FC2ブログ
11月27日(金) 雨のち曇りのち晴れ 28 ℃ 湿度 72% 日の出:5:02 日の入り:18:05  バヌアツ滞在571日目
2009/11/27(Fri)
0時起床。昨夜は寝る前に天井のファンを一番弱くつけて寝たが夜中気がついて消す。最近は寝巻きだけで上になにもかけずお腹を出して寝ているが、風邪も引かずお腹をこわすことも無い。6月から9月ぐらいはやや気温が下がるが日中は年中25℃を越えているから半そで半ズボンで1年を過ごした。勤めは行きはTシャツで学校の図書室の2階で下着と半そでのワイシャツに着替えてハンガーに干しておく。行きの25分で汗をびっしょりかくほど暑い日もある。毎日往復4Kmのウォーキングそれも挨拶の声をかけ、時には握手をしながらの行き帰りである。こちらに来る前は、家の近所の大学のグランドの周りをゴミ拾いをしながら3周、5周、10周と歩いていたものである。朝はラジオを持っていき、6時半のラジオ体操をその近くの公園でラジオを聞きながらやっていた。もうこの時期の朝6時半はだんだん暗くなってきていることだろう。この時期の公園は金木犀のいい香りがしたものである。最近のバヌアツは4時40分ごろから夜明けが始まる。英語復習67-get(2)。2時からNHKワールドを見る。アメリカが来月のコペンハーゲンの環境会議に向けて数値目標を出したようだ。2005年のレベルに対して2020年までにCO2を17%削減するという。日本は1990年のレベルに対して2020年までにCO2を25%削減するという。何故日本は30年の間の目標値でアメリカは15年の間の目標値かそこの意味はよくわからないが、中国もアメリカに続いてあくる日に削減目標を発表した。
韓国がOECDに24番目の国として加盟したとのニュースもあった。これでアジアからは日本に次いでの2番目の加盟国となった。これで開発途上国への援助する国の仲間入りしたわけである。先進国の仲間入りが出来ると開発途上国に埋蔵する資源の安定確保が必要になってくるから必然的に開発途上国との関係を作るための機関としてOECDに期待が出てくる。タイでは12月5日クミポン国王の82回目の誕生日のお祝いがあるらしい。事業仕分けという名称の予算検討で在日米軍費用が対象にあがったと報道していた。どこまで米軍の為に金を出しているのかほとんど知らないのでそれを少しでも知ってそれが本当に日本が出さなければいけない金なのか考えるのはいいことだと思う。これのカットは流石の仕分け人にも荷が重過ぎて簡単にカットとはいかないことであろう。アフガニスタンの戦争支援をインド洋上でアメリカの軍艦に燃料を補給してきたことに対して、アメリカにはいいことをしてくれていると感謝されているようだが、本当のところはわからない。アフガニスタンの国民にはほとんど助かっているとは理解されていないだろう。
マンゴーを1ついただく。日本の桃に似た食感で少し甘酸っぽさがある。歯にはさまる繊維もある。平べったく大きな種があり、食べられる果肉はそう多くは無い。ブルキナファソの美人隊員から十何個かのマンゴーを食べたと聞いたがそれくらい食べるのはなんでもない。大きなパパイヤ1個で食べられる果肉はマンゴーの20個分はありそうである。まもなく3時半少し疲れたのでベッドで横になって「熊嵐」を読んで就寝。
5時に目を覚ます。朝食はお好み焼きをキャベツを沢山細かく刻んで作る。デザートはバナナ5本をベランダで海を見ながらいただく。したのバスにローハンデシルバが丁度乗るとこであった。今日は昼食は毎月定例の教師とスタッフによる懇親昼食があるというので、レモンティーだけ持っていくことにする。向かいのクリスマスツリーの紅色の花が次第に増えてきた。今日で今週もお仕舞いであるが今週は3回目の登校日である。今日は先生が使っていたラップトップがウィルスでIPLが出来なくなったと言ってきたのでディスクの初期設定とシステム導入とソフトの導入とウィルスの導入と最新の更新の仕方をタリスに教える。これから英語ボキャブラリーチャンクデータベースの登録。7時。7時36分まで31-leaveの登録をしてこれから出かける準備。畑で水遣りをしてから学校へ。8時半図書室にでる。電気がきていてほっとする。大阪朝日放送の朝のラジオを聞きながらメールを見てブログの更新。8時56分。9時20分ようやくタリスが来る。これからマシンのインストール。CD ROMのウルトラベースが着いたままのX30があってなんと着脱が出来ない。いろいろ着脱の仕方をグーグルで探してみるとやっと見つかった。ひとまずその方法で着脱を試すことにして、タリスは何処かに行ってしまったので、これから英語ボキャブラリーチャンクデータベースの登録。10時58分。12時まで図書室で過ごし12時昼食会場の食堂で机拭き掃除や配膳を手伝う。昨年はピクニックでハネムーンビーチでのバーベキューと水泳だったが、今年は先生、スタッフとその家族がた役100名が揃っての昼食会が1時半から始まった。牛肉のシチュー、ステーキ、豚の丸焼き、ニワトリの焼き鳥、ウィンナーの焼き物、ジャガイモサラダ、バナナとヤムのラップラップ、パンプキンのココナッツ、レタスとキャベツのさらだ、カレーシチュー、ご飯、ピザ、パパイヤ、パイナップル、ケーキ各種お皿にご馳走を山盛りとっていただく。2回目はフルーツとケーキをとる。2時半にお仕舞いにして図書室へ戻る。英語ボキャブラリーチャンクデータベースの登録をして日記を更新する。3時にタリスにウルトラベースが着脱出来ない原因と対処の仕方を説明する。今日は思いがけないウルトラベースが着脱出来ないという問題に遭遇して、システムインストールをすることが出来なかった。これから店仕舞いして下校する。15時15分 暑い中歩いて帰るとバスの運転手が手を上げるのでナンバープレートを見ると8648のセセであった。4時にアパートに帰宅。先輩の奥さんと中庭でおしゃべりをする。物産展は大勢日本人も来ていたとのことで5時の終了時間までまだ時間があり行こうかとも思ったが疲れたので見送ることにする。台所のゴミ入れをいただく。シャワーを浴び、洗濯をしてベッドに横になり眠る。6時20分目を覚ます。畑に行って水遣りをする。部屋に戻って「熊嵐」を22時までに読了。遅いご馳走の昼食だったので夕食はバナナ2本で十分だった。22時就寝。

スポンサーサイト



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月26日(木) 雨のち曇り 28 ℃ 湿度 75% 日の出:5:02 日の入り:18:05  バヌアツ滞在570日目
2009/11/26(Thu)
1時半目を覚ます。英語復習66-believe。2時からNHKワールドを見る。事業仕分けで問題になっている、次世代スーパーコンピューター予算の獲得を目指しているらしく、ノーベル賞受賞者が揃って記者会見をして将来の研究のための必要性を訴えていた。コンピュータのハードウェアの進歩は日進月歩で既にパソコンの世界のCPUの高速化とメモリーの大容量化をみるまでもない。スーパーコンピュータはかつて国産ではNECのシェアが高かったが、最近ではNECと日立は撤退したという。超高速コンピューターは商用ではすでに採算が合わなくなって売れなくなったためだろう。唯一富士通がやっているという。もし予算を止められると富士通の開発計画にも影響が出てくるらしい。どうやら国民の税金で富士通のスーパーコンピュータの開発研究を支援するという構図になっているようだ。これはなにも日本に限ったことではなく、アメリカでも同様らしい。役所主導の超高速マシンの意義は利用することだけではなく、マシンの研究開発にありむしろこの面の方の役割が大きいようである。スーパーコンピューターの分野は超高速の1台で処理するやり方だけではなく、複数台のパソコンやパワーマシンを組み合わせて並列処理をさせる高速化の技術も進んでいた。大きな計算センターを作っていてその中に超高速コンピュータを置いてサービスに努めるのだろうがおそらく民間企業であれば絶対に採算の取れる商売にはならないだろう。文部省の役人の天下りの施設として機能するだけだろう。昔の戦艦大和のようなものである。事実たくさんの小さな飛行機に沈められたように超高速コンピューターもパソコンの並列処理に勝てなくて簡単に陳腐化して誰も使う人が居なくなることであろう。そこでまた新しい超高速を国の予算で買ってくれと富士通は働きかけるのであろうがそれに乗って再びコンピューターに素人のノーベル賞受賞者や大学の学長さんが躍らされ続けることになるのだろうか。3時ごろ音をたてて雨が降っていた。4時15分にわとりの時の声が響くが雨は止んだようだ。英語データベース登録。外が白みかけてきた鳥の鳴き声が賑やかだ。コケコッコーと犬のワンワンワンが時々混ざる。これから横になる。4時43分。6時起床。ご飯を炊いてお汁をつくる。朝食は海苔でいただく。朝食後残りご飯で昼食用の太巻きをつくる。出かける支度をし始めるとまたざっと雨である。空は雲で埋まっているが明るくなってきたのでしばらくすれば上がるだろう。あまり遅くなると、帰るのも遅くなるので、9時になったら出たいものだ。8時45分。雨が上がって陽も出てきて前の道路も乾いた。9時アパートを出る。かんかんでりの中を15分歩くと雲がかかって雨が落ちてきた。学校に9時半出ると図書室はタリスの姿見えず、そのうち生徒がコピーをして欲しいとお金を持ってくる。インターネットでメールを見て返事をしてからブログの更新をする。次にうどんと巻き寿司の作り方を調べる。そのうちタリスが姿を現し、午後にウルトラベースが手に入るという。手に入ったら明日朝から来て作業するよと言って、もし手に入ったら電話してくれと伝える。明日来ても実は昨日手に入るはずの機械が手に入らなかったと言われそうだったので、物が来たら明日くると伝える。明日は毎月恒例の昼食会があるという。昼食会だけのために来るわけにもいかないから、作業がなければ昼食会は欠席と伝える。機械が手に入ったら昼食会に出ると伝える。12時でさよならをして下校する。12時半アパートに帰り畑の草取りと堆肥を表面に敷きこむ。レタスはサラダに出来るまでになってきた。朝の雨降りがウソのようないいお天気になった。海の表面がキラキラ輝いている。海ではカヌーに乗る2人づれもいる。これから銀行でお金をおろしJICAオフィスで本を借りてくる。14時12分 銀行へ行き昨年5月にドル建てで預けていた口座では一切利子が付かずおまけに口座維持費など合計30ドルが引かれていたので、お金を引き出そうとしたが、ドルが無いという。ドルだといつ準備できるかわからないという。ドルをバツに換算してバツで支払うという。そのバツで同じ額のドルが買うことの出来ない率で計算されたバツである。途方にくれてしまったが仕方ない。これも言われるままに応じるよりない。何事も知らないこととはいえ思いがけないことを経験させてもらうことである。JICAオフィスに寄って吉村昭さんの本を4冊見つけて借りてくる。もう図書室の貸し出しノートもそろそろお仕舞いになった。新しいノートが欲しいところである。アパートへ帰りシャワーを浴び、洗濯をしてから、日記をつける。さっきタリスから電話があってウルトラベースが借りられたと言っていたので明日は朝から登校することにする。17時半これから畑に水遣りに行ってから、夕食の準備。草取りと水遣りとパクチョイの移植をしてレタスを摘んで帰る途中先輩のプロパンガスを見る。夕食は久しぶりでヤキソバにする。キャベツ、玉葱を刻んでひき肉を入れて作る。スパゲッティは十分茹でて柔らかくして作り上出来だった。お汁も作りガーデンの緑の野菜も十分いただく。
デザートはバナナ。ベッドで借りてきた吉村昭著「熊嵐」を読んで7時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月25日(水) 晴れ 27 ℃ 湿度 75% 日の出:5:02 日の入り:18:04  バヌアツ滞在569日目
2009/11/26(Thu)
昨夜のニュースでは誘拐されて解放されたイエメンの日本人の記者会見を見る。
帰国してしばらく静養してからまた戻りたいと話していた。偉いものだと感心した。果たして自分があの方の立場に置かれたときどう話せるかを考えたが、同じ言葉は出てこないと思った。「白髪(しらが)は栄えの冠(かんむり)なり」とは父からしばしば耳にした旧約聖書の文言であるが、白髪の真下武男さん63歳はJICA発注の建設工事をしている民間会社の方であるが同じボランティア仲間のような気がする。50歳をすぎれば白髪は珍しくないのだが日本では髪を黒く染めるのが普通になってきている。政治家はほとんど黒く染めている。TVで見ると生え際は白いから染めているのがすぐわかる。政治かも芸能人も特に見た目を気にするのは同じなのであろう。英語復習65-pay。2時27分 3時半疲れてベッドに横になる。4時15分目を覚まし日記をつけてから英語データベース登録を5時5分までする。朝食のご飯を炊いて6時にいただく。パソコンの液晶画面を石鹸で洗い、乾いた後耳掻きの毛で磨き綺麗にする。昨日に続いて今日も7時過ぎ、定期観光船が沖に姿を現した。7時のNHKワールドニュースを見ていたらNo stone left unturnedという見出しで事業仕分け作業で予算見直しの後半戦を写していた。7大学の学長が揃って科学技術予算を削られると将来のためにならないと記者会見をしてアピールしていたが記者席は閑散としていた。防衛庁の研修施設の予算の必要性を役人が今の施設では一杯で研修施設の必要性を説いていたが、仕分け人が、各省庁がそのような研修施設づくりを競い合っているのは非効率で、よその省庁の施設の利用をあたって見たかと質問すると、それはまだやってません。と答え、その箱物つくりは没ということになったのは、面白かった。
役所とゼネコン企業のもちつもたれつの関係を見ることができた。役人は今度この施設の予算を取るから、お宅にまわすよ。と言っている姿が目に浮かぶ。ついては、将来退官したらよろしくとなっていることだろう。今日の船はP&O Pacific Sunであった。P&Oは正面に大きく新しく書かれたもので、これまでのPacific Sunには書かれていなかった。多分P&Oのグループに組み込まれたのだろう。
P&O PACIFIC SUN
2009_1125_3.jpg
7時25分 今日も自宅学習の一日にしよう。これから英語データベース登録。8時過ぎの一休みして吉村昭著「東京の戦争」を読む。10時すぎまでに拾い読みして最後まで読み終える。これから写真の取り込みをしよう。10時21分 10時54分までで写真アップロードと調整終了。これから英語データベース登録。11時40分で終了。これから昼食の準備。
残りご飯にお酢と砂糖で寿司めしにして海苔巻きでかっぱ巻きを作ってみる。具はきゅーりと牛肉。具を真ん中にして巻くのが難しかった。これも巻くコツを勉強することにする。昼食は巻き寿司。寿司めしの味は悪くなかった。巻き寿司は海苔がないと作れないが、海苔が無いときはラップで巻いても良いかもしれない。
ラップで巻いたまま包丁で切って食べるときお箸で取って食べればいいだろう。これまでご飯は2回分炊いて2回目はお茶漬けか雑炊にしていたが、時間があるときは、巻き寿司にすれば食事が進むことを知る。
午後居間の椅子で「東京の戦争」を読む。2時半アパートを出て町へ買い物。ボンマルシェから出てきたカヨに出会う。なんと25Kgの米袋を肩に載せて持って出てきた。そんなに沢山どうするのと聞くと、ファミリーで食べるのだと言う。カヨはキリバツ出身で体が大きい。キリバツは小さな国だが人は皆大きいという。肉とマーケットでレモン、わけぎ、カニを買って海沿いに帰る。アパートに戻ってから、畑にでかけ、わけぎの株を分けると18本になったので18個の穴を掘ってわけぎを植える。その周りに堆肥を敷いておく。野菜を摘んで部屋に戻りシャワーを浴び洗濯をしてから夕食の準備。夕食は餃子を5個作りレモンティーと。餃子の後はカニをいただく。6時20分、埠頭を見たらもう客船は出航していて空だった。夕
食後満腹になって、ベッドで「東京の戦争」を読んで7時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月24日(火) 晴れ 26 ℃ 湿度 80% 日の出:5:02 日の入り:18:04  バヌアツ滞在568日目
2009/11/26(Thu)
4時半起床。英語復習64-and/so。日記をつける。今日は自宅学習の日にする。潮が引いたら海を向かいの島まで歩いてみよう。今日は小麦粉からうどんを作って冷やしうどんを作って見よう。昨夜バナナを食べ過ぎたのかお腹が減らなかった。これから遅い朝食の準備。今日もご飯を炊く。6時15分 7時に朝食。
沖から船が入港してくる。美しいパシフィックダウン(P&O PACIFIC DAWN)であった。写真に撮る。
P&O PACIFIC DAWN
2009_1124_4.jpg

朝食後台所、洗面所、居間をほうきで掃きだす。ベランダも掃きだす。ベランダでバナナを3本食べて居間の椅子で「破獄」を読んで時々うとうとまどろみ9時半机に座りなおし、12月のヌーナ旅行の国内移動届を10時までに作りあげこれから英語ボキャブラリーチャンクデータベース登録。10時40分までで一休み。夕食の冷やしうどんのため、小麦粉を150gに塩を少し入れて水で練って団子を作りラップして冷蔵庫に入れて置く。水を含んだ重量は200gであった。11時からNHKワールドのニュースを見る。最初のニュースは9日ぶりに解放されたイエメンの人質が映されていた。一時すぐ解放されたような報道があったが、これまでに延びて関係者は心配たであろうが、いい結果になって良かった。これからお昼まで英語ボキャブラリーチャンクデータベース登録。11時20分 11時50分までで25-workまで。これから昼食の準備。昼食は朝ごはんの残りで、雑炊風にしていただく。12時半食後「破獄」を2時半までにようやく読了した。17日から1週間かかった読み応えのある本であった。実在した人物だということであるからインターネットで調べてみよう。
これから英語ボキャブラリーチャンクデータベース登録してから町へ買い物に出かける。3時半アパートを出てマーケットへ行く途中で中国人の店から出てきた昨年卒業した美人に出会った。初めて目にしたときカトリーヌ ドヌーブを髣髴とさせられその後マラポアマガジンの表紙を飾った女性であった。買い物をしてウォーターフロントで海を眺めながら海沿いに帰る。アパートに戻りシャワーを浴び、洗濯をしてから、ガーデンで野菜を摘んで水遣りをする。夕食は初めてうどん作りをしてみる。スターチをまな板によくふりかけ生地をその上で伸ばしてたたんで包丁で切ってみる。切ったのをスターチをよくまぶしてくっつかないようにする。それをお湯に入れて茹でてみる。おつゆを醤油と塩と砂糖とダシの素で作り、野菜とねぎ、牛肉を入れる。出来た麺は沖縄そばのような麺になった。讃岐うどんのように腰のある透明なうどん麺には程遠かった。麺の作り方を勉強してみることにしよう。1食の小麦粉の量としては150gで少なすぎもせず、多すぎもせず丁度良かった。夕食はこれだけで満腹であった。この国で麺食の材料費を計算しておくと、店で売っている乾燥麺はいろいろあるが、75gの束5つ入った乾燥麺が280バツとして1食2束使うとすると1食分は112バツである。500g入ったスパゲッティは250バツとして1食150gを使うとすると1食分75バツである。
小麦粉で麺を作るとすると1Kgが140バツであったから1食150gを使うとすると1食分21バツである。
米は現在1Kg185バツであり1Kgで約7合ある。1食は0.8合使うから1食分は21バツとなる。経済性を考えると、麺は小麦粉から作るのが一番であることがよくわかる。あとはいかに美味しい麺を作ることが出来るかにかかっている。沖縄で食べた麺にはがっかりさせられた。逆に高松で食べた讃岐うどんには感心させられ、高松へ出張する楽しみの一つであった。トッピングが豊富に並んでいるのも楽しく嬉しいものだった。
大阪にも讃岐うどん専門店があって時々入ったものだった。あの麺を作れたら嬉しいことである。
沖縄ではそこそこの店を選んで食べたのだが麺と味は全く期待はずれであった。本日の第一回目の麺は思いがけずかって食べた沖縄の麺を思い出す結果となってしまった。
6時に朝来た船が明かりをつけて沈む太陽を目指して出航していった。夕焼けの空をバック船の写真を撮る。
夕日の中の出航

夕食後ベッドで吉村昭著「東京の戦争」を読んで7時前に就寝。
23時前に目を覚まし、23時からのNHKワールドニュースを見る。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月23日(月) くもり時々小雨 27 ℃ 湿度 81% 日の出:5:02 日の入り:18:03  バヌアツ滞在567日目
2009/11/23(Mon)
0時半起床。週末の写真を取り込み日記をつける。今週はこれといった予定が無い。日本にいた時は毎日が日曜日であった。JICAに応募する前は市が募集したシニア大学に応募し毎月1回1年間の学習に参加していたがそれが3月で終了したところであった。地域の男の料理教室に毎月1回。毎週末土曜か日曜は地域のシニアの卓球同好会。毎週2日ぐらいは地域のシニアのテニス同好会。月に2,3度週末にシニアの囲碁同好会。以前丹念にしていた畑はやる気が起こらず草を伸び放題にさせていた。日本に戻ったら男の料理教室と卓球同好会を続けてあとは畑仕事で土を良くしてオーガニック野菜づくりに精をだそうか。バヌアツであれば、ヤギと豚を飼って堆肥作りをするところだが日本でそれが出来るだろうか。以前は自宅でニワトリを飼っていた。都会ではどこでニワトリを買えるかわからず宮崎に出張したおり地鶏と称するのを買って持ってきて飼っていたこともあったがそのうち玉子を産まなくなりスープのダシになった。時の声を発しない雌鳥でも住宅地では結構その鳴き声を気にしながら飼ったものであった。ヤギは草を食べてくれるのでいい。
ミルクも生んでくれる。日本でそれが出来るだろうか?今日はインターネットでやぎについて調べてみよう。
ヤギの飼い方、ヤギを譲りますといった情報が見つかるかも知れない。いずれにしても、都会までどうして運ぶかが問題になりそうである。豚は子豚がペットの対象になっているご時世だから意外に飼うのは簡単かもしれない。ニワトリはバヌアツでは餌を撒かなくてもニワトリが土を掘り勝手にみみずなどの餌を食べてくれて全くの放し飼いで増えてくれるの重宝するが日本では田舎でなければそうはいかない。住宅地では鶏舎を作り餌を与えなければ飼っていけない。結構手がかかるものである。生き物を飼うのはなんでも結構手がかかるものである。1時50分 NHKワールドなど見ながら3時20分まで英語復習60-if。
スマトラでフェリーが沈没して270名が被害に会い、240名を救助。中国で炭鉱爆発で84名人が犠牲。トルコで地すべりで家が崩壊する映像はまるで映画のよう。東京スカイタワー634mの建設で250mまで達したニュースなどを報じていた。これから英語データベース登録。3時35分疲れて休む。4時半雨音で目を覚ます。小鳥の声が賑やかに響く。4時45分向かいのマラポアの丘が黒く浮き出てくる。これから英語データベース登録。5時15分までで21-want終了。これから朝食の準備。雨上がりのガーデンへ行って野菜を摘んでくる。朝食はご飯を2合炊く。朝食分と昼食分である。昨日パンを買ったので今日の昼食はフランスパンにして朝食の残りは夕食分にまわす。SBS日本語放送を見てから、ベランダで海を見ながら朝食をいただく。7時になった。前の道路を走る車が多くなった。
もう歩く人も多くなった。普段はこの時間にアパートを出るのだが、授業は無いし停電で暗く暑い中ではなにも出来ないので出かけるのは10時頃にする。これから英語データベースの登録。7時半疲れてベッドに横になり8時20分起きる。これから英語データベース登録して昼食を準備して出かける。8時25分。8時48分までで英語データベース登録してこれから昼食のサンドイッチ作り。9時15分アパートを出る。途中で新聞うを売るモリがいつもの場所からデイリーポストに戻るところで、行き合わせる。新聞を1部買うと一面にどこかで見た顔が載っていたので文章を読むと、首相のポリティカルアドバイザーをしているニケニケ ブロバブルだった。ヘッドラインには「VP Constitution review team seeks to modernize party」とあった。
ニケニケ ブロバブルはreview teamのchairmanと紹介されていた。自分で新しい政党を起こそうというのかも知れない。昼までにメールの返信を終わりそれかブログの更新をしてRev John Williamを検索して見る。1796年ロンドン近郊で生まれ、1839年11月20日にエロマンゴのディロンズ湾で宣教者ハリスと共に殺され、この年をバヌアツではキリスト教が宣教された年とて今年で170年目と記念しているようである。
多くの宣教師が殉教して食べられてしまったようだ。白人の肉は特に美味しかったらしいと聞いたことがある。特にエロマンゴ島はタンナ島とよく争った歴史があるようで人を貴重な食料にしていた歴史があるようだ。Massacre of the Rev John Williams and Missionary Harris at Dillon’s Bay , Erromango, New Hebrides 20 November 1839 ジョン ウィリアムスは百壇(サンデルウッド)の輸出にもかかわっていたらしい。
170年前43歳の若さで殉教して今日では良い教えをもたらした恩人として尊敬を集めている。午前中ジョシアン ペーターが学校に出ていたので先週撮った写真を渡す。よく撮れていたので喜んでくれた。13時24分
やぎはTのやぎ飼う奮闘記を見る。14時前店仕舞い。タリスに明日は来ないからなにかあったら携帯に電話してくれと言って学校を後にする。アパートに帰って荷物を置いて残りご飯でお茶漬けにしていただく。夕食の材料に小麦粉40gを練りラップして冷蔵庫に入れておく。それから町へ買い物にでかける。米と肉、レモン、キャベツ、玉葱、タロー芋を買って海沿いに帰る。シャワーを浴びて、洗濯をしてから、ガーデンでアイランドキャベツ1枚、レタス4枚を摘んで畑の水遣り。夕食は肉の半分を餃子の具にして半分を砂糖醤油で佃煮風に煮込んでおく。餃子の具にはキャベツ4枚とレタス4枚、アイランドキャベツ1枚を茹でて、細かく刻みよく水気を切って挽肉と練って餃子を4個作り残りご飯といただく。デザートはベランダにおいておいた硬い青バナナが2週間たってようやく黄色く柔らかくなってきたので5本いただく。甘くて美味しくなっていた。夕食後居間の椅子で「破獄」を読んでいたがうとうと寝てしまい22時気がつきベッドに移り就寝。
2009_1123_1.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月22日(日) くもりのち小雨 27 ℃ 湿度 80% 日の出:5:02 日の入り:18:02  バヌアツ滞在566日目
2009/11/23(Mon)
2時起床。英語復習62-take(2)。4時ベッドに横になる。5時過ぎ起きて、米を1.5合水洗いする。少ない水で米がこすれあう音をたてて良くとぐ。米の出来はどうやら米の洗い方にもこつがあるように思う。水に長くつけておけば洗い方に違いはないと思っていたが、米を水洗いしている場面を見ると決まって少ない水で音をたてて洗っている。今日は洗ってからすぐ炊くご飯を作ることにしたので、念入りに洗いご飯を炊く。おかずはきゅーりを包丁で薄く切る。スラーサーではそれほど薄く切れないので包丁を使う。タロー芋も薄く短冊状に切りお酢と醤油と砂糖をビニール袋に入れて良くもむ。おつゆはきゅーりとタロー芋の短冊切りに醤油と甘辛煮の挽肉を真ん中に添えて作る。6時出来たてのごはんも美味しかった。居間の椅子に身体を伸ば「破獄」を読む。8時お湯を沸かし日記をつける。これから英語ボキャブラリーデータベースの作成を8時17分から8時45分まで。これから早い昼食。いつも礼拝が延びると昼食が1時過ぎになることがある。こんななときは本当にお腹が空いて疲れるので、9時ごろ軽く食事をして出かけることにする。空はくもが出ているが陽射しも出てきた。湿度が80%と高いので礼拝にはうちわを忘れないようにしよう。8時49分
朝食の残りご飯をお茶漬け海苔でいただき9時40分アパートを出る。そとは小雨が降っていたが傘を取りに帰らず先週と同じように濡れて行く。9時55分PMCに着くといつもと違い既に多くの信者さんが席を埋めていてわずかに後ろであいていた、さびた鉄で出来ている黒い折りたたみの椅子に腰掛けることが出来た。いつまでの歌が続きようやく10時13分玄関から恰幅のいいパスター達が数名入ってき講壇に並び始まった。今日は初めて来た人の自己紹介は無かった。後から入ってくる人のためにつめて座っていた。今日はReverend John Williamの記念礼拝であった。ジョン ウィリアムスはバヌアツでは歴史上の人物だそうで、日本のウィリアム S クラーク博士のようなバヌアツの恩人のようだ。イギリス人で最初ポリネシアのタヒチに宣教に来て教会を作り後にサモアのアピアで宣教し1839年に当時ニューへブリデスと呼ばれていたメラネシアンのエロマンゴに宣教に来て、現在バヌアツではFirst mesanger of Godと呼ばれている。
REV JOHN WILLIAM

今年は以来170年目にあたり今日はその記念礼拝で、ジョン ウィリアムスの子孫という白人が最前列に座ってバヌアツ政府からの感謝状と銀メダルが渡されていた。イギリスBBCの3人のカメラマンがSONYのムービーカメラで礼拝の一部始終を写していた。沢山の勲章をつけた兵士のボディーガードをつれた新しく大統領に選ばれたタンナ出身のアビルさん(Iolu Johnson Abil)のスピーチがあった。この人のスピーチは原稿棒読みのスピーチでしかもそれが長かった。あまり演説は上手ではない印象を受けた。
Iolu Johnson Abil バヌアツ大統領
先週の政変で副首相だったハム リニの後を襲って副首相についたマレクラ出身のサトウ キルマンが来ていて同じように前に立ってしばらく話をしていた。キルマンはかって新聞にまだ首相を出していないマレクラ出身者で首相になるとしたらこの人だという記事が出ていた人である。
Sato Kilmanバヌアツ副首相
サトウ キルマンもやはり礼拝に出席していた、ラルフ レーゲンバヌーもこれまで野党の少数党であったが、先週の政変で与党のナタペイ首相と提携して与党の一角を占めることになった。礼拝は1時前にようやく終わった。いつもの玄関前でパスターやゲストの大統領や副首相、議員のラルフやジョン ウイリアムスの子孫の人々と握手をする。サトウ キルマンにはあなたの祖先は日本人ですかと聞こうと思ったが次の機会にすることにして今日はゴッドブレスユーと言って握手をした。ラルフには先週撮ったマラポアのスピーチデイの写真を渡して握手をする。
礼拝後ボンマルシエで買い物をして海べを歩いて1時半アパートへ帰る。シャワーを浴びて、洗濯をしてから昼食はパンを焼いてレモンティーとバナナを2本。昼食後2時半ベッドで「破獄」を読んで昼寝。4時起きて、畑に行くとメリリンとダリルとレンジョーとメリリンの親戚のウレセカンダリースクールの10年生の男の子がいておしゃべりをする。パパイヤを食べていて、食べるかと聞かれたのでいただくと答えるとメリリンがむいてくれた。まだ中が熟してなくて食べるのは早かったが、それをおろしたりしても食べるという。ココナッツの白いしぼうはミキサーにかけて、かぼちゃの煮たのにかけたりするが、パパイヤもおろして野菜サラダにかけて食べるのだという。もっと食べるかと聞かれたがまだ昨日のパパイヤがあるからとこの次のお願いすることにする。きゅーりをすっかり整理して、耕し新しく8つ穴を掘り2つづつきゅーりの種を撒き、よく水遣りをする。果たしてこれからどんどん暑くなる3月末の帰国までに何本収穫できるだろうか。
6時まで同僚とベンチでおしゃべりをして部屋にもどる。夕食はご飯を炊いて、おかずはきゅーりとタロー芋の酢の物とおつゆ。思いがけなく美味しいきんぴらごぼうをいただき夕食のご飯がすすんだ。炊いたご飯がなくなるまでおかわりをしてしまった。きんぴらごぼうは日本では時々作ったことはあるが、バヌアツではまだマーケットで見たことが無い。日本にあるものでバヌアツでまだ見たことのない野菜としてはごぼう、しいたけといったところで、たけのこは見たことがある。調味料でないのがみそといったところか。夕食後日記をつける。20時30分 これから一休みで居間の椅子で本を読み始めたらうとうとしてしまい気がつくと22時。ベッドに移り就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月21日(土) くもり 27 ℃ 湿度 77% 日の出:5:03 日の入り:18:00  バヌアツ滞在565日目
2009/11/23(Mon)
0時半起床。向かいの店はまだ照明がついていてビートルズのレットイットビーが聞こえていた。
今日することをメモする。先ずごはん鍋やボールや器の重さを量っておく。ご飯を9人分で1人あたり0.3合として2.7合昨夜水洗いしておいたが、これを炊いたあと9個のおにぎりを作る。これを器にラップを置いて、ご飯をどれだけ入れれば丁度9個が同じ大きさに出来るかを先輩にしてもらうためには、空の炊飯釜の重量と器の重量を計量しておけば、ご飯が炊き上がった米と鍋の総重量から1個の重量が計算で出てくるので、同じ大きさのおにぎり9個を作ることが出来るだろう。先輩はお手伝いに11時に来てくれるので、おにぎり作りをお願いすることにしている。お願いする作り方をメモしておく。最後の9個目は大きかったり、材料が少なくなって小さくなったりするものであるが、最初に先輩に最後の1個は先輩に食べてもらいますからねと言っておけば、真剣に9等分のおにぎりを作ってもらえることであろう。紅茶の量は200ccX9=1800なので2000cc作ることにする。パパイヤを冷やす時間餃子の皮のための小麦粉を練って冷蔵庫に寝かす時間ご飯を炊き始める時間などをメモしておく。餃子は春巻きぐらいの大きな餃子を一人3個合計27個作る。1つのフライパンで5個作るのがせいぜいだから、2個のフライパンで同時に9個作り、これを3回繰り返す。焼くのはすぐ出来るから1つを食べ終わったら次の9個を焼けばいい。このための肉は450g、野菜は550gを予定している。野菜は茹でて細かく刻んで、ふきんに包んでよく絞ったあとの重量である。これに玉子、醤油、塩、胡椒、七味唐辛子、スターチを入れて手でよく練り混ぜて大体1100gぐらいになるだろう。これを3等分して分けておき、1回分をプラスチックのケースの蓋に平らに伸ばし、9等分ナイフで刻みをつけておき、皮にこんもりと形良く盛り付けて皮を綺麗に付け合せる。この作業を繰り返す。これは、焼く前にしてもいいだろう。
フライパンに餃子を置く場所は最初から配分良く置かなければならない。少し重量があるので、焼き始めてからフライパンの上で置き場所をづらそうとすると皮が破けるので、最初からいい配分に置き後からづらさないで良い様に置くことが必要である。焼き始めて少し焦げ目が出来たところで、沸かしておいたお湯を入れて茹で餃子にする。音を立てて茹であがるくらいでないと美味しく出来ない。今日の買い物はキャベツ1個、ひき肉、玉子、醤油。9時には買い物を済ませて準備に取り掛かろう。皮は6時に小麦粉と水で練って3等分した棒を作り、ラップして冷蔵庫に入れて置き、9時から1時間かけて27枚伸ばす作業を始めよう。その時並行して野菜を茹でて10時から具を練り合わせ11時から餃子の皮に包む作業、11時50分から焼き始めればいい。1時半から英語復習61-listen。2時半から日記をつける。3時半になった。これから英語データベースの作成で18-can/couldの復習から。3時半からスリランカで干物づくりを指導する村上さんご夫妻の活動を見る。乾期ばかりではなく雨の多い雨季を考慮した燻製までも教える。日本語だけで4日間の干物教室を教える村上さんの番組に出会えて幸せだった。大変満足していますと言う村上さんの言葉がすばらしい。かつて教えた生徒の家を訪ね教えた通りの干物を作っている家庭を見て、教えた通りを作っていて、あなたの干物は最高だと嬉しそうに話し、生徒も嬉しそうだったのが良かった。4時。4時20分疲れたので横になる。
5時起きて小麦粉を300g餃子の皮用に手で捏ね3本の棒を作り冷蔵庫にしまう。7時半買い物に出かける。肉600gとキャベツ、バナナ、醤油を買って8時半帰宅。シャワーを浴びて、洗濯をして9時10分洗濯ものを干してか料理開始。9時20分レタスを茹でて細かく切る。ついでキャベツを全部茹でてから細かく切り、布巾で絞る。次に肉を入れ卵を入れ、醤油、塩、胡椒、七味を入れてよく手でもむ。10時35分要約皮作りにかかる。10時40分ご飯のスイッチを入れる。先輩が来られ、おにぎり作りをしていただく。最初の1個を見本で作る。つづいて8個作ってもらう。12時ほぼ全員そろいビールでカンパイ。先輩の奥様がかぼちゃといんげんとシイタケの煮込み料理をお持ちいただき美味しくいただく。デザートのパパイヤは美味しく好評であった。先輩の奥様がお持ちいただいた、アイスケーキを美味しくいただく。準備したおにぎり、餃子3個づつは誰も残さず全てめしあがっていただけた。パパイヤは2個準備したが、1個で十分だった。レモンティーは1.5リットルボトルも空になった。今日は一つも残ることなく全て考えたとおりの昼食会であった。3時半までおしゃべりをしてあっという間の時間を過ごすことが出来て幸せだった。4時まで先輩と旅行の打ち合わせをする。先輩帰られてからゴミを出し、食器類を洗って布巾で拭いて元に戻し、テーブル2枚と1つを地下に帰す。2枚のテーブルクロスを洗濯してベランダに干す。部屋をほうきで掃きだす。今日も昨日同様美しい夕焼けであった。18時50分これから夕食の準備。今日はお昼に沢山いただいたので、お腹があまりすかないので、おつゆだけを作ることにした。ねぎ、きゅーり、タロー芋を細かく刻んで醤油味で、甘辛煮の挽肉を真ん中に添えて具沢山のお汁を作り、いただく。夕食後8時就寝。
2匹になった豚-5000バツ
机と椅子9つを準備する
隊員仲間たち
夕焼け
夕焼け



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月20日(金) くもり 27 ℃ 湿度 83% 日の出:5:03 日の入り:18:00  バヌアツ滞在564日目
2009/11/20(Fri)
3時45分起床。英語復習-50 make(2) 4時からNHKワールドを見る。この頃音を立てて雨が降りしばらくすると止んだ。今日も曇り空である。今日で12年生の試験が終了する。これから朝食の準備。5時20分朝食はご飯を炊く。おつゆはねぎ、きゅーり、タロー芋、玉葱を刻んでいれ、最後に甘辛く煮た牛肉のミンチをまぶす。朝食後いつもは出かけるのだが、今日も停電では仕事にならないので少し時間をづらして出かけることにする。照明がつかず暗く、エアコンもつかない暑い部屋で、インターネットも使えないとするとアパートで学習するほうが楽に決まっている。もう今日で12年生の試験が終わり今年も店仕舞いである。これから英語データベースの作成。16-giveから。7時。16.Keyword-giveを7時半までで終了。7時45分アパートを出る。学校の図書室には8時10分。今日は運良く電気がきていた。エアコンの効いた部屋でほっといて、日記をつける。8時15分。まもなくタリスが顔を出す。インターネットの返信をしてからブログの更新をする。
いつものおはよう朝日です1108を聞きながら11時まですごす。今日は16日卒業した13年生が学校へ来ていた。いろいろ書類などをそろえる必要があるのだろう。11年生のロメラも来ていた。12年生の試験が11時におわったら写真を渡して今日の仕事もお仕舞いにして帰ろう。これから英語データベースの作成。11時11分。
日本は今日から3連休だと言っている。11時52分までで18-can終了。これから下校。アパートに帰ってシャワーを浴びて、テーブルクロスも着替えと一緒に洗濯し地下の洗濯機で脱水をしている間に包丁をグラインダーで研ぐ。洗濯物を干して、ベッドで読書。3時半になって畑に野菜を収穫する。ダリルさんに頼んでパパイヤをいただく。黄色くなったパパイヤは熟れ過ぎていると言って未だ緑色のおおきなパパイヤを採ってくれたが、ジョンさんは熟れているのは食べられると言ってくれ、親切にも梯子を持ってきて、高いところにある黄色く色づいたパパイヤをとってくれる。パッションフルーツはまだ青くて食べられない。ジョンさんの畑のアイランドキャベツの葉を3枚とダリルさんの畑のレタスの葉の外側の巻いていない葉を30枚とねぎを1つ摘む。これで明日の材料の半分は準備できた。考えて見るともしプロパンガスが切れたらお手上げなので念のため空のボンべを持って4時半前買出しに出かける。空のボンべで15Kgぐらいの重さか。休み休みチューストアまで約10分持って歩く。満タンのボンべと交換して3650バツ、以前買った値段より少し安くなっていた。満タンのガスボンベは30Kgぐらいの重さの感じで手に持って帰るのには1人ではとても無理で、帰りはバスに乗り4時45分アパートに帰る。すっかり汗をかいたので、またシャワーを浴びて、洗濯をする。
明日は肉とキャベツと卵があれば良いだろう。おにぎりと、餃子と、おつゆとパパイヤのデザートとレモンティーの5品のささやかな昼食会のメニューである。パパイヤとレモンティーは冷蔵庫でよく冷やしておこう。5時45分今夜は冷やしそうめんにする。綺麗な夕焼けだったので写真に撮る。しばらくしたら、火を消すように夕焼けが消えていった。お腹がすいたので、兵庫県産揖保の糸50gを4束茹でて水で冷やしいただいたが少し多すぎて食べるのに苦労する。夕食後ベッドで「破獄」を読んで就寝 19時
夕焼け

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月19日(木) くもり 27 ℃ 湿度 86% 日の出:5:03 日の入り:18:00  バヌアツ滞在563日目
2009/11/19(Thu)
2時半目を覚ます。2時45分洗面所で歯を磨いていたら急に明かりが消える。他の電気スイッチをつけるがどれもつかない。外を見ると全くの暗闇で停電していることを知る。道を走る車の照明だけが明かりであった。明るくなるまで仕方ないと、ベッドで横になっていると外が明るくなった。枕もとの懐中電灯で時間を見ると3時10分。向かいの下にある店の夜中中つけっぱなしの蛍光灯が点いていた。しかしアパートの電気はまだつかない。しばらく待つと枕もとのスタンドの明かりがついた。3時24分だった。マレクラ島のホームステイでも思ったが、そこでは明かりは小さなランプだけでもちろんその明かりでは本も読むことが出来なかった。明かりの有難さをおもわざるを得ない。マラポアカレッジの図書室も昼間照明は暗い蛍光灯だけで生徒はわずかな明るさといった所で本を読んでいる。電気をつけて本を読むなどという生徒は離島ではまずいないのであろう。12年生の生徒に南太平洋にゆかりのあるサモアのアピアにお墓があるというスチーブンソンの宝島(トレジャー アイランド)を読んだことがあるかと尋ねたことがあるが読んだことがあるという生徒は一人もいなかった。子供のとき、ロビンソンクルーソーや15少年漂流記などを読んで冒険に憧れたものだった。4時半もう外のマラポアの丘と空との境が見えてきた。ありがたい明かりが点いたので起きて英語復習。59-be(3)受身文。4時からNHKワールドを見る。普天間の移設問題で岡田の表情がだんだん苦しそうに見えるようになってきた。年内に方向性を出すと言っているが、どうも出来そうには思えない。嘉手納統合は地元の反対でたとえ大金を地元にばら撒くといってもそれで妥協してくれそうにない。住宅地にある普天間基地を人の少ないキャンプシュアブに移すことで一度は合意をした計画であり、嘉手納でこれまで基地で苦しんだ住民にとっては統合で尚一層の騒音と危険が増える統合案を呑めるわけがないと思うのだが、岡田はその統合案という難しい選択しか頭にないようである。岡田も遅まきながらそろそろ、その選択の不可能なことを悟って外相を投げ出しそうな気がするが引き受けたばかりのポストであるからここは一つ妙案を考え出してそれを実現させ、最初の成功体験をさせてあげたいものだ。鳩山もこの問題は一緒に考え支援しなければならない。民主党の力量が測られている問題でもあるからだ。イエメンという国が誘拐報道で注目を集めている。水曜日誘拐が解決したと聞いたがまだ問題は続いていると言っている。これまでも最も貧しいアラビア半島先端の国で身の代金目的の誘拐が後をたたない。今回のことで14人の青年隊員も安全なところに集められて息を潜めて成り行きを見守ったことだろう。今度のことで危険な国であることを再認識して動揺していることが思いやられる。こういう国のJICAスタッフのご苦労はいかほどのものだろうか。
5時14分これから朝食の準備。今日は久しぶりでフランスパン。朝食後9人分の席を作って見る。今日はゆっくりと8時前にアパートを出る。途中モーニングと気持ちの良い挨拶をかわしながら歩くと同僚とお会いして、今日は遅いですねと話しかけられる。授業はもうないんですと答える。学校につくと12年生のジョシアンが図書室に尋ねてきて質問があるという。中庭の机で質問されたのはSQLで検索するのにどのようなコーディングをするか?というのとSQLのフルネームを問われた。どれも答えられなくて午前中に調べておくからと言って、おしゃべりをする。来年は13年生にあがるという。中庭の椅子に座っている写真をとる。明日は11時まで試験ということで、プリントしておくからそれから取りにおいでと話す。彼女は香水をつけていていつも芳しい。図書室に移ると電気がつかない。インターネットも使えない。すぐジェフリーに電話をして電気をつけてくれと頼むと8時25分一瞬電気がついたがまた切れた。インターネットが使えないと調べ物もできないので仕方なく日記をつけて待つ。8時36分もう一度ジェフリーに電話すると今使えるようにやっているよというので待っているからよろしくと言って切る。少し汗も引いたのでこれから2階にあがって服の着替え。8時40分。これから電気がついてインターネットの調べ物ができるまで、英語データベースの作成。14-comeから。10時半まで待ったが電気は相変わらずつかない。ジェフリーへの電話も繋がらなくなった。暑い部屋で疲れてくる。タリスとおしゃべりをする。水曜日のデイリーポストで火曜日にナタペイがハムリニのNUP(National United Party)との連立を解消した記事「Natapei fires NUP,brings in Alliance」について説明してくれる。ハムリニは副首相を退き、以下のミニスターは解任された。ミニスターオブTradeのジェームズ ブレ、ミニスターオブInternal Affairsのパトリック クラウディ、ミニスターオブNI-Vanuatu Businessのエスモン サリ。新たに小さなグループとの提携しそのなかにはラルフ レーゲンバヌーやサトー キルマンのグループも含まれているという。先日行われた首都の市議会選挙の結果パコア フレッドが次期市長に決まるらしい。唯一女性で市議会議員に当選したラルフの奥さんのジェニーは市長になるのを断ったような事が書いてある。奥さんのジェニーはお父さんがフランス人でラルフと結婚する前に子供がいて現在マラポアの10年生の男子生徒であるという。2人の間に子供はいないようだ。ジェニーはヌーナの出身でタリスともファミリーの一員だという。電気がいつまでもつかない。試験をしているメインホールで作業が必要らしく試験が終わってから作業をするという。11時33分。暗く蒸し暑いところで、日記をつけているが疲れてきた。ようやく12時に電気とエアコンとインターネットが繋がった。急いでSQLをgogle
で調べStructured Query Languageの略であることと、SELECT field name1,fieldname2,…,Table name
の命令でデータが検索できることをメモに書いてジョシアンと仲良しのキャシアに説明をしておく。男子生徒の2人がLCDはなんの略かと質問してきた。これも調べてliquid crystal displayだと書いてやる。13時の試験開始の時間になって下校する。今日もシェイム先生は顔を見せなかった。月曜の卒業式以来顔を見せない。アパートの前の道路で同僚に会ってしばらくおしゃべりをする。アパートに帰ってから電話代の請求書を持って買い物に出かける。TVLのところで先輩にお会いしたので同じ電話代の支払いかと思ったが、これから午後の職場に行かれるところだった。支払いをしてから買い物に出かけ肉とレモンとお酢と醤油を買う。11年生の私服の女生徒と町で出会い笑顔を見せてくれる。おとといから売られていた豚が残り2頭になっていて、5000バツの値札に変っていた。今日はJICAオフィスに寄らないでアパートへ帰る。シャワーを浴びて、洗濯をしてから下の洗濯機で脱水をしている間に野菜を採ってくる。今日は肉の一部を砂糖醤油で煮込み、残りで餃子を4個作る。少し皮が薄くて破れ中身がこぼれる。皮が柔らかいのは破れやすいことを知る。味はいつも同様。新しいお酢と醤油でいただく。夕食後居間の椅子で本を読み始めたがすぐうとうとしてしまい、8時目を覚ます。日記をつけて、これから米を2合水洗いして写真の取り込み。8時35分。9時40分まででジョシアンの写真印刷終了。乗鞍岳の番組を見る。コロナ観測所も。麓を午前3時半に出発するバスがありほぼ朝日が出る頃乗鞍岳の3000m近くまでバスで行けてそこから歩いて1時間半で3026mの山頂だという。どうやら日本で一番容易に頂上に登れる3000m級の山であるようだ。日本に帰ったら登ってみたくなった。インターネットで行きかたを調べてみよう。 21時55分これから就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月18日(水) 晴れのち雨 26 ℃ 湿度 86% 日の出:5:03 日の入り:18:00  バヌアツ滞在562日目
2009/11/19(Thu)
2時前起床。2時からのNHKワールドを見る。中国のこきんとうのことを英語ニュースではフージンタオと読んでいる。韓国人は昔は日本の漢字読みをしていたが、最近は韓国の発音を使うこともしだしたようで韓国大統領を最近はたしかイミョンバクと読んでいたと思う。英語復習58-follow。そのあとテレビを見ながら日記をつける。世界遺産中国蘇洲をみる。間もなく5時これから朝食の準備。SBS TVの日本語放送を見ながら朝食をいただく。朝食後便器を掃除するこれから英語データベースの登録。今日は1日自宅学習にすることにしよう。湿度は高いのだがお天気である。6時36分。英語do(2)の登録をして7時過ぎベッドに移り朝寝。9時に眼を覚ます。鍋に水を入れて沸かしレモンティを作る。バナナを2本いただいてから9時半日記をつけて、これから英語データベースの登録。お天気になった。こんなにいい天気になると湿度が70%ぐらいになるものだが、今日は85%と少し動くと汗が出てきそうである。9時45分。11時10分まで英語データベースの登録。これからベランダを少し掃除をする。11時12分。12時すぎ昼食。お湯を沸かして、残りご飯を海苔茶づけでいただく。午後居間の椅子で「破獄」を読んでいると、玄関にダリルさんが来て国勢調査に答えてくれと、バヌアツ人の女性を伴って現れる。10分ぐらいで済むからと言われ、バヌアツ人を部屋に通して質問に答える。大きな用紙に質問事項が書かれているようでそれに答えていく。先ず名前と生年月日、年齢などが聞かれてから次に、母親は生きているか?父親は生きているか?宗教は何か?宗派は何かを聞かれる。いつからここに住んでいるか?ニュージーランドかオーストラリアに仕事で渡航したことがあるかを聞かれたが、ああこれはバヌアツ人だけへの質問でしたという。ニュージーランドなどのりんご農園への出稼ぎをしたことの有無を尋ねているものである。言葉の1センテンスを記述が英語、フランス語、ビシュラマ語で出来るか?アパートは何室あるか?ガスコンロはいくつあるか?冷蔵庫はあるか?テレビはあるか?先週にインターネットを使ったことがあるか?携帯電話を持っているか?固定電話はあるか?パソコンを持っているか?ラジオを持っているか?飲み水は水道か?(パイプできている)それとも雨水か?洗濯は水道か?トイレはフラッシュバルブか?専用か?共用か?給料はどこから支給されているか?などなどの表と裏の質問に約20分答えて1時半ごろ終了した。今週の月曜から初めて来週の金曜日まで調査するという。バヌアツスタティスティックス(統計局)の調査員だそうだ。1日でこれまでの最高は6人、最低は3人の調査をしたという。今日はメンジスアパートで人が集まっている調査しやすいケースで本日は6人の見込みだという。日本の国勢調査は確かそれぞれが記入して郵送するシステムだったと思うがこちらでは、対面調査である。2時半まで本を読んで過ごす。朝晴れていたがこの頃雨が音を立てて降ってきた。ベランダを少し掃除して日記をつける。今日の夕食を考えて見るが、昨日の餃子をもう一度作ることにする。これから小麦粉を水で練ってラップをしてから買い物に出かけよう。15時10分。外へ出ると雨が降っていた。傘を取りに部屋に帰るか迷ったがどうせ洗濯するので濡れることにする。昨日と同じ肉を買ってボンマルシェでパンと小麦粉1kgとマーケットで蟹を買って帰り道JICAオフィスで郵便物を取って帰宅する。畑から「きゅーりをいただきますよ」と垣根越しに道路に声がかかる。「どうぞどうぞ」とお答えする。アパートへもどると先輩が来られていたので部屋におじゃまする。5時まで長居しておしゃべりをする。皿を4つお借りして部屋に戻り、ガーデンに野菜を採りに行く。きゅーりが1本あったので先輩へのお土産の荷物にしていただく。昨日同様夕食は餃子を作る。皮の小麦粉は75gで6枚の皮を伸ばす。野菜は180g肉は150gで6個の餃子を作る。よく沸騰したお湯でむらしそのあと、湯を捨てて焦げ目をつける。昨日よりよく火が通っていて、焦げ目が綺麗だった。6個食べるのは骨だったが美味しくいただけた。土曜日はこれを3個づつにしよう。皮は13gを3枚、肉は1人75gとする。金さんがきゅーりの酢の物を持ってきてくれる。畑のきゅーりで作ってくれたもので、わかめも入って生姜の千切りも入った心づくしの一品であった。ご飯の残りでいただく。そのあと、茹でた石蟹にいただく。
2009_1118_1.jpg
今日は少し食べすぎた。プロの料理人には肥満の人が多いように思うが、美味しい料理を作っては味見をする言わば職業病なのだろうと思う。20時33分 居間の椅子で本を読み出したら直ぐ寝てしまったようで気がついたら22時。すぐベッドに移り就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月17日(火) くもり 27 ℃ 湿度 84% 日の出:5:03 日の入り:17:59  バヌアツ滞在561日目
2009/11/17(Tue)
1時半起床。英語復習57-here。2時からNHKワールドを見る。釜山の火災では10人が犠牲になりそのうち7人が日本人らしい。一度ソウルに行ったのは会社の仲間との旅行であったがそこで泊まったのはやはり火事にあったら危なそうなホテルだった。同僚とちょっとひどいホテルだねと笑って話した記憶がある。格安ツアーの旅行だから、こんなものかとを納得したものだったが、火事でも出たらひとたまりも無かったろう。
3時すぎから居間の椅子に座って休む。4時15分に起きて日記をつける。4時半から20分ドキュメント私の金メダルを見る。人から人へのSaying thankyou with the Gold madal.誰にも先生であったり、教え子であったり、思う人であったり、お世話になった人であったり、初めての出会った人がそうであったりして一期一会の大切さを教わった。4時45分明るくなる。小鳥に鳴き声が賑やかだ。今日も雲が立ち込めている。雨は降っていないが、今にも降ってきそうなお天気である。今日から学校では来年の教材を整えることにしよう。
5時からのNHKワールドニュースで最初のニュースは中東のイエメンでJICAと契約している企業の日本人技術者が日曜日の午後タクシーの運転手ともども誘拐されたとのニュースであった。8月末の時点でこの国には14名の青年が派遣されている。シニアボランタリーは1人もいない。こういう国は大抵本当に貧しい国ということで共通している。アラビア半島の先端にある海沿いの最貧国らしい。政府の治安が及ばない部族の支配する場所もあるらしい。誘拐の目的は身代金目的らしい。刑務所につかまっている囚人の解放を求めることもあるという。命の心配はないらしい。すこしゆとりのある国ではシニアボランティアも受け入れている。中にはアルゼンチンのように、青年隊員は1人も受け入れておらず。シニアボランティアだけを17名受け入れている国もある。こういう事故は任期満了が近づくと不思議によく起こるものだという。自分に危険がないか考えて見る。今日もJICAの緊急連絡網で注意を呼びかける電話が入ることだろう。電話が繋がらなかったと言われないように、メールで大丈夫と送信をしておこう。5時10分これから英語データベースの登録。5時35分まで8-make.これから朝食の準備。
普段よりゆっくりと7時半アパートを出る。スタッフの車が追い抜いていった。8時に図書室に出て日記をつける。8時11分。インターネットは最初接続できたが8時半ラジオが切れて接続の切れたがまた繋がった。昼間でインターネットをしてメールとブログの更新。校長先生と12年生の生徒に写真を渡す。共によく取れていた写真で喜んでくれる。12時シェイム先生と話をしたかったが顔を見せなかったので下校する。アパートに12時半帰宅後シャワーを浴び、洗濯をしてベッドに横になる。吉村昭著「破獄」を読んで就寝。14時半目を覚ませ、小麦粉を100gを20gの水で練り、棒状の形にしてラップして冷蔵庫に入れておく。3時からNHKワールドを見ながら日記をつける。オバマが北京での中国との2国間会談を見る。地球温暖化防止の問題が議題に載せられたらしい。いまや世界の経済の牽引車となった中国であるが、この問題も無視して経済拡大一辺倒に走ることの不安を実感しているようだ。北京のエアーポリューションは酷いらしい。一度日本に帰国したら中国の北京、上海を見てきたいものだと思う。車の販売が年間1000万台になったようだから、街中では車の渋滞
も酷いのかもしれない。最近はグリーンデべロップメントという言葉がいわれだした。これから英語データベースに1つ登録。15時17分。15時40分までで9-take終了。これからマーケットに買い物。小さな町には生徒たちを見かける。肉・油・ソース・米・ジャムなどを買う。マーケットでは豚が売られていた。あまり太っていない生きた子豚で木で作ったかごの中に5~6匹入れてあった。7000バツの値札がついていた。多分1匹の値段と思うが少し高い気がした。見ていた間には誰も買う人はいなかった。
2009_1117_1.jpg
カニが出ていたら1匹と思っていたが出ていなかった。5時前アパートに帰り、ガーデンで野菜を採りシャワーを浴び、洗濯をして5時半から餃子づくりをはじめる。キャベツ、パクチョイ、レタスをフライパンに沸かしたお湯で湯通しして、細かく刻みふきんに入れてよく水気を搾り出す。ねぎ(スプリングオニオン)は生のまま、細かく刻み、野菜190gとひき肉146gにコンスターチ、醤油、塩、胡椒を加え手でよくもみながら混ぜる。混ぜた具は平たいプラスチックの蓋入れて伸ばす。これを10等分してナイフで切れ目を入れておく。次にラップしておいた棒状生地を10等分に包丁で切る。これをまな板の上にスターチをばら撒いきその上で、ガラスコップを麺棒の替りにして餃子の皮を約10cmの大きさに丸く伸ばす。10枚の皮を作り、次に大きなスプーンで具を皮の中に入れて餃子の形を作る。出来た10個を油を敷いたフライパンにのせてしばらく底が狐いろになるまで焼く。別の鍋で少しお湯を沸かしておく。餃子の底が狐色になったところで、お湯を一気に加えフライパンに蓋をする。しばらく音をたてたフライパンの中で皮が柔らかく透明になり中の肉に火が通るまで湯で煮立てる。しばらく煮立てて肉に火が通ったころ、お湯を捨てて、もう一度、餃子のそこがぱりっとした焦げ目が出来るまで焼いて出来上がり。たれはお酢と醤油でつくる。6時半完成。夕食はレモンティと餃子を10個いただく。第二回目の試作をして、次回は具に卵を1個加えること、唐辛子を少し入れることにする。昼食に出すのは1人餃子3個にする。1人4個にすると余る心配もあるので、3個であれば残る心配はないだろう。全部で30個作ることにすると9人で27個だから若い人のために3個残るのでなんとかなるだろう。念のためおにぎり1人1個を準備する。おにぎりは1人0.3合として2.7合を炊くことにする。夕食後お腹が膨らんで眠くなりすぐベッドに横になり「破獄」を読んで19時半就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月16日(月) くもり 26 ℃ 湿度 85% 日の出:5:04 日の入り:17:59  バヌアツ滞在560日目
2009/11/16(Mon)
1時半起床。英語復習56-play。2時からNHKワールドを見る。APECでは新たな成長のパラダイム(New Growth Paradigm)が話されたそうである。岡田が沖縄県知事の会談後出来るだけ年内に普天間移設の結論を出したいと言っていたが、その表情は苦しそうであった。国外移設にはアメリカの同意に時間がかかるだろうし県外移設も県内移設も移設先の同意に時間がかかりこれまでに予定されていた移転先にしかあと1ヶ月半で結論を導き出すというのは無理であろう。岡田は嘉手納統合にしたくて知事にその協力を期待しているわけだが、嘉手納市長は統合絶対反対なので知事は簡単に仲介を引き受けるわけにはいかない。岡田にしても手ぶらで交渉はできないからこの次はアフガン支援に表明したのと同じぐらいの金を持って嘉手納市長の説得にあたり、その後アメリカと交渉に当たることになるのだろう。いずれにしろ国外か県外移設と言っていたことはかけごえだけの希望的夢物語に終わりそうである。一昔前フィリピンがアメリカ基地を閉鎖したことがあったがそれが日本で出来るかであるが出来るとすれば民主党政権が発足した今がそのチャンスである。アメリカに普天間を閉鎖してくれと正面切って言えるかどうかであろう。
岡田が嘉手納統合まで心配する必要はなくてそれを考えるのはアメリカでありアメリカが嘉手納統合案を日本に相談してくるようにしなければ嘉手納統合はまとまらないような気がする。釜山の火災では日本人の行方不明者がまだ8人もいるという。3時15分これから英語のデータベースの登録6-getから入力。3時45分疲れてベッドに横になる。4時45分起床。ご飯のスイッチとレモンティーとお茶のお湯を2つの鍋に火にかけて日記。5時からNHKワールドをみる。今日はスピーチデイで卒業式である。今日は餃子の作り方とマグロの煮付けのレシピーを調べておこう。5時5分。英語のデータベースの登録を5時25分までしてこれから朝食の準備。6時50分アパートを出て途中でパンを買って、トンゴア出身の生徒とおしゃべりをして登校する。コンピュータ室は開いていて生徒が機材を出していた。パソコンが2台なくなっていた。玄関にはスピーチデイの横断幕が出されていたので写真にとる。今年は8時半からゲストは昨年9月の議員選挙で首都圏でトップ当選したセティの長男のラルフであった。昨年は教育大臣がゲストであった。ラルフはマラポアカレッジの生徒だったころセティが教育大臣をしていて奥さんのドロシーさんも教師をしていて2年ぐらいで海外留学をしている。図書室に移り日記をつけて、インターネットでメール送信。卒業式の会場はバスケットコートにテントが張られ、椅子が並べられた。周りのゴミ拾いをして椅子を並べて少し汗をかき図書室へ戻りグーグルで餃子のレシピを見る。8時半の開始時間に会場を覗くがまだ準備中でお客さんんは一人も椅子に座っていない。9時半か10時と開始の時間を検討をつけて日記をつける。9時半少し早いかと思ったが会場のバスケットコートに行くがまだ早いかと思って部屋に戻ろうとすると、ゲストのラルフと校長と要人がそろって顔を見せたので、ラルフと握手して、皆さんを写真に撮る。9時45分全員起立して国家斉唱後
パスターバニの話のときプライムミニスターのエドワードナタペイが演壇に着く。デプティプリンスパルのウィリーの司会でスクールカウンセルのスピーチのあと校長先生の話が10時7分から10時50分までこと細かく実に多岐にわたった話をされた。その中で自分の名前も紹介されていたのには驚いて冷や汗ものだった。教師の真似事をさせていただいて大して役に立っていないことは自分が一番知っているだけに、少し情けない思いをした。来年オーストラリアへ行く聖歌隊の約40人が前にそろっていくつかの合唱を披露してくれた。以前聞いたときよりうまくなっていた。半要人の話の後、ラルフは11時6分から28分までスピーチをされた。昨年の世界的な金融危機はバヌアツでは被害が最小限の影響だったとの話から世界的気候変動の地球温暖化の話などをされた。11時半から13年生全員が前に並んで合唱をした。グッバイマラポアカレッジという歌詞であった。11時37分から13年生から順に生徒表彰があった。スポンサーがTVLであったりDIGISELであったり、BRED BANKであったりして賞品は品物であったり、5000バツや、10000バツの現金金一封であったりした。中には両手で抱えるほど沢山の賞品をもらっていた生徒もいた。ついで12年生、11年生10年生9年生までスポーツ大会の優秀者にはメダルが贈られていた。各教科の成績1位から3位までと最も努力した生徒に贈られる努力賞というのもあった。英語、フランス語、数学、物理、化学、統計、経済、社会、テキスタイル、農業、工業、コンピュータなどさまざまの科目の成績優秀者がよばれ賞品を受けるので中には1人で5つぐらいもらう生徒もいた。英語1番、数学1番、フランス語2番などと表彰された科目と順位が発表されたが、最後に最優秀の生徒のアンジェラ サピアにトロフィーが校長から贈られた。彼女はPMC
にも来ている生徒である。よく中庭の机で勉強している姿をみた。12年生のナディタも11年生のジョセファもロメラも表彰されて賞品をもらっていた。これが12時45分まで続いた。最後に校長からゲストのラルフとナタペイにゲストに来ていただいたプレゼントが渡されて全てのプログラムが終わって英語の歌詞の賛美歌を合唱して、13年生の男子生徒のお祈りで12時50分お仕舞いになった。全員で首相とラルフを送り出しお開きとなる。首相はたった一人の運転手と2人で大きな首相専用車で来ていた。会場そばにつけた車で帰っていった。挨拶に壇上に立って話をするかと思っていたが、後ろで座って見ているだけであった。生徒と親御さんのために昼食が準備されたいた。今日は昼食を持ってきていたので図書室の自席で日記をつけながら、昼食をいただく。隣のAVルームからは賑やかなライブミュージックの音が聞こえてくる。図書室に顔を出した12年生のナディタにおめでとうといって来年どうするのと尋ねると多分フィジーに戻るという。そうでなければ13年生に進むかもしれないとのことであった。13時54分 図書室でブログを更新して、メールの返信をして4時店仕舞いとする。今日もシェイム先生はお休みだった。学校を出てところで5人の女生徒から写真を撮りたいと言われ一緒に写真をとってもらう。自分のカメラでも写す。小雨の中アパートまで歩く。アパートに帰ってシャワーを浴び、洗濯をしてワイシャツを干して、残りを地下の洗濯機で脱水し畑に野菜を収穫する。1階の同僚を尋ねきゅーりを1本差し入れをさせていただく。部屋に戻り洗濯ものをベランダに干す。夕食はパンとレモンティーとバナナ、おひたし。夕食後、日記と写真のアップロード。19時15分
21時5分写真印刷完了。9時45分まで英語データベースの登録。22時就寝。
2009_1116_01.jpg
2009_1116_06.jpg
2009_1116_09.jpg
2009_1116_10.jpg
2009_1116_11.jpg
2009_1116_12.jpg




この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月15日(日) 雨 27 ℃ 湿度 82% 日の出:5:04 日の入り:17:58  バヌアツ滞在559日目
2009/11/16(Mon)
3時起床。NHKワールドを見る。国連で北朝鮮が日本を非難し、それに対して日本が反論をしているのを見る。
韓国では釜山で火事があり日本人観光客を含む10人が亡くなったと報じていた。APECシンガポール首脳会議が土曜日の午後から始まり21カ国の首脳が集まり日本はメキシコとの2国間首脳会議を報じていた。4時15分日記をつける。今日は湿度が高いので外の下の道路を見たら雨で光っていた。4時30分向かいのマラポアの丘と空の見分けがつくようになってきた。小鳥の鳴き声が賑やかになってきた。これから英語のデータベースの作成の続き。5時33分 英語のデータベースキーワード3-beを入力し終わりこれから朝食の準備。朝食後「アルカポネと呼ばれる男」を8時まで読んで、今日は礼拝で昼食が遅くなることがあるので念のため2度目の朝食をパン2枚とレモンティと肉ジャガをいただく。これから英語のデータベース登録する。8時39分。
9時10分まで4-sayまで入力完了。これから出かける支度。外に出てみるとわずかに雨が降っていた。少し濡れて教会へ。10時から11時半までで終わった。メッセージでは今日ここに来ているあなた方は特別に招かれた人々だと話していた。昨日と今日放映していた松本サリン事件で一時加害者扱いのされた被害者で昨年奥さんをなくされた河野さんのことなど思い浮かべていた。もうあれから15年が経ったという。河野さんは番組のなかで、うらんだりするとその間楽しい思いをしないからそうしないようにしている。自分が死ぬとき楽しい人生だったと思って死にたいから。長年サリンの被害で寝たきりだった奥さんを昨年なくされて、これまでの人生をごわさんにして新しい人生を作っていくと話されていた。番組を振り返って自分の人生を考えると新しい人生を昨年から歩み始めたように思う。日本の生活は新聞、テレビに眼を通すだけで一日の貴重な時間が失われてしまうようだった。日本に帰った後の生活を変えて新しい生活を始めるための充電の2年間の修行生活を送らせていただいていると感謝しよう。礼拝終了時間は少し雨が強かったが、どうせ全部洗うので、雨に濡れて12時前にアパートに帰る。畑でレタスときゅーりを採ってきて昼食はパン4枚をトーストしマヨネーズをつけてきゅーりのスライスとレタスをのせてレモンティーでいただく。デザートはバナナ。昼食後シャワーを浴びて、ワイシャツ、ズボン、下着全て手洗いして、ワイシャツ以外、地下の洗濯機で脱水(SPIN)をする。キンさんがといの雨水を取っていたのでおしゃべりをする。カルシウムの多い水道水より雨水の方が水質の点でいいのだそうだ。なんとそのあと大きな6リットル入りのペットボトルに雨水を入れて持ってきてくれた。雨の日は雨を大切に採って食事に使うなどとは知らなかった。
脱水した洗濯ものをベランダに干してから本を読んで、2時から日記をつける。
これから英語のデータベースの登録をする。14時39分。15時10分までで5-goまで入力完了。
夕方までに「アルカポネと呼ばれる男」を読了。5時半夕食の準備パン4枚とレモンティー、バナナの夕食。
今日はめずらしく日中雨降りの一日であった。
夕食後7時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月14日(土) 晴れ 26 ℃ 湿度 74% 日の出:5:04 日の入り:17:58  バヌアツ滞在558日目
2009/11/16(Mon)
1時半起床。米を1.5合とぐ。小麦粉で釣りの餌の団子を練る。2時からNHKワールドを見る。オバマが颯爽とタラップを降りて出迎える人と一人づつ心を込めた握手をして挨拶している姿が印象的であった。大統領就任当時70%もあった支持率がアフガンへの4万人の兵力増強などで国民の失望を招き50%まで落ち込んでいるのは残念なことである。ベトナムのような密林での戦争、アフガンのように山の中での戦争ではアメリカの思い通りの戦争にならないようだ。兵隊を増やして有利な状況を作り出そうという気持ちなのだろうが、どうも期待する状況の変化がでてこないようだ。かっての神風特攻隊の日本人同様の自爆テロを繰り返すイスラム原理主義者を相手にしなければならないのだから話し合いの平和を作り出すのが難しい。はたして公約のアフガン撤兵を実現することができるだろうか?日本は5年間で50億ドルの支援を表明したがはたして、役立つ使われ方がしてもらえるものだろうか。5時これから朝食の準備。朝食はお好み焼きとレモンティー。5時20分からの日本語ニュースを見る。6時堆肥を2袋畑にばら撒く。6時50分釣りと買い物の支度をしていつもの場所へ。7時過ぎから釣り始める。全然魚の姿がなかったがしばらくしているとピゴーなどの魚や大きな魚が餌のそばを通るのだが餌をかじるのは熱帯魚のような黄色い魚ばかりで結局8時で一匹もかからず店仕舞いとする。中国人の店でひき肉200Gと最も高いサーロインステーキ1枚買って、マーケットでバナナを3房キャベツ、タロー芋を買う。タロー芋1個500Gを20バツで分けてくれるように交渉していて、交渉成立したところで、なんと隣にセティが立っていた。セティは1かご700バツのタローを買おうとしていたので、そんなに沢山食べれるかと聞くとラップラップにして食べるという。バヌアツの父と言われて2月21日のなくなった日が祭日になっている、独立初代プライムミニスターをしたウォルター リニと一緒にdeputy prime misterの要職を務められた方であるがもともとパスターで謙虚な方である。明日また会いしましょうと言って分かれる。帰り道テニスラケットを背中につけた佐々木小次郎のようないでたちのシニアの同僚に道で会いおしゃべりをする。今度の週末の昼食会の返事が来てなかったので尋ねるとメールがとどいていなかったらしい。参加してくれるという。12月15日からのヌーナの旅行にも参加してくれるとのことであった。アパートへ9時過ぎ帰り、ほうじ茶の茶殻を洗面所と台所の床に撒いて、掃き掃除をする。そのあとシャワーを浴びて、寝巻きやTシャツ、ズボン、寝巻きを手洗いして、地下の洗濯機で脱水をしにいく。フィリピン人のお母さんとお嬢さんがガーデンで遊んでいた。洗濯ものを干してから日記をつける。今日のお昼は久しぶりでステーキをパンでいただく。サーロインステーキをレアで焼いてパン3枚はマヨネーズをつけて畑のきゅーりをスライスしてレモンティでいただく。お昼のNHKワールドではオバマの演説を聞く。北朝鮮の拉致に言及したところでは聴衆から拍手が沸き起こったのが印象的であった。
昼食後小麦粉で餃子の皮を4枚作り、キャベツの葉を湯通しして小さく刻み、水気をしぼり、ひき肉とまぜ、タピオカスターチとキャベツを混ぜて具にして、餃子をつくる。タレは醤油とお酢。大きなボリュームのある餃子4個を作りいただいたがアツアツで美味しかった。1人5個の餃子があれば満腹するだろう。ご飯は特に炊かなくてもこれだけで十分であろう。あえて作るとすれば、お好み焼きがいい。そうなると、外でいただくより部屋の中の方が食べるのには便利でいい。21日は部屋で餃子の昼食とすることにしよう。4時まで居間の椅子に身体を伸ばして「二度死ぬ奴は、三度死ぬ」を読了。これから英語のデータベースの作成。16時34分。17時26分までかかって24ページまでExcelに入力してみる。これからガーデンで水遣りをしてから夕食の支度。ついにコンソメスープの素を使い果たした。送った荷物が届いていれば来年の帰国までもつ予定だったが4か月経っても届かないのではもうダメだろう。仕方ないので醤油と味の素と肉を入れてだしをとり野菜はきゅーりを千切りにしていれる。肉ジャガと出来たてご飯をいただく。
夕食後、和久俊三著「アルカポネと呼ばれる男」を読んで21時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月13日(金) くもり時々雨 27 ℃ 湿度 74% 日の出:5:04 日の入り:17:58  バヌアツ滞在557日目
2009/11/13(Fri)
3時起床。英語復習53-help。4時からNHKワールドを見る。4時ごろ雨が降ってきたがしばらくしてあがる。4時ごろからか小鳥の鳴く声がにぎやかになってくる。鶏の時の声と時々出てくる。昨日は朝7時45分まで停電であった。昨年はよく停電がおこったものだが今年は少なかった。今日はすこしよっくり登校することにしよう。今日の空は雲で覆われている。4時45分NHKワールドでA little piece of paradise. Mt.Naeba.を見る。このテーマ音楽が実にいい。世界遺産ジャワのボロブドール遺跡を見る。これから朝食の準備。
朝食後、居間の椅子で本を読んで過ごす。いつもより30分遅くアパートを出る。アパートを出るとき青年隊員と顔を合わす。図書室でメールを作っているとロブソンが部屋に尋ねてきてサンデルウッドを持ってきてくれて30分ばかりおしゃべりする。教師の職業についての感想とバヌアツの奨学金事情を聞く。ロブソンはマラポアカレッジの教師になって2年であるが、仕事をしていたので既に30歳である。今年は数学と物理の授業を週に25時間担当していて、仕事はきついという。毎晩夜7時から12時まであくる日の授業の準備を月曜から木曜日までするという。今年の年末はふるさとのエロマンゴには帰らず来年の授業の準備をするという。マラポアカレッジを卒業ししばらくふるさとのエロマンゴで働いてからパプアニューギニアの大学で4年間学んだという。初めの2年間はスポンサード奨学金、後の2年間はスカラーシップをもらったとのこと。
スカラーシップはその国までの旅費から生活費、授業料、生活費一切が支給されるという。おおよそ年間100万円ぐらいが支給されるらしい。8時45分から日記をつけてこれからブログの更新。9時半店仕舞いして下校する。アパートに帰り居間で読書。「航空検察官」を読了。1970年代の若い時代愛読していたフレデリックフォーサイスの「ジャッカルの日」を思い出させるようなものだった。「ジャッカルの日」は映画にもなってマドリードで見た。1974年ごろ世界一周旅行をしたときリオデジャネイロからマドリードに飛んで、マドリードでは生牡蠣を食べて,フラメンコを見てそのあと映画「The day of Jackal」を見た。平日だというのに夜中の1時過ぎに映画が終わって多くの人と石畳の街中の道路をホテルまでぶらぶら歩いて戻ったものだった。あくる日はマドリードからパリに飛んで映画で見たパリの町を歩いてルーブル美術館にはいった。昼食はおにぎり。午後3時半曇り空だったので畑で野菜の苗を移植する。パクチョイはアブラムシがついていたので、残念ながら移植をあきらめ、レタスだけ移植する。そのうち雨が降ってきて堆肥を苗の間に入れるのはこの次にする。太くなったきゅーりを2本収穫する。部屋に戻りシャワーを浴びているとキンさんが尋ねてきてくれたので今シャワーを浴びているのでと伝える。濡れたTシャツを手洗いする。キンさんがギョーザを作って持ってきてくれる。感謝していただく。タレが美味しかった。日本では餃子はよく作ったものだった。薄力粉と強力粉を半々にまぜお湯で練り込んでラップをして生地を2-3時間なじませる。焼く直前に1枚づつ麺棒で丸く伸ばしその中に白菜、キャベツ、牛肉、豚肉のミンチを混ぜたものを入れて焼くが、これが我が家では大人気の料理であった。たれは簡単で醤油と酢とラー油であった。バヌアツではラー油は無いが醤油と酢だけでもいいことにする。21日の昼食会の料理は餃子の1品だけにしようかと思いつく。これにビールがあれば言うことは無い。餃子の作り方とレシピーは日本に置いてきて無いが、インターネットで調べてみよう。念のため今日は餃子を作ってみることにする。セセに話したツナの刺身は刺身ではなくツナの砂糖醤油のあまからステーキにすれば餃子と一緒にビールでいただける。念のためご飯を小さなおにぎりにしてラップして並べてもいい。はたして美味しい餃子を作ることが出来るかが問題だが、なんでもできたては美味しいものだ。夕食はパン2枚とお好み焼きとレモンティー。夕食後和久俊三著「二度死ぬ奴は、三度死ぬ」を読んで21時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月12日(木) 晴れ 26 ℃ 湿度 72% 日の出:5:04 日の入り:17:58  バヌアツ滞在556日目
2009/11/12(Thu)
3時起床。英語復習52-start。4時からNHKワールドを見る。シンガポールで開かれているAPEC
外相・経済省会議でクリントンがミャンマーを承認sanctionするようなことを言ったようだ。ミャンマーはACEANには加入しているがAPECには加入していないという。APECとACEANについて今日は勉強してみることにしよう。昨日の将棋竜王戦の第三局の結果はどうなっているだろうか。解説者は森内有利が多かったが、渡辺は劣勢と見られていた2局を共にものにしている。昨日は焼きなすの皮のむき方をインターネットで見て開いて見たら日本以外の国からは見られませんとのメッセージが出てきた。SBS TVの日本語ニュースでもしばしばこの画面は外国では見れませんという画面がでて、野球、ゴルフ、スケートなどのプロスポーツの映像は見られない。4時50分明るくなってきた。今日もお天気のようだ。今日はパンの日。これからガーデンにきゅーりを1本採ってきて朝食と昼食のサンドイッチにする。日本のきゅーりは青々として弾力性がありみずみずしい。バヌアツのきゅーりは薄黄緑色ですこしぱりぱりしている。この国では大きくて太いきゅーりほど値段が高く日本で売られるきゅーりより1回りも2回りも大きいものが市場に並ぶ。小さいきゅーりだと20バツぐらいで大きなものは50バツから100バツぐらいで売っている。
4時56分 5時ガーデンに行って少し太くなったきゅーりを1本採って来る。スライスしたらどんぶり1杯になった。朝食はパンを5枚焼いてマヨネーズときゅーりのスライスを載せてレモンティと一緒にいただく。
昼食はパン8枚を焼いて4つのきゅーりサンドイッチを作る。5時20分から日本語ニュースで予算の事業仕分け攻防風景を見る。447の項目について役所の部長クラスから必要性の説明を聞き必要性を約1時間議論して廃止や中央から地方へ枠組みの変更の方向性などを決めていくというものであった。医療費の問題から病院で働く医師が過重な勤務実態にもかかわらず収入は低く、個人医院では大した勤務実態にもかかわらず、高額所得を得ている実態の不平等を取り上げそれを平等にする施策の必要性を指摘していたのは、大切なポイントだと思った。医師会がたった1時間で拙速の物事を決めることに懸念していると発言があったが、庶民の意識で物事を判断する今回の取り組みは評価できる。これまでは役人任せで税金を使われていたものを、国民感覚で使う金を選択できるのだから痛快だ。テレビでは仕分け人と称される人のパーフォーマンス振りと、弁明する立場の役人のやりとりが面白かった。 無駄遣いを懸命に弁明して既存権益を守ろうとする役人の姿勢が顕著になっていて面白かった。ろくに活用もしない開店休業の日々の女性会館の理事長が私の意見も聞いてくださいと怒鳴っていたのも面白かった。こんなところに無駄金が役人の手で惜しげもなく注ぎ込まれてゆくゆくは役人自身の早期退職後の天下り先に育てている実態を垣間見ることが出来た。
会計検査院の報告では各省庁の外郭団体法人には3年間で国からの補助金で使われずにプールされている金が1兆円以上あったのを発見したらしい。こういうのを埋蔵金ともいうらしい。その金を召し上げ其処に流れる金脈を止めるのも急務であるが役所は抵抗するらしい。高級官僚は自分の先のことしか考えない。多くの平役人は仕事をする考えも意欲もなくて上役人の顔色をうかがって動く人に成りきってしまっているようである。6時45分アパートを出る。玄関でキンさんに出会いおしゃべりをする。メレリンが水遣りをしていて挨拶する。アパートを出たところでアパートの作業をするバヌアツ人に会い挨拶する。昨日のきゅーりはスイートだったと言ってくれる。7時15分学校に着く。玄関前のクリスマスツリーの木に朱色の花がついてきた。日本では鳳凰木といい沖縄に多くある。
広辞苑によるとマメ科の熱帯性常緑高木。樹冠は傘状に広がり、葉は細かい羽状複葉、花は刑10センチメートルくらい。5弁緋紅色。マダガスカル島原産で熱帯の街路樹にする。とある。図書室に入るが電気がつかなかった。施設係りのジェフリーに電話するとユネルコから電気が来ないのだという。仕方なく待つことにする。暗く蒸し暑い部屋の中で、少し早く来たことを後悔しながら日記をつけていると7時45分明かりがついてエアコンがうなりだした。今日もタリスもシェイムも顔を見せない。メールに返信しブログを更新して竜王戦を見ると渡辺の光速の寄せが決まり三連勝であった。8時20分 APECとASEANを見る。APECオーストラリアの呼びかけで始まり、日本・アメリカも加盟している21カ国の環太平洋の国々からなる経済中心の首脳会談で毎年11月に開かれ今年はシンガポールで来年は日本の横浜で22回目が開かれる予定でありそのあとの予定もきまっている。日本では過去1995年大阪で第7回目が開かれている。ASEANは東南アジアの10カ国の首脳会議であり日本・アメリカは含まれて居ない。9時に店仕舞いにして下校することにする。アパートに帰り、昨日から読み始めた「Zの悲劇」を読了。昼食をいただいて日記をつける。向かいのライブの店の駐車場にもクリスマスツリーがあって緋紅色の花をつけている。これからマーケットに買い物に出かける。1時15分アパートを出てマーケットへ行く。途中海岸の公園を歩いていくと、校長先生の奥さんのマーガレット先生とバーサーのエリザベスが公園の芝生の上に座っておしゃべりをしていたので挨拶をする。マーケットではいつも肉を買う店の店員さんが買い物をしているのを見かける。あとでその店に言って見ると店は閉まっていた。肉を売っているのはマーケットのそばではこの店とボンマルシェの2店しかないが中国人の店の肉屋は量り売りをしてくれるので重宝で肉はいつもここで買っている。店を閉めていたのは平日では今日がはじめてであった。アパートへの帰り道JICAオフィスによって先輩からお借りしていたものを郵便棚に帰す。オフィスの中では若い隊員が大勢元気におしゃべりをしていた。若い隊員にはオフィスとドミトリーが仲間どおしの交歓の場として重宝している。図書室に本を返し新しく3冊借りる。図書室はシニア隊員にとって楽しみを与えてくれている。シニア隊員は年末の大掃除には全ての人が図書室の清掃整理を希望してきた。若いときにはよく本を読めと言われたものだがあまり本を読まなかった。夏目漱石や森鴎外の全集を買ってみたが面白くなかった。しかし仕事をするようになってから本が面白くなってきた。アパートに帰ってシャワーを浴び、洗濯をしてから福本和也著「航空検察官」を呼んで眠くなってベッドで昼寝をする。5時40分目を覚ます。ガーデンに行って畑の水遣りをする。
夕食は兵庫県の揖保の糸をゆでて冷やしいただく。腰があって滑らかで輝くような色合いが良く、とても美味しかった。たれは醤油と砂糖と生姜のおろし汁を入れてつくる。夜9時本を読んで就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月11日(水) 晴れ 27 ℃ 湿度 70% 日の出:5:04 日の入り:17:58  バヌアツ滞在555日目
2009/11/11(Wed)
3時半起床。英語復習51-set。4時からのNHKワールドを見ると最初のニュースは市橋逮捕であった。2年間の逃亡の末大阪で逮捕された。整形手術が逮捕を早めた。あれほど騒がれた事件で見つからないので母親が言っていたようにわからないところで自殺していると思っていたがそうではなかった。オーム事件で氏名手配されていてまだつかまっていないのが何人もいるようだし、1億3000万人もいる国では警察が見つけるのは難しくなってきているのだろう。被害者のイギリス人の父親がインタビューで出ていたが以前見た顔とは変っていてこれまでの悲しみの大きさを思わざるをえなかった。誠にいたましい限りであり申し訳なく思う。せめて自首して出てきてほしかったが、自分本位の考えしか出来ない人だったのだろう。犯人の両親も自殺したいほど悲嘆にくれているだろうとを思うとまことにお気の毒なことである。
タイの前首相のタクシンがカンボジアのフンセンによばれてポリティカル アドバイザーをするという。
タクシン家は和久俊三著「山田長政の秘宝」のなかでも出てくるタイの名門の家らしい。
黒く髪を染めるのは日本の政治家の常識だが、直嶋は白髪のままで好感をもてる。人間50にもなれば白髪が出ても不思議はないが、男性の白髪染めが出回って黒く染めるのが当たり前のようになっている。先日は裁判長が染めていた。白髪染めはどんなに気をつけてもすぐわかる。生え際はそめられないからである。
JALの不振がニュースになるがこれだけは市場経済の自由にはさせないという考えで国の支援が取りざたされている。昔の国鉄は分割民営化を実施したがJALはAA(アメリカン エアー)などが支援を希望しているが国主導で再生を図るという。再生にあたっての問題は退職者の年金削減だという。会社がつぶれたら企業年金は支給されなくなるのだろうか?多分支給されなくなるだろう。退職者にしてみれば、会社が残って年金だけはこのまま続けてほしいと希望するわけだが、それは少し難しそうである。これから畑に野菜を取りに行く。朝の贅沢な楽しみ。チャイニーズキャベツの葉の摘み取りにいく。既に植える予定のレタスとチャイニーズキャベツと白菜の苗が既に5cmぐらいになっているからそれを週末に移植する。5時20分
朝食後7時前アパートをでる。カナダから空港の傍で働いている若い女性のボランティアがバイクで出て行くのを見送る。マラポアへの道でホーンを鳴らしてバスが止まるとまたセセであった。乗っていけと言ってくれるが歩きたいからいいよ。ありがとうと言う。マラポアの女生徒が2人乗っていた。コンピュータ室で掃除を始めると9年生が早速遊びにくる。コンピュータを勉強したいかと聞くとしたいという。この学校では11年生からコンピュータは選択科目として選べる。図書室に移る途中中庭のデスクでロメラが笑顔でモーニングと挨拶してくれる。図書室で日記をつけてこれからインターネット。今日も試験でコンピュータクラスは開店休業。シェイム先生は昨日も顔を出さなかった。ロブソン先生がサンデルウッドを持ってくるのを忘れたと言ってきた。明日持ってくるからと。7時51分。図書室の居ると13年生の生徒が来てコンピュータの試験はいつかと聞くので、昨日無かったのかと聞くと無かったという。シェイム先生に聞くように答える。
9時15分シェイム先生顔を見せる。13年生の試験を聞くと昨日終わったそうで、11年生の試験は今しているという。12年生は来週だという。大阪は今日は雨らしい。11時半インターネットをいろいろ見て今日は午前中で店仕舞いして帰宅することにする。途中で買い物をしてアパートに帰宅。ガーデンで残ったアイランドキャベツを整理してから、堆肥を敷きこむ。水遣りをして大きくなったきゅーりが2本なっていた。メンジスの庭仕事や部屋仕事で働く2人のバヌアツ人に1本づつ日本のきゅーりを食べてみて頂戴といって渡す。畑で出るゴミの始末を垣根の下などに捨てていたが、バヌアツ人から畑の前の芝生の上に出して置くように言われる。見えないところに捨てていた草や野菜を始末していたものを、そこから拾ってまた堆肥を作る場所などへ持って行ってくれていたことを知った。部屋へ戻ってシャワーを浴び洗濯をしてから居間の椅子に身体を伸ばして「山田長政の秘宝」を読了。1987年11月10日に初版発行で少し古い本だとは思って読んだ。続いて同じ和久俊三著「Zの悲劇」を読み始める。こちらは2007年7月13日第一刷発行とある著者77歳の時の書き下ろし作品でイスラム原理主義やアルカイダが出てきたりする新しい内容で前の作品よりずっとテンポがよくて面白い。瞬く間に終盤近くまで読みすすめる。眠くなってベッドに移り昼寝をする。5時40分畑に水遣りに行くとフィリピンのお母さんが小さな娘さんとガーデンの芝生の上でお話をしていた。夕焼けが丁度沈むとき水遣りを切り上げ部屋に戻ると夕日は沈んでいた。夕食は今日もお好み焼きにする。昨日でお好み焼きソースが無くなったのでこちらのソースに砂糖を入れて、お好み焼きソースに近い味にする。キャベツの葉を3枚丁寧に細く切り細かく刻んで具にする。天かすも入れる。レモンティとお好み焼きを美味しくいただく。お腹の負担がなくて夕食に丁度いい。夕食後本を読んで過ごし9時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月10日(火) 晴れ 27 ℃ 湿度 70% 日の出:5:05 日の入り:17:57  バヌアツ滞在554日目
2009/11/10(Tue)
1時半起床。今日は静かな夜だった。湿度も低くよい天気になりそうである。
今日からプライマリースクールの8年生は木曜日までの3日間ナショナルイグザミネーションが教育省のもとで行われこの結果で来年からのセカンダリースクールへの合格者が決まる。セカンダリースクールの10年生は金曜日までの4日間のナショナルイグザミネーションでシニアセカンダリー11年生の進学校が決まる。マラポアカレッジの9年生の定員は70人で11年生の定員は120人である。70人のマラポアの10年生から11年生に上がれるのは約6割で残りは別のセカンダリースクールにまわされる。8年生の試験は今日は8時から2時間10分の英語。午後1時半から2時間のGeneral Science。明日は8時から1時間50分数学。午後1時半から2時間のフランス語。木曜日は8時から1時間半のApplied Sciencs。
11年生の試験は今日は8時から2時間10分の英語。午後1時半から2時間の農業Agriculture。明日は8時から2時間10分数学。午後1時半から2時間10分フランス語。木曜日は8時から2時間10分のSocial Sciencs。
午後1時半から1時間30分Religious Education(宗教)。金曜日は8時から2時間Basic Science。午後1時半から2時間Technology。である。この試験結果で約4割の生徒は他の学校に行かされることになることも原因があるのだろうが、昨年はこのあと、教室の天井に備えてあるファンが軒並み曲げられ壊されていた。生徒の腹いせでもあるのだろう。盗みもあった。試験によってその人生が左右されるのはどの国でも同じらしい。
1時半から2時半まで英語復習50run。それから日記をつける。今日は昨年作った資料を使えるようにオープンオフィスのインストールをしてみよう。3時10分。3時お腹が空いてきたのでパンを3枚いただく。4時疲れたので気分転換に大根ときゅーりから酢漬けをつくる。5時朝食の準備。6時朝食。6時45分畑に水遣りにいくと畑は水気が十分であったので草取りだけする。1週間前に蒔いた青しそとパセリの種が出てきていた。
7時前アパートを出る。学校の玄関前で女生徒さん3人に出会う。マラポアの生徒と違う制服を着ていたので尋ねるとソロバンというセカンダリースクールの12年生で試験を受けにきたという。8時から隣にAVルームで試験が始まった。普段は12年生の1時間目の実習に11年生が使いにくる。ピンの曲がったマウスを持って図書室に移り、ピンを修理する。着替えをしてインターネットでメールを発信する。エロマンゴ出身で数学教師のロブソンから頼んでいたビャクダンの木が手に入ったので明日持ってくるという。日本のおみやげにと頼んでいたのである。今でもサンデルウッド(ビャクダン)はエロマンゴ島の重要な輸出品だそうだ。昨年も手配してもらったが、いい香りのする香木である。机の引き出しの中に入れておくと、引き出しを開ける都度いい香りがして嬉しくなるものである。時々コンピュータ室を覗き午後2時10分下校する。アパートに荷物を置いて出かける。
JICAオフィスへ行く途中で鮮やかな青のアイランドドレスと山高帽のようなものをかぶった大変目立つ女性が歩いてきたので、誰だったかなと見ていたら、名前を呼ばれた。離島の看護隊員だった。蚊取り線香が少し余分にあったので差し入れさせてもらったのだが、蚊帳は届いたと言っていた。蚊帳は使っていなかったものがあったので、無ければあげようと思っていたのだ。昨日同様銀行に行き、新たな1か月定期の用紙をもらい、普通口座に振り替えを確認する。アメリカドル口座で預けた金額より30ドル減っていることに気がついて尋ねて見ると、1年以上口座に動きがないと、1年後から毎月3ドルづつ口座維持費がかかるということを知った。お金を出し入れすればそれがかからないという。次の機会にドル口座からお金を引き出してみることにする。マーケットまで足を伸ばし昨日見た栗原はるみさんの料理番組で見たピーマンと挽き肉料理のためのピーマンを探してみたが、見つけたものは余りに大きなもので肉厚で硬そうだったので、また出直すことにする。マーケットから帰り道に車がクラクションを鳴らすので顔をあげると昨日会ったバスドライバーのセセのバス8648だった。醤油を買ってJICAオフィスへ寄ると11月1日付けの清子さんの手紙を棚に見つける。やはり日本から10日かかっている。アパートに帰って畑に出て水遣りをする。部屋に戻ってほうじ茶の茶殻を洗面所、台所、寝室にまいて、ほうきではきだす。シャワーを浴び、洗濯を手洗いして夕食はキャベツを刻んでお好み焼きと大根ときゅーりの酢漬けとバナナ2本とレモンティー。夕食後手紙を読む。
とても小さな達筆でいつも感心させられる。エロマンゴの白檀sandalwoodのお土産を楽しみにしていてください。ここで白檀について広辞苑の説明を載せておきましょう。
「せんだんはは双葉より芳し」のせんだんとは白檀のこと。インドネシア原産で香料植物として栽培。高さ6m余。葉は対生して黄緑色。花は初め淡黄色のちに赤色。芯材は黄土色で香気が強い。古くから日本にも渡来し薫物(たきもの)とし、また仏像、器具なども作る。皮も香料・薬料に供する。
先に書きましたが机の引き出しの中に入れておくと、引き出しを開ける都度いい香りがして嬉しくなりますから、きっと余り座らない机の引き出しにこれを入れておくと引き出しを引き出すのが楽しくなり、机の前に座るの時間が増えると思いますよ。 日記をつけて20時ベッドで就寝。
演劇界初の文化勲章受章者森繁久彌さんが死去 96才であった。ありがとう、森繁さん――。戦後日本の大衆演劇を牽引(けんいん)し、北海道とも縁の深かった俳優の森繁久弥さんが10日朝、亡くなった。というニュースを見る。このように死因が載せられないでこの世をサヨナラしたいものだ。死因は老衰の為とラジオは報じていた。歌うように語り、語るように歌ったという。知床旅情はよかった。


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月9日(月) くもりのち晴れ 26 ℃ 湿度 75% 日の出:5:06 日の入り:17:56  バヌアツ滞在553日目
2009/11/09(Mon)
3時起床。昨日同様外は音を立てて雨が降っていた。4時まで英語復習。49-Write。それから日記。今週も試験週間。日本の小学校に相当するプライマリースクールの8年生は全国統一試験であるナショナルイグザミネーションがあり、この試験の結果でセカンダリースクールが決まる。この結果は新聞でセカンダリースクール9年生の入学合格者が成績順で発表される。マラポアカレッジの8年生のうち9年生に進学できるのは約6割であり残りの4割は他のセカンダリースクールにまわされる。マラポアカレッジの12年生と13年生に対してUSPの願書提出の張り紙が掲示板に出ていた。13年生で卒業してから大学に進むのが普通のようだが、成績優秀者やお金持ちの師弟は12年生で進学もできるようだ。12年生だったルイッサは今年の5月からUSPへ進学した。お父さんは著名なセントラル病院のお医者様である。お父さんが議員の12年生は今年からニュージーランドに留学した。今週は図書室の机のかたづけと周辺の掃除をしよう。昨年はこの時期に机の中にしまっていたお金が8000バツほど盗まれた。お金だけではなく備品のいくつかも盗まれたようだ。事務所の机の上に普段置いているノートパソコンも狙われていることだろう。以前オーストラリア人が持ってきたノートパソコンが行方不明になって、掲示板に行方を尋ねる貼り紙が出ていたことがある。いつも休みに入る直前に盗みが行われるのが恒例のようだ。今週から学校ではノートパソコンにケンジントンケーブルをつけることにしよう。フラッシュドライブもかばんに入れていかない。
身辺を最小限に身軽にしておこう。4時40分外が明るくなってきた。これから朝食の準備。今日はご飯を炊く。昼食はおにぎり弁当、おにぎりの中の具は野菜のおひたしである。きょうもビラの海の空は雲に覆われている。5時半からのSBS TV日本語ニュースを見る。最初に飛び込んできたのは島根県立大学の女子大生のバラバラの遺体が見つかったというものだった。開発途上国のボランティアをしていて将来は外国で活動をしたいと希望していたという。アルバイトの帰りに事件に巻き込まれたらしい。おやごさんのやりきれない無念さを思う。日本はどうしてこういった悲しい事件が続くのか。以前には福山高専の建築の女生徒が同級生に殺害され、犯人も自殺した事件があった。その時にニュースに出ていた被害者のお父さんの悲しみにくれた顔を忘れることができない。7時アパートを出たら小雨が降っていて、道を歩く人が傘をさしていたので、傘を持って出る。傘をさしたりたたんだりしながら学校へ。今日もマウスが外されていて中のボールがなくなっていた。コンピュータ室の椅子が外に出しっぱなしになっていたので、雨で濡れた椅子を雑巾でぬぐって中に入れる。11年生の男子生徒が使いたいといってきたので使わせる。いつまでいるのかと聞くから来年3月日本に帰るというと、もっといてくれと言うから、ありがとうと言って、また別の日本人が来るからと話すと来なくていいから先生がいてくれと嬉しいことを言ってくれる。図書室の席に移ると照明もエアコンもつかなかった。仕方ないので雑巾で机と窓のさんを拭いて雑巾を洗い戻ってしばらくすると電気がつくようになった。きょうの1時間目の12年生の実習は別の試験をやってるようで誰もでてこなかった。8時15分。次の4時間目の授業まで図書室でインターネットをしてメールとブログの更新をする。おかしなメールの注意を呼びかける帰国した沖縄の隊員からのメールが来ていた。5日のナショナル アーツ フェスティバルの写真を沢山いただく。ブログにも写真を足しておく。午後の5時間目のコンピュータ室を覗くが生徒が沢山思い思いにパソコンを使っていた。11年生の試験が5日の予定が延びたようでいつあるのかと11年生のロメラと男生徒と女生と3人が聞きに来る。2時になった。今日は店仕舞いして銀行へ出かけることにする。14時過ぎ下校して帰り道ヒロと呼びかけられたので見るとバスドライバーのセセが黄色い8648の番号のバスの運転台に座って駐車場に停車していた。以前マグロの刺身になる肉を分けてもらったアンバエ出身の元プライマリースクールの教師である。今はバスドライバーの副業として魚の販売もしていて自宅に大きな冷凍庫を持っていて大きな魚をいくつも冷凍して持っている。今月の21日の昼食でツナが欲しいと言って電話番号を改めて聞いておく。21日の昼食の献立はマーケットで売っているラップラップを考えていたのだが、矢張りシニアにはマニヨックのラップラップでは食事が進まないかと思い直して簡単な和風のものをと考えていたところに思いがけなくセセから声をかけられるとは誠に不思議なことであった。ご飯とまぐろの刺身と野菜スープがあればあとはフルーツがあればいい。アパートに荷物を置いて銀行へでかける。心配していたとおりなにもしていなかった。明日9時までにやっておくというのでまたで直すことにする。この国の銀行は出向いて確認して要求を出してあくる日にならないと何も出来ないようで腹がたってしまう。
ボンマルシェでマーガリンを買ってマーケットでキャベツを買って帰り道で校長先生に出会い握手して挨拶する。アパートで帰宅した同僚と出会い一緒に畑に出向いてきゅーりを1本づつ分け合う。帰宅後シャワーを浴び、洗濯をして夕食はタロー芋をおろして、キャベツを刻みお好み焼きを作る。夕食はレモンティとバナナ2本。夕食後テレビを見ながら日記をつける。今8時15分これから明日のメールの準備。8時45分これからベッドで読書。和久俊三著「山田長政の秘宝」はなかなか読むのに骨が折れる。すぐ眠くなるのだ。題名は興味を引かされたがどうも中身が期待はずれといった感じである。21時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月8日(日) 雨のち晴れ時々小雨 27 ℃ 湿度 74% 日の出:5:06 日の入り:17:55  バヌアツ滞在552日目
2009/11/09(Mon)
1時半激しい雨音で眼を覚ます。しばらくして雨あがる。英語復習48-begin。3時にお腹がすいてきたので
お好み焼きを作る。小麦粉が最後の80g、水を120g小さくなったキャベツの葉を3枚刻んで焼く。レモンティーもカップ4杯をつくる。3時半肉ジャガと一緒にいただく。昨日見た沸騰都市を再放送していたので見る。
バブルか繰り返されるようでオイルマネーで一時7億円で売り出された海べの高級住宅が4億円円でも買い手がでないところに最近は鉱物資源で金を手にしたアフリカの金持ちが感心を寄せているという。オリンピック景気でトルコやロシアから人や金を集めたロンドンは世界の金融の場をニューヨークから取り戻した感すらあったそうであるが、所詮外国だよりの好景気はしぼんで労働者の帰国ラッシュだという。
5時20分明るくなってきたので畑へ出でて見ると雨が降っていたので、畑仕事は休みにして、大根ときゅーりを収穫する。畑仕事は雨が上がったら午後のすることにしよう。一休みして日記の読書記録の整理をする。
早く食事をしたので、すこしお腹がへってきたので8時半ご飯のスイッチをつけて朝食の準備。出来た手ご飯と松茸吸い物に大根の薄切りを入れ、きゅーりと大根の酢漬けと肉ジャガをいただく。9時支度をしてリュックサックをしょって出かける。9時半先輩を訪ね朝収穫した大根ときゅーりを渡してくる。それからPMCへ。庭でジョンさんご夫妻とドロシーさんに握手してご挨拶。礼拝は11時半までで終わる。庭でセティさんとおしゃべりをする。1月にフィジー・トンガ旅行の話をする。宝島(Treasure island)を書いたスティーブンソンのお墓はフィジーにあるんでしょうという話をするとセティはそれはサモアのアピアだと教えてくれる。先輩がきゅーりの話をされたので野菜はかぼちゃを作っているというが他の野菜は作っていないというのでこんど庭に蒔いてあげようかというと来て蒔いてくれという。蒔きどきは6月7月がいいんだと話をする。すこしおしゃべりをしてさよならしてボンマルシェへ買い物に行き、ウオーターフロントを歩いて帰宅。昼食はお茶漬け。昼食後居間の椅子で本を読んで昼寝。2時45分陽が出ていたので畑へ出かけ大根を全て収穫する。チャイニーズキャベツは少し残しておく。レンジョーとキャッチボールをしてボールの投げ方、受け方を教える。一緒にコンポースト(堆肥)を取ってきて畑に撒く。今日はチャイニーズキャベツとレタスの移植はまだしなかった。しばらく土を落ち着けてから移植することにして、今日は貝殻をスコップ代わりに土をかいて耕し、堆肥を敷きこむだけにする。4時過ぎお仕舞いにして部屋に戻り、鏡とにらめっこして髪を切り、シャワー室で後ろ髪をすきバサミで切り、シャワーを浴びて、かみそりで後ろ首周りをそる。もうすっかり整髪はいたについた。駒ヶ根の合宿で「一人で散髪」を学んで以来自分で簡単に済ましている。以前理髪店に行って切られていたときより気に入っている。理髪店は髪を切るのが商売だから行くといつも刈り上げられ2~3週間経つまで落ちつかない気持ちよくしたものだが、今は刈り上げないで髪の裾を切るだけだから、髪も立たないし薄ら寒い思いをしなくていい。もうこれからは理髪店に行くことはないだろう。シャワーのあと洗濯をする。久しぶりにリュックサックも洗う。夕食はタロー芋をおろした50gと小麦粉50gと水80gと小さくなったキャベツの葉を3枚刻んでまぜお好み焼きを作る。両面とも狐色のいい色に焦げおいしく焼ける。茶碗一杯の大根の酢漬けといただく。デザートはバナナ。夕食後日記をつける。今日は向かいの下のライブの店から生演奏らしい大きな音が聞こえてくる。19時からNHKワールドを見る。
居間の椅子で本を読み始めたがすぐ寝たらしく21時きがついて、直ぐにベッドへ移動して就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月7日(土) 晴れ 26 ℃ 湿度 74% 日の出:5:06 日の入り:17:55  バヌアツ滞在551日目
2009/11/09(Mon)
1時半目を覚ます。ベッドで本を読んで2時半起床。英語復習47-like。メールの準備。お腹が空いてきたのでバナナのラップラップをレモンティーでいただく。朝5時45分日本語放送でニュースを見る。福井でズアイカニの解禁水揚げの映像を。オスのカニは越前カニと呼ばれて大きなものは1杯25000円の値がついたと報じていた。5時52分これから朝食の準備。朝食はお好み焼きとレモンティーとバナナと大根ときゅーりの酢漬けをいただく。朝食後7時18分家を出ていつもの場所まで10分歩くとみやげ物の店のそばで声をかけられる。みやげ物の店のオバサンが久しぶりで店に出ていた。時々顔をだしたのだがいつも店員さんで、いつも買うテーブルクロスは1800バツである。このオーナーのオバサンはこれまで1000バツにしてくれたが、店員さんはそこまでできないのでいつも買えなかった。また来るよと言っていつもの場所まで行って座って竿をだす。今日は運良くバナナのラップラップを刻んだ餌でピゴーがかかった。丁度口にしっかりかかっていてはずれなかった。いっぱい魚は泳いでくるのだが餌をかじるばかりで食い込まないので釣るのが難しい。2~3匹のピゴーが餌をかじっている所で思い切って引き上げたらうまい具合にかかった。矢張り食い込むまで待っていては釣れない事を知る。思い切って一か八かとところで素早く引き上げるのがこつだと学んだ今日の釣りであった。釣れたのはたった1匹だったが今日は久しぶりのピゴーで引き応えがあった。9時頃風も出てきて砂が舞うようになってきて、海面が漣が立つようになってきたので納竿とする。
久しぶりのピゴー
生姜で煮物

ボンマルで米を2Kgチャイニーズストアで肉、マーケットでバナナ、レモンを買う。アパートへの帰り道で海べのみやげ物店に寄っていつものテーブルクロスをいつもの1000バツでわけてもらう。海べを歩いてアパートまで帰る。背中のリュックサックにつるしたビニール袋の中でしばらくピゴーの跳ねる振動が伝わってきていた。帰宅後魚の写真を撮って、早速煮物にする。ご飯を昼と夜の分1.5合を水洗いしておく。シャワーを浴び、洗濯をしてテレビを見ているとNHKワールドで沸騰する都市というタイトルで世界の大都市の現状と1年前の状況を見せていた。35年前には1000万人以上の都市は世界に3つだけだったそうだが、現在は19都市になったという。それもアジア、アフリカ、南米など新興国に集中しているそうだ。21世紀は都市の世紀ともいわれるという。地上800m160階建てのドバイの高さで世界一になるという高い建物は4日で1階づつ高さを増しているという。そのドバイの不動産バブルがはじけて現在労働者と建設機械は巨大油田の発見で注目されているリビアに向かっているという。人の多いバングラは海外で出稼ぎ労働者の国への送金は年間90億ドルともなっていて国家の重要な財政の柱になっているというが、送金が減ってきて国家財政の危機にもなっているらしい。リビアには出稼ぎが増えているらしい。ロンドンはオリンピックの建設ラッシュでこれを支えていたポーランドなどの労働者が帰国ラッシュが始まっているようである。じゃがいもと玉葱を刻んで、ポットに入れ肉を上に載せて砂糖と醤油をかけて肉ジャガをつくる。2時疲れたので昼寝をする。5時前目を覚ます。少し気分が軽くなる。これまで少し疲れていた。起きて日記をつける。5時40分日記を一休みしてガーデンで水を遣り大根とアイランドキャベツの葉を3枚摘む。夕食は大根とアイランドキャベツと牛肉で作った雑炊と肉ジャガときゅーりと大根の酢漬け。デザートはバナナ。NHKワールドで間もなく起こる皆既日食と太陽活動の11年周期などを説明した日本語番組を見る。全て日本語放送で日本のBS並みの美しい映像であった。これまでの番組は日本語を英語にふきかえて写していたが今日見た番組はふきかえなしのもあった。ニューヨークでヤンキースの優勝パレードでの歓迎ぶりを見る。MVPの活躍をした松井への声援も多かった。19時20分。8時までTVをつけっ放しにして日系アルゼンチンの比嘉さんの会社工場の番組を見る。写真のアップロードと調節をする。そのあとフラッシュ暗算というものを見る。20時30分 これからベッドで読書。21時就寝。


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月6日(金) 晴れ 26 ℃ 湿度 72% 日の出:5:06 日の入り:17:55  バヌアツ滞在550日目
2009/11/06(Fri)
1時半起床。夜中一度も眼をさまさなかった。昨夜あまり水を飲まなかったのでトイレに起きることもなかったのかもしれない。昨日は歩き回って疲れたのが良かったのかもしれない。
起きてからお茶を飲もうと2つの鍋でほうじ茶とレモンティーを作る。
今日の朝食と昼食用に米2合を水洗いする。昨夜の夕食は大きな焼き鳥1本であったがそれで十分であった。
英語復習。46-bring。昨日のSVの集いを思う。担当に当たった幹事も副幹事も不参加という会合に出席したことがあったが楽しい集まりではなかった。それ以来参加は控えるようにしてきた。日本のテンポラリーワーカーと同様に任期更新を打ち切られたりしてこの国のシニアボランティア事情も厳しさを帯び始めてきている。派遣する国ばかりではなく受け入れ国もそれなりの負担があるのである。今回の会合はそういった問題意識もあってのことのようだ。4時になる。お腹が空いてきたので、レモンティーとパン2枚をいただく。それから写真のアップロード。4時50分アップロードが終わりこれから朝食の準備。外が明るくなってきたが満天の雲であった。朝食はご飯を炊く。大根ときゅーりと大根の葉っぱの芯のあるところで酢漬けをつくる。野菜スープ、おひたし、野菜の酢漬けの朝食。5時半から日本語ニュースを見る。松井の活躍でヤンキースが優勝してMVPを受賞のニュースで湧いていた。朝食後昨日シャワーを浴びてすぐ寝たせいでか髪に寝癖がついてとれないので、朝シャワーを浴びて髪を洗う。気持ちよくなって6時半アパートを出る。コンピュータ室の清掃をしていると男子生徒が使わせてくれときたので、将来なにになりたいのかと聞くとITエンジニアだという。ゲームで遊んでばかりではだめだぞ。しっかり勉強しろよと言って図書室に移る。インターネットでメールを発信して着替えをして、ブログを更新。8時20分 8時半からおはよう朝日ですを聞くと日本海のカニが今日から解禁になったと報じていて、カニのゆで方のこつを説明していた。塩水と同じくらいの濃さの塩をいれて茹でること。カニは甲羅を下にして茹でることなどを説明していた。これから2時間目の11年生の実習をみる。8時37分 コンピュータ室はゲームを楽しむ生徒ばかりで11年生でWordの実習をしている生徒はいなかった。図書室に戻るとインターネットが切れていた。9時20分午前中は時々コンピュータ室を覗くが11年生は試験中のようで実習をしている生徒はいなかった。11時45分からといわれた教師の記念撮影は12時15分やっと終わった。シェイム先生は今日も顔を見せなかった。副校長のウィリーが生徒データの件はタリスがやるというので、タリスには11月中のデータを準備したら12月にはデータエントリーをするが、もし準備できなければあとは自分でやってくれと話す。来年はもうこの作業をする時間はないので、あなたが必要だと考えるのであれば自分でやってくれと話をする。自分が必要だと思わなければやる気になるものでもない。明日明日と言っていつでも明日なのでもうこちらからやってあげるのは止めて待っていよう。押してだめなら引いてみなとは先日のクロスロードに出ていたことである。1時過ぎコンピュータ室を覗いて店じまいにする。アパートに帰って荷物を置いたところでダリルさんが尋ねてくる。テレビ受信調整室にテレビ受像機をつけたからプロフェッサーに伝えてくれという。先輩の携帯番号を調べてメモに書いてわたす。すぐ電話をして4時にきていただくことになったそうだ。2時にアパートを出てJICAオフィスに顔を出し、任国外旅行の職場承認書類を提出する。図書室に本を返却して新しく本を借りて銀行へ。しばらく並んでお金を引き出す。次にフィジーの航空会社の旅行代理店であるパシフィック ブルーに支払いに行く。1月16日にポートビラからフィジーのナンディその日のうちにナンディからトンガのヌクアロハへ。19日にトンガからナンディ。22日にナンディからポートビラへの4回乗る航空券代が74100バツであった。エージェントからマーケットへ行く道すがら船着場の道路にビラからマタソー、トンゴア、エピあたりまで行く船の案内が出ていたので、船着場に見に行くと、バーサーのエリザベスとお子さんに会う。土曜日の朝10時ごろにビラを出航してマタソーまでは4時間ぐらいで運賃は3000バツだという。帰りはマタソーに寄らないという。毎週1回は出る北方諸島をめぐる定期航路らしい。
マタソー行きの船
定期船

マーケットでは里芋に似たタロー芋と岩蟹を買ってみる。マーケットを出たところで、ロメラのお母さんと久しぶりでお会いした。かわいいお嬢さんをつれていた。遠慮気味に手を差し出されたので握手をする。買ったカニを見せる。いつものやさしい笑顔に元気づけられる。
岩カ二
アパートに帰る途中でも生徒に出会い挨拶をする。4時にアパートへ帰りカニをよく水洗いしてまだ生きているカニを煮えた塩水の中に甲羅を下にして入れて良く煮る。シャワーを浴び、洗濯をして夕食の支度。畑へ行ってダリルさんのレタスを4枚とり、きゅーりと大根を1本づつ収穫する。ダリルさんのお宅を訪ねて、収穫したレタスをみせてもらったよと伝えて、NHKワールドが見れるようになったが工事はどうだったかを尋ねると直ぐ設定はうまくいき見えるようになってもう帰られたとのことであった。
夕食はパン4枚とレタス4枚とレモンティー、バナナ2本とカニ1杯。カニの身は大変美味しかった。久しぶりでカニを賞味することが出来た。ただカニのみをほぐすのに手間がかかりお箸の先っちょを折ってしまった。とても殻が固かった。手間はかかるがたまにはカニもいいものだ。これから時々買ってくることにしよう。カニ1杯たったの50バツであった。タロー芋はかごに沢山入れてあって500バツだったがそんなに食べられないので小さな1つをその中から選んでこれ30バツでいいかと尋ねるといいよと若くかわいい女性が言って、お金をわたすと何故か笑い転げるのが面白かった。沢山のかごから1個を出しても残りは500バツで売れるだろうから気持ちだけのお金でもいいようだった。夕食後先輩に電話をする。8時20分これからベッドに移り読書。8時半就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月5日(木) 晴れ 27 ℃ 湿度 70% 日の出:5:06 日の入り:17:55  バヌアツ滞在549日目
2009/11/06(Fri)
2時に眼を覚ます。しばらくベッドに横になってあれこれ考えていたら3時になった。起きて顔を洗い鍋にコップ3杯の水を入れ紅茶を入れ火にかける。昨日収穫した大根を5cmの棒状に切って砂糖とお酢を混ぜて作ったタレとビニール袋に入れてよくかき混ぜてから、袋ごと茶碗に入れてその上から水を入れた2Lポットを重しにして載せる。この即席漬物を昼食のおかずにお持ちして賞味していただこう。手ぶらで来るようにと念を押されたが、これくらいは許してもらえるだろう。それから魚釣りの餌の団子を作りラップに包んでよく小麦粉と水分を馴染ませて滑らかな団子になるようにしておく。段々暖かくなってきたので海の魚も少し活発に動くようになって来ているかもしれないので久しぶりの魚釣りに行くことにする。運良く釣れたら煮魚にしてお持ちしようと思うがそこまですると、不愉快に思われるかもしれないので、釣果次第ということにする。大量に釣れたらおすそ分けということで許されるだろう。少しであったら夕食のおかずにしよう。
紅茶にレモンを入れてレモンティを作りいただく。英語復習46turn。投野先生に習ってこの年度休みには100のキーワードに関する約1000のチャンクと1000の単語のデータベースを作って見ようと思いついた。アンディ先生にこんな風にチャンクを朝夕の登校、下校の時声を出して覚えるようにしているよと、メールしたとき素晴らしいと絶賛してくれた。データベースが出来たら先生にお贈りすれば喜んでもらえるかもしれない。データベースはExcelで作りRDBのAccessに変換して検索機能を考えてみよう。普通の人はExcelのほうが馴染みがあってよいだろう。昨日のメールを思い出す。教育的指導をしてきたスタッフに変更の必要性のないことを説明してそれでも必要と思うのでしたらどうぞご自由にメールを作って再送してくださいと返事をしたら、わかりましたと返事がきたが、その中に少し不愉快な文言があったのが気になった。自分の主張にまだこだわりを捨てきれないでいる捨て台詞のような文言であったからだ。そうであれば自分でメールを納得のいくように直して再送すればいいものをとも思うがそこまで自分で苦労しようとはしないで悔しさを捨て台詞で吐き出している感じがした。メールは相手に面と向かって意見をぶつけるものであり後に文章として後に残るものであるからよほど推敲して送らねばならない。それを見た人に不愉快な思いを与えないかをよく考える必要がある。じっと押さえた文章で丁度いい。もう一つは会合欠席通知に対する返事があった。別に返事は欲しくなかったが、読んで見ると、欠席にけしからんと怒りを抑えた文面が読み取れた。思いがけずそのあと夜に手のひらを変えたように電話で出席勧誘があったわけだが一生懸命さはわかるのだが、どうも気の弱いおとなしい人間の気持ちを汲む配慮に欠けている。自分がこうと思うのに付いてこない人をけしからんと思うようだ。3日に掃除の参加を呼びかけるメールを発信したら直ぐに参加通知を何名かの方から返信をいただいたがうれしくもなんともないので返信の返信などはしていない。むしろ返信できないで悩んでいる人いるかもしれないとそういう人が気の毒に思う。どうぞ気兼ねなく欠席してくださいとメールしてあげたいくらいだが、役目柄そうもいかない。5時半から日本語ニュースで保育所の不足と設置基準の問題を取り上げていた。5時48分これから朝食の準備。朝食はパンとレモンティとバナナ。キャベツを炒めてマヨネーズを塗ったパンに載せる。釣りの支度をしているとズボンのほころびに気が付き布を当てて繕いをする。7時半アパートを出てウォーターフロントで7時45分から釣りを始める。ビラノーツ小学校の8年生のセセが見ていてあちらにいい場所があるというので、レストランのそばに移動するが釣れない。ついで釣りをしているおじいさんのそばがいいというので移動するが釣れない。結局最初の場所に移ってようやくスズメダイのようなのが釣れる。そのあと同じ場所でいい引きの魚がかかったが、針とオモリを取られてしまった。これは残念なことであった。結局10時までで小魚1匹だけで帰宅。3枚におろしてタピオカスターチをつけて油で揚げて砂糖酢につけて南蛮漬けにする。間もなく11時20分これから先輩のお宅へ。それから物産展へ。少し疲れたが元気をだして炎天下歩いて行こう。11時20分 炎天下坂道を歩いて12時に着くとベランダから声をかけられ、写真を撮る。ベランダで早速昼食をいただく。わずかに甘さのあるココナツジュースをかけた、マニヨックとバナナのラップラップをレモンソーダを飲みながらいただく。果物はパパイヤ、パイナップルとキウイ。野菜はきゅーりを刻んでソースをかけたもの。美しい色合いの先輩の心づくしの料理を時間をかけていただく。バナナのラップラップは食べきれず持ち帰ることにする。持ってきた大根の酢漬けも一緒にいただく。山田さんが来年1月からトンガに来られるなどのお話をうかがう。トンガ旅行ではバヌアツで出会った山田さん奥さん、健一さんにまたお会いできる楽しみが増えた。
それから1月のフィジーとトンガの任国外旅行の申請をポータルからの入力の仕方を教えてもらいながら終える。初めての入力で教えていただいて助かった。支度をしてバヌアツ アート フェスティバルに出かける。パーラメントハウスの先日ボクシングをした広場が会場になっていて6つのプロビンスと呼ぶ州ごとに、掘っ立て小屋が作られていて、そこのみやげ物などが並べられて売っていた。ここでフツナで魚のブトンギと呼ぶ燻製の商品化を支援している木下さんにお会いして写真などを撮る。残念ながら船が間に合わなくて今回のお祭りには出展出来なかったそうで誠に残念であった。沢山の人がいたが、知っている人と会ったのは彼女だけであった。7日土曜日に帰国されるということであった。カスタムダンスを披露するために土人の格好をした人々も沢山いた。小屋の中の人々を見ていると、石器時代と現代が表裏の関係で生活しているようなこの国の見る。大勢の観客がステージを取り巻いてマイクを持ってしゃべる人の話を聞いているが、さかんにジャパンとかこんにちわとか日本語が出てきて日本のことを語っているようだった。観客はその人の話が面白いようでいつまでも周りを取り囲んでいた。この国の人は、人の話を聞くのが好きなようだ。いつまでもじっと聞いている。
じっと待つことに忍耐心が強いことに感心する機会がしばしばある。
もう一つのイベント会場は昨年出来た携帯電話会社DIGISELのロゴで埋め尽くされていて、大きなステージで準備がされていた。それを取り巻くように売店が並び焼き鳥、焼肉、ケーキ、カレーなどのかけご飯、サンドイッチなどが並んでいた。どれも100バツから200バツぐらいの値段であった。店の裏で焼き鳥を焼いているのを見たら途端に食べたくなって1本いただくことにした。先輩とステージを見下ろす丘の上の芝生に腰掛けて鳥のぶつ切りが4つとその間にきゅーりがさしてある長い焼き鳥を食べながらおしゃべりをする。どうやら焼き鳥1本でお腹は膨れてしまったようだった。今日覚えたボキャブラリーカードのturnのチャンクを駒ケ根を思い出して披露する。エロマンゴ島から来た、土人の格好をした人々を写真にとる。4時過ぎに先輩と別れする。アパートへの帰り道に木下さんにまたお会いする。先ほど撮った写真をおくりますのでとメールアドレスを教えてもらう。アパートに疲れて帰り、畑へ水遣りと、大根、きゅーりを1本づつと白菜、チャイニーズキャベツの葉を摘んで部屋に戻る階段で青年隊員と久しぶりに会ったのでおしゃべりをして近況を伺う。野菜を洗って虫をとり、シャワーを浴びて、洗濯をして、つかれたのでそのままベッドに横になり就寝。17時半。
2009_1105_12.jpg
2009_1105_17.jpg
2009_1105_18.jpg
2009_1105_14_Malakula.jpg
2009_1105_13_Futuna.jpg
2009_1105_10.jpg
エロマンゴ島から来た人々
2009_1105_11.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月4日(水) 晴れ 27 ℃ 湿度 76% 日の出:5:07 日の入り:17:54  バヌアツ滞在548日目
2009/11/04(Wed)
3時半目を覚ます。4時起床。英語復習44lead。マラポアの丘の上に満月が煌煌と輝く。4時45分明るくなってきた。鳥の鳴き声。雄鶏のときの声。車の走る音がしだした。今日も良いお天気のようだ。これから畑に野菜を収穫しおひたしを作る。チャイニーズキャベツはもう花を咲き始めた。昨日のAccessの調べ物はこれからである。今日も1時間目から5時間目のクラスで店仕舞いして帰ることにしよう。4時51分
5時ガーデンに野菜を摘みにいくと、キンさんにあう。キンさんの畑はレタスが豊作である。レタスを早く採るようにダリルさんから言われて摘みにきたとのこと。賞味していただこうと我が畑の大根を抜いて渡す。
今日はご飯。5時半からのSBS日本語放送でNHK昨夜7時のニュースを見る。大変寒そうな日本である。
6時50分アパートを出て7時15分コンピュータ室の掃除。図書室に移って着替えをしてメールの返事をして8時半コンピュータ室を覗くがゲームを楽しむ生徒ばかりで図書室にもどる。11年生のWordの問題をしている生徒はいなかった。これから10時の3時間目までノークラス。今日は来年1月の海外旅行の承認サインをいただく。これから昨日の宿題のAccessの勉強。9時 10時から3時間目12年生のAccessの実習を見る。6人ほどの女生徒がそろって問題にあたってくれてあっという間に1時間がすぎて次の13年生のクラスに入ってもつづいてやるので、きりのいいところで切り上げたのは12時に近かった。昼食に図書室に戻ると別の12年生のナディタが昼食後コンピュータラボに来るかと尋ねてきたので行くよと答える。今日はシェイム先生の旅行承認のサインを欲しかったのだがまだ顔を見せない。明日はポートビラ市は市議会選挙でナショナル ホリディになるらしい。1時にコンピュータ室へ行き12年生の実習を一緒に考える。ナディタはAccessとExcelの実習問題を3時すぎまでやる。3時過ぎ下校する。アパートに帰って畑にしそとパセリの種まきの苗床を作り種を蒔く。今日も先輩がテレビアンテナの調節作業に来られていた。朝入港したパシフィックサンが5時半頃出向して行った。6時前まで休む間もなく作業を続けて帰られた。部屋の掃除をしてから夕食の準備。夕食はパンとレモンティーと野菜のスープとおひたしときゅーりのスライス。夕食後運動靴の繕いをしてから、旅行承認の書類を印刷することにする。インクの黒が印刷出来ないので、インクカートリッジを新しいものと交換するがそれでも印刷できない。しかたなく黒のカートリッジを出してカラーカートリッジと取り替える。少し薄かったが2枚印刷できる。この間、オーストラリアSBS TVで日本のちゃんばらの映画をテレビで見る。昔東映の映画俳優で大瀬康一という人がいたが、この人が秋草しんたろうという芸名でオーストラリアではShintaroと呼ばれて大変人気があったらしい。さまざまなオーストラリア人が出てきてShintaroが素敵だというのだが何故だかよくわからなかったが、日本映画の勧善懲悪の単純なストーリーが安心して見れるのがいいのかもしれなかった。歳をとった大瀬康一が昔オーストラリアに飛行機で降り立つとき、ちょんまげに刀をさしたサムライ姿でタラップを降りるよう頼まれたのだが、そんなチンドン屋のような恥ずかしい真似は出来ないと断ったが結局そうしたそうで、結局それが良かったと述懐していたのは面白かった。夜9時先輩から電話をいただき、ご親切な申し出をいただく。NHKワールドが映らないのでもっぱらSBS TVを見ていると、フィジーで軍隊が動き出して不穏な様子である。オーストラリアやニュージーランドでは誠に遺憾なことで心配していると言っている。フィジーでは毎度のことで珍しいことではないと思うのだが、英語ニュースがよく聞き取れないのでどうなっているか良くわからない。
22時10分これからベッドで本を読んで就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月3日(火) 晴れ 27 ℃ 湿度 78% 日の出:5:07 日の入り:17:54  バヌアツ滞在547日目
2009/11/03(Tue)
2時半起床。英語復習43-Leave。昨夜のメールを見直す。今日も試験週間で実習にくる生徒は少ないだろうが、昨日のようま生徒が一人でもいてくれると学校は楽しい。楽しく時を過ごせるのは幸せなことである。今日も小鳥のさえずりや雄鶏の時の声など賑やかになってきた。今日もまだNHKワールドが映らなかったがSBSの日本語ニュースが見れたのが有難かった。これから朝食の準備。ガーデンに出かけて野菜の葉を摘んでくる。昨日蒔いた青しそとパセリの水遣りも。4時55分。今日はパンの日で庭で昨夕収穫した少し太めのきゅーりをスライスする。パンにいただいたレタスを載せてレモンティーでいただく。野菜スープとおひたしもつくりいただく。デザートはバナナ。支度をして6時50分アパートを出る。コンピュータ室でゴミを拾って床をモップで拭く。こびりついた床のゴミをドライバーで取っていたら生徒がその後をモップで拭いてくれたので嬉しくなる。図書室に着替えに行き8時にコンピュータ室に行く。12年生のAccessの実習を考える。1つ宿題にしてもらう。Queryで新しいフィールドを作るのは出来るが、Reportで同じ機能があるか宿題にしてもらう。とりあえず9時40分 3時間目は10時から12年生の実習を見る。タリスと物産展の話をする。パーラメントハウスで金曜日までやっているという。木曜日はポートビラ市の市議会選挙でポートビラ市の職場は休みになるとのこと。14議席を30人ほどの候補者がいるという。昨年9月の国会議員選挙では53の議員が選ばれたがその時落選した中国人の女性は今度の選挙にも立候補しているという。今度は有望らしい。木曜日には学校は試験をしているので教師は選挙に投票にでかけてから学校に戻ってくるという。木曜日に物産展を見てくることにしよう。午後シェイム先生がコンピュータ室に顔を出したので11年生の5時間目を見てから下校する。アパートに帰り、きゅーり、大根を収穫する。町へ買い物に出かける。途中先輩を訪ねおしゃべりをしてマーケットで買い物をして帰宅。シャワーを浴び、洗濯をして肉ジャガをつくる。一昨日からアパートのテレビのNHKワールドが見れなくなったのは、日本でもっと綺麗に見えるように工事をした結果こちらの設定を変える必要があるらしくその為に見れなくなっているようだ。5時前まで見に来てくれた先輩が帰られた。夕食はお好み焼きと肉ジャガとバナナ。夕食後居間の椅子で「山田長政の秘宝」を読んでうとうとしてしまい、気が付いたのは21時だった。ベッドに移ったが眠られず21時40分起きて日記をつける。今日は年末の掃除参加を呼びかけるメールを発信する。別に嬉しくもないが直ぐに参加の返信が届いた。参加していただけませんかとも何故参加できないんですかなどという気はさらさらない。
むしろそれぞれの事情で参加通知ができないでいる人が気に病まれることがないようにと思う。それを気にされることのほうが気の毒な思いがして、そのきっかけを作るメールを発信せざるをえないことを申し訳なく思う。JICAスタッフからメールの内容の修正を求められたがその必要性のない事を説明し、したければどうぞご自由にと返事をする。もう一つの参加を呼びかけられていた会合に不参加のメールを発信する。これはあいまいで参加も不参加もはっきり返事を求めていないものだった。求めていないが、昨日になって同じ案内の2度目のメールをしてきたので不参加の返信を今日しておいた。夕方主催者から参加を求める電話があった。どうも今回の会合の呼びかけには気が進まない。気が進まない会合に参加しても他の参加者にそれが伝わり不愉快な思いをさせるのが見えているから余計に気がすすまなくなる。会合で気が進まない原因の一つは宿題をもらってくる結果になる予想があるからでもある。あまりたいして話がはずむわけでもなく、成果が得られる話になるわけでもない。そうなると主催者はまた同様の会合を再度開こうと言ってくるのは目に見えている。 その時の為に今度はこれまでの話をまとめてきて誰かに話をしてもらい議論をしようということになる。あげくは、じゃあお願いねとまたこれをさせられる結果になることが見えている。だから今度の会合はご無礼して参加を見合わせる考えに変りはない。夕方5時半からお茶だけの1時間の会合でなんの準備もなくて何になるのだろう。お腹を空かせて、食事をしましょうかということになり、それではと夕食の準備のある奥様がいる方々は帰られて、単身者だけが残って酒を飲み始め、話は酒の上の話になる。もともと酒が好きな主催者だからそれはそれで良いだろうがそうなることが見えている今回の会合だから不参加通知をしたわけだが電話勧誘までしてくるとは思わなかった。はいはいと聞いていたが気持ちはますます不参加の気持ちに傾く結果になった。昨年も同様のことがあった。気が進まない遊びに参加を呼びかけられて断りをしたが、このときも思いがけなく家に電話が入ってきた。はいはいと聞いていたが結局ご無礼したものだ。このときは思いがけない後始末までさせられることになった。まるで押し売りの被害にあったような気がしたものだが、今回も同じような雰囲気である。参加を呼びかけて、呼びかけに答えない人がいてもその人の事情を尊重してそっとしておいてあげるのがエチケットである。 内容によっては不参加の人には、ああこの人には自分はアクセプトされていないんだなと自覚するチャンスでもあるのだが、それが出来ず、強引に電話勧誘してくる無神経さはいただけない。それだけ切羽つまっているのだろう。普段けして聞いたことのないお世辞まで口にして引っ張り出そうとする。枯れ木も山の賑わいの枯れ木にされるのはごめんこうむることにする。23時50分 これからベッドに移り本を読んで就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月2日(月) 晴れ 26 ℃ 湿度 71% 日の出:5:08 日の入り:17:53  バヌアツ滞在546日目
2009/11/02(Mon)
0時目を覚まし、ベッドで「山田長政の秘宝」を読んで1時前起床。英語42goの復習。
それから日記をつける。3時から写真印刷。3時半までで写真印刷を終わる。これからクロスロードを読む。
隣の大阪出身の玉川君の活躍を読んで嬉しくなる。駒ヶ根から大阪まで帰りのバスで隣り合わせておしゃべりをした人であった。5時前明るくなったところで、畑に行く。セキュリティのおじさんに疲れたでしょうと声をかける。今日はいいお天気で良いですねと声をかける。おじさんは夜中中ねずの番をアパートの為にしてくれている。堆肥を1袋取ってきて、チャイニーズキャベツ2つと大根2つ取って空き地を作り底の堆肥を敷きこんで2列種まき用の溝を作り、いただいた青しそとパセリの種を蒔く。朝食はご飯を炊く。おかずはおひたし、酢漬け、トマト、肉入りコンソメスープ。5時20分部屋に戻りSBS TVの日本語放送を見る。NHKワールドは工事中らしく映らない。6時50分アパートを出て7時15分コンピュータ室の掃除をする。7時35分図書室へ移り着替えをして、日記をつける。これから1時間目12年生の実習を見る。9時過ぎまで12年生とAccessの勉強をして図書室に移ってメールを作る。11時から別の12年生の実習が始まる。10時35分 今日から年度末の試験が始まった。構内には試験中につき、お静かに願いますの張り紙がぶらさげられるようになった。1時からの11年生の実習は少なくてWord実習をする生徒は少なかった。2時からも11年生、3時からは13年生のクラス。次のクラスで今日は店仕舞い。試験が始まって実習に出てくる生徒も少なくなった。1人でもやる気のある生徒がいてくれたらいいのだが、今日は12年生のナディアとAccessをやってみた。ナディアはフィジー出身のインド系の女性でミュージック ナイトでは激しいインドの踊りを披露してくれた。授業前に図書室の部屋の前で、コンピュータ室に来てほしいような話をするので一緒にコンピュータ室に行って2人で問題をやったわけだが、一緒に考えていると彼女の賢さに感心する場面が時々出てきてそれが楽しかった。気が付くと12時を10分過ぎていたので、昼食休憩と図書室へ切り上げてきたが、彼女はまだ一人でコンピュータに向かっていた。今日は2時半店仕舞いをする。シェイム先生は朝1時間ほど顔を出して帰ったきりであった。3時アパートへ帰り、畑へ行く。ダリルさんがレンジョー、イビランと水まきをしていたのでおしゃべりをする。堆肥を1袋畑に敷き込み種を蒔いたところによく水遣りをする。部屋に戻りシャワーを浴び、洗濯をして
ベッドに横になる。目が覚めたのは6時過ぎであった。夕食はパン3枚とお好み焼きとバナナとレモンティー。今日は朝からNHKワールドが映らなくなった。Serching for Signalというメッセージを出したまま。朝から全く映らない。これまでではじめてである。最初はNHKの工事中だと思って気にしてなかったが、どうやらそうではないらしい。アンテナの故障かもしれない。明日ダリルさんに会ったら話しておこう。夕食時、プロパンガスのスイッチが少し回っていてガス漏れしていた事を知り、大事に至らなかったラッキーを感謝する。注意しなければいけない。夕食後メールを2つ作る。ベッドで「山田長政の秘宝」を読んで就寝 21時30分。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月1日(日) 晴れ 25 ℃ 湿度 73% 日の出:5:08 日の入り:17:53  バヌアツ滞在545日目
2009/11/02(Mon)
4時半起床。穏やかな海。今日も晴れそう。英語復習41Hold。 5時からニュースを見る。5時半日記をつける。
昨年の今日は何をしていたか、昨年の日記を見る。マタソー行きを前にして、ライフジャケットを作っていた。ライフジャケットを2つ作りヌーナに1つ置いてある。いろいろな店で見たライフジャケットの中から一番良く出来ていたものを選んで、その寸法を測って、それより浮力を少し増して手作りしたものである。
昨年の今日は大根を収穫していた。本は東野圭吾「予知夢」を読んでいた。
昨夜はきゅーりをスライスしてパンに載せていただいたが、これからきゅーりの収穫が続くのでどうして食べるか考えたが、一夜漬けにすることにする。お酢に砂糖、塩、出し昆布の千切りを入れてたれを作り、ビニールに入れてその中に乱きりしたきゅーりをいれて、よく揉んで一晩ねかせれば出来上がりである。こうすればご飯があれば1本食べるのはわけはない。これから畑へ。昨夕はきゅーりに付く朱色と黒い2種類の飛ぶ虫を2匹づつ召し取った。黒いのはグロテスクなのでハサミでちょん切るがすばしこくて難しい。朱色のも逃げるがつかんで足元に落としふんづける。今日は朝と昼はご飯。夜はお好み焼きを再度工夫してみようか。たこかいかでもあれば具にしたいがこの国ではたこもいかも見たことがない。なんでもある日本は物の面では本当に豊かな国になった。これから朝食の準備。5時55分。朝食のご飯のスイッチをつけて、ガーデンでチャイニーズキャベツ、白菜、大根1本、きゅーり1本収穫してから水遣りをする。きゅーりはもう1本すぐ収穫できるのがあるし、4つ小さい実がついているので、今週は毎日楽しめそうだ。朝食はベランダで海を見ながらいただく。肉タロー芋煮付け、野菜スープ、トマト、野菜のおひたし。
畑の収穫物
朝食

朝食後ほうじ茶の茶殻を撒いて部屋の掃除。その後一夜漬けのたれをつくる。お酢と砂糖と塩、醤油、出し昆布を入れてつくる。その中に大根、きゅーり、大根の葉を切っていれる。下の材木置き場に行って壁にかける棒を3本拾ってくる。寸法を測り紙を切って、タピオカスターチで糊を作る。棒に葉ブラシで糊をつけて紙を貼る。ベランダに干して、壁のカレンダーを11月にめくり少しすっきりさせる。9時居間の椅子の身体を伸ばすとうとうとしてしまい、9時25分 支度をして教会に出かける。部屋を出ると小雨が降っていたので傘を取りに帰ろうかと思ったがまあいいや、春雨じゃ濡れていこうという月形半平太の文句を思い出してそのまま歩きだす。
直ぐ上がるかと思った雨がだんだん普通の雨になってきたので、どうせ全部洗うから濡れてもいいやと教会まで濡れていく。今日はサンクスギビングの礼拝ということだった。感謝祭はアメリカでメイフラワー号の102人の清教徒が1620年の冬に宗教の自由を求めてプリマスに上陸しその年の11月に幸運を感謝してはじめたお祭りが感謝祭だと思っていたがPMCでも感謝祭があった。ちなみにアメリカでは11月の第四木曜日に感謝祭の祝日になっている。お話ははじめてバヌアツ人の若い女性のパスターであった。ビシュラマ語でよくわかるわけではないが、精神的な生き方の大切さを話していたようである。スピリチャルという言葉が良く出てきた。11時半にお話が終わってそれから次々の前に出て歌う人が続いて礼拝終了は12時半であった。先輩の奥さんも礼拝に出ておられ、礼拝後庭でしばらくおしゃべりをする。なんと青じそとパセリの種をいただいた。ホテルの空き地で野菜の種を育てていたら刈られてしまい悲しい思いをされたという。畑は楽しみを与えてくれる。贅沢の限りを尽くした末に断頭台の露と消えたマリーアントワネットは自分で野菜を栽培してこん面白いことは始めてだと言ったそうだが、野菜と青虫と、害虫との争い事はそう悪い事でもない。教会でさよならをしてアパートに帰るとダリルさんご一家がガーデンで昼食をしていたので家族の写真を撮ってからおしゃべりをする。2時前部屋に戻り、シャワーを浴びて洗濯をして昼食はお茶漬けと浅漬けをいただく。遅い昼食であったが、朝食をしっかり食べていたのでなんとかもったが、朝つけた酢漬けを美味しくいただいた。きゅーりも大根も美味しかった。お酢と砂糖の味付けが丁度良かった。なんとダリルさんが良く冷えた大きなパパイヤを切って部屋まで持ってきてくれた。よく冷えている丁度食べごろのパパイヤで昼食のデザートにとても美味しかった。先輩の奥さんに電話をする。それから日記をつける。今日は朝雨が降ったがその後良いお天気になった。洗濯ものが瞬く間に乾くようである。16時10分 4時半まで8月分の本のまとめをする。これから写真のアップロードと写真印刷をする。夕方昼に写した写真を渡しに部屋を尋ねるとメリリンがいてとても喜んで畑の水まきをしているダリルさんのところまで見せにいくレンジョーもイビランもよく撮れていて喜んでもらう。畑でおひたしにする野菜の収穫をする。ダリルさんがレタスを勧めてくれるので3枚いただく。スプリングオニオン(ねぎ)はいらないかというから「今日はいい。うどんに入れると美味しいのでそのときもらう。必要な時取っても良いか」と聞くといいと言ってくれる。2本しかない貴重なねぎだから1葉づつ大切にいただくことにしよう。今日はいただいた青しそとパセリの種まきが出来なかった。明日の朝チャイニーズキャベツを収穫した後のスペースで堆肥を敷きこみ、種を蒔く事にしよう。最近暑い中でも種を発芽させるコツを覚えることができた。日本ではあまり成功しなかったパセリと青しその種からの栽培であるが、多分うまくいくことだろう。夕食はお好み焼きを作る。50gの小麦粉に80gの水と2枚のキャベツの葉を刻んでフライパンで中までよく火が通りこがさない様に焼き上げる。お好み焼きソースと青海苔をかけて美味しくできあがる。おかずは肉タロー芋と大根、きゅーりの酢づけ、野菜のおひたしと野菜スープ。デザートはバナナ。夕食後、和久俊三著「山田長政の秘宝」をベッドで読む。1985年阪神タイガースがバース掛布岡田の活躍でペナントを取った年に大阪に移ったが当時この作家の本で楽しませてもらった。19時早い就寝。今シーズン初めて寝室の天井のファンをつけて寝たが夜中目を覚ましてきる。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10月31日(土) くもり 25 ℃ 湿度 75% 日の出:5:08 日の入り:17:53  バヌアツ滞在544日目
2009/11/02(Mon)
4時半起床。英語復習 40 Provide。5時20分から日本語放送を見る。朝食はパン4枚とレタストマト、バナナ、レモンティー。レタスのおひたしも作る。朝食後、6時に毎月1回のベッドのシーツを洗濯機に入れてくる。破れの目立つ寝巻きと、まくらカバーは手洗いする。寝巻きは毎週末に洗濯する。洗濯機をまわしているときガーデンできゅーりに付く虫を取る。日本できゅーりにつくのと同じオレンジ色の小さい飛ぶ虫である。つまんで足元に落とし靴で踏みつける。黒い小さなカミキリ虫に似た虫もついているがこれは日本では見たことがない。危険を察知するのが早くてつかもうとするとすぐ下に落ちてなかなかつかまらない。すこしグロテスクな黒い虫なのでつかむのもこわごわである。レタスをたくさんいただいたので、まだ畑で収穫したきゅーりは手付かずなのに畑ではあと2本控えている。7時洗濯ものをベランダに干す。雲が空をおおっているが雨は心配なさそう。これからマーケットに出かけて買い物をしてこよう。7時53分。8時過ぎリュックサックを担いでマーケットへ買い物に行く。肉、レモン、タロー芋、米を買って海べを歩いて帰宅する。帰宅後シャワーを浴びて、洗濯をしてから、10月のハウスキーピングを締める。10月の食費は9987バツで1日あたり322バツであった。米食にしたのと野菜が収穫できるようになって青野菜を買うことがなくなったのは大きかったようだ。それと、ハウスキーピングのフォーキャストを見て支出コントロールを意識的にやった結果でもあった。ドミトリーで会う離島の青年隊員の中には10キロ痩せましたと挨拶代わりに話す人が珍しくないが、どうやらカバばかり飲んであまり食事を取っていないようだ。離島でホームステイしている隊員の1週間の食事ははオレンジクマラばかりだったこともあると聞いたこともある。ドミトリーで白ご飯に醤油をかけて食べていた青年を見たこともある。タロー芋をおろしてご飯にかけて醤油をかけて、うまいうまいと声を出して食べていた青年もいた。今の男子青年隊員はあまり自分で料理はしたことがないようである。先だって帰国したシニア隊員も此処に来て初めて自分で料理を作ったと話していた。この人は電気炊飯器の使い方もご存知なかった。同じ材料を使って美味しくいただけるものをつくるのと、まずい料理を作るのでは天と地ほどの違いがある。どうせなら美味しいものをいただきたい。そのための食材はこの国は恵まれている。あとは作る手間をいかに省いて美味しいものを作るかと、食べきれずに傷んで捨てる食材や料理をいかに出さないようにするかである。それには買いすぎないこと、作り過ぎないことである。その為には冷蔵庫を頼らないことである。生ものを買ってきたら新鮮なうちに消費しつくことが肝心である。チャイニーズキャベツは6つ100バツで売っているが、1人ではせいぜい1日1つしか食べきれない。6つもあると4日目には半分は傷んでしまい食べられなくなる。だから3つを50バツで買うようにしていたが、今は毎日ハサミで葉っぱを6枚摘めばいいのでいつも新鮮なものがいただける。バナナはここではスナック菓子のような存在で少しおなかが減ると食べやすい便利な果物でありとても美味しい。パパイヤも甘くて美味しいがすこし飽きた。すこしお腹が空いてきたのでこれからお好み焼きをタロー芋をおろして作って見よう。9時50分。
小麦粉50gと水80gとキャベツの葉を2枚刻んで混ぜその中にタロー芋をすこし下ろして、少しの砂糖と少しの塩と味の素を入れてフライパンに油を引いて焼く。裏返してお好み焼きのソースをかけて青海苔をまぶし中まで火が通るまで焼いてお皿に取りいただく。お好み焼きは出来たてのアツアツを食べるのが美味しいと知る。揚げ玉を入れなかったがおいしくいただけた。ただこれだけでは物足りなかったのでパンを3枚をレタスを載せて昼食とする。デザートはバナナ。これで昨日ダリルさんが持ってきてくれたレタスは全て消費することが出来た。これからはきゅーりを消費しなければならない。木曜日収穫した最初のきゅーりがまだ手付かずである。今日は次第にお天気になり朝干した洗濯物がよく乾いた。今日もしたの建物から音楽が流れてきてフラダンスなどの練習風景が見える。海は陽射しで輝いている。3時半までで「海の史劇」を読了。歴史はあまりその後の最後までは語られないもので知らない事が多いのだが、講和代表の小村寿太郎は
それから6年後ひっそりと肺結核で亡くなっている。ロシアの艦隊司令官ロジェストベンスキーはロシアの軍法会議で無罪となったが、官位は剥奪で3年後人知れずこの世を去っている。旅順要塞司令官だったステッテルは帰国後軍法会議で死刑の宣告を受けたが後にシベリア追放に減刑され老いの身で紅茶の行商人をしたりしてシベリアの地をさまよい第一次大戦中に亡くなった。旅順攻略の三軍司令官乃木希典は妻と明治天皇の後追い自害をしている。戦艦4隻の日本が戦艦8隻のロシアと日本海上の決戦の末6隻を沈めて2隻を拿捕するという誰もが考えられない結果を出したことは奇跡としかいいようがないが、これが第二次世界大戦にまで続く過信になったのだから皮肉なものである。しかしこの日本の勝利がフィンランドやトルコ、インドなど大国の植民地になっていた多くの国々に独立の希望を抱かせるきっかけにもなったのである。さて今日で10月もお仕舞いである。あと2週間ほどで年度休みに入る。7月11日と8月8日に出した日本からの荷物がまだ届かないが11月に届くことを期待しよう。航空便で送ればよかったと後悔するが仕方がない。海の底に沈んでいるかもしれないと思ったりするが果たして2つとも届かないのであろうか。これが届くか届かないかで日本での計画を変えざるをえなくなってしまう。総てのこと相働きて最善になることを信じて待とう。
5時からNHKワールドを見る。終わったら畑の水遣りに行こう。
今月読書のまとめをしておこう。
1.宮本輝著「春の夢」 これを読むのは2度目か3度目。
2.山本七平著「「常識」の非常識」
自分の考えだけを常識と錯覚し、それ以外を非常識と面罵し口害を撒き散らした短気が退場する。
3.藤原正彦著「祖国とは国語」
4.高野和明著「13階段」
5.高村薫著「マークスの山」
6.結城昌治著 「花ことばは沈黙」
7.横山秀夫著「半落ち」これを読むのは2度目で今回は最後まで読了。最後の隠された秘密に心打たれた。
8.吉村昭著「海の史劇」

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |