FC2ブログ
5月31日(火) 雨のち晴れ午後一時大雨 カトマンド 日の出時刻:4時38分 日の入時刻:18時24分 3時37分の気温25℃ 湿度76% ネパール68日目
2011/05/31(Tue)
5月も今日が最後の日である。職場に出てから1ヶ月を終える。ネパールに来て早くも68日目である。夜中蚊の鳴き声で目を覚ます。3時20分起床。蚊取りマットを点けてNHK ラジオを聞く。今日は良いお天気だが明日の衣替えの日は雨になると言っていた。日記をつけながら2匹の蚊を召捕る。今朝も隣の家にトラックが来て3時ごろからなにか作業をしている音がしていた。3時すぎから雨が降ってきた。明るくなってきて雨が上がったが厚い黒い雲が覆っている。今日は又雨が降りそうである。今日もカッコーの声が響く。
朝食の時ロビーの時計の写真を撮る。今日の朝食は冬瓜の煮物。次月の住宅費を小切手で600US$、これまで使ったネット代などをNPRの現金で支払う。8時出かける支度をして英語ボキャブラリーカード31から35まで復習。9時15分ホテルを出る。バスでは久しぶりで青年隊員と一緒でおしゃべりをしてネパール各地の話しを聞く。教育局にあったジャカランダの木から木の種と思われるものを摘んで写真に取る。部屋に10時について荷物を机に入れてから今日の作業の開始。11時ラジャンドラジーが来る。29日日曜日に病院で検査を受けたら糖の数値が高くて、インシュリン注射を打ち始めたといって注射と検査用紙を来る人へ見せて説明していた。午前中は教育省へ行ってから来るといっていたサンカルさんは13時半頃やってきた。明日からのチトンのセミナーの電話で出席の確認をしていた。電話のネパール語を聞いていると6月2日から開始になるセミナーの日をウンナイス:19日と言っているのが聞こえてきてこの国では西暦ではなくビクラム暦というネパールの暦の2月:ジュート月の19日が西暦2011年6月2日になり、電話では2月19日から始めて24日までのセミナー:西暦では6月2日から6月7日までのセミナーの話しをしていることがわかる。ネパール語の数字も固有の形:フォントだし暦も固有のものが公式である。14時に事務所から6月3日まで出張禁止が解除の可能性があると思いがけない電話をもらう。解除が確定した場合明日からのチトワンの現地教育担当者研修に参加することをカウンターパートに了解をもらって、事務所に明日からの出張申請に出しなおしておく。そうしている間に正式に出張禁止解除が6月1日からという連絡をもらい、14時半 Nepal Kaze Travelsに電話して日本語のできるホムさんに明日の11時のチケットの手配をお願いする。帰りは7日の2時55分の最終便の手配を頼む。今朝青年隊員から聞いた話しが現実のことになった。これからの雨季の時期は雨で道が通れなくなることもあるので初めての移動でもあり飛行機を使うことにして良かったようだ。It’s safer to fly than to drive.という英語のボキャブラリーカードを思い出す。ラジャンドラジーがビデオで研修の様子を取っていてCDにコピーしてディストリクトの出席者にあげているのだという。先週のポカラで表示装置に映らなくなったので今日SONYのDVDを修理しに行って直してきたと話していた。4時半までにTravel AgentからEチケットがEメールで届いてとりあえず出張の足を準備できる。ホテルに5時半戻り、お風呂に入りサンドイッチとレモンティー、スイカで夕食。夕食後日記をつけてブログを更新する。19時50分 ベッドで渡辺淳一著「流氷への旅 下」を読んで20時半就寝。 22時半蚊に手の甲を刺されて痒くて目を覚ます。起きて日記をつける。
05311.jpg
05312.jpg
05313.jpg


スポンサーサイト



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月30日(月) 晴れ カトマンド 日の出時刻:4時38分 日の入時刻:18時24分 6時の気温25℃ 湿度76% ネパール68日目
2011/05/30(Mon)
5時目を覚ます。お天気になった。昨夜は1度も目を覚まさなかった。今朝は汗びっしょりかいていた。検温すると36.5℃。水便は止まった。下着を替える。今朝の洗濯物は下着と靴下の5つ。ホテルで洗濯してもらえるのでありがたい。朝食の時フロントに洗濯物を出しておくと、夕方4時ごろ部屋のドアーのノブにかけておいてくれる。それも1つ1つ丁寧にたたんで入れておいてくれる。昨夜作っておいた紅茶にレモン5個を搾ってレモンティーを作る。今朝は6時15分給水車がくる。この水は川からフィルターにかけて取ってきたものと言う。断水の多いカトマンドでは各自水の確保が必要になっている。これを水道や風呂の水やトイレの水につかっている。飲料の水はポットに入れて部屋に置いてくれる。それを沸かして紅茶にして飲んでいる。6時半朝食。今日のおかずは玉葱とトマト煮込み。ラップがお仕舞いになった。4月30日に買った45mが丁度1ヶ月で使い切った。1日1.5mサンドイッチ3個作るので1個当たり50cmであった。朝食後日記をつける。朝お天気だったが9時15分ホテルを出る前雨が降り始めた。リュックサックに入れておいた傘をさして出かける。10時今日もサンカルさんが出ていた。ラジャンドラジーも10時に出てきた。10時に3人そろうのは珍しい。ラジャンドラジーはサンカルさんと話しをして部屋を出て行った。11時半すぎバラート シュレスタさんという人が訪ねてくる。サンカルさんがレターをプリントアウトしてあげていた。カトマンドの隣のDHADINGのDistrict Education Officeという。カトマンドまでバスで3時間かかるという。シュレスタさんはネワール人に多いのでネワールかと聞くとそうだという。物静かな人で握手をして11時50分帰って行った。12時半に電気が来る。午後は日本人に似たライ族のJhumさんというJaski郡ポカラのDistrict Education Officeという。以前JICA研修で1ヶ月日本の広島に行ったことがあるという。大阪にも2日泊まったという。ごご1時半お茶はいつものヨーグルトとネパールティーをいただく。サンカルさんはロティとタルカリも食べて2人分で65ルピーであった。いつも払ってもらってばかりなので今日は支払わせてもらう。午後英語版のアクロバッドリーダーのインストールのサポートをする。4時47分今日の店仕舞いを始める。部屋の鍵をしめて携帯で時間を確かめると4時52分であった。以前4時54分にバスが発車したことを思い出し急いで隣のビルまで行く。今日は4時59分に発車した。途中いつもの大渋滞でババマハルの先で止めてもらう。ホテルに帰って荷物を整理していたら風呂の電話をもらう。体重を計ると63Kgぐらいであった。風呂上り食堂でネパールティーをお願いしてサンドイッチとバナナの夕食をいただく。そのあとロビーでNHK TVを見る。6時40分部屋に戻ってスイカをいただき日記をつける。19時からベッドに横になり、「氷結の森」読みはじめ19時45分読了。関野吉春さんの解説を読んで船戸与一という作家を知る。まだ1度も読んだことがなかったがこんど探して読むことにする。20時半お湯を沸かして日記をつける。紅茶を作ってベッドで「鬼平犯科帳8」を読了。21時半就寝。
05301.jpg
05302.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月29日(日) 晴れ カトマンド 日の出時刻:4時39分 日の入時刻:18時23分 10時48分の気温26℃ 湿度70% ネパール67日目
2011/05/29(Sun)
夜中蚊の音で目を覚ます。部屋を明るくして蚊を見つけて召捕り以後静かになる。夜中何度のトイレに行き小便と水便を繰り返す。6時半朝食はおかゆにしてもらう。2個の小さな梅干と熱いおかゆをいただきビオフェルミン3錠を飲む。お借りした「相剋の森」を返却して「氷結の森」をお借りする。体の節々に違和感がありインフルエンザの症状のようだ。朝食後ネパールのテレビを見ると昨日の憲法草案の期限は国会審議が今朝の3時まで開かれ3ヶ月先送りされたとニュースで伝えていた。次は8月28日が期限ということだ。部屋で小さなレモンを6個搾ってレモンティーを作る。「邂逅の森」を9時までかかって読了。史上初の直木賞&山本周五郎賞ダブル受賞というスケールの大きな物語であった。今日で身体を直しておかなければと思う。11時日記をつける。「OMRONけんおんくん」で体温を測ると38.4℃であった。ベッドに横になって熊谷達也著「氷結の森」を読んでうとうとする。12時半目を覚まし体温を測ると38.6℃であった。また小便と水便をする。「タイレノール」をのむ。朝お天気だったがこの時間、雨が降ったようで外が濡れていた。13時半部屋の掃除をお願いしてロビーで熱いネパールティーを入れてもらう。ずいぶん汗をかき下着が汗でびっしょりになる。15時汗をかいて体温は36.5℃になり身体が少し楽になる。15時40分お風呂の電話をもらう。16時風呂上り日記をつける。17時半ホテルを出ていつものパンを買いに行く。日が陰って涼しかった。ホテルに戻って検温をすると36.1℃になっていた。身体の節々の違和感も緩和してきた。心配していた明日からの勤務は行けそうである。ベッドに横になって「氷結の森」を読んで22時就寝。
05291.jpg
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月28日(土) くもり カトマンド 日の出時刻:4時39分 日の入時刻:18時22分 1時24分の気温26℃ 湿度77% ネパール66日目
2011/05/28(Sat)
2時蚊の鳴く声で目を覚ます。腕と足を刺されていた。部屋を明るくして蚊を探して姿を認めたが残念ながら召捕ることが出来なかった。NHKラジオ朝1番を聞きながらブログを更新する。夜中スイカをいただく。6時半のラジオ体操第一をしてからベッドに休んで5時半起床。この頃から雨が降ってくる。昨日あたりから水便になる。何故お腹をこわしたかわからない。これで3度目である。椅子で「相剋の森」を読んで日記をつける。朝食後ロビーでバナナを食べてTVを見る。今日はカトマンドではバンダは中止になった。隣の郡のダディングとチタワンでチェットリ族がするという。今日帰国するという婦人は10時半タクシーが来てでかけていかれた。午後1時半発でタイのバンコク経由で名古屋へは明日朝に突くという。小雨になってきたが部屋の椅子にかけて「相剋の森」を読んで過ごす。11時15分読了。12時昼食。お湯を沸かして紅茶を作る。昼食後熊谷達也著「邂逅の森」を昨日の続きを読み始める。2時半電話をもらって部屋の掃除をしてもらう。2時50分日記をつける。3時メールを見て返信をする。4時お風呂の電話をもらう。4時半日記をつけてメールを見る。夕食を食べに出かけるのは見合わせてパン2枚とレモンティーで簡単な夕食にする。このあと身体が冷えたようになり布団に入っても寒くなり空腹時にのめる優しさで効く「Tylenolタイレノール」をのむ。夜中何度も小便と一緒に水便が出る。
05281.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月27日(金) 晴れ カトマンド 日の出時刻:4時40分 日の入時刻:18時22分 1時24分の気温26℃ 湿度77% ネパール65日目
2011/05/27(Fri)
夜中元気な蚊を1匹召捕る。ラジオ深夜便、ブラジルのブルーツリーホテルCEO青木智栄子さんの「ブラジルビジネス界にみる日本人」を聞きながら日記をつける。7歳でバストスに渡り2年ですぐポルトガル語を覚えて親の通訳を務めていた。2年でサンパウロに移る。サンパウロ州立大学法学部、上智大学、アメリカのコーネル大学のホテルコースで学んだ。ブラジルの1番いい大学はただで入れた。小学校から大学まで全部ただで学んだ。親からは子供の役目は勉強することだと教わった。始めは法律家を目指して18歳でブラジル国籍をとった。親からいつも素晴らしいと聞かされていた日本はあこがれであったので1年ちょっと上智大学国際学部で学んだ。最初12人の会社を作り、ホテルと飲食とイベントの仕事をしているがこれからもっとよい方向に伸びる時期、ブラジルの暖かさ、誰でも受け入れる優しい国であるという気がする。女性の大統領も誕生した。可能性の国。もっと日本人に来て欲しい。「ふるさと」うさぎおいしカの山、小鮒つりしかの川・・の曲を聞く。ブラジルへの恩返し。人間は国籍によらずいいものに憧れる。良くなりたい。いい人間にはなりたい。ブラジルは格差がない。同じ食堂で。日本の心。ホスピタリティ。なんでそれができないのか。おもてなしの心。気配り、サービスを学びたい。ワールドカップなどを前にして少しあせっている。フレキシブルな国ブラジル。政府と個人企業が一体となって国の事業として目標をきちっと持つこと。ブラジル人の明るいところ、悩まないところ、どうにかやりましょう。1週間でも寝ないでもやる。心は優しい。一生懸命物事にあたる。ブラジルはいいことだったらどの国とも付き合う。2時まで。そのあと元JICAシニアボランティア中瀬洋子さん「祖国への思い」を聞く。そのあと農業「トメアス文化協会理事」海野(かいや)英雄さん「移民1世のくらし~苦労と喜び~」を聞きながら就寝。5時半起床。今日ももやっていて周りの山が見えなかった。6時半朝食はパクチョイの煮付け。朝食後ネパールテレビのニュースを見る。今朝バンダで焼かれたマイクロバスの映像が繰り返し写されライブで民衆の意見を放送していた。多民族国家で多数の議員を抱える3党と少数政党の23党で憲法草案がまとまらずバンダに訴えているという。田舎からカトマンドに出てきてその日の稼ぎで生活している多くの人はバンダでその日の収入が入らず食べるのにも困窮してきているという。今日はバンダをするが明日のバンダは取りやめの見通しだという。TVのライブではバスやバイクは走っていたが、朝のTVでマイクロバスが焼かれた放映で今後バスの運行は無くなることだろう。今日はお貸りした熊谷達也著「邂逅の森」を読む。「この本にめぐりあえてlよかった」という田辺聖子さんの書評が期待感を高めてくれる。8時50分
05272.jpg
05273.jpg
05271.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月26日(木) くもり カトマンド 日の出時刻:4時40分 日の入時刻:18時22分 1時33分の気温27℃ 湿度79% ネパール64日目
2011/05/26(Thu)
1時15分左手を蚊に刺されて目をさめる。部屋を明るくして蚊を探すが見つからない。メンソレータムを塗ってスイカをいただく。犬の鳴き声が止まらない。家の塀の中で飼われている番犬だろうがよくあんな連続した鳴き声に家主は我慢ができるものかと感心する。また休むが耳元で蚊の無く音で目を覚ます。部屋を明るくして探したが見つけることができなかった。2時45分隣の敷地の中にトラックが入ってきてなにやら物音を立てていた。3時40分にトラックが出て行って静かになる。6時半朝食。オクラを湯がいたものをカツオ節でいただく。昨日朝チェックアウトした年配のご婦人が朝食に顔を出していた。年のころは70ぐらいで一人で沢山の荷物を持って外国に来て、ホテルの英語仕様のXPのパソコンの前でなにやら画面とにらめっこしている様子に感心する。「私のような貧乏人が」と言うのが口癖のこのご婦人を見るとネパールのやせたご婦人とは対照的にまるまると太って金持ちにしか見えない。どうやら観光目的ではなくボランティアか仕事でなんどもこの国に来ている人のようだった。ガネシュさんの話では今日はバンダは無いという。
午後大使館からのお知らせ(11-29)がメールに入っていた。
5月26日
ヒンズー教勢力グループ及びチェトリ族グループによる抗議活動の実施について
当館に入った情報によりますと,ヒンズー教を国教とすべしと主張するヒンズー教勢力(「シバセナ」と呼
ばれる)が中心となって,明日(27日)カトマンズ盆地において,またチェトリ族グループが明後日
(28日)ネパール全土において,政府に対して新憲法制定に際し自らの主張が反映されるよう政府に要求
するため,バンダを実施すると発表しました。殆どの店舗,工場等は閉鎖することは勿論のこと,カトマン
ズにおいても道路封鎖状態となることから、緊急車両,外交団車両,報道車両,ツーリストバスを除く一般
車両,公共バスなどは通行不能になると見られています。つきましては,不要不急の外出はなるべく控えら
れるよう,また,万が一外出する際は,群衆には絶対に近づかないようご注意願います。
さらに,政府の対応によっては,29日以降も抗議活動が継続される恐れもあることから,最新の報道等に
ご注意下さい。というものであった。今日は英語ボキャブラリーカード11から20まで音読して復習。午後バクタプール行きのバス乗り場を確かめる。途中でレモンを買って、いつもの市場でスイカとキューリを買う。スイカを買っているとき若いスンダリケティとおしゃべりをする。今日は車が多かった。4時半風呂に入る。風呂上り日記をつける。4時53分 6時前いつもの夕食を食べにいく。「鬼平犯科帳8」を読んで就寝。20時
05261.jpg
05262.jpg
05263.jpg
05264.jpg
05266.jpg
05267.jpg
05268.jpg
05269.jpg




この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月25日(水) くもり カトマンド 日の出時刻:4時40分 日の入時刻:18時21分 2時16分の気温27℃ 湿度75% ネパール63日目
2011/05/25(Wed)
2時起床。ラジオを聞きながら日記をつける。清清しい晴天は今日まで。カツオが10000匹入荷したというニュースが入ってきた。この時期日本では梅酒作りの頃であった。もう暗い中からカッコーの声が聞こえてくる。もう一度休む。5時45分起床。今日のカトマンドのバンダの予定を確認する。
1.U-CPN Maoist
25 May Kathmandu (Prachanda)
2.RPP-Nepal
25 – 28 May Encircle of CA building with around 70 – 80 thousand activists
including outside from Kathmandu valley
25 May Mass demonstration rally from various parts of Kathmandu valley and picketing CA Building in afternoon
今日もバスは昨日同様のようである。念のため朝食後マイティガールまで出て見てこよう。6時半 朝食。今日は茄子の煮付け。バンダを聞くと今日は無いとの返事。7時半ホテルを出てマイティガールまで出て見る。今日は普段どおりこの時間にもバスが走っていた。梅雨のような陽気で汗をかいた。今日は職場へ出かけることにする。7時50分 9時過ぎまで英語ボキャブラリーカード87から90まで音読して復習。9時15分ホテルを出てバス乗り場へ。バス乗り場で日本女性から声をかけられる。空港の観光局で観光振興の仕事をしているSVであった。以前は職場のバスがあったが経費節減で廃止になり公共バスで通っているとのこと。バスはいつも満員で途中よく止まるので時間がかかるそうだ。いつものバスで職場まで。途中交差点で完全防備の警察官大勢待機していた。今日は事務室には1人だけなので部屋の扉を開けておく。すぐ掃除のおばさんグンガが入ってきて拭き掃除と床を掃いて出て行った。窓を網戸から開け放って出て行ったので蜂やはえが入ってくる。網戸に戻しておく。部屋を空けていて良かったと思ったが次にいつも来ては電話をしていく声の大きなおばさんが部屋に入ってくる。ラジャンドラジーの親戚だと言っていたが今日はポカラに出張でいないということは知っていたが、いつもどおり椅子に座って電話をしはじめる。2つ3つと電話をしては何を話しているのか。一番来て欲しくない人が入ってくるのだから世の中こうしたものである。30分ほどひっきりなしに電話をしていた。電話でセールスをしているのかもしれない。時には相手に切られることもある。11時に出て行ったのでしばらく扉を閉めておく。アルジャンジーと会う。明日ポカラへ行くという。ポカラに行かないのかと聞かれてバンダで行けなくなったと話す。午後にネパール75-District地図を更新する。15時49分携帯にメールが入る「Beinformed Federal Democratic National Party has decided to withdraw the general strike scheduled for 26 May」とあった。4時 シャリグラム コイララさんという人がサンカルジーを訪ねてきた。ラチトプールの教育事務所に勤めているという。450校のFlash Dataを入力しているという。有名なコイララ元首相と親戚かと訪ねたら自分の出身は39ジッラSyangjaで、元首相のコイララはEastrn Regionの出身だといっていた。あまり英語が話せないようだったのでネパール語で話しをしてみる。16時13分また別の人がサンカルジーを訪ねてきたのでポカラへ出張で日曜日出てくると伝える。予定通り4時から停電になっていた。そろそろ今日は店仕舞いにする。5時の帰宅バスは4時54分に出発した。途中大渋滞だった。ババマハルで下ろしてもらい、ANGANでいつものパンを買い、いつものお店で夕食をいただく。18時過ぎホテルに帰る。お風呂はしばらく時間がかかります。と言ってくれる。荷物を片付けていると同僚が手紙を届けてくれる。ネパール人の結婚式の立派な招待状も見せていただく。手紙を読んでから日記をつける。19時お風呂が空いたと電話が来る。風呂からあがってスイカをいただく。ベッドで横になり20時 「鬼平犯科帳7」を読んで就寝。夜携帯電話で目を覚まされる。21時40分。見るとラジャンドラジーの名前が表示されている。前回も夜遅くかけてきた長電話につき合わされたのに懲りたのでご無礼してそのまま眠る。
05251.jpg
05252.jpg
05253.jpg
05254.jpg





この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月24日(火) くもり カトマンド バンダの日 日の出時刻:4時40分 日の入時刻:18時21分 18時29分の気温27℃ 湿度73% ネパール62日目
2011/05/24(Tue)
夜中蚊の無く音で起きる。蚊に両腕を刺されていてメンソレータムをつける。元気な蚊を1匹召捕るが血を吸っていなかったのでまだほかにもいるのだろう。電子蚊取りマットに新しいものを載せて点けてまた休む。5時刈り込みをするハサミの音で目を覚ます。喉が渇いたのでスイカをいただく。ネットで将棋名人戦の第4局と1局の棋譜を見る。次は31日、1日の宝塚ホテル。今日の生垣の刈り込みは先輩が教えていかれたとおり目安のビニールひもを使って高さを合わせて刈り込みをしていたので写真に撮る。今日もカッコーの声が聞こえてくる。今日の朝食ではひじきの煮つけがでる。もちろんネパールには無い料理でありこのホテルならではの料理である。7時22分携帯メールが来る。「Bandh called by CPN Maoist Matrika faction is effective. Vehicles are not playing except few moarorbikes. Most of shops are closed」とあった。日本からの旅行者のおばさんが「バンダをしてこの国のためになるのなら仕方ないが、私のような貧乏人には飛行機代がかかって」とぼやいていた。日本人は誰もが貧乏人だとは口にするが世界の開発途上国の国々から見たら途方も無い金持ちなのである。朝5時から6時まで来てホテルの庭や生垣を刈り込みをして清掃する人の月の報酬が1300ルピーという。我々の今度の飲み会の2時間の会費と同じである。2ヶ月この国に生活してみて1ルピーが1.16円ぐらいの換算だが1ルピーの価値が10円ぐらいに感じる。庭に出ると近所で朝からゴミを焼く煙での臭いが漂ってきた。8時過ぎバンダの時に野菜マーケットが閉まっているのか、スイカ売りのスンダリおばさんがやっているのか見たくて、フロントに部屋の掃除をお願いしてホテルを出る。マイティガールには警備の警官が完全防備で数名づつ立っていた。走る車はUN(国連関係)と警察の車を見かけたが、タクシーやまれにバスも走っていてバイクや自転車が多かった。カレッジという学校は普段どおりやっているようで学生が沢山いた。道路わきの店で開いているところもあった。野菜マーケットではいつものスイカ売りのおばさんが店を開いていた。丁度半分に切ってあったのがあって赤くて美味しそうなのを買う。サッティというのでサーティ:30ルピーとは安いなと思ったら60:サッティということであった。帰り道、道を歩く人が大勢居る様に感じた。歩いて職場に来れる人のようだった。今日もデモ行進には会わなかった。9時10分ホテルに帰る。今日は朝から歩いて少し汗をかく。少し蒸し暑く感じた。部屋の窓を開けて網戸にする。掃除がされていて気持がいい。外から群集の声がするように感じた。タパタリ交差点あたりの人声らしかった。椅子でうとうとしながら「鬼平犯科帳7」を読む。3時から昨日の続き。1号報告書を英文にする。4時お風呂が出来たと電話をもらう。今日の風呂は昨日より温めだったが気持よかった。風呂上りスイカをいただく。4時半から。1号報告書を英文化の続きをする。5時15分までで任国の印象の手前まで終わる。一休みしてメールを見ると
「大使館からのお知らせ(11-28)5月24日
ネパール最低賃金改正について
当館に入った情報によりますと,昨日23日(月)ネパール政府は,最低賃金を現行の月額4,600ル
ピーから6,200ルピーに,また日雇い労働者向け日当を日額190ルピーから231ルピーに引き上げ
ることを正式に決定しました。尚,新賃金は2011年3月15日より遡及して適用されます。」とあった。これから夕食に出かける。いつもの夕食後18時タパタリ交差点まで出てみる。車は少なかったがバイクや自転車は出ていた。交差点脇には完全防備の警察がまだ待機していた。今日もデモ隊を見ることは出来なかった。このバンダによる交通マヒは交通手段をバスに依存するカトマンドの人にとって職場に行けないで大きな損失になると思うのだが、なんとかバンダをしないですます手立てはないものだろうか。小さなレモン5個を搾って1リットルのレモンティーを作る。19時ブログを更新しようとしたが途中でハングする。20時 「鬼平犯科帳7」を読んで就寝。
05241.jpg
05242.jpg
05243.jpg
05245.jpg
05246.jpg
05247.jpg
05248.jpg
05249.jpg
052411.jpg









この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月23日(月) 晴れ カトマンド 日の出時刻:4時41分 日の入時刻:18時20分 0時59分の気温26℃ 湿度70% ネパール61日目
2011/05/23(Mon)
0時45分起きる。ラジオ深夜便午前4時台 〔明日へのことば〕「女が変えます男の仕事(2)」古書店店主 佐藤真砂さんの話しを聞く。南青山 古書 日月堂として有名になってきているらしい。毎週これが入ったと伝えることを仕事にしているという。それが出来ない週はお客さんが来ないと言う。ディスプレイを洗浄して休む。5時起床。カッコーの声が良く聞こえる。今日のチェットリグループのバンダは中止になる。きょうからWESTERN Region KASKI郡ポカラで16 DISTRICTSの教育責任者を集めて5日間の講習会がある。今後講師を担当するための現状把握で参加したかったのだが、憲法制定の期限の5月28日を迎えて昨日のバンダなどが今後も予想されることから国内移動を見合わせることになった。従ってオフィスは空っぽになるため今週は在宅勤務にする。講習会のネタを1日1つ作ることにしよう。今朝は朝5時半に給水車が来て地下タンクに水を入れて帰って行った。6時半朝食後ナガルコットへ行きを調べる。カウンターパートに休暇を伝えたいと思い8時35分に電話を入れたら既にポカラで8時からセミナーが始まっているようだった。また後から電話するという。念のため以下の携帯電話でメールを送っておく。
「Good morning friends XyXyXy
Cheers for hard work working at Pokhara
Request for you.
Please forgive this week working at home in hotel.
Thank you permission to leave Friday
Take care,」
メールをした後でラジャンドラジーから電話がある。講習会の雰囲気のところからの電話であった。
今日も昨日同様の良いお天気になった。これから英語のボキャブラリーカードで96から100までを音読して覚える。10時過ぎ銀行へ出かける。しばらく個室で待たされやっと今後の2ヶ月分の生活費を下ろす。帰り道パン屋でいつものパンを買って帰宅。12時15分昼食をいただく。昼食後うとうとしながら英語のボキャブラリーカードで96から100までを音読して覚える。15時日記をつける。1号報告書の英語版をつくる。16時9分明日マオイストのバンダがあると携帯メッセージが入る。16時15分、お風呂の準備が出来たと電話をもらい入浴する。熱いお風呂で気持よかった。16時半風呂から上がってメールを見ると「マオイスト分派グループによる抗議活動の実施について 大使館から,マオイスト分派グループが,政府に対して新憲法制定に際し自らの権利明記を要求するための抗議活動として,明日24日(火)にネパール全土においてバンダを実施すると発表しました。殆どの店舗,工場等は閉鎖することは勿論のこと,カトマンズにおいても道路封鎖状態となることから、緊急車両,外交団車両,報道プレス車両,ツーリストバスを除く一般車両,公共バスなどは通行不能になると見られています。つきましては,不要不急の外出はなるべく控えられるよう,また,万が一外出する際は,群衆には絶対に近づかないようご注意願います。」とあった。1号報告書の英語版をつくる続きをする。17時20分 これから夕食を食べに出かける。今日はフルサイズでスンダリケティが塩控えめの野菜焼きそばを作ってくれて美味しくいただいた。夕食後ホテルに戻って日記をつける。メールを見ると今週のバンダの予定が出ていた。
Bandh and rally programs (Party wise)

1.CPN Maoist Matrika faction
24 May Nepal bandh

2.Khas Chhetri Ekata Samaj
Till 26 May Publicity campaign
27 May Eastern region bandh
28 May Kathmandu Valley bandh

3.Bramin Samaj
27 May Eastern region bandh

4.U-CPN Maoist
25 May Kathmandu (Prachanda)
Janakpur (Baburam Bhattarai)
Dhangadhi (Narayan Kaji Shrestha)
Nepalgunj (Lilamani Pokharel)
Biratnagar (CP Gajurel)
Pokhara (Ram Bahadur Thapa)

5.Federal Democratic National Party
26 May onward Nationwide indefinite general strike (bandh)

6.RPP-Nepal
23 May Sit-in protest in front of CA building, BICC Baneswor
24 May Torch rally from Basantpur
25 – 28 May Encircle of CA building with around 70 – 80 thousand activists
including outside from Kathmandu valley

7.Indigenous Nationalities’ Movement National Front Nepal
23 May Sit-in protest in major political parties office
25 May Mass demonstration rally from various parts of Kathmandu valley and picketing CA Building in afternoon
26 – 28 May Sit-in protest in CA building

8.Indigenous Nationalities’ Movement National Front Nepal / Republican Coalition National Front
26 May Nationwide torch rally
27-28 May Nationwide general strike (bandh)
9.Bandh and rally programs (Date wise)

A.Bandh

1.24 May Nepal bandh CPN-Maoist Matrika faction
2.26 May onward Nationwide bandh Federal Democratic National Party
3.27 May Eastern region bandh Khas Chhetri Ekta Samaj / Bramin Samaj
4.27 - 28 May Nationwide bandh Indigenous Nationalities’ Movement National Front Nepal / Republican Coalition National Front
B. Mass Meeting
1.25 May Kathmandu (Prachanda) UCPN-Maoist
Janakpur (Baburam Bhattarai)
Dhangadhi (Narayan Kaji Shrestha)
Nepalgunj (Lilamani Pokharel)
Biratnagar (CP Gajurel)
Pokhara (Ram Bahadur Thapa)

C. Rally / Torch Rally
1.24 May Torch rally From Basantpur RPP-Nepal
2.26 May Nationwide torch rally Indigenous Nationalities’ Movement
National Front

D. Others
1.RPP-Nepal
23 May Sit-in protest in front of CA building, BICC, Baneswor
25 – 28 May Encircle of CA building with around 70 – 80 thousand activists including outside from Kathmandu valley

2.Khas Chhetri Ekata Samaj
Till 26 May Publicity campaign

去年のこの時期にも同様のバンダがよくあったと聞いたが、今週は各民族や政治政党の呼びかけるバンダが目白押しのようだ。
05231.jpg
05232.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月22日(日) 晴れ カトマンド 日の出時刻:4時41分 日の入時刻:18時19分 1時39分の気温25℃ 湿度77% ネパール60日目
2011/05/22(Sun)
1時半起床。ラジオ深夜便を聞く。ニュースは今日も福島原発。昨日の写真をアップしてブログを更新する。
3時休んで5時半起床。6時半朝食。三度豆の炒め物のおかず。予定されていたバンダのメッセージがある「チェットリ社会が呼びかけたバンダで車は動かない。店は閉まっている」というのが8時31分に入ってきた。
各主要交差点では交通封鎖が行われている。また,警察が早朝300名ほどの活動家を逮捕したことで,抗議活動が活発化している模様。との連絡もあった。逮捕に抗議して明日23日も同グループによる抗議活動が実施されるとの情報がある。チェットリ族はネパールの多民族のなかで一番多数の15.5%を占める。日本の武士階級に似ていてプロテクションを基本的ななりわいをしてきていて、軍人などにこの民族が多いという。2番目はバフン(バラモン)で12.5%。これはヒンディーの宗教指導者や教師をなりわいとする民族で役人や教師に多い。3番目が7%のマガールという。先日は少数民族やネワール族5.4%のバンダがあった。ネワール族は経済人が多い。このホテルは創業は日本人であるが現在のオーナーはネワール人だと聞く。8時半過ぎから英語ボキャブラリーカード91から95まで音読して復習。10時半部屋の掃除の電話があったのでロビーに行って「ネパール 地球の歩き方」のやぶれたページをプラカーシュさんと一緒にセロテープで直す。11時部屋掃除が終わって部屋に戻りベッドで「鬼平犯科帳5」を読んでうとうとする。12時起きて昼食をいただき日記をつける。12時20分曇り空から大粒の雨が音を立てて降ってきたが5分で止んだ。12時27分停電になる。しばらくして電気が来る。やっと手紙を1通作成する。ロビーのPCで印刷してホテルの封筒をもらい宛名書きしてフロントに投函をお願いする。切手代は35ルピー。バヌアツの時は町の中心の中央郵便局まで出しにいかなければならなかったことを考えるととても助かる。14時半昨日買ったスイカをいただく。スンダリおばさんがラムロといってくれたものであったが、あまり赤くなく甘みが少なかった。今度買う時は大きなスイカを半分に切ってもらって中身の赤さを確かめてから買うことにする。これまで半分に切ってもらうのはリュックサックに入れて持ち帰れないことと、切ってくれる包丁が黒くて不潔そうに見えたからであるが、今度は包丁の不潔そうなのは目をつぶって、ビニールに入れて手に提げてくることにする。4時に「お風呂の用意が出来ました」と電話をもらう。今日は昨日と違って熱いお風呂で気持よかった。4時半風呂から上がって日記をつける。今日はこの部屋の上で大工仕事をしているようでかなづちを打つ音がよく聞こえてくる。4時45分 5時半まで「鬼平犯科帳5」を読んで夕食に出かける。店の子供たちにナマステと迎えられる。今日はバンダのせいかお客さんが誰もいなかった。店仕舞いかと思ってジェスチャでクローズとスンダリケティに尋ねたら、チョウメンネと言ったのでハーフと伝える。美味しい野菜焼きそばを作って持ってきてくれた。今日は他にお客さんは一人も来なかった。バンダのせいでここの商売も上がったりで気の毒なことである。タパタリチョークまで出て道路を見ると車は警備のトラックぐらいでいつものように荷台には兵士が銃を構えて乗っていた。時たまタクシーが走っていてバスは空のを1台見たきりだった。バイクは少し走っていた。全く渋滞が無いので少ない車とバイクであったがかなりのスピードで走るので道路の横断には時間をかけた。いつものパン屋はシャッターを下ろしていた。日本大使館の注意のメールで緊急車両,報道車両,外交団車両以外の通行を禁止されておりますとあったが、これは知らなかった。肝心のデモ隊は今日も姿を見ることが出来なかった。どこかでやっているのだろうか。ホテルに戻ってバナナをいただいて日記をつける。今日は当初はポカラに行く予定にしていたがバンダで出張を見合わせることになる。カウンターパートは無事行くことが出来るであろうか。今日はお便りをいただいていた返事を出した一日であった。
05221.jpg
05223.jpg
05224.jpg
05225.jpg
05226.jpg
05227.jpg
05228.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月21日(土) 雷雨後晴れ カトマンド 日の出時刻:4時42分 日の入時刻:18時19分 0時32分の気温25℃ 湿度78% ネパール59日目
2011/05/21(Sat)
11時45分目を覚ます。夜中に雷と稲光と大雨が降りだす。網戸にしていた窓を閉める。ラジオ深夜便で午前3時台 〔にっぽんの歌・こころの歌〕”真夜中の夢の競演”ちあきなおみ&甲斐バンドを聞く。カトマンズ盆地は東西約30km、南北約20kmの広さで、面積560km²の広さは甲府盆地と同程度で平均高度は約1330mで軽井沢と同程度である。2001年の人口は推定150万人といわれたが10年後の現在は300万人とも500万人とも言われている。ここまで人が急増したのはマオイストとの内戦によると言う人が多い。国の面積は北海道の1.8倍の約147000km²で人口は約3000万人。面積で全土の0.38%のカトマンズ盆地の狭い土地の中に人口の約10%が集中している。周りを山々に囲まれてはるかその先にお天気が良ければ万年雪を被ったヒマラヤが見えることがある。昨夜大雨が降ったお陰で空気中の埃が流されて空気が澄んで明け方向かいの山がくっきりと見ることが出来た。6時半朝食には焼き茄子とスイカが出る。土曜が休日のこの国ではキリスト教の礼拝も土曜日である。今日は地図を頼りに教会を訪ねる。朝食後7時半ホテルを出てネパールー語を学んだDILIBAZAR経由GYNESSWORのイサイ ダルマのギルシャガルに行きたいと地図を片手に持って尋ねては道々迷いながらもようやく8時35分教会に到着。チャーチやクリスチャン チャーチと言っても通じなかった。礼拝は既に始まっていたので500人ぐらいの人の一番後ろに入って行き座る場所を探していると先週話したパスターが隣の席に座るように声をかけてくれたのでそこにかける。今日のパスターの話しを隣で英語に同時通訳してくれた。礼拝中テンカン発作を起こした婦人が奇怪な声を発して別の婦人たちに抱えられるようにして外へ抱えられて出て行くのが起こって驚いた。9時半で朝の最初の礼拝は終わり来た道を歩きはじめるとまもなく先週礼拝に誘ってくれたラルさんに出会った。今日は2回目の礼拝に出るという。帰りはスムーズでDILIBAZARまで20分、そこから野菜マーケットまで10分の距離だった。いつものスイカ売りのスンダリおばさんが手にとって手でスイカを叩いてこれが美味しいといわれた5Kgのスイカを買う。レモンを30個、キューリを1本買って重くなったリュックサックを担いで10時半ホテルに戻る。部屋でレモンティとサンドイッチの昼食をいただく。椅子に座って長谷川まり子著「少女売買 インドに売られたネパールの少女たち」を読んでいるうちうとうとしていると2時過ぎプラカッシュさんから「部屋の掃除はどうしますか」と電話がある。「お願いします」と答えてロビーに移ってバナナとネパールティーをいただく。同僚の娘さんのように若いカウンターパートのスンダリ姉妹が昼食に来ていて挨拶をする。午後のこの時間の日差しは強く暑くなってきた。スンダリ姉妹のふるさとは国立公園のあるチトワンは今の時期とても暑いそうだ。それでも標高は900mのところにあるという。部屋の掃除が終わったというので部屋に戻り日記をつける。3時半風呂が出来たと電話をもらう。少し温めの風呂であったが気持ちよかった。こんな時間から風呂に入るのはリゾートに旅した時ぐらいでカトマンズにいてこんな贅沢をさせてもらえるとは思ってもいなかった。清潔なお湯が一杯の風呂に身体を伸ばして暖まるのは何よりリラックスできてありがたい。4時風呂上りレモンティと昼食のサンドイッチの残りをいただき日記をつける。5時半まで「鬼平犯科帳5」を読んでいつもの店に出かけて夕食をいただく。6時ホテルに戻って読売新聞21日朝刊を読んでNHK TVを見る。部屋に戻って日記をつける。ベッドに横になって「鬼平犯科帳5」を読んで就寝。19時半
05212.jpg
05213.jpg
05214.jpg
05215.jpg
05216.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月20日(金) くもり カトマンド 日の出時刻:4時42分 日の入時刻:18時18分  5時19分の気温24℃ 湿度76% ネパール58日目
2011/05/20(Fri)
1時20分 犬の鳴き声で目を覚ます。ラジオ深夜便午前4時台 〔明日へのことば〕「笑顔いっぱいのベーカリー」障害者ベーカリー スワン代表 海津 歩さんの話しを聞く。もう一度休む。5時15分起床。小鳥の鳴く声が賑やかである。今日はネパールの週末である。昨日携帯にきたメールにあったGandaki,Lumbini and Dhaulagiriはネパール西部の郡の名前であるが、どこにあるのかよくわからない。今日は75郡を区分したネパール地図を作って机の前の壁に貼っておくことにしよう。部屋を訪ねてくる人の中には地方から出て来た人もいるからどこのジッラ:郡から来た人か1~75の番号をつけておくだけで更に役立つ情報になるはずだ。その人の居る場所と名前を知って会話すれば、その郡のことをよく知ることが出来るであろう。今日はハサミと糊とセロテープと白紙を持っていき工作の時間としよう。ネパール新憲法制定に関して国を構成する多くの民族が各々の権利を盛り込みたい主張を要求する意志表示の行動をバンダというこの国の伝統的な手段ですることを表明するに伴い、安全の観点から5月22日から6月3日までは国内移動が禁止になった。
従って来週のポカラの出張は見合わせる。朝食の時テレビでアジサイの花がでていた。ハイドレンジア:hydrangeaと昨日のボキャブラリーカードにででてきた。朝事務所スタッフに依頼メールを出しておく。これから出かける支度をして英語ボキャブラリーカード87から90まで音読して復習。9時28分いつものバスに乗っていたのは6人ぐらいと少なかった。週末は少ないのだろうか。一般のバスには満員の乗客にもかかわらず教育局のバスはゆっくり座れてありがたい。10時オフィスには既にサンカルさんが来ていた。LANケーブルが無いのに気がつき丁度部屋に来ていたテクニカルサポートのアルジャンジーに話すと探して出してきてくれた。お陰でネットにつないでメールを発信することが出来た。6月4日から研修に参加することについて相談する。12時までネパールの地図を作り、昼食をいただく。1時半サンカルさんがお茶に誘ってくれたので一緒にサンティーン:食堂に行く。冷えたダヒ:ヨーグルトに砂糖を入れてご馳走になる。サンカルさんはロティーにダヒをつけてタルカリ:野菜料理の昼食。朝食は8時半、夕食は19時に食べるという。部屋に戻ってネパール地図を机の前に貼る。今日は13時から19時が停電の予定で電気が来ていない。ネットも出来ないでいたら14時8分に電気が来た。役所の自家発電なのだろう。日本大使館からのバンダのメールを読む。チェトリ族グループが,政府に対して新憲法制定に際し自らの権利明記を要求するための抗議活動として,22日(日)にカトマンズ盆地においてバンダを実施すると発表したというものだった。今日は15時までの勤務。今日はラジャンドラジーは一日姿を見せなかった。昨日頭が痛いと言って早く帰って行ったがそれが原因かもしれない。サンカルさんからも聞かれたので、彼にも連絡が無かったようだ。2時35分そろそろ店仕舞い。3時のバスでカトマンドまで。3時半ババマハルからJICA事務所まで歩く。4時事務所につく。5月9日の消印のある日本からの手紙が届いていた。16時―16時半8ヶ月の栄養士の短期青年隊員の活動総括報告を聞かせていただく。終わってからパスポートのコピーをいただきラミネートコピーを2枚する。帰り道バスの上にまで人が沢山いてカナダ国旗に似た旗を振るバスが続いていた。新憲法に権利主張をしようとするどこかの民族の一団だったのだろう。今日は憲法に権利主張で22日、23日にバンダをするというチェットリ族の表明のメッセージが来ていた。パンを買っていつもの店で夕食をしてホテルに帰る。汚れた靴を拭いて荷物を片付けて1リットル紅茶を作ってからお風呂に入る。体重は54Kgまで戻っていた。風呂上りお気に入りの音楽を聴きながらスイカをいただく。そのあとメールをして日記をつける。「鬼平犯科帳5」を読んで就寝。21時
05201.jpg
05202.jpg
05206.jpg
05204.jpg
05205.jpg
05207.jpg
05209.jpg
052010.jpg






この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月19日(木) 晴れ カトマンド 日の出時刻:4時43分 日の入時刻:18時18分  3時28分の気温26℃ 湿度73% ネパール56日目
2011/05/19(Thu)
夜中目を覚ましブラジル発ラジオ深夜便午前4時台 〔明日へのことば〕 「環境交流日本とブラジル」
立命館大学教授 小池洋一さんのインタビューでサンパウロの南のクリティバの話しをを聞く。
昨日に続いてラジオ体操をする。5時15分起床。向かいのビルの間に見える山の上に月:チャンドラマが見える。カトマンドの暦を調べたら朝日が出るのは名古屋とほぼ同じであった。日の入りはここが早い。暗くなると昼間死んだように寝ている犬が活動をはじめるから暗くなる前にはホテルに帰りついているのが望ましい。ガネッシュさんから教わった「New Baldipika Fast Food」という日本人に似た顔のモンゴリアンのリンブーとグルンというザナザティの人たちの店がホテルの近くにあるのはありがたい。昨日は麺が品切れでチャーハンをいただいたが若いお母さんが「どう食べれた」と聞いたのでミトチャと答えた。ここはネパール人と同じ料理を塩気と油を少なめにして辛味を抜いて作ってもらっているので美味しく食べれるようになって来た。6時半朝食。油揚げのおかず。庭に出ると雨上がりでひんやりした高原の感じであった。今日も曇り空である。また日中雨が降りそうである。8時出かける支度をして英語ボキャブラリーカード81から86まで音読して復習。9時15分ホテルを出る。いつものバスで職場に9時55分着。今日は電気が朝から来ていた。今日の事務所の停電時間は5-9時と15-20時である。15時以降に事務所の自家発電がなければ仕事にならない。今からグラフを確かめる。10時45分 ラジャンドラジーが出てくる。10時55分メッセージが来る。「Bramin Society has announced Gandaki,Lumbini and Dhaulagiri zones bandh tomorrow,20 May.」
Bandhになると一部の店舗は閉鎖することは勿論のこと,対象地域は道路封鎖状態となることから、一般車両,公共バスなども通行不能になると見られている。この国の伝統のbandhをすると発表するとその町のバスは走らなくなるので職場には来れる人は来るが来る手段を持たない人はお休みになる。bandhで従業員が確保できずに納期をキープできないとなると企業経営者にとっては大変であろう。Bandhがあると道を車が走らないから車やバイクは道路をスイスイ走れていいではないかというとそうではなく、バンダの日は道路を走るのは危険なので裏道や回り道など目立たない道を走って職場まで行くのだそうだ。メインロードはバンダの主催者の顔を立てて走らないが裏道を走るのは多めに見るというルールがあるようである。12時昼食。午後黒雲が出てきて雷鳴が轟く様になってきた。今日も一雨来そうである。2時45分頃から音を立てて大雨が降ってきた。15時半に雨が小降りになった。ラジャンドラジーは今日は頭が痛くて調子が悪いからといって帰って行った。15時35分 16時半まで1時間Excelで2種類の棒グラフを右と左に対象に描くことにチャレンジしてみたが、Paintでは出来そうだが、Power PointもExcelでも美しく作る方法が見つからず又の宿題にして店仕舞いとして帰り支度をする。雨が止んでいたが念のため置き傘をリュックサックに入れる。5時過ぎ車が途中まで来たところで昨日同様雨が降り出す。今日は傘のお陰でそう濡れずにいつもの店へ行く。店の前で同僚に会う。いつもの野菜焼きそばをいただき美味しかった。店を出た時も雨が降っていた。ホテルに戻って日記をつける。18時22分 今日は蒸し暑くなった。7時過ぎ風呂が空いたと電話をもらい、風呂に入る。お湯から上がってスイカを半分いただく。今日のは甘くて美味しかった。明日いただいたらまた土曜日に買ってこよう。ネパールで一番気に入った果物はスイカである。スイカを食べた後、底が少し破れていたリュックサックの繕いをする。繕いが終わって「鬼平犯科帳4」を読んで就寝。21時

05191.jpg
05193.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月18日(水) くもり夕方から雷雨 カトマンド  5時37分の気温26℃ 湿度73% ネパール55日目
2011/05/18(Wed)
朝久しぶりに部屋の中でラジオ体操1,2をする。5時15分起床。空一面うすぐもりだが向かいの建物の後ろに見える山の稜線がくっきり見える。昨日は懇親会の案内があった。今回は同年輩と事務所スタッフへ案内がされていた。普段我々へお世話をしてくれている事務所スタッフに時間外の懇親会にまで自費参加してまで気を使っていただくのは気の毒なことである。親子ほどの若いスタッフにとって楽しい集まりなのだろうか? 年寄りばかり集まっても盛り上がらないから若い元気なスタッフに座を盛り上げてもらおうという幹事の意図があるのかもしれない。朝食はキューリとワカメの酢の物のおかずが美味しかった。庭に出てみると先輩の次郎柿の実をビニールと新聞で袋がけされていた。ここもカラスが多いので食べられないようにとの心遣いが嬉しい。サボテンに花が咲いていたので写真に撮る。7時半部屋に戻って日記をつけて出かける支度をしてから英語ボキャブラリーカード77から80まで音読して復習。9時12分ホテルを出てバス乗り場。9時28分乗車。9時55分職場に到着。部屋はロックされていた。鍵を開けて窓を開ける。掃除のおばさんが机の拭き掃除をしてくれる。若いアルジャンジーがハウ アー ユーと言って部屋に入ってくる。今朝は珍しく電気が来ていてネットも繋がった。10時20分 10時半ラジャンドラジーが来る。昨日は身内に病人が出て朝7時から夕方5時までタメルの病院に行っていたという。来週のポカラの研修のスケジュール表を見せてくれたのでコピーを1部お願いする。来週の出張に参加出来なくなったことを話す。12時に昼食。午後2時半に食堂でお茶にする。ダヒが無くて、フルーツと野菜チョウメンとネパールティーをご馳走になる。4時半まで2009年日本の人口データからネパールの2011年75才以上の人口を考える。グラフを考える。6月のチトワンの申請を出すが、その後のメールで6月3日まで出張禁止とあったのでこれも駄目のようである。4時40分店仕舞い。今日の1日は早く感じた。バスの帰り道で大雨が降ってきた。傘を職場の机の中に置きっぱなしで持ってこなかったのは失敗であった。雨に濡れてホテルへ帰り着替えをしていつもの店に夕食に行く。今日は6時頃で遅かったせいで麺は切らしたのでフライドライスでいいかと聞くのでそれをお願いした。とても小さな米でつくったチャーハンであったが美味しかった。6時半過ぎ食事を終えてホテルに帰る。大きなバスがホテルに数人の客を乗せて入ってくる。隣の日本料理屋への日本人のお客さんだった。部屋で荷物をおろして日記をつける。19時過ぎ、お風呂が空いたと電話をもらいすぐ入る。7時35分風呂から上ると稲光りが光り、ゴロゴロと雷が鳴る。また雨が降ってきた。これから写真のアップロードとブログの更新をする。
05181.jpg
05182.jpg
05183.jpg
05189.jpg
05184.jpg
05186.jpg
05187.jpg
05188.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月17日(火) 晴れ カトマンド 祭日 3時37分の気温27℃ 湿度74% ネパール54日目
2011/05/17(Tue)
3時15分外の騒音で目を覚ます。ABCラジオ1008Osakaを聞きながら日記をつける。3時半というのに隣の家からトラックのエンジン音や人声やレンガのぶつかる音やスコップの音が聞こえてくる。最近犬の鳴き声で起こされたりしたが、こんな時間から音を出す作業を始められるのには困ったものである。ラジオでは福島原発のメルトダウンは関係者は早くから気がついていたことやこの先の収束の計画に見直しが必要だという。4時4分トラックは隣の敷地から出て行って静けさが戻った。昨日から少し暑くなってきた。喉がかわいて冷蔵庫の残りのスイカをいただく。甘さが無かった。今日はUbhauli,Buddha Jayantiの休日である。仏教の創始者ブッダの記念日である。この国の約80%がHinduism, 約10%はBuddhismということであるが、ネパールにブッダの生誕地ルンビニがあることも仏教の祭日がある理由かもしれない。5時51分朝の新聞配達の自転車の若者が来た。ここでは新聞を敷地の中に放り投げ入れる。敷地の中の人は地面に落ちた新聞を拾っている。雨の日はどおしているのだろうか。今度注意して見ることにしよう。6時振込みをしてから6時半朝食。
朝食の時、珍しい大きなマツボックリをいただく。樹齢150年ぐらいになる背の高い松の木から落ちた大きなものである。朝食時めずらしく体の大きな外人が3人日本食を食べていた。朝食はこれまでより少し塩気が控え目になったように感じる。パキスタンの道路関係者で日本の企業と今年完成させたカトマンドーバクタプール間のアルニコハイウェイを担当した人たちだった。昨夜の電話が気になって朝電話してみるが発信音は鳴っているようだが寝ているのか繋がらない。朝お湯を沸かして紅茶を作る。今日は祭日だがマーケットはやっているだろうからこれからスイカを買いに行く。8時45分ホテルを出て野菜マーケットでスイカとキューリを買い、衣類マーケットで半ズボンを買う。ジャカランダの紫の花の写真を撮る。パン屋でいつものパンを買って10時15分ホテルへ帰る。お気に入りミュージックを聞きながらレモンティを作る。10時42分 そのあと半ズボンを昼までかかって繕う。昼食は食堂でネパールティーをいただく。キューリをスライスしていただく。昼食後部屋の椅子でうとうとしながら過ごす。13時半部屋の掃除を尋ねる電話が入ってお願いする。ゴロゴロと雷が鳴っていたので雨が来ると思ったがうとうとしているうちに一雨来たようだった。いつのまにか外が濡れていた。13時45分。午後は部屋の椅子で本を読んで過ごす。ときどきラジャンドラさんに電話するが電話局の女性のテープが回ってかけた先はモバイルをオフにしているから繋がらないからまたあとで電話をしてくれとのメッセージばかりであった。3時40分また電話をしてみたが同じ結果であった。これも異国の文化を知る機会だから仕方ない。お風呂に入ったりして4時まで待ったが待ち人は来なかった。同僚といつもの店に行く。いつもの野菜チョウメンとモモとツクパもいただく。今日は野菜焼きそばは別の人のが間違って運ばれてきて辛くてしょっぱかった。モモとツクパもどれもしょっぱかった。かわいい女の子のお父さんの名前は「ティカラムリンブ」お母さんの名前は「プラミラリムブ」自分の名前は「イシャーリンブ」10歳、弟の名前は「ハヨリンブ」、妹の名前は「アヌファグルン」9歳と教えてくれた。同じモンゴリアンのリンブ族とグルン族の人である。夕食後ホテルに戻ってベッドで「雪の北国から」を読む。6時45分起きてお湯を沸かし紅茶を作り日記をつける。今日は暑くなったが午後にゆっくり休むことが出来た。8時過ぎ「鬼平犯科帳4」を読んで就寝。9時半足が痒くて目を覚ます。蚊に刺されたようでメンソレータムを塗る。部屋を明るくして電子蚊取りマットを点ける。蚊を探すと壁に小さくなって止まっていた。手で叩くと壁が血で赤くなった。壁を歯ブラシで洗って拭いておく。紅茶にレモンを搾ってレモンティにしてペットボトルに入れて冷蔵庫に入れておく。22時20分ブラジル発ラジオ深夜便明石勇さん担当で午前1時台 「移民一世のくらし~苦労と喜び農業」・トメアス文化協会理事 海谷英雄さんの話しを聞く。日本で1/3,ブラジルで2/3の人生を過ごした68歳になる海谷さんの「ブラジル人は気持ちが明るいのがいい。日本の昔の義理人情が生きている。金で買えないものがあるのがいい」という言葉が記憶に残った。網戸から入ってくる涼風が気持ちいい。
05171.jpg
05173.jpg
05174.jpg
05177.jpg
05178.jpg
05179.jpg
051710.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月16日(月) 晴れ カトマンド 19時49分の気温28℃ 湿度70% ネパール53日目
2011/05/16(Mon)
4時蚊の鳴き声で目を覚ます。電気が来ていたので新しい蚊取りマットを載せて点ける。刺されていた腕にメンソレータムをつける。今日は大阪ABC1008が来ていなかったのでNHKラジオ594Tokyoを聞きながら日記をつける。奄美・沖縄は梅雨入りという。カトマンドの雨季は6月からだが、今年の4月、5月は普段の月より雨が多いという。まだ外は真っ暗だというのににわとりがさかんに時の声をあげる。カラスなのかぎゃーぎゃーとけたたましい声も時々聞こえてくる。新しい部屋からは停電の時でもネットに繋がる。LANケーブルのコネクターもカチと接続できる。これまでのLANケーブルのコネクターは接続プラスチックのピンが取れていたので接続が緩んでは回線が時々切れていた。無線LAN接続は1階遠くなったせいか電波は弱くて接続は出来なかった。これまでも接続状態は弱くてLowであったが、新しい部屋ではVery Lowになっていた。いよいよ今日から勤務3週目である。来週からWESTERN Region 40番目のKASKI郡PokharaでWESTERN Regionの16Districtの郡教育担当者の研修会を予定している。研修会参加者の各々の役割を理解して今週はその準備の1週間にする。外が白んできた。雲が空を覆っているので今日は傘を手放せない。今日持って行った傘は帰りに雨が降っていなかったら職場に置いておくことにしよう。そうすれば降りそうな時でも持っていかなくて済む。前回のバヌアツの時は傘を持って行かず大きなこうもり傘を買ったが今回は折りたたみ傘を2本持ってきた。昔の会社のマークがかかれている傘もある。職場にはそれを置き傘にしよう。無くさないように名前ラベルを貼っておく。5時25分ホテルの入り口の門扉が開けられた。6時半朝食後、英語のボキャブラリーカードを71から76まで音読して暗唱する。9時12分ホテルを出て、バス停に9時24分着。バスは29分に来て9時55分職場に着く。テクニカルサポートのアルジャンジーが来て、サンカルジーは4日ほど休暇だという。サンカルさんに電話をしたが繋がらなかった。この事務所の電気は11時になったら来るという。10時半ラジャンドラジーが来る。いつものように荷物を置いて部屋を出て行った。10時40分 11時に事務所の自家発電の電気が来る。ラジャンドラジーにリクエストレターを印刷してサインをしてもらう。役所の公印を押してもらい、レターNo.であるRef.NoをもらったものをJICAオフィスへFaxしてもらう。12時25分から昼食。昼食後Faxを送った先に電話をしてレターが届いたことを確認する。なんと22,23日にまたバンダが計画されているという。そうなると交通機関も休みになるという。ラジャンドラジーにバンダの話しをすると、バスやタクシーは止まってもホテルから空港までの足は何とでもなるし飛行機は飛ぶから心配いらないとの話しであった。明日はブッダの祭日だがサティを誘って家に食事においでと誘われる。明日の昼にまた電話をするという。バイクの後ろには乗れないと話すとホテルまで自分がバイクで迎えに来て、そこから自分の家まではタクシーで行くということになった。帰りはタクシーでホテルまで一緒に行き自分はホテルに置いたバイクで自分の家まで帰るという。果たしてどう言うことになるのやら。4時10分ラジャンドラジーはこれからバクタプールDistrictに行くと言ってオフィスを出る。今日はあと40分 EMIS ASSESS PRESENTATIONを見て過ごす。4時36分になる。そろそろ店じまい。職場のバス待ちをしていたら電話がかかってきた。22,23日はバンダのため安全の観点から出張は見合わせるようにとの連絡であった。安全を考えた行動をとるのは特に外国生活では重要である。一旦事が起こったら関係者に大きな迷惑をかけることになってしまう。飛行機の切符の手配を止めなければと電話しようとしたらまた同じ電話がかかってきた。来週の出張が出来なくなった話しはカウンターパートに迷惑をかけることなので電話ではなく直接会って話すことにする。一旦ホテルに帰り荷物を置いて食事に出る。いつもの食事をしてホテルに帰りお風呂に入る。風呂上り日記をつける。明日はUbhauli,Buddha Jayantiの休日である。写真をアップしてブログを更新する。20時過ぎ「鬼平犯科帳4」を読んで就寝。22時半携帯電話がなる。長く話してみたがラジャンドラジーが酔っているようで結局どんな話しか良く理解出来なかった。又寝る。
05161.jpg
05162.jpg
05163.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月15日(日) 晴れ カトマンド 3時43分の気温24℃ 湿度79% ネパール52日目
2011/05/15(Sun)
3時15分起床。今日の停電の予定は4-9時と14ー20時。今3時45分だからあと15分で停電になる予定。NHKラジオ594Tokyoの7時のニュースを聞く。福島原発1号機では燃料が溶け出すメルトダウンが起きているという。32年前にメルトダウンが起きたスリーマイル島では燃料を取り出すまで10年かかったという。福島1号機では処理が終わるまで数年はかかるだろうといっていた。今日は沖縄が本土へ返還されて39年になるという。普天間移設問題がどうやら振り出しに戻ってしまったようだ。普天間の人は騒音と危険な生活がこの先も続くことになるようだ。4時になったが停電にはならない。これからFax送り状をつくる。4時6分
4時55分停電になる。しばらくして自家発電の電気がくる。5時50分まででFax送り状をつくる。ネットを見ていたら厚労省が年金受給資格を現在の25年から10年にする案を出すという。公務員の共済年金の受給資格と民間の厚生年金の受給資格を同じにしないのはおかしな話しである。公務員は1年でも受給できて厚生年金は25年で受給できるというのは不公平である。民間では25年未満は掛け捨てと同じというのはおかしなルールである。役人は1年でも掛け捨てにならない。役人はちゃっかりこんな不思議なルールを長年やってきて民間の掛け捨ての金が余るものだからグリーンピアに金を使って2足三文のくずにしてしまった。今日のカトマンドはお天気になった。6時半朝食。今日のおかずはヒジキに煮物であった。専門家の方とおしゃべりをする。専門家の仕事の仕方に色々な形があることを知る。食後これまでかかってきた携帯の番号を手帳に写してから英語ボキャブラリーカード66-believeから70-wantまで音読をして覚える。最近ネットに接続するコツを知ったのでこれまでより簡単にネット接続できるようになった。あまりに強い日差しのお天気なので日本から持ってきた部屋ばきスリッパを手洗いして屋上に干してくる。初めて屋上の洗濯物干し風景を見たが沢山の洗濯物があるのに驚いた。これだけのものを洗ってくれていることに感謝である。図書室で新田次郎著「孤高の人 上下」を借りてくる。少しお腹がすいたので朝作ったサンドイッチを1ついただく。午前はWebで探した2009年10月の日本の人口統計をExcelファイルに落とす。午後居間の椅子で「雪の北国から」を読んでうとうとする。13時半フロントに行って部屋の移動をお願いする。14時までに移動が終わる。部屋はこれまでの部屋より綺麗で嬉しかった。これからの2年間の住まいが与えられた。同じ仲間に来ていただいて部屋を見て頂く。持ってきていただいたクッキーとすいかをいただく。そのあと歯ブラシに薄い石鹸を付けて壁の汚れを清掃する。目立った汚れが無くなって気持ち良くなる。ベッドに横になって「雪の北国から」を読んでいたら風呂の準備が出来ましたと嬉しい電話をもらう。15時40分。停電で暗い風呂であったが熱いお湯に入って気持ちよくなる。シャワーの切り替えがうまく行かなかったのでフロントにいって見て貰うことにする。16時過ぎ風呂上りに日記をつける。今日の停電の予定は14-20時だが何時の間にか停電になっていた。外は真夏の日差しで洗ったスリッパはすっかり乾いた。外は暑そうである。16時16分 部屋の椅子にかけて「雪の北国から」を読む。今日は午後間食のせいかお腹が空かない。今日は6時に食事に出かけることにする。6時前夕食の電話をもらいいつもの店に行く。今日は店の名前を「New Baldipika Fast Food」というのを教えてもらう。今日の野菜焼きそばは美味しかった。ラーメンに似たThupkaのスープをいただく。食後ANGANでいつものパンを買う。ホテルに帰って洗面所の下に洗面の栓が落ちているのを見つける。栓をしっかり取り付ける。トイレの水タンクから水漏れしているのに気がつく。フロントに電話をして直しに来てもらう。タンクからの水漏れも直してもらって都はるみを聞きながら日記をつける。網戸から涼しい風が入ってきて気持ちいい。1つ階が高くなっただけで随分高いところに来たような感じになった。21時「雪の北国から」を読んで就寝
05151.jpg
05152.jpg
05153.jpg
05154.jpg
05155.jpg
05156.jpg
05157.jpg
05158.jpg
05159.jpg
051510.jpg



この記事のURL | 出発日 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月14日(土) 晴れ カトマンド 1時18分の気温23℃ 湿度76% ネパール51日目
2011/05/14(Sat)
1時過ぎ、犬の鳴く声で目を覚ます。ラジオ深夜便オンデマンド5月5日(木) ロバート・キャンベルさんの話を聞きながらネパールの携帯電話番号とFAX番号を名刺に入れてプリンターで30枚印刷する。ネパールに持ってきて初めて印刷してみたが色が少し赤っぽく印刷された。インクのせいか、インクが少なくなったからかわからないがまあ印刷できたことで良しとする。3時半からNHKTVを聞きながら日記をつける。犬の鳴くのはいつの間にかやんで雄鶏の時の声が聞こえるようになった。3時50分ベッドで「鬼平犯科帳4」を読んで就寝。5時半起床。今日もお天気になりそうだ。今日の停電の予定は5-11時と16-22時だがホテルの自家発電のお陰か電気が来ている。今日は土曜の休日である。市場でレモンとキューリとスイカの買い物をしたい。ネパールは土曜日にキリスト教の礼拝があると聞いたので近くの教会に行ってみたい。夜はネパール人が夕食に呼んでくれたのだが果たして言っていた通りにホテルまで迎えにきてくれることだろうか。5時41分
メールを発信しておく。6時半今日の朝食のおかずは茄子の煮付け。朝食の前ガネッシュさんに教会の場所を尋ねると、ご近所で教会に行っている人がいるのでこれから行ってはなしをしてくると言ってくれる。7時過ぎすぐにタクシーで出かけるというので朝食後急いで支度をしてフロンとにきてくれたラルさんとタクシーで教会へ向かう。車の中でのおしゃべりによると、ラルさんは不動産屋で60歳。5人の子供があって男のお子さんは上が39歳でホテルにしたが29歳でドイツのプロジェクトで働いているという。民族を聞くとネパール人だとしか言わないのでネワールかと聞くと違う、ダリットだという。自分もビデースコ マンチェだからダリットだから一緒だといっておく。ネパールにおいてはカーストの階層:ヒエラルキーというのがあって、アーリア、インド系はバフン、チェットリなどがハイカーストに属し、先住民などインディジェニアス、エスニックグループはジャナジャティと呼ばれ59民族が含まれガネシュさんのタマンはこれに属す。イスラムや外国人はローカーストと区分されダリットと呼ばれ23民族がこれに含まれる。
キリスト教信者になってから17年になると言っていた。教会は土曜日に7時半ー9時。9時半-11時。12時―1時半の1日3回の礼拝をしているという。7時35分にGYANESWOR地区にあるギャネシュ イサイ マンデル:ギャネッシュ教会に着く。既に始まっていて女性の進行役のもと500人ぐらいの信者が賛美歌を手と身体を動かして元気に歌っていた。演壇の右側にはバイオリンやミュージックキーボードなどの楽器演奏者やコーラス隊、後ろはモニターディスプレイ放映施設などがあった。8時25分からMr.RABAT KATHARというパスターのプレジデントが力強くゼスチャーも交えて1時間話しをした。15人ほどいる同じグループのトップのパスターだそうで85歳ぐらいになるという。インドで生まれてネパールに来て60年になるという。同時通訳の機械を貸してくれたのだが英語の翻訳を聞くよりネパール語を耳にしたかったので機械は少し聞いてやめた。ネパール語で知った単語も時々出てくるので全く何をいっているのかわからないわけではない。今日はたまたま1月に1回ある聖餐式の日に当たっていた。プラブーコ ボウズと言っていた。あとでラルさんにプラブーコとは何かと尋ねるとリスペクトと言っていた。要はサクラメント 聖餐式のことのようだった。ラルさんに習ってロティとブドウジュースでボウズ:聖餐式に参加させてもらった。ラバトさんの話しの中でサイババとかオサマビンラディンの名前と死んだという言葉を話していた。時々クリスチャンコ ジーワン:キリスト者の人生という言葉が出てきた。9時半過ぎ少し長い話しと聖餐式と礼拝が終わってラルさんがラバトさんに紹介してくれたので握手して言葉をかわす。礼拝のあと庭でラルさんのお孫さんを紹介される。MORNING STAR CHILDREN’S CHARITYというNGOのPresidentという人も紹介してくれる。礼拝後市場に果物を買いに行きたいと言うと、お茶を飲んでおしゃべりしましょう:ガフ ガルヌスといって教会から少し歩いた高そうなアメリカン レストランに誘われる。ミルクティーをいただいておしゃべりをして写真を撮る。ごちそうしていただく。店の入り口の正装したガードマンが立っていたので握手して写真を撮る。途中の道端でネパールでは珍しい魚屋があったので写真にとる。サメに似た魚をボツワと呼び、鯉に似た魚をロウと呼んでいた。共に1Kg170ルピーだということであった。鯉に似た魚をから揚げにして甘酢あんかけにしたら美味しかろうと思った。サメに似た魚はなまずの仲間だと思うのでうなぎ同様蒲焼にしたら美味しいのではないかと思う。お茶のあと歩いて野菜マーケットまで行きたいと言うと道を教えてくれてさよならをする。ネパール語学習をしたデイリーバザールに出るまで道を間違えながらずいぶん歩いた。砂糖、スイカ、りんご、レモンを買って12時過ぎホテルに帰りつく。今日は4Kmは歩いただろう。12時半ラジャンドラさんから今日は都合悪くなったので来週土曜日にしたいと電話がある。あまり気が進まない夕食のお誘いだったのでホッとして気持ちが楽になった。今度の土曜日はなんとか行かないで済むようにしたいものである。前回のネワール人の夕食の誘いの時は少し気持ちが悪くて行きたくなかったのだが、行くと行った手前、行ったのだが心配した通りそれから下痢が始まってしまった。その影響で語学研修のホームステイは体調不良で欠席にさせていただいたのは助かった。昼食を部屋でいただいて、名刺をEXCELに入力しておく。それから日記をつける。写真をアップしてブログを更新する。15時半過ぎお風呂が空いたと電話が来る。入浴後日記をつける。1時間ばかり英語のボキャブラリーカード61―listenから65-payまでを復習する。17時40分
フロントでホテルのブローシャーと便箋と封筒をもらい夕食に出かける。いつもの夕食をいただいてホテルに戻りItuneでお気に入りの曲を聞きながら手紙を書く。18時42分メッセージが入る。「7 small pollitical parties of dalit and janajatigroups have called nationwide strike on Sunday 15 May. Pls avoid unnecessary movement.」とあった。20時まで軽井沢に手紙を書きフロントのガネシュさんに出してもらうように頼む。切手代40ルピー。作っておいた紅茶にレモンを搾ってレモンティーを作りペットボトルに入れて冷蔵庫にいれておく。渡辺淳一著「雪の北国から」を読んで21時就寝。
051402.jpg
051403.jpg
051408.jpg
051411.jpg
051414.jpg
051418.jpg
051415.jpg
051417.jpg
051419.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月13日(金) 晴れ カトマンド 0時24分の気温22℃ 湿度82% ネパール50日目
2011/05/13(Fri)
0時15分目を覚ます。ラジオをつないで見るとNHK大阪第一というのを見たので開いてみるとパスワードをきいてきたので2回入れてみたら2回目で運良く開いてラジオ深夜便で午前3時台 〔にっぽんの歌こころの歌〕
思い出の流行歌:石原裕次郎 嵐を呼ぶ男、西郷輝彦、星のフラメンコ 橋幸夫 恋と涙の太陽などを聞きながら昨日オフィスで考えた年齢と人口のExcelからグラフを作り、グラフから2種類の関数とグラフを描く。簡単な1時関数を使った計算で人口を計算し年齢-人口表を作り、グラフも添付してサンカルさんにメールしておく。サンカルさんに協力者と期待してもらえたら有難い事である。1時半から汚れてきたPCの液晶のスクリーンを耳掻きの毛に薄い石鹸水をつけて洗う。これをしたあとは美しいスクリーンになって気持ちいい。2時までで終わる。外ではなかなか迫力のある犬の鳴き声が聞こえてくる。これからベッドで読書をして就寝。「鬼平犯科帳4」を読んで4時過ぎ起床。スイカの残りをいただいてから「ABCラジオ1008おはようパーソナリティー道場洋三です」を聞く。暗闇からにわとりの時の声に混じってカッコーや様々な声の鳥の声が聞こえてくる。4時43分 今日はネパール人に9時に電話する約束にしていたので、これから電話のやり取りをネパール語で勉強してみる。
ラジャンドラジーがトゥーロジー:というネパール名をつけてくれたのでそれを使ってみることにする。
トゥーロジー:ハロー ヨ ラジャンドラジー ホ?
トゥーロジー:マ トゥーロ ボルダイツー。
ラジャンドラジー:オッホー トゥージー ケ チャ ハルカバル?
トゥーロジー:ティクツァ タパイコ チャヒ ケ チャニ?
ラジャンドラジー:メロ パニ ティクツァ。
トゥーロジー:アザ バンダ チャ アタワ チャイナ?
ラジャンドラジー:バンダ チャ。
トゥーロジー:ティソバエ マ メロ コタママ ハレック ディーン アラーム ガルツ。
ラジャンドラジー:ティクツァ
トゥーロジー:ボリ クリパヤ タパイン アウヌフンツァ。
マ キドホテルマ タパインライ パルカダイ ツー。
ラジャンドラジー:ハズール
トゥーロジー:フェリ ボリ ベトーン ラ。
明るくなってきた。標高1336メートルのカトマンド盆地は六甲山より高いが今朝の朝の陽気は山の上のような感じである。周りを六甲山より高い山々に囲まれている。その山のかなたに万年雪のヒマラヤが眺めることが出来ることがある。6時半今日の朝食のおかずはオクラ。カツオぶしと少し醤油をかけて美味しくいただいた。今日のバンダの理由は少数民族が権利拡大をデモで訴えるようだが詳しくは判らない。2011年の今年は観光促進の年ということで国会の各政党ではバンダをしないという取り決めがあったと聞くが、ネパールの公式暦である2011年4月14日から始まった新年2068年1月1日から2度目のバンダである。この日はバスが走らないし、道に面した店は閉まる。各職場は来れる人は来て仕事をするし、交通の足が無い人は休みになる。7時45分携帯電話にメッセージが来た。
Bandh called by Indigenous Nationalities Movement National Front Nepal is normal so far.
Vehicles are not playing and shops are closed. という内容だった。8時これから英語のボキャブラリーカード57から60まで音読して暗唱する。9時ラジャンドラジーに電話を5回かけるがビジーで繋がらない。9時半ホテルを出る。良いお天気でタパタリ交差点には完全防備をした警官が警備に当たっていた。車とバイクはバンダということでほとんど走っておらず道に面した店はシャッターを下ろしていた。途中同行する先輩に声をかけるネパール人が多くいて中には顔見知りの人も居た。道から少し入っただけで閑静なビルの仕事場をお邪魔する。次いでお隣のネパール農業協同組合連合会に勤める仲間の事務所を尋ねる。一緒に仕事をしていたネパール人スタッフとも挨拶する。ネワール族のトリジャンさんは日本でも働いていたことがあり日本語も上手な青年であった。さらにネパール人スタッフを採用するために面接をしているという。青年隊員はバスセンターの近くに住まいを決め、朝食は事務所で取ることが出来るという。シニアの先輩は全て考えた通りにいっていると余裕の表情であった。次に農業協同組合省の農業局農業振興課の事務所を尋ねる。その周辺は大臣の公邸なども並んでいるという。事務所は静かな風通しのよい中庭も見える清潔な個室であった。壁が綺麗に塗られ扉も塗られ、カーテンも新しくされたようで、よく準備された部屋で迎えてくれたことを窺わせた。タイミングよくネパールティーをいただく。しばらくおしゃべりをして失礼する。建物の周辺には庭があってとうもろこしも植えてあった。帰り道ではまだデモ隊は姿を現していなかった。先輩にさよならしてホテルへ戻る。バンダというとかっては開けていた店が壊されるなど暴動化して怖いイメージがあるらしく、店もバスもやめてしまい、事務所も休んでしまうところが多いようだ。日常の営みを止めることなくデモをやらせることが出来ないものなのだろうか。何かを主張するデモ隊が起こるとそれをバンダだといって全てを止めてしまうのはもったいないこととネパール人が自覚するのは何時になることだろうか。食堂で昼食をいただく。昼食後、部屋の椅子に座って「鬼平犯科帳4」を読んでうとうとして過ごす。14時日記をつける。16時風呂に入りさっぱりする。風呂上りネットにつないでメールをしてブログを更新する。16時35分 17時夕食を食べに出かける。食事後タパタリ交差点まで出てみたがデモ隊は見かけなかった。今日もこの近辺はなにも無かったようである。ホテルに戻ってItuneを聞きながらベッドに横になる。19時予定通り停電になるがホテルのラムさんが自家発電をつけに行ってすぐ電気が来る。「鬼平犯科帳4」を読んで就寝。
05131.jpg
05132.jpg
05133.jpg
05135.jpg
05136.jpg
051311.jpg
05137.jpg
051313.jpg
051314.jpg
051315.jpg
051316.jpg
051317.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月12日(木) 雨後晴れ カトマンド 1時45分の気温24℃ 湿度80% ネパール49日目
2011/05/12(Thu)
5月12日(木) 雨後晴れ後雨 カトマンド 1時45分の気温24℃ 湿度80% ネパール49日目

1時30分目を覚ます。NHKラジオ深夜便で来週17日と18日にはブラジル発深夜便で明石さんが担当すると聞いた。もう今日あたり出発したのだろうか。忘れずに聞いてみたい。5時ののニュースで福島原発で高濃度の汚染水が海に流れているのが見つかってコンクリートで塞いで流れるを止めたとあった。問題が起こる度に対処処置を打つしか無いようでこの先何時になったら放射能の流出の問題は解決出来るというのが示せないでいるようだ。雨音が聞こえる。2時半冷えたスイカを食べる。バヌアツでは美味しい果物が沢山あって楽しませてもらった。今の時期のパンプレムースと12月のマンゴー、1年中のバナナは特に美味しかった。ネパールではスイカが美味しい。丸いのとラグビーボールのような形のものがある。先日はお姉さんが手にとってたたいてこれは美味しいといったものを買ったのだが確かに熟れていておいしかった。今度の休みにはまたあのお姉さんのスイカを買いにいくことにしよう。これからしばらくスイカが続くことになりそうだ。ネパールの生活の楽しみを見つけることが出来てくると嬉しくなる。今度の土曜日のラジャンドラさんへのおみやげはスイカを持って行く事にしようか。3時 ネットから人口推計方法コーホート要因法 計算方法をダウンロードする。3時45分これから「鬼平犯科帳4」をベッドで読んで休む。5時15分起きる。ネットからわが国の日本の将来推計人口をダウンロードする。どこでも基準年のデータから先々の年の人口を計算している。基準年の0歳から最高齢までの人数が無くて総人口だけではとても5年後10年後、20年後の0歳から最高齢までの人数を予測するのは無理な話であることを知った。今日のホテルの停電時間は8-15時と18-23時である。明日はバンダという話を耳にした。果たしてどうなることか。5時45分雨が止んでいつもの庭を手入れしてくれるおじさんが自転車で来て早速ほうきで庭の掃除を始めた。こういう人達のお陰でいつも気持ちのいい生活を迎えることが出来ていて有難い。6時過ぎから朝日が出てきた。ちりやほこりが洗われて雨上がりの朝が美しい。6時半朝食。今日のおかずは牛蒡ぐらいの太さの煮込み大根であった。柔らかくてよく味がしみ込んでいて美味しかった。朝食後ネパールティーをいただく。有名な高地のシェルパ族は体が大きくて足が長いということを教わる。部屋で出かける支度をしたあと8時から英語のボキャブラリーカード51から56まで音読して暗唱する。9時15分ホテルを出る。バス停には23分 まもなくバスが来る。
昨日トピーをラガウヌしてなかったクリシュナさんは今日はトピーをしていた。昨日話したことの結果かもしれない。バスを降りて同じ職場へ行く人から明日と明後日がバンダで交通が無くなると言っていた。部屋は開いていてもうサンカルさんはのーとPCの前で仕事をしていた。少し鼻をすすっていたから寝冷えしたのかもしれない。昨日人口推定をWebサイトで勉強した結果、基準になる詳しいデータが無いと出来ないことがわかったと言うと、2001年国勢調査のデータをUSBにコピーするからというので渡す。これは誰にもコピーさせないようにしてくれと言われてデータを渡される。これからUSBをウィルスチェックをしてから問題なければコピーして考える。10時19分 11時半停電のなる。昼までEXCELで折れ線グラフの関数式を出してみる。12時昼食。午後サンカルさんに支援依頼レターを作ってもらう。やっと電気がきた時にメールをしておく。サンカルさんはミーティングから帰ってきたらあわただしく教育省へ行くと言って出て行った。15時から停電になってラジャンドラさんは帰って行った。店じまいをしてサノティミのバス停から乗り合いバスに乗って帰る。30人ぐらいがマイクロバスに乗って苦しかった。ババマハルで下りていつものパン屋に寄っていつもの店で焼きそばを食べて帰る。今日は良く働いている女の子が制服姿で帰ってきた。元気な顔をしていた。リンブーのおばさんの話ではガバメントスクールの2年生で9歳だという。山の子を預かっているという。学校へ行くのは楽しいのだろう。生き生きとした表情をしていた。すぐに制服を普段着に着替えていた。ホテルへ帰る道で大雨に降られた。ホテルで荷物を片付けてお風呂に入る。風呂上り今日は18時から停電なのでそれまでに日記と写真のアップをする。17時42分 17時55分停電になる。レモンティーと昼食用のサンドイッチの残りとリンゴとスイカをいただいた後ベッドの非常灯で「鬼平犯科帳4」を読んで就寝。
8時過ぎ携帯が鳴っていたので目が覚める。2度かかってきてサンカルさんからだった。夕食は食べたかと聞く。どうやら今まで仕事をしていたようでネパール人には珍しく良く仕事をする人である。仕事も早くて日本人と仕事をしているような感じになる。教育省をしょって仕事をしているようで頼もしい。停電の予定は18時から23時であるが自家発電の電気が来ていたのでメールを返信してから日記をつける。町で見たネパール美人を載せておく。21時
05121.jpg
05122.jpg
05125.jpg
05124.jpg
05126.jpg
05127.jpg
05128.jpg






この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月11日(水) 晴れ カトマンド 2時17分の気温22℃ 湿度80% ネパール48日目
2011/05/11(Wed)
0時目を覚ましたがまだ電気がきていないのでレモンティーを少し飲んで又寝る。2時に起床。昨日の停電の予定が22時―2時なのでスイカを半分食べながら電気の来るのを楽しみに待ったがまだ来ない。2時20分。あと1時間13分パソコンの電池が使えるので電気をくるのを楽しみに非常灯で日記をつける。今日の停電の予定は9時から16時と20時から24時の11時間である。自家発電設備の無い職場では1日電気無しで仕事をしなければならない。オフィスを構える職場では開店休業といったところだろう。少し前のネパールを紹介した本の中で世界で唯一女性が男性より平均寿命が短い国がネパールだと紹介していた。職場の近所の畑でも女性が畑仕事をしている姿を良く見かける。(ここで電気が来た。2時半であった。)建設現場でも竹のかごを背中にしょってレンガや砂を背中にしょったやせた女性をしばしば見ることがある。ネパールの女性は実に良く働く人が多いようである。昨日は1日教育白書ともいう本のデータを見ていたがその中で生徒の人種を3つに分類して集計されている。ダリッド、ザナザティ、その他である。チェットリの人がダリッドはローエストカーストと言っていたがこれには鍛冶屋のカミ、仕立て屋のダマイなど23の民族が分類されている。ザナザティはセカンドカーストと言っていたがネワール、グルン、リンブー、シェルパ、タマンなど59の民族が分類されている。バフンと自分のチェットリのことをトップカーストと言っていた。白書の元になるデータを作るのはそう難しくはなさそうだったが、この生徒の民族を分類して報告しなければならないが先生の中には民族を分類して報告するのを拒否している人がいるのではないかと思った。国が対外用に作っているカラーのブローシャーの中にはダリッド、ザナザティ、その他の分類は一切無しでサマリーした数字を表にしているのに、分厚い白書では全て細かく分類して作っている。白書も対外用同様、民族を分類した差別的な意味の残るものは一切やめたらいいと思うのだが、そうすれば報告するのもどれだけ楽になるか、また全ての学校からデータが集まるのではないかと思った。全て集まることが期待できないデータで集計したものより全て集まることが期待できるデータをお願いするほうが良いと思うのだが果たしてどうなることかと思うが、それはサンカルさんにとって大きなチャレンジになる仕事だろうがこれが実現できれば教育データ収集改革になることだろう。民族の把握はやるなら学校にやらせないで国勢調査で把握しているのだろうからそこでの把握で良いと思う。またこの国では小学1年生から2年生への進級の試験があってそれに通らないと留年または退学していくことになる。この進級試験はどの学年にもある。小学校は1年から5年生までで日本のような学校とは違って1つの学校が1年から5年までのプライマリーレベルの学年を持ち、6年から8年までのロワーセカンダリーレベルの学年も持っているケースもあり、9年から10年のセカンダリー(またはシニアセカンダリーと呼ぶこともある)レベルの学年も持っているケースもあり、高校入学全国統一試験ともいうSLCという試験に合格すると11年から12年のハイアーセカンダリーレベルの学年まで持っている学校もある。人生の学歴でこのSLC合格というのは大きいようで教師の分類でもSLCを合格した教師という分類に集計される。3時半になった。ベッドで休む。5時半起床。図書室に本を返して又新しく探してくる。6時紅茶を作る。渡辺淳一著「雪の北国から」の「父のこと」を読了。6時半朝食。今日は冬瓜の煮物が出て美味しかった。ネパールティーをいただいて庭で深呼吸。今日は朝からいいお天気である。金曜日にバンダがあると耳にする。職場で訊ねてみることにする。部屋に戻り日誌をつける。これから出かける支度をして英語ボキャブラリーカード46-bringから暗唱。7時34分 9時27分職場のバスに乗って9時56分職場に着く。今日も扉はロックされていた。サンカルさんはカトマンド市内の教育省で1日ミーティングだと言っていた。手洗いに行って部屋に戻る時JICAのNational ProjectのCo-ordinatorというラジムクトさんが話しかけてきた。昨日部屋に来られた専門家の方と同じプロジェクトの仕事をしているという。バフン族だという。ラジャンドラさんは10時15分ごろ出てきた。今日の事務所の停電は5-11時と16-22時である。
現在電気が来ていないがあと15分したら来ることを楽しみにする。しばらく電気が来るまで椅子でSchool level educational statistics of Nepalを見て休んでいることにする。10時48分 10時55分電気が来たが昨日同様ネットには繋がらない。ラジャンドラさんによるとDOE(Department of education)の電源は2系統あり現在1系統だけが来ていて2系統目が来ないとインターネットは使えないという。ネパールの小中高校の姿をラジャンドラさんにに質問する。ネパールでは標準年齢で3歳から4歳が対象の小学校前教育という学校がある。これをPre-Primary ClassesとかEarly Childhood Developmentと呼んでいる学校で2010年で29,089校あり生徒は約95万人いる。1校当たり平均30人ぐらいの規模である。小学校1年生から5年生は標準年齢で5歳から9歳が対象のPrimary Education(Grades 1-5)小学校と呼んでいる。毎年進級試験があってそれにパスしないと次の学年に上がれない。Primary Education 5年生はDistrictsレベルの試験があってそれにパスしないと6年生に上がれない。6年生から8年生はLower Secondary Education(Grades 6-8)と呼んでいて毎年進級試験があってそれにパスしないと次の学年に上がれない。Secondary Education 8年生(12才)はDistrictsレベルの試験があってそれにパスしないと9年生に上がれない。9年生から10年生はSecondary Education(Grades 9-10)と呼んでいて毎年進級試験があってそれにパスしないと次の学年に上がれない。Secondary Education 10年生(14才)はカントリーレベルのSLC(School Leaving Certificate)という試験にパスしないと11年生に上がれない。11年生から12年生はHigher Secondary Education(Grades 11-12)と呼んでいる。Grade12は16歳が標準年齢である。学校は規模の大きな学校はPrimaryの1年生からHigher Secondary Education(Grades 11-12)まで全ての教育レベルをもつものもあれば、Primaryの1年生だけとか1年から3年までとか規模はまちまちである。11時45分 テクニカルアシスタントのアルジャンさんがDELLのノートを持ってきて、今日は出かけているサンカルさんの席を使っていいかと言ってきた。自分の広い机があるのに電気が来ないのかと聞くとそうだという。ネットを始めた時雷が鳴って大雨が降ってきた。雨は好きかと聞くので嫌いだと答えると自分は雨音が好きなんだと詩人のようなことを言う。雨が川や町のほこりなどを綺麗にしてくれるから好きだとも言っていた。昼食時、いつもの少年がネパールティを持ってきてくれて、有難くいただく。今日は少し多めの昼食を全て平らげた。12時20分 午後ラジャンドラさんとお茶に行きダヒ:ヨーグルトをいただく。午後ミーティングからサンカルさんが戻ったのでどんなMTGだったのか聞く。新年度が7月17日から始まるのに際して援助国との援助のネゴの会議だったという。2011年年齢別に人口がどう推定できるかとの話になって考えることにする。明日2つのリージョンの出張のリクエストレターを書くと言っていた。13日金曜日のバンダは知らないとのことだった。4時50分さよならをして5時のバスで帰る。クリシュナさんの隣にかけたのでおしゃべりをしていろいろ教えてもらう。ババマファルで下りて幼児づれのご夫妻とおしゃべりをする。子供の具合が悪いので病院に連れていくようなことを言っていた。タクシーで行くから木戸ホテルまで乗せて行くというのを歩きたいからと断ってお別れする。いつもの夕食をいただきホテルに帰る。荷物を整理して風呂に入る。入浴後19時。今日は20時から停電なのであと1時間で日記を終える。人口推計方法はネットでいろいろあることを確かめたので停電の後の0時以降に勉強することにする。21時「鬼平犯科帳4」をベッドで読みはじめて就寝。
05111.jpg
05112.jpg
05113.jpg
05116.jpg
05118.jpg
この記事のURL | 出発日 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月10日(火) 晴れ カトマンド 4時11分の気温22℃ 湿度756% ネパール47日目
2011/05/10(Tue)
夜中目を覚まし「用心棒日月抄 刺客」を読了。4時起床。ABC Radio 1008 OSAKA「おはようパーソナリティ道場洋三」を聞く。プロ野球年俸平均は阪神がリーグ1位、広島が最下位で阪神の半分にもかかわらず現在リーグ1位で阪神は5位。阪神やることやれよとはっぱをかけていた。今日から雨で梅雨の走りの様なお天気になるという。今月末の出張を誘われているチトワンの話が昨日あった。ネパールの南のインドに接する東西80km南北20kmの国立公園で虎や豹、犀や鰐、野牛、鹿,猪、ニシキヘビなどの野生生物保護区になっていてそれを像の背中に乗って色々な動物に出会えるエレファントサファリといいのが名物である。西にはインドに注ぐ大きなナラヤ二川があり北にはラプティ川があり淡水イルカが泳ぎ大きな川の中州には大きな島もあるという。コウノトリ、インコ、サギなどのバードウォッチングを楽しむ川を走るカヌーライドというのもある。カトマンドからチトワンまで南西に70kmというので毎日日帰りするのかと思ったら前日から行って宿泊するという。バスで6時間から7時間かかり料金は300ルピーだという。70kmの距離をバスで6時間から7時間かかるとは一体どんな道を走るのか想像が出来ない。飛行機も1日4便飛んでいて所要時間30分だという。来月の出張を誘われたポカラはカトマンドから200km離れていて、バスでやはり6時間から7時間、飛行機は1日20便飛んでいて所要時間30-40分だという。こちらへは飛行機で行くそうだが飛行機の料金はネパール人は往復4000ルピーだというが、外国人は往復12000ルピーぐらいとのことである。外国人は航空券はパスポートとドルでなければ買えないという。この航空運賃の差は保険金額の差だそうで飛行機事故による死亡の場合のネパール人の保障は60万円、日本人など外国人の場合は200万円ということである。以前外国人がネパール人と同じ金額で切符を買って事故にあい補償問題でもめて以来外国人の航空券を手に入れる場合パスポートとドルが必要になったという。一定の期間ネパールに住んだ外国人はパスポートとルピーでも買えるという。ネパールの最大の観光スポットのチトワンとポカラに5月と6月という梅雨前の出張に誘ってくれたのは嬉しいことではあるが、果たしてそこで出会う多くの地方教育事務所の幹部の皆さんに何が出来るかと考えると気が重くなり、次の機会にしていただいたほうが気が楽で有難いのだが、まだ2週間あるのだから何か準備してみることにしよう。5時20分
今日は今回地方教育事務所の幹部の皆さんにに説明するデータシートをまず勉強して理解することにする。データシートは26ページ全て英語でかなり詳細なデータを求められているようである。32,130の調査対象の学校から全てからデータ収集できているわけでもない。全ての学校からデータが集まらない原因には何があるのだろうか。6時半今日の朝食は三度豆の炒め物とヨーグルトが出る。食事中に携帯に電話がかかってきた。取って話すとすぐ切れた。ネパールティをいただく。庭でこれまで携帯にかかってきた電話番号を手帳に時間と電話番号を書いておく。部屋に戻って小さなレモン4個を搾って1Lのレモンティを作り冷蔵庫に入れておく。足のかかとにメンソレータムを塗っておく。これから出かける荷造りをしてから8時15分から英語ボキャブラリーカード41-holdから9時5分までに45までを復習する。アパートを出て職場行きのバスに乗り10時同じオフィスのコイカのセオンジュさんに金曜日のお礼を言って事務所へ入る。ドアがロックされていたので鍵を開けて仕事の店開きをしてから日記をつける。今日は電気が来ているところにMulti-Power Centerをつけて電気をとってきてPCを繋ぐ。10時15分。バナナとサンドイッチ1個で腹ごしらえをして仕事を始める。窓が網戸になっていることに気がつきどうやら朝の早いサンカルさんはもう出てきたことが窺えた。10時半ラジャンドラさんがナマステと言って入ってきてしばらくして出て行った。10時40分サンカルさんが今会議していると言いに部屋に入ってきた。随分気を使っていてくれていることを感じる。ラジャンドラさん作業指示らしいメモを書いて部屋を出ていった。なにやらネパール語でソフトウェアをダウンロードしてデータエントリーをしておくようなメモであった。ネパールの基礎データからExcelで人口を推定する。2001年の国勢調査では2310万人で出生率2.25%で計算すると今年は2885万人と計算されるが、まあ2900万人以上になりそうである。今年は10年毎の国勢調査の年である。このままの勢いでいくと2020年には3500万人、2030年には4400万人となる計算だ。11時過ぎ学校の生徒の発育調査のプロジェクトをしているという専門家の方が部屋を訪ねてこられておしゃべりをする。今回のネパールは1987年の海外での最初の仕事以来ネパールは2度目で昨年から来られていて来年5月まで5度目海外勤務だという。12時昼食後入力項目を学ぶ。12時30分眠くなったので13時まで椅子に座って昼寝する。13時になると停電が終わるはずなのに自家発電が切れてしまい予定の電気の供給も来なかった。仕方なく食堂へ行きヨーグルトをいただく。13時過ぎから昼食を食べる職員の行列が出来た。13時15分部屋に戻るが相変わらず電気は来ない。今日の停電の予定は6-13と19-24である。現在バッテリー91%約1時間は使えそうなのでやってみる。ラジャンドラさんはデスクトップなので電気が来ないと開店休業中。13時20分から14時5分までデータシートを見たが、教師の報告するのは学年の生徒の数が男女で何人か、ダリットというくくりの民族の男女の人数、ジャナジャティというくくりの民族の男女の人数が報告の中心であることを知る。電気が来ないのでひとまずPC作業は中断して本を読んで学ぶことにする。14時10分 PC電池残り30分となっていたところで14時25分電気が来る。充電を開始。充電率39%。4時過ぎに教育省の表敬訪問をした時のアンダーセクレタリーという肩書きのハリ プラサッド ラムサルさんがあの笑顔で部屋に尋ねて来てくれた。覚えていますかと聞かれたのでもちろん覚えていますよと答えて少しおしゃべりをする。今日はサンカルさんとミーティングをしていたようだ。16時34分 これから店じまい。サンカルさんが部屋に戸締りに来て明日はカトマンド市内の教育省で1日MTGだという。明日来ませんかと誘われたがこちらで勉強していますと言って明日はかんべんしていただく。17時のバスで市内に帰る。今日は道がすいていた。パン屋でこれまで買ったことの無かったパンを買う。いつもの店で笑顔のスンダリケティが自ら調理して持ってきてくれた。一口食べてミトチャと笑顔で言うと笑顔を見せてくれた。ホテルへの帰り道大粒の雨が降ってきたので傘をさして帰る。風呂が空いていたので直ぐに入る、風呂上り窓を網戸にしていると先日一緒に送別会をしたシュレスタさんが田村に来たところで目が合って挨拶をする。リュックの荷物を片付けてから日記をつける。今日は22時から2時までが停電の予定である。ネットには繋がらない。19時11分 20時ベッドで池波正太郎著「あほうがらす」を読み始めて就寝。
05104.jpg
05102.jpg
05103.jpg
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月9日(月) 晴れ カトマンド 0時34分の気温22℃ 湿度78% ネパール46日目
2011/05/09(Mon)
23時半目を覚ます。ラジオを見るとNHKRadio594Tokyoに久しぶりに繋ながって3時のニュースが聞こえてきた。ラジオ深夜便午前3時台 〔にっぽんの歌こころの歌〕昭和歌年鑑:昭和21~22年の流行歌田畑義男「わかれ船」、並木道子「りんごの歌」など明石さんの話しを聞きながらレモンを4個搾ってレモンティーを作り冷蔵庫に冷やしておく。リンゴをいただく。美味しいかった。この時間太い犬の鳴き声が賑やかである。この国の犬の多くは昼間死んだようにして道路でも、車の車輪の下でもどこにでも寝ているが夜ともなると番犬の役割を十分に果たしている。木戸ホテルはカトマンドの町の中心にあるがこの周りにも高い塀の中に家がある。そのどの家にも番犬を複数匹飼っているのが普通である。塀の上には進入防止のガラスなどをつけているものも多い。それだけ泥棒が増えているという。カトマンドはこの10年間で随分人が増えたという。原因(カランレ)はマオイストとの戦争で田舎から人が逃れてカトマンドに出てきたことという。マオイストに3万人もの人が殺され20万人ぐらいの人が行方不明になったという。両親を殺された孤児も多いらしい。マオイストと政府との停戦が成ってマオイストの首相も誕生して平和の道を歩み始めたがカトマンドへの人口流入は止まらず、カトマンドは土地バブル、建築ラッシュでインフレも加速してきている。昔30万人といわれた人口は300万とも500万とも言われている。今年は10年毎の国勢調査の年だがどういう結果が出ることだろう。都会に出てきても働く職場が十分あるわけでもないから治安も悪化してきているという。街中ゴミが増え、車とバイクが増え空気が悪くなってきている。3月25日来たときは10000円が8700ルピーであったが、2年後に任期満了で帰国する時には円とルピーが逆転しているかもしれない。昨日の午後に停電予定を確認すると5月6日から停電予定時間が変わっていて日曜は4-9と14-20の11時間であった。月曜日は3-8、13-19の11時間である。以前の14時間停電から11時間停電に緩和された。今0時47分あと2時間ほどで停電になる。1時過ぎ「用心棒日月抄 刺客」を読んで就寝。3時45分起床。ABC Radio 1008 OSAKA「おはようパーソナリティ道場洋三」を聞く。予定では今日は3時から8時までの停電であるが4時23分でまだ電気が来ている。だからいつ切れてもおかしくない。昨日はホテルからそれぞれの家を決めて出て行った人たちからメールが来ていた。皆にメールをしてくるぐらいの人達は元気にしている人のようだ。ホテルを出て1人で生活を始めて、仕事を始めて思いがけない日々に遭遇して愚痴をこぼしたい人もいるはずだがそういう人は皆にメールをするより心安く話を聞いてくれる人を訪ねては愚痴を聞いてもらいたい気持ちでいることだろう。いよいよ一人一人の生きる力、人間力が問われるステージがはじまった。今は元気で皆に「元気にしてますか」と呼びかけるメールをしている人も山あり谷ありで落ち込むことも出てくるのであり、自分が落ち込んだときには皆にメールをすることなど思いもよらないのである。自分が今どの状態にあるかを客観的に見て知ることは必要だし、その状態をどうしていくのが必要か、その為に今日は何をして過ごすのかを考え、実行していくのかがわかれば、1日はあっという間に過ぎて充実したものになっていくであろう。4時56分予定より約2時間遅れて停電になった。ベッドで非常灯で「用心棒日月抄 刺客」を読む。5時45分起床。まだ電気が来ていないがいつもこの時間になると自家発電をつけてくれるのだが今日はまだこない。今日も良いお天気になりそうだが傘は手放せない。先週作った成果をUSBにバックアップコピーしておく。6時 6時8分自家発電の電気が来る。名簿を更新して食事。今日の食事はニラと玉子の煮物であったが少し塩からかった。昼のサンドイッチに土曜日もらってきた小さいキューリの小さいのをスライスして食べてみたが生で食べる野菜ではないらしい。ガネッシュさんに尋ねたら皮をとって中のワタを取ってスライスして炒め物にして食べると教えてくれた。朝食後庭でネパールティーを飲む。生姜:ジンジャーの味がする。芝生が昨夜の雨でぬれていた。とても気持ちのいい朝だった。朝食後部屋で日記をつけてこれから出かける支度をしてから7時45分から英語のボキャブラリーカード35-shouldの復習を9時まで40まで復習。9時10分過ぎ支度してホテルを出る。9時58分オフィスに出る。鍵がかかっていて開けて仕事の店開き。しばらくするとテクニカルアシスタントのアルジャンさんが来て、今日はサンカルさんが外部のホテルで支援国とミーティングで出て来れないと伝言を聞く。しばらくするとラジャンドラさんが出てくる。窓の開け方を教わる。しばらく停電であったが、自家発電の電気が来るようにしてくれたが午後電気がきれた。家に食事に来るようにと誘われ、昼食を希望したが夕食に来るように勧められるので14日土曜の夕食に伺うことにする。14日の15時から16時にホテルに迎えに来てくれるという。料理は量を少なくして、魚と肉は好きだが塩気と油気を少なくして辛味を入れないようにと注文しておく。ラジャンドラさんの経歴を聞く。Far-Western Regionの71Kailaliで14年教育事務所で働いてここにお父さんとお母さんがいるという。教育局に移って4年が経つという。Personal Assistanceの仕事をしているというマンバハダール バンダリさんが来ておしゃべりをする。25年仕事をしているので75Districtの人々を知っていると言っていた。洗面所の水は朝から出なかった。12時20分昼食後歯をポットのお湯で磨く。13時37分になった。午後トイレに行く。初めて大便を使う。心配していた水が出た。洗面の水は出なかった。仕方なくポットのお湯を布巾に浸して手を拭く。となりの学校の洗面を見るとやはり水が出なかった。停電が終わる15時までFlash I Report 2066(2009-10)を読む。15時から日記をつける。ラジャンドラさんのところにいろいろな人が話しに来るが最初相手をしていたがなにも出来ないので電気がきてからは自分の仕事をする。15時10分テクニカルアシスタントのアルジャンさんが来てインターネットの接続を見て使えるようにしてくれてまた使えなくなったら呼んでくれと言って帰っていった。15時15分 15時までローエスト カーストのダリットと呼ばれる23民族をExcelの表にする。次いでザナザティと呼ばれるセカンドカーストとも呼ばれる59民族をExcelの表にする。バフンとチェットリはトップカーストと呼ぶそうである。自らバフンかチェットリであればトップカーストと呼んでも違和感はないかもしてないが、ローエストカーストなどと呼ばれるダリットの民族などと呼ばれるのをその民族はどんな気持ちがするのであろうか?16時に電気がまた切れた。デスクトップを使っているラジャンドラさんはバッテリーがないので仕事にならず、16時過ぎ帰って行った。バッテリーで動くPCでなんとかやっている。今日はこのあたりで店仕舞いとする。矢張り電気が来ないとデスクトップしか使えないと仕事にならないことを知った。今日は洗面所の水が1日中出なかった。明日からは手洗いの水を持参することにする。16時30分。16時57分バスは発車してBABARMAHALに5時28分着く。6時前いつもの店で野菜やきそばをいただく。6時過ぎホテルに帰る道でPre-Primary Schoolを見つけたので写真を撮る。小学校前の幼稚園もカトマンドには沢山出来ている。ホテルに戻ってお風呂に入る。19時まで停電なので風呂あがり電気が来るまでバナナとネパールティーを庭でいただく。19時電気がきたところで部屋に戻り日記をつける。20時「用心棒日月抄 刺客」を読んで就寝。
05091.jpg
05092.jpg
05093.jpg
05094.jpg
05095.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月8日(日) 晴れ夕方雨 カトマンド 4時56分の気温23℃ 湿度76% ネパール45日目
2011/05/08(Sun)
夜中何回か目が覚めてその都度「用心棒日月抄 刺客」を読む。5時起床。カッコーの鳴く声が聞こえる。鳥の鳴く声もけたたましい。それに混じって鶏の時の声が聞こえてくる。今日は日本はゴールデンウィークの最終日である。5時過ぎ明るくなると先ずホテルの庭の清掃のおじさんが来る。庭木の剪定をしたあと箒で刈った枝や葉を掃除する。花壇の雑草も手で取っている。お隣の塀越しに伸びてきた木の枝も刈り取る。いつも淡々と仕事をしている。見ていた楽しそうに見える。街中でも箒を持った人がゴミ掃除しているのを良く見かけるがゴミを掃きだすだけであまり溜まったゴミをゴミ箱や大きなゴミ袋に入れるという姿を見たことが無い。歩いていてゴミ掃除にぶつかると外へゴミと一緒にほこりを舞い上げてくれるのでここでもマスクが欠かせない。向かいのビルの下でも2人のおじさんがビニール袋にたまったゴミ出しをする。時にはそれを燃やしている。見ていると時々ガソリンをかけて燃やしている。物を燃やすのは楽しいようだが、ビニールも燃やすから煙といやな臭いが漂ってくる。まだこの国ではゴミの野焼きが多い。日本ではゴミの野焼きをしなくなって久しいがバヌアツでもゴミを燃やす煙ははあちこちで上がっていた。まだ野焼きで発生するダイオキシンなどというおそろしい話はされていないようである。このままの野焼きを放置していたら5年10年先に癌発症につながっていくのだろう。ここで買い物をすると露店の小さな1人のおばさんの店でも小さな黒いビニールに入れて品物をいれてくれる。だから買い物袋が戸棚の中に45日でかなり一杯になってきた。1人の生活でこれだけビニール袋が溜まってしまうのであるから、これからの買い物では自分で袋を持って出かけて袋をもらわないようにしてみることにしよう。そのちょっとした心がけだけで戸棚のビニール袋を減らすことが出来るかもしれない。6時17分ようやく朝日が出てきた。今日はお天気になるようでありがたい。6時半朝食。今日のおかずはジャガイモと人参とインゲンの煮物であった。玉子焼きはガネッシュさんにいつものを玉子3個でお願いしたのだが、出来てきたのは初めてこのホテルに泊まった時出された塩と醤油が入った、しょっぱい玉子焼きがでてきた。そこでガネッシュさんに「これまで何度もお願いした塩と醤油を入れないで砂糖を入れた玉子焼きではない」とクレームを言うと「そうですよね自分はいつものと言ったのですがいつもより醤油で黒っぽい玉子焼きが出来てきたから調理を間違えたんですよね」と言った。しかしガネッシュさんはたまご3個を使って玉子焼きを作るようにとは確かに2度言っていたが、いつもの料理の仕方でとはしっかり言っていなかったと思った。調理したしたラムさんが「間違えました、ごめんなさい」とあやまりに来た。いつもは玉子を2個で作ってくれるのだが今日は3個だけが頭に入っていていつもの調子で作ってしまったようだ。ここは日本ではないのだからいつも紙に書いて渡すのがいいんだということを学ばせていただいた朝食の玉子焼きであった。自分に料理をさせてもらえれば美味しい出汁巻き玉子を作るのだが誠に残念なことである。そのうち出汁巻き玉子の作り方をこのホテルの調理人に教えたいと思うが今しばらくは作ってもらうことにしておく。1日3個の玉子は現在の飽食日本の感覚としては過剰摂取だと言うひとがあると思うのだが、この国では肉も魚もチーズも食べないで生活するのだから玉子を1日3個食べたところで過剰摂取、栄養過多の心配は無かろうと考えている。しかも貧しかった昔の日本では玉子は病人だけに食べさせた完全食品と見られていたのだとの思いもある。朝食には1個分いただき、昼食のサンドイッチで2個分いただく。これでこの国での2年間の栄養のベースになるだろうと思う。今日は野菜が多かったので昨日いただいたキュウリは明日使うことにする。
この国の調理は塩辛いのがベースになっている。先日のネワール人が調理したホワイトハウスで出てきた料理はどれもこれもしょっぱいものばかりで食べられるものが1つも無かったが、あれを食べていては1日で血圧が上がってしまう。ビールを飲んでいた人はしょっぱさをビールで薄めてこれは食べれると口に入れていたがさぞ血圧を上げたことだろう。ヌナ、ティラ トライ、ピロ ナラクヌ バナウナ ディヌスは
この国では注文する際必要なリクエストであると思う。職場のカウンターパート氏はお茶の店の調理人にそのことを言ってあるからと親切なことを言ってくれた。ありがたいことである。いつの間にか電気が切れていてPCのバッテリーで動かしていた。バッテリー残量の警告が出たのでここらで入力をやめる。今日の在宅勤務1日目は電話をしてこなかった。午前で1号報告書の形作りが終わる。後は1ヶ月半かけて内容を肉付けして6月24日提出すれば良い。午後は「用心棒日月抄 刺客」を読んで昼寝。そのあと日記をつける。15時38分
16時過ぎお風呂に入る。風呂上り窓際の椅子に座って「用心棒日月抄 刺客」を読み続ける。雷がなって雨が降り出す。しばらくして雨が止んだのでいつもの店に仲間と連れ立って出かける。今日は最初食べた時のしょっぱい味付けで残念なことであった。ここでもいつもヌナ、ティラ トライ、ピロ ナラクヌ バナウナ ディヌスと言って注文しなければしょっぱい調理をされてしまう。帰りは少し雨が降っていたので傘をさして帰る。ロビーでおしゃべりをして19時過ぎ部屋に戻る。石原裕次郎を聞きながら日記をつける。写真をアップしてブログを更新する。今日のラジオ深夜便はお気に入りの明石さんが担当なのだが残念ながらKeyholeTVでNHKラジオが選択できなかった。19時57分これから紅茶を作りそれからベッドで「用心棒日月抄 刺客」を読んで就寝。
05081.jpg
05082.jpg
05083.jpg
05084.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月7日(土) くもり カトマンド 9時28分の気温24℃ 湿度76% ネパール44日目
2011/05/07(Sat)
22時15分目がさめる。1週間で溜まった書類を整理する。机の引き出しも紙が増えたので整理する。今日入手したDepartment of Educationの組織図から自部門を中心にした組織図に修正する。
この結果がサンカルさんへの最初のマッダッテ ガルツになれば嬉しいことである。4時までで作成。これから一休み。6時半朝食。朝食では焼きなすが美味しかった。7時半過ぎホテルを出て散髪と買い物にでかける。散髪のあとレモンを7日分28個、小さな4Kgのスイカ、リンゴを1Kgの半分の4個を買う。次第に暑くなってくる。9時ホテルに戻り冷蔵庫に果物を入れて日記をつける。これからレモン4個を搾ってレモンティー1リットルを作る。9時21分 英語のボキャブラリーカードを音読してから「鬼平犯科帳3」を読む。ミナさんがベッドメーキングしてくれる、枕元のボードが取れる。外の日差しが強くなってくる。11時38分日誌。12時から食堂で朝食。朝作ったサンドイッチをネパールティーでいただく。昼食後ベッドで「鬼平犯科帳3」を読む。少しうとうとしたようだ。窓際に置いた椅子で足をテーブルに置いて身体を伸ばして「鬼平犯科帳3」を読む。うす曇で風はあるが雨は降りそうで降らない。14時25分 今日は昨日耳にしたカトマンドのお祭りが3時半から4時の間に先週日曜日に行ったパタンであるというので3時に出かけることにする。15時ホテルを出ると少し雨が降っていたので傘をさす。今日の道路は車もバイクも少なかった。休日でガソリンスタンドが閉まっているせいかもしれない。昨日はガソリンスタンドには給油を待つ車とバイクの長蛇の列があった。まだ販売量制限が続いているようだ。途中道路の真ん中に親子の牛がいたので写真に撮る。JICAオフィスの先のジャワラケルのあたりは車を進入禁止にして歩行者専用にしてお祭り天国といった雰囲気を作っていた。高さ10メートル以上ありそうな大きなだしは大きな木で作った車輪が付いていて京都の山鉾巡行のだしに似ているものだった。3時半交通警官に何時に動いてどこに向かうかを尋ねると4時頃ジャワラケルからパタンの方向へ引いていかれるというので、パタンからの帰り道に山車に出会う計算でパタンの旧王宮に先ず向かう。今日も先日同様若者が入場券200ルピーと言うのだがJICAの身分証明書を見せると今日は赤いワッペンを胸に貼ってくれてフリーパスであった。今日は大きな白人をよく見かけた。日本人に良く似た中国人も多かった。日本人も少しいた。ざっと見て今日はピンキーは見当たらなかった。帰り道ではおそろいのネパール語で書かれたTシャツを着た大勢のおじさんグループが太鼓とシンバルでただただ大きな音を鳴らして祭りムードを高めていた行列があった。4時半にはまだジャワラケルに山車は動かず人だかりがしていた。その人の波に入るとグルカ兵の一団がいた。中に見物人を撮っていた日本語を話すテレビ局の人たちもいて、見物人の一人としてカメラに撮られたようだった。しばらく見物人の中で山車の動き出すのを待ったがあきらめて帰ることにする。橋のたもとの野菜の露店でキュウリを1本買おうと尋ねるとお金はいらないというのでありがたくいただく。ヤギと猿といぬの写真を撮る。橋を汚れた黒い服を着た浮浪者風の少年グループに出会った。いつものパン屋でパンを買いホテルに戻る。レモンティーとコップを持っていつもの店で夕食をいただく。いつものスンダリケティが笑顔を見せてくれて持ってきてくれる。夕食後ホテルへ帰り風呂にはいる。風呂上り庭でネパールティとバナナをいただく。風呂上りに涼風が気持ちよかった。今日は顔見知りの若者が多数タクシーで来てお隣の日本食レストランに入って行った。中から元気なおしゃべりの声が聞こえてきた。部屋に戻ってベッドで藤沢周平著「用心棒日月抄 刺客」を読み始め布団もかけずそのまま寝てしまう。21時目が覚める。起きて日記をつける。今日もKeyholeTVにNHKラジオは見つからなかった。22時9分。1週間の貴重な休みがこのようにあっという間に終わってしまう。便利なホテル暮らしをしていても1週間の生活の準備に少しは時間が必要である。1人生活を始めた人たちは僅かこの1日だけでどんな準備が出来たことだろうか。前回のバヌアツではマーケットとスーパーの2箇所でほぼ全てのものを手に入れることができる便利さがあったが、ここではそうはいかない。店があちこちに離れていて買い物が大変である。新鮮な肉は簡単には手に入らない。魚はない。野菜、果物は新鮮なものがあまりない。そうなると自炊をする楽しみがなかなか見出せない。何でも手に入る日本では料理をするのが楽しみがあったがここでは手に入る材料に制約が多い。明日からはまた新しい1週間が始まる。0時就寝。
05072.jpg
05073.jpg
050711.jpg
050715.jpg
050713.jpg
050719.jpg
050725.jpg
050717.jpg
050723.jpg
050728.jpg
050729.jpg
050730.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月6日(金) 晴れ夕方雨 カトマンド 2時32分の気温24℃ 湿度78% ネパール43日目
2011/05/06(Fri)
2時15分目を覚ます。冷えたレモンティをいただきネットでヒーローインタビュー後、涙をぬぐう阪神の岩田左ひじ手術をへて一昨年10月以来の578日ぶりの白星。を見る。昨年3月の手術からリハビリに半年近くを費やした。家族の励ましが一番の支えになったという。「決してあきらめないこと」苦しかったリハビリを支えたのは「家族です」と岩田。「くさらずに頑張っていこうと言ってくれた」という妻や、トレーナーらに「1個勝って、少しは恩返しできた」とまた目をうるませた。好リードで助けた城島は「岩田に勝ちがついたのは大きいよ。チームに欠かせない投手だからね」と自らの決勝本塁打以上に、左腕の初白星を喜んでいた。とチーム一丸の大きな1勝になった。阪神2-1巨人。網戸が寒いので窓を閉める。今日の停電予定は6時ー13時と17時ー24時の14時間。これからネパール語の会話を考える。今日は「明後日の日曜日を休みたい」という会話をネパール語でやってみる。
ナマステ
マ パルシ アイタバール ビダ チャハンチュー。
マ ヨ ハプタ パヒロ パタク ネパールマ カーム ガレーン 
テスカラン アリカティ マライ タカイ ラギョー。
クリパヤ エク ディーン アラーム ガルナ ディヌス。
まあ、仕事といっても、仕事の内容を勉強させてもらうことしかしていないので少しわがままかなという気がしないでもないのであるが、最初の週を元気にやったのだから、土日の2日休めば、来週も元気に1週間を送ることが出来るであろう。3時15分からおはようパーソナリティ道上洋三ですを聞き今日も「六甲おろし」を聞く。6時になったら予定通り電気が切れた。ガネッシュさんが自家発電に駆けつけてすぐ電気が来た。これがこのホテルでありがたいことである。ホテルを出て生活をはじめた方々は停電にはどんな対処をしているのだろうか。6時半朝食後庭でネパールティーをご馳走になる。昨日バナナを部屋に入れておいてくれたことにありがとうと言って今日は4つお願いしておく。部屋に戻って出かける支度をしてから英語のボキャブラリーカードを25から30まで音読して覚える。9時10分出部屋を出る。いつものバス乗り場に9時28分到着。職場には9時58分着。先に降りた青年隊員と挨拶する。終点では韓国のコイカのセオンジュさんと挨拶をする。同じ教育局のビルで同じ2階フロアで教育局のEarly Child Development Sectionという小学校入学前の幼稚園などの教育機関を担当している部門で仕事をしているという。10時1分扉がロックされていたので、渡していただいた鍵で開けて部屋に入る。サンカルさんの机の上にはノートPCとめがねが置いてあってもう来ていてどこかへ出かけているようだった。紅茶をいただいて日記をつける。汚れてきたないLANケーブルをティシュを濡らして石鹸をつけて先ず清掃する。11時前サンカルさんが部屋に戻って書類を持ってすぐにでかけた。また戻ってきたので最初に日曜日の勤務についての希望を話す。「日曜日はホテルで在宅勤務にさせて欲しい。もし必要があればオフィスに出るからその時は電話をください」と少し話しにくい内容であったが最初が肝心と、思い切って話す。これからの2年間の日曜日をどう過ごすかということであるから重要なことである。思いがけない話だったようで一瞬顔色が変わって言葉に詰まったようだったが、すぐに気を取りなおしたようで、あなたのいいようにしてくださいと了承してもらう。組織図をUSBでもらう。今日は朝何時から仕事をしているのかと尋ねたら8時からだという。よく仕事をするネパール人である。昨日ネパール語の先生を買って出てくれたラジャンドラさんからサンカルさんに電話があったようで、今日はお腹の具合が悪いとかで仕事は休みだという。こちらは昨日の話では「忙しい忙しい」とよく言っている人のようだが本当のところはまだよくわからない。サンカルさんに「健康が第一ですね」という話をすると同感だと言ってくれる。ビジネストリップのスケジュール フィクスは日曜日になるという。組織図のなかでのサンカルさんの部門を確認する。12時40分これからミーティングがあるという。いつ終わるのかと聞くと1時間ぐらいだというので戻ったらお茶に行きましょう。今日は私がおごる番ですからと言うと笑顔を見せた。ただ今日は3時のバスで帰りますからとも付け加える。12時43分 サンカルさんが作った英語の本を読んで過ごす。14時20分に戻ってきた。今日は時間がないのでお茶は今度にしましょうということにして I leave today. Have a nice weekend. See you Monday.と言ってさよならをしようとしたら、「日曜日必要があれば電話をするから」と言われた。仕事熱心なサンカルさんのことだから本当に電話がくるかもしれない。3時のバスは満員であった。コイカのセオンジュさんも同じバスであった。今日はJICAオフィスに行きたいのだがこのバスはその近くに行かないかと尋ねるとこのバスはカトマンズ市内から北のタメルへ行くのでJICAのある南へは行かないという。コイカのサンジュさんが自分にまかせろと言って一緒に下りろと言うので途中で降りる。止まっていた三輪車の運転手にJICAの先のナマステスーパーまで行くかと尋ねてくれて運賃も聞いてくれたようでこれが行くから乗れと運賃も教えてくれる。セオンジュさんの親切に感謝してそこで別れて、はじめて乗った三輪車は昔のミゼットのようなポンコツ車にお客が最高10人と運転席の助手席にも乗せて走っていた。止まっているときはアイドリングの振動が全くないのが不思議だった。後で聞いたら電気自動車とガソリン車のハイブリッドのような車だった。ナマステスーパーでおろしてくれて少し道を戻ってJICAオフィスに行く。調整員さんに書類を渡してから休暇中の旅行の話を聞かせてもらう。偶然前任者ともお会いしておしゃべりをする。そのあと1枚書類をコピーして健康管理さんに元気にしていますと挨拶に行ったらおしゃべりの輪に入れていただくきネパールティとクッキーをご馳走になってしまった。仕事開始1週間でそれぞれの派遣先の事情で皆さんいろいろなことがあったようでその表情にご苦労が表れていた。しばらくおしゃべりをしてさよならをしてホテルへ帰る途中のいつもの店で夕食をとる。今日はスンダリケティが笑顔を見せてくれた。ホテルに戻ると風呂が空いていたのですぐ入浴をする。入浴から上がったら丁度自家発電をつけてくれるところですぐ電気が来た。日記をつけてブログを更新する。19時過ぎ大雨が降り始める。20時ベッドで「鬼平犯科帳3」をで読んで就寝。
05061.jpg
05062.jpg
05063.jpg
05064.jpg
05065.jpg
05067.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月5日(木) 曇り後雨後くもり カトマンド 0時12分の気温25℃ 湿度80% ネパール42日目
2011/05/05(Thu)
0時目を覚ます。日本はこどもの日。今日の停電は昨夜からの22時ー3時、8時―15時、18時―1時とあったがこの時間、電気は来ている。今年は例年より雨がよく降るので水力発電の電気を生む量が多いそうで停電が計画よりも少ないらしい。ラジオ深夜便を聞くと3時22分静岡県中部で地震があったといきなり地震情報が入ってきた。日本は今日は子供の日の祝日。午前3時台 〔にっぽんの歌こころの歌〕郷愁の歌:歌謡歌手で聴く童謡・抒情歌集荒城の月、ずいずいずっころばし、花嫁人形 ほかで、美空ひばり、梓みちよ、フランク永井、石川さゆりなどが歌う子供の歌を聞く。4月2日にあった「女優が語る私の人生」で岩下志麻の話を聞く。デビューは高校2年生だという。1時半に「鬼平犯科帳3」をベッドで読んで就寝。3時に目をさましたが停電中。非常灯の明かりで「鬼平犯科帳3」をベッドで読んで又寝る。5時20分起床。まだ電気は来ていなかった。NHKラジオを聞きながらノートPCの電池で日記をつける。電池残量93%で約1時間使える。いつも5時半過ぎに自家発電を点けてくれるのでそうなればまた充電できる。今日は朝から空一面の曇り空である。夜中に少し雨が降ったようで道に水溜りも見える。日中にも雨が降りそうである。昨日は職場の食堂で少しネパール料理を食べたがお腹は大丈夫のようである。5時36分 5時55分ガネシュさんがいつものように自家発電のスイッチをつけてくれて電気が来た。電池残量79%である。充電がはじまる。お湯を沸かして紅茶を作る。朝食のときガネッシュさんに机のスタンドを明るいスタンドに取り替えて欲しいと話すと出来ますといってくれる。朝食にはダヒ:ヨーグルトが出てきた。朝食後庭でネパールティをいただく。明け方より雲が薄くなってきた。部屋でレモンを4個搾ってレモンティを作る。これから出かける支度をして、英語ボキャブラリーカード21-wantから30-have(2)を音して覚える。8時14分 9時14分ホテルを出る。バス乗り場には9時23分に着く。バスは9時27分に来る。教育省の最初の建物の前に9時50分に着く。最終の建物には9時57分。教育局の建物まで歩いて建物をバックに入り口のガードマンの写真を写す。部屋は既に開いていてカウンターパート氏が仕事をしていて10時10分1枚印刷して出て行った。午前中はフラッシュレポートの説明資料を読む。午後いろいろ質問して教えてもらうことにする。この教育局`Department of Educationの隣は学校があるので子供たちの声で賑やかでいい。12時になる。これから昼食。昼食後はパソコンに向かうが眠くなる。1時40分サンカルさんがお茶にしようと食堂に誘ってくれる。ヨーグルトとロティとカレーで味付けをしたタルカリを試してみる。カリフラワーのようなものを使った料理でそうしょっぱくなく、辛くもなくいただけた。ポカラの出張に行く時の飛行機の予約はしてくれるかと聞くと事務所でしてくれると言う事だった。ネパールティもいただく。全部ご馳走してくれるので明日は自分が支払うからと言っておく。事務所に戻って3時までEIMSシステムの基本的な事柄を質問して詳しく教えてくれる。こちらはパソコンを前にして座って聞くのだがサンカルさんは立ったまま紙に書いたり、自分のパソコンのデータをUSB経由でPCにコピーして説明をしてくれたり一生懸命の説明をしてくれた。何でも頭に入っているようで教えるのも生き生きとして教えてくれた。3時に終わり、プレーリーフォントの使い方をラジャンドラさんから教わる。プレーリーフォントの鍵盤対比表を貸してくれたので明日JICAオフィスへ行った時コピーしてくることにする。簡単なことを聞かれた後これからネパール語についてはラジャンドラさんが教えてくれるということであった。明日からネパール語で質問などを準備してラジャンドラさんを教師として勉強することにする。ネパールの人は下手なネパール語でもラムロ、ラムロとほめてやる気を引き出してくれる。仕事のことは当面は英語でやっていき、ネパール語も平行して勉強していくことにする。右と左に仕事の仲間に仕事の内容は英語で日常会はをネパール語で教えていただけるということでありがたいことである。4時5分中学生ぐらいの少年がネパールティーを入れてくれた。毎日午前と午後に入れてくれる。ありがたいことである。今日は朝からテイーを飲み続けている。16時10分 メールを1つ発信して16時半帰り支度をする。今日も4時ごろから音を立てて雨が降り始めた。5時に役所のバスに乗って5時半にBABARMAHALに着いた時は雨は上がっていた。いつものANGANでパンを買っていつもの店でいつもの夕食をいただいてホテルに戻る。朝出した洗濯物が扉のハンガーに洗濯されてたたんで袋に入れてあった。朝お願いしたスタンドは交換してくれていた。机の上にはバナナを置いてくれていた。荷物を取り出して整理したところでお風呂が空いたと電話をしてくれる。熱いお風呂で温まって7時過ぎ部屋に戻る。今週は月曜日からだったが早くも明日は週末である。少し緊張感に欠ける職場ではあるがこれくらいのゆっくりとしたペースがこの国のペースなのだろう。忙しい忙しいというのが口癖の日本人が嫌いだったのでこのくらいのペースであれば自分でも2年間のお勤めは果たせそうな感じがしてきた。写真をアップしてブログを更新する。20時「鬼平犯科帳3」をベッドで読んで就寝。
05051.jpg
05052.jpg
05053.jpg
05055.jpg






この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月4日(水) 晴れ カトマンド 0時48の気温25℃ 湿度75% ネパール41日目
2011/05/04(Wed)
0時半分目を覚ます。お気に入りのミュージックをItuneで聞きながら日記をつけてブログを更新する。今日は9時から16時まで22時から3時までが停電予定。1時15分久しぶりにラジオ深夜便が聞こえてきたがあまり楽しくなかったので「わが野球人生」(プロ野球・球団会長)4月3日・4日放送 王 貞治さんの話を聞く。70歳になったおおサンは「あたりまえのことが一番大事」と話していた。現役時代は「努力」。現在は「気力」と色紙に書いているという。2時40分これから一休み。3時40分起床。ABCラジオ1008 Osakaで「おはようパーソナリティ道場洋三」を聞きながら5月31日から6月3日までの3泊ポカラのホテルをネットで探してみる。みどりの日の日本の今日は快適な1日になるそうだ。金本の1号、、鳥谷、新井、ブラゼルの3連続本塁打の実況を2度、さらに六甲おろしを聞く。1985年大阪のホテルに泊まっていたとき見たバース、掛布、岡田の3連続本塁打を思い出す。Pokhara View Hotel Lake Side, Baidam, ポカラ, ポカラ, ネパールが1泊1900円というのが2部屋残室。New Pokhara Lodgeは清潔な部屋からアンナプルナ連峰が一望できて全室TV付き(NHK可)で24時間お湯も出る。自家発電機もあるので停電時もOK。インターネット&モーニングティーは無料で部屋代は5~18$URL: WWW.pokharalodge.comというのも見つける。今日サンカルさんと話をしてみよう。外からは鳥の声と犬の鳴き声、鶏の時の声で賑やかである。4時42分。「鬼平犯科帳3」を読んで6時から英語ボキャブラリーカード11-know,12-willを復習。朝食にはパクチョイの甘煮が出る。朝食後庭でネパールティをいただく。そのあと部屋に戻り、レモンを3個搾ってレモンティを作る。靴を雑巾で拭いて清掃し、7時45分日記をつける。これから出かける支度をして9時10分まで英語ボキャブラリーカードを13-thinkから20-useまで復習。9時12分ホテルを出て27分にバスが来て10時職場に着く。10時1分部屋の鍵がかかっていて入れなかったので隣の部屋で食事をする。手洗いでやって来たサンカルさんに会って部屋に入る。頼んでいた部屋のスペアキーをくれる。これからはいつでも仕事部屋に入れるようになった。自分のパソコンもネットに繋がるし、プリンターも使えるようになって環境整備が出来上がる。しばらくしてラジャンドラさんも出てくる。病気ではなかったようだ。ネットに繋いでメールに返信してから日記をつける。11時から出張規定を読んでからサンカルさんと話し合いをしておく。日本の役所で言えば課長クラスに当たるのアンダー セクレタリーという職位のカウンターパート44才の国内出張時に宿泊するホテル代の上限は1泊900ルピーまでの手当てだという。12時に昼食を席で取る。午後食堂でダヒ;ヨーグルトとアル ジャガイモのカレー煮をいただく。ダヒは美味しかったがジャガイモのカレー煮は辛味がきつかった。13時40分サンカルさんと再度食堂でダヒとネパールティとロティをいただく。今日は2人分のお金を支払わせてもらった。15時まで書類作成をして、EIMS質問のまとめ。15時5分 16時に停電になって電気が切れた。この3日間ではじめての停電である。雷がゴロゴロ鳴り出した。今にも雨が降り出しそうであったが降らなかった。16時。日本人に良く似た教育省のシュリーさん51才が尋ねてきた。ザティを尋ねるとグルン族という。駒ヶ根の先生から聞いていたグルン族にはじめて会ったが日本人に確かに似ている。同僚のチェットリ族の同僚38才と2人の写真を撮る。ネパールは100ぐらいの民族からなる他民族国家である。チェットリ族のカウンターパートの話を聞くと矢張り同じ民族の人の方が気が合うという。カウンターパートの上司もチェットリ族だという。この教育局に勤める多くはバフンだそうでチェットリ族は少数だと聞いていたが一緒に仕事をする人はチェットリ族が多い。バフン族が教育にかかわる人が多く、プロテクション:守りや戦いにかかわる仕事に多いチェットリ族は軍隊:アーミーに多くの人がいると聞いた。4時58分マイクロバス出発。この頃強い雨が降ってきた。BABARMAHALに5時半着く。6時前いつもの店で夕食をいつものスンダリケティが野菜やきそばを運んでくれる。6時半ホテルに帰りお風呂に入り、風呂あがりバナナとレモンティをいただいて日記をつける。写真をアップしてブログを更新する。ベッドのスタンドと机のスタンドをとり換えてベッドの照明が明るくなる。20時半「鬼平犯科帳3」をベッドで読んで就寝。05041.jpg
05042.jpg
05043.jpg
05044.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月3日(火) 晴れ午後雨後曇り カトマンド 0時44分の気温26℃ 湿度76% ネパール40日目
2011/05/03(Tue)
出勤2日目。プリンターLEXMARK E250dのドライバーをダウンロードしようとしたがうまくいかない。サンカルさんのPCからコピーしてもらうことにする。1時半休む。3時19分からABCラジオ1008 Osakaで「おはようパーソナリティ道場洋三」を聞く。5時45分起床。お気に入りの「太陽がいっぱい」などを聞きながら日記をつける。トイレのあと温水シャワーを試してみる。移った大きな部屋のシャワーの作りはすぐ下水に水を流せるのでシャワーをウォシュレットの替わりに使うことができる。昨日までの小さな部屋ではシャワーをした水が反対側の下水口まで流れるのでシャワーをウォシュレットの替わりに使うことが出来なかった。これだけでも大きな部屋にして良かった。ポットを持ってガネッシュさんにお湯のポットに替えてもらい紅茶を作る。今日はサンカルさんとRequest for Leaveについて話をすることにする。急に休みを取るときは電話をする準備のためにカウンターパートと関係者の携帯の番号を自分の携帯に登録しておく。今日は電話を試してみることにする。日曜日をどうするか相談する。しばらくは年休を取ることにしたい。6時半朝食。おかずにヒジキが出る。仲間の方から美味しい醤油をいただく。大根おろしにかけたら辛味が抑えられてまろやかないい味になった気がした。朝食後庭で専門家の方とおしゃべりする。昔のお客様であったので苦労話が共通した。8時部屋に戻りレモンを4個搾ってレモンティを作り1Lペットボトルに入れて冷やしておく。久しぶりで見たテレビの映りが悪かったのでフロントに見て置いてもらうよう電話しておく。これから出かける支度。そのあと英語ボキャブラリーカードを覚える。8時20分 8時45分まで出かける支度をしてから英語ボキャブラリーカードを10まで覚える。9時10分部屋を出てバス停まで歩く。バス停には9時20分着く。9時30分ごろバスが来て21年4次隊で来て近くの職場の青年隊員とおしゃべりをして教育局まで。昨日の韓国の青年隊員とも挨拶する。部屋に行くとサンカルさんが着ていた。何時に来たかと聞いたら7時半だという。何でそんなに早いのかと聞くと頼まれたレポート作りで早くから来てやっていたという。若いアルジュンさんという人が来たので聞くとテクニカルアシスタントとサーバー周りの仕事をしているという。プリンターLEXMARK E250dのドライバーのことを話すとコピーしてくれるというのでUSBを渡す。サンカルさんの話によるとアルジュンさんがテクニカルスタッフは1人だけだという。紅茶を入れて2人で飲む。サンカルさんの携帯に電話して休むときは電話をすることにする。休暇願いのレターは必要ないという。10時37分 これから仕事の勉強をする。11時ごろサーバー管理をしているというアルジャンさんがきたのでプリンタードライバーについて話すとUSBにコピーしてくれると言うので2GBのUSBを渡す。12時から昼食をいただく。ネパール人は1時ごろから昼食をするようだ。アルジュンさんの場所を教えてもらいコピーの督促に行くとプリンタードライバーCDを探して貸してくれる。インストールは簡単に出来た。念のためCDをDiskにコピーしてから返却する。昨日聞いた月末のポカラ出張、来月のチタワン出張費用についてお金負担を尋ねてみる。教育局でお金を見てくれるのかそのお金は出ないので当方分は自分で負担しなければならないかを尋ねると、上司と話してみるとのことであった。当方で負担しなければならない時は実施の2週間前までに申請が必要になる事を伝えておく。13時 昼休みが終わってサンカルさんから食堂に誘われる。お腹は一杯で何も食べたくは無かったがお茶だけでもというので付いて行く。チキンのモモ(餃子)を勧められたので5個いただく。しょっぱくて辛味が強くて美味しくなかったがやっと全部いただく。ヨーグルトとネパールティーもご馳走してくれた。食堂でネパール人に負けずに大きな声で話をする。年を聞かれたのでいくらだと思うかと逆に問い返したら1人は55歳答え、1人は58歳と答えたのでダンネバードと言って本当の年を言った。貴方の年はいくつと聞いたらバヤリス42と答えてくれたが、55歳ぐらいには見えた。この次はこちらがご馳走させていただくことにしよう。部屋に戻ったのは2時を過ぎていた。もう一度歯を磨いて日記をつける。午前中に勉強したことでやっている仕事はわかってきたがその中で問題は何かというとまだわからない。何故自分に派遣要請されたのか、配属先が抱える問題や課題が何かを知らなければ活動計画ができない。ここの仕事はカウンターパートのサンカルさんともう一人のラジャンドラさんの2人だが、ラジャンドラさんは昨日の午後からいなくなったし、今日は朝から姿を見せない。昨日の朝はしきりに自分の家に住むことを勧めてくれたがその気がないことを話したら午後は居なくなってしまった。このあたりのことで派遣要請につながったのかもしれない。サンカルさんにラジャンドラさんは今日は外で仕事ですかと尋ねたらそのうち来ますと言ったがまだ来ていない。果たしてくるだろうか? 15時40分までまだ顔を見せない。16時25分までEIMSシステムをパワーポイントで自習する。生徒の科目毎の成績もあれば先生の給料もあり学校に関する多くのデータが網羅されていることがわかる。とうとう今日は1日一緒の仕事をするラジャンドラさんは姿を見せなかった。午後から雲に覆われていた空から3時ごろから雷が鳴り出し大雨が降りだした。今日はリュックに傘を入れて来た。16時32分帰り支度をする。サンカルさんは頼まれものの作成がまだ残っているからとノートパソコンに向き合ったままだった。Don’t work too hard. フェリ ベトーンと言って部屋を出る。部屋を出た時は運良く雨が上がっていた。玄関のセキュリティのおじさんにさよならをして事務所を出ると左手の先にトリブバン国際空港を離陸する飛行機が見えたので写真に撮る。なかなかいい眺めの場所であった。隣の建物から5時にバスが来て大渋滞の道をババルマハルまで30分。朝マイクロバスを待つ間お尻にしいて忘れたハンカチを探しに行ってみたが無くなっていた。ハンカチを無くすのはいつもお尻にしいていて忘れるのだがこれでネパールに持ってきた2枚のハンカチをお尻にしいていて忘れてそのままにして無くしてしまった。ホテルへの帰り道いつもの店で夕食。スンダリケティが笑顔を見せてくれた。ホテルに帰り持ってきたタオルをハサミで切って針で端を縫ってハンカチを2枚作る。その後スイカの残り半分をいただく。9時 「鬼平犯科帳3」を読んで就寝。
05031.jpg
05032.jpg
05033.jpg
050314.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月2日(月) 雨後うすぐもり後晴れ カトマンド 8時13分の気温26℃ 湿度73% ネパール39日目
2011/05/02(Mon)
今日は仕事開始1日目。今日の停電は1-8時と13時20時の14時間。このごろKeyholeTVでNHK第一が入らない。お気に入りのラジオ深夜便が聞けなくなったのが残念である。あと40分で停電である。0時22分。しかし自家発電で切れなかった。3時起床。紅茶に小さなレモン4個を搾ってレモンティーを作り冷蔵庫に入れておく。ABCラジオ1008 Osakaで「おはようパーソナリティ道場洋三」を聞く。NHK第一も今朝はメニューに出てきたのでニュースも聞いてみるとモルディブのニュースをしていた。今日の近畿地方は黄砂の注意報ということで気温は23度だそうだ。少しベッドに横になって休む。大きな雨音を聞いて5時起床。今日の1日を考える。まず仕事初日の道具で忘れ物の無いようにリュックに詰めること。靴は雨で濡れてしまうからクラリーノの雨靴を履いていくことにはするが職場では足を楽にして一日を過ごしたいから日本から持参した上履きのスリッパも持っていく。ノートPCも持っていく。DVD内臓、重い電池がついているので2.25Kgと重いが古いマシンだから仕方ない。ウパエ チャイナだ。1台しか持ってこなかったのでぶつけたり落としたりして壊さないように大事に取り扱うことに注意しよう。今からこれまでのデータを念のためUSBにコピーしておく。朝食後庭でネパールティーをいただき雲の流れるのを見る。西から東に雲が流れて青空が見えていたが空一面の雲に覆われた。どうやらこれから雨が来そうである。今日はお二人がホテルを払ってそれぞれの新しい住まいへ移られた。残りは3名となった。今日空く広い部屋へ夕方仕事から帰ってから移る。新しい部屋が楽しみなことである。今日は本格的な仕事初めである。先日お会いした人々の顔を思い浮かべて4名の名前を覚える。今日は仕事ではもっぱら英語で話し雑談はネパール語を話すようにしてみる。8時10分 今日は9時25分にBABARMAHALに来る職場のマイクロバスに乗る。車のNoはBA-1-GA1222と教わった。これから8時45分までかかって荷物をリュックに詰める。9時まで英語のボキャブラリーカード4-sayと5-goの復習をする。9時10分ホテルを出てBABARMAHALに行く。10分あれば十分行ける事を知る。9時28分ごろバスが来る。途中何回か止まって教育省へ行く人々を乗せて9時55分先日バスの駐車していたスポーツ省につく。金曜日挨拶したプラシュナさんと握手する。そこから2分の建物の2階にあるEMISの部屋を10時1分訪ねると鍵がかかって入れない。仕方なく隣の部屋でサンドイッチをいただいて来るのを待つ。しばらくしてサンカルさんがドアを開けたので部屋に入る。他にラジェンドラさんという人がいてこの3人が仕事の仲間となる。10時52分まででこの部屋のLANに繋いでネットにアクセス出来るようにしてくれた。プリンターがLEXMARK E250dというののドライバーのダウンロードを試みる。サンカルさんからEIMSについて説明を受ける。PowerPointの説明資料をくれる。くれた資料はUSB経由だけにウィルスに感染する心配がある。読み込むのは十分注意したからにしないといけない。これで勉強してから内容を聞きながら教わることにする。4月14日の新年になってから75のジッラにいる教育局のカウンターパートの5つのリージョンのデータ入力の責任を持つセクション プランニングの責任者とそのアシスタントへの研修を2週間前には2つの地域MID-Western Region とFAR-Western Regionで6日間の研修を実施し、1週間前にはEastern Regionで実施したという。残りの2つの地域はCentral Regionが チトン(Chitawan)で5月22日から27日、Western Regionがカスキ(Kaski)で5月31日から6月3日を提案中だという。今週末には両方のスケジュールがフィックスするという。今度は自分を含めて3人で教えに行くと言われて思いがけなく月末にはポカラに行くことになりそうだ。それまでに教えられるようにしなければならない。仕事が早い展開になってきた。昼食は12時から13時までとしてこの部屋で取らせていただく。昼休みにクリシュナさんというサンカルさんの元同僚で42歳、現在はソーシャルワーカーをしているという人が尋ねてきておしゃべりをする。この人はバラモンだという。午後1時机を替えてくれる。引き出しに鍵がついている。サンカルさんが昼休み部屋を出てから尋ねてくる人が2人いてじっと待っている。電話もかかってくるがとらない。民族の話ではこの部屋のお二人は共にチェットりだという。サンカルさんの詳しい職歴を教えてもらう。はこの事務所で6年働いているがその前はセントラル Regionの28NUWAKOTで10年間仕事をしていたという。現在44歳という。この事務所はどうやら停電は無いようでいつでもネットに繋がるのがありがたい。AVGウィルスチェックPGMを更新してUSBのチェックをかけたがウィルスは見つからない。データを確かめると書いてくれたはずのデータが書かれていなかった。14時20分 データコピーを再度お願いして内容を見る。1階にいるディレクターのカガラジャさんに挨拶をする。仕事の内容をパワーポイントで勉強して4時40分今日の1日が終わる。マイクロバス乗り場で韓国の若い女性ボランティアとおしゃべりをする。ネパールに来て1年になるといい、ネパール語がとても上手な人であった。5時のバスで朝乗ったBABARMAHALに5時半帰る。ホテルに戻って広い部屋に移る。風呂に入ってからいつもの店に6時半食事に行く。暗くなった道を懐中電灯をつけて帰宅する。ホテルでバナナとネパールティーをいただき部屋に戻る。日記をつけてブログの更新。19時51分 20時就寝。23時起床。
05021.jpg
05022.jpg
05023.jpg
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ