろうか。ピースコはバヌアツには90人ぐらいいてJICAの2.5倍ほどの人数である。ピースコはアメリカで大変評価されているという。ピースコ経験者は帰国すれば就職には困らないという。それに較べてJICAの経験者の帰国後の就職は簡単ではないようだ。日本の職場を確保したままでJICAの青年海外協力隊で活動しているのは大企業か公立の学校に勤める教師ぐらいで、ほとんどが2年間の隊員活動のために、職場を辞めて来ている。そうまでしても日本では帰国後の評価はそれほどされていないようで再就職は楽ではないと聞く。JICAの外郭団体・下部組織に就職する道もあるが大抵期間2年程度の限定雇用である。活動したお国で伴侶を見つけてその国に根をはる人もいる。この場合にはいい伴侶に恵まれるか否かが鍵になる。今日は隊員の一人一人をよく見て、誰が悩んでいるか、誰が途中帰国しそうか、言葉や態度から見つめてみよう。もしそんな人がいたら、声をかけてみよう。そういう人はどんな返事をするものなのか、話を聞いて見るのも楽しそうだ。今日は8時から歩いて5分のホテルが会場である。5時から朝食にして6時にウォーターフロントで釣りをして、7時にアパートに戻り、7時半ホテルに行くという予定で
これから釣りの餌の団子作り。それから英語。5時朝食後明るくなり始めたのを見て6時アパートを出る。ウォーターフロントで6:15釣り開始。小魚に餌を齧られて取られるばかりで針にかかる魚はいなかった。エトンプライマリースクール6年生の女の子ロースが釣りを見ていておしゃべりをする。6年生のクラスは23人で好きな科目は英語と算数だという。学校で全生徒は何人いるか尋ねたが解からないらしい。帰って2007年の資料を見るとエトンは男子83名、女子87名合計170名と出ていた。お父さんはフィシャーマンで魚を取ってはボンマレシエに卸しているという。自分もお父さんと魚を取りに行くこともあるという。おじさんも君のお父さんと一緒に魚釣りに行きたいなと伝え明日またここで釣りをするからその時携帯電話の番号を教えると伝える。結局7時まで釣れず店じまいとする。
アパートへの帰り道青年隊員と道で会う。今日は釣れなかったと言うと自分も釣りをしたいというので、明日6時からいきますよと伝える。7時40分歩いて5分のシャテリーホテルで安全講習に出かける。帰国間際の1~2か月に事故に会うケースが多いとの説明がある。たしかに自分の部屋にも貴重品が並んでいる。これまでアパートには泥棒に入られていないが、入られて持っていかれると困るものが並べてある。今日の午後は鍵のかかる所に移動することにしよう。学校では2度泥棒に現金を全て持っていかれている。その他の貴重品が盗まれていないので助かっているが学校へも今後持って行くものを限定することにしよう。生徒が貸してくれと持っていったフラッシュドライブも戻ってくるかどうかわからない。今後は生徒に物を貸すのはやめよう。健康管理の話ではうつにならないためにのいくつかは全く同感できる内容であった。日本人の几帳面さをこの国の人に期待するのは無理であり、出来ない、やってくれないことに腹を立ててもしょうがない。コンピュータ室の電気はこの1ヶ月点かないし、エアコンもつかない。電気屋のジェフリーには出来ない仕事のようである。サーバーはウィルスでサインオンすると自動的にシャットダウンしてしまうので、サインオンも出来ずに使っている。
ナカマルの雑誌は去年同様CD配布か黒白のコピー印刷だという。当初記事の募集があったとき、昨年と同じであれば読む人はいないだろうからと応募しなかった。そのあと応募する人が少なかったとかで個人的に依頼が来たので、昨年のようなものを作ってくれても誰も読みませんから、今回は書きません。と説明したら、今回は去年のようなことはしません。との説明だったので、書くことにした。
しかも、パブリッシャーかワードでということだったので、パブリッシャーの方が編集の負担が少なかろうと、パブリッシャーで作ったが、なんとCDにはワードはアクロバットで、パブリッシャーはそのまま書いて配布するという。パブリッシャーなどというマイナーなソフトを持っている人や、使える人は多くなくそんなソフトコピーを配布されても読める人はほとんどいないだろう。会議の終了後ナカマル委員と話をしたが、結局CD配布か黒白印刷かの選択になったのは、ナカマル委員のワークロードを掛けられないところから来ていることを知る。2年続けて読まれもしないもを集めて、一生懸命、結局ごみを作る結果になっていることに気がついていないようだ。雑誌を作るのに金がかかるのは当たり前で読んでいただく物を作る努力と熱意、創意工夫がない。だれかがこの記事を読んでとCDを送ってきて読む人がいるだろうか。自分は見れてもおじいちゃんやおばあちゃん、家族に送ってもありがた迷惑だけで読まないだろう。これ読んでと黒白の記事を送られて写真はなにが写っているかもわからないものを読まされるのは苦痛である。作った著者にも失礼である。結局こんな仕事はJICAのはげましと応援が無いところでは、作りましたの形作りだけで終ってしまう。残念なことではあるが皆の合意でかたち作りに落ち着いたようなので仕方がない。こんなことはこれまで人に頼らず自分1人でもやって来ただけに、今の若い人のお手軽な形作りの仕事振りが情けない。こんな姿勢で日本に帰ったら日本の職場では通用しないだろう。
2年の任務を終える隊員を送る昼食会の日程が決まる。ダリルさんに日程を伝えて了解をいただく。総員10人で8人まで決まっている。日本人4名、外人4名であるがあと2名を誰を呼ぶかこれから思案だ。3階に今日入居したというスリランカのシェリルさんと挨拶をする。
15時20分「司馬遼太郎の日本史探訪」を読んで昼寝。 17:00目を覚まし町へ買物にでかける。
夕方の町に活気が出てくるこの時間が最近気に入っている。車は大渋滞で進まない。パンと肉を買って、薄暗くなったマーケットでキューリとココナッツを買う。帰り道JICAオフィスには寄らず帰り道、サントとマレクラの青年隊員と出会う。これから町へ買物らしい。暗くなる6時前にアパートに帰る。
SBSのニュースを見ながらご飯のスイッチを付けて、肉じゃがを作り、コンソメスープを作る。
朝から水洗いしておいたこの日のご飯は輝くようなご飯で少し粘り気があり最高に炊けて美味しかった。やはりスイッチが切れて20分ぐらい置いたのが良かったらしい。
19時横になって「司馬遼太郎の日本史探訪」を読んで20:00就寝。

ポートビラ シャテリーホテル

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月11日(月) 晴れ 24 ℃ 湿度78%  月の上が少し欠ける バヌアツ滞在377日目
2009/05/11(Mon)
夜中の0時目を覚ます。ベッドで「蒼龍」を2時までに読了。「長い串」も良かったがこれも良かった。おしのが良かった。あとがきもよく作品を補足してくれて良かったし、縄田一男さんの解説も分りやすくて良かった。新人賞といっても、随分高いレベルの作品でないと選ばれないものだ。このあと直ぐ「あかね空」で直木賞を取り、どちらも受賞を勝ち取るという気迫のこもった作品であった。最近直木賞を受賞した山本一力、東野圭吾の作品は若かった時代から愛読している直木賞受賞作家の藤沢周平、五木寛之、渡辺淳一達の作品に較べると、エンターテイメント性、サービス精神がさらに旺盛になってきているように感じる。今日の作家の中でぬきんでる事の大変さを感じさせられる2人である。現在3時10分。昨日ほどではないが今日も月あかりがしていた。今日もこの時間にマラポアの方からモーターのような音が響いてくる。もう鶏の時の声が上がり始める。今週はタームホリディの2週目である。今日は残り15台のPCのOSの再導入をしてウィルスを無くしておこう。卒業生のデータベース作成と検索ソフトは目処がついたので、次のシステムを考えよう。さしあたり、現在在学中の生徒データベースの作成。次に教師データベース。次いで資材、機材などの固定資産データベースなどか。3:30 昨年は5月23日から風邪気味になって長引いた。当時シェイム先生も風邪を引いていた。気温が次第に下がって、昨日教会でジョンさんの奥さんは21度まで下がったと言っていた。アパートでは昼間の余熱で現在24 ℃であるが外はもっと下がっているだろう。年末の帰国でこの時のために室内用の上下を持ってきたが今日から着用を始めた。今年は風邪を引かないようにしたいものだ。これから写真のパソコンへのアップロード。4時10分で終了。一休みして今日の英語。朝食はお茶漬け。昨日のご飯の残りと永谷園のお茶漬け。デザートはパンプレムース半分。今日は今月1日に入港したP&Oパシフィック ダーウインが7時5分入港。先週6日のパシフィック サンに次いで延べ今月3席目の入港である。7時15分アパートを出る。学校に7時45分着く。コンピュータ室の電気は相変わらずつかない。図書室の席からジェフリーに電話する。来るのを待つ間インターネットをするが、1時間たっても来ないので、2度目の電話をすると、女性が出てきて言付けるという。生徒がインターネットを使いたいと来たが、タリスに聞いてくれという。アンチバイルスのAVG8.5のダウンロードを開始して学校のゴミ拾いを始める。9:00タリスが出てくる。10時ゴミ拾いから戻るとほどなく、ダウンロードが完了した。これからインターネット。メールとブログの更新。10:10 ジェフリーがやっと「ソリー ソリー」と言いながら部屋を訪ねてきたので、コンピュータ室の鍵を渡す。10:17 鍵を渡したが明かりは点いていなかった。午後1時半ジェフリーに電話するがい来ると言ってこないので、タリスに事情を話し下校。帰る途中、LAMストアでツナ缶を3つ買う。この国のツナ缶はどれもカツオではないかという赤黒い色合いのツナ缶だが、ただ一つ日本のツナ缶に似た色合いのつな缶である。アパートに荷物を置いて、ナカマルの記事を両面印刷を2部作る。2通封筒に宛名書きして、町へ。ユネルコで電気代を支払い、郵便局で2通を投函し、領収書をもらう。マーケットでパンプレムースを2個買い、肉屋で牛肉を買い、JICAオフィスでケンジントンケーブルをもらい、アパートに帰宅する。お隣さんに、ナカマルの記事の修正版のフラッシュドライブを預ける。アパートに帰り、部屋の掃きだしをしてシャワー、洗濯のあと夕食は冷やしうどんと肉じゃが。デザートはバナナ。夕食後日記をつけてまもなく19:00 NHKワールドでは小沢の党首辞任表明が流れてきた。阿呆の登場でチャンスが巡ってきたが、秘書逮捕との自民党の秘策の前に残念無念の辞任表明であった。新代表には一体誰をつけるのだろうか。19:30 ベッドに横になりフォーサイス「売国奴の持参金」を読んで19:30 就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月10日(日) 晴れ 25 ℃ 湿度70%  満月 バヌアツ滞在376日目
2009/05/11(Mon)
向かいの下で遅くまでライブで賑やかであったが流石に2時半ともなると静かになった。今日もマラポアの方角からモーター音がなり続けている。2時までで「長い串」読了。最後の山本一力著「蒼龍」だけになった。これからお腹がすいてきたので、バナナをいただいて、ビジュアルベーシックの勉強。
鶏の時の声が聞こえ出した。2:30 外は満月が煌煌と照らしマラポアの丘も海もくっきりと見える。 少しプログラミングを見ていたが眠くなったのでこれから就寝。2:50 ベッドに横になり「蒼龍」を読む。5時あまりよく眠った気がしなかったが起床。SBS TVで世界の都市とオーストラリアの気象情報を映しながらの今日はピアノやバイオリンやフルートのクラッシック音楽を聴いて日記をつける。今日も朝食をいただいたら朝日が出る6時にアパートを出てウォーターフロントでお昼のおかづを釣りに行こう。8時半までは出来る。これから米を水洗いして、英語復習と朝食。6時50分アパートを出る。ウォーターフロントのいつもの場所で7時10分釣り開始。魚は集まってきたが、餌をかじるばかりで食いつくのがいなかったがまもなく小さなベラがかかる。次に平べったい黄色の綺麗な魚がかかったが、水の中で針をはずされてしまった。感じがよかったのはこの2回だけ。8時20分店じまいにする。アパートに帰って、ベラをさばく。生きが良くて何度も飛び跳ねるので出刃で〆てうろこを取りわたを出して煮魚にする。支度をしてPMCへ9時40分。67歳のアンドリューに挨拶をする。お母さんは1919年生まれで90歳、お父さんは1920年生まれで89歳で健在だと言っていた。トンゴアから来たという、ウィリーというおじいさんとおしゃべりをする。1930年生まれの79歳だという。英語はあまり話せないようでビシュラマ語が中心で10年前に奥さんを亡くしたという。お子さんは2人だという。礼拝はタンナ出身というパスターがビシュラマ語中心で母の日なので英語で「Happy Mother’s day」を聴衆にも言わせていた。礼拝後、カリ ファトコと握手をする。ファトコさんはマラポアカレッジの1期生で初代のバヌアツ人マラポアカレッジ校長を務めその後、プリスビテリアン教会の教育ディレクターをされた方で、奥さんもマラポアカレッジの同級生である。庭でニュージーランド人のジョンさんご夫妻とおしゃべりをする。今週ニュージーランドに2週間の旅行に行くという。お母さんやお子さんがクライストチャーチにいるのでそこを中心にいろいろいくという。クライストチャーチは花の町で有名であるが今日は2 ℃で雪が降ったそうだ。やはりこの時期にニュージーランド旅行をしなくて良かった。1,2月がいい季節だという。セティーさんとおしゃべりをする。なんと明日から5週間オーストラリアに旅行に行くという。無事に帰ってきてくださいと話す。奥さんのドロシーさんはいつも穏やかに微笑んでいらした。教会を後にして買物にセンターポイントに行くと閉まっていた。仕方なくウォータフロントを通ってボンマレシェに向かうと、13年生のペンテコステ出身のブルーノ イロ君が公園のベンチに座っていたので一緒に掛けさせてもらっておしゃべりする。ブルーノは音楽では楽器を良く扱い、タレントナイトでは、ギター、ミュージックキーボード、ボーカルをいくつものグループに出てきていた。ジャスティ ヤングの見事なドラム演奏とフルバンドをバックにソロで歌ったボーカルは良かったし今年のタレントナイトの最高のグループだと思った。アスレチックではリレーに出ていて走るのも早かった。文武両道の優秀な生徒のようである。将来の希望を聞くと医者になりたいという。7人家族でお父さんは空港で技術者で働いていてお母さんは自営業を営んでいるという。兄弟男4人女1人で兄弟は1マテフルカレッジの教師、フィジーで医学部のマスターコース、ニュージーランドで働いている兄さんがいて、お姉さんはビラで働いているという。その後ボンマレシェまで歩きながらおしゃべりをして店の前で別れる。買物をしてアパートに帰り。昼食。パンとレモンティーとバナナ。昼食後、シャワーを浴び洗濯をする。テーブルクロスと寝巻き、運動靴も買って初め手洗いする。3時過ぎアパートの庭のわきに芝生を刈って積んでいる堆肥をビニール2袋取る。手が熱くなるほど、発酵していた。大根の種を蒔くため、小さなシャコ貝の殻で土を掻いて耕す。まだ陽ざしが強そうだったので種蒔きは見合わせた。そのあとまたシャワーを浴びて洗濯。4時過ぎから日記をつける。5時前横になってしばらく「蒼龍」を読んで遅い昼寝。7時半過ぎ目を覚ます。夕食のご飯のスイッチィをつける。べらの煮魚の身をほぐし、コンソメスープに入れる。
塩コンブと出来たてご飯とベラの身入りスープという軽い夕食を8時過ぎにいただく。デザートは小さいバナナ3本と紅茶。夕食後ベッドに横になり「蒼龍」を読んで就寝20:30
4:24 の満月 4:37の月 5:01の月 4:44の月

小べら



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月9日(土) 晴れ 26 ℃ 湿度70% 日の出:6:02,日の入り:17:24 バヌアツ滞在375日目
2009/05/11(Mon)
夜中0時前目を覚ます。ベッドで寝ながら枕もとのスタンドの明かりで「のぼりうなぎ」を1時までで読了。1時起きて、ベランダに干して乾いたテーブルクロスをテーブルにかける。 テーブルの上に物が山のようになっていて、それをあちこちに置いたが、机の上は何も無いのが一番いい。明るくなったら少し片付けよう。流石に26度になると裸でいるのは肌寒く、寝巻きを羽織っているのが丁度いい。2時15分もう雄鶏が時の声を立て始めた。生徒データの30年分2,783件の入力が終わり残り13年分だがこれは、ゆっくりやることにして、検索プログラムを今度はビジュアル ベーシックでやって見る。アクセスのクエリの検索で現状は十分使えるが、写真を表示するとなると、プログラミングが必要そうだ。2:40 3時までビジュアル ベーシックを見てこれからベッドで読書。「節分れ」を読了。5時起床。朝食後英語復習して6時50分からSBSのNHK日本語ニュースをちょっと見て、アパートを出る。7時15分からウォーターフロントで釣りをはじめるが魚がおらず餌が取られない。8時までやってみるが店じまいしてマーケットへ。ノースエファテから来たと言う魚売りからピゴーを1匹買う。300vt。あとココナッツ2個とバナナ1房、レモンを買って、肉を買いに行く。いつもの牛肉と心臓:heartと書いてある肉を買ってみる。これが実に安くて1Kgが490円日本ではハツである。こりこりと食感のいい肉である。ボンマルで米とジャガイモ、玉葱、接着剤を買って重い荷物を下げて帰宅。9時前であった。魚の鱗を取り、千切りに切った生姜を鍋にならべ、醤油と砂糖で作ったたれのうえに魚を置いて弱火で煮る。肉じゃがは小さな鍋にジャガイモを刻んで入れ、刻んだ玉葱をその上に置き、ハツをはさみで切ってその上に乗せ、牛肉をハサミで切ってその上に乗せる。最後に砂糖をまぶし、醤油をかける。これも弱火で煮る。10:30疲れたのでこれからベッドで読書して朝寝。12時15分前に起床。ご飯のスイッチをつけてガーデンにアイランドキャベツの葉を摘みに行く。12時ピゴーの煮物、肉じゃが、アイランドキャベツのスープとご飯の昼食。豊かな昼食に感謝して写真に撮る。ピゴーは大き過ぎて全部は食べられなかったので、半身は夕食にいただくことにする。昼食後、ベッドで読書して昼寝。2時半お隣さんがフラッシュドライブを持ってこられナカマルの記事をコピーして帰られる。パブリッシャーで4,295KBのサイズであった。これから、マラポアカレッジ データベース 検索メニューにデータ更新が出来るプログラムを追加してみる。15:00 データベース検索メニューに更新プログラムを追加してから、ビジュアルベーシックプログラミングの勉強を3時45分まで。とてもいいお天気で今の気温は27℃ 湿度59%である。ほんとに気持ちのいい気候になった。これからココナッツの2個でバスケットをベランダで作る。5時までベランダでココナッツ バスケットを2個作り、部屋とベランダをほうきで掃きだす。ガーデンでアイランドキャベツを摘んでくる。夕日がマラポアの丘に沈みかけたとき夕食前の散歩を兼ねて町まで明日のパンを買いに行く。5時36分アパートに帰り、アイランドキャベツスープとお湯を沸かし、お茶漬け海苔とピゴーぼ煮込みの夕食。夕食後山本一力著「菜の花かんざし」を読んで就寝。9時に目を覚ます。今日は昼寝をしたせいか早く目を覚ました。パンプレムースを半分いただく。グレープフルーツに似た味であるが、グレーープフルーツの苦味はなく、もう少し甘い。南アフリカ産のルビーと同様の赤い色をしたパンプレムースもあるが、黄色いパンプレムースの方が甘くて美味しい。外から見れば黄色か赤かは見分けられる。日本の熊本、八代あたりの特産にしている晩白柚(バンペイユ)に似ている。半分でお腹一杯になる。これから読書。バヌアツは短い秋に入ったが読書の秋でもある。「菜の花かんざし」読了。
ピゴー 昼食 夕食

朝9:10のビラの海 11:40のビラの海




この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月8日(金) 晴れ 25.8 ℃ 湿度65% 日の出:6:02,日の入り:17:24 バヌアツ滞在374日目
2009/05/08(Fri)
1時半起床。先日買って来たパンプレムースをいただく。あまり大きいので、久しぶりに写真に撮る。
1個1.5Kgもある。昨年ここに来て最初に嬉しくなったのはこのパンプレムースに出会ったことである。
半分も食べきれず1/4を切っていただく。ここしばらくパンプレムースが旬である。甘くてみずみずしくて食べごろを少し過ぎていると思われた。このパンプレムースはしばらく置いて食べ頃を見計らうのが食べるこつで、早すぎては硬くて、すっぱくて美味しくない。それから日記をつける。清子さんの手紙を読む。内容が沢山あるのでまたゆっくり読ませていただく。早くも鶏の時の声が聞こえてくる3時50分になった。今日は今年になって始めて26度を切り、湿度も70%を切った。はっきり夏が終っで季節が替わった。これから日本の秋の風情のこの時期がバヌアツで好きな季節である。
これからデータをExcelからAccessに変換して、データベースのクエリをメニューに登録して動かせるところまでチャレンジしてみる。目標は5時までに完了である。はたしてどこまで出来るだろうか。
3:55 5時36分までで、5つのクエリーをメニューに登録して稼動することを完了する。USBフラッシュドライブにコピーして、今日タリスさんに見せてあげよう。一仕事終えた感じがする。
これから朝食。お腹がすいてくる。ようやく外が見えるようになってきた。今日も曇り空である。
朝英語を復習して8時アパートを出る。8時半コンピュータ ルーム電気がつかない。図書室の席についてジェフリーに電話をして図書室の電気を見るようにたのむ。
インターネットが繋がらないので一旦ログオフして学校のごみ拾いを始める。途中で校長とジェフリーに会い挨拶をする。ゴミ拾いを終えて図書室へ戻りインターネットをしていたら、校長が訪ねてこられる。来週12日のJICAミーティングの話であった。校長の所にも、レターが行っていた様だ。ついでに卒業生データベース検索システムを説明しデモを見せる。ベリーグッドと喜んでくれる。
そのあと日記をつける。ジェフリーがきたのでコンピュータ室の鍵を貸す。13年生のエンマがくる。
11:00 エンマがUSBフラッショドライブを貸してくれという。何に使うのかを聞くと、ワードで作った3種類のレポート100ページを印刷したいが、学校で印刷したら1ぺージ20vtかかるが自分の母親がやっている事務所のパソコンで印刷するという。そのため学校でインターネットからダウンロードしたWORDのデータをUSBフラッシュドライブにコピーして母親のところに持って行き印刷するという。危ないと思ったが1時半には返すというので貸したが行ったまま4時になっても戻ってこなかった。1時から始めたAVGのコピーは2時前に停電になって今日もダウンロード出来なかった。4時まで生徒検索クエリで名前、島をあいまい検索できるようにする。正確なファーストネーム、ラストネーム、アイランドネームを入れなくても、一部の文字を入れればそれに一致するデータを検索出来るようにする。タリスさんに見せる。4時下校する。アパートに4時25分帰宅。出かけるお隣さんと出会う。ちょっと待ってもらって一緒に出かけることにする。JICAオフィスに4時45分に着き、開始が遅れそうなので、チューストアでパンを買ってきて、5時前から6時前までSV会議に出席。今年1月に着任した方が職場でノートパソコンを4月14日に盗まれてようやく被害届けが受理されて被害証明書が出たのでこれから保険申請するという。保険申請には1か月以内に申請する規則だそうだが、事情を伝え延ばしてもらっているという。被害証明書に1,000vtかかったそうだ。物は盗まれると保険が下りるが現金を盗まれると保険は利かないのでむしろ物が盗まれた方が保険に入っている場合は有難い。パソコンに接続するケンジントンケーブルをJICAオフィスで貸し出しているという。オフィスで早速借りようと思ったが、会議終了でそのことを忘れてしまっていた。この次行った時借りることにする。終った時はすっかり暗くなっていて、皆さん一緒に食事に行くと言っていたが、早く帰って食事をして休みたかったので失礼して帰る。6時前アパートに帰りシャワーを浴び洗濯をして、夕食はひやしうどんとパンとレモンティー。うどんのたれをこぼしてしまい、久しぶりでテーブルクロスを洗濯をしてベランダに干す。7時ベッドで山本一力著「のぼりうなぎ」を読みながら就寝。

朝の海 パンプレムース


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月7日(木) うすぐもり 26 ℃ 湿度75%日の出:6:02,日の入り:17:25 バヌアツ滞在373日目
2009/05/07(Thu)
0時半目を覚ましベッドで「とんかつ奇々怪々」を2時まで読んで起床。5年前の2004年5月10日発行の本だが上野御三家ではどこも60代が1人で作っているという。日吉の「かつ一」も同じであった。「とんき」というなつかしい名前も出ていた。日本に帰ったら「かつ一」に帰国の挨拶に行き、好物のロースをいただくことにする。牛久ラーメンを読むとこちらは30代の夫婦という。店を始めるのはラーメンがいいかもしれない。ラーメンは宮崎空港のそばのラーメン屋を思い出す。ラーメンと一緒に出される漬物はどんぶりに山盛りいれてあり、これも美味しかった。ラーメンのたれの味が実にいい。作っていたのは60代でご主人も奥さんも作っていたが、自分の店の味の良さを少しも自慢していなかった。本人たちも気がついていなかったのかもしれない。鹿児島、熊本ではこむらさきや桂花など有名なラーメン店にも行ってみたが、また食べに行きたいのは、宮崎の空港そばの名も無いラーメン店である。いつも宮崎へ出張で行く時の楽しみの1つであった。宮崎のサンホテルフェニックスから山側の畑のなかにあった軍艦ラーメンも思い出す。高い竿の先端に昔の海軍の日章旗をたなびかせ目印にしていたがまだやっているだろうか。ここは知る人ぞ知るの穴場で、よくタクシーの運転手が並んでいた。厳格な若い店主は食べる客しか店の中に入れず、入れない客は外の畑に並んで順番が来るのを待っていた。ここは客席と同じくらいの広い贅沢な調理場で店主のこだわりが伝わってきた店であった。店は質素な作りであったが清潔にしていた。味も良かった。この店主は元サンホテルフェニックスの調理場で働いていた人であった。有田さんや河野さんとよく食べに行ったのを思い出す。
人情に厚い宮崎が丁度この国に似ているような気がする。
起きて、釣りの餌の団子を作り、ココナッツジュースを飲み日記をつける。これからデータ入力。
5月に入りお天気のいい日が多くなってきた。朝明るくなったらおかづを釣りにでかけよう。4時までかかって、1995年のデータまで入力終る。朝食後明るくなった6時15分アパートを出て、ウーターフロントで6時半から釣り開始。空が曇っていて波もあって海が見にくかった。餌ばかり取られて魚はかからず7時50分お仕舞いにする。マーケットでココナッツを買ってアパートヘ帰る。シャワーを浴びて、8時半アパートを出て、学校に9時。コンピュータ室は今日も電気がつかなかった。ジェフリーに電話をして呼び出し、コンピュータ室を見てもらう。9:21 これから1996年のデータ入力。途中で停電になってしまい一休み。暗い中椅子に座って居眠りをする。そろそろ頭がすっきりしてきたのでデータ入力を始めると、有難いことに5分ぐらいして11時から明かりがつく。昼前に入力を終る。そのあとAVGフリー英語版のソフト61MBのダウンロードをはじめる。ダウンロード終了まであとたが2時45分で50%残り1時間15分。4時ごろの終了予定である。そこで、学校周りのゴミ拾いを、大きな白いビニール袋とトングを持って拾いまくる。途中木と草の中に緑色のカメレオンのような緑色の小さな生き物が草の間の道をすばやく走るのを見つけて思わずぞっとする。見る間に木に登りだす。なんだったのか、同じように見つけて追ってきた生徒がいて、何かを聞くと、リスのようなことを言っていた。毒はないかと尋ねると毒はないという。木を見上げて探したが見逃してしまった。小さな猫ぐらいの、草色をした動物であった。ごみ拾いをしていて、面白い動物を見られてラッキーであった。ダウンロードしている間に、ナカマルの記事を修正する。ダウンロード終了まであと30分ぐらいのところで、停電が起こる。停電になると、モデムも停電で回線が切れてしまう。残念なことであったが、みると途中で終っていたようだ。それまでナカマル記事の修正を終えて4時帰ることにする。中庭のベンチで校長とタリスさんがおしゃべりをしていたので、すこしおしゃべりをする。今日で1996年発行のマラポアマガジン30周年記念号にあった、1966年から1996年までの生徒2783人のデータ入力が完了したことを話す。どの島からの生徒が一番多いかを尋ねるとアンバエと正解であった。アンバエからはどういうファミリーネームが多いか、アンチョムは、イフィラは、ペンテコステはといろいろ答えてくれた。事務長も話しに加わってきた。校長の名前がマガジンにはルイ ツクネではなく、ルイ タイヨーで載っていたのでなぜ校長は最初タイヨウというファミリーネームだったのをツクネにしたのかも尋ねてみる。日本語ではタイヨーはSunの意味だと話す。すると祖先はニューカレドニアにいて、タイヨーを名乗っていたそうだ。バヌアツにはタイヨーという姓は無いので、ツクネにしたようだ。奥さんのファミリーネームが結婚前には今と違っているのは分るが、Given Nameは当時はナングルで今はマーガレットである。この国ではGiven Nameも変えることがあるようだ。日本人はいなかったが、20年前にフクハラという生徒がエファテ出身とあったが、日本人ではないかと話すと、そうだと言っていた。福原ファミリーが市内にいるという。ペンテコステからシローというファミリーネームの生徒がいたが日本と関係があるのではないかと話したがこちらは知らないようである。今度ペンテコステ出身のエマに尋ねてみよう。まあとにかく検索システムを作って使えるようにしたら皆にあげるからと伝えてサヨナラをする。アパートに帰って、荷物を置いて、買物に出かける。JICAオフィス前で仕事帰りのヘレンさんに会ったので、挨拶をして、ヘレンさんの出身を尋ねるとアニワの出身だという。今データベースで検索すると、生徒番号891番で1977年入学1978年学校を出たとあった。
センターポイントとチューストアで買物をしてJICAオフィスの郵便棚をのぞいて、郵便物を受け取る。
清子さんから4月24日と28日消印の手紙が届いていた。14日間と9日間かかっている。いつも励ましていただき感謝である。アパートに帰ってシャワーを浴び洗濯をして夕食は冷やしうどんと肉じゃがを作り、デザートはバナナとココナッツジュース。7時、ベッドに横になり山本一力著「蒼龍」を読みながら就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月6日(水) 晴れ 26 ℃ 湿度73% バヌアツ滞在372日目
2009/05/06(Wed)
1時目を覚ます。ベッドに横になったまま2時までかかって渡辺淳一著「何処へ」を読了。以前読んだことのあるものだったが、ストーリーはチェーンを切るところぐらいしか覚えていなかった。読書は一時の楽しみか、しばらく経つとほとんど忘れてしまうようだが仕方がない。巻末の大村彦次郎さんの解説が大変分りやすくて良かった。解説は本文にはかなわないケースがほとんどなので、遠慮して最初から及び腰で書いているものをよく見かけるが、この解説は本文の面白さと理解を増幅させる内容で感心させられた。解説とはかくあるべきという見本のようなものであった。これからデータ入力2:444:16までかかって1994年の半分まで入力終る。これから疲れたので横になる。5時半起床。
朝食は昨夜の残りご飯をお茶漬けと肉じゃがでいただく。7時15分アパートを出てコンピュータ室へ45分。8時から4台づつ、XP-Jのインストールを始める。午前中8台終了し、現在4台の導入中。11:57
13:20 尚1台導入中。午後3時半下校。4時アパートに帰り、ほうきで掃きだしてから買物に出る。
JICAで郵便物を取って、マーケットヘ。大きなパンプレムース2つとバナナを買う。あと、肉とパン、砂糖とラップを買って帰宅。シャワーを浴び洗濯をして夕食は冷やしうどんとバナナ。夕食後日記をつけてベッドに移り、東海林さだお著「とんかつ奇々怪々」を読みながら就寝。19:15
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月5日(火) うすぐもり 26 ℃ 湿度76% バヌアツ滞在371日目
2009/05/05(Tue)
23:30起床。日記を付ける。1996年まであと7年分となった。3日で入力を終えてみよう。静かな夜である。1991年分を0:13か1:17まで、1992年分を1:36から2:30までで入力完了。これからナカマルの記事の修正。4時25分までかかって小包に入れるナカマルの記事を両面印刷にする。これから小包の作り直し。6時までかかって2つの小包を作り直す。朝食後7時半アパートを出て郵便局に出かけ2つ小包を送付する。250g以内は700vt,それを超えると500gまで1400vt。2つで1,400vt支払いアパートに戻り、荷物を持ってアパートを出る。学校の前の庭でジェフリーに会ったので、昨日コンピュータ室で待っていたことを伝え、照明とエアコンがつかないと仕事が出来ないと話し、早く直してくれと頼む。今日は10年生のバンクスとペンテコステからきたという2人の生徒を連れてきて、2人の生徒の仕事の実習をさせる為一緒に作業をするのだという。そんな生徒にできるのかいなと半信半疑だったが、とにかく頼りにするしか仕方がない。今日はごみひろいのトングをもってきたので、学校の中をゴミ袋を提げて目につくゴミをかたっぱしから拾ってあるく。サッカー場まで足をのばす。かなり伸びた芝生を歩きながらのゴミ拾いも楽しいものであった。今日は学期末のタームホリディにもかかわらず、一部の生徒も出ていて、音楽ホールのかたづけと掃除をしていた。校長も奥さんも生徒と一緒に高圧水が出る機材まで出してきてカヨとモルタル床の水洗いまでしていた。丁度久しぶりにゴミの回収トラックが来てためたゴミを持っていってくれた。ペーター ジョシアンもピンクの服を着て、出てきていて、ツーリズムの本を探しにきていた。あまりたいした時間もかからずに、ジェフリーが来て直ったと言ったので本当かいなと信じられない気がした。図書室の自席で1時間ほど1993年分のデータ入力。日記を付けてこれからコンピュータ室。4台のPCのディスクをクリーンアップして、XPをインストールする。1時半までインターネットなどする。2時に13年生のエンマをコンピュータ室に残し先に帰る。2時半アパートに帰り釣りの支度をしてウオーターフロントへ行く。餌は取られるが合わせる事が出来ず釣れずに終る。朝と違い、透明度が落ちて見えにくかった。マーケットで買物。キューリとココナッツ。肉とパンを買って帰る。シャワーを浴び洗濯をしてから夕食はご飯を炊き、肉じゃが、アイランドキャベツのスープ。デザートはパンプレムース。日記を付けて8時過ぎベッドへ。本を読んで就寝。8時半就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月4日(月) うすぐもり後雨 26 ℃ 湿度84% バヌアツ滞在370日目
2009/05/04(Mon)
0時半目を覚ます。日記をつける。走る車も少なくて静かな夜である。犬のほえる声が聞こえるだけである。これからデータエントリー。3時までかかって、1989年分まで入力完了。疲れたのでこれからベッドに横になり本を読んで就寝。4時半に起床。ナカマルの記事に少し手を入れる。5時15分まで。
これから朝食の準備。5時25分外はまだ真っ暗である。鶏の時の声だけが轟くビラの朝である。
朝食は昨夜の残りご飯でお茶漬け海苔と肉じゃが。朝の日本語ニュースを見て、8時アパートを出る。学校に出る。ごみが散らかっている。手で拾うが明日トングを持ってきて本格的に拾うことにする。ジェフリーに2度電話をするが出てこない。昼まで自席でインターネットなどして過ごす。
データ入力はこの日352件合計2,059件、1990年分まで完了。
午後1時半切り上げ、アパートへ帰り、ナカマルの記事を印刷し、郵便物3つ梱包し4時半郵便局へ持っていく。アンディ先生への小包以外どうしてか250gをオーバーしていた。1つだけだしてあとは、10gと20gオーバーを工夫することにする。買物をして帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして夕食を作る。
夕食は冷やしうどんと肉じゃがとパンとレモンティー。6時半ベッドで読書して就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月3日(日) うすぐもり後雨 26 ℃ 湿度75% バヌアツ滞在369日目
2009/05/04(Mon)
2時15分起床。日記をつける。今日はこの時間にも前と後ろの道路を走る車の音が時々する。これからムービーカメラで撮った写真のパソコンへの取り込みと写真の印刷。そのあとデータ入力。2:40
1時間かかって、先週PMCでアンドリューと先輩と撮った写真の印刷が完了する。
これからデータ入力。
3:45 4:20までかかって、1986年分まで終了。これからレモンティーを作って休憩。英語17-lookを復習して5時過ぎ疲れたのでベッドで横になり読書してうとうとし、6時15分起床。朝食をいただく。朝食はお茶漬けと肉じゃが。英語18-canを復習してから、日記とデータ入力。今日は少しくもっているから雨が降るかもしれない。これからデータ入力をする。教会に出かける前までに1987年の半分は終えたい。パソコンのACアダプターが故障した。コードが切れてショートしている。先日のデジカメといい、今回の電源といい、物はいつか壊れるがこう続くとまたありそうだ。幸いデジカメは先日帰国して買ったデジタルムービーカメラで代用できるし、ACアダプターはもう一つあるので大丈夫である。7:30から8:00まで1987年のデータのうち最初の60件の入力を終える。これからデジカメの写真の編集。8:30までで写真の編集。これから昼食の支度をして教会へ行く準備。9時半アパートをでる。アンドリューの先週の写真を渡す。10時礼拝子供のお祝い。11時半まで。礼拝後センターポイントでパンと肉、チューストアで玉玉葱とジャガイモを買って帰宅。昼食は12時45分パンに魚のフレークとレモンティーとバナナ。昼食後1時半までデータ入力。釣りのびくの底の破れに気が付いて破れを縫いつける。2時ベッドに横になり、本を読んで昼寝。3時目を覚ましデータ入力。1987年データ入力完了。1988年の半分までを5時前で終る。これからガーデンでアイランドキャベツの葉を摘み取り。先ほどから雨が降り始め前の道路を走る車が雨音をたてて走る。夕食を6時いただき6時半ベッドで本を読みながら就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月2日(土) 晴れ 26 ℃ 湿度76% バヌアツ滞在368日目
2009/05/04(Mon)
ナカマル記事をほぼ完成。1:15から2:15まで1984年のデータ入力。
しばらく賑やかだった向かいの喧騒が止んで、流石にこの時間になると外は静かになった。
疲れたのでこれから本を読んで就寝。2:25 4時起きて英語。朝食パン。食後6時過ぎ明るくなる。
ウォーターフロントへ釣りに行く。熱帯魚のような鮮やかな魚が3匹釣れる。周りを取り囲んで見ているバヌアツ人にこれは食べられるか?と尋ねると、食べられるという。ポイズン(毒のある魚ではないか?)と聞くと毒はないという。小さな魚だったので、8時半マーケットの魚売り場に行き魚をみる。クロダイに似た魚2匹をパンタナスでくくったものを買う。生姜とレモンとバナナとココナッツの買物をして9時帰宅。シャワーを浴び、洗濯をしてから料理煮魚と肉じゃがをつくる。11時日記をつける。ベッドで横になり休む。12時半起床。昼食パンとツナ煮込みとレモンティーにバナナ。午後データエントリー。1985年分を3時までで完了。ココナッツを飲んでソファーに座ってムービーカメラのパソコンへの取り込みの仕方を読む。部屋をほうきで掃きだし。ガーデンでアイランドキャベツの葉を摘む。5時半から1986年のデータの半分を入力。これから夕食の支度。18:13 夕食はご飯煮魚、肉じゃが、アイランドキャベツのスープ。夕食後、大きいクロダイに似た魚の身を箸でほぐす。計ったら300gあった。念のため火に通しておく。ツナ缶を時々買うが、大きな魚は、一度に食べきれないので、残った身はほぐして取り、後で玉葱のみじん切りと炒めれば、パンに挟んだり、ご飯と一緒に食べることができる。8時ベッドで横になり本を読みながら就寝。渡辺淳一著「何処へ」
やっとかかった魚。食べれると聞いて煮魚にする。 ノースエファテから売りに来たおばさんから買った魚


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月1日(金) 晴れ 27 ℃ 湿度79% バヌアツ滞在367日目
2009/05/04(Mon)
いよいよ季節の良くなる5月である。0:45起床。電池を充電する。2時まで英語の復習。2時から3時までデータの入力。1,150件まで。3時から4時までナカマルの記事の修正。これから魚釣りの餌作り。
5時前疲れてベッドで横になり6時前起床。朝食はパンに肉じゃがを載せて、レモンティーでいただく。デザートはバナナ。6時半ウォーターフロントへ行き最初先日子供に教わったマーケット裏で釣り始めたが、やはり元の場所に移る。今日はラッキーなことにピゴーが1匹かかる。マーケットでココナッツを買い、センターポイントで肉を買って9時前帰宅。魚の内臓を取って生姜を千切りにして鍋で煮る。肉はジャガイモと玉葱を刻んで肉じゃがにする。ついでシャワーを浴び、洗濯をして10時半洗濯物を干し終わって日記をつける。これから、データエントリー。10:45 11時過ぎまでデータ入力をして、ベッドに横になる。12時ガーデンでアイランドキャベツを摘んでコンソメスープに入れる。昼食は釣ったピゴーの煮物と肉じゃがとスープ。昼食後、魚釣りの仕掛けを整備する。明日も釣りに行くために。2時半乾いた洗濯ものを取り入れる。シーツに2箇所しみが付いていたので歯ブラシで水で磨いて取って、そこを日に当ててもう一度シーツは干しなおす。これからデータ入力。1983年分を今日で終らせたい。14:50 15:30までで、1983年まで入力終る。浴衣の破れを繕い、郵便物を袋に入れる。ナカマルの記事の手直しをして、5時20分アパートを出てチューストアでパン、玉葱、じゃがいもを買って帰る。シャワーを浴び、夕食はお茶漬けと肉じゃが。夕食後ベッドで読書就寝7時半。
23時目を覚ます。水を火にかけ沸かして紅茶を作る。ナカマル最後のまとめの見直し。
ピゴー 煮魚で美味しい 金曜日の昼食



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4月29日(水) 晴れ 26℃ 湿度75% バヌアツ滞在365日目
2009/05/04(Mon)
0時目を覚ます。ベッドでしばらく「何処へ」を読んで起床。先日いただいたパパイヤを半分いただく。印刷したナカマル記事を修正する。先日とどいたパソコンにデータを読ませようとすると、なんとACアダプターが動かなくなっているのに気がつく。しかたなくあとですることにする。これからナカナルの記事を手直し。2:20 4:40までナカマルの記事の修正をする。朝まで起きていて少し疲れる。
朝食後7時アパートを出る。7時半コンピュータ室を開ける。図書室に自席でデータ入力とインターネット。昼食会が隣のオーディオ ルームでありご馳走をいただく。ドライカレーが美味しかった。
今日は、よく顔を見せる女生徒にこんなものを作りたいと、手で書いたものを持ってきたので、すぐワードでドローイングを使い作り方を見せると、納得したようで直ぐパソコンに向かい始めていた。
下校前11年生のサリシャが図書室に辞書を借りに来てしばらく席の隣に立って本棚を見つめていた。4時半下校。アパートに帰り荷物を置いて買物。JICAオフィスで印刷し、センターポイントで買い物。
センターポイントを出たところで青年隊員にバッタリ会って立ち話をする。学校は明日で1学期が終るが、バヌアツ人教師に対するワークショップを2週間の休みの間にするのと、JICAの会合で活動報告会があるのでその準備で休めないという。しかも1人でする作業ではなく7人での共同作業だという。準備をすることが多くてなかなか楽ではなさそうであった。暗くなった道を帰る。帰宅後シャワーを浴び、洗濯をして、余った昼食をいただく。夕食後日記を付けて渡辺淳一著「何処へ」を読んですぐ就寝。20:00
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |