FC2ブログ
8月31日(月)  晴れ 25 ℃(最低14.9 最高 26.5)湿度 80% 日の出:5:56 日の入り:17:39 バヌアツ滞在483日目
2009/08/31(Mon)
2時起床。NHK WORLD TVで選挙の開票をみる。「Power shift in Japan」という見出しで前回自民党が大勝した以上の大勝を民主党がして政権交代が決まった。Democratic PartyのHistorical Victoryと報道していた。2時に出ていた月は2時半に海に沈んだ。首相経験者では海部が落選、アル中の中川は落選、太田も落選であった。あまりに酷かった自民党にあきれて、民主党にやらせてみようという国民の判断である。阿呆は最後まで状況が読めずマンガ阿呆に徹して自民党への投票を減らす役割を演じきった。「経済対策道半ばではなはだ断腸の思いで残念だ」と言っていたが単に官僚の仕事の上に乗ってやっていただけで何もリーダーシップを握ってやったとは認められてはいなかったと結果は語っている。3時NHK WORLD TVの速報では民主306,自民118,公明20と報道していた。これが結果とすると民主は24,自民は208,公明は31の落選者を出したことになる。いわば今度の選挙の戦死者がこれだけ出たわけである。事前の予想通りの結果であった。当初は民主300,自民と公明で150とでていたが、やや民主がそれより勝った。民主党の最後まで阿呆を降ろさせない作戦が成功した結果でもある。阿呆が降りればこれほどまでの結果にはならなかったろうが、最後まで野放しにさせて、オウンゴールを繰返されては、この結果も仕方ない。面子にこだわった年寄り連中の優柔不断の結果でもある。賢い津島は酷かった。阿呆でいいと言って自分はさっさと敵前逃亡する始末であった。田舎にいて馬鹿な森は生き延びたようだが、都会にいた海部は落選の憂き目を見た。さっさと引退しておればと後悔していることだろう。いつも勝つことしか経験していなかった人間には晩年になっての敗退は辛いものがあるだろう。小泉チルドレンも振出に戻って人生のやり直しである。一度美味しい思いをした人達であるがこれからが真価を問われることを自覚してもらいたいものだ。今後、謙虚さの無い、軽薄な阿呆の話を聞かないで済むと思うと気分は良くなるが鳩山はどうだろう。阿呆とよく似た生い立ちではあるが、期待してみてみよう。6時のニュースでは大型台風が近づいていうことであった。バヌアツは今日もお天気のようである。
朝の海
7時半前アパートを出てドミに寄る。シニア隊員と出かける。学校には8時前について、早速ウィルスに感染しているパソコンのディスクのフォーマットとXPの初期導入をする。17,19,24,26,27,28の6台のPCのソフトの導入と各ソフトの導入を12:40までで終る。残りは明日にして図書室でインターネット。12:50
アパートの壁
3時半までインターネットでメールとブログ更新と衆議院選挙の結果を見る。自民党も公明党もこれほどまでに負けるとは思っていなかったようですっかり息消沈といったところのようである。国民が政権交代を望んだから小選挙区制でははっきりと結果が出て面白い。だらしない元大臣のうち中川、中山、太田、久間、赤城は揃って落選。
いつも偉そうにしていた島村も落選、笹川も落選、小泉チルドレン77人のうち67人が落選。静岡の城内が返り咲いたのには驚いた。馬鹿な森はかろうじて滑り込んだ。公明党は小選挙区で1人も当選者を出すことが出来ず、党首と幹事長が落選。国民新党と党首と幹事長が落選。小さな党の年寄りは票を集めるのは難しくなったようだ。流石の阿呆もやっと不人気を自覚したようで辞任を表明した。3時半下校。4時アパートに帰り、荷物を置いて買物へ。マーケットでキャベツを買い中国人の店に寄り肉を買い、JICAオフィスによったがセキュリティ担当のレイさんはお休みでいなかった。先日の落し物の結果を聞けなかったのでまた出直そう。お世話になったアンディ先生にメールを返信し、ボキャブラリーカードの写真を撮ってブログに載せる。帰ってからウィルスで動かなくなったタリスのラップトップにソフト導入して生返らせる。生徒や先生は親切なタリスをたよりにしてなんでも頼みに来る。最近は彼のIBM THINKPADを授業でよく借りに来る。私のTHINKPADも貸してくれと言ってきたことがあるが、ウィルス感染が怖いから貸せないと断っている。貸したLaptopには借りた人のフラッシュドライブが射し込まれ使われるから直ぐにウィルスに感染してしまう。IPLが不能となるウィルスに感染していた。タリスには非常に危険だよと言っていたのだが案の定感染して使えなくなった。一応アンチウィルスのAVGは入れてあり、フラッシュドライブの感染を感知して警告を発生するようにはしているが、自分のラップトップであれば多分しないであろうが、人のマシンであると、イグノアして読ませてようとするので始末が悪い。すぐ簡単に感染して動きが取れなくなる。ブータブルな英語版で無いので日本語版ブータブルCDでインストールしてから英語版CDでインストールして残りのアンチウィルスなどのソフトはフラッシュドライブからインストールする。フラッシュドライブからインストールできるのは、ウィルスが全く無いパソコンでないといけない。先日は生徒にソフトをフラッシュドライブでインストールしたが、インストールは完了して使えるようになったが、フラッシュドライブはウィルスに感染して使えなくなった。幸いフォーマットは出来たので、フラッシュドライブは空の状態で使えるようになったが、中にはフォーマットも出来なくなるアンチウィルスもあるのでやっかいだ。この手にウィルスには、書き込み禁止スイッチなどフラッシュドライブについていないにもかかわらず、書き込み禁止になっているので、フォーマットが出来ませんとのメッセージを出すので厄介だ。自分のフラッシュドライブをウィルスが無いか有るか分からない人のパソコンにつけるのは、使えなくなることを覚悟して点けなければならない。また人に自分のパソコンを貸すときは、ウィルス感染して使えなくなって帰ってくることを覚悟して貸す必要がある。17:54から初めて19:48全ての作業を終えて新品同様のThinkpadになる。NHK WORLD TV ニュースを見て9月のハウスキーピングのファイルのセットアップをしてから 三好徹著「特捜検事」を読んで21:30就寝。23:00足が痒いので目を覚ます。蚊に食われたようで、蚊の無く声はしなかったが、ちょっと目に入った。足に薬を塗って部屋を明るくしたが見つからない。仕方なく蚊取り線香をつけベッドの下に置き、しばらく部屋を明るくして蚊を探すと、窓のガラスに止まっていた。蝿タタキでたたくが外してしまい又探す。今度は窓際の壁の一番上に止まっているのを発見。こんどは蝿タタキがあたる。真っ赤な血が壁に着いた。雑巾で壁の血を拭いて、蚊取り線香を消して再度就寝。バヌアツで蚊取り線香を焚いた最初である。日本では蚊のブーンという音を聞いたものだが、全くそれが無かった。とにかく取れてほっとした。これで8月が終了である。


スポンサーサイト



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月30日(日)  晴れ 25 ℃(最低14.9 最高 26.5)湿度 85% 日の出:5:56 日の入り:17:39 バヌアツ滞在482日目
2009/08/30(Sun)
朝の海
朝の海

朝の海
朝5時半起床。朝曇っていたが次第に晴れてきた。6時NHKワールドを見る。H1N1インフルエンザで世界で200,000人以上の人が感染し、2,000人以上の人が亡くなっているという。多くは南北アメリカで次いでアジア、ヨーロッパの順だという。いよいよ今日は衆議院選挙と報道していた。それから英語の復習。朝食はパンとキャベツ炒めとレモンティーとバナナ。朝食後、日記をつける。
これから、ドミにインターネットをしにでかけよう。メールの確認とブログの更新。7:35
8時にドミに行く。インターネットでメールを見て返事をしようとするが応答が遅い。ブログの更新だけでもしようとするが、インターネットとワードが同時になかなか開かない。30分ぐらい経過してからようやく動き出し、とりあえず9:05まででブログを1週間分更新する。その間離島からから来ている隊員とおしゃべりをする。離島隊員が島に帰る前に夕食に来ていただくことにしたのでその勧誘をお願いする。シニア隊員に声をかけてドミを後にする。9時半過ぎ、尋ねてくれたシニア隊員とアパートを出てPMCヘ。礼拝前から賛美歌が始まり礼拝はニューカレドニアから来た黒人の牧師さんがフランス語でメッセージを語られた。聖歌隊は女性がそろいの服を着て男性のレゲエのボーカルをテンポ良くコーラスしていた。マラポアの12年生と13年生の女生徒も来ていた。礼拝後の挨拶では牧師さんにボンジュールと挨拶をする。礼拝後セティさんをシニア隊員に紹介する。マレクラからUSPで法律を学びに来ているというウォルターという青年をセティさんから紹介される。礼拝後思いがけなく昼食会があったので先輩ご夫妻と4人でおしゃべりをしてさまざまな芋と鶏肉の昼食をいただく。陽ざしが強くもう冬の終わりを感じさせられた。昼食後、近くのボンマルで買物をして海辺をおしゃべりをしながら歩いて帰る。1時前アパートに帰り、シャワーを浴び、洗濯をして、居間のソファーに身体を伸ばして「時の日」を読みながら寝てしまう。3時目を覚まし3:45までで読了。それから日記をつける。今日もニケニケブロバラブは来ていなかった。昼に干した洗濯物は脱水機にかけなかったがもう乾いていた。陽ざしは夏のようだ。いよいよ明日で8月もお仕舞いでいよいよ9月である。残りは実質5ケ月になる。9月には離島隊員を中心に6名が任期満了で帰国となる。9月もあっと言う間の1ケ月になることだろう。この1週間は3つのことをやらなければならない。年末の任国外旅行の手配、18カ月目の報告書の準備、マシンにソフトの新規導入である。ずっと抜けなかった風邪はほぼ良くなったようだ。それにしても、ドミでは咳をしている隊員がいて苦しそうだった。離島隊員からこの時期身近な人で15名ぐらいの人が亡くなったと聞いた。今年は寒さが昨年より厳しかったようだ。ヌーナのレイパコアさんも同じことを言っていた。背中を怪我をして養生をしていた隊員の傷は治まって来たが打撲がまだ痛むそうである。16:38 夕食まで「赤毛の司天台」を読了。夕食は食パン、肉じゃが、大根スープ、キャベツ炒め。夕食後ベッドでニュージーランドの本を見て就寝。20:30



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月29日(土)  雨 24 ℃(最低14.9 最高 26.5)湿度 85% 日の出:5:57 日の入り:17:39 バヌアツ滞在481日目
2009/08/30(Sun)
朝の海

夜中1時目を覚ます。ベッドで新田次郎著「算士秘伝」を読む。日本の数学では関考和が有名であるが、久留島義政という数学者を紹介したもので、当時の数学界の事情が知れて面白かった。
又寝て、4時起床。英語を復習してから日記をつける。明るくなる前に雨が降る。今頃はもうすぐ成田に着く機内である。6時。6時半まで写真の編集をする。いよいよ明日は総選挙。長く続いた自民党が下野することになるだろう。政権交代が可能になると言われて始まった小選挙区制にしてその効果が出る最初の選挙である。前回は小泉が大勝しが今回は阿呆で大負けすることになるだろう。小泉を引き継いだ、安倍、福田、阿呆は共に親の七光りだけがバリューの2世議員で300議席を後生大事に長く持たすことばかりに走ったため解散総選挙のタイミングを最後までつかめなかった。その間にはとんでもない大臣につくり続けたのも大きな痛手であった。少し前の赤城、最近では宮崎の中山、福岡の太田、長崎の久間、北海道の中川が酷かった。阿呆は底の浅い話をぺらぺらと話しては、女房役の河村がオウンゴールと言う始末であった。自分の軽さを、元気のよさでカバーしようと、爺さんの吉田を真似したダミ声を作り、口を曲げてする演説は恥ずかしくて見ていられるものではなかった。よくまあ自民党は阿呆を野放しにして選挙をしたものとその意図を考えると今は誰がやっても勝てない選挙だからおとなしくして、阿呆に任せたというところのようだ。人気の出て来た外添などを担いでも焼け石に水と判断したのだろう。それと人気者を担ぐのは小泉でこりたと言うことかもしれない。
今は長年続いた佐藤から田中に政権が移った1970年当時に似ている。長年続いた佐藤に飽きて、田中の登場に拍手喝采を送った人が多かったが、しばらくして金脈スキャンダルで失脚した。民主党も親の七光りがバリューの議員が多くいるが、国民年金が25年払い続けなければ支給されないなどという、国家的詐欺の仕組みを改めて1回でも収めれば支給されるものにしなければおかしい。バヌアツもアメリカもそういう仕組みになっているという。25年払い続けなければ支給されないというのであれば、支給はされなくていいから、支払いもしたくないという人が出てきても少しもおかしくない。今の国民年金の仕組みは、支払っている時は、自分の将来の受給のためのお金を貯めているものと説明されていた。しかし最近はそうでなく、現在年金を受けているお年寄りのための年金を若い勤労者が納めてまかなっていると説明されるようになった。実際受給を受け初めて気がついたのは、あれほどの高額の厚生年金を毎月納めていたのに、受給金額が本当にわずかである。どうやら受給は少々の高額の年金を納めていても、個人個人が納めていた金額を元に年金が計算されて支給されるものではないらしい。単に何年収めたかで年金を計算し一律支給されるようだ。どうやらこの仕組みは厚生省の役人が考えたことのようである。かって厚生省の次官経験者が殺されたことがあって、テロかと心配されたことがあったが、たしかにインチキな仕組みが彼らによって作りだされそれが未だに続けられていることに動機を持ったテロと考えられたことがあったのだがたしかに考えられることであった。朝降っていた雨があがって明るくなってきた。空を覆う雲は薄くてそれほど黒くない。これから朝食をしてマーケットに買い物に出かけよう。7:57 買物支度はリュックサックにビニール袋をつめることである。最初に学校への道を中国人の店に行く。スイート スライス ブレッドを買う。デイリーポストの土曜日は150vtとなる。平日は100vt。日曜日は休み。この国の大統領選挙の文字が紙面にあったので、どういう仕組みで大統領が選ばれるのか勉強してみようと土曜版を買う。次にドミの前の道路を歩いてマーケットへ向かう。マーケットで小さな丸いきんかんのようなもので、長い紐がついた果物を見つけ、名前を聞く。聞いたが忘れた。どう食べるのか尋ねると食べて見せるので少し味見させてもらう。美味しくないので買うのはやめたが何故あれが売り物になるのか、買う人がいるのが不思議であった。バナナを200と書いたものも150と書いたものも全て50vtで売っている店があった。200と書いてあるものを50vtで買う。パンプレムースは2個で150vtを買う。帰って重さを計ったらそれぞれ1個1600gであった。ジョゴを1個買い、中国人の店で牛肉を買う。この店でも、最初に買ったスイート スライス ブレッドと同じものが1個だけあった。重くなったリュックサックを背負ってアパートへの帰り道に新隊員と道で出合う。「良く会いますね」が最初の挨拶。昨日は2度も会っている。これからリュックサックを買いに行くところと言う。この町ではリュックサックは必需品である。
この新隊員も我がアパートの景色を気に入ってくれて、来月4日に越してこられると言う。新しく赴任したスタッフも明日越してくるので、このアパートの20部屋の借主のうちの8部屋がJICA関係者ということになる。昨年の3月には2部屋だったがこの1年半で随分増えたものだ。ここの景色とセキュリティ、管理人さんの親切、ドミの直ぐそば、JICAオフィスに歩いて5分という便利さがいい。バスの運転手もメンジスと言えば誰でも知っている。職場の人からも必ず住まいを聞かれるがここの名前は誰でも知っていてあの、眺めのいいところと言ってくれる。空港までバスで15分という近さもいい。
日本人なら南太平洋の楽園気分を満喫できる住まいである。ビラの海からもこのアパートはひときわ目につく美しさである。毎日海を見ていることで満足させられる。アパートに帰り、シャワーを浴び、寝巻き、着換え、部屋着を手洗いして、脱水をピロティの洗濯機でする。脱水している間に畑で大根を1本抜いてホースの水で洗う。脱水した洗濯物を部屋のベランダに干し、肉じゃがを作る。昼食はパンとレモンティーとキャベツ炒めと肉じゃがとバナナのデザート。昼食後、居間の椅子に身体を伸ばし、新田次郎著「隠密海を渡る」を読み始める。3時のおやつはバナナとパンプレムースを1/4の実を取って混ぜて海を見ながらいただく。4時までで読了。新田次郎さんの本名が藤原寛人(ひろと)ということを知る。解説の中に「これは歴史の中に埋もれている、技術者や学者を小説に書くことによって、現在の人々に理解してもらいたいためであった。だが結果はよくなかった。編集者にも喜ばれなかったし、私が小説の中で提出した数学の問題を現代数学で解いて来た読者が1人だけあった以外に読者の反響はなかった。」とあるのを見つけたが、多分その読者は藤原正彦さんではないかと思った。著者のご長男の数学者で最近は警世の書も書かれている。それから娘の持ってきてくれたゴムで部屋着のズボンのゴムを替える。穴が開いた靴下の繕いをして、手持ちの靴下の棚卸をしてみる。まだ十分帰国までまかなえることを確認する。今日は一日曇っていたが、暑かったので洗濯物は全て乾いた。これから夕食。簡単にパンにする。今日も贅沢な一日を送ることができた。娘は家でのんびりしている頃だろう。18:00 夕食は簡単にパンとレモンティー、キャベツ炒め、デザートはバナナ1本とパンプレムース 1/4個。夕食後ベッドで「二十一万石の数学者」「女人禁制」を読む。吉宗の時代、久留米藩主・有馬頼徸(ありまよりゆき)という15才で藩主につき、「数理を学ぶことが好きだ」と吉宗の最初の接見のおり話し、吉宗に感動を与えたという。よい政治で藩を収め生涯数学を研究してそれまでの日本の数学の研究成果を本にして出版したという。「女人禁制」は江戸時代女性に禁止されていた富士登山を男装して上った女性の物語であった。共に面白かった。21:00就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月28日(金)  晴れ 23 ℃湿度 80% バヌアツ滞在480日目
2009/08/30(Sun)
5時半起床。朝食はパンと野菜炒め、キューリスライス。レモンティー、肉じゃが。デザートはバナナとパンプレムース。朝食後、英語復習。それから日記をつける。朝に雨が降ったが日中は雲はあるがおおむね晴れる。10:30 早くも今日は帰国の日である。ほとんど風邪で伏せっていたバヌアツ旅行で可哀想であったが仕方がない。昼食はご飯を炊く。ガーデンで大根を1本抜いてきてコンソメスープの具にする。肉じゃがと肉をコンソメスープに入れる。旅行前に作っておいた大根の一夜漬けも並べる。最後の食事は全部食べてくれた。喉の痛みも和らいだという。バヌアツ旅行は風邪でもっぱら伏せっていたがなんとか帰る日に少しよくなってきたようで良かった。12時45分アパートを出る。バスに乗って13時空港に着く。すぐチェックインカウンターで手続きを済ます。
空港カウンター
スーツケースは成田まで運ばれるのでシドニーで受け取る手間が無くていい。3時20分の出発予定で客は白人が多く中国人家族もいた。待合室で「だいこん」を読了。とても励まされる後味のいい長編小説であった。14:20まで搭乗待合室への行列が出来てきたので、そこでさよならをする。シドニーまで約4時間、シドニーからは夜10時発で成田に朝6時ごろに着く予定である。アパートにはバスで3時に帰る。ダリルさんから借りて、ベランダに干していた毛布と敷布団をたたみ、管理人室に帰しに行く。居間と寝室を片付け部屋をほうきで掃きだしごみを取る。4時45分町へパンを買いに出かける。出来立てのまだ暖かいパンがあったので1本買う。帰り道JICA事務所から出て来たスタッフから親切にも荷物が届いていると声をかけられ鍵を開けて中に入れてもらう。娘が航空郵便で送った食材であった。隣のナカマルで明日帰国されるスタッフの最後の送別会に顔をだす。バヌアツ人スタッフもほぼ全員顔を揃えていた。日本人スタッフも所長を除いて全員顔を揃えていた。若い離島隊員たちが大勢参加していた。一層古代人の風貌になっていた青年もいて面白かった。現在ドミには離島隊員など8名、市内に住む隊員も2名が泊まりに来ていて賑やからしい。沈む夕日を見ながらビールとヤム、タロー、バナナをご馳走になる。途中雨が降ってきたがお開きになるころには雨はあがっていた。シニア隊員からトローリングの話があったので行くときには声をかけていただくようお願いする。スタッフからライフジャケットをJICAオフィスで揃えたから使ってくださいと話がある。既に自分のライフジャケットは持っていたが、明日帰国されるスタッフに以前ライフジャケットをJICAで揃えるようお願いしたことがあるが、それをしてくれたらしい。6時半お開きになって雨上がりの道をアパートへ帰る。夕食はパンとレモンティー。ベッドに移り新田次郎著「鳥人伝」を読んで就寝。実際に飛んだ飛行機は1893年にオットウ・リリエンタールの試みたものが最初というが、なんと1805年に既に幸吉という日本人が飛んだことが書かれていた。江戸時代に独創的な日本人のいたことを知って嬉しかった。21:00就寝

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月27日(木)  晴れ 22 ℃ バヌアツ滞在480日目
2009/08/30(Sun)
朝の海

5時起床洗面、トイレなど済ませて6時船を待つ。朝日が上がってしばらくして船が着く。約10名の乗客を乗せて6:15出発。エムア埠頭に6:45 しばらくしてトラックが来て、6:50発車。途中道路がアスファルト舗装されていて高速で飛ばす。メンジスアパートには8時過ぎ到着。エムアから1時間10分ほどの最短時間であった。帰ってからは荷物を整理してからご飯のスイッチを点けて炊きたてをお茶漬け海苔を振りかけていただく。帰ってからは山本一力著「だいこん」を読んで過ごす。午後残りご飯をおかゆにしていただき5時前町へ買い物に出かける。マーケットで、キャベツ、キューリ、トマト、バナナ、パンプレムース、レモンを買って、ボンマルで米、ジャガイモ、玉葱、パンを買って帰宅。夕食はパンとキャベツ炒めときゅーり、トマト、レモンティー。デザートはバナナ、パンプレムース。
夜11時半まで読んで就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月26日(水)  晴れ 22 ℃ バヌアツ滞在479日目
2009/08/30(Sun)
エムアの日の出

朝5時起床。英語復習。5時50分椅子を持って渚に水平線に上がる日の出を待つ。4月11日に見たときとほほ同じエマウ島の左から朝日が6時ごろ上がってきた。下に少し雲があって、日のではしばらくして上の雲に隠れた。しばらく海辺で過ごし7時半の朝食前にコテージへ戻る。
朝食後、ビレッジのコミュニティーセンターに来ていたマラポアの生徒を尋ねてその後海辺を歩く。
生徒たちは山に登って噴火口をみてきたという。山に登るには山のコミュニティーに入山料を支払い許可が必要だと言う。昼食前、ライフジャケットを付けて海に浮かぶ。ヤドカリは寒いのか一匹も見つからなかった。昼食後、海に竿を持って出かけ、海辺の小さな岩に立って釣り始めた。1匹大きな魚が泳ぐのが見えたがそれだけで、餌をつけて浮き釣りをしてみたが、小魚がえさ取りをするばかりで釣れなかった。雨が降ってきたのでお仕舞いにしてコテージに戻り、シャワーを浴び、洗濯をする。夕食までベッドで読書で過ごす。夕食はUSAのニューヨークに住むというカップルと一緒に食事をしておしゃべりをする。女性は香港出身の中国人で中国名「文嘉宝 ウェンチャパオ」アメリカ名ステファニーという。男性はネットワークアーチスト+フィルムメーカーのロブ君。オーストラリア経由で初めてバヌアツに来て、ウェブサイトでヌーナを知ってきたというベジタリアンであった。
夕食後、ベッドで「花のあと」を読了。娘は一日、食事以外はベッドで寝ていた。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月25日(火)  晴れ 22 ℃(10.5-27.7) 湿度 75% 日の出:6:00,日の入り:17:38 バヌアツ滞在478日目
2009/08/30(Sun)
1時半起床。喉の調子は昨夜の薬のお陰か良くなった。レモンティーを沸かして飲む。2時半まで英語の復習。それから日記をつける。盛んに大きなセキをして苦しそうにしているので、毛布を持って行きかけてやる。レモンティーを沸かし、生姜をおろしてしぼり汁を入れて差し入れをする。大きなセキをしているのにちゃんと毛布をかけずに身体を出して寝ていたのでよくかけて寝るように言う。今日のヌーナ行きは無理かもしれない。行けないようであれば、1人でアパートで風邪とサバイバルの闘いをさせるしかない。バヌアツに来ることを楽しみにキツイ仕事を精一杯やり終えてやっと日本を脱出してホットしたところで、機内のきついクーラーで風邪をひいてしまったようだ。体力が弱っていたのだろう。昨日はコンロのプロパンガスの火を点けさせたがそれすら出来なかった。マッチをつけてガスに点火出来ず、マッチが根元まで燃えてアチチと言って放り出す始末であった。今日は最初にガスの点け方を教えて1人で出来るようにしてあげなければならない。戸締りを念には念をいれて鍵をかけることも教えなければならない。部屋の鍵も失くさない様紐をつけて持ち歩くよう服に紐を通すことを教えなければならない。お金も持たせなければならない。まあ2日間の異国のアパート暮らしにチャレンジしてもらうことになるかもしれない。3時30分 これから魚釣りの仕掛けの準備。朝6時朝食。声をかけるが起きれないようなので1人でいただく。7時今日は寝ているように声をかけると起きてきて朝食を食べるが美味しいと言っていた肉じゃがには手をつけなかった。食器を洗ってから部屋のごみをほうきではきだす。ガスの点けかたを教えてご飯の炊飯器のスイッチを教える。お金を3,500vt渡す。1,000vtx1+500vtx4+100vtx5 部屋の2つの鍵に紐をつけて渡す。昨日買った絵葉書を郵便局に出しにいくと出かけて行った。ちゃんと帰れるか一抹の不安があったが送り出す。9時になった。ヌーナ行きが1人行けなくなったことをタリスに電話したが、留守電になっていて、用件を録音する。ヌーナのレイパコアさんに電話するが既に使われていないというメッセージが出る。日本に電話をして一人アパートに残るので、夜電話をしてくれと伝える。今日もよいお天気なのに残念なことである。自分の風邪は良くなってきていると思うが、ヌーナで完治といきたいものである。これから1時間を目処にビジュアルベーシック キャラクター ハンドリングの仕方を勉強して10時からヌーナ行きの支度。郵便局から戻ってきたらヌーナに一緒にでかけることにするという。1人残すのも心配なので連れて行くことにする。マスクをつけて出かける。管理人さんに挨拶をして11時25分アパートを出る。11:45YuYu Store前にはエムア行きのトラックは既に止まっていた。先輩も既に来られていて、一緒に乗り込む。バスの乗員は10名ほどで混んでいなかった。12時に出発し途中いろいろな場所に寄りながら、ボンマルシェNo4で油を入れて休憩する。ビールと氷を買って昼食のサンドイッチとレモンティーをいただく。トイレを済ませて出発。エムアまで4月に行った時より随分舗装が延びていた。エムアからこちら側車で25分ぐらいの間のアスファルト舗装が済んでいた。かなりのスピードで工事が進んでいるようであった。エムア埠頭でアルミ船に乗ってヌーナへ。これまた乗客は10名ぐらいで、フランス語を話す美人がカップルで乗っていた。ヌーナには3時過ぎ上陸。コテージではレイパコアさんからココナッツジュースとバナナケーキをいただく。一休みして釣竿を持って海に出かける。潮が高くて魚を目を凝らして探したが見えなかった。竿を振ってみたが餌を取られることは無かった。5時ごろ雨が降って来たのでお仕舞いにしてコテージへ帰る。コテージには先客がいた。サント出身のマラポアカレッジ1期生のセーラ モリサの息子でバツナラーガ モリサという。
セーラ モリサはミニスターオブ ファイナンスいわば財務大臣だという。息子は2年マラポアで過ごしそれからニュージーランドに留学し現在は国土省の役人だという。道でアリック トニー に出合った。昨年11月アリックの高速ボートでマタソーに運んでくれたキャプテンである。そのあとニュージーランドにリンゴ農家に出稼ぎに行って、今年の5月に戻ってきたという。
夕食はパンプキンにココナッツミルクかけとスパゲティ、白菜とツナとレモンのサラダ、鳥と野菜の煮込みであった。先輩は鳥がだめということで、申し訳ないことであった。ビールを飲んで9時までおしゃべりをして就寝。夜は「花のあと」を読んで22:00就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月24日(月)  晴れ 22 ℃(10.5-27.7) 湿度 75% 日の出:6:01,日の入り:17:38 バヌアツ滞在477日目
2009/08/30(Sun)
4時半起床。レモンティーを温めていただく。5:30まで英語の復習。それから日記をつける。今日もいいお天気になりそうだ。穏やかな海の写真を撮る。まだ起きてこないので、朝食は後にしてこれからビジュアルベーシック。昨日完成しなかったプログラムのデバッグをしてみる。6:25
ビジュアルベーシックプログラムでイメージコントロールが昨日うまくいかなかったところを、一日考えていた。それを試しにやってみたらうまくいった。たった5分しかかからなかった。思い通りの結果に嬉しくなる。次はテキストハンドリングのプログラミングを勉強しよう。6:36 これから朝食の準備。今日はフランスパンとパンプレムースを賞味してもらおう。7時には朝食に起こそう。それまで朝食の準備。昨夜熱を出したと言って起きてきた。顔色がさえない。今日予定していたスキューバダイビングは取りやめにして明日からのヌーナ行に行けるように今日は休養日とする。8時前パンと砂糖と新聞を買いに出かける。8:30一旦家に戻ったが少し疲れたので布団に横になり「花のあと」を読む。11時アパートを出てJICAオフィスに寄ってレイさんにバスの中の忘れ物について警察へ問い合わせていただくようお願いする。親切なバスドライバーであれば、警察に届けてくれたかもしれない。既に警察に届けが出ていれば出てくるかもしれない。警察は重大事件しか捜査はしないそうで、こういう場合は通常自費で新聞に広告を出すのだそうだ。そういえば迷子の犬を探す広告などが時々でている。1週間広告を新聞に出し続け費用は1,000vtだという。そうしたからといって出てくるかわからない。広告に出すのにはお金がかかることでもあり、失くした人がお金を出す意思が無ければ頼めない。持っている人が名乗りでてきた場合の謝礼の問題もある。この場合失くした当事者に代って交渉するとなると厄介である。戻ってきた場合それを日本に送る運賃の問題がある。考えるといろいろなことが考えられる。とりあえず、警察に尋ねてもらうことだけをお願いし、新聞広告を出すのは本人からの申し出があって、その後のお金の問題が解決してからにしてもらうことにする。次に銀行に行ってお金を下ろす。そのあとみやげ物の店にいくとおばさんがいたので尋ねると4時までいるという。また来るからと言ってマーケットで買物、中国人ストアで肉、ボンマルでミネラルウォーターと電球を買ってアパートへ帰る。昼食はパンとキャベツ炒め、肉じゃがとパンプレムース。パンと肉じゃがとパンプレムースが美味しいと言ってよく食べてくれた。買ってきた肉で味が良くしみていて美味しいという肉じゃがの作り方を実演して教える。3時前アパートを出てお土産の店へ行くが、オバサンオーナーは娘さんの具合が悪く3時ごろ帰ったと言っていなかった。仕方なくいろいろ見てまわり、ウオーターフロントからマーケットを覗く。ウォーターフロントでは12年生の2人と会う。次いでフレンチの丘に登って見る。そのあとバナナケーキを買って歩きながら食べる。チューストアで運良く出来たてのまだ暖かいふかふかのフランスパンがあったので買う。アパートに戻りガーデンで大根1本抜いてくる。しばらく休んで読書。6時半から夕食を準備。スープはジョゴと大根のコンソメスープ。肉じゃが、出来たてご飯とデザートはパンプレムース。ご飯はニュージーランドで食べたものより美味しいと言う。これは日本の米かと聞くがどこから輸入しているか知らなったので今度調べてみよう。夕食後日本から持ってきた風邪薬を飲む。食器を洗って、炊飯器に夕食後日誌をつける。20:00 これから写真の取り込み。21:07までCASIOのデジカメの写真のアップロード。「花のあと」を読みながら21:30就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月23日(日)  晴れ 22 ℃ 湿度 70% バヌアツ滞在476日目
2009/08/23(Sun)
朝の海

1時起床。昨夜飲んだ薬が良かったようで喉の違和感が無くなった。お湯を沸かしてから少しさめた70度でお茶を入れる。こうするとお茶の苦味が出ず、ほのかな甘みが出る。煎茶を入れるこつである。
今頃は機内でシドニーへ向かっているところであろう。英語を3時まで復習する。昨日買ったバナナを3本いただく。バナナもいろいろな味の物がある。今回はまあまあ美味しいものだった。いよいよ今日着く予定の娘の夕食を考える。疲れて着いたお腹に負担の少ないもので栄養のあるものにしよう。
暑いところから来て寒いバヌアツでいきなり風邪をひかれてはまずいからからだが暖まりすぐ食べられるものにしよう。そうなると答えはおじやということになる。おかゆやおじやというのは簡単な食事であるがからだにいいものである。風邪をひいたり具合が悪い時に作るのはおかゆである。仕事でよくホテルに泊まったが朝はおかゆを出すところもあった。夕食は鍋料理のあとおじやにしてだすところもあった。バヌアツでは魚がいつも手に入るわけではないから、牛肉を入れることになるが、柔らかい牛肉を細く料理用ハサミで切っておじやに入れれば美味しくいただける。ここの牛肉はとても安くて柔らかい肉があるのでこの牛肉を美味しくいただくかんたん料理を沢山知ることは大切だと思う。若い隊員の中にはしばらくぶりで会うと「10Kgやせました」などと自慢げに言う青年があるが、こういう人は食べていない。食べないから痩せる。自分で食べ物を作ることも知らない人が多いようだ。食べ物は注文して出されたものしか食べたことがない人も多いようだ。食料を買うが、食べる計画をしない。どうして食べてよいか知らないから、簡単になんでも腐らしたり、カビをはやすまで手をつけず、捨ててしまう。出来たてのパンを買ってもカビが生えるまで手をつけず捨てていた青年がいた。どうやら食べるものはカババーのおかずぐらいのようだった。まあ青年の場合は若いから痩せてもただ食べなかったからの原因ではさほど心配しないでも回復できるだろうが、中年になると食生活は特に大切だ。あちこちガダが出始める歳だから、痩せたり、太ったりは気をつけなければならない。太るのはせっせと食べるからで、果物と肉の美味しいこの国では、簡単に太る。しかも毎日運動をしないで、歩かない。狭い町なのに車に乗って廃棄カスを撒き散らしている。こういう生活をしている人は簡単に太ってくる。自分が太ってきたというのを気づくのは難しい。あるとき自分の写真を見て、ハッと太ったなと感ずるものである。こうなると、食生活と運動を考える必要がある。
神経が細くて短気でいつもけんかをしているような人はどうもやせてくるようだ。Short tempered, narrow mindedではボランタリーは勤まらない。こういう人が勤めたところからは次回の派遣要請がまずこない。先輩の中には試験の面接で「あなたは短気ですか」と聞かれた人がいた。「あの人は短気ですから気をつけて」と教えにきた人もいた。そうだろうと思ったがやはり短気ではボランティアは難しい。短気な人は、自分の考えが常識で、正しいと思い込んでしまう人でもあるようだ。それを相手の立場に立って考えたり、発言をしたりの余裕はなくて最初からけんか腰でぶつけるものだから、いつもバヌアツの番犬のように歯をむき出しにしてキャンキャンと鳴いているみたいだった。昔の人を思い出したので書いておこう。
4時半これから、昨日のビジュアルベーシックの続きをする。5時までビジュアルベーシックの続き。
未完成。これから朝食の準備。おかゆにしてお茶漬け海苔をふりかけ、肉じゃがといただく。デザートはバナナ。朝食後居間の椅子にかけて「風の遺産」を読了。7時半。海は昨日同様、気温が低く海水温が高いので海から湯気がでているようだ。写真をとる。今日からしばらく、ブログの更新ができないので、ドミにインターネットの更新にこれからでかけよう。19:45 今日は午前中PMCの礼拝。午後空港に迎えにいく。新しいドミに行く。8:10から8:55までインターネットでメールを見て、ブログを更新する。金曜日アンディ先生から返信が来ていた。時々ブログを見てくれているとあった。駒ヶ根の時は、英語でブログをつけていたが、家族が英語では読めないというので日本語でつけるようにしているが15日の先輩と部屋で写した写真も見てくれていたようだ。8:50でドミでの作業を切り上げる。新しく今月来られた車の専門家を教会にお誘いする。9時アパートに戻り支度を終えたところに来られる。ベランダからの眺めを見ていただき、一緒におしゃべりをしながら教会へ行く。今日は多くの人がメレに出来た新しい教会の落成式にでかけたそうでいつもより少なく、ニケニケもセティーもいなかった。お話はフツナから来たというエルダーが勤めていた。
礼拝後オンブズマン オフィスのパサ トススとおしゃべりをする。サント出身という。予定していた説教者が急遽欠席した時など代わって話をされたていた貴重な方である。よく司会者も務めている。
ヘレンさんと握手して挨拶し教会を後にする。一緒にボンマルマーケットで買物をしてアパートに戻る。日本のマヨネージに似た味のマヨネージと売っている店をご紹介する。昼食は残りごはんをおかゆにしてお茶漬け海苔と肉じゃがとバナナ。昼食後1時半アパートを出るとすぐアパート前にバスが来て空港まで行く。2時5分前空港につく。シドニーからの便は予定通り1時45分ポートビラ空港に着き、2時15分頃出てきた。リュックサックにスーツケースが1つの荷物であった。バスでメンジスに3時前に着く。空港から10分であった。下の道を音楽隊の行進があって大勢の人がついていたので写真を撮る。昼食がまだというので、サンドイッチとレモンティーと肉じゃがとココナッツを出す。パンは4枚、キャベツを千切りにして炒めて載せる。パンが美味しい、肉じゃががおいしいと全部食べてくれる。ココナッツは大して美味しくないという。荷物を片付け、リュックザックを軽くして、エラコールに行く。バスでエラコールの渡し場まで行き、フェリーで渡り、大人と子供とオバサンも一緒のサッカーを見て写真など撮る。寒そうにして子供が海に入っていた。4時半エラコールからラ・ゴーンゴルフ場からバスでマーケットへ行く。ボンマルマーケットで買物をしてから、ウォーターフロントを歩く。丁度夕日が沈むところで何枚か海と夕日をバックに写真を撮る。6時前暗くなる前にアパートに帰る。飛行機の中のクーラーの効きすぎで風邪をひいたというので、夕食は肉うどんを作ることにする。ガーデンでアイランドキャベツの葉を摘んできて、小さな鍋で肉を甘辛く弱火で煮て、汁は別の鍋で醤油と塩と砂糖で味付けして煮込み大根とアイランドキャベツを刻んで一緒に煮込む。
乾燥麺は大鍋が沸いたところに入れて煮込む。よく麺が柔らかく太くなったところで、ザルにあげ、丼にいれて、そこに、汁を入れ込み、肉を最後に真ん中に盛る。白い麺と、緑の野菜と褐色の牛肉が彩りよくなる。2人でいただく。大変美味しいといって、汁を少し残すだけで全部平らげてくれる。麺は75gを4束湯がいたが全部残さずいただいた。夕食後はバナナをデザートでいただき、風邪薬を切らしたので、持ってきたものをもらい、一緒に飲む。借りた布団をソファーの上に載せて、そこに寝ることにする。藤沢周平著「花のあと」を読みながら20:00就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月22日(土)  晴れ 22 ℃ 湿度 65% バヌアツ滞在475日目
2009/08/23(Sun)
12時起床。1時半まで英語復習。2時半まで日記。今日は朝のうちにスキューバダイビングの1日レッスンをするところを探しに行く。ついでマーケットへ買物。いい魚があったら買っておこう。午後からは、寝る場所のセットをする。3時半までビジュアルベーシックの問題をやってベッドで休む。6時起床。朝食後7時過ぎ町へ買い物に出かける。バナナ・キャベツ・パンプレムース・ココナッツ・肉・ジャガイモを約10kgリュックにつめる。レイパコアさんに会っておしゃべりをする。昨日来て昨夜はファミリーのところに泊まったと言っていた。今日帰ってコテージの掃除などするという。重いリュックをしょってアパートに帰る。教えてもらったナンバーワンカフェのBig Blueはすぐわかったがまだ開いていなかった。魚もマーケットに出ていなかった。
8時過ぎアパートに帰って肉じゃがを作る。部屋をほうきで掃きだし毛布をベランダにかけて陽に当てる。10時再度町へ出てBig Blueヘ行く。Jerryというインストラクターをしているというバヌアツ人にスキューバダイビングについて説明を聞く。午前中はプールで練習を30分して、午後から海のポイントまで船で出てそこでもぐり魚やサンゴを見るという。この海に潜っている時間が40分という。朝は8時から店が開いて、9時ごろプールへ行って朝の練習。午後は1時半に出発してポイントまで約7分。40分潜って魚に餌をやったりサンゴなどを見て、2時半に戻って終了。見学は船に一緒に乗ってポイントまで行き、船の上で見ている分には料金が無料とのことであった。
料金は昨年まで7,500vtだったが今年から8,000vtになったそうである。魚が集まるように餌づけをしているそうで、船からの魚つりは禁止だそうだ。24日の月曜日と27日にスケジュール可能で両日とも参加できるという。一つ目処が立ったので店を出て、フレンチの丘まで歩く。中年の白人カップルと3人だけであった。眺望をさえぎる木々があってイマイチであったが、娘が来たら案内しよう。11時を過ぎていたがマーケットに魚があるかも知れないと思い、マーケットまで歩く。残念ながら魚は出ていなかった。リンス・漂白剤を買って帰宅。疲れて椅子に座って本を読んでいたらうとうとして、気がついたら1時前であった。昼食はパンとキャベツ炒めとレモンティー。昼食後汗をかいたTシャツやズボン、肌着を手洗いして下の洗濯機で脱水して、ガーデンで大根、アイランドキャベツを摘む。よく陽のあたるベランダに干して日記をつける。今日も下の建物から若者たちのハーモニーが響く。
よいお天気になった。今頃羽田に着いて成田に向かっていることだろう。暑くて移動もご苦労様である。3:15 ダリルさんの部屋を訪ね、敷布団を借りて担いで持ってくる。大きなダブルベッドサイズである。布団カバーを外して、洗濯機に入れ、布団をベランダに干す。居間の椅子に座って「風の遺産」を読む。6時半ご飯を炊いて夕食。肉じゃがと大根とアイランドキャベツのコンソメスープ。デザートはバナナ。食後、ノートパソコンの液晶パネルを洗浄する。8時過ぎ日記をつける。風邪が抜けず、少し喉に違和感があるのでパブロンゴールドA微粒を飲んで寝ることにする。8:20これから「風の遺産」を読んで就寝。21:00。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月21日(金)  晴れ 22 ℃ 湿度 65% バヌアツ滞在474日目
2009/08/21(Fri)
朝の海

3時起床。4時まで英語。今日も湿度が低い。4時から日記。今日は2時までのクラスで2学期が終了。2学期の学期末休暇に入る。来週は娘と過ごし、再来週は年末の旅行の手配とプログラミングの問題を考えよう。お世話になった方々へバヌアツのお土産も送りたい。18か月目に提出するレポートの準備もしておこう。12か月目のレポートは少し遅れてあわてて書いたので今度は余裕を持って出したい。期限は9月24日にしよう。ここに着いたのが3月25日だからである。レポートは3日あればなんとかなる。これから朝食の準備。まだ外は真っ暗だがあと15分もすればそろそろ明るくなってくる。
今日は定期観光船が入港してきそうである。前回は10日であった。5:25 今日は観光船は来なかった。
気温が低いが海水が暖かいのであろうか海から湯気がたちこめてきた。朝下の道路で、シルバが車を待っている様子であった。昨日もしばらく待っていたが、今日は小さなタクシーが止まって乗っていった。たった15分ぐらいの距離であるが歩く時間が惜しいだろうか。7時前アパートを出る。セキュリティの仕事をしているというバヌアツ人とおしゃべりをして途中まで一緒に歩く。登校してコンピュータ室の拭き掃除とゴミ捨て。図書室へ行きひと休みしているとタリスが来ておしゃべりをする。明日からマラポアの生徒が25人ヌーナへ水曜日まで植物の観察などで25日までウナカップボレッジへ訪問するという。宿泊はコミュニティセンターに泊まるという。25日入れ違いでヌーナに行く予定なので生徒に会うことはなさそうだ。タリスに生徒データベースを年内に作り上げようと話をする。残りのデータの準備をお願いする。この2週間のタームホリディの間に準備すると頼もしいことを言ってくれる。最近教育省の人にマラポアデータベースを検索をして見せたそうである。後には引けなくなったようだ。大阪の朝日放送1008を聞きながら日記をつける。大阪は流石に朝は涼しくなってきたそうだが、日中は暑いようだ。今日は甲子園は2試合だそうだ。大阪にいたら甲子園の外野席通いをしている時期である。8:15 午前中コンピュータ室へ顔を出し生徒の質問に答える。インターネットで選挙情報を見る。読売の予想では民主が300議席を越す勢いで自民は150ぐらいに激減すると出ていた。阿呆の苦虫をつぶしたような顔が随所にでていて、いわずもがなの発言が飛び出ていることが報じられていた。「高齢者は働くことしか能が無い」と言ったらしい。こんなことをわざわざ言わなくても日本人なら誰でも知っていることである。日本人はこれまで信仰を持たない人がほとんどで、仕事一途で、仕事を信仰の対象としているような生き方をしてきた。仕事を取られるともう、不安で心配で仕方がないというのが日本人共通の心理なのである。阿呆が政治家以外のどんな顔を持っているか知らないが大方政治以外の興味は持っていないのではないか。それが仕事だからである。
どうやら今回の選挙では首相経験者の幾人かは落選するらしい。筆頭は馬鹿な森らしい。福田も海部も危ないらしい。今回の選挙で初めて小選挙区制の威力をまざまざと見せ付けられる選挙ははじめてのものになるようだ。失言を繰返す阿呆な首相しか担げなかった自民党。おかしな大臣を次々に生み出し、頭をすげかえ続けた自民党だから今回少数野党に下るのもやむおえない。プリンターの印刷の貯金箱を経理担当のネティーに預けに行く。前回休みの間にお金が空っぽになっていたので、今学期は経理担当者にたまる都度預けることにした。1ページ20vtであるが、約5,000vtが貯まった。これまでお金を取っていなかったが、次のトナー代として徴収することにしたものだ。2時過ぎ次回は8/31に来ると言って、生徒にハブア ナイス タームホリディと言って下校する。アパートに帰ると、ダリルさんとメレリンが外にいたので挨拶して日曜日娘が来ることを少しおしゃべりをする。親切にもマットレスが要るだろうと言ってくれる。ソファーで寝るから大丈夫と言うとマットレスと毛布と布団を貸してくれると言う。親切な申し出に感謝して貸していただくことにする。早速大きな毛布をだしてきてくれたのでベランダで陽に当てる。部屋に帰ってシーツ、タオルケット、バスタオルを洗濯機にかける。昨日洗濯したカーテンを取り付け、洗濯物を取り込む。次いでシャワーを浴び、洗濯をして、手洗いした物を洗濯機で脱水する。部屋のベランダに洗濯物を干して、4時20分アパートを出る。セキュリティ担当のJICAスタッフに日本人旅行者のバスの忘れ物の相談をしに4時半行ったが外出していて残念ながら会えなかった。新しいドミの鍵を、古い鍵と交換していただき、地下の図書室で面白そうな本を探して、スタッフの送別会場のすぐ近くのカババーへ出かける。5時から大勢の人が集まった。ローハン デ シルバが来ていたので握手してアパートを移ったのかと聞いてみると、以前メンジスであったのは知り合いを尋ねてきたときで、元から前のアパートだと言っていた。イタリアシェフの新聞を見たが、自分も料理をすることを話をする。ルイ校長先生が来られていたので先輩方を紹介する。久しぶりにそばが美味しいたれと一緒に出されていたので、校長先生と一緒にいただき、そばについて紹介をする。キリバツ出身の数学教師の大きなケネディも来ていた。2人の青年隊員からミュージックナイトが良かったといわれる。ドミに貼った勧誘のポスターを見て出かけて終わりの1時までいたという青年の話を聞いて、ドミに貼ったポスターを見て何人かの青年隊員が見に来てくれたことを知って嬉しかった。このポスターを見たら必ず来たくなるという物を気合を入れて作ったポスターだっただけに、効果てき面だったことに達成感を感じて気を良くする。健康診断一時帰国したが検査数値が悪かったという話をしていた方の話を良く聞いてみるとなんと毎晩酒を飲んで過ごしていたという。自分の場合は全ての検査数値は国内にいたときより良い結果であった。食事と適度な運動と適度なチャレンジを持ち続ける生活が検査数値に良く出てきたようだ。1957年に三井物産の社員として当時ニューヘブリデスと呼んでいたこの国のサント島に22歳で来られて以来52年になる鎌田さんのお話を伺い、時の過ぎるのを忘れてあっという間の2時間が過ぎていた。秋田ご出身のズーズー弁に聞き取れないところもあったが、バヌアツの人についての働きぶりについての話がおもしろかった。今日は市瀬さんはお見えにならなかったようだ。どうやらバヌアツではこのお二方と乾杯レストランのきよふじまみさんが日本人の有名人らしい。まみさんとはマーケットでお会いするとご挨拶するが、市瀬さんとは前任所長の送別会で初めてお目にかかって以来お目にかかっていない。JICAバヌアツオフィスの家主さんでもある鎌田さんから不動産などの賃貸収入でも税金を納めているという話を聞く。この国では12.5%の消費税だけで、所得税など他の税金は一切かからない所謂タックス ヘブンの国と思っていたが、12.5%の消費税のほかにも税金があることを知った。7時おひらきとなって、アパートへ帰る。新田次郎著「風の遺産」を読んで8時就寝。


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月20日(木)  晴れ 22 ℃(最低13.0-最高27.2)日の出:6:03、日の入り:17:38 湿度 60% バヌアツ滞在473日目
2009/08/20(Thu)
朝の海

3時起床。4時半まで英語。5時半まで靴の手入れ。朝食後洗濯物の取り込み。湿度が低いので洗濯ものが乾いていた。しかし朝はさほどでもなかった雲が空をおおいはじめ湿度が上がってきたので雨になるかもしれない。今日は2時間目からなので少しゆっくり出ることにする。7:24 朝撮った写真をアップロードして出かける支度。8時15分登校。コンピュータ室の机の上と鍵盤をウェットティシュで拭く。2時間目から11年生の生徒にビジュアルベーシックのプログラミングを教える。ジョセファにも教えるがパソコンはよくしているようでなれたもので感心する。昼休みメールをみると、お世話になったアンディからメールが着ていた。オレゴン州ポートランドというところにいるそうだ。ヘルプミーということでなにごとかと見たら、今年12月にマスターコースを卒業するための、サーベイに協力してほしいというものだった。すぐサーベイに回答を作り返信する。今後はイギリスで仕事を探し、文化を教える本を書くという。この6月に帰国した19-1次隊で帰国した2名には日本で会ったそうだ。午後2時まで実習を見る。途中エラーメッセージが繰り返し出て使えなくなった③のパソコンのディスクをフォーマットしてOSとオフィスなどのソフトをインストールする。今日はお天気なのでシェイム先生もいたので2時すぎ下校する。
アパートに戻って部屋のカーテンを取り外し3時に洗濯機で洗濯をする。汚れたカーテンの棒を掃除してガラスのルーバーも雑巾がけする。シャワーを浴び、洗濯をして4時に洗濯物を取りに行き洗濯干し場に4枚のカーテンを干し洗濯物を脱水する。小さい2枚を部屋のベランダに干す。5時半までベッドで休む。起きてガーデンで大根を抜いて早くも乾いた洗濯干し場のカーテン4枚を取り込む。
夕食は煮込みうどん。ボンマルNo2でいつもの麺がなかったので買った五木関東麺75gx5束の2束をお湯で十分湯がいて大根を全部刻んで入れていただく。6時半ベッドでマンガ老壮の思想を見て就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
8月19日(水)  晴れ 22 ℃(最低19.1-最高28.0)日の出:6:07、日の入り:17:36 湿度 70% バヌアツ滞在472日目
2009/08/19(Wed)
2時起床。英語の復習。スキューバダイビングの情報を見る。ビジュアルベーシックのデバッグの仕方をマニュアルで読む。朝食後6時50分アパートを出る。今日も新聞売りのモリの姿は無かった。1時間目は11年生。プログラミングの実習、男子生徒2名と女子生徒1名にプログラミングを一緒につくる。2時間目はクラスが無いので図書室に移りメールを見て衆議院選挙の仕方を見る。どうやらバヌアツの人は大使館のあるフィジーまで行かないと投票出来ないようである。今日から22日までの4日間フィジーで投票を受け付けるようである。残念ながら今回は棄権となるのであろう。フィジーまで行けない。金曜日にはスタッフの交代による歓迎会と送別会があるそうだ。このところ出たことの無い送別会だが、お世話いただいたスタッフなので参加させていただく事にする。乾杯のグラスを持って立ったままで聞かされるはじまりの長いバヌアツ語による挨拶は場所がカババーということなので、今回は場所柄を考えて長い朗読は無しにしてもらいたいものだが、せめて座らせていただいて聞かせてもらいたい。座らせていただければ、好きなだけ長く朗読をしいただいてかまわない。今日は良いお天気になった。午後からシェイム先生が顔を見せた。午後の12年生のExcel実習ではグラフの説明。ジョシアン、ケーシーらの質問を答える。MP3と接続をしたいというので、持っているケーブルを見たが違っていた。明日持っている物を持ってくることにする。接続ができればあげることにする。
2時から3時まではクラスが無い。3時まで図書室でインターネット。7時間目コンピュータ室に行くとシェイム先生がいたので、ビジュアルベーシックを見てもらう。しばらくしてエラーが直って説明してくれた。もう一度最初からやってみよう。4時下校。帰り道12年生の仲良しグループを追い抜いてグナイトとさよならをする。しばらく行くと子供たちが大勢でパチンコを持って賑やかなので、鳥を取ったかと聞くと、小鳥の頭を取り出して見せてくれる。頭の無い鳥も取り出して見せてくれる。自分はグド スナイパーだと自慢する。10mぐらいからパチンコで当てたという。食べるのかと聞くともちろん、美味しいと言って笑う。よく貧弱なパチンコで小鳥が取れるものと感心する。自分の小さいときはせいぜいせみぐらいを撃っていた。アパートに帰り、部屋をほうきで掃きだし、シャワーを浴び洗濯をする。夕食はヤキソバ。青年隊員から電話がある。ナンバーワンカフェの場所をついでに教えてもらう。夕食後、靴の手入れ。9時就寝。
朝の海
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月18日(火)  晴れ 22 ℃(最低19.1-最高28.0)日の出:6:07、日の入り:17:36 湿度 70% バヌアツ滞在471日目
2009/08/18(Tue)
2時起床。昨年の日記を見たら、昨年のミュージックナイトは8/16で終了は 12:46と書いてあった。アパートへ帰り寝たのが1時半とあった。てっきり11時45分終了と思い込んでいたが1時間遅かった。例年1時ぐらいまでかかっているもののようだ。昨日トンガの青年隊員の独り言とのメールを見た。先日のシニア隊員が不幸にも乗っていた船が転覆して行方不明になった事件、同期の隊員が周りに何も言わず帰国したこと、夏休みで尋ねてくる日本人を周辺で多く見ることなどから、気持ち落ち込んでいるようだった。いつも笑顔で、この人がいるとそこが暖かい、明るい雰囲気にしてくれる誰からも好かれる人でも山あり谷ありの2年間の生活であるようだ。今の青年隊員では知る人は少なくなったが、われわれにはお手本のような人生を送った先輩がいるのには力づけられる。フィリピンのセブ島のジャングルで1人戦争を20年以上にわたって戦った小野田寛夫さん、グアム島の穴の中で暮らした横井庄一さんである。こちらに来てマレクラ島のホームステイで土の上にゴザを敷いて寝て、雨音を聞いて過ごした日々は、先ずお二人の生活を思わざるを得なかった。終わってみれば得がたい経験をさせてもらったが、あの雨続きの時期では、人にはとても勧められるものではなかった。今は快適な都市での生活を送らせてもらっているが、離島の隊員の多くはあのホームステイの時のような生活を2年間過ごすと思うと、本当にご苦労様といわざるを得ない。暖かいお湯のシャワーなど離島であるわけがない。電気が無いところさえある。ビラの生活は離島とはかけ離れていて日本と基本的なインフラは変わらない。しかし、任期満了前に帰国する人は、この国でもないわけではない。それも不自由な離島隊員より都市の隊員の方が多いようである。生活の不便さより、やはり人間関係が原因のことが多いようだ。5時28分今日も朝早い人が車で出かけていった。ビラには隊員のための宿泊所がある。ここには何でも揃っている。離島隊員には有難いところで、ここに来るのを指折り数えて頑張っているようである。離島隊員ばかりではなく都市の隊員にとっても仲間と楽しめる場所になっている。洗濯機と乾燥機はなにより助かる道具になっているようだ。私は家でも乾燥機を使うことに少し抵抗感があり、洗濯物は干して乾かすものと基本的には思うが、雨ばかり続く季節は洗濯物が乾かない。湿気の高いかびだらけの部屋で生活していて、雨が当たらないで洗濯物が干せるベランダを持たない青年達にとって洗濯機と乾燥機を便利な道具として役立っているようだ。5:50これから朝食の準備。7時10分アパートを出て35分学校。途中でパンを買う。今週から新聞を売っていたモリがいつもの場所に立たなくなった。新聞売りをやめたのかもしれない。コンピュータの鍵盤、机をウェットティシュで拭く。マウスのピンが曲がっているのを発見して直そうとするが難しい。シェイム先生が朝顔を見せたので、何でも上手な先生に渡して直してもらうよう頼むが、見たとたんこれは難しいと言う。今日はこれから全員の教師が3時間の英語の試験を受けると言う。それでも少しも大変そうでない顔をしているのには感心する。生徒が印刷が出ないというので、サーバーを再起動したら印刷できるようになった。昨日一応完了したが、ウィルスに感染していた19番のXPの初期導入をディスクをフォーマットして実行する。8時から10時まで、途中生徒の質問に対応しながら完了する。10時に13年生がノートパソコンを持ってきたのでソフトを導入する。ウィルスの感染を心配しながら昨晩作ったファイルで完了したが、心配したとおりウィルスをもらってしまった。導入を終えたフラッシュドライブをウィルスチェックにかけたらもうウィルスが発見されていた。これだから、人のパソコンにフラッシュドライブを読み込ませるのが怖いわけである。おまけにその生徒も風邪を引いていて自分より重態らしい。2人で顔をつき合わして作業した結果、また一段と頭が重くなってきた。それでも、終わって、サンキューベリマッチと嬉しそうな顔をしてノートパソコンを持って行ったので、なにわともあれ、人に喜んでもらえて幸せだったと思うことにする。午後1時からの11年生の実習はようやくプログラムを作る生徒がそこここに現れ。出来上がると嬉しそうに、ジェスャーで表現するのが、面白く嬉しかった。2時から3時まではクラスがないので、図書室で休憩。3時から今日最後の11年生のクラス。14:30
やはりフラッシュドライブがおかしくなった。ファイルのオープンができなくなってしまった。しかたなくフォーマットをすると運良く出来た。これで昨夜同様フラッシュドライブにインストールに必要なソフトのコピーをすればいい。しかし知らない人のコンピュータにフラッシュドライブを射し込む事に危険を実感した。次回からはCDからソフトのインストールはすることにして、フラッシュドライブからする場合はディスクをフォーマットしたものに限ることにしよう。4時前下校。アパートに荷物を置いてマーケットに買物にでかける。キャベツと肉を買い、中国人の店で靴を買う。JICAオフィスによって郵便物と年金受給のための滞在証明書を受け取り、アパートへ帰る。清子さんの暑い中での介護の奮闘を読む。ガーデンでアイランドキャベツを摘んで夕食のおかずにする。シャワーを浴びて、洗濯をして、夕食は肉うどんのアイランドキャベツ入り。夕食後、USBフラッシュドライブにソフトをコピーしながら、日記をつける。現在19:45 これから買ってきた靴の手入れ。20:15まででフラッシュドライブの主要なファイルのコピーが終了。買った靴に手を入れて履き易く加工をする。はたしてこれで来年3月末までの履物として役立ってくれるといいが。明日の晩完成を目指して部品を準備する。8:30これからベッドで読書をして就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月17日(月)  晴れ 22 ℃(最低19.1-最高28.0)日の出:6:07、日の入り:17:36 湿度 76% バヌアツ滞在470日目
2009/08/17(Mon)
3時45分起床。レモンティーを飲んで英語復習。4時半から今日の授業の予定を眺め1日を考える。とりあえず、1時間目の12年生のExcel実習は19番のマシンの各種設定をしながら生徒の質問に対応する。2,3時間目はクラスが無いのでインターネットでメールとブログの更新。このときラジオを聞いて日本のお盆後半のUターンラッシュを聞くことになるだろう。4時間目は12年生別クラスのExcelの実習。このとき、生徒があまり使わない第一列のパソコンの調子を確かめて動かないものがあれば、調整しよう。午後から11年生と13年生。11年生では生徒にプログラミングの完成を手伝う。13年生の実習は7時間目の3時から。このころになればシェイム先生も出てきていることだろう。喉の痛みはおさまったが、喉に痰がからむようになってきた。このアパートの早い出勤者が5:18大きな車の音を鳴らして出て入った。7時アパートを出て学校に7時25分ついて拭き掃除と床掃除をモップでする。土曜日途中までした19の導入設定を始めるが調子がおかしい。既にウィルスに感染している様子なのだ。生徒に使わせたのを後悔するが仕方ない。Yahooの画面に「休み明けのカラダはいつもなんだか重たい」と言うのを目にしたが、今日一日これに始まって疲れた1日であった。先週水曜日に午後4時までに返すように言って貸した<デンキのソケットが帰ってこないので、10年生に借りていった女生徒の名前を書いて、そのメモを渡して返すように督促してみた。午後はプログラミングの仕方をロメラと3人の男子生徒と一緒にやって教える。4時店じまいにしてこれから帰る。16:20 チャーリーから教えてくれと尋ねられたが忘れたので明日教えると約束する。帰り道ジョセファーがバスを待っていたのでお姉さんは元気かと尋ねる。将来姉さんはなんになるのかと尋ねたが首をかしげていたので、君と同じドクターになるのかと尋ねる。そうかもしれないと言っていた。5時過ぎアパートに帰る。夕食は大根の糠づけのいただき物でご飯を炊いていただく。スープの具はガーデンで抜いてきた大根を刻んでいれる。キャベツの炒め物と矢張り頂き物のピーナッツとヨーグルト フルーツのデザート。レモンティーも。夕食後パブロンゴールドA微粒を飲む。7時のNHKワールドニュースを見てから日記をつける。これからチャーリーの質問の勉強。そろそろ来週からのスキューバダイビング体験コースの話を聞きにいかなければならない。7:25 フラッシュ ドライブを見ると今日の作業まで使えていたフォルダーがウィルスにやられて読めなくなっていた。仕方なくフラッシュドライブをフォーマットしてディスクからコピーを始める。金曜日インストール途中で生徒に使わせたのが良くなかった。早速ウィルスに感染してしまった。また最初からやり直しである。フラッシュドライブへソフトのコピーも大変である。一体生徒は何をしたのかと考えるが想像できない。今週で2学期が終わるが休み中パスワードを変えて、全部インストールをしなおしである。くしゃみが出てきて、鼻水も出てきた。今日はこれまでシャワーを浴びていないし洗濯もしていない。今、オフィスのコピーを始めてまだ、20分はかかるようだから、これからシャワーを浴びて、洗濯をしてしまおう。8:48 シャワーを浴びた後は寒くて震えた。お湯のシャワーでもこれだから水シャワーで年中過ごさなければならない人にとっては南国バヌアツでも今の時期はきついだろうと思う。結局10時前までバックアップコピーをフラッシュドライブにして就寝。22:00

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月16日(日)  晴れ 23 ℃(最低19.1-最高28.0)日の出:6:07、日の入り:17:36 湿度 76% バヌアツ滞在469日目
2009/08/17(Mon)
7時起床。レモンティーを温めて、ベランダで海を眺めながらサンドイッチ、ジャガイモサラダ、肉じゃがをいただく。ジャガイモサラダはジャガイモとインゲン豆と玉葱の材料で食感が良く、味もピリカラが控えめに効いていて、味良く、流石に料理上手な主婦の手になる一品と感心させられた。ビラの海にカヌーをこぐ人を双眼鏡で見る。下の道をローハンデ シルバが歩いていて、その先のアパート2階の部屋に入っていった。メンジスから前の下のアパートに転居したのかもしれない。
快晴の空の下
昨日のダージリンの紅茶の出し殻を台所の床に撒き、ほうきで台所と洗面所と、居間をはきだす。8時半から英語復習。9時すぎ支度をして9時20分PMCヘ。ジョンさんご夫妻に昨夜は遅くまでありがとうと握手する。礼拝は11時半終わる。教会の庭でジョンさんとおしゃべりをする。昨夜のライブをエクセレントと言ってくれた。ニケニケ ブロバラブとおしゃべりをする。ニケニケは首相のポリティカル アドバイザーをしているという。この春に汚職で退職した元宝塚市長のレターを説明して、現市長の名前をメモして渡す。現市長とは面識が無いが、もしレターを書かれるのであれば、現市長に送ると伝える。もしもっと早く関係が出来ていたら5月の南太平洋サミットのおり、宝塚にも来れたかもしれないが、終わってしまって仕方がない。 しかしこれから先もないとはいえない。まあ、遅くはなったが、手元に置いておいても仕方がないレターなので、ニケニケに預けたが、あとはなるようになるだろう。レターについては月曜日に話して、次の日曜には結果を伝えると言ってくれた。誰に話すのか確認はしなかったが、ナタペイかリニに話をするのであろう。
昼食はマーケットの隣のレストランで気に入ったカレーいただく。340vt。今日もバラクーダ、ツナ、ヒラアジの大物など、沢山の菱形をした魚とまるで水族館のような海を見ていただく。やはりここは禁猟区で釣りは許されていないようだ。鶏がらを海に投げると大きな魚が食べてくれる。昼食後ドミへ行き、冷蔵庫に貼ったミュージックナイトの勧誘の張り紙を回収してくる。昨年の日本人観客は2名であったが、今年は12名の日本人と2名にニュージーランド人に参加をしてもらうことが出来た。しかもおおむね印象深い思い出となったようでよかった。アパートに戻りシャワーを浴び洗濯をしてベランダに干し、居間の椅子に座り「小説にかかなかった話」を読み直すうち、うとうとしてしまい3時に目を覚ます。レモンティーを飲んで日記をつける。来週の今頃は娘をビラの空港に迎えてアパートに着いた頃か。4:36 ようやく長かった梅雨が終わってバヌアツも冬から夏に向かうような、昨日、今日の1日であった。ベランダでいただいたピーナッツとヨーグルトフルーツを少しいただく。ピーナッツを湯通しして食べるという方法は知らなかった。甘みがあって美味しかった。ヨーグルトフルーツは丁度食べごろで、美味しかった。パンプレムースもヨーグルトフルーツもパパイヤもバナナも美味しくなる食べごろがある。熟して腐る間際が一番美味しい。レモンは油断すると腐るのが早いからどのレモンから食べるか手に取って傷みがないか確かめて小さな傷みが出たものから食べないと腐らして捨てることになるので注意が必要である。野菜は白菜の傷みが早い。キャベツも早い。
じゃがいもは長持ちするがタロー芋も傷むので注意が必要である。夕食は6時過ぎサンドイッチ2個とジャガイモサラダとレモンティーでいただく。夕食後、ベッドでマンガ 老荘の思想を見て就寝7:00

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月15日(土)  晴れ 22 ℃(最低19.1-最高28.0)日の出:6:07、日の入り:17:36 湿度 70% バヌアツ滞在468日目
2009/08/17(Mon)
2時半に目を覚ましたがそのまま寝ていて起きたのは4時であった。レモンティーを沸かしてのみ、机の上を整理して、4時半から5時まで英語復習。それから日記をつける。今日の夜のミュージックナイトのメニューを印刷しておこうと思い立ち、日記に入力する。現在5:55これから朝食。朝食はパンとキャベツヲ炒め、レモンティーでいただく。
朝の海

食後部屋をほうきではきだす。7時半パンとマヨネージを買いに中国人の店に行く。最近見つけた美味しい食パンを買い、大ビンのマヨネージを買って帰る。部屋に置いてリュックを担いでマーケットへ買い物に出かける。JICAオフィス前で大勢のゴミ拾いの仲間に出合う。マーケットに行きまず、キャベツを買う。おばさんにどこからやって来たと聞くと、タンナから来たという。今日帰るのかと聞くと、持ってきた野菜が全部売れるまで、多分来週水曜日に帰るという。安いキャベツでは、店を出す1日450vtの店賃も出ないのではないかと気の毒になる。レモンも買う。レイパコアさんから声をかけられる。昨日朝出てきたという。調子はどうかと聞かれたので、風邪をひいて喉が痛かったが大分良くなったと言ったら、ビラはヌーナより寒くて時分も風邪気味であまり調子はよくないといっていた。バナナを取り出して、私のために持ってきたと言って、1房いただく。50vtという。もう1房ほしかったが1房しかないというので、別の店から1房100vtで買う。ボンマルシェでじゃがいもと玉葱を買い、中国人の店で肉を買いアパートへ帰る。アパートの前でメレリンにあっておしゃべりをする。調子はどうかと尋ねると良いと言う。ラジオでマラポア ミュージックナイトのことを聞いたというので、今日7時からFOLで来ないかとさそってみる。行きたいと言うので、6時半の出かけるといって別れる。彼女はサント出身でマテフルカレッジの出身だから、マテフルのライバルのマラポアのミュージックナイトのは興味があるようであった。アパートに帰ってシャワーを浴び、寝巻きも、て洗いする。肉じゃがを作る。約半月ぶりのお天気で、洗濯物を洗濯機で脱水しようと思って行くと洗濯機に洗濯物が詰まったままになっていたので、取り出して脱水をする。脱水している最中に花を探したがあいにくあまりなかった。洗濯物を取り出しにいったら、ジョン セリロォリがいた。彼の洗濯物だった。ごめんねと言うと、いやいや気にしないでと言う。ジョンはフィジーからバヌアツに来ている国連職員だという。ベランダに干す。居間で「珊瑚」をはじめから読み始めたたらうとうとしてしまった。
昼の海
昼食はご飯を炊いていただく。午後日記を付けて、今日のミュージックナイトの出し物のパンフレットを作って3時ごろから夕食7人分の準備。13:35
2時まででミュージックナイト出場チーム名8部印刷終了。2時過ぎから夕食の準備。キャベツを薄く切ってフライパンで油と塩コショウで炒め、パンを別のフライパンの上でトーストし、マヨネーズを塗り、炒めたキャベツを載せて2枚のパンを挟んで、ラップに包む。これを24個作る。7人分で1人2個から4個の計算であった。結果的には1人当たり2個(4枚)14個で十分であったようだ。フルーツはバナナ5本とパンプレムース1.3Kg1個でバナナとパンプレムースの盛り合わせを7人分。あとレモンティーをカップ7杯分を作りガスコンロを掃除して朝飲んだ緑茶の茶殻で洗面所と寝室をほうきで掃きだし、ゴミを表のゴミ箱に捨てて5時すぎだった。
夕方の海
夕日の海が美しかったので写真を撮っているところに5:30先輩方到着。早速ベランダからの眺めを堪能していただき夕食をいただく。先輩の日本から来られた奥さん手作りのジャガイモサラダを加えてご馳走になる。夕食のひと時

記念撮影をして6時半過ぎ、お隣さん共々FOLへ向かう。入場口はしばらく並んで入場料300vtを支払い舞台の前の椅子3列目に座れる。先週教会で案内したジョンさんご夫妻が既にいらしており挨拶し、先輩方をご紹介する。
ゴスペル聖歌隊

7時半ちかくになってやっと始まる。最初は男子生徒により勇ましい土人の格好の民族衣装とメイクで元気な声を張り上げてほぼめちゃくちゃな戦闘ダンスのような勇壮な集団パーフォーマンスであった。
ただ、演者を照らす照明が貧弱で暗いのには折角の舞台が映えず残念であった。
カスタムダンス

1つのプログラムが終わり、次のプログラムが始まるまで、マイク調整などで、かなり時間がかかっていたのも、これは今日はいつになったら終わるのだろうかと、間延びした印象であった。
カスタムダンス
先輩方は10時半ごろに、ジョンさんご夫妻は11時45分に帰られ、結局終わったのは1時であった。
インドダンス
流石に終了時刻まで残っていたのは、満員だった観客が2割ぐらいまで減っていた。楽屋裏でシェイム先生にさよならを言って握手をする。サンキュー フォー カミングと言ってくれる。
初めて見た昨年は11時45分終了で、初めてで感動したのかもしれない。実に中味の濃いいものであったと思うが、今年は期待していたほどのものではなかった。自分の体調のせいもあったかもしれない。
風邪気味なのに薄着をしてきて、終始寒く感じて見ていたことも、喉の調子が本調子でなかったこともあったかもしれない。今年は長すぎたように感じた。
折角来ていただいた方々に申し訳なく思ってアパートには1時15分帰宅。玄関の鍵を開けてもらい、帰宅後、食器を片付けて2時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月14日(金)  くもり 23 ℃(最低19.1-最高28.0)日の出:6:07、日の入り:17:36 湿度 75% バヌアツ滞在467日目
2009/08/14(Fri)
4時起床。英語の復習。久しぶりに明るく晴れそうな一日。写真を撮って朝食後、パソコンに映像を取り込む。6:40 7時アパートを出てコンピュータ室で鍵盤、ディスプレイ、机の拭き掃除をする。
図書室は鍵が掛かっていてタリスは10時ごろ、シェイムは2時半にやって来た。昨夜の2度目のミュージックナイトは12時までかかったそうだ。全部で32の出し物であった。会場は食べ物の入れ物などですっかりゴミだらけであったが、午後生徒たちが掃除をしていた。31回ミュージックナイトの出し物は以下のようなグループであった。
1 Half
1.Atoma Shefa vermillion
2.Malapoa College Gospel Choir yellow
3.Corntries vermillion
4.Raw Recruiting black
5.NORTHERN RODS yellow green
6.Fenua blue
7.ULTRA SOUND black
8. Ls Famille white
9. TEWAELLIC pink
10.Young Servants pink
11. 2nd Generation white
12.Varnit Weta pink
13. 10 Square
14. TAG MASTERS blue
15.LSLRAGEL blue
16.PARSA BLOOD red
17.JUST US white

2nd Half
18. 1.PENAMA VAVINE black
19. 2.AMARNO green
20. 3.Gmurecters black
21. 4.Les Tonemes yellow
22. 5.BE BCREN green
23. 6.ULTIMATE a max vermillion
24. 7.YR12D BOYZ vermillion
25. 8.Pau Fic MioELNIS green
26. 9.NOMADZ black
27. 10.PRO-NINE black
28. 11.MERA-BOYS
29. 12. The Authentics black
30. 13. BURN OUT vermillion
31. 14.Drverse Adeleys ents blue
32. 15. Noisy Bano Poak vermillion
33. 16.Finale
2時の実習までコンピュータ室で19のマシンをXP-Japan Versionを導入して、英語Versionを導入する。
2時半下校。学校の下の道路でシェイム先生の車とあいさよならをする。途中の店で買い物をしてアパートに3時帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして、洗濯物を下の洗濯機に脱水しガーデンで大根とアイランドキャベツを摘む。洗濯物をベランダに干していたら、下の道路を下校の女生徒たちが歩いて帰るところでこちらを見て手を振られたので、誰かは顔は遠くてわからなかったが、手を振りかえしたら、こちらに聞こえるほど、大きな笑い声が聞こえてきた。居間の椅子にかけて、「珊瑚」を読了。あとがきを読む。夕食は7時、煮込みうどんを作り、8時ベッドで「珊瑚」のあとがき、解説を読んで就寝。

朝 久しぶりに晴れそう
久しぶりの晴れ間。朝の海

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月13日(木)  雨 24 ℃(最低19.1-最高28.0)日の出:6:07、日の入り:17:36 湿度 85% バヌアツ滞在466日目
2009/08/14(Fri)
1時起床。外は雨。喉が痛いのでレモンティーをつくり飲む。英語復習。それから新聞を読む。タスカゴルフで優勝したジェイソン キングが9,000オーストラリア ドルの優勝賞金約70万円を獲得した記事があった。来年もタスカはスポンサーとして続けるそうである。アンバエで生徒が電池を回収するための穴を掘った記事が大きくカラー写真で出ていた。これからプログラミングの勉強をしたかったが、疲れて喉が痛いので中止して横になる。3:15 4時起きてプログラミングでイメージの取扱をやってみるがうまくいかない。朝食はパンをトーストして炒めたキャベツを載せてベランダでいただく。朝7時半傘をさして履物はどうせ濡れるので、ベランダのゴムぞうりを履いてでる。こぬか雨の中JICAオフィスによって、スタッフから在留証明書をもらう。準備しておいた千葉と兵庫に送る封筒に一通づつ入れて郵便局に持って行く。途中道ですべって道路に手をついてしまう。ゴムぞうりはよく滑る。郵便局で2通それぞれ、130vtの郵便代。次にマーケットへ出かけレモンとバナナ、ボンマルシェでじゃがいも、玉葱を買う。レストランの海を見てみると底に沢山魚が今日も群れていた。肉を買ってからTVLへ電話代を支払いに行く。その途中でも滑って危うくころぶところだった。そのあとチューストアでパン2本を買ってアパートには9時半帰宅。シャワーを浴び、洗濯をする。ズボンの後ろが泥はねですっかり汚れたので肉じゃがを作っている最中、ベランダのテーブルの上で歯ブラシで時間をかけてズボンの泥のしみを取り除き、濯いでベランダに干す。昼食は出来たての肉じゃがとバナナとで済ます。居間の椅子で「小説にかかなかった話」を読んでいて居睡りをしてしまい1時半に目を覚まして日記をつける。有難いことに少し喉の痛みが薄れていた。これからビジュアルベーシック プログラミングのイメージ取扱のプログラミングの勉強。14:20 15:10までで、写真を画面に表示するコントロールがうまくいく。ガーデンに大根を取りに行き、工作室に作業者がいたのでグラインダーを貸してもらい、包丁を砥ぐ。午後は新田次郎著「珊瑚」を読んで過ごす。夕食は煮込みうどんを作る。今日も食後にパブロンゴールドA微粒をのむ。夕食後居間の椅子で「珊瑚」を読んで過ごす。10時過ぎ目を覚まし日記をつける。これからビジュアルベーシック 文字時の取扱を勉強する。22:25 1時10分まで文字と写真のプログラミング。これから就寝。1:15
ようやく雨上がる
夕景・雨上がる
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月12日(水)  くもり 24 ℃(最低21.2-最高28.0)日の出:6:12、日の入り:17:34 湿度 75% バヌアツ滞在465日目
2009/08/12(Wed)
夜中起きてレモンティーを飲む。喉の痛みは少しひいたようだ。4時半起床。頭はスッキリする。
5時まで英語の復習。5時から日記をつける。今日はミュージックナイトの1日目。見たいところだがまだだるいので今年は土曜日だけにする。今日も1時間目から7時間目の4時終了まである。1時間目に校長にプロジェクターを使うと昨日言っておいた。自分も出ているからと言っていた。5時半これから朝食の準備。7時アパートを出る。雨はまだ降っていなかったが、傘を持った人を見た。雨も降っていないうちから傘を持っている人を見た記憶がなかった。雨の予報をラジオでするのだろうか。1時間目に校長室にプロジェクターを借りに行く。11年生の実習時間にビジュアル ベーシックプログラムの例題を2つ説明する。終ってからAVルームに別の授業の先生に渡しにいく。今日は写真をプログラムで取り扱う仕方を勉強する。どのようにコントロールするのかまだうまくは行かなかった。今日から始まるミュージック ナイトはあいにくの雨になった。会場には天井から雨漏りがするので、人が屋根の上に乗って雨もりの修理をしていた。それでも雨がまだ漏って会場の床が水で濡れていた。10年生の生徒が変換のコンセントを借してくれと来た。4時までに返すと言って借りていったが矢張り4時までに返しに来なかった。これまで貸したもので期日通り返ることがまずない。その場しのぎで借りられさえすればいいことを言うがそれが守られることはまずない。ノートに借りた生徒の名前を書かせたが、それでも帰ってこない。いつまでに必ず返します。と書かせることにしようか。貸すと次に戻させるまでに時間と手間がかかる。貸して戻らない時は2度と貸してはならないと思うが、どうせ戻らないだろうと思いながら貸してやはり戻らないと、馬鹿なことをしたと思ってします。先日はノートパソコンを貸してくれと言ってきた。こちらが使っているのにお構いなしで言ってくる。ウィルスに感染するのが怖いからだめだと言うと、絶対大丈夫だから貸してくれと言う。貸したとたん、ウィルスに感染したフラッシュドライブをつけてゲームソフトやミュージック、写真を読み込ませはじめるのだ。デジカメの写真の中にもウィルスに感染したものがしばしばある。フラッシュドライブをいろいろな理由を言って貸してくれときたとき、不安を感じたが矢張り言った時までには帰ってこず、取り返すのに大変時間がかかった。おまけにウィルスつきで帰ってきた。以前住んでいた隣のオーストラリア人も明日帰すと言って借りていったお皿をこちらから1週間たって返すよういうまで、知らん顔だった。日本人はその点大丈夫だと思っていたが貸した本が戻ってこないので1か月が経つたので督促をせざるをえなかった。本人は借りたことを忘れているとしか思えないようにそのことを会っても話題にしない。物を貸すときは帰らないことを覚悟してあげるつもりで貸しなさいとはよく聞いたことであるが難しいものである。4時過ぎプロジェクターを校長室へ返す。タリスに風邪で喉が痛いので、明日休みますと言って下校する。小雨の中帰り道で買物をして帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして夕食はパンと野菜炒めとレモンティーとバナナ。夕食後「小説にかかなかった話」を読んで7:00 就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月11日(火)  くもり 24 ℃(最低21.2-最高28.0)日の出:6:11、日の入り:17:34 湿度 80% バヌアツ滞在464日目
2009/08/11(Tue)
3時起床。レモンティーを沸かし、生姜をおろしてしぼり汁を入れて飲む。喉がいがらっぽいが痛みは少しひいた。英語の復習を3:50まで、それから新聞を読む。1面は殺人未遂事件でオーストラリア人が指名手配されているというものだった。指名手配されている男のカラー写真と名前が大きく出ているのであるが、記事を読むと、Mr.がついて名前が書かれていて、被害者の女の言い分だけで探しているものだった。土曜日に豪華ヨットの持ち主である女性がこの男にヨットの権利を50%よこせと強要され船のキャビンに閉じ込められて危うく殺されかけたという記事だった。警察はノースエファテに逃げた犯人を捜しているという。2面にはラルフ レーゲンバヌーが12人の大学生に奨学金を授与したという記事が大きな写真と見出しででていた。3面にはポートビラにあるビラノースとビライーストの2つの小学校にオーストラリア タスマニアから5台のノートパソコンが寄付されたと言う記事と写真があった。生徒と先生、校長先生、寄付したオーストラリア人が3台のノートパソコンも写真に映していた。タスマニアの教員養成の生徒がバヌアツで教育実習をしてきて最後の年になるのを記念して贈ったとのことであった。4:45これから、XPのアクセサリーにある電卓の機能をみてこれと同じ物をビジュアルベーシックで作成する問題を考える。4:50 日本はお盆の帰省が始まって故郷へ帰る車で混雑が始まっていることだろう。高速料金を1,000円にしたことを自民党のおかげと感謝する人がどれだけいることだろうか。Calculatorの画面デザインをつくる。追加機能は*/,Back機能。
5:10これから食事の準備。7時過ぎアパートを出て、コンピュータ室で鍵盤と机を拭いているとマウスが外されていてピンが曲がっていた。休み時間ピンを伸ばして使えるようにする。26のoffice2003をアンインストールして導入しなおす。Calculatorのプログラムを考えると意外に難しいのに気がつく。マニュアルを見て条件分岐などの仕方を知って作ることにして、今日はSQRTだけの機能を追加したもので問題とする。12:33これからコンピュータ室で準備。昼休み30のパソコンがエラーが出ていて動きが鈍くなったのでOS-XPを初期導入する。1時からと3時から11年生にビジュアルベーシックの簡単な問題と計算機にSQRTを追加した問題を実演する。4時終了して校長室にプロジェクターを返しに行くと、校長先生が帰国するスタッフのための送別会を来月の昼食会でするとの話をする。今月は2週間のタームホリディがあるので昼食会はなしだそうだ。それでは、スタッフは今月帰国してしまうのでしかたないですねと話す。それなら今月昼食会を開けないか日程をあたってみると言ってくれた。図書室に戻り、帰り支度をして下校する。途中の店でパンは売り切れでなく、いったんアパートへ荷物を置いて、町へ買物にでかける。マーケットでキャベツを買ってパンと肉を買う。帰宅後、しゃわーを浴び、洗濯をして、夕食は煮込み肉うどんを作る。バナナのデザート。夕食後肉じゃがをつくり火にかけて本を読み始めたがうとうとしてしまい、気がついたら肉じゃがの焦げ臭いにおい。不覚にも焦がしてしまった。この日朝昼夜食後にパブロンゴールドA微粒をのむ。10時半まで「小説にかかなかった話」を読んで就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月10日(月)  くもり 23 ℃(最低19.5-最高28.0)日の出:6:12、日の入り:17:34 湿度 85% バヌアツ滞在463日目
2009/08/10(Mon)
4時起床。寝る前と、夜中に生姜汁入りレモンティーを飲みパブロンゴールドA微粒をのんだが喉が痛たくなる。薬の袋からパブロンゴールドA微粒とイソジンうがい薬を取り出す。4:50まで英語復習してそれから日記。今週はミュージック ナイトが3夜にわたってある。来週は2学期が最終となり今年も2/3が終る。これから朝食の準備。今日は雨は降っていない。晴れてくれるといいが。5:15
7時今月最初のP&O Pacific Dawnが入港したので写真を撮る。
P&O Pacific Dawn
7時過ぎアパートを出て途中モリから新聞を買って学校へ。コンピュータ室の鍵盤、机を拭き掃除しながら、マウス、鍵盤、LANケーブルの結線を確認する。図書室で着替え1時間目は12年生のExcel実習。マラポア ミュージックナイトの垂れ幕が出来たので、写真を撮る。
31回目のミュージックナイトの横断幕
絶対アドレスの使い方を説明する。2,3時間目はクラスがないので、図書室でインターネットなどをする。それが終ってコンピュータ室で13のマシンのXPの導入と各種ソフトのインストールをする。今日はプロジェクターが使えなかったので説明は個別にした。風邪で喉が痛いので大きな声は出ないので丁度良かった。少し疲れたので4時前下校する。途中の店でパンを買い帰宅後シャワーを浴びて洗濯をする。洗濯後、洗濯機に入れて脱水している間に大根とアイランドキャベツを摘んでくる。夕食は6時にやきそば。レモンティー、バナナ。夕食後パブロンゴールドA微粒をのむ。6時過ぎ朝来た船は汽笛を鳴らして出て行った。6時20分暗闇の中に船の明かりだけが見えていた。朝に撮った写真をパソコンに取り込んだので明日ブログに載せよう。7:30 新田次郎著「小説にかかなかった話」を読んで就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月9日(日)  くもり 23 ℃(最低19.5-最高28.0)日の出:6:10、日の入り:17:35 湿度 85% バヌアツ滞在462日目
2009/08/10(Mon)
3時起床。矢張り風邪をひいたらしい。金曜日銀行で会った青年隊員が40度の熱がでて、うつるかも知れませんよと言っていたのを思い出して、うつったのだろうと思う。昨夜の夕食後、汗が出てきて不思議だったが風邪の初期症状だったかもしれない。少し喉がいがらっぽい。全身状態は少し寒気がする。起きてすぐ、日本茶を飲み、4時45分まで英語の復習。それから魚釣りの仕掛けを準備する。先週見た大型魚のための疑似餌の仕掛けを2つ準備する。そのあと朝食はおかゆと肉じゃが。少し汗をかく。朝食後、日本茶の出し殻を洗面所にバラマキほうきではきだす。バランダの洗濯物を取り込んでベランダにもダシガラをバラマキ掃き掃除をする。おかげで洗面所は緑茶のいい香りで満たされ気持ちがよくなる。6時のNHKワールドを見ると、今日は64回目の長崎原爆の日である。広島で集まった世界の300名の市長は長崎に集まるという。阿呆も選挙目当てで広島に続いて長崎の記念式典で話すと言う。どうせこれまで言い尽くされたことしか言わないのにのこのこ出てきて見苦しい。広島では市長の秋葉が言った「オバマを支持し、オバマジョリティ」なる新語を披露して、阿呆はすっかり無視されていたが、マンガ阿呆は気にせずに口を曲げて「非核三原則の堅持をお誓い申し上げます」と存在感をアピールしようとしていた。7時レモンティーとパンをベランダで海を見ながらいただく。疑似餌のしかけだけではなく餌釣りの仕掛けを思いついて、小麦粉でダンゴを作り、3つ餌釣りようの仕掛けを準備する。7時半から日記をつける。これから生姜おろしを作って汁をしぼり熱いレモンティーに入れていただこう。鼻水が出てきだした。風邪と体力のせめぎ会いが始まっているのだろう。こしの周りは薄ら寒くなってきた。こんな日は寝ていたほうがいいのかもしれないが、昨日教会に誘った手前休むわけにはいかない。状態が悪くならなければ魚を釣れるかも知れない。生け締め用の竹も準備した。今日は昼食はレストランで食事をしながら釣りをして、夕食は釣った魚で刺身の予定である。さてどうなるか。これから昨日撮った写真の取りこみ。それから生姜レモンティーを作る。8:10
8:20までで写真をとりこみ、明日ブログに載せよう。これから生姜ティー、を作る。
8時55分アパートを出てボンマルシェNo2に向かう。週末の夕食用の麺とパンを買ってPMCヘ。道を間違えて遠回りをしてしまったため9:55教会へ。昨日案内したスタッフご夫妻も来られていた。10時からの礼拝は婦人の日の記念礼拝で婦人たちは白いアイランドドレスを着て大勢でコーラスをしていた。長年婦人の活動に尽くしたご夫妻にプレゼントが贈られていた。礼拝中は風が吹き込んで寒かった。礼拝後久しぶりに見えたジョン クルークさんご夫妻とおしゃべりをする。デイリーポストに記事が出て以来礼拝にこられてなかった。 1ヶ月留守にして2週間ヨーロッパ、2週間ニュージーランドに旅行していたそうで、息子さんのフィンランドでの結婚式にも出席したとのことであった。フィンランドの言葉は日本と同じで難しいと話していた。テレコム レギュレーターの仕事は9月で契約が満了になるという。長年ニュージーランドの通信会社で働いたジョンさんはその後もバヌアツにとどまって、いろいろ教えるそうである。セティさんにミュージアムの年会費2,000vtは少し高いので500vtにまけてもらえないかと話す。問題ないような返事で今度は11日火曜日夜6時から7時まで、考古学の話だそうで出席を勧められた。ジョン クルークさんも会員だそうで、ジョンさんもからも参加を勧められた。そのあと庭で昼食が出てご馳走をいただく。前の女性が大きなヤム芋を頼みもしないのに皿に取ってくれたのには最後まで食べるのに苦労した。新スタッフの旦那さんが笑顔でいろいろしてくれてありがたかった。セティさんがブロバラブを紹介してくれる。マロ出身の1951年生まれで1967年マラポアの2期生で入学し71年卒業後、フィジーのUSPに1年勉強し、英国に留学して政治の歴史学でマスターを取得したという。5月に北海道で開かれた南太平洋島サミットにも首相と一緒に行って来たといい、昨日はオーストラリアから帰国したという首相府の要人らしい。来週レターを持って行くことにする。昼食後2時過ぎにスタッフご夫妻と一緒に教会をあとにする。アパートには2:40分帰る。シャワーを浴び、洗濯をして、脱水を兼ねてガーデンに野菜を取りに行く。洗濯物をベランダに干して、生姜汁入りレモンティーを飲んで体温計で計ると、36.5℃の平熱であった。椅子で「南太平洋ひるね旅」を読んで寝てしまい目が覚めたのは5時半であった。少し寒気がした。ストーリーを追いかける小説は眠くならないが、紀行文は眠くなってしまう。お皿いっぱいいただいた昼食でお腹がすかず、夕食は7時にずらすことにして日記をつける。鼻水が出てきて止まらなくなったので仕方なくティッシュを丸めて鼻の穴に突っ込んで過ごす。6:30これから夕食の支度。ご飯を炊く。生徒データベースを見てみるとブロバラブの生徒番号は106番でMalo島の出身であった。夕食後、計算機のサンプルプログラミングにルートを計算する機能を追加した問題3を作る。明日説明して生徒に作ってもらおう。これからホットレモンに生姜汁を入れたジュースを作って就寝。21:50 風邪をひいてから、元気が出てこない。やはり健康第一である。「南太平洋ひるね旅」をようやく読了。22:30就寝
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月8日(土)  くもり時々雨時々陽が出る 23 ℃(最低19.5-最高28.0)日の出:6:10、日の入り:17:35 湿度 88% バヌアツ滞在461日目
2009/08/10(Mon)
3時半起床。日記をつける。外が明るいので見ると月が真上に出ていて光のリングが回りにあった。雲は薄いようであるが、湿度は高いので今日も晴れないのかもしれない。しかし今日は寝巻きとソファーの10個のクッションのカバーとベッドカバー、台所の床のマットを洗濯しよう。マーケットで食材の買物と昼食はおいしい肉うどんの決定版、夕食はうまい牛丼を作り来週土曜の夕食メニューを考えることにしよう。4:45 これから英語の復習。朝食は6時にパンとキャベツ炒め、レモンティー、バナナ。ベランダで椅子のクッションカバーを8枚を取り出しゴミを取る。中から別のカバーが6枚出てきてこれもゴミ掃除する。ベッドカバーと室内上着、台所の床マットを持って1階の洗濯機で8時過ぎに洗濯をはじめる。ベランダのごみをほうきで取る。寝巻きとトレーナーズボンは手洗いしてベランダに干す。9時過ぎ洗濯物を取り出し1階の物干しと部屋のベランダに干す。9時半一仕事終えてマーケットへ買物に出かける。交差点で止まった車の中から「モーニング ひろしさん」と声をかけられる。シェイム先生だった。元気な声を聞いて嬉しくなる。マーケットではレモンが安くて10個入って100vtだった。キャベツとバナナ2房買って、チャイニーズの店で肉を買い、ボンマルシェで米とスパゲッティを2袋買ってアパートヘ10時半過ぎ帰宅する。シャワーを浴びて、洗濯をして、脱水をするため洗濯物を持って洗濯室へ行き、ガーデンに大根を取りにでかける。1階の洗濯機でスピン(脱水)を回してガーデンで大根1本抜いてホースで土を洗い落とす。洗濯機で脱水を終えた洗濯物を取って部屋へ戻る途中、日本人に会う。今度赴任してきたJICAスタッフであった。ミャンマー人だというご主人と一緒に部屋を探しに来たそうである。早速部屋にご案内する。ベッドカバーを干していたので部屋の中からはビラの海の眺望は見えなかったがベランダに出て眺めを楽しんでもらう。今空いている部屋は1ルームしかないのでとりあえずそこに入って大きな部屋が空いたら移ることを考えるとのことであった。お二人ともアパートにはご満足のようだった。今はカイビチに宿泊しているという。
来週は1週間の出張で疲れて帰られるだろうが、もし元気が残っていたらと土曜の夜のライブの案内をする。明日の教会も案内する。これからマーケットへ行きたいというので時間を見ると12時半を過ぎていたので直ぐ行くように勧め、さよならをする。土曜のマーケットは1時頃には店じまいするところが多い。昼食はご飯を炊いて牛丼にする。味は日光の手前であった。それかた肉じゃがを作る。居間の椅子で「南太平洋ひるね旅」を読みはじめるとしばらくして昼寝してしまう。1階の洗濯干し場に行って洗濯物をひっくり返す。このとき雨が降っていた。4時ごろ大根で即席漬物を作る。夕食は6時お粥とお茶漬け海苔、肉じゃがとジョゴと大根の葉っぱのコンソメスープ、大根の即席漬け。夕食を作っている最中、娘から電話が入る。100Vで700Wのヘアードライヤーを使えるかと聞かれるが、80Wまでの240V→100V変圧器しか持っていないので使えない。700Wの変圧器は大きなものでどこにでもあるものではない。変換コンセントはあるので必要ない。デジカメは100Vにも240Vにも対応している製品であれば使える。普通のデジカメはそうなっている。トラベラーズチェックは必要ない。バヌアツに着いてから出発するまでのお金はいらないと話す。ヘアードライヤーがないと風邪をひくので、使えなくては生活できないらしい。よくあのヘアドライヤーをかけながらテレビを見ていた娘を思い出した。バヌアツに来る機会にヘアードライヤーがなくても生活できる経験をつかんでもらいたいものである。夕食後クッションカバーをつける。つけるのははずすより厄介である。半分つけてひとやすみして日記をつける。これから残りのカバーをつける。21:20
結局22:30までかかってカバーをかける。しわが出て美しくはないが、清潔になったソファーだからこの上でも寝ることもできるであろう。23:00就寝。
少し陽が出た夕景
少し陽が出てきた夕景

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月7日(金)  くもり 23 ℃(最低21.2-最高28.0)日の出:6:11、日の入り:17:34 湿度 83% バヌアツ滞在460日目
2009/08/07(Fri)
英語の復習を0時半まで。それから日記をつけて昨日のデイリーポストを見る。オーストラリアの医療団が来た記事の中でこの国の若者にもガンが増えてきたというのが出ていた。車の廃棄ガスとごみ特にプラスチック類の野焼きなどによる空気汚染も健康に悪影響が出始めてきているのかもしれない。クリントンが訪朝して2人のジューナリストがとった行動を詫びて、キムが2人を開放したという記事が出ていた。2人は北朝鮮から中国に脱出する難民をレポートするため活動していたといい、中国と北朝鮮の国境付近で3月につかまったらしい。不法入国と北朝鮮を攻撃したという罪状で強制労働12年の判決を6月に受ける。8月に前大統領が詫びに来て2人を連れ帰るという。アメリカ人といっても、顔は北朝鮮人と変わらない中国系アメリカ人のようであり、スパイだと主張する北朝鮮の言い分には一理ある。北朝鮮の危険さを知らなくて起こった事件だと思う。2時、今週も早くも週末になった。今日は1時間目の13年生の時間にエラーメッセージの出始めたパソコンを確かめて、2,3時間目はプログラム実習を指導。4時間目のクラスの無い時間に危険なパソコンのリストアをしてみよう。5時間目の12年生の実習が終ったら2時半に下校して3時半までに銀行に行ってお金を下ろし電気代を支払いに行く。週末に新しいプログラミングの問題を作ろう。それを来週説明して作ってもらおう。外はまた雨音がしてきた。先週の水曜日からお天気が悪かったと思うが今日で10日も雨模様の毎日である。ヨットでこられた方には雨続きで気の毒なお天気であった。日本は本格的な夏で暑いらしいが、それよりは過ごしやすいし体調も悪くない。2:25雨音が止んだのでベランダに出てみるとまだ雨は降っていたが、丁度真上あたりに、雲の裏で月がぼんやりと輝いていた。雨が降っている時に月が見えた記憶は無いが雲は薄いのであろう。今日は明るくなったら晴れるかもしれない。湿度が83%とやや低いので希望が持てる。今月のJICAカレンダーの写真は大変印象的なものである。アフリカのエチオピアで少女がじょうろで畑のしおれている野菜の苗に水をかけているものである。エチオピアはしばしば干ばつの被害があるという。バヌアツのように水には困らない、果物や芋などは豊富に出来て食べ物には困らない国で生まれた人は幸せだと思う。3時、疲れてきたので休むことにする。4時起きて、プログラムの解読をする。5時半までで卓上計算機あるCalculatorのプログラムの解読をする。簡単にできるのに感心した。これから朝食の準備。5:30 7時傘をさしてアパートを出る。途中靴の裏のゴムがぱっくりと外れる。靴の修理はどうやら限界に達した感じである。
今日は朝からコンピュータ室の照明とエアコンの電気は点いた。しかし図書室のインターネットがつながらない。タリスがインターネットが繫がるようになったと言ってきてくれた。シェイムが設定を変えていて元にもどしたら繫がったそうだ。この日ウィルスに感染していて出てきていると考えられる、1,13,25,26,30,32の6台のパソコンを以前のチェックポイントへRestoreする。エラーは出なくなったものもあるが、サーバードメインへの接続はやりなおさなければならなかった。しかもサインオンに時間が掛かるようになった。特に13ではアドミニストレーター サインオンはすぐできるのにユーザーサイン オンには2分もかかるようになった。26では戻した後にもエラーは消えなかった。13と26は来週OSの初期導入をすることにする。プログラミングの実習ではジョセファーに教える。
2時の授業を終えたところで丁度雨の止み間に下校する。途中の店で最近見つけて気に入った小さな食パンと砂糖を買ってアパートへ帰る。半ズボンの後ろとリュックサックに靴で跳ね上げたドロで汚れてしまったので、ズボンを換えて袋を持って町へでかける。銀行で青年隊員に会っておしゃべりをする。昨日まで40度の熱をだして2日間寝ていたという。そう言われてみると少し元気がないようにみえた。職場が提供している家が寒くてかなわないらしい。重ね着して毛布1枚で寒いと言う。昨年3月暑い時期に来てタオルケットとベッドカバーだけで過ごし、5月下旬寒くなって毛布1枚買った。それでも寒くて風をひいてしまいもう1枚毛布を買った。今ではタオルケットと毛布2枚とベッドカバーで何とか寒さをしのげている。バヌアツ人がこの時期冬の服装をしているのが、寒いといっている青年隊員の話を聞いてなるほどと思った。このところの雨模様の冬のお天気も体調に影響を与えているのだろう。早くすっきりしたお天気になってほしいものだ。ユネルコで電気料を払いに並んでいたら、マラポアをやめてリザーブ銀行に昨年移ったロビンソンに似たバヌアツ人と目が合うと「マイ フレンド」と言って握手を求めてきた。ロビンソンより背が低いが誰だったか思い出せなかった。
チニーズ ストアを覗いてハミガキを買う。マラポアの女生徒が数人机を出して来週のミュージックナイトのチケット販売をはじめていた。何人かの生徒に出合う。JICAオフィスでスタッフトおしゃべりをする。送ったメールを受け取っていないと言うので来週また送りなおそう。清子さんからの便り、電話代の請求書など郵便物を棚からとる。アパートに帰り、シャワーを浴び、洗濯をする。半ズボンのドロの汚れには歯ブラシで丁寧に洗ったが完全にはとれなかった。リュックサックも運動靴も一緒に手洗いしてベランダにつるす。夕食はパンをトーストし、キャベツ炒めをのせてレモンティーでいただく。日記を付けてベッドで「南太平洋ひるね旅」を読んで19時半就寝。


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月6日(木)  くもり時々雨 24 ℃(最低21.8-最高28.4)日の出:6:11、日の入り:17:34 湿度 89% バヌアツ滞在459日目
2009/08/06(Thu)
0時起床。外は真上に月で出ていて明かるかった。2時前まで英語の復習。それからメールの準備。現況届けを出す時期なのでバヌアツ駐在証明書の発行依頼を作る。それからマラポア ミュージック ナイトの勧誘メールを作る。今日は1時間目のクラスが無い日である。これから新聞を読んでから、Accessの勉強。4時に疲れてベッドで寝て5時15分起床。朝食後7時アパートを出てコンピュータ室に7時25分。机の上と鍵盤をウェットテイッシュで拭いて床をほうきではきだす。図書室に移り着換えをして木曜日の最初のクラスである2時間目の11年生から実習を見る。昼までプログラミングの実習をやる。飲み込みが早いのには感心させられる。プログラミングで興味を持ってくれた生徒が出てきたのを感じることができて嬉しかった。途中ワードの解説文書を読み取り専用に変える。昼食時図書室に戻って日記とブログの更新。12:25 今日も雨でこれで約1週間雨続きである。午後も11年生のビジュアルベーシックの実習を見る。追加の問題も丁寧に作るので楽しくなる。雨が今日も降ってきた。こう雨が続くと、もう一足新しい靴が必要のようだ。14:25
午後とうとうコンピュータ室の照明とエアコンの電気が停電になってしまう。ジェフリーに電話するが直らない。仕方なく暗がりで、エラーメッセージの出ていたパソコンを初期導入した日までリストアしてから、設定と残りのソフトの再導入を試みる。暗がりでの作業は2倍疲れる。その間も生徒たちも暗がりで実習を続けて文句を言わないのに感心する。昨年のこの時期には停電でほとんど暗がりでの実習であった。冬のこの時期はエアコンが無くても暑くないので問題ない。しかし暗い部屋での作業は疲れた。4時前にインストールを完了して図書室の席に移るがここも電気が切れていて暗い。早々に帰り支度をして、職員控え室の前で立ち話をしていた、校長、タリス、シェイムにさよならを言って下校する。丁度雨が小降りになってきた時でラッキーであった。途中の店で昨日買ったパンがあったので又買う。ここではフランスパンが普通だが、そこのパンは日本の食パンより小さな食パンで薄切りで16枚切ってあって、フランスパン2本分の値段である。朝食と昼食分に丁度よい分量である。朝食で6枚、昼食で10枚に野菜炒めを挟んでラップに包めばいいので、フランスパンより楽である。しかも砂糖が入っているようで甘い。売り切れでないことも多いのであるが、あればうれしい。今日はドミに行ってみるとドアが開いていて、離島から来て療養している青年隊員を見舞う。ミュージックナイトの勧誘ポスターを冷蔵庫に貼っておく。はたして見て、来る人がいるだろうか。掃除のキャロルにあう。
アパートに帰り、シャワーを浴び洗濯をして、夕食はヤキソバを作る。キャベツと白菜を炒めて加える。6時からのNHKワールドを見ながら夕食。広島は64回目の原爆の日。阿呆がだみ声を作って記念式で話していた。選挙目当ての出席が見え見えなので場違いな印象はあっても真実さが伝わってこない。
今日はインターネットを見ていると、お隣のトンガで船が沈んで大勢の人のなかで邦人1名も行方不明だという。2008年に赴任した船舶機器の技術者で70歳のJICAシニアボランティアだそうだ。トンガの首都から78Kmはなれた海で夜の11時ごろの転覆事故だという。ニュージーランドが飛行機や船で救援しているらしい。ベッドで「南太平洋ひるね旅」を読んで18時半就寝。23:30起床。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月5日(水)  くもり 24 ℃(最低21.2-最高28.4)日の出:6:12、日の入り:17:34 湿度 85% バヌアツ滞在458日目
2009/08/05(Wed)
2時半起床。4時まで英語の復習。4時からデイリーポストを読む。フィジーからバヌアツの最高裁の長官として2年間、ダニエル ファティアキという53歳でカソリックのキリスト教徒が2年の任期で赴任してくるという記事であった。この国とフィジーの関係の深さを示す記事である。先日の一面にはフィジーの首相とバヌアツの首相が握手している写真であった。5月の北海道で開かれた太平洋島サミットでは、フィジーの首相もバヌアツの首相も参加していた。オーストラリアが南太平洋の島国のバヌアツ、トンガ、キリバツ、パプアニューギニアから2,500人の季節労働者を季節労働者としてビザを発行するという記事もあった。農場での果物をもいだり花の剪定などをするようだ。バヌアツビールのブランド「タスカ TUSKER(豚の牙の意味)」主催のTusker Vanuatu Golf Openの前面記事があった。1984年から始まったこの大会は当初3人のプロの参加で賞金は2,000オーストラリアドルであったのが今回は英国、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、ニューカレドニアから37名のプロが集まり50,000 AUDの賞金を争うという。そろそろ5時。今日も7時40分の1時間目から16時までのクラスである。ようやくお天気になりそうだ。まだ濡れているサンダルと靴が今日で乾くであろう。これから朝食の準備。7時過ぎアパートを出て7時半コンピュータ室。机の上と鍵盤を雑巾がけしてから床の掃除をする。図書室へ移って着換えをしてからコンピュータ室に移る。11年生の実習で操作の仕方を教えて出来た生徒に新しい問題を説明したらすぐ始めて頼もしい。昨日の女性の先生がパソコンとケーブルの繋ぎ方を聞きに来る。みてみると違う場所と接続していたので、接続しなおして映るようになる。2時間目は休み。図書室でメールの処理。写真で丁度いい大きさを確かめる。500xのサイズが丁度いいのがわかる。これから10時から12年生のExcel。今日もPivot Tableの説明をしよう。9:50 今日はタリスからフラッシュ ドライブが動かないといわれる。預かって4機種のパソコンのUSBポートそれぞれに差してみるが機械を認識してくれない。差込の突起が少しぐらついている。諦めてハードが故障していて機械が認識しないと言って返す。フラッシュ ドライブはデリケートなものであるから取扱には注意しないといけない。今日は全くディスプレイにOSが立ち上がらない22番のPCの修理をする。PCのメモリーカードを外したりしているうちに、ファンも回らなくなり、電源もたち上がらなくなったが、はじめからやり直したところ、システムが立ち上がる。しかしウィルスが原因のエラーが出てくるので、OSの初期導入をする。USBポートを閉め忘れたパソコンを見つけたが、動作が通常の1/3ぐらいにぶくなっていてまさに瀕死の状態といった感じであった。金曜日の4時間目がクラスが無いのでこの時間にシステムの初期導入をしよう。午後12年生にPivot tableの実演をする。4時下校。帰り道でフィジーで今年から新しい仕事を始めて、出張に来ていた元青年隊員と出会い、しばらく立ち話しをする。さよならをしてしばらく歩くと今度は青年隊員に出会い立ち話をして8/15のライブの案内をする。アパートに帰って、シャワーを浴び洗濯をして、夕食は昨日同様煮込み肉うどんを作る。野菜を多く入れすぎて、昨日の方が美味しかった。ベッドで「南太平洋ひるね旅」を読んで6時半就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月4日(火)  雨 24 ℃(最低14-最高29.5)日の出:6:14、日の入り:17:33 湿度 90% バヌアツ滞在457日目
2009/08/04(Tue)
2時15分起床。英語の復習を3:45まで。それから日記をつける。外は雨。日本の秋の長雨のような感じである。バヌアツ人はこの時期冬の服装で長袖、長ズボンが多い。昨日は校長先生もそうだった。しかし学校へは半袖のTシャツ、半ズボンで出かけている。学校で汗をかいた服を着換えて、二階にハンガーにかけて干しておき、ワイシャツに着換えるが湿度は高いが気温がさほど高くもないので身体は楽で良い。昨日は来週ご家族で旅行に来られるという若い方からの質問に昼休み返事をしたが、そのなかで、刑務所からの脱獄があって治安がよくないことが載っていたが、脱獄と言っていいのか少しニュアンスが違うのでココに書いておく。こちらの刑務所では週末になると収容者を外に出して自由にさせて日曜日は教会にも行くようだ。週の初めには刑務所に戻ることが義務づけられているという。この中に戻ってこない囚人がいるようで、これを脱獄と呼んでいるようなのである。
よく映画で見たり、日本で脱獄した囚人が長年みそしるを鉄格子につけて鉄を腐らせて脱獄するといった類のものではないのである。刑務所のそばを通ると中の囚人と手をふって声を掛け合うこともできるし、刑務所の中の囚人どおしの人間関係のわずらわしさはあるだろうが脱獄しようと思えばいつでも週末をまてば出来るというのがこの国の実情なのである。戻らない囚人が出るのは珍しくないからいつも今回脱獄犯が何人という新聞ダネがでてくるわけで日常にある珍しいことではないのである。もう5:10になった。今日は1時間目と3時間目に12年生のExcel,5時間目と7時間目に11年生のビジュアル ベーシックを実演しよう。2時間目と4時間目の13年生のプロジェクトの時間、6時間目にフラッシュドライブについてインターネットで勉強してみよう。今日も4時までであるが、バナナがなくなったので帰りにマーケットに買いにいこう。5:25 7時傘をさして学校まで歩く。途中モリからデイリーポストを買う。今日も傘をさして気持ちよくサンキューと言って渡してくれた。コンピュータ室の机とキーボードを拭く。鉛筆の落書きも石鹸を付けて綺麗にする。今日説明しようとした生徒は昨日聞いたメンバーが多く遅れてきた生徒の中に昨日いなかった生徒があった。次回またしよう。早速タンナからきている12年生からピボットの使い方の質問を受けてやって見せる。これから10時まで図書室でインターネットと調べ物。8:45 10時からAVルームでプロジェクターをパソコンに繋いで映す手伝いをする。今日の最後は4時まで11年生にビジュアル ベーシックの作り方を実演する。
今日は早速、11年生の女生徒がビジュアル ベーシックの例題を作ろうとしていて質問してくれた。一緒に出来上がったときはうれしそうだった。12年生のフツナから来たと言う男子生徒からピボットの質問をされ、一緒にフツナのファミリーネームの多いもの順、つまりフツナではどういうファミリーが大家族かの分析一覧を作る。これが僕のファミリーネームですと示してくれた。
今日はウェブサイトからフラッシュメモリーを徹底チェックをするという、Chkflshというソフトを見つけてダウンロードして使ってみたが、書きこみ禁止と表示される問題の解決には役立たなかった。書き込み禁止は普通スイッチがあってそれを書き込み禁止にしておくと、そうなるのであるが、本体にそれはついていないし、書かれているファイルが読み込み専用にしているわけでもない。書かれているファイル名の変更もできない。フォーマットも出来ない。書き込みもできない。一時アドレスがオール ゼロと表示されていたが、いろいろやってUsed 50MB,Free 3.9GBの表示がでてきた。内容はバックアップで1月9日書き込んだものだが記憶がはっきりしない。4時過ぎ下校。アパートに荷物を置いてマーケットへ買物に行く。12年生のジョシア達と会う。マーケットとボンマルシェとチャイニーズ ストアで買物をして、JICAオフィスによって帰宅する。シャワーを浴び、洗濯をしてから夕食を作る。夕食は肉うどんとバナナ。夕食後、肉じゃがを作って、日記をつける。これからベッドで読書して就寝。20:30
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月3日(月)  雨 24 ℃(最低14-最高29.5)日の出:6:14、日の入り:17:32 湿度 86% バヌアツ滞在456日目
2009/08/03(Mon)
23:00起床。外は雨。湿度が高くてベランダに干したタオルケットと枕カバーがまだ乾かない。
今日から英語は7回目の復習。1-have,2-do。何回やっても英語の勉強は楽しい。次回の100回終了予定は9月21日である。12時までに終える。それから日記をつける。昨日のヨットマンとの出会いがあって、思いがけなく大きな魚がたくさん群れている所を発見できた、美味しいチキンカレーを見つけることができた。次回はあの大物を釣る仕掛けを準備して行って釣り上げたい。次回は店であのカレーがとても美味しかったことのお礼を言って、料理を作った人を教えてもらい、あのカレーの作り方を教えてもらうことにチャレンジしてみしよう。どんなカレー粉を使って、どう調理するのかを教えてもらいたいものである。バヌアツでは日本で売っている便利で美味しい固形のカレールーは売ってはいない。全てカレー粉だけである。日本でもSB食品のカレー粉は使っていた。小さな缶に入っていてとても高価であはあるが、とても良い味が出て、固形のカレールーとは一味違う美味しいカレーが出来たものだが、こちらのカレー粉で美味しく出来たことが一度も無い。2種類のカレー粉を試して見ただけだったが結局こちらのカレー粉で美味しいカレーを作るのは諦めていた。しかし、昨日のカレーの味はもう一度食べたいと思う良い味であった。昨日は先輩のヨットマンとバヌアツのチキンカレー、大きな魚の群れとの新しい出会いに感謝であった。今も雨の中ヨットの中では雨音を聞きながら休まれていることだろう。きっとバヌアツの美味しいパンプレムースを沢山買ってニューカレドニアのヌメアに向かって出航されることだろう。1時これからメールの準備。2時45分までメールの準備をする、外は雨音が聞こえて来るほどの本格的な雨である。3時20分までヌーナ旅行の計算をする。
朝6:50 雨の中を傘をさしてアパートを出る。7:15コンピュータ室の拭き掃除をする。パソコンを立ち上げて、サーバーにつなぎ、USBフラッシュドライブのデータとプログラムをサーバーにロードする。11年生用のビジュアルベーシックの2題のプログラムと12年生用のExcel マラポア生徒データである。図書室に移り着換えする。リュックサックの中の着換えも、雨で濡れていた。校長室にプロジェクターを借りに行くが無い。奥さん先生のマーガレットさんに話すと、校長の官舎の自宅に帰って行って、自宅から校長先生がプロジェクターを持ってきてくれた。おかげで1時間目の12年生の授業では、ジョシアとケイトが出ていて、ExcelのPivotの使い方をマラポアの生徒データで実演して見せる。どの島から生徒が来ているか。どの島ではなんと言う姓が多いか、何年には何人の男女の生徒がいたかなどなどの実演をして便利なPivotを説明する。4時間目も12年生に同じ実演で説明する。
午後は5時間目と6時間目の11年生の授業でビジュアル ベーシックの問題を説明し、フローチャートを説明し、プログラムを実行してみせる。次にプログラムの作り方を1つの問題で実演して見せる。
ジョセファとロメラも出ていた。7時間目のおわる4時にコンピュータ室ではまだ残っている生徒からUSBフラッシュドライブを使いたいというのでポートを解除してフラッシュドライブのウィルスチェックをしてから使わせる。3つのパソコンで試すがフラッシュドライブを認識しないものがあって、明日また見るということにして、自宅のパソコンで認識できるか確かめるように話す。またデリケートなモノだから丁寧に注意してポートに差し込むよう注意する。1本のフラッシュドライブは書きこみ禁止のスイッチが無いのに書きこみ禁止のメッセージが出て扱えなってしまった。グーグルを見ると同様の問題が出ていた。これは引き続き調べることにする。5時前、小雨の中下校する。ドミを過ぎたところで病院の看護をしている隊員に会う。離島で教師をしている隊員が怪我をしてドミに静養をしているので見舞いに行くと言う。離島生活ではいろいろなことがあるようだ。前回会った印象では、不便な生活を克服して逞しさをまして生活している様子だっただけに気の毒なことである。
外国生活では何より健康第一で医者のやっかいにかからないで生活できることが基本だと思うが、この基本に支障が出てくると仕事に支障が及んでくる。精神的に落ち込むことも多いようだ。若い隊員の中には日本にかける電話代が大きな額になったという話も聞く。寂しくなるとスカイプでなどと言っていられないようだ。しょっちゅう日本に帰国している年配隊員もいるようだ。今おかれた環境に感謝して毎日を送ることが出来るかどうかが肝心である。任期満了を残して早期に帰国した人からはこの国と人達への感謝の言葉はひとつも聞かれなかった。誠に気の毒なことである。時間が遅くなったのでタウンでパンを買ってアパートに帰る。シャワーを浴びると途中でお湯が出なくなって冷たい水シャワーを浴びる。この冬の時期水シャワーはつらい。青年隊員の多くは冬でも水シャワーと聞く。
洗濯をしてベランダに干すが干す場所が無くなってきた。日曜の朝から干しているタオルケットがまだ乾かない。夕食はキャベツと玉葱を炒めて、スパゲッティのやきそばをつくりレモンティーといただく。夕食後ベッドで「南太平洋ひるね旅」を読んで19:30就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8月2日(日) くもりのち雨。24 ℃ 湿度 81% 日の出6:14 日の入り:17:32 バヌアツ滞在455日目
2009/08/03(Mon)
1時半起床。3年日記を見るとおととしの今日はJICAの2次試験の結果の発表があった。インターネットで結果が見れて717名が受験して208名が合格であった。あくる日速達で合格の通知を受け取った。その日の夕食メニューはミートローフ、冷奴、玉葱スライス、オクラをミキサーしてかける。とあった。まずまずの健康食を作っていた。このときの内閣は安倍であった。昨年の今日の日記を見るとマラポア半島で当時最年少のミニスター オブ ジャスティスをしていた36歳のジョシア カルサコフに会って魚をもらって、アパートまで車で送ってもらっている。彼もマラポアで学び、娘さんも当時マラポアの12年生で今はニュージーランドの大学で留学している。去年の今日にバスタオルとシーツを洗濯している。この時の内閣は福田であった。普段気にしていなかったがベッドのタオルケットが少し汚れてきた。記憶ではこれまでの16か月で1回洗濯したきりである。今日は7時過ぎたら地下の洗濯機でシーツとタオルケットとマクラカバーを洗濯しよう。今日も湿度が高く少し雨で降っているが一日干しておけばなんとか乾くであろう。それと生徒データベースのデータ項目を更新して各種クエリーと照会メニューを更新してみよう。部屋の片付けももう少しである。4:40 朝食はご飯をおかゆにして肉じゃがと大根スープと塩コンブ。朝食後魚釣りの仕掛けに手入れする。枕カバーにしているタオルを外して手洗いしてベランダに干す。乾かしていたココナッツバスケットを袋に入れ物置にしまう。7時半に地下の洗濯機でシーツとタオルケットの洗濯を始める。8:30に取りに行こう。それまで、Accessの照会、更新、メニューつくり。8:06 8時45分洗濯物を取ってきてベランダに広げて干す。Accessのメニューを作り始めたがタイトルが入らないので9:20おしまいにしてこれから教会へ行く支度。教会へは昨日同様小雨の中濡れながら、英語のボキャブラリーカードの99回目と100回目を声を出して読みながら歩いて行く。100回分50日があっとである。今日は礼拝が11時15分に終了。先輩も見えていて、セティさんからナショナル ミュージアムのメンバーの申込書をいただく。1人年会費2,000vtはちょっと高いので、今度会ったら、2人で2,000vtにならないか交渉してみよう。
先輩とヨットでバヌアツに寄航した神戸在住の方を船に訪ねる。昼食をレストランでご一緒する。チキンカレー340vtは安くてボリュームがあって美味しかった。海に面した手すり越しに鶏ガラを投げると大きな魚が飛び上がって食べに来てビックりしてしまった。バラクーダもいた。70Cm級のひら鯵もいた。今度釣り道具を持ってくることにする。まるで水族館であった。小雨の中、ツバルへ向けて粗末な船が出航して行くのを見送った。3,4日はかかるだろうとの話である。
ツバルへ向かう乗合船

小雨の中、アパートまで来ていただき、パンプレムースとバナナを賞味していただく。3時過ぎ一緒に中国人の店にパンを買いに出かける。店でお別れをしてアパートへ帰り、シャワーを浴び、洗濯をする。4時からAccessでメニューを作成する。今朝うまくいかなくて気になっていたことが、今度はスムースに早く出来て5時終了であった。USBフラッシュドライブにバックアップを取ってから、日記をつける。これからシーツは乾いたのでベッドにセッティング。タオルケットと枕カバーのタオルは乾ききらなかった。夕食は簡単にパンとレモンティー、キャベツ炒め、デザートはバナナ 5:20 夕食後6時半ベッドで「南太平洋ひるね旅」を読んで就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ