FC2ブログ
7月31日(日) 雨 カトマンドの日の出5時25分日の入18時54分 0時 気温25℃、湿度83 %ネパール128日目
2011/07/31(Sun)
0時10分大雨が降りだす。石原裕次郎が亡くなったのが昭和62年7月17日、52歳ということを知る。ネパールのビクラム暦の4月1日の新年にあたる日であった。裕次郎の父親も51歳で亡くなっている。0時39分に緊急地震速報がラジオで流されるのを聞く。福島県沖で強い地震があるというニュースであった。続いて震度5強が3時54分ごろ強い地震が福島県沖であったとニュースがでる。津波の心配は無いという。外の雨は30分ほどで止んだようだ。地震は3月11日の震源地の近くのようでマグニチュード6.4という。4時になってラジオは地震のニュースを続けていた。ネパールの歴史を見る。2時40分休む。5時過ぎ外が明るくなってきて起床。雨は止んでいたが空一面雲でおおわれていた。6時半朝食 おかずはきんぴらごぼう。地方からカトマンドに来ていたシニアの方のお話を伺う。6ヶ月の短期なのであと2ヶ月で任期満了ということだった。
9時まで小雨が降ったり止んだり。11時まで部屋の椅子にかけて「亭主の家出」を読んで過ごす。時々雨が強く降りだす。11時37分 「亭主の家出」読了。35年前に発表されたものだが「亭主の館」は秩父あたりにあるものらしいが、あったら是非行って見たいと思う。自分にとってはバヌアツのメンジスやネパールの木戸ホテルが「亭主の館」のようなところでもある。雨がまた止んだ。今日一日降ったり止んだりのお天気なのだろう。これから昼食。11時50分 昼食後大藪春彦著「凶銃ワルサーP38」を読み始める。1時35分ホテルを出て銀行へ向かう。2時過ぎ銀行で小切手の発行をしてもらいに行く。2~3日で電話するから取りに来いという話しである。事務所に送ってくれというとここの銀行では送れない、事務所近くの支店なら出来るというので、その支店に向かう。とても陽射しが強く、埃っぽい道を歩いて暑かった。行った支店の銀行では窓口に列を作った人が一杯並んでいたのでしばらく後ろに並んで受付をした。スンダリケティに申込書を渡したがにっこりして受付してくれる。帰り道、マスクをしていた同期のシニアに会う。マスクを取って顔を見せてくれて、炎天下しばらく道路脇の歩道でおしゃべりをする。日曜日は仕事をして週の半ばに休みにしてもらっているとのことで今日は郊外で仕事をしてきたという。お互いに健康で帰国できるように無理をしないで頑張りましょうとエールを交換しあってさよならをする。いつもの店でヨーグルトを1Kg買って帰る。ホテルのロビーでネパールティーをご馳走になる。部屋にもどって、ABCラジオ1008で甲子園の阪神ー横浜戦を聞きながら日記をつける。16時5分、4回まで2-0で阪神リード。ペットボトルの水でお湯を沸かす。House Keepingの8月分のExcelを準備する。4時50分お風呂の準備が出来たと電話をもらう。お風呂に入って5時10分部屋に戻り紅茶を作る。阪神先発メッセンジャーの好投で7回までで2-0で阪神リード。17時45分で2-0で試合終了。これから夕食。夕食後紅茶をつくる。夜は「凶銃ワルサーP38」を読んで19時半就寝。

今日はバグマティ:BAGMATI zoneゾーン:県のKathmandu district郡。Hill地域に位置するDistrictコード27番カトマンド:Kathmandu郡。面積は395km²。2001の人口は1,081,845.名。村は59のvillage development committees (VDC)sがある。Kathmanduが郡都でもありネパールの首都である。
13世紀から18世紀の約550年間ネワール族のマッラ王朝がカトマンドを中心に絢爛豪華な文化の華を咲かせた。マッラ王朝の最後にはカトマンド、ラリトプール、バックタプールに3人の王子がそれぞれ都を作り、ネワール文化を競い合った。出身カーストはチェトリ(インドのクシャトリアに相当のシャハ家が1559年にゴルカを統一していた。ゴルカ王のプリティブ シャハは1769年ラリトプールに攻め込み、カトマンド、バックタプールも陥落させここにマッラ王朝は終わった。その後もネパールを統一してネパール最後の王家シャハ王朝が始まった。この王朝はラナ宰相の104年間統治の時代をへて、8代目トリブバン王、9代のマヘンドラ王、10代のビレンドラ王、11代のディペンドラ王、最後の12代ギャネンドラ王でシャハ王朝は2008年終わる。10代のビレンドラ王は国民に慕われたという。東大に留学していたこともあり日本の皇室とも深い交流があった。
幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が995校ある。3歳、4歳の人口:48,5234名。1年生から12年生までの学校の数は1,370校。公立学校は299校、私立学校は1,071校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで171,584名、6年から12年のセカンダリースクールで160,561名の合計332,145名、教師の数はプライマリ-スクールで8,522名、セカンダリースクールで10,305名の合計18,827名。


カトマンド郡(District27番)

Kathmandu_district_location.jpg
kathmandu_district_map.jpg

スワヤンブナート チベット仏教寺院

Swayambhunath_Temple.jpg

ボダナート

history_of_nepal_Katomandu.jpg

王宮博物館(旧王宮)

Nepal_Palace.jpg


シャハ王朝 初代プリティブ王

pritivi_narayan_シャハ家_初代<br />王

トリブバン王 8代

トリブバン8代王

マヘンドラ王 9代
 
マヘンドラ9代

ビレンドラ王 10代

ビレンドラ10代王

ギャネンドラ王 12代

ギャネンドラ12代王
スポンサーサイト



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月30日(土) くもり カトマンドの日の出5時25分日の入18時54分 3時 気温25℃、湿度84 %ネパール127日目
2011/07/30(Sat)
2時起床。日記をつける。雨は止んでいた。ニュースで円が76円73銭と言っていた。新潟県は記録的豪雨だという。三条市では川が決壊して避難しているという。三条市に住む先輩にお見舞いのメールをする。
今朝も早くから延びた生垣を刈って綺麗にしてくれていた。朝窓を開けると秋の風情を感じる。この国では西暦7月17日がネパール暦の4月1日で、役所の1年はこの日が新しい年の初めである。背広を着てくる人をよく眼にするようになる。日本の9月の衣替えがこの国では7月17日ごろからはじまるようだ。女性職員も同じ紺色の生地でスーツとズボンを着てくるのを眼にする。良く見ると男性のスーツも同じ紺色の生地に見えた。この国では小学校から高校までコミュニティと呼ぶ公立学校では制服と教材は無料で支給されるという。どうも役人にも制服が支給されているようだ。
日本では8月が一番暑くなるがネパールでは7月が暑さの峠だという。8月になると少し涼しくなるようだ。日本より1ヶ月季節が早いようだ。この時間網戸にしていると少し肌寒い。今日も空一面のうすぐもがかかっていてまわりの山々はくもに隠れて見えない。6時20分 朝食後23年1次隊の同僚がホテルをチェックアウトして引越しをされていった。部屋の掃除の際、図書室で本を探し、ロビーで吉村昭著「亭主の家出」を読む。ガネッシュさんがバナナを買ってきてお皿に盛って持ってきてくれた。バナナをいただいて部屋に戻る。
朝から小雨が降っていたが11時半少し強く降ってきた。今日はお気に入りの本を読んで部屋で過ごすことにしよう。本を読むのは最高の贅沢だと感じる。11時40分 昼食後、部屋の椅子で身体を伸ばして亭主の家出」を読む。午後雨が上がってホテル前の濡れていた石畳の駐車場は乾いた。2時45分からはじめて甲子園の阪神―横浜戦のラジオを聞く。16時20分お風呂が出来たと電話をもらい入浴。16時40分風呂上り、5回まででブラゼルの2ランで4-2と阪神リード。7回に満塁ホームランを打たれ6-4 結局スレッジ一人に3本のホームランを打たれ9-5で負ける。ベッドで「亭主の家出」を読んで19時半就寝。23時45分蚊の音で目を覚ます。
雨は降っていなかった。起きて直ぐ壁にいた蚊を見つけて叩くと壁が赤くなった。歯ブラシに石鹸をつけた水で壁をよく洗って汚れを取っておく。ラジオ深夜便 石原 裕次郎特集を聞く。

今日はバグマティ:BAGMATI zoneゾーン:県のBhaktapur district郡。Vally地域の東角に位置するDistrictコード26番バクタプール:Bhaktapur郡。面積は119km²。2001の人口は225,461名。村は18のvillage development committees (VDC)sがある。Bhaktapurが郡都。バクタプールは15世紀後半まで大Malla王国というネパール国の首都だった。ネワール族が治めた古都でもありユネスコの世界遺産に登録されている。豊かな文化を育て、木、石、鋳造の工芸でも有名である。カトマンドと北のチベット・中国と、南のインドとを結ぶ交易の要衝になっている。2011年に日本の援助でカトマンドーバクタプール道路が完成した。これはカトマンドの空港付近のTinkune交差点とバクタプールのSuryabinayak交差点を結ぶ9,142m。片側3.5mの2車線が両方向の14m道路で、ネパールで時速80kmで走れる国際規格の道路である。2008年10月8日から工事開始して2011年3月に完成した。今後ますます中国と、南のインドとを結ぶ交易のさらなる発展がこの道路に期待がかけられている。カトマンド市内から空港付近までの道は朝夕交通渋滞でたいていのろのろ運転だが空港へ向かうリングロードとアルニコ ハイウェイの一部になっているこのカトマンドーバクタプール道路に入ると車が流れるようになり、赴任先のバクタプール手前のサノティミまでは途中80Kmで走るところもある。この道のお陰で朝夕カトマンド市内から職場まで行き帰りが約30分で出来ている。日本はこの先のDistrictコード20番のシンズリ郡を通るシンズリ道路158Kmの工事を援助をしている。これも首都カトマンドと南のタライとさらにその先のインドとの人と物資輸送のさらなる増大の期待がかけられている。
幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が334校ある。3歳、4歳の人口:9,948名。1年生から12年生までの学校の数は355校。公立学校は137校、私立学校は218校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで34,079名、6年から12年のセカンダリースクールで36,686名の合計70,765名、教師の数はプライマリ-スクールで2,749名、セカンダリースクールで2,975名の合計5,724名。


バクタプール郡(District26番)

Nepal Map_Bhaktapur
Bhaktapur distric

世界遺産古都バクタプール

bhaktapur-durbar-square.jpg
bhaktapur_4.jpg
bhaktapur_6.jpg
Bhaktapur_festival.jpg



View

Bhaktapur distric_nagarkot1
Bhaktapur4.jpg

カトマンド-バクタプール道路に建つ看板

05118.jpg
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月29日(金) 雨のちくもり カトマンドの日の出5時24分日の入18時55分 3時 気温25℃、湿度82 %ネパール126日目
2011/07/29(Fri)
2時半に起床。NHKラジオを聞く。3時15分ラジオ体操をする。3時半レモンを搾ってレモンティーをつくる。
ベッドで三好徹著「禁じられた華壇」を読んで休む。5時半起床。6時半朝食。おかずはほうれん草の胡麻和え。朝食後15年前のネパールと今とで車の多さ、ゴミが目立つなどすっかり違ってしまったという話を聞く。
8時日記をつけて今日の一日を考える。今日は23年1次隊の歓迎宴会があるが失礼することにした。明日はネパール日本人会の盆踊りの案内をもらったがこれまた出席しない。もともとこういうのは好みではない。宮仕えの時は仕方なかったがリタイアーしたのだから好きにさせていただく。今日はNepal Mapを作ることにする。9時45分から草薙球場で決勝戦だ。オフィスで応援しよう。幸いお天気は曇りの予報で試合に影響はない。朝降っていた雨は9時15分ホテルを出るときには止んでいた。泥道でバイクに泥水をかけられる。ズボンだけでよかった。いつものバスは今日も満員10時事務所にはサンカルジーが出てきていてナマステと挨拶する。決勝戦は1回に後攻の静岡が1点を入れていた。11時15分 1時間半の短い試合で3-1で勝った。久しぶりの甲子園である。活躍が楽しみなことである。11時半 西のFAR-WESTERN Regionの75番のDarchula DistrictのDistrict Education Officerをしているドゥルガ ダット ビスラさんとビシュナ ダット ジョシさんという2人が事務所を訪ねてきた。ドゥルガさんはネパール人らしい顔つき、ビシュナさんはヨーロッパ人のような顔つきであった。ドゥルガさんは3年前の春に1ヶ月日本に行ったことがあるということで、ありがとうございます。などの言葉を話していた。ダルチューラの教育事務所では43名が働いているという。
1年から12年までの学校が356校ある。そのうち私立は11校で公立は345校である。地方では公立が多い。
ドゥルガさんはこのジッラで生まれて高校まで学びカトマンドの大学で学び、生まれ故郷のダルチューラ
の教育事務所で働いている。そのあとCENTRAL  Regionの23番のシンドパルチョークのDistrict Education Officerをしているムクティ シング タクリさんが来る。ヒマラヤのいい眺めが見えるシンドパルチョークに行ってみたいと話す。来月東京へ2週間ほど行くという。東京のことをいろいろ話しをする。13時になった。遅い昼食をいただく。名刺が無くなったので50枚印刷をする。ネパールマップの作業をして14時40分早めにバス乗り場へ行く。コイカのセオンジュさんが昨日はどうしたのかと聞くので乗り遅れたと話す。池に大きな鯉が居たので赤い花びらを水面に投げたら投げたら食べていた。ネパール人の女性に何という名の魚か聞いたが知らないとのことだった。セオンジュさんに今年のダサインの休みの計画を尋ねるとエベレストの麓の5400mまで行く予定という。昨年のダサインの時はアンナプルナに出かけたという。今週末は仕事を一緒にしたJICAの人に韓国料理をご馳走するという。韓国料理は好きかと訊ねられたので好きだ、昨年はトンガで韓国料理をいただいたことを話す。そのうち食事に誘ってくれると言ってくれた。乗るときは降っていた雨はカトマンドでは小雨だった。今日はバスの運転手のガランジーに乗るときに官庁街のシンハダルバルまで乗せてもらうように頼む。いつもの先のそこで降ろしてもらい、そこから歩いていつも行く市場を訪ね果物を見る。マンゴーを14個とレモンを15個、キューリ1本、帰り道ではパンを買う。4時半過ぎホテルへ帰る。いつもの土曜日の買い物を金曜日に済ましたので明日が少し楽になる。汚れた靴を水洗いしてから日記をつける。風呂に入る。風呂上り部屋で夕食をいただく。夕食後メールを発信。NHKラジオを聞く。高校野球の2回戦から決勝までのハイライト映像を見る。決勝は今大会屈指の好投手で決勝まで無失点の阿部投手擁する磐田東には3点を取るのも難しいと予想されていた。静高エースの原崎投手はこれまでにも相手チームに何点も取られていたが、磐田東との試合では2点以内に抑えなければ勝つのは難しかろうと、野球通は静高の苦戦を予想していたようだ。ところがホームランや先頭打者ヒットを何度も打たれはしたが、好守備でよく守りきった。終わってみれば思いがけず原崎投手にとって今大会が最高の出来で1点の失点だけでよく頑張った。阿部投手に1回のチャンスで四番小川君の快打で先制点を上げたが、これは阿部投手にとって今大会初めての失点だった。しかしその後の2者を連続三振にとった。4回にホームランを打たれて同点にされたすぐ後のチャンスでスクイズを成功させて勝ち越した。8回阿部投手から少ないチャンスにヒットが出て貴重な1点をいれたことなどなどで静高に勝利の女神が微笑んだ。阿部投手には7回など三者連続三振などに押さえられるなど、流石の好投手であったが、数少ない得点のチャンスを物にした静高も良い試合ぶりを示した。このところご無沙汰していた甲子園に岳南健児は8年ぶり22回目の甲子園に出場する。8年前には甲子園球場に応援に行ったはずだがどんな試合だったかあまりよく覚えていない。簡単に負けたのではなかったか。今度はいい試合を見せてくれるだろう。21時半就寝。

今日はバグマティ:BAGMATI zoneゾーン:県のLalitpur District郡。こことカトマンド:27とバクタプール:26の3つのDistrictをVally地域と呼んでいる。 山々に囲まれた標高1300mの盆地に位置する。Districtコード25番ラリトプール:Lalitpur郡。面積は385km²。2001の人口は337,785.名。村は42のvillage development committees (VDC)sがある。パタン:Patanが郡都。多くの学校、大学、ホテルがある。Adarsha Vidya Mandir Higher Secondary SchoolやSt. Xavier's School, St. Mary's School, Future Stars High Schoolなどが有名な学校である。Adarsha Vidya Mandir Higher Secondary Schooは有名な私立学校でSLCの合格率も高く10+2の1年生から12年生までの生徒の数は約5,000名を数える。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が461校ある。3歳、4歳の人口:22,434名。1年生から12年生までの学校の数は488校。公立学校は207校、私立学校は281校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで65,229名、6年から12年のセカンダリースクールで56,400名の合計121,629名、教師の数はプライマリ-スクールで3,274名、セカンダリースクールで3,836名の合計7,110名。


ラリトプール郡(District25番)

Lalitpur_district_location.jpg
Lalitpur District

古都パタン:Patan

Patan2.jpg
patan_durbar_square.jpg
photo-krishna-temple-patan-durbar-square-25094.jpg
Patan.jpg

お祭り:インドラ(クマリ)ジャットラ 8-9月

kumari.jpg

マチェンドラナート 山車巡行 4月ー5月

Lalitpur festival

岳南健児 8年ぶり22回目の夏の甲子園

決勝

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月28日(木) くもり カトマンドの日の出5時24分日の入18時55分 2時53分 気温26℃、湿度80 %ネパール125日目
2011/07/28(Thu)
7月28日(木) くもりのち雨 カトマンドの日の出5時24分日の入18時55分 2時53分 気温26℃、湿度80 %ネパール125日目

MS Explorer6.0は古くなったようだ。そろそろバージョンアップを考える。
昨日見ることが出来なかった将棋名人戦をGoogle のブラウザーで見たら見ることができた。
第31期名人戦7局の大山―中原戦を見る。「将棋八十一話「待った」をした頃」の中の磯山浩さんの「将棋デスクの思い出」で取り上げられていた一番である。当時来る年も来る年も「大山名人防衛成る」で挑戦者に誰が出てきても歯が立たなかった時代である。大山は結局名人戦に18回優勝した。そんな時代を変えたのが7局目のこれでその日の午後まで大山が絶対優勢と見られていた一番である。確かに大山の攻めが成功したように見える。大山の将棋は最初のチャンスは見送る主義で、優勢となっても勝ちを急がず、常に安全に勝つことを目指したと評された将棋であり、その後の攻め手が丁寧すぎるように見えて逆転された。これ以降大山は32期と44期挑戦者として中原と2度名人戦で対戦したが勝てなかった。大山は中原が出てこなかったらあと10期は名人を保持していただろう。中原は大山を下したあと名人戦に15回優勝している。大山は69歳で亡くなったがA級在位のままであった。まさに不世出の棋士であったことを思いかえす。2時15分になった。これからブログを更新しておく。5時45分起床。NHKラジオを聞く。Webでインターネットエクスプローラー6.0からのバージョンアップの注意点を見る。6時半朝食。ジャガイモと三度豆の煮物のおかず。カトマンドにITセミナーに出席の同僚から話しを聞く。7時半過ぎ部屋に戻って高校野球を見ると2-2の同点だったが4回に3点を入れて5-2となった。フロントへ来月の部屋代とネット代の支払いをする。部屋に戻って見ると5回が終わって5-2のまま。バナナとマンゴーとヨーグルトのデザートをいただき7回の表の結果を待つ。3点を入れて8-2となった。9回表で出かける支度をする。9時10分。10時過ぎオフィスへ着く。ネットで結果を見ると12-4と明日の決勝に進むことになった。明日の決勝戦は9時45分から始まる。11時18分までで明日からのジッラ情報を抜き出しておく。今日は1日Flash ReportⅠを読んで過ごす。カトマンヅなどの歴史をwebで見る。4時44分大雨になってきた。これから帰り支度。バス乗り場へ行く途中でバスが出るのが見えた。4時51分であった。仕方なく別のバスで帰り道の途中の空港へ分かれるインターまで乗ってそこでテンプーに乗り換える。そのテンプーの屋根のビニールに穴が開いていてそこから雨が座席にこぼれてきてズボンと下着まで濡れる。途中で3輪トラックのテンプーがエンストする。しばらくエンジンをかけるのに時間がかったが運良くエンジンがかかった。昨日同様マイテティガールでは小雨になっていた。ホテルに戻って中日―阪神を見ると9回で2-0で負けていた。6時お風呂に入る。6時20分お風呂から上がって外を見ると雨が一段と強く降っていた。それから夕食。先週土曜日買ったマンゴー13個のうち中が虫で食われているものが3つはあった。この次マンゴーを買うときはよく選んで買うことにする。形が良くて綺麗なものがよさそうだ。夕食後お湯を沸かして紅茶を作る。19時半。ネットでLalitpur Districtを見てからベッドで三好徹著「決断の時」を読み始めて9時半就寝。

今日はバグマティ:BAGMATI zoneゾーン:県のKabhrepalanchok district郡。Hill地域に位置するDistrictコード24番カブレパランチョーク:Kabhrepalanchok郡。面積は1,396km²。2001の人口は385,672.名。村は90のvillage development committees (VDC)sがある。Dhulikhelが郡都。ドュリケルはチベットにつながる玄関口として昔から交通の要衝であった。ネパールからは塩、香辛料、金を、チベットからは羊の群れがダサインの時期にチベットから運ばれてきたという。1965年に車道が出来てチベットとネパールを行き来するツーリストに便利になった。1550mの標高にあり、ドイツのNGOの援助で水はネパールで1番良いものが飲めるというがバネパに住んで自炊している仲間に尋ねたら水道の水は飲めないといっていた。Mt. Annapurna (8091 m), Mt. Ganesh Himal (7429 m), Mt. Langtang (7234 m), Mt. Phuribichyachu (6637 m), Mt. Gaurishanker (7134 m)など20以上のヒマラヤの景観がお天気がよければ見ることができる。雨季が終わり秋が始まる10月から冬にかけての時期が良い眺望を期待できるようだ。ドュリケルは昔ネワール族の20以上のファミリーが治めた古都でもある。郡都ドュリケルの近くのバネパには日本の高専に相当する、3年制の職業訓練校があり、シニアボランティアがIT講師として派遣されている。北にあるナガルコットは2,100mの高地でヒマラヤの展望で有名でホテルや山の家などがある。雨季が終わったら是非行ってみたいところである。カトマンドからバスで2時間で行けしかも往復のバスの運賃は100ルピーで行けると聞いている。
幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が540校ある。3歳、4歳の人口:22,434名。1年生から12年生までの学校の数は695校。公立学校は587校、私立学校は108校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで75,363名、6年から12年のセカンダリースクールで54,168名の合計129,531名、教師の数はプライマリ-スクールで4,281名、セカンダリースクールで3,130名の合計7,411名。


カブレパランチョーク郡(District24番)

Kabrepalanchok_district_map.jpg
Kabhrepalanchok_map.jpg



View

mathura_beautiful_view.jpg

ヒマラヤ

dhulikhel-nagarkot-sundarijal_treks.jpg
Kavrepalanchok_view1.jpg
Dhulikhel_view.jpg
dhulikhel.jpg
Kavrepalanchok_view2.jpg

アンナプルナ

Annapurna.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月27日(水) 雨 カトマンドの日の出5時23分日の入18時56分 5時7分 気温26℃、湿度79 %ネパール124日目
2011/07/27(Wed)
夜中3時目を覚ます。ベッドで「将棋八十一話「待った」をした頃」を読んでまた休む。5時起床。音を立てて雨が降っていた。カトマンヅの夏の暑さは今頃の暑さ以上にはならないと聞いた。NHKラジオを聞きながら日記をつける。静岡のお天気を見ると曇り時々晴れとなっていた。今日は6時45分から草薙球場で準決勝がある。事実上の決勝戦である。時々見ていたhttp://3rd.geocities.jp/shogi_kifu/の棋譜が最近将棋盤が出てこなくなった。パソコンが原因かサイが見れなくしたのかわからない。すこし調べてみることにする。
Flash ReportⅠとⅡの作表のまとめをしてみたが今日はⅠとⅡの要点を理解することにする。5時45分雨音が聞こえなくなったので窓を開けて網戸にするとまだ雨が降っていて雨音が聞こえてきた。高原の朝は気持がいい。カトマンドのお天気をネットで見たら雨の一日と出ていた。日の出と日の入りの時刻はこれまで見ていたのと違っていた。今日見たhttp://weather.jp.msn.com/local.aspx?wealocations=wc:npxx0002のが朝の実感が会っている。6時 6時半朝食。九州から来られたという工場と農業の研修生募集の話しを聞く。同期のシニアと朝食時いろいろ話しを伺う。3日間研修で出てこられたという。9月に卒業する最初の生徒24名の就職のための企業リクルートにも役立てたい研修のようである。4月27日に訪問したシュレスタさんが関心をもってくれているようである。学校のITコースの教師は7名でいずれも20代で仕事でIT経験をしたことの無い人達だということであった。7時45分部屋に戻って高校野球を見ると雨で明日に順延と出ていた。8時半バナナとマンゴーとヨーグルトのデザートをいただく。出かける支度をする。9時15分いつものようにホテルを傘をさして出かける。ネパール人は傘をささずに濡れて歩いている人が半分はいる。濡れても気にならないのだろうか。日本では全員が傘をさすぐらいの雨であった。昨日までFlashⅡのエントリが終わったのが28District,今日は2つ増えた。10時半にサンカルジーから部門のミーティングがあるから出ないかと誘われる。はじめてミーティングに出る。この事務所で顔を見たことのある面々が25名ほどいて中央の席に座ってカガラッジ バラルさんが話しをしていたところであった。長い話の後、次にプランニング セクションのクリシュナ ドンガナさんが長い話をしていた。その後この教育局の部門責任者の面々が約10名が話しをした。バララムさんもサンカルさんも話をした。7月17日はネパール暦の4月1日だから新年になっての決起集会とも、キックオフミーティングともいうようなもののようであった。会議のアジェンダぐらいホワイトボードに書くか貼ってあっても良さそうなものだが、なにもないのがネパール流のようだ。おまけに会議室の時計が15分進んでいた。12時前にカガラッジさんの話しで締めくくられ終わった。部屋に戻って日記をつける。3時まででFlashⅠReportの英文梗概を作り終える。今日は一日中雨であった。4時42分帰り支度をする。外は大雨であった。バス乗り場へ行くと既にバスが来ていた。乗客は一杯であった。サノティミで降っていた雨は10Kmほどのマイティガールでは降っていなかった。ホテルに戻ると朝出したワイシャツなどの洗濯物が戻っていた。今日は雨で乾かなかったと思っていただけに驚いた。ネットで見ると今日も甲子園で中日に勝っていた。夕食をいただいてお風呂に入る。NHKラジオを聞きながらKavrepalanchok districtの地図を探すが見つからなかった。「将棋八十一話「待った」をした頃」を読んで20時半就寝。夜中23時45分目を覚ます。NHKラジオ深夜便を聞く。五木ひろし集アルバム「ひろしとギター」が聞こえてきた。

今日はCentral Region(Madhyamanchal)バグマティ:BAGMATI zoneゾーン:県のSindhulpalchok district郡。北のMountain地域に位置するDistrictコード23番シンドパルチョーク:Sindhulpalchok郡。面積は2,542km²。2001の人口は336,478.名。村は79のvillage development committees (VDC)sがある。Chautaraが郡都。
最近の国会議員選挙ではこの地域の3議席全てマオイストの候補者が独占した。首都カトマンヅの隣の郡でありAraniko Highway,またの名をKodari Highway, ( 114 km)がカトマンドと結ばれていて中国・チベットと道路が結ばれている。山々からなり天然資源に恵まれているがネパールで最も開発の進んでいないところである。
国内外の旅行者が訪れるLangtang National Park,や、Langtang Himal, Jugal Himal, Panch Pokhari, Tato pani, Gaurati Bhimeswor. Yearly, Ultimate Bunjeeがある。
幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が317校ある。3歳、4歳の人口:17,926名。1年生から12年生までの学校の数は556校。公立学校は538校、私立学校は18校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで63,555名、6年から12年のセカンダリースクールで36,273名の合計99,828名、教師の数はプライマリ-スクールで2,321名、セカンダリースクールで1,126名の合計3,447名。



シンドパルチョーク郡(Districtコード23番)

Sindhulpalchok_district_map.jpg

sindhupalchok_district.jpg

Bus

Bus_Chautara.jpg

View

Chautara.jpg
Chautara2.jpg
Chautara3.jpg
Chautara5.jpg
Chautara4.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月26日(火) 雨のちくもり カトマンドの日の出5時23分日の入18時56分 1時30分 気温27℃、湿度78 %ネパール123日目
2011/07/26(Tue)
2時半に眼を覚ます。雨が降っていた。今日もNHKラジオを聞くことが出来た。しばらくして6時のニュースが聞こえてきた。福島原発の放射能汚染問題が話されていた。早くもネパールに来て4ヶ月が経った。
エア・アジア・ジャパンが来月設立される話しを聞く。マレーシアのエア・アジアは世界1の格安航空会社という。これと全日空が67%の資本を出す合弁会社で狙いは日本の国内線とアジア各国への成田との路線だという。料金は半額にもなりそうだ。家庭菜園の話しを聞く。たった1つ生ったスイカを収穫間際でカラスに食べられたというのもあった。今日のラジオ体操は札幌からの巡回公開生放送だという。明日は札幌で同窓会があるとメールの案内が以前きていた。そろそろ毎日が日曜日になった人たちは何をしているのだろう。今朝のラジオ体操に西区琴似の学校に2000人が集まったという。ラジオ体操をしてから、レモンを搾ってレモンティーをつくって冷凍庫に冷やしておく。Dolakha郡を調べる。5時ベッドに休む。6時15分起床。朝食のおかずは切干大根の煮物。ホームステイに一晩で戻ってきたという話を聞く。今日ははじめて見る人たちが来ていた。朝早くから2台大きな車が来て待っているのは専門家の人たちの為なのであろう。雨は小降りになったがまだ降っている。7時45分。7時50分停電になった。しばらくして自家発電のモーターの音が鳴り出して電気が来た。7時52分 9時15分ホテルを出る。雨は上がった。今日もバスの乗客が多くて30名ぐらいが乗った。10時過ぎ事務所に。サンカルジーは既に来ていた。Dolakha district郡の基本データを見てからこれからFlashレポートIIのまとめをする。12時までで8表から14表までを終える。昼食をいただいて、日記をつけてブログを更新する。ネットで見ると高校野球静岡の準決勝は明日27日であった。明日の楽しみにする。90回での決勝戦と同じ対戦であったが、前回の借りを今回返したいところである。13時50分までで20表まで終える。残り17表である。眠くなってきたがネパールティーがきて眠気が抜ける。今日はあと10表程度やってしまいたい。15時20分までで30表まで終える。あと1時間で残り7表終えられるか。16時33分までで37表の整理を終える。16時34分丁度停電になる。今日はあっという間の一日であった。16時36分 帰り支度。
5時のバスは今日も昨日同様早く出た。4時53分であった。途中スムースでホテルの近くでは5時半前であった。ホテルに戻ってロビーでおしゃべりをしてバナナをいただく。メールを見て返信しておく。今日もNHKラジオが聞けた。虎と竜という番組があったので見たらタイガースと中日戦が丁度終わったところで阪神が勝って2位に浮上した。1軍に抜擢された森田が貴重な同点2ランを打っていた。18時16分
横になって「将棋八十一話「待った」をした頃」を読んで20時半就寝。

今日はジャラクプル:JARAKPURU zoneゾーン:県のDolakha district郡。北のMountain地域に位置するDistrictコード22番ドラカ:Dolakh郡。面積は2,191km²。2001の人口は204,229.名。村は52のvillage development committees (VDC)sがある。Charikotが郡都。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が282校ある。3歳、4歳の人口:11,743名。1年生から12年生までの学校の数は424校。公立学校は389校、私立学校は35校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで44,202名、6年から12年のセカンダリースクールで30,348名の合計74,550名、教師の数はプライマリ-スクールで2,118名、セカンダリースクールで826名の合計2,944名。


ドラカ郡(Districtコード22番)

Gorkha_district_location.jpg
dolakha_district.jpg

View from Dhakha

Dolakha view3
Dolakha view5
Dolakha view1
dolakha_view7.jpg

Jiri airport

jiri airport



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月25日(月) くもり カトマンドの日の出4時52分日の入18時28分 1時30分 気温27℃、湿度78 %ネパール122日目
2011/07/25(Mon)
1時15分起床。ラジオにNHKがあったので久しぶりでラジオ深夜便4時台<天野祐吉の隠居大学>   第4回 コラムニスト 天野祐吉ゲスト:山田太一(脚本家・小説家)が聞こえてきた。矢張り食べ物の話しをよくしていた。最後にこのごろはそばが良くなってカツ丼は重くなってきて食べなくなってきたのだが高い値段のそばが多くなってきたと言っていた。今週から3週続けて日曜日から月曜日は明石さんの担当となっていた。今日もいいことがありますようにと言って終わっていた。5時のニュースでは3時51分に福島市沖発生の地震があり石巻で震度5であったこと、仙台空港が今日から再開と伝えていた。「将棋八十一話「待った」をした頃」を読んで休む。渡辺淳一さんの「スター誕生」はよかった。4時起床。WebでRamechhap郡を読み写真を見る。いい写真が多かった。横になって「将棋八十一話「待った」をした頃」の「将棋棋士の碁」 三堀将さんの文章を読む。1.やたらに石を置きたがる。2.眼を3つ持つ。3.ネライを持っている。というのがその特徴だという。なるほど、さもありなんと感心した。今日のネライの一手をなににするか。アクセスの関数をみてみることを試してみることにしようか。6時半朝食。住まいの契約を終えたという話を聞く。6月にこられた23年1次隊のネパール語研修は今週で修了になり、いよいよ来週はポスティングがはじまる。今日も雲が空を覆っている。今日はバスがあまり遅くなく来た。事務所は鍵がかかっていて鍵を開けて入る。掃除のおばさんが机の上を雑巾掛けをしてくれる。窓を開けて扇風機をつけてパソコンをつけて作業開始。10時10分。メールを1つ発信する。AccessDBのQueryで作ったDistrict_VDC 3,973RecordsとDistrict_VDC_School 33,202Recordsの2つをExcel2003にExportしておく。をAccessの基本的な関数を見る。11時半過ぎ停電になる。11時45分昼食をいただく。12時また停電になる。Arjunジーが来てインターネットは5分後に使えると言ってきた。12時6分。サンカルジーはDistrict33BARAに行っているという。
12時半に停電となった。しばらくして電気が来た。多分事務所の自家発電だろう。12時40分、保健省の仕事をしている2名のJICA専門家とナショナルスタッフがラジムクトさんの居るお隣の部屋に移ってきたと挨拶に見える。午後は2067 Financial IncomeのサマリーをAccessからExcelにコピーしてグラフ化してみる。
これからFlashⅡReport 2065(2008-09)の梗概を作る。14時50分 16時半までかかって7つを見る。残りは30表。4時55分帰りのバスが早く出る。今日は朝も夕も乗客が一杯であった。帰り道でパンを買って帰る。今日はNHKラジオが聞けた。日本時間9時のニュースを聞きながら夕食を食べ始めた時お風呂が空いたと電話をもらう。お風呂に入る。夕食後ラジオを聞きながら日記をつける。中国の高速鉄道事故のニュースを取りあげていた。ネットで高校野球静岡大会を見たら静岡は今日も勝っていていよいよベスト4に残った。
紅茶を作り、ベッドで「将棋八十一話「待った」をした頃」を読んで20時就寝。

今日はジャラクプル:JARAKPURUゾーン:県のRamechhap郡。Hill地域に位置するDistrictコード21番ラメチャプ:Ramechhap郡。面積は1,546km²。2001の人口は212,408.名。村は55のvillage development committees (VDC)sがある。Manthaliが郡都。言語はタマン語とネパール語が多く使われている。昔タマン人が支配していた。ネパールで1番人口増加率の低い郡。Kusunda族と呼ばれる希少民族が住んでいて絶滅危惧民族とみられている。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が326校ある。3歳、4歳の人口:13,564名。1年生から12年生までの学校の数は487校。公立学校は470校、私立学校は17校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで51,559名、6年から12年のセカンダリースクールで38,334名の合計89,893名、教師の数はプライマリ-スクールで2,010名、セカンダリースクールで983名の合計2,993名。


ラメチャプ郡(Districtコード21番)

Ramechhap_district_location.jpg
ramechhap_district.jpg

Ramechhap Airport

ramechhap airport


Road construction

Road_construction_Ramechhap.jpg

つり橋

つり橋_Ramencggap

Kashmir valley

Kashmir_Valley_ramechhap.jpg

View

Ramechhap_view.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月24日(日) くもり カトマンドの日の出4時52分日の入18時28分 3時53分 気温26℃、湿度80 %ネパール121日目
2011/07/24(Sun)
3時半起床。「懐かしのメロディ」をつけるがうるさい知らない曲がなっていたので消す。NHKラジオはなかった。昨日の続きでExcel2003で46,308のデータを16段階にクラス分けして階層化してToolsでHistogramを作成してみる。4時半停電で暗くなったがそのまま続けていたらしばらくして明かりがついた。Toolsの結果のHistograの表をグラフ化してみる。以前やった操作を思い出す。Excel2007でも出来るようにセットアップする作業が残っている。5時19分外が明るくなってきた。昨夜少し雨が降ったようで前の駐車場の石畳が濡れている。空は黒く低い雲が立ち込めている。これから2007でのToolsの設定。気分を変えるのに窓を開けて網戸にする。5時30分 WebでExcel2007の統計解析Toolの設定の仕方を見てやってみると、Excel2007の導入が5分ぐらいかかって終わった。BarのDataを選ぶとData Analysisが出てくるようになった。
しかしこの作業のあと自動的にExcel2003で作ったものもExcel2007で開かれるようになった。Word2003で作ったものを開いてみるとしばらくOffice2007の導入作業が始まってWord2007で開かれるようになった。
昨日やった、2003で作ったExcelとWordは2003で開かれるようにした設定が無効にさせられてしまっていた。
したがって今はword2007で入力している。6時14分
Run からcmdでDOSコマンド画面から
"D:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\EXCEL.EXE" /regserver
"D:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\WINWORD.EXE" /regserver
を再度入力して2003で作ったExcelとWordは2003で開かれるように設定を再度して、そのようになった。
6時24分これから朝食。朝食時、新しく出来たスーパーマーケットの話とネパール日本人会の話が出る。
朝食後庭でバナナを食べていたら小雨が降ってきた。部屋に戻りネットで夏の高校野球の静岡の草薙の試合を見ると4回で5-5の同点であった。ブログを更新して、ベッドで「あほがらす」を読んで9時に起きて、ネットで静岡の草薙の試合を見ると9回1点を入れて6-5でからくも勝っていた。応援団は喜んでいることだろう。これでまた楽しみが残った。10月のUAEのホテルを探す。10月2日と6日はシャージャに泊まって、3日から3泊ドバイに泊まるとしてみる。10時半に停電になる。部屋で「あほがらす」を読んで過ごす。
お昼部屋で昼食。午後10月2日から7日までのUAEのホテルの予約をする。2日と6日はサルジャー:Sharjahのホテルを3日から3泊はドバイのホテルを予約する。3時半まで終る。メールの返信をしておく。4時半までで
「あほがらす」を読了。なかなかの短編集で楽しませてもらった。5時お風呂に入る。風呂上りロビーでホームステイから戻ったシニアのか方々の話を伺う。6時部屋に戻っていつもの夕食をいただく。6時半Ituneを聞きながら日記をつける。ブログを更新する。文芸春秋編 「将棋八十一話「待った」をした頃」を読んで20時就寝。

今日はジャラクプル:JARAKPURUゾーン:県のSindhuli郡。Hill地域に位置するDistrictコード20番シンズリ:Sindhuli郡。面積は2,491km²。2001の人口は279,821.名。村は54のvillage development committees (VDC)sがある。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が367校ある。3歳、4歳の人口:19,359名。1年生から12年生までの学校の数は581校。公立学校は564校、私立学校は17校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで87,171名、6年から12年のセカンダリースクールで41,876名の合計129,047名、教師の数はプライマリ-スクールで2,625名、セカンダリースクールで1,093名の合計3,718名。Kamalamaiが郡都。日本の援助でカトマンドとここを通って南のタライ地域を繋ぐシンヅリ道路が作られている。このプロジェクトは首都カトマンドから南のタライ地域を結ぶ目的で1988年から調査に入り、工事は1996年から158Kmの道路を4つの工区に分けてはじめられ第一工区のBardibas Sinhuli Bazaar 37km, 第二工区のSindhuli Bazaar-Khurkot 39km, 第四工区のNepalthok-Dhulikhel 50kmは既に完成している。残る第三工区のKhurkot-Nepalthok 32kmは2014年に完成予定で現在工事中である。日本の日光のいろは坂のような景観も見れる。


シンヅリ郡(Districtコード20番)

Sindhuli_district_location.jpg
sindhuli_map.jpg

シンヅリ道路

Sindhuli_road.jpg
Sinduli2.jpg
Sindhuli_road3.jpg

Sunkoshi_Sindhuli.jpg
Sindhuli3.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月23日(土) くもり カトマンドの日の出4時51分日の入18時29分 1時20分 気温27℃、湿度80 %ネパール120日目
2011/07/23(Sat)
0時45分目を覚ます。KeyHoleTVをつける。NHKラジオはこのところ出てこない。NHK TVは2つ出てくるのにラジオが最近出てこなくなった。従ってお気に入りのラジオ深夜便がしばらく聞けていない。「懐かしのメロディ」というラジオがあったのでそれを選んでみる。若いときに聞いたことのある歌ばかり次々に途切れなく、ナレーションなしに歌い続けるものだった。それを聞きながら日記をつける。レモン5個搾ってレモンティを作って冷蔵庫に入れておく。2時7分 Nepal Districr Location Mapに文字を入れるのをペイントでやってみる。文字フォントの選び方をWebサイトで見て書式バーを表示して良く使うScript MT Boldフォントで文字を入れてみる。今日の地図から文字を出す。写真の修整もペイントでやってみる。画像の編集が少しできるようになった。4時。お腹がすいたのでバナナとマンゴーとヨーグルトでデザートを作りいただく。4時25分これからあほがらす」を読んで休む。5時半起きて「懐かしのメロディ」をつける。「岬めぐり」が聞こえてきた。6時、食堂で22日の読売新聞を読む。一面は東京電力女性社員殺害事件のニュースであった。
検察OBがこれだけで再審の材料になるのは五分五分だと書いていた。それを読むとなるほどと思わせるものがあったが、検察側に立ったこじつけと思われるもので、とても無罪主張に対抗できるものとは思えなかった。朝食の今日のおかずは冬瓜の煮込み。ゴマ油の風味ととろみも味付けも良かった。来週あるという日本人会の盆踊りの話しを聞く。8時過ぎいつもの市場へ歩く。マンゴー13個、2Kg、、砂糖1Kg、レモン17個、キューリ1本を買って9時前にホテルに帰る。出かける前冷蔵庫のTEMP ControlをOFFにしていたので、氷が解けて水が溜まっていた。氷と水を捨てて、TEMP Controlを3にする。レモンとキューリを洗ってキューリはラップして冷蔵庫に入れておく。これから新しくできたというスーパーへ買い物に出かける。9時40分
5階建てぐらいの大きなビル全体がBHAT BHATENI SUPER MARKET KATHMADU NEPALというもので1階の食品と2階の日用雑貨品のフロアーがオープンをしていたがまだあちこち工事中で火花が出ていた。リュックサックなどの手荷物は外のロッカーに預けて売り場へ入り缶詰、マーガリン、マヨネーズ、玉葱などを買う。
オープンの5%割引セールであった。帰り道いつもの店でダヒ:ヨーグルトを買って帰る。ホテルには12時に帰宅。昼食をいただく。食後お天気だったのでリュックサックを手洗いする。日本から持参した洗剤アタックが役にたった。屋上にリュックを干す。2時半までクーラーにあたりながら、ラジオで「懐かしのメロディ」を聞きながら本を読む。2時半少し黒くもが覆ってきたのでリュックサックを取り込む。3時 リュックサックの底のほつれが見えて放っておいたら底が抜けそうなので、繕いをする。何度も繕っているものだから薄くなっていたが、しっかり丁寧に繕う。4時に終わる。朝出したズボン、ワイシャツ、下着、靴下の洗濯物が帰っていた。アイロンもかけていてすっかり綺麗になっていて有難かった。4時21分。風呂が空いたと電話がくる。風呂に入って風呂上りロビーのバナナをもらって部屋に戻る途中、階段でいつもクリーニングをしてくれるサリトリさんとミナさんに会ったので、ハレックディーン ダンネバードと言う。「いつもいつもありがとう」という気持である。部屋に戻って日記をつける。4時45分 5時からQueryのAccessDBをExcelにExportして、ExcelのToolのData Analysisで昨日Queryで見た52481人の公立学校の教師のうちIncomeが0以上の46308人の基本統計量を見てみる。明日はデータを区分化して階層化してヒストグラムを作ってみることにしよう。5時45分 いつもの夕食をいただき6時40分、日記をつけてブログを更新する。
「あほがらす」を読んで21時就寝。

今日はジャラクプル:JARAKPURUゾーン:県のSarlahi郡。南のインドとの国境のタライ地域に位置するDistrictコード19番サルラヒ:Sarlahi郡。面積は1,259km²。2001の人口は635,701.名。村は100のvillage development committees (VDC)sがある。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が549校ある。3歳、4歳の人口:42,675名。1年生から12年生までの学校の数は448校。公立学校は432校、私立学校は16校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで125,772名、6年から12年のセカンダリースクールで36,325名の合計162,097名、教師の数はプライマリ-スクールで1,680名、セカンダリースクールで772名の合計2,452名。マラングワ:Malangwaが郡都。


サルラヒ郡(Districtコード19番)

Sarlahi_district_location.jpg
sarlahi_district.jpg

Banda

strike1206_Sarlahi.jpg

Highway

Sarlahi_highway.jpg

Village

Sarlahi_Village.jpg
Sarlahi_Village3.jpg
Sarlahi_Village2.jpg

View

View from Sarlahi

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月22日(金) くもり時々雨 カトマンドの日の出4時51分日の入18時29分 2時13分 気温27℃、湿度79 %ネパール119日目
2011/07/23(Sat)
0時半目を覚ます。外は雨が降っていた。ネットを見る。東京電力女性社員殺害事件のニュースで犯人がネパール人ということで興味をひかれた。事件は記憶にあったが犯人が不法滞在のネパール人であったことは知らなかった。
ネットを見る限り犯人とされた証拠と、逮捕されてから一貫して無罪を訴えているという被告を見ると、真犯人と特定するのは難しい事件である。日本に住んでいるネパール人は注目した事件だろう。今回発生から14年余りを経て、被害者の体内に残された精液と現場から押収された体毛のDNA鑑定で同一人物のもとと特定され、しかもそれが犯人のとは違っていたという証拠が出たという。なぜ今そんな証拠が出てきたのかが不思議なことである。検察の一人は「直接無罪につながるものでない」と言ったというが、どうもそうはならないような気がする。ネットで見ると被害者の顔写真とともに実名も掲載されていた。亡くなった被害者の父親も東電社員であったが原発反対の立場を取ったため降格され直後にガンで亡くなり、被害者も同様で謀殺されたのではということも出ていた。今回の東電の福島原発の放射能事故も今回の新証拠が出されたことに繋がっているのかもということまで考えてしまう。3時前ベッドで「蝶の戦記」を読んで就寝。4時半に起床。雨は止んだようだった。パソコンのデスクトップにタスクバーにあるような小さな窓が出来て消えない。Googleで見ると、アダルトサイトを検索してワンクリックウィルスが表示する請求画面とその削除の仕方が載っていた。アダルトサイトは見ていないし、その画面とは違うが、直前に見た東京電力女性社員殺害事件の写真や実名が掲載されていたサイトを見たのが原因かもしれない。そのなかの対策で一番簡単なシステムリストアーをしてみる。幸い昨日夜6時55分にシステムがバックアップされていたのでその時点までリストアーする。その結果、小さな窓は消えた。5時半メールをする。Office2007のWORDとPower PointとAccessを起動させてみる。そしてOptionで省略時のフォルダーを設定しておく。その後Office2003で作成したWordを開くと、Office2007のWordが開かれるようになっていた。
朝食のおかずはオクラであった。朝食時、新しくオープンされたスーパーマーケットの話しを聞く。
JICA事務所の近くだという。早速明日行ってみようと思う。朝食後Wordでこれまで2003で作ったものは2003で開くようにするためにRunの画面でcmdと入力してDOSコマンドで次のものを入力した。
"D:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\WINWORD.EXE" /regserver
これでWORDも2003で作成したものは2003のWordで開かれるようになった。英語版のはword.exeではなく
WINWORD.EXEであった。これは違っていて見つからないとMSGがでたのでファイルを確認して気がついて直して入力した。今日は週末。15時までAccessで関数を使っていくつかQueryを作り、メニューを作ってみよう。
10時過ぎオフィスに着くころ小雨が降ってきた。サンカルジーが来ていた。10時35分までDistrictの数字を調べる。それからデータベースを見る。昼前教育省でミーティングがあるといってサンカルジーが出て行った。シーユーマンデェイといってさよならをする。今日は公立学校教師のincomeデータベースを見てみる。合計額の多い順に並べて見る。14時37分そろそろ帰り支度。金曜の帰りは教育局のバスで途中まで。途中でテンプーに乗り換えて3時45分ホテルに帰る。日本茶とバナナをいただき、部屋に戻る。最近では珍しく停電中であった。外を見ると雨が降ってきた。PCの電池で日記をつける。今日は23年1次隊のシニアは2泊3日のホームステイに出かけた。16時17分これからお風呂。16時40分風呂上り停電で汗をかきながら池波正太郎著「あほがらす」の鳥居強右衛門を読み、荒木又右衛門を途中まで読んで6時になる。いつもの夕食をいただく。6時半お湯を沸かして紅茶をつくる。パソコンを立ち上げるとEXCELでOffice2003で作ったものがまた2007が開かれた。今一度EXCEL2003を優先的に立ち上げる設定をしてみる。18時55分
Runの画面でcmdと入力してDOSコマンドで次のものを入力した。
"D:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\EXCEL.EXE" /regserver Enterで設定できた。19時
20時まででブログを更新。「あほがらす」を読んで就寝。

今日はジャラクプル:JARAKPURUゾーン:県のMahottari郡。南のインドとの国境のタライ地域に位置するDistrictコード18番マホッタリ:Mahottari郡。面積は1,002km²。2001の人口は553,481.名。村は77のvillage development committees (VDC)sがある。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が610校ある。3歳、4歳の人口:43,297名。1年生から12年生までの学校の数は337校。公立学校は306校、私立学校は31校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで112,315名、6年から12年のセカンダリースクールで34,367名の合計146,682名、教師の数はプライマリ-スクールで1,713名、セカンダリースクールで820名の合計2,533名。ジャレスワール:Jalesworが郡都。Jalesworはインドとネパールの国境からわずか2~3Kmのところにあり、Jalesworの名前の意味は水の中にある神(ヒンズー教のシバ神)という。


マホッタリ郡

Mahottari_district_map.jpg
mahottari_map.jpg
mahottari2.jpg
mahottari.jpg
halo20jotnu3.jpg
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月21日(木) くもり カトマンドの日の出4時50分日の入18時30分 2時13分 気温25℃、湿度79 %ネパール118日目
2011/07/21(Thu)
夜中1時に目を覚ます。昨日ネットで探したExcel2007を最初に開く時の警告エラー表示を出さない方法をhttp://support.microsoft.com/kb/948615を見てやってみる。
2通りのやり方の簡単そうな、regeditの内容に新規でExtensionHardeningを作ってやる。
説明では1がデフォルトと書いてあったが、作ったときに既に0になっていた。そのまま修了して、Excel2007を立ち上げたらこれまで出ていた警告メッセージは出なくなった。
Excel2003のTool OptionのデフォルトのSave FolderもExcel2007のOption指定を見つけて出来るようになった。2時半。次にExcel 2003 を優先的に開かれるように以下のコマンドを DOS シェルから実行する
"D:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\excel.exe" /regserver
するとOffice2003のインストール画面が出てきてしばらくすると終了する。そのあとExcel2003て作ったものを開くとExcel2003で開かれた。Wordも同様に
"D:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\word.exe" /regserver と説明があったが、Wordはどういうわけかword2003で作ったものはword2003で開かれているので、しなかった。4時15分
Excel2007で作ったものを開こうとすると2度起動が必要になった。そこで2通りのやり方の最初のやり方を見たがややこしそうだったので、後日、頭がすっきりしたところでやることにする。5時半から昨日繕ったリュックサックの留め金をつける。今日もくもり空であった。6時半朝食。明日からホームステイの予定だが身体が本調子でないシニアの皆さんになかにはキャンセルされた方もあり、少し頑張って行こうという方もあるようだ。朝食時後今日やることを考える。AccessDBのグラフと関数を見ることにする。関数はたくさんあるので、一通りどんな機能があるかを知ることにする。これから英語のボキャブラリーカードの暗唱。
8時10分。今日も10時過ぎオフィスに着く。鍵をあけてパソコンを立ち上げたが随分IPLに時間がかかった。
いろいろいじるから余計にかかるのかもしれない。まずDhanusaの情報をFlash Reportから抜き出す。10時10分 インターネットが繋がらないのでコンピュータ室を見ようとしたが鍵がかかっていた。仕方なく今日はAccessのグラフから勉強することにする。11時事務所を後にする。ホテルには12時過ぎにたどり着く。
午後食堂でネパールティーを入れてもらって昼食をいただく。午後1時半部屋の掃除をしていただく。
2時からパソコンのタスクバーにマイコンピューターの情報やキャビネットの情報が出てくるようになったので、Googleで出さないようにする仕方を調べる。タスクバーの何も無いところで右クリックして簡単に消すことが出来た。問題意識を持つと今までも不思議に思っていたことに全て原因があることを知った。
懸案のExcel2007の警告エラーを出さないことにチャレンジしてみる。グループ ポリシー オブジェクト エディタをGpedit.mscで開いて、ユーザーの構成を展開して、[管理用テンプレート] を右クリックし、[テンプレートの追加と削除] をクリックして[テンプレートの追加と削除] ダイアログ ボックスの [追加] をクリックしてExcel12.adm ファイルをクリックし、[開く] をクリックする。Excel12.adm ファイルは次のフォルダに格納されている。 \ADM\languageID、languageIDはen-usを選ぶ。
[管理用テンプレート]、[Microsoft Office Excel 2007]、[Excel のオプション] の順に展開し、[セキュリティ] をクリックをする。 [拡張] タブで、下のForce file extension to match fileを
ダブルクリックをして選択し、次の画面で[Enabled] を選び、その下のリスト ボックスで「Allow Different」を選ぶ。最後に[OK] をクリックする。どうやら警告エラーは出なくなったが、既存の2007で作ったExcelを開く時はダブルかトリプルクリックが必要になった。しかしうるさい警告メッセージが出なくなっただけ良しとする。16時がすぎている。16時半お風呂に入る。風呂上りクーラーにあたりながら日記をつける。18時、ituneを聞きながらいつもの夕食。夕食後Accessdbの関数を見る。写真ダウンロードのフォルダー設定を調べるが、簡単な方法が見つからなかった。新しいUAEのドバイのホテルの予約サイトで探してみる。http://www.agoda.jp/pages/agoda/default/DestinationSearchResult.aspx
10月2日から5泊予約で予約可能なUAEのドバイのホテルが252件、1泊40ドルから検索されてきた。
今なら早期予約割引15%が適用される。というのもあった。また予約すると直ぐ確認のメールが届くという
池波正太郎著「蝶の戦記」を読んで就寝。20時。

今日はジャラクプル:JARAKPURU県。昨日のSagarmāthā県の西隣。南のインドとの国境のタライ地域に位置するDistrictコード17番ダヌサ:Dhanusa郡。面積は1,180km²。2001の人口は671,364.名。村は102のvillage development committees (VDC)sがある。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が610校ある。3歳、4歳の人口:43,297名。1年生から12年生までの学校の数は375校。公立学校は316校、私立学校は59校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで115,282名、6年から12年のセカンダリースクールで39,406名の合計154,688名、教師の数はプライマリ-スクールで1,849名、セカンダリースクールで943名の合計2,801名。シラハ:Janakpurが郡都。ここの一番話されている言語はMaithali.である。



ダヌサ郡

Dhanusa_district_map.jpg
dhanusa_district2.jpg

Janakpur airport

janakpur_airport_nepal.jpg
Janakpur_airport.jpg




寺院

janaki mandir

Dhanusa1.jpg



Dhanusa.jpg

田舎

janakpur Dhanusa
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月20日(水) 雨のちくもり カトマンドの日の出4時50分日の入18時30分 5時25分 気温27℃、湿度79 %ネパール117日目
2011/07/20(Wed)
夜中0時15分目を覚ます。外は昨夕から降りだした雨が音をたてて降り続いていた。これからラジオを聴きながらレモンを搾りレモンティーを作る。NHKラジオがネットのメニューに出てこなかった。NHK TVは出てくるのにラジオは今日は出てこない。仕方なくABC Radio 1008 Osaka「もうすぐ夜明けABC」を聞く。大阪駅から寝台急行日本海に乗って青森へ行き、青函連絡船で北海道を旅した、蟹族の話をしていた。昔のリュックサックは確かに横幅があったように思う。最近のリュックサックは昔のように大きな物ははやらないようで、小さなものが主流だ。0時35分。芹洋子の「愛の国から幸福へ」を聞く。ベッドで休んで「梅安針供養」を2時までで読了。外の雨はまだ音を立てて降り続いている。さきほどラジオで台風6号が四国徳島に上陸と聞いたような気がしたがネットでは宝塚は小雨とでていた。4時西丸震哉著「山歩き山暮らし」を読む。5時20分。雨音が聞こえなかったので雨は止んだかと思って窓を開けて網戸にするとまだ雨音が聞こえるほど降り続いていた。小鳥の鳴く声とにわとりの鳴く声が聞こえてくる。6時10分いつも庭や生垣の手入れをしているおじさんが雨の中傘をさして生垣の根元の草取りをしている。仕事ではあろうが、この仕事が好きなのだろう。暑い日照りでやるよりも雨の時にやるほうが楽かもしれない。雨が降っても楽しんでやっているように見える。自分もバヌアツへ行ってはじめてAccessDBを知って、教える機会をもらったおかげでネパールでは教育のデータを扱って様々な情報を生み出す機会をもたせてもらっている。6時半朝食。アパートを決めて今日ホテルを出るというシニアの方の話を聞く。とてもいい部屋と大家さんのようで幸せそうであった。降っていた雨はホテルを出る9時15分にはあがった。今日のバスは昨日と違って混んでいた。今日もオフィスは1人であった。10時19分。「できる Access2003」の第7章 マクロを使ってメニューを作成する。をやってみる。14時まででメニューを作り、そこに昨日つくったピボットを登録する。QueryはOpenQueryを指定するが、ピボットはOpenFormを指定し、PivotTableを指定する。ここの指定がわかるまでしばらく時間がかかる。AccessDBは一区切り。15時20分まで画像検索とExcel2007で最初に出てくる警告メッセージを出さない方法をWebで探す。17時のバスで帰宅。ホテルに着いて直ぐ風呂に入る。17時50分風呂上り、日記をつける。夕食後、リュックサックのほつれの繕いをする。2003ExcelのTOOLオプションが2007ではどこで指定するかを調べる。NHK将棋トーナメントをネットで見て津本陽著「蟻の構図」を読んで20時就寝。


今日はサガルマタ:Sagarmāthā県の南のインドとの国境のタライ地域に位置するDistrictコード16番シラハ:Siraha郡。面積は1,188km²。2001の人口は572,399.名。村は108のvillage development committees (VDC)sがある。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が633校ある。3歳、4歳の人口:36,493名。1年生から12年生までの学校の数は469校。公立学校は434校、私立学校は35校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで114,735名、6年から12年のセカンダリースクールで47,373名の合計162,108名、教師の数はプライマリ-スクールで2,079名、セカンダリースクールで791名の合計2,870名。シラハ:Sirahaが郡都。ここの標高は64mである。


シラハ郡

Siraha_district_map.jpg
siraha_map2.jpg

村の風景

terai_Siraha.jpg
palmarosa1.jpg
畑
農村
terai_Siraha2.jpg
Shiraha village
Siraha village2


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月19日(火) うすぐもり カトマンドの日の出4時49分日の入18時31分 5時25分 気温27℃、湿度79 %ネパール116日目
2011/07/19(Tue)
夜中目を覚まし、ベッドで「梅安針供養」を読んで5時起床。
朝明るくなってくるのが次第に遅くなってきている。ネットバンキングをする。5時43分
Excel2007を使ってみる。6時半朝食。農業の話しを聞く。今日は珍しくラザンドラジーが10時15分顔を見せる。サンカルジーは今日も来ていなかった。明日来るようだ。
午前中AccessDBのQueryを見る。12時昼食の際役所の辞書のようなものを売りにきた人がいた。1冊3,000ルピー,50US$と出ていた。必要であるなら役所が買うだろうからと判断して買わないことにした。
昼食後、AccessDBでFieldの簡単な分割をMid関数を使いやってみる。これが使えてあとの作業が簡単になる。13時同僚が訪ねてくる。仕事場を案内する。午後AccessDBのピボットを使って集計作業が早くなる。
AccessDBからExcel2007に書き出しExcel2007で加工も試みる。罫線、編集などもやってみる。
今日の作業を終える。16時半 5時バスに乗って途中まで帰ってきたところで雨が降りだす。17時25分バスを降りて傘をさして歩いて帰る。途中雨宿りをしている人が多かった。坂道では雨で川のようになっていた。
ホテルへ帰って荷物を整理して日記をつける。17時50分。18時風呂に入る。18時20分部屋に戻って夕食をいただく。夕食後紅茶を作る。19時外の雨を見ながら日記をつける。ネットでNHK囲碁トーナメントの先週日曜日の武宮さんの碁を見る。途中停電になったが少しして自家発電の電気がくる。囲碁は電気が切れてネットがきれても見れる。白み4隅を与えても1箇所で60目近い地を作って武宮らしい碁で快勝していた。
「梅安針供養」を読んで20時、クーラーをつけたまま就寝。22時クーラーを消す。また休んで0時半目を覚ます。

今日はサガルマタ:Sagarmāthā県の南のインドとの国境のタライ地域に位置するDistrictコード15番サプタリ:Saptari郡。面積は1,363km²。2001の人口は570,282.名。村は115のvillage development committees (VDC)sがある。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が633校ある。3歳、4歳の人口:34,725名。1年生から12年生までの学校の数は340校。公立学校は318校、私立学校は22校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで62,442名、6年から12年のセカンダリースクールで18,605名の合計81,047名、教師の数はプライマリ-スクールで1787名、セカンダリースクールで805名の合計2,592名。ラジュビラジ:Rajbiraj,が郡都。


サプタリ郡

Saptari_district_location.jpg
saptari_map.jpg

Rajbiraj風景

Rajbirajの麦畑
Rajbirajの水田
rajbiraj_airport.jpg
Saptari tiger
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月18日(月) うすぐもり時々晴れ カトマンドの日の出4時49分日の入18時31分 6時20分 気温27℃、湿度75 %ネパール115日目
2011/07/18(Mon)
2時半目を覚ます。NHKラジオを聞くと、西ドイツサッカー女子がアメリカとの決勝で1-1の同点延長戦のニュースが入ってきた。延長前半で2-1とリードされたが、延長後半で2-2の同点にしてペナルティ戦になったと伝えてきた。そのあとこれまで21敗3引き分けと1度も勝てなかったアメリカにペナルティ戦で3-1で勝って優勝したと入ってきた。嬉しいニュースであった。ラジオを聞きながらレモンを搾ってレモンティをつくる。日本は今日は海の日の休日。大型で非常に強い台風6号が沖縄に近づいているという。ネットを見ると物理五輪で日本の高校生が金3銀2とあった。昨日は生物五輪で金3銀1のニュースがあったが日本に優秀な若者がいることを知って嬉しくなる。3時15分、日本時間6時半に久しぶりでラジオを聞きながらラジオ体操をする。ネットを見ると菅が脱原子力発電を掲げて衆議院の解散に踏み切るとの観測がでているということが出ていた。菅はそれで選挙に勝てると思っているわけではなく、ただ意地でそうしたいのだろうが、こういうのを墓穴を掘るというのだろう。菅は自分の人気を選挙で計りたいと思っているほど、まわりの状況が見えていないのかもしれない。このままたいした評価も得られないまま辞めなければならないのであれば、ひょっとしたら今のままの可能性が選挙の結果によっては出てくるかもしれない、と考えているらしい。世の中それほど甘くはない。世論を読めなかったのは安倍も阿呆も同じであった。福田と鳩山と同様、自分に国民の期待はもはや自分にかけられていないこと自覚する時なのだろう。これまでやってきたことにどうも人が評価してくれていないと感じている菅はこのまま座して死を待つのではなく、何かをしなければとあせりだしているようだ。4時10分 メールを2つ発信する。
Windows Office2003と2007の違いを見てみる。EXCELのROWの数が65,536から1,048,576に増えている。AccessDBをExcelに書き出そうとしたらエラーが出た。DBのレコード数が11万件であった。そこで思い切ってOffice2007をインストールすることにした。5時8分。念のためOffice2003は上書きされないようにそのまま残すことにして2007をインストールする。23分かかって終了する。リブートして最初に出てくるようにしているこの日記は2007の顔をしていた。ツールバーが2007で変っているのでしばらくは使いにくそうだ。5時53分 Cドライブは0.5GB、Dドライブは1.2GBUsedが増えた。6時半朝食。朝食後、Office2003で作ったものはそのまま2003で新たに作るものは2007で作られるようにしたいと思ってやり方を探したらあるようだ。
また調べてそうなるようにしてみることにする。今日はバスで先週金曜日一緒に乗っていたシュレスタさんがいたので先週金曜日に4時にバスが無かったことを話した。彼は3時にローカルバスで帰ったのだが、多分
トレーニングがあってそれが終わって受講者を乗せて帰ったのではないかと話していた。4時までかからずに終わって早く乗せて帰ったのだろうという説明を聞いてなるほどと納得した。今日は大勢の乗客で。途中で乗り切れなかった人もいた。10時過ぎオフィスに着いた。今日はめずらしくサンカルジーは出ていなかった。今日はFlash Ⅰのまとめと、FlashⅡの索引まで作る。AccessDB11万件からExcel2007に書き出しはエラーにならなかった。16時ネットを見て帰り支度。5時のバスで帰宅。ホテルについて6時日記をつける。
以下の大使館からのお知らせ(11-42)が来ていた。
7月18日
モンスーン期の経口感染症・蚊媒介感染症への注意

17日のカトマンズポスト紙に,カトマンズにおける経口感染症などに関する注意喚起の記事が掲載されま
した。
過日,当館よりコレラ(経口感染),デング熱(媒介の蚊への注意)に関する注意を発信しております
が,あらためて以下の疾病への注意事項を確認されますようご案内します。
またワクチンの摂取可能なものにつきましては,予防接種の利用も検討してください。
経口感染に関しましては,飲料水は,煮沸水もしくはボトル水を使用し,適宜,手洗いを励行することが基
本となります。その他,病原体に汚染された食物の摂取を避ける用心も大切です。以下を参考にしてくださ
い。
1.赤痢・コレラ・腸チフス
 (1)症状等
○ 下痢症は,水様の下痢。
○ 赤痢では粘血便があり,腹痛と発熱が通常の下痢症よりも酷い。
○ コレラ(既報)は,白色の水様下痢が特徴といわれています。
○ 腸チフスは,高熱が2週ほど続く場合が多いようです。
○ 頭痛,下痢(場合によっては便秘),体にばら色の斑点などが見られます。
 (2)対応等
  ★ 4者とも内服薬での治療が可能ですが,脱水に注意が必要です。(早期の病院受診)
 ★ コレラと腸チフスについては予防接種も利用可能です。
(3)その他
○ 経口感染のA型・E型肝炎では,一過性の黄疸を発症することがあります。
○ 水・食べ物(非加熱の野菜など)を介して感染します。
○ ウイルス性肝炎には特効薬はありませんが,A型肝炎は大人には予防接種が可能です。
2.デング熱・日本脳炎
デング熱(既報)は,日中活動性のネッタイシマ蚊によって媒介されるウイスル性熱性疾患です。突然の高
熱,頭痛,関節痛などが症状ですが,ときに出血熱に至り,死亡することがあります。
日本脳炎も,コガタアカイエ蚊によって媒介されるウイルス性疾患です。発熱,頭痛,吐き気,下痢,意識
混濁などが症状です。コガタアカイエ蚊は水田・湿地に生息するといわれています。
 両疾患ともカトマンズ盆地は汚染地域ではありませんが,地球温暖化により症例の出現が心配されていま
す。
   ★2者とも発症後の特効薬はありませんので,蚊対策が重要。
   ★日本脳炎では予防接種が利用可能。

今日は蚊に刺されないよう風呂に入っている間、蚊取り電子マットをつけておくことにする。
夕食をいただき、フロントに電話をしようと受話器を取ったがつながらない。フロントに出かけて、みてもらう。なにの原因かわからないままつながるようになった。蚊取り電子マットをつけておいて、7時過ぎお風呂に入る。風呂上り「梅安針供養」を読んで20時半就寝。


今日はサガルマタ:Sagarmāthā県のHillに位置するDistrictコード14番ウダヤプール:Udayapur郡。
面積は2,063km²で約東京都と大阪府を足した半分の大きさ。2001の人口は287,689.名。村は45のvillage development committees (VDC)sがある。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が377校ある。3歳、4歳の人口:19,204名。1年生から12年生までの学校の数は454校。公立学校は416校、私立学校は38校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで63,287名、6年から12年のセカンダリースクールで47,414名の合計110,710名、教師の数はプライマリ-スクールで2,171名、セカンダリースクールで932名の合計3,103名。ネパールは学校が沢山ある。しかし規模の小さな学校が多いようだ。Gaighatが郡都。ネットでは情報があまりないDistrictだった。インドにもUdayapurという地名があるようだった。


ウダヤプール郡

Udayapur_district_map.jpg
Sagarmatha_districts.jpg
udayapur_district2.jpg
Gaight5.jpg
Gaight3.jpg
Gaight4.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月17日(日) 晴れ カトマンドの日の出4時48分日の入18時31分 1時38分 気温26℃、湿度80 %ネパール114日目
2011/07/17(Sun)
1時目を覚ます。ベッドの中で「いじわるばあさん」を見て、1時20分起床。日記をつけて、ブログを更新して、これからAccess DBのQueryを作ってみる。4時に休んで5時半起床。カトマンドを囲む山の稜線がくっきり見えた。6時半朝食。庭でネパールティをいただく。しだいに山の向こうから雲がもりあがってきた。9時半までベッドで休んでこれからAccessDBの内容をみて見る。10時半までAccess でPivot Tableの作り方をWebで見る。お天気なので散歩がてらブルーバードへ買い物に出かける。ホテルに帰って12時昼食。2時過ぎ部屋の掃除の電話があったので4階の図書室を覗いて本を探す。3時からAccess でPivot Tableを試してみる。16時20分お風呂が空いたとと電話がある。風呂に入って後ろ髪の襟足をすきバサミで少し切る。16時40分部屋に戻り窓を閉めてクーラーをつけて紅茶を作る。17時半までPivot Tableを作ってみる。これから夕食。18時15分夕食後ABCラジオで阪神12―7横浜の実況を聞きながら日記をつける。

今日はサガルマタ:Sagarmāthā県のHillに位置するDistrictコード13番コタング:Khotang郡。
面積は1,591km²で2001の人口は231,385.名。村は76のvillage development committees (VDC)sがある。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が359校ある。3歳、4歳の人口:14,702名。1年生から12年生までの学校の数は484校。公立学校は474校、私立学校は10校。生徒の数は1年から5年のプライマリ-スクールで45,658名、6年から12年のセカンダリースクールで28,934名の合計74,592名、教師の数はプライマリ-スクールで1,662名、セカンダリースクールで861名の合計2,523名。もともとKiratとよばれた地域でライ族が多く住む。


Khotang郡

Khotang map

khotang_map.jpg

Khanidanda airport of Khotang

Khanidanda Airport
Khanidanda Airport2

Lamidanda airport

Lamidanda airport2
Lamidanda airport

Khotang Village

12HerecomesDiktel(DiktelistheheadquarterofKhotangdistrict.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月16日(土) くもり後晴れ カトマンドの日の出4時48分日の入18時32分 16時16分 気温26℃、湿度72 %ネパール113日目
2011/07/16(Sat)
0時半目を覚ます。久しぶりでラジオ深夜便大阪からを聞く。雨は降っていなくて静かだったが2時ごろから雨音が聞こえてきた。4時休んで5時半起床。雨は上がっていた。庭の世話をするおじさんはもう向かいの建物の屋根に上がって伸びた竹の木を刈っていた。雨に濡れた傾斜のあるトタン屋根である。滑り落ちそうになりながらなかなか危険な仕事に見えるが難なくこなしている。流石に降りるときは慎重に降りていた。
6時半朝食。果物にかける農薬の話を聞く。オカルドゥンガまで行くのにバスで5時間ぐらいかかるという。
8時これからAccessの勉強。8時45分まででQueryの基本の復習終わり。気分転換に「新・翔んでる警視Ⅴ」を読む。10時陽がさしてきたのでいつもの市場へ行き、マンゴー・レモン・紅茶・パンを買って帰る。今日はヤギを市場に売りに引っ張ってくる人が多かった。道路の上にカラスと犬の死骸があった。犬もこの国では生きるのが大変のようで皮膚病にかかっている犬をよくみる。犬はいつものように寝ているのかと思ったが蠅がいっぱいたかっていて息をしていなかった。12時半昼食。1時からAccessをしてみる。14時半までで複数のテーブルから必要なデータを表示するQueryを作る。75件のDistrictのDB,3,973件のVDCのDB,300,800件のSchool Year DB,29,9487件のSchool Year Class DB,567,083件のClass 1-5 Enrollment DBの5つのDBから2067年分の最新の必要なデータを表示するQueryである。これで月曜日はサンカルさんに教えるものが出来て少し嬉しくなる。午後日記をつけて16時15分ブログを更新。5時お風呂に入って5時半夕食を食べに行く。帰りにヨーグルトを買って帰る。庭でおしゃべりをする。 Low-Cost Carrierの切符は1ヶ月半前から良く見ていて買うといいと教えられる。18時45分部屋に戻って日記をつける。ネットでカトマンドーUAEのSHARJAHのAir Arabiaの運賃をみる。http://www.airarabia.com/home-np 今から1週間後の日程では330$、2週間から1ヶ月後の日程では380$、1ヶ月半後の日程では450$、2ヵ月半後の日程では492$と今なら直前が最も安くなっていた。10月1日の切符を買うなら、9月15日ぐらいからから安くなっていくことが考えら、9月24日あたりが1番安くなりそうだが、あまりぎりぎりでは売り切れになることもあるだろう。
Access DBでQueryを作る。19時45分「新・翔んでる警視Ⅴ」を読了。21時就寝。


今日はサガルマタ:Sagarmāthā県のHillに位置するDistrictコード12番オカルドゥンガ:Okhaldhunga郡。
ここの病院で長く活動をされた伊藤邦幸さんの本を駒ヶ根の研修所で読んだ。いつか病院を訪ねてみたい。当時はここからカトマンドに出てくるのに2~3日もかかったことが書いてあった
面積は1,074.5km²で2001の人口は156,702.名。村は56のvillage development committees (VDC)sがある。幼稚園に相当するECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという学校が362校ある。3歳、4歳の人口:9,921名。1年生から12年生までの学校の数は365校。公立学校は349校、私立学校は16校。生徒の数は60,804名、先生の数は2,183名。ライ族、スヌワール族が多く住む。Okhaldhungaが郡都。


オカルドゥンガ郡

Okhaldhunga_district_map.jpg
okhaldhunga_map2.jpg

Rumjatar Airport

okhaldhunga_Rumjatar airport

オカルドゥンガ ミッション ホスピタル

hospital.jpg

オカルドゥンガ

okhaldhunga2.jpg
Okhaldhunga3.jpg
Okhaldhunga.jpg
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月15日(金) 雨のちくもり カトマンドの日の出4時47分日の入18時32分 5時22分 気温26℃、湿度80 %ネパール112日目
2011/07/15(Fri)
5時15分起床。昨日同様夜中は雨が降り続いていたが起きるころ止んだ。小鳥の鳴く声とにわとりの時の声と鳩の声が聞こえてくる。日記をつけてレモンを搾ってレモンティーを作る。5時半 朝食時パソコンのAC電源ケーブルについて話が出る。先輩がネパール日記が多すぎて見つからないと話していたのでメールアドレスを聞いて、アドレスをメールしておく。7時半 9時15分ホテルを出てバス停で25分から待ってようやく35分にバスが来た。今日の週末はいつもの半分の乗客しかいなかった。ネパールの暦では3月31日金曜日で明日は3月32日の土曜日の休日である。あさっては4月1日でネパールの役所の新年が始まる。日本も4月1日から3月31日が1年の役所や会社の決算年だがネパールは西暦7月17日がネパール暦の4月1日になり、この日から新しい年の始まりである。バスではシュレスタさんの隣に座って、バスが来なかったらどういってバスに乗ればいいか尋ねる。9番のバスでサノティミと言えばいいといって途中で追い越したバスを指してこれに乗れと教えてくれる。運賃は15ルピーだという。オフィスに着いたとき運転手に今日の午後バスは出るかと聞くと、4時に出るという。金曜日は15時まででこれまで15時に帰っていたが、今日は16時のバスに乗って帰ることにする。10時過ぎ事務所に着いたら鍵がかかっていた。鍵を開けて入るとサンカルジーのパソコンとメガネがあった。10時23分 今日も昨日の続きでFlashReportの梗概を作る。11時サンカルジーが来て、Access DBでQueryを複数のDBをLinkして作って、教えてくれという。USBでDBをもらったがOffice2007のAccessで読み込めない。再度Office 2003使用でコピーしなおしてデータをもらう。なんと1.6GBもあるAccessDBであった。しばらくやっていないので忘れたから帰って勉強してくると答えておく。午後3時前サンカルジー帰る。3時50分帰り支度をしてバス乗り場まで行くが誰もいない。バスは3時に出たという。仕方なくサノティミのバス乗り場まで歩いてバスを待つ。幸い少し待ってバスが来る。あまり混んでなくて途中から運良く座れた。16時30分マイティガールで降りる。このとき2人の婦人警官がバスを止めた。バスの運転手と警官の口論となったが何が原因か判らなかった。バスの運転手を止める警官をしばしば見かける。そうなっても乗客は辛抱強く待っている。不思議な光景をよく目にする。ホテルに戻ってスイカを食べる。17時10分お風呂が空いたと電話をもらう。熱いお風呂に入って17時半風呂からあがる。いつもの夕食をいただいて日記をつけてブログを更新する。ベッドで「新・翔んでる警視Ⅴ」を読んで21時就寝。

今日は昨日のSankhuwasabha郡の西隣、サガルマタ:Sagarmāthā県のMountainに位置するサルクフンブ:Solukhumbu郡 District。面積は鳥取県よりやや少ない3,312km²で2001の人口は107,686名。村は35のvillage development committees (VDC)sがある。ECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという幼稚園に相当するのが181校ある。3歳、4歳の人口:6,372名。1年生から12年生までの学校の数は290校。公立学校は286校、私立学校は4校。生徒の数は41,172名、先生の数は1,589名。ライ族、チェットリ族が多く住み高地にはシェルパ族が住む。Salleriが郡都。舗装されたSolukhumbu airportがある。世界最高峰エベレスト8,848m、第4位のローツェ8,516m、第6位のチョ・オユー8,201mがネパールのサルクフンブ郡と中国国境にある。エベレストは英語呼びでネパールではサガルマタと呼び、チベットではチョモランマと呼ぶ。ここはネパールではSagarmatha National Park国立公園に指定されている。


サルクフンブ郡

Solukhumbu_map.jpg
solukhumbu_map2.jpg

Namche airport

Namche airport2


Lukla airport

Solukhumbu airport

Phaplu airport

Phaplu airport2


Everest8,848m

everest.jpg

Village

Tengboche_village.jpg
namchebazar-solukhumbu.jpg
Solukhumbu.jpg
TengbocheVillageinKhumjung.jpg
KhumjungVillage.jpg




この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月14日(木) 雨後くもり カトマンドの日の出4時47分日の入18時32分 4時51分 気温27℃、湿度79%ネパール111日目
2011/07/14(Thu)
夜中中雨の音が絶え間なかった。4時45分起床。日本では梅雨があけるとお祭りが始まる。この時期京都の山鉾巡行があった。博多では山笠がある。ブログを開いて見るとブログが正常に開けなくなっていた。FC2のhttp://fc2support.blog85.fc2.com/ メンテナンス情報を見てみたら今朝3時ー3時40分ブログのメンテナンスをしたとあった。メンテナンスの理由は応答性能の向上を図ったらしい。このメンテナンスの結果ブログに不具合が生じたのかもしれない。FC2にこうした時の相談をする手段があるのか探してみたら、ようやくFC2 問い合わせのサイト http://support.fc2.com/ を見つけて、見ると
「ページが表示されない」「ログインできない」現象の場合、障害が発生している可能性があります。
以下の障害情報に、該当するサービスがないか、ご確認ください。とメッセージが出ていた。
いくら待っても以下の障害情報というのが出てこなかった。6時半 朝食時、柿の手入れの仕方について教えてもらう。8時ネパール語学習の人たちが傘をさして中には傘をささないで出かけていった。雨は小降りになっていた。ブログは相変わらず開かなかった。朝のバスは約10分遅れて到着した。事務所には10時10分到着。今日はサンカルジーは出ていた。今日はFlashReportの梗概を作る。念のためブログを見たらアクセス出来るようになっていたのでホッとする。昼休みネットで天皇の名前を現在125代目で明:アキヒト、先代が裕:ヒロヒトと確認する。天皇には苗字がなくて名前だけで幼名は宮:ミヤを後ろにつけて、天皇になると仁:ヒトを後ろにつけた名前にするようだ。午後2時ごろ大雨になった。あと1時間半FlashReportのまとめ。4時32分までで半分の27表のまとめを終える。

今日はKoshi県のMountainに位置するSankhuwasabha郡。面積は鳥取県とほぼ同じ3,480km²で2001の人口は159,203名。村は35のvillage development committees (VDC)sがある。ECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという幼稚園に相当するのが230ある。3歳、4歳の人口:9423名。1年生から12年生までの学校の数は411校。生徒の数は56,942名、先生の数は2,346名。ヤッカ族、ライ族、リンブー族、バフン、チェットリ、ネワール族が多く住む。1036メートルの高地にあるKhandbariが郡都。Tumlingtar村に空港がある。世界第5位の高峰マカルー8481mがある。ここはMakalu Barun National Park国立公園に指定されている


Sankhuwasabha郡

Sankhuwasabha_map.jpg
sankhuwasabha_map2.jpg

Tumlingtar Airport

Tumlingtar Airport3

マカルー8481m

makalu3.jpg

Makalu Barun国立公園

Barun_Valley.jpg
sankhuwasabha-barun-valley.jpg
Sankhuwasabha2.jpg
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月13日(水) くもり カトマンドの日の出4時46分日の入18時32分 3時39分 気温27℃、湿度77%ネパール110日目
2011/07/13(Wed)
3時15分目を覚ます。ベッドのなかで「ハゲタカⅡ 下」を読んで5時起床。日記をつける今日は薄い雲が空一面に覆っている。今日も夕方雨になりそうである。昨日12月24日出発1月23日帰国予定の年末年始の帰国のチケットの手配を旅行代理店に依頼しておいた。5時25分これからレモンを搾ってレモンティ作り。6時半朝食。シンズリ道路沿線住民の農業・畜産マスタープランづくりの仕事の話を聞く。7時45分までで「ハゲタカⅡ 下」を読了。9時25分のバスが35分ぐらいに遅れて来た。事務所には10時過ぎについたが今日はサンカルジーは1日ドリケルに行って帰ってこない。10時13分。11時音を立てて雨が降ってくる。ラザンドラジ11時43分出てくる。サンカルジーへ電話をするよう伝える。14時前ラザンドラジー帰っていく。年末年始の健康診断一時帰国申請をボランティアポータルにしておく。16時40分帰る支度。帰り道で青年隊員と会う。Windows Updateを聞かれる。5時のバスは満員だった。ラビンドラさんの隣に座っておしゃべりをする。天皇の名前をヒロヒトとかアキヒトと言ったのには驚いた。マイティガールではコイカのセオンジュさんと一緒に降りて途中までおしゃべりをして帰る。今日はこれから本を探しに行くと言っていた。ホテル戻っていつもの夕食をいただく。6時40分お風呂に入る。風呂上り図書室に上がって本を探す。部屋に戻って結城昌治著「温情判事」を読んで20時就寝。

今日はKoshi県のhillに位置するBhojpur郡。面積1,507km²で2001の人口は203,018名。村は64のvillage development committees (VDC)sがある。ECD:Early childfood development,PPC:Pre-Primary Classesという幼稚園に相当するのが241ある。1年生から12年生までの学校の数は404校。生徒の数は65,917名、先生の数は2,464名。ライ族やネワール族が多く住む。Bhojpurが郡都。空港もある。


Bhojpur郡

Bhojpur_district2.jpg
bhojpur_district.jpg

Bhojpur Airport

Bhojpur Airport

Bhojpur Airport2

Balankha_bazar

Balankha_bazar.jpg

Chandi_bazar

Chandi_bazar.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月12日(火) くもり カトマンドの日の出4時46分日の入18時33分 3時39分 気温26℃、湿度75%ネパール109日目
2011/07/13(Wed)
3時15分目を覚ます。おはようパーソナリティを聞きながら日記をつける。4時「ハゲタカⅡ 下」を読みながら就寝。5時50分起床。6時プラカーシュさんバイクで来る。6時半朝食。朝食後ロビーのPCでGoogle翻訳を説明する。今日はカトマンズ盆地を囲む山々には雲が涌いてきたが盆地の中央の空は青空になった。今日は暑い一日になりそうである。7時53分 10時過ぎ事務所へ鍵を開けて入る。今日はサンカルジーはめずらしく11時半ごろ事務所に顔を出した。12時昼食を取って3時までTerhathum郡を見る。15時停電になる。
4時45分帰り支度をして事務所をでる。帰り道に青年隊員と会ったので先週金曜日借りたお金を返す。バスでマイティガールで下ろしてもらって、帰り道の途中の店でパンを買う。ホテルの出口でマネジャーの帰り道出会い、お疲れ様と挨拶をする。ホテルに戻って、お風呂に入る。出てからスイカをいただき、パンとレモンティーとバナナ、マンゴー、ヨーグルトデザートをいただく。夕食後紅茶を作り「ハゲタカⅡ 下」を読んで20時半就寝。

今日はKoshi県のhillに位置するTerhathum郡。面積679 km²で2001の人口は113,111名。村は32のvillage development committees (VDC)sがある。リンブー語が話されていた。郡の郡都はMyanglungで名前のゆえんはリンブー語で猫:Myang 石:Lung土地の10年ごとに1万人ほど人口が増えている。タライ地方は10年ごとに10万人程度の増加を示しているのに較べると増加の人数は多くない。カレーの香辛料のブラック カルガモンがこの地方の主な換金穀物である。


Terhathum郡

Terhathum_district_location.jpg
Koshi_districts.jpg
terhathum_district.jpg

Terhatum_village

Terhatum_village.jpg
Terhatum_village2.jpg
Terhatum_village3.jpg

Makalu

makalu.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月11日(月) くもり夕方一時雨 カトマンドの日の出4時45分日の入18時33分 4時39分 気温27℃、湿度78%ネパール108日目
2011/07/11(Mon)
4時45分起床。日本は梅雨があけて猛暑のようだ。こちらは曇り空だが少し青空も見える。朝出かける頃までは雨は大丈夫のようだ。6時半朝食。今日のおかずは肉じゃが。同僚にJICA事務所の郵便物を取ってきてもらうようお願いする。9時半バスのりばで空港で働く同僚と会う。10時事務所に出るといつもどおりサンカルジーがパソコンと向かい合っていた。今日ユネスコの関係者が訪ねてくるという。午後1時からユネスコの人たちとミーティングをするという。ユネスコの技術支援でFlashRportと呼ばれる教育統計レポートが作られている。ユネスコのタイをリタイアーしたドクターで大変ネパールを好きな方が来るそうだ。何度もネパールに来ていて日本語も話せるという。いつものように出来ることがあったら言ってくださいとはなして日記をつける。10時15分 11時ラジャンドラジーが出てくる。そのあとユネスコ カトマンド オフィスのRam Balak SinghさんとKo-Chih R.Tung,PH.D.さんが訪ねてくる。コーチさんは中国人で67歳、お父さんは東大でお母さんは御茶ノ水女子大で学んでご自身は1947年3歳で日本に来て代官山に住んでいたそうだ。
日本語も上手で名刺にはタイの住所とスエーデンの住所が書いてあり国籍はスエーデンだといっていた。Flash Syatemは中国、タイ、ネパール、アフリカでも使われている話をしていた。昼食は食堂からモモとコーラとネパールティをいただく。1時からDOEの幹部と話をしたがそのあと部屋に戻ってサンカルジーからFlashSystemの説明を聞いていた。現地視察でタライのBARDIYAとBANKEとカトマンドの隣のKAVREPALACHOKの学校へ視察にいくという。16時20分までで帰られた。今日も16時頃から雨が降ってきた。16時45分帰り支度を始める。帰りのバスは大勢乗ってきた。バスが出る時は小雨だったが降りるときは止んでいた。ホテルに帰って荷物を整理して、夕食をパンとレモンティとバナナとマンゴーとヨーグルトをいただく。お風呂に入ってから「ハゲタカⅡ 下」を読みながら、曙電機とはどの会社をモデルにしているのかと想像する。21時半就寝。

今日はEastern RegionのKOSHI県の中央部hill:山の地域にあるDHANKUTA DISTRICTを見てみる。891 km²の面積、2001年の人口166,479名、38の村:Village Development Committeesからなる。300mから 2500m.の標高にあり、農業中心で米・とうもろこし・きび・かんきつ類などを生産している。ネパールの国の花というしゃくなげや松の木が多くある。


イーストリージョン コシ県 ダンクタ郡

Dhankuta_map.jpg
dhankuta-map4.jpg
Dhankuta Bazaar
Dhankuta3.jpg
Dhankuta house
Dhankuta_hill3.jpg

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月10日(日) 晴れ カトマンドの日の出4時45分日の入18時33分 4時39分 気温27℃、湿度78%ネパール107日目
2011/07/10(Sun)
3時半目を覚ます。メールを返して、7月のJICA事務所だよりを読む。朝食のおかずはヒジキ。朝食後、Koshi県のSunsari Districtを見る。10時シニア3人で王宮博物館に出かける。バスでタメルまで行きそこから歩いて10時半過ぎにつく。開館は11時ということでしばらく近くのスポーツ用品の店を覗いて時間をつぶす。11時チケットを買う。ネパール人100ルピー、学生20ルピー、南アジアと中国人は300ルピー、外国人は500ルピーということで、身分証明書の甲斐もなく500ルピーであった。デジカメなどの荷物を預けて、ボディチェックをされて入場する。中はネパール代々の王様や皇太子、后などの大きな油絵や訪れた各国元首の記念写真のなかに日本の天皇、常陸宮、皇太子の写真も展示してあった。応接間、寝室、食堂や会見の間などを見る。犀や虎の剥製や鰐や虎の皮もあった。建物の中を見終わってから庭も見ることができた。約1時間弱で見終わり預けた荷物を受け取る。近くのタメル地区の「ロータス・レストラン」で昼食。大福モチを3つ買う。そのあと風の旅行社とカトマンヅ ゲストハウスに行って美術品を見る。角の食料品店に立ち寄り、バス乗り場からバスに乗って2時過ぎ帰る。今日は随分歩いた感じがした。汗をかいた服を脱いでクーラーにあたってしばらくうとうとする。「ハゲタカⅡ 上」を読む。5時ごろ雨が降ってきて6時半頃止む。5時半夕食をいただき、6時お風呂に入る。6時半日記をつける。「ハゲタカⅡ 上」を読了。そのあとネットでカネボウの粉飾決算で社長・副社長・財務役員・会計事務所担当者逮捕などの記事を見る。
夜「ハゲタカⅡ 下」を読んで21時就寝。

Koshi県のSunsari Districtは面積1,257km2人口は2001年の調査で 625,633名を数えた。ネパール第3位の人口を抱えるDharanがありDharan空港がある。Koshi川がありしばしば氾濫の被害がおこる。



Sunsari_district_location.jpg
Sunsari_map2.jpg

ダラン:Dharan

Dharan.jpg

ダラン空港

Dharan Airport3

ダラン市街

Sunsari2.jpg

川を渡る

Sunsari3.jpg
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月9日(土) 晴れ カトマンドの日の出4時44分日の入18時33分 6時4分 気温25℃、湿度80%ネパール106日目
2011/07/10(Sun)
朝とてもよく晴れる。ネットは相変わらず繋がらない。朝食のおかずはニラのたまごとじ。今日もいつものように8時半シニアの方と市場へ果物の買出しに出かける。いつものスンダリおばさんは店を出していなかった。レモンを20個買う。用品雑貨の市場は閉まっていた。もう一つのカリマティの市場にスイカとマンゴーを買い、帰り道の店でヨーグルト1Kgを買ってホテルには11時帰る。シャワーを浴びて汗で濡れた下着とシャツを手洗いして屋上に干してくる。11時半。ネットがまだ繋がらなかった。12時レモンティと朝のサンドイッチとバナナとマンゴーとヨーグルトの昼食をいただく。午後は真山仁著「ハゲタカⅡ 上」を読みはじめる。13時50分依然ネットが繋がらない。14時45分洗濯物を取り込む。15時レモンを搾ってレモンティを作り冷やしておく。ネットは相変わらず繋がらない。15時20分停電になったが直ぐ自家発電で電気が来る。16時45分ようやくネットに繋がった。メールを発信する。17時お風呂に入る。ブログを更新する。18時過ぎ夕食。18時45分停電になる。しばらくして自家発電で電気がくる。ネットはまた繋がらなくなる。18時55分 19時すぎネットに繋がる。

ダサインの時期は10日間ぐらいの長い休みになる。違った国へ出かけてみるのもいい経験だと思う。青年隊員に人気のあるスリランカへは直行便が無くインド経由になるようだ。アラブ首長国連邦からはLCCと呼ばれる格安航空会社の直行便がカトマンドに毎日2便も飛んでいる。ネパールからの出稼ぎのための交通手段になっているのだろう。カトマンドーシャージア UAE(アラブ首長国連邦)は4時間の飛行時間であり運賃はカトマンド→シャージアは248US$、シャージア→カトマンドは220US$とかなり安い。航空運賃と5泊のホテル代250 US$とで720ドルで済む。カトマンドは国際線の空港使用税はかからない。シャージアの空港使用税は990円。観光客は30日以内であればビザは必要ない。カトマンドからUAEのシャージァ:Shajahまでは2974.83Kmでカトマンド発13時45分で16時25分シャージァ着 4時間25分かかる。ネパールは日本と時差は3時間15分遅れだが、UAEは5時間遅れである。シャージァ発7時25分でカトマンド13時5分着(3時間55分)30分の差は偏西風によるものだろう。

UAE_MAP.jpg
uae_map2.jpg

ドバイ超高層ビル

dobai高層ビル

バージ・アル・アラブ ホテル

バージ・アル・アラブ

ドバイの日本料理屋

ドバイの日本料理
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月8日(金) 晴れ カトマンドの日の出4時44分日の入18時33分 2時17分 気温25℃、湿度82%ネパール105日目
2011/07/09(Sat)
5時半起床。昨夜は寝汗をかかなかった。空に雲があるが青空も雲の間から見えている。今日はいいお天気になりそうだ。山もくっきり見えているが黒い雲がかかっている。今日は週末の金曜日。カウンターパートは休みで事務所は一人きりになる。特に頼まれている仕事もないので10月のダサインの休暇の過ごし方を計画してみようと思う。6時半朝食。明るい日差しが照ってきて気持も少し明るくなる。昼食の時、10月初旬のダサインの時期ブータンへの旅行の計画をしたという先輩の話を聞かせてもらう。6月に全て手配して5泊6日の旅で20万円ほどの旅行費用だという。ブータンは滞在するだけで普通1日280ドル必要だという。ブータン国内に居る人から入国したい人に関する書類を出して招待ビザ発給を申請してそれが発給されると1日280ドルの滞在費は必要でなくなるらしい。しばらく前まで鎖国をしいていた王国であり、九州ぐらいの面積で70万人の人口が居る。ネパールの東の端はインドに接しているがその直ぐ東隣がブータンである。観光客以外の入国は今でも歓迎されないらしい。首都はテンプーという、こちらで人を運んでいる小型三輪トラックと同じ呼び名である。今日は早朝からホテルのネットが繋がらない8時7分
10時オフィスに出る。時々部屋を訪ねてくるがサンカルジーは今日は出てこないと伝える。2時過ぎに来た人は年配の方で1972年からILAMで教師を始めて今はバクタプールで教師をしていると言う人と40分ぐらいおしゃべりをした。2時50分心配したとおり今日もバスはなかった。仕方なく青年隊員の途中まで行くバスに乗る。財布をわすれたので12ルピー途中からのバス代を借りる。途中で人を乗せていないテンプーがあったのでマイティガールまで行くか聞いたら行くというので乗って10ルピー渡す。テンプーは10ルピーである。
ホテルに戻って荷物を降ろしネットに繋ごうとしたら朝と同様に繋がらなかった。仕方なく日記をつけて
「アジアの隼」を読んで過ごす。4時半お風呂が出来たと電話をもらって熱いお風呂に入る。風呂上りクーラーにあたって日記をつける。ネットに今日1日繋がらなかった。ベッドで「アジアの隼」を読んで20時就寝。夜中電話で目を覚ます。ネットは相変わらず繋がらない。「アジアの隼」719頁を読了。黒木亮という作家の本を始めて読んだ。実際銀行破綻の時期を共有していたのだが知らなかったことを紐解いてもらった。
外国の債権が為替変動の荒波にあった時の危険性をあらためて学ばせてもらった。この小説の後に起こったパキスタンのブット暗殺に関して、フィリピンでアキノの帰国の際空港で射殺されたのに似て政権側の力が働いたことをうかがわせるものであった。

今日は昨日の隣の郡であるタライ地域のモラング:Morangを見る。7世紀にこの地方を統一したリンブー族の王様のMawrong Mung Hangの名前から由来する。彼はモラング王国Morang Kingdomを設立した。首都はRongli,に置かれた。その後モラング王国はKing Prithivi Narayan Shahのゴルカ王国に併合された。現在のモラング郡はコシ:Koshi県に6つある郡の南東のタライ地域にあり、東にジャパ郡:Jhapa西にスンサリ郡、北にドンクタ:Dhnkuta、南をインドに接している面積1,855km²で2001年の人口843,220名居る。Village Development Committees (VDCs)村は68ある。ほとんどが田舎だが、ネパールのカトマンドにつぐ第二の都市ビラトナガール:Biratnagarがあり、小さな町ウルラバリ:Urlabari, ビラトチョウク:Biratchowk ランガリ:Rangeliなどもある。ネパール国内では最も産業が興っている地域であり、ビラトナガールにはプルバンチャール大学:Purvanchalが開校された。空港もあり、東地域の重要な国内ハブ空港の役割をしめている。農業では主として米とジュートを耕作している。過去の1世紀で森は切り払われ、丘:hills やインドから人が移住して住みついた結果ネパールで最南端に位置する多様な民族と宗教の文化が共存する古い歴史を持つ地域となっている。


Morang District

Morang_district_location.jpg
morang_map2.jpg

Biranagar Airport

Biratnagar_airport.jpg

Koshi Highway

Koshi_highway.jpg

Purvanchal University

Purvanchal University

水田

morang.jpg



Morang_village_mountains.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月7日(木) くもり後雨 カトマンドの日の出4時44分日の入18時33分 2時17分 気温25℃、湿度82%ネパール104日目
2011/07/07(Thu)
1時15分目を覚ます。ラジオ深夜便を聞きながら日記を書いてブログを更新する。2時ベッドで休んで5時起床。昨夜は寝汗をかかなかった。6時半朝食。軍人の息子さんの結婚式の話を聞く。昨日プレゼンをした専門家が今日は帰国と笑顔ではなしていた。昨日の説明会のアポがとれたのがおとといだったという。ぎりぎり帰国に間に合わすためにずいぶん関係者の苦労があったことだろう。今日の雨は良く降り続く。ダサインの時期の旅行を調べてみる。
ネパールが休みの時期は外国旅行もいいかもしれない。カトマンズから直行便で行ける外国を探してみる。
朝降っていた雨は9時15分出かける時間には止んでいた。10時事務所に出る。11時過ぎラジャンドラジーが出てくる。午後雨が降り始める。この時期雨が降ってはしばらくして上がってまた降るというのをくり返す。
いつものように4時45分帰り支度をする。この時雨は上がっていた。5時のバスで帰宅。同期の仲間がメガネを取りに行くとマイティガールまでおしゃべりをして帰る。ホテルに戻ってスイカを食べてから、レモンティとパンとヨーグルトとバナナとマンゴーのデザートで軽い夕食にする。夕食後入浴。風呂からあがって日記をつける。18時48分。ベッドで「アジアの隼」を読んで20時就寝。夜中何回か目を覚まし本を読んで休む。

今日はメチ県の4つ目の郡であるタライ地方にあるジャパJhapa郡である。ここの面積は1606平方Kmと香川県より少し小さい。人口は2001年の調査で688,109人であった。47 Village Development Committees (VDCs)村がある。標高は125mから381mまでである。リンブ、ライ、グルンLimbu, Rai, and Dhimal . Other ethnic groups such as Dhangad, Koche, Rajbanshi, Satar, Meche, Tamang, Uraon, Magar, Gurung , Gangainといった蒙古系の民族も多く住んで古里になっている。ここの降雨量は年間250cmから300cmで夏の雨季に多く、南より北の山側で多い。ここの土地は肥沃で栽培する最大のものは米であり、続いて小麦、ジュート、お茶、嗜好品のBetel Nutや生ゴムなどもある。Jhapa ではThe Small Farmer Development Programme (SFDP)と呼ばれる 小規模農家を金融で支援する取り組みが有名でこれは1988から始まり、いくつかのVDCsに広がっている。Jhapaは国内で最も開発の進んだDistrictで全ての村は道で結ばれている。Chandragadhiという中心には空港と複数の病院がある。国内でも識字率は最高である。南と東がインドと国境があり、人々の往来が多い。王政時、共産主義者の革命運動がはじまったのがこのJhapaであり、王政を変えた原動力としての大きな役割を担ったと言われている。その為王政の軍により多くの犠牲者も出したという。


Jhapa_Nepal.jpg
Map_Jhapa.jpg

バドラプール空港
Bhadrapur_Airport.jpg
Bhadrapur_Airport2.jpg

街の交差点

Jhapa交差点

水田

水田_Jhapa

茶畑

茶畑_Jhapa

Betel Nut

Betel_Nut.jpg





この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月6日(水) くもり カトマンドの日の出4時43分日の入18時34分 5時 気温25℃、湿度82%ネパール103日目
2011/07/06(Wed)

夜中少し寝汗をかいて下着を替える。4時目を覚ます。レモンを搾ってレモンティーを作る。おはようパーソナリティーを聞きながら日記をつけてブログを更新する。身体は大分違和感が取れて普通の状態になってきた。朝向かいの男が2人何をしているのか見ていたらどうやらゴミの分別をしているようだった。いくつものバケツからゴミを取り出し素手でやっていた。周りにはなにか食べるものが出てこないか猫が見守ってる。分けたゴミは黒いビニール袋に入れていた。6時半朝食。住い探しの話を聞く。比較的安く泊まれるゲストハウスというものがあるという。いいところもあったが職場に遠かったりしたという。カトマンドは家賃が高くなっているとも聞いた。いつものバスを待つ間ちょっと先輩シニアとおしゃべりをする機会があった。今は職場のバスがあるので助かっているが、もし無くなったら公共バスを使うことになるだろうが、そうなると通勤を考えると、職場の近くに住まいを探そうかと思うと話したら、通勤は大変だけど女の一人暮らしで職場に近いところに住むのはセキュリティーの点で心配だと話していた。サノティミで働く女性青年隊員もカトマンドから通ってきている。地方の隊員にとってカトマンドは憧れの都会のようだ。
保健省のプロジェクトをしているJICAナショナルスタッフのラジ ムクトさんが12時半、ミーティングに出るよう部屋に呼びにきたので会議室に出かけた。保健省と教育局の幹部の面々約20名にJICAの専門家が流暢な英語でプロジェクトのこれまでの経過と今後の進め方についてPowerPointで説明をしているところであった。説明が終わってジョイント セクレタリーでディレクトリーという役職のカガラジさんが教育局を代表して話をしていた。保健省の責任者も話をしていた。後の方で今後の進め方についてのサジェスチョンを求めたいと質問がでてきた。本質をついたいい質問だと思った。サンカルさんからも控えめな質問がされていた。思いがけなくプレゼンテーターの専門家から話を向けられた。話しの最初に「メロ ビザールマ」:「私の考えでは」とネパール語で話し始めたとき、ネパール人が一斉にこちらを見たので、やはりネパール語がしゃべれるといいなあと実感した。そのあとネパール語は続かず、とにかく英語を大きな声で「これは保健省と教育省の共同プロジェクトという難しいチャレンジである。これまで保健省でやってきたがインプリメンテーションは教育省がしなければならない。それには教育局のフラッシュシステムに長くかかわってきたサンカルジーの経験が大きい。」というようなことを言った。それと「スネコクラ アヌサール」:「聞いた話によると」とネパール語ではじめて:「聞いた話によると、今回のプロジェクトでは6000名強の生徒のデータを集めたと聞いているが、次回は700万人ぐらいいる生徒からどうモニターをサンプリングしてデータを集めるかも重要だと思う」と言うようなことも話したのだがどう伝わったかあまり英語が自信ないのでわからなかった。でも会議終了後JICA関係者から思いがけなく話を有難うと言ってもらえたのでホッとした。会議終了後ネパールのミルクティーとフルーツ盛り合わせ、ロティとヨーグルトと豆の塩煮が出た。フルーツ盛り合わせは食べたら腹痛を心配させるものだったが、思い切ってパパイヤとバナナを1切れだけ口をつけた。14時部屋に戻って日記をつける。16時45分いつものように帰り支度をしてバス乗り場まで行く。帰りのバスは途中で雨が降り出したが降りる時には止んでいた。歩き出したら偶然少し前を同僚が歩いていたので途中までおしゃべりをしながら歩く。ホテルに帰ってフロントのバナナをとって部屋に戻り日記をつける。昼に出されたフルーツに口にしたせいかお腹が痛くなってきた。お風呂に入ってお腹を暖める。風呂上りスイカをいただいてから、パンとレモンティーとヨーグルトにバナナとマンゴーを切って入れていただく。19時半ベッドで「アジアの隼」を読んで8時就寝

今日の大使館からのお知らせ(11-41)7月6日
計画停電短縮(週11.5時間)について
このたびネパール電力公社は4日,計画停電表を公表し,当館で英訳したものを当館ホーム
ページに掲載・更新しましたのでご参考願います。
停電時間は,週17.5時間から週11.5時間(1日約1.5時間)へ短縮となりました。とあった。
このところ雨が多いお陰である。水力発電にたよるこの国では雨がふると電気が沢山出来る。ただ日本のように大きなダムは無いと聞いた。だからいつでも電気を一定して作れるわけではないらしい。

今日はネパールの東端のMECHI県の中央に位置してこの県で一番開発が遅れている郡であるパンチタール:PANCHTAHAR郡について見てみる。PANCHTAHAR郡は面積1241平方Kmで佐賀県の半分ぐらいで46のVillage Development Committee(VDC):村があり211,098人の人口がある。郡都はピディム:Phidimで標高609mから3675mの高さまでで地域の区分はヒル:Hill 丘である。住人の多くはリンブー族とライ族である。北のTaplejung郡まで35.7Km、南のIlam郡まで39.5Kmの距離がある。各地の村々まで大体50Kmのところにある。産業は現金穀物であるカルダモン、生姜、amriso(broom grass)、薬用ハーブなどがある。このパンチタール郡の紹介記事に甘い香りのカルダモンがあなたを迎えてくれるであろうとあった。これはカレーに入れる香辛料でありインド・パキスタンなどに40kgで50000ルピーで輸出されるという。山又山に段々畑の耕作地を作っている。雹などで被害を受けることもあり食料不足で飢饉になることもあるようだ。このPANCHTAHAR郡に入るには南のタライ地方から車で入るか、北のTaplejung郡のスクーター空港まで飛んで車で下るかである。


Mechi.jpg

panchthar_district.jpg

パンチタールの風景

風景2
風景5
風景4

カルダモン

カルダモン

生姜

jinjur.jpg

アムリソamriso(broom grass)

amriso.jpg



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月5日(火) 雨のちくもり カトマンドの日の出4時42分日の入18時34分 5時54分 気温25℃、湿度81%ネパール102日目
2011/07/05(Tue)
0時半寝汗をかいて目を覚ます。下着を着替えて濡れた下着をハンガーにかけておく。メールを見ると日本は大雨だという。今年は最も早い梅雨明けの見込みで西日本で7月上旬のようである。じめじめした梅雨は農作業をする人以外はあまり人気がない。梅雨明けを待ちわびている人が多くいる。2時10分本を読んで就寝。4時目をさめた時また寝汗をかいていた。ハンガーにかけていた下着を着て、汗をかいた下着をハンガーにかけておく。5時起床。空一面薄墨でえがいたようなくもがかかっている。6時半朝食の時は音を立てて大雨が降っていた。トレッキングの話を聞く。今月末から5000mを超える地点まで9日間で行くと言う。ベテランの2人組みだが、外の雨を見ながら、山歩きもお天気次第だと思う。山歩きは気持いいものだが楽しくもあり、危険もある。まだネパールは雨季だから雨に降られることもあるだろう。そうなると雨とガスで視界の効かない山道を歩くといったこともあるかもしれない。7時29分 9時15分雨の中を傘をさしてビニールコートを着て出かける。今日の雨の日は大変乗客が多かった。30人以上乗っていた。事務所に着いた時は雨が上がっていた。いつもどおりサンカルジーは出ていてプリンターのトナーを新しいものに替えて沢山印刷をしていた。Flash Reportの明細であった。10時17分。サンカルジーはコンソリデティッド レポートのチェックを1日していた。先日作ったチャートも沢山あった。特にヘルプもないので昨日の続きをして4時40分まで過ごして帰り支度。少しバスの出発が遅れてホテルに帰る。今日も冷蔵庫にあるもので食事をいただく。パン4枚、レモンティーとヨーグルトにバナナとマンゴーのフルーツ。夕食後紅茶を作る。7時過ぎ熱いお風呂に入る。風呂上り風邪薬を飲んでベッドで「アジアの隼」を読んで8時就寝。

今日はネパールに14ある県の内、東の端のメチ:Mechi県の最北のヒマール地方に位置する:タプレジュング:Taplejung郡である。面積3646平方Kmで奈良県とほぼ同じ。2001年の人口134,698名。最小単位の行政区分を表すVillage Development Committee(VDC):村のようなものは52ある。この郡の名前のいわれは中世にここを支配したリンブー族の王の名前のTapleとリンブー語で砦を意味するJungからといわれている。スペクタクルな風景や石楠花で東地域で最も美しい地域といわれているという。この郡には標高2430mのところにスクーター:Suketar空港があり、240Kmのカトマンドと南のタライ地方にあるネパール第二の都市ビラトナガールBiratnagarを結んでいる。北東のインドとの国境にカンチェンジュンガ(標高8586m)があり、トレッキングの観光客も多く、ホテルも多い。ヤクが数万頭放牧されていてミルクやチーズが作られている。この地域のみやげ物としては水晶がある。


Taplejungmap.jpg


カンチェンジュンガ(標高8586m)

Kanchanjanga_peak_of_the_Himalayas_from_Darjeeling.jpg

ヤク

ヤク


シャクナゲ

300px-Rhododendron_yakushimanum1UME.jpg

Suketar空港

Suketar_Airport.jpg

Taplejungの段々畑

Taplejung.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月4日(月) 晴れ カトマンドの日の出4時42分日の入18時34分 5時43分 気温25℃、湿度85%ネパール101日目
2011/07/04(Mon)
夜中雨音がしていたが夜明けには止んでいた。今朝も寝汗をかいていた。これで4日連続である。下着を替える。4時半ベッドで「アジアの隼」を読んで5時起床。青年隊員からダサインのお祭りの休みにトレッキングの計画をしているとメールをくれたので、皆の足手まといにならない楽々トレッキングであれば検討したいと返信をしておく。それから日記をつける。今日は山の頂上には雲がかかっていた。
朝食時同僚からネパールにある北朝鮮のレストランの話を聞く。有名な冷やしラーメンに似たそばのようなものも食べたそうだが、高い料金だそうであまりお客さんは入っていなかったという。飲み食いするのに3000ルピー持っていけば心配ないようだ。歌と楽器演奏のステージもあったという。ネパールには北朝鮮大使館が日本大使館の傍にあるという。朝食後部屋に戻ってスイカを切っていただく。9時15分ホテルを出て教育局のバスでいつものように10時前。出張から帰ったサンカルジーが元気そうな姿を見せていた。バンコク出張のお土産をくれる。午前中はネットを見る。Flash Systemを再度インストールして、サンカルジーからデータをもらってFlashⅡTeacher‘s StatusでJhapa郡Dangibari市の学校の状況を見る。75のDistrictの地理をネットで見てみることにする。今日は東西に長い東の端にあるメチ:Mechi県のILAN郡を見る。ILAN郡の郡都はILAN市。この東隣は紅茶で有名なダージリンがある。昔はネパールの土地であったが戦争の結果インドに割譲されている。ダージリンはヒマラヤの名峰カンチェンジュンガ(標高8586mはエベレスト、K2に次いで世界第3位)の勇姿をバックに、イギリス植民地時代の名残を色濃く残す町並みと広大な茶畑が標高2100mの山腹にあってインド国内でも有数の避暑地となっていて世界遺産にも登録されている。トイ・トレインという蒸気機関車が2143mの高さまで人と紅茶を積んで今も走っている。ネパールのILAN郡にも3000mの高地があってお茶の産地でもある。紅茶は160万Kgを生産している。土地の広さは1703Kmで2001年の数字で人口282,806人、香川県の面積より少し小さい。ここではリンブー族が多く住んでいてりンブー語かネパール語が多く使われているという。リンブー族はモンゴリアンで日本人に似ている。いつも夕食に行く店はリンブー一家がやっている。ネパールで最初に市場でビニール袋を禁止にしたエコ運動をしている郡という。カトマンドから道路の距離で600Km、めずらしい鳥やレッド パンダがいる。農業が経済の88%でじゃがいも、ミルク、生姜、香辛料、紅茶、花、絹などを生産している。日本の茶畑同様山肌に茶畑が美しい。高峰カンチェンジュンガを眺めることが出来る。16時40分後片付けをして5時のバスで帰る。ホテルに戻って風呂に入り、パンとレモンティとバナナ、ヨーグルト、ザクロをいただく。ザクロをはじめて食べたが美味しかった。夕食後「アジアの隼」を読んで8時就寝。


ネパール地図とILAMの位置

ILAM.jpg

ILAMの茶畑

Ilam茶畑
ILAM茶

ILAM郡 Limbuwan村の風景

Limbuwan村

名峰カンチェンジュンガ 標高8586m

Kanchenjunga.jpg

ダージリンのトイ・トレイン

toy-train.jpg


この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月3日(日) くもり カトマンドの日の出4時42分日の入18時34分 2時7分 気温25℃、湿度85%ネパール100日目
2011/07/04(Mon)
久しぶりでラジオ深夜便午前3時台 〔にっぽんの歌こころの歌〕 作家でつづる流行歌:安井かずみ(作詞)作品集 恋のしずく、激しい恋、片想い を聞く。1時過ぎ寝て4時半に目を覚ます。寝汗をかいていたので下着を替える。「アジアの隼」を読んで5時半起床。メールをしてから日記をつける。6時半朝食。ガネッシュさんに聞くと昨日のサッカーは5-0でネパールが勝ったという。先月28日ネパールに来た新シニアの皆さんは昨日は市内視察後早くも住宅探しを始め、多くのボランティアが居るアボカドホテルは空きがないという。近所の不動産屋のラルにもガネッシュさんに電話してもらって希望の物件を伝える。夜中降っていた雨は朝上がった。昨日は良く歩いたので今日はゆっくり部屋で休むことにする。
午前中は部屋で「アジアの隼」を300頁まで読む。ベトナムへの外国企業の進出の活発なことは知っていたが、それがどれほど大変なことかをこの本を読んでみて教えられた。現在ネパールに同様の仕事をしている人のご苦労を思わざるを得なかった。長い小説で最後までまだ400頁以上ある。昼食をいただいてこれから少し陽射しが出て街を歩いてくることにする。雨は3時か4時には降ることが多いのでそれまでに帰ろう。13時停電になった。新しいスーパーのブルーバードへ行ってオーガニックハチミツ、ミックスジャム、マヨネーズ、マーガリン、かみそり2つを買って帰り道2時15分小雨が降りだす。ホテルに帰ってスイカを切っていただく。赤く熟していて甘くて美味しかった。「アジアの隼」を355頁まで読む。4時40分風呂が空いたと電話をもらい熱いお湯の中で身体を伸ばしてくる。5時風呂上りクーラーをつけて、お湯を沸かし、日記をつける。お湯が沸いたら紅茶を作る。4時半ごろから雨が降りだしたようだ。17時7分 18時過ぎ雨が止んだのでいつもの店へお二人の同僚と出かける。チョウメンハーフとモモをいただく。お二人にご馳走していただくことになってしまった。ホテルに戻って部屋で一緒にスイカとライチをいただいておしゃべりをする。食後ベッドで「アジアの隼」を読んで就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月2日(土) 雨後くもり カトマンドの日の出4時41分日の入18時34分 2時7分 気温25℃、湿度85%ネパール99日目
2011/07/04(Mon)
1時45分寝汗をかいて起きる。下着を替える。蚊を見つけたが取り逃がす。バナナとヨーグルトのデザートを作りいただく。日記をつける。3時また寝て5時半起床。4時ごろから強い雨が降りだす。6時半朝食。今日のおかずはかぼちゃの煮物。朝8時ごろに雨があがる。新規に来られたシニアのパソコンのメール送信が出来ない問題を見せてもらう。Win/7でOutlook2010で受信は出来るが、送信が全く出来ないという現象だった。
MSでhotmailで新規IDを作ってそこから現行のメールアドレスに送信するのは出来た。Outlook2010で送信が全く出来ないという問題に対する対策はいっぱい出ていた。プロバイダーがAUという。AUからも設定や対策の説明が出ていた。Win/7のネットワークの設定の仕方を見てみると、XPの設定と同じであった。もOutlook2010のメール設定の仕方もマニュアルがGoogleにあった。9時また小雨が降りだした。午前中「鬼平犯科帳24」を読んで部屋でサンドイッチとレモンティーの昼食をいただいてから12時45分アパートを出て果物市場へ出かける。以前沢山あったスイカは残り少なくなっていた。6Kgのスイカを少し安くしてもらって100ルピーで、マンゴーは1Kg50ルピー。レモン20個40ルピー。帰りにパンを買って帰る。帰り道道路端で運動靴を修理しているのを見る。修理代を聞くと30ルピーだという。ホテルに帰って紅茶を作ってから靴を持って修理してもらいに行くと肝心の職人が不在だったので近くで砂糖を売る店を探し1Kgを65ルピーで買う。再び靴の修理屋に行くと靴磨きをしていた。持っていった靴のここを直してくれと見せると頭を横に振るので、これは修理出来ないという意味かと見えたがそうでなく、わかったという意味のようだった。すぐ糸とかぎ針を取り出し靴の中に紐を入れて外からかぎのついた針を入れて中の糸を引っ張り出して縫いながらまたたくまに5分ぐらいの早業で靴の下のゴムと上の布を縫い合わせた。その見事な技に感心した。何事も素晴らしい道具あっての技であった。30ルピーを払ってさよならをした時はじめてにっこり笑顔をみせた青年であった。競技場では2014年ブラジルで開かれるワールドカップサッカーのアジア地区予選のネパール対チモールの試合を見る人が競技場を取り巻いていた。ホテルに帰ってTV観戦をすることにして帰る。ホテルに帰って、ヨーグルトとライチをいただきレモンを搾ってレモンティーを作り、日記をつける。TVでネパールーチモール戦を見ていてうとうとしていたようで風呂が空いたとの電話で目を覚ます。ネパール1ー0チモール戦は続いていたが4時半入浴する。4時50分風呂上り冷えたレモンティーを飲んで日記をつける。久しぶりにTVを見たがTVは疲れる。「鬼平犯科帳」は16巻と18巻から23巻まで図書館に見つからず24巻が最後であった。夕方までで24巻読了。途中で終わっていて連載中に池波正太郎さんは平成2年5月3日68歳でなくなっている。まだまだのお年だと思うと誠に残念であった。しばらく巻末の尾崎秀樹さんによる「池波正太郎の文学」を読む。夕方6時半になっていた。ホテルを出ると霧雨が降っていたのでホテルの傘を借りる。ホテルのオーナーのシュレスタさんに挨拶をして、いつもの店に行く。カトマンズのおしんとなずけたグルンの少女が今日もかいがいしく働いていた。いつも暗い顔を見せないのがえらいと思う。最近は行くと笑顔で手を合わせてくれる。いつものスンダリケティは最初いなかったが後から顔をだした。今日はいつものチョウメンは終わったそうではじめて肉のモモという餃子をいただく。心配した肉は塩からくなく、衣の皮は薄めで厚ぼったくなく美味しかった。スンダリケティにミトチャ:「美味しい」というとサンキューと返事を返してくれた。50ルピー払ってスンダリケティから10ルピーお釣りをもらって「ダンネバード」といって店を出る。ホテルに戻ってロビーでバナナを2本いただいてマスターキーをもらって部屋に帰り、部屋の鍵を部屋の中に置いたまま出かけたことを確認してマスターキーを返す。部屋に帰ってしばらくしたら停電になった。さっきジェネレーター:発電機のところに数人の人がいたが何事かとガネッシュさんに尋ねたらジェネレーターの燃料に水が混じってしまったといっていたのを聞いていたので、この停電は長くなるかと心配したが、しばらくして自家発電の電気がきた。いろいろなことがあるからホテルの仕事は大変である。お陰でホテルでは便利な生活をさせてもらえて助かる。19時44分 ベッドで黒木亮著「アジアの隼」を読んで21時就寝。23時半目を覚ます。マンゴーとライチとヨーグルトをいただく。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ