FC2ブログ
1月31日(木) 晴れ 日の出6時51分、日の入17時43分 ネパール678日目 気温最高21℃、最低 4℃ 0時の室温20℃、湿度70% 
2013/01/31(Thu)

0時15分からTable3_16に取り掛かる。3時5分まででTable3_26まで32個つくる。休憩してリンゴをいただく。
3時19分からTable3_27に取り掛かる。3時50pんまででTable3_29まで35個つくる。4時停電の前に休む。
5時45分起床。英語を聞く。
6時朝食。
2013_1_31_1.jpg
野菜いため。
2013_1_31_2.jpg
ネパール語学習中の新隊員もあと1週間ほどで終了という。ホームステイ、ネパール語での発表会が待っている。
今朝は昨日のThe Rising Nepalでポカラでサイクリング ロード建設の記事が出ていた。
2013_1_31_3.jpg
ネパール最大の観光地ポカラで旅行者のためのサイクリング ロード109Kmを建設しようというものだった。
まだ正式に開発が認められたものでないが、計画ではポカラ市と周辺の村々とレカナテ市を結ぶ3m幅のサイクリング ロードの建設。ポカラのビンダバシニ->サランコット->バダウレ->タマディ->チャパコット->プムディブムディ->ニマルポカリ->バラトポカリ->クリスチ->ナチネチャウル->レカナテ市->ハンシュプール->ルパコット->
カイリキ->アルワビジャ->ポカラのルートでこれまでに15万ルピーをかけてルートのデザインは出来ている。
工期は3年で予算は5,034万ルピーという。ネパールの物価の感覚は日本の十分の一だが、3年かけて3m幅の109Kmのサイクリング ロード建設の予算が5,034万ルピー(約5,034万円)とは驚きだ。
安全なサイクリング道路が出来れば日本からも走ってみたい人が来ると思うだけに実現を期待しよう。
写真をアップしてネパールよいとことブログを更新。
朝の車からはだしで荷物車を引く人を見る。
2013_1_31_4.jpg
10時部屋の鍵を開けて入る。仕事のしたくをして手洗い。10時15分から12時半までで9つ済ます。12時半から〔明日へのことば〕教育を問い続ける94歳の日々(1)教育研究者 大田 堯さんの話を聞きながら昼食をいただく。1時10分から続き。45個目に取り掛かる。
16時25分までに62個終る。ドライバーから電話があって帰りの車が出ないという。すぐ切り上げてラムさんに電話すると、アウヌス(いらっしゃい)と言ってくれる。
ラムさんの車で17時半ホテルに帰る。自家発電で日記をつける。お風呂が空くまでに6つ作る。68個まで出来る。残り40個。
18時35分お風呂に入る。厨房で夕食を作る包丁の音が聞こえてくる。18時55分風呂上り日記をつける。
19時〔にっぽんの歌こころの歌〕 作家でつづる流行歌:猪俣公章(作曲)作品集 空港、千曲川、大阪ラプソディー ほかを聞きながら夕食をいただく。電話をする。「掌の中の卵」を読んで20時就寝。

スポンサーサイト



この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月30日(水) 晴れ 日の出6時51分、日の入17時42分 ネパール677日目 気温最高18℃、最低 4℃ 2時の室温20℃、湿度70% 
2013/01/30(Wed)

0時半目をさます。思いがけないメールを見る。ここの銀行で受け取ったUS100ドル紙幣が偽札だったという。中央のベンジャミン フランクリンの写真の右にそのスカシの肖像写真がついていない偽札だった。
偽札の中にはちゃんとスカシもあり一見して見分けのつかないものも出回っているという。
銀行でさえ偽札と気がつかず出されたらしい。ここでは銀行でもドル紙幣をもらわない方が安全のようだ。レモンを4個搾って1.5リットルのレモンティーを作り冷やしておく。夏の間食事ごとに500cc飲んでいたが今は消費量が半分になっている。3時半 ベッドの枕もとの明かりで「掌の中の卵」を読む。
休んで5時40分起床。英語を聞く。
6時朝食。
2013_1_30_1.jpg
かぼちゃの煮物。
2013_1_30_2.jpg
今朝のThe Rising Nepalには昨日の殉教者の日に大統領や首相、各党のリーダーが記念碑に黙祷した。昨日の新聞にはプラチャンダとバッタライが5月の議員選挙をやるとマオイストの大会で話していた。自派の選挙準備への激励なのだろうが、選挙をしようとしない野党を非難していた。野党は政府への抗議行動として街頭デモをしている。
それを牽制するマオイストの青年同盟が対峙しているような記事があった。
今朝は東の山々が朝日に赤く染まってくっきり見えていた。
2013_1_30_3.jpg
今日も青空のお天気だ。6時45分
6時45分写真をアップしてブログを更新。ズボンにアイロンをかけてくる。
いつものように9時半オフィスの車ででかける。今朝は乗客15人でいっぱいだった。
10時今朝はCPが先に来ていた。
WebサイトからFirst PDFをダウンロードしてWordにして帰国届をつくる。行の微調節はparagraphでする。 11時半。今年のConsolidated Reportに取り掛かる。
前回は2011年12月1日から作業に取り掛かっている。最初にFlash Iの結果で108個のTableを2011年の数字で更新した。これが2011年12月4日までかかっている。
前回と同じ作業を今日2013年1月30日から始めてFlash Iの結果で108個のTableを2012年の数字で更新する。
今日から夏時間を車のドライバーのプシュカールさんに電話して確認しておく。
16時半までで15個のTableを更新する。17時の車で帰る。
帰りの乗客は朝の半分に減っていた。
日中は停電で電気も来ない。部屋の中は暖房はないから寒い。
17時までオフィスの車を待たずにそれぞれ早く帰宅した人も多くいたようだ。
17時半帰宅。17時45分から1つ作る。
18時お風呂に入る。身体が冷えているから最初はとても熱く感じた。2度目3度目になると丁度良くなった。
18時半ウクレレ漫談 牧伸二 牧伸二お笑いライブを聞きながらクリシュナさんの作ってくれた夕食をいただく。19時半「掌の中の卵」を読んで就寝。
22時半目を覚ます。日記をつけて23時10分Consolidated ReportのTable更新作業の続き。
木曜日の停電は4-12時だからあと5時間の作業で10個ぐらい作りたい。
23時57分までに22個まで作る。休憩してヨーグルトをいただく。

大使館からのお知らせ(13-8) 1月30日
与党による大規模集会の実施について
大使館に入った情報によりますと,本日午後1時からラトナ・パークにて,マオイスト,マデシ・フロントなどの与党による大規模集会が行われるとのことです。また,これに先立ち,クプンドール,マイティ・デヴィ(オールド・バネショール西側),バグ・バザール,ラインチョール,カリマティなどに集会参加者が集まり,ラトナ・パークまでデモ行進を行うとしています。

主催者側の発表では10万人が集まるとされていますので,上記周辺地域で12時前後から交通渋滞が予想されます。また,野党活動家や警官隊との衝突のおそれもありますので,これらの場所や群衆には絶対に近寄らないでください。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月29日(火) 晴れ 日の出6時52分、日の入17時41分 ネパール676日目 気温最高18℃、最低 3℃ 2時の室温20℃、湿度70% シャヒッドディワス:Sahid Diwas:殉教者の日Martyr's Dayで祭日
2013/01/29(Tue)

夜中眼を覚まし枕もとの明かりで。「我が歌終る」を読む。3時起床。
ネパールの民主化のために命を犠牲にした英雄を崇敬する日としての「殉教者の日」である。
最初の殉教者と言われるのはラカン タパ:Lakhan Thapaで1876年にラナの寡頭政治に闘い犠牲になった。
1940年代には多くの志士たちがラナ専制政治に人民の権利拡大を要求して闘った。
1941年にネパール人民のわずかな権利拡大を要求しただけの以下の4人は
ラナ政権によって殺された。
スクラ・ラジ・シャストリ―:左上
Sukra Raj Shastri,
ダルマ・バクタ・マテマ:右上
Dharm Bhakta Mathema
は絞首刑
ダシラト・チャンド:左下
Dasrath Chand,
ガンガー・ライ・シュレスタ:右下
Ganga Lal Shrestha
は銃殺。民主化運動の殉教者と言われている。
Sahid Diwasの4人
4人の像はトリブバン国王 の銅像と共にナラヤンヒティ宮殿 博物館 に置かれている。
これらの4人の民主化のための犠牲者と一緒につかまって死刑をまぬがれた人が ラム ハリ シャルマさんでシャルマさんは当時25歳。バフンだったこともあって死刑をまぬがれ刑務所に入れられた。
後にシャルマさんは2人の息子と5人の娘をもうけネパールで最初の政党プラジャ パリサド(Praja Parisad)党を創設し代表を務めた。
2012年10月10日水曜日ラム ハリ シャルマ(Ram Hari Sharma)さんが96歳で亡くなった。The Rising Nepalには 「生きた殉教者シャルマが亡くなった:Living martyr Sharma passes away」とあった。
ネパールは10年に及ぶ内戦で17000人が亡くなったといわれる。
これらの人々も民主化のために命を犠牲にした英雄といわれることになるのだろう。
和平合意の後王政が廃止となっている。4時になる。英語を聞く。
6時朝食。
2013_1_29_1.jpg
オクラ。納豆のようにしていただく。
2013_1_29_2.jpg
今朝のカトマンヅは昨日同様青空になった。周辺の山々は少しかすんでいる。
2013_1_29_5.jpg
今朝のThe Rising Nepalには自然エネルギーの田舎での活用例が出ていた。
2013_1_29_3.jpg
2013_1_29_4.jpg
朝食後偶然若い時の同僚の40年ぶりの元気そうな姿を見る。
10時までで「寝ぼけ署長」の「最後の挨拶」を読了。山本周五郎にしか書けない探偵作品と解説の
中島河太郎が書いているが本当に良い作品だった。どれも良かったが「十日十指」が一番印象深かった。「毛骨屋親分」も痛快だった。10時から屋上に椅子をだして江木武彦著「話しは法だ」を読む。
11時45分部屋で昼食をいただく。自家発電のエンジンが鳴り出したので日記をつける。
今日の停電は7-14時と17-24時。午後2時45分までに「話しは法だ」を読了。
「話しは法だ」のエッセンス
話しの基本
1. 報告:「報告」は結果を話して経過はあくまでつけ足し
2. 説明:「説明」読んで字のように「明らかに説け」
3. 説得:しゃべるな、しゃべらせろ。
    具体的な方法を示せ。
    具体的な結果を示せ。
自分の考えを与えよ
    君たちとならやれるぞ!は賢、おれのあとについてこい!は愚
名誉を与えよ
4. 忠告 油断するな。
    時と所を注意せよ。
    比較するな。
5. 敬語の役割:双方の立場を調和する役割「調和語」
3時サルトリさん。お客さんが多くなって忙しいと言っていた。
今日はミナさんが定休日で1人ということもあるのだろう。ゴミを回収してシーツ交換をしてくれる。
源氏鶏太著「掌の中の卵」を読む。16時20分風呂に入る。16時40分日記をつけて夕食をいただく。
17時から停電の予定が珍しく停電にならなかった。1.5リットルお湯を沸かす。
ベッドで「掌の中の卵」を読む。18時に停電になる。しばらくして自家発電が点く。
20時半まで「掌の中の卵」を読んで就寝。

大使館からのお知らせ(13-7) 1月29日
野党による抗議活動(ラリー)の実施について
大使館に入った情報によりますと,NC(ネパールコングレス党)及び共産党UML等の野党は政府に対する抗議活動として,午後1時からシャヒドゲート(軍本部北側)でラリーを行うとしています。
このため,上記周辺地域で交通渋滞が予想されます。また,群衆には絶対に近寄らないでください。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月28日(月) 晴れ 日の出6時52分、日の入17時40分 ネパール675日目 気温最高19℃、最低 3℃ 2時の室温20℃、湿度70%
2013/01/28(Mon)

1時半起床。ニュースに安倍内閣支持率68%に上昇 金融緩和・危機管理を評価 日本経済新聞社とテレビ東京が25~27日に実施した世論調査で、第2次安倍内閣の支持率は68%となり、昨年末の発足直後の調査から6ポイント上昇した。円安の進展や日経平均株価の上昇が背景にあるとみられ、デフレ脱却に向け安倍晋三首相が日銀に金融緩和を促す姿勢やアルジェリア人質事件での危機管理対応が評価を得た。とあった。発足時からポイントをあげるのはこれまであまりなかった。期待以上の結果を出していると評価されている。英語を聞き、見る。3時と4時休んで「十日十指」を5時35分までで読了。
起きて英語を見る。
6時朝食。
2013_1_28_1.jpg
小松菜のおひたし。
2013_1_28_2.jpg
今朝のThe Rising Nepalにはマオイストの集会でプラチャンダがまだ5月の選挙は出来ると言ったようだ。ジャーナリストには不可能だと言っていたが自派の政治集会ではそうは言わない方がいいのだろう。野党のNCとUMLが選挙には本音でやりたくない現状では出来ないだろう。
NCもUMLも5月の選挙を約束するだけで首相のポストが手に入るのだが選挙約束などの拘束があっては、首相は受け入れられない。白紙委任でよこせと言っている。バッタライ首相は、選挙を妨害しているのはNCとUMLと名指しで批判した。野党リーダーのマハラは政治腐敗が進んでいると政府を批判している。これはよく耳にする。かっての王政の時代より今の方が政治の汚職が深刻だとよく耳にする。国民はバッタライのクリーンさを信じているようだが、バッタライにしても奥さんを大臣にしている。大臣には国産車を使えと自らはネパール産の車で初登庁したが奥さんはトヨタの高級車を乗っていると国民は信じている。
奥さんの身内をトップに据えたことも新聞にでていた。クリーンといわれる首相にしても身内優先である。前首相のUMLのカナルは話しあいとプロテスト(抗議活動)を同時平行的にするという談話を載せている。
カナルの足を引っ張るだけのやり方ではUMLは次回の選挙ではまず壊滅的な結果になることだろう。もう足元から分党の動きがある。
今朝も昨日同様雲一つない。
2013_1_28_3.jpg
7時停電になる。今日の停電は7-15時と19-1時。すぐに自家発電がつく。
ズボンにアイロンをかけてくる。写真をアップしてブログを更新。
10時過ぎオフィスの鍵を開けて入室。机を拭いて洗面所を洗って10時15分から仕事開始。
午前中CPが不在だったので日当たりのいいCPの机を拝借して過ごす。
Web SitesをFile Managerで見てみる。ネパールよいとこを更新する。
12時15分屋上で飛行機の離発着を見ながらいただく。タイ航空の一番大きな飛行機が12時40分着陸する。13時オフィスに戻る。午後英語を聞いて過ごす。15時45分店仕舞い。16時オフィスの車で16時半帰宅。片付けて日記をつける。17時お風呂に入る。いいお湯で身体があたたまる。
17時20分風呂上りネイティブ英語をリクエストする。新しいフォルダーを作ってそこに入れることにする。
17時40分 〔明日へのことば〕餃子と人情は私の宝物 中国料理店経営 八木 功さんの話を聞きながら夕食をいただく。「我が歌終る」を読んで19時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月27日(日) 晴れ 日の出6時53分、日の入17時39分 ネパール674日目 気温最高19℃、最低 2℃ 0時の室温20℃、湿度70%
2013/01/27(Sun)

1時起床。いただいた昨夜あった若草山の山焼きの写真を見る。奈良の若草山は標高342m、3つの山が重なっていることから、三笠山とも言われている。山に火を入れ山全体を燃やしてしまうという古都奈良の新年を飾る炎の祭礼が1月の第4土曜日に行われる。今年は昨日26日にあった。毎年多くの観光客が訪れる。3月には13日の深夜に2月堂のお水取りがあって大松明を何本も回す。寒いこの時期春を待つ準備が整えられていく。Keyhole TVを見たら土鍋を写していた。この季節土鍋の白菜、豆腐、魚の切り身を敷いていただくのがいい。ネパールのみやげ物の店では銅の鍋が並んでいる。小さな一人用の銅の鍋もいいかと思っていたがやはり土鍋がいいなと思いなおす。
英語を聞いてからベッドで「海南氏恐喝事件」を読了。
5時起きて3月7日にあるという昔の職場の新年会の返信をしておく。5時57分
6時朝食。
2013_1_27_1.jpg
ニラと油揚げの炒め物。
2013_1_27_2.jpg
今朝のカトマンヅは雲一つない。
2013_1_27_6.jpg
今朝の新聞には村のお祭りでダンス、中国国境の物流センター、エベレストがあった。
2013_1_27_3.jpg
2013_1_27_4.jpg
2013_1_27_5.jpg
周辺の山々はくっきり見えたがいつもどおり次第にモヤでかすんでくる。7時
写真をアップしてブログを更新する。羽毛のダウンジャケットの襟、袖口、ポケットなど汚れが目立つところを歯ブラシに洗剤をつけて汚れを落とす。お湯で濯いで屋上に干す。通勤ズボンにアイロンをかける。
8時半。今日の停電は9-17時と20-1時。まもなく停電になる。厨房から飲料水1.5リットルをもらってきてお湯を沸かして紅茶を作る。作って冷ましておく。いいお天気に誘われて冬のナガルコットを見に出かけたいと思った。先日カトマンヅは雨だったからナガルコットは雪が降ったことだろう。雪のナガルコットにバスが登るかわからない。雪ですべって転んではかなわないと考えて結局見合わせることにする。9時
予定では停電が始まる時間だがまだ電気が来ていた。英語を聞く。10時まで電気が来ていた。
ダウンジャケットを部屋に写して「寝ぼけ署長」の「一粒の真珠」「新生座事件」を読む。12時昼食。
12時半いいお天気に誘われて街の公園まであるく。軍隊が行進訓練をしていてそれを金網越しにみる市民が大勢いた。
公園では大きなパパイヤを切って売っていた売り人がパパイヤや売り物をもって急いで姿を隠す現場に遭遇した。まもなく警官らしき風体の男がきて露天商に店仕舞いを強要している様子だった。ヤクザが難癖をつけている風に見えた。
2013_1_27_7.jpg
公園には木の上で話す男の周りに何重にも人の輪が出来ておとこの話を聞く姿があった。話を聞いて群集が喜んでいた。男の手には札束が握られていた。
2013_1_27_8.jpg
シンハダルバールの官庁街の建物の前を歩いて14時過ぎホテルに戻る。
2013_1_27_9.jpg
レモンを搾ってレモンティをつくる。ミナさんに部屋のシーツ交換とゴミ処理と飲料水を入れてもらう。部屋の窓に身体を伸ばして「眼の中の砂」「夜中十二時」を読む。16時自家発電のエンジンが鳴り出す。日記をつける。窓を閉める。17時40分お風呂に入る。熱いお湯で身体があたたまる。
18時5分ジーワンさんの作ってくれた夕食を〔にっぽんの歌こころの歌〕”真夜中の夢の競演”平尾昌晃&ゴダイゴを聞きながらいただく。18時半夕食後電話する。車が雪で家までたどりつけなかったらしい。
日記をつけてベッドで「毛骨屋親分」を読んで19時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月26日(土) 晴れ 日の出6時53分、日の入17時39分 ネパール673日目 気温最高18℃、最低 1℃ 0時の室温18℃、湿度70% 
2013/01/27(Sun)
1時45分起床。エアコンをつける。3時停電になる。今日の停電は2-9時と12-19時。1時間遅く停電が始まる。ベッドで非常灯と懐中電灯で「こんち午の日」「なんの花が薫る」を読了。5時すぎ自家発電のエンジンが鳴り出す。6時まで英語を聞く。
6時朝食。
2013_1_26_1.jpg
白菜煮物。
2013_1_26_2.jpg
7時ホテルを出てカリマティ市場へ出かける。
途中の橋で山と川の写真を撮る。
2013_1_26_3.jpg
川はゴミの賽の河原といった風情。
2013_1_26_4.jpg
カリマティ市場ではいつものりんご・みかん・玉葱・じゃがいも・ニンニク、トマト、レモン・キャベツを買う。
2013_1_26_5.jpg
2013_1_26_6.jpg
2013_1_26_7.jpg
2013_1_26_8.jpg
帰り道、川で黒い煙を出しているゴミ焼きにであう。
2013_1_26_9.jpg
9時カマラさんのアパートを訪ねる。お母さんがお父さんと出てきていてシバさんと3人で病院に出かけていた。
お母さんの頭とお腹を病院でみてもらっていて昼頃戻るという。
カマラさんは妊娠して3ヶ月という。「おめでとう」と祝福する。
カリマティのマタニティ病院で7月頃お産の予定という。「子供は何人欲しいか」尋ねると2人という。
シバさんの両親にしてもカマラさんの両親にしても初孫で皆から祝福されているという。
1ヶ月ぐらいしたら蜂蜜を持ってホテルに持っていくといってくれる。
下の中庭で遊ぶ子供たちの賑やかな声を聞きながらベランダの椅子で暖かい陽射しを浴びて寛ぐ。
2013_1_26_10.jpg
10時15分失礼して11時前ホテルに帰る。フロントでネパール人が公立病院でお産をするのにかかる費用を尋ねると無料らしい。 国からお金がもらえるのかもしれないという。
11時部屋に戻りジャガイモを茹でる。今日は電気のくる12時まで野菜の下ごしらえをする。
昼食をいただく。昼食後も玉葱の下ごしらえをくる。夕食用の食材を揃える。
13時部屋の椅子に身体を伸ばして「牛」を読み始める。13時20分自家発電の大きなエンジンが鳴り出す。
日記をつける。
午後本を返して新しいのを探してくる。
山本周五郎著「寝ぼけ署長」の「中央銀行三十万円紛失事件」を読了。17時半お風呂に入る。
とても熱いお湯であたたまる。少し水を足す。可愛い写真をアップしてメールする。
18時〔にっぽんの歌こころの歌〕 歌謡スター・思い出のヒット内山田洋とクールファイブ集 逢わずに愛して、東京砂漠、中の島ブルース ほかを聞きながらジーワンさんの作ってくれた夕食をいただく。
夕食後写真をアップしてブログを更新する。
ベッドに横になって「寝ぼけ署長」の「海南氏恐喝事件」を読んで20時半就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月25日(金) 晴れ 日の出6時53分、日の入17時38分 ネパール672日目 気温最高17℃、最低 2℃ 0時の室温19℃、湿度71% 
2013/01/25(Fri)

0時半起床。今日は昨日より日の出が1分早くなる。今回は出張中に事件に巻き込まれた方もあった。出張先で倒れ帰国しても戻らず亡くなった尊敬する先輩もあった。まだ2ヶ月先だが2ヶ月後の今日は帰国しているはずだが人生先のことはどうなるかわからない。エアコンを点けお湯を1.5リットル沸かして紅茶をつくる。2時。
英語を聞く。3時前ベッドで休み『おたふく』を読む。停電になって非常灯と懐中電灯で5時半読了。
5時半自家発電の電気がくる。今日の停電は3-10時と13-20時。英語を聞く。
6時朝食。
2013_1_25_1.jpg
ナスの煮物。
2013_1_25_2.jpg
今朝のThe Rising Nepalにはメラムチの水をカトマンヅに運ぶトンネル工事に中国3社、イタリア1社の入札があったと出ていた。カトマンヅの隣の県に流れるメラムチ川は清流でその水をカトマンヅに運ぶというのは20年前から手がけているが工事が進まないプロジェクトとして国民に知られている。今回は中国3社、イタリア1社が入札したという。これから業者選定になり工事が始まるが、完成予定は2016年という。これまで中国の業者がしていて遅れているプロジェクトにあげられていた。
カリフラワーの収穫の写真があった。ドクチャップ村に良く似ていた。
2013_1_25_3.jpg
今朝は周辺の山々は稜線をくっきり見せていた。
2013_1_25_4.jpg
10時オフィス。今朝はCPが先だった。
昨日できなかったFFFTPが出来てホームページにアップできた。かんたんメニューでWebサイト表示が出来る。JPGメニューではエラーになった。原因究明は月曜日。昼食後邦文帰国要旨、英文Summaryを作る。1時50分。日付は2月1日としておく。2時から帰国報告書を修正する。15時いつもの車で15時半帰宅。山本周五郎著「よじょう」を読了。部屋は強い陽射しで暖かい。17時20分お風呂に入る。熱くて入れず初めて水を足す。とても身体があたたまる。風呂あがりItuneのお気に入りを聞きながらクリシュナさんの作ってくれた夕食をいただく。Keyhole TVでジャンボで運ばれた棺が日本に着いたニュースを見る。
夕食後グリーンピースを茹でる。18時半。元気な声を聞く。ベッドで山本周五郎著「大炊介始末」読了。
19時就寝。庭で子供たちの声を聞いて目が覚める。そのまま寝る。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月24日(木) 晴れ 日の出6時54分、日の入17時37分 ネパール671日目 気温最高18℃、最低 4℃ 0時の室温20℃、湿度70% 
2013/01/24(Thu)

1時起床。帰国時ハンドブックに旅券預り証とホテル予約確認証を貼り付けておく。あと帰国まで2ヶ月になってその準備が始まる。仕事は2月中にConsolidated Reportを作れば2年間の御用納めになる。
2年前制憲議員が選ばれて3年経っていてそれまで2人の首相が新憲法を作れず、3人目の首相がいた。それもなにも出来ないで辞めて4人目が2011年昨年8月に就任した。やはり期限の2012年5月27日までに出来なかった。任期延長していた議員も最高裁判所から再延長を認められず議員は解散。次の選挙を決めれないままにいる。これまでに市内では道路の拡張工事が進められている。ただいつまでに完成するかはわからない。日本とネパールの直行便の就航を期待していたが、未だに目途がたっていない。アジア各国からネパールへは、タイ、マレーシア、シンガポール、香港、中国、韓国、バングラデシュ、パキスタン、インドと直行便があるが日本とは2007年関空からの直行便が廃止されたままになっている。内戦の10年間に観光客を減らし続けたことで廃止になったのだが以来直行便の再会はネパールに関係する日本人には念願であった。昨年は新興のBB Airが10月13日に日本と直行便を飛ばすと報道されたが実現には至らなかった。カトマンヅの街を歩く中国、韓国の旅行者の数は日本人よりかなり多い。日本からネパールへの旅行は途中の国で立ち寄りが必要になるため費用がタイなどに較べると高くなる。そのためもあってか日本人の旅行者は比較的お金を持っている高齢者と女性が多く若い男性は少ないようだ。
日本女性との結婚に憧れているネパール青年は多いから、その熱意で結ばれるカップルは多い。
ネパール女性には日本の男性と結婚したいという憧れはないようで日本人男性とネパール女性が結ばれるケースは少ない。建設業界でこの国に唯一進出している富山の建設会社にはネパール女性を伴侶にした何組かの家族がいる。この国の人は食べ物を食べ過ぎるようだ。男女とも結婚すると太る人が多くなりお腹が膨らんだ人が目に付く。米が主食だが米は日本人の倍以上は食べる。まだ腹八分目という健康志向は少ないようだ。ベッドで「赤ひげ診療譚」を5時半までで読了。これは昭和33年作者55歳の時の作品。昭和39年に黒澤明演出で三船敏郎、加山雄三、香川京子、桑野みゆきなどのキャストで映画化されている。今日の停電は4-12時と14-20時だったが5時半まで電気が来た。停電になってすぐにホテルの自家発電がくる。5時33分 英語を聞く。
6時朝食。
2013_1_24_1.jpg
野菜炒め。
2013_1_24_2.jpg
今朝のThe Rising Nepalは隣のカブレパルチョークのデュリケルから見たヒマラヤ。
2013_1_24_3.jpg
2012年度日本の貿易赤字6兆9273億円、過去最大になったと報じられた。
それも原因の一つだろうが円安が進んでいる。
先週はドルとユーロに対し1ドル=90円、1ユーロ=120円の節目を突破したともあった。好調な韓国のサムソン、ヒュンダイも2013年はウォン高、円安で日本との競争が熾烈になると危機感を持っている。日本では半値にしても売れずに2010年に撤退しているヒュンダイがネパールの新車では多い。円安になれば原油や食品の輸入金額は増えるが製品輸出は容易になるから2013年は日本の輸出企業にとって追い風になる。
安倍バブルとも呼ばれているこの現象はいつまでつづくのだろうか。7時14分
ブログを更新して夕食の食材と昼食を揃えてから英語を聞く。
オフィスの車で10時部屋の鍵を開けて入る。今日も昨日の続き。
午前中FFFTPで昨日からのパスワード入力要求を解決でしなかった。昼食後自分のgmailでやってみるが同じ現象だった。ユーザー名を変えてみたりしたらパスワード入力要求が出なくなった。これで明日には形作りが出来る目途が立つ。残りの1時間Accounting のスタディ。15時40分店仕舞い。16時のオフィスの車でホテルには16時半帰る。16時35分お風呂に入る。熱くて気持ちよく身体があたたまった。16時55分夕食を下げて部屋に戻る。。〔にっぽんの歌こころの歌〕 ”真夜中の夢の競演”井上陽水&長谷川きよしの歌を聞きながらラムさんの作ってくれた夕食をいただく。
夕食後可愛い写真をアップ。電話をする。
山本周五郎著「ひやめし物語」を読んで就寝。
夜中目を覚ます。枕もとの明かりで「ひやめし物語」を読了。
続いて「山椿」を読了。いい作品だった。0時半

官房長官は24日午前の記者会見で、アルジェリア人質事件で死亡を確認した9人の氏名について、25日に遺体が帰国した後に公表する考えを明らかにした。9人の遺体と生存者は政府専用機で24日午後2時(現地時間午前6時)ころに首都アルジェを出発し、早ければ25日午前7時に近く帰国する見通し。
官房長官は24日夜の記者会見で、アルジェリア人質事件で最後まで安否が不明だった日本人1人の死亡を確認したと発表した。残る1人の安否不明者となった大手プラントメーカー「日揮」の最高顧問、新谷正法(あらたにただのり)さん(66)は穏やかな人柄で知られる。長くアルジェリアでのプロジェクトを手がけ、社内では同国の事業を統括する立場として、同国東部イナメナスの現場を出張で訪れていた。
新谷さんは、1971年に日本揮発油(76年に現社名)に入社。エンジニア部門のトップを長年務め、2009年6月に代表取締役副社長となり、昨年6月、最高顧問に就任した。
「日揮」は1976年には当時我が国プラント輸出史上最大と言われたアルジェリア・ハッシルメルの天然ガス処理施設を受注した。現在「日揮」は世界的に需要が高まっている天然ガス分野のスペシャリストとして、とりわけLNGプロジェクトでは、世界の4強を占める地位を確立している。
若い時1972年ごろ横浜の上大岡の日本揮発油で仕事をさせていただいていた。
仕事を始めた最初だった。仕事の厳しさを学びお陰でによく鍛えていただいた思い出深い会社である。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月23日(水) 晴れ 日の出6時54分、日の入17時36分 ネパール670日目 気温最高18℃、最低 3℃ 0時の室温20℃、湿度72% 
2013/01/23(Wed)

活動報告資料を少し手直しする。VBAのUser Formを見直す。英語を聞く。
6時過ぎ停電になる。今日の停電予定は5-13時と15-21時。珍しく1時間予定より長く電気が来ていた。
6時15分朝食。
2013_1_23_1.jpg
ほうれん草のおひたし。
2013_1_23_2.jpg
今朝のThe Rising Nepalにはマオイストの党大会でバッタライが国民合意政権のためにはいかなる犠牲も受ける用意があると兼ねての談話をしていた。
先週雨が降って山では雪が沢山降った記事が出ていた。
今朝はカトマンヅ盆地はまた雲の中に入った。
2013_1_23_4.jpg
朝トリブバン空港も雲の中でオフィスから見えなかった。
10時オフィスの鍵を開けて入る。今日はご前中Accountingを見る。午後CPとFC2 Web Server Free Rentalの登録をする。FFFTPの接続パスワードででうまく行かずまた明日。15時40分店仕舞い。
16時オフィスの車で16時半ホテルに帰る。16時40分お風呂に入る。熱いお湯で気持ち良かった。17時風呂からあがって「にっぽんの歌こころの歌」歌謡スター・思い出のヒット:石川さゆり集 津軽海峡冬景色、夫婦善哉、浜唄 ほかを聞きながら夕食をいただく。18時「赤ひげ診療譚」を読んで19時就寝。
夜中前目を覚ます。枕もとのあかりで「赤ひげ診療譚」を読む。

本邦到着後の帰国プログラムは3月25日(月)JICA市ヶ谷ビル/地球ひろば(市ヶ谷)で受付と通知あり。

官房長官は23日深夜、緊急に記者会見しアルジェリア人質事件で行方が分からなかった2人の死亡を確認と発表。日本人犠牲者は9人になった。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月22日(火) 晴れ 日の出6時54分、日の入17時36分 ネパール669日目 気温最高18℃、最低 1℃ 2時の室温20℃、湿度70% 
2013/01/22(Tue)

0時5分ホテルの自家発電が止まった。1時に電気がくる。今日の停電は7-14時と17-24時の14時間。
1時起床。
昨日のニュースで阿呆が社会保障制度改革国民会議でで高齢者などの終末期医療に関し「政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」などと述べたことが適切でなかったと当該部分を撤回するとともに、議事録から削除するよう申し入れたいとのコメントを発表した。とあった。表現は良くなかったが話しの趣旨には余り文句は出ないようだ。
ますます高齢者がふえて50年前は8割が自宅で亡くなったが現在は8割が病院で死を迎えている。高齢者の中にはチューブと点滴で医療技術で生かされている人も多くいる。一旦心臓が止まると家族は病室から出されて、心臓マッサージをすることもあるという。人間の死が大切な家族との別れの場になるはずなのが医療機関の関係者にまかされるている現実がある。人はだれでもいずれ死ぬ。医療関係者は死を敗北と考えるようで少しでも長生きさせるのが医者の役割と考える人が多いようだ。しかし病院で死にたいと思う高齢者はまずいないだろう。自宅で死を迎えたいが、家族に迷惑をかけたくないから仕方なく病院にやっかいになるという人が多いだろう。これまで幸せなことにあまり病院の世話になることは無かった。病院が嫌いということもあって行かない。しかし65歳を境に人は病院の厄介になりだすという。
ネパールでもお年寄りになると病院の厄介になる人が多いようだ。
65歳になるホテルのスタッフのお母さんの薬袋には沢山の種類の薬が山のように入っていた。
ネパールのような世界の最貧国でも薬を一杯処方するようだ。
年をとるに従って違和感を感じるところがあちこち出てくるものだ。それに対する薬をそれぞれ処方するのだろう。日本でも老人に飲みきれないほど沢山薬を与えていた時があった。今はどうなのだろうか。
高額医療で延命させられるのを高齢者が望んでいるとも思えない。本人より医療関係者の都合で延命策が人工的に作られ高額報酬を得ているとは誰もが認識している。これは高齢者の責任ではなく医療関係者の責任である。高齢者に延命の高額医療は不要であると申告する啓蒙活動が必要なのだろう。
私は口からチューブを入れたり点滴をされての延命は不要です。心臓が止まったらマッサージも不要です。病院よりも出来れば自宅で静かにこの世とサヨナラをさせていただくのが私の希望です。と
日本中のお年寄りがそう身につけておけば後の世代の若者の負担を少し減らせるのではないだろうか。
いよいよ帰国間際のスケジュールが届く。
3/8(金) 15:40-16:00 面談
3/11(月) 10:15-12:30 教育省表敬訪問
3/12(火) 17:00まで  報告会動作確認
17:45-20:00 大使表敬訪問
3/14(木) 10:55-11:20 活動報告
3/22(金) 帰国出発
これをみて活動の最後は3月7日(木)とする。2月を通り過ぎてもう3月の予定でとても日本的だと思う。
ネパールでも合わせて3月11日の予定がたてられていることを知る。今朝は水が出なかった。
6時朝食。
2013_1_22_1.jpg
大根の煮物。
2013_1_22_2.jpg
The Rising Nepalにブルーポピーが咲くことで有名なルクラで19日の雪の風景、
2013_1_22_3.jpg
エベレスト玄関口のルクラでシェルパ族の婦人と子供の雪の中の写真が出ていた
2013_1_22_4.jpg
ダーディンでは21日バスが50m落ちて5人死亡の記事も出ていた。
2013_1_22_5.jpg
久しぶりに雲がなく東の山の稜線がくっきりと見えた。7時
2013_1_22_6.jpg
日記を更新していたら7時4分停電になった。すぐに自家発電のエンジンが鳴り出して電気が来る。
今朝も10時部屋の鍵をあけて入る。CPが間もなく来て、PCを並べてWebのレンタルサーバーをFC2でID取得を試みる。FFFTPのダウンロードをする。VBAプログラミングについて説明する。12時15分まで
Accounting Free Softを見てみる。「北海道の赤ひげ先生と言われて」浜中町立診療所・名誉所長 道下俊一さんの話を聞きながら昼食をいただく。午後はAccountingのプログラムを触ってみる。
15時35分店仕舞い。16時いつものオフィスの車で16時半ホテルに帰る。17時から停電なので1.5リットルお湯を沸かして紅茶を作っておく。16時45分今日も気持ちのいい綺麗な一番風呂に入る。とても熱いお湯で体があたたまる。17時10分風呂上り紅茶に砂糖を入れて冷ましておく。自家発電でパソコンと洗面所に電気が来ていた。日記をつける。17時20分「北海道の赤ひげ先生と言われて 2」浜中町立診療所・名誉所長 道下俊一さんの話しの後半を聞きながら夕食をいただく。18時大きな発電機が動き出して照明もつく。「赤ひげ診療譚」を読んで19時就寝。22時目を覚ます。自家発電の電気が来ていた。枕もとの明かりで「赤ひげ診療譚」を読んで23時40分起床。ジェット機の離陸の音が聞こえてくる。

22日政府専用機、アルジェリアに向けて飛び立った。人質事件で無事が確認された7人と、犠牲になった7人の遺体を乗せ、早ければ日本時間の24日夕方に帰国する予定。尚日本人3人の安否不明。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月21日(月) くもり 日の出6時55分、日の入17時35分 ネパール668日目 気温最高18℃、最低 0℃ 2時の室温20℃、湿度74% 
2013/01/21(Mon)

2時起床。日記をつける。みかんとバナナをいただく。英語を聞く。
6時朝食。
2013_1_21_1.jpg
平茸の炒め物。
2013_1_21_2.jpg
ヨーグルトとパンを御願いする。
朝食後写真をアップ。ネパールよいとこのカトマンド キリトプール、ネパールの日々を更新。
ブログを更新。
9時15分ホテルを出る。ババマハルで車に乗る。先週木、金の車が来なかった時どおしたかを尋ねた婦人は休みましたということだった。聞くところによると日曜日も車は休みだったという。
今朝も部屋の鍵を開けて入る。CPは珍しく遅れてくる。停電時間が伸びたようだが、ホテルスタッフに聞いても知らないという。日本大使館のホームページを見るが昨年12月26日に乗った1日12時間停電のスケジュールしかない。CPに話をしたら14時間停電になったという。そのスケジュールをWebサイトで探してみるが見つからないと話すと、よし探してこようと出て行ったがオンリーNo6のスケジュールしか手に入らなかったと言って帰ってきた。No6はバクタプールの地区。ホテルはNo7地区になっているから停電時間が異なる。13時半「最愛の妻の死を乗り越えて 2」国立がんセンター名誉総長 垣添忠生さんの話を聞きながら昼食をいただく。日本大使館から14時28分以下の案内が来ていた。今日はAccounting Systemを見る。いろいろなものの中から一番簡単そうなものをダウンロードしてみる。15時45分店仕舞い。
16時オフィスの車で16時半帰宅。16時50分お風呂に入る。一番風呂で気持ちよかった。
ラムさんの作ってくれた夕食をいただく。今日の停電は7-15時と19-1時。ひと休みして夜中の1時に起きると7時まで電気が来る。雨季になるのは6月から7月だからまだまだ停電時間はながくなるだろう。
夕食後ジーワンさんヨーグルトを届けてくれる。
山本周五郎著「赤ひげ診療譚」を読み始めて19時就寝。

アルジェリアで起きたイスラム武装勢力による人質事件で、プラント大手「日揮」(本社・横浜市西区)は
21日深夜、日本人7人、外国人3人の従業員計10人が死亡したことを明らかにした。

大使館からのお知らせ(13-5)1月21日
計画停電(週97時間)について
 ネパール電力公社は計画停電表を公表しました。
御参考までに計画停電表を英訳したものを当館ホームページに掲載致します。
右計画表によりますと19日(土曜日)から,停電時間は週84時間から週97時間(1日平均約14時間)となりました。
在ネパール日本国大使館ホームページ
http://www.np.emb-japan.go.jp/jp/

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月20日(日) くもり 日の出6時55分、日の入17時34分 ネパール667日目 気温最高18℃、最低 4℃ 3時の室温20℃、湿度74% 
2013/01/20(Sun)

夜中目を覚ます。枕元の明かりで「柳橋物語」を読んで4時半起床。ヨーグルトをいただく。
木、金、土はそれぞれ4時、4時、3時に停電が始まるが日曜日は10時からなのであかりが心配ないのでいい。今回のアルジェリアの人質事件では妥協しないこの国の対処の仕方を学んだ。こうなると武装勢力側も交渉を期待した今回のような人質事件をおこすことよりりもっぱら破壊工作、テロに作戦を絞ることになるだろう。こういった国で働く日本人にあらためて日本ではない危険が背中合わせであることを思い知らされた。これまで海外でおきた日本人誘拐事件では大抵交渉で事件を解決してきた。
日本政府は交渉で犠牲者を出さないで解決しようとしていたが強行手段がとられてしまった。
27年前の1896年11月15日発生したフィリピンの三井物産支店長誘拐では4億5000万円の身代金で約4ヵ月半の1897年3月31日後解放されている。解放された支店長は2年後1989年2月9日に亡くなっている。
これまではアジアや南アメリカで事件が起きていたが、今後はアフリカで似た事件が多くなるのだろう。
世界で働いている日本人には危機管理の教育がよくされるようになっている。今回のケースでは屋根裏とかベッドの下とか身を隠す場所があったかどうかが生死の分かれ道であった。人の生死はほんのわずかな偶然で決められることがある。「柳橋物語」では江戸の大火災のくだりがある。ここでもさっきまで隣にいた人達が一時あとには生死を分けている。ネパールでは時々車が川に落ち、飛行機も落ちる。
6時朝食。
2013_1_20_1.jpg
きんぴらごぼう。
2013_1_20_2.jpg
今朝もカトマンド盆地は雲に覆われた。
2013_1_20_3.jpg
昨夜も少し雨が降ったようで前の駐車場の石畳が濡れている。濃霧で陽射しが届かないと気温があがらない。暗くて寒くてうっとうしい日曜日。7時
カトマンド市内の道路の様子。
2013_1_21_4.jpg
7時 英語を聞く。8時車の運転手に電話する。8時半ドライバーから電話がくる。今日は車に乗らない。と電話で伝える。親切なドライバーはババマハルで車を停めて待っていてくれるかもしれないので伝えておく。日曜日は休みにしているので伝えておく。8時半陽射しが雲を通して少し射してきて明るくなってきた。
今朝はMoo0ボイス録音機1.32をダウンロードしてインストールする。ラジオ深夜便の「石狩挽歌」を切り取ってMP3で録音して聞いてみる。9時停電になる。予定では10時からだが1時間早い。すぐに自家発電が来る。9時半ウォーキングを兼ねて街に買い物に出かける。陽射しが出てきてすぐ汗をかく。ナマステスーパーの近くの電光温度計は11度を指していたが風もなくポカポカ陽気になっていた。肉屋で鶏1羽頭と足を落としてもらう。10時50分ホテルに戻る。厨房に持っていってラムさんに鶏1羽夕食の材料の足しにお願いをする。部屋に戻ると丁度ミナさんが部屋掃除の最中だった。終わって汗ばんだ下着をかえて日記をつける。停電中だった。11時9分 暖かい陽射しの部屋で「柳橋物語」を読む。12時昼食。昼食後夕食の食材準備。12時35分自家発電が来る。1年前の日記を見る。昨年1月は健康診断一時帰国で再検査をしたため帰国が遅れた。ゆっくりして帰れたのは良かった。朝雲の中だったカトマンドは青空になって強い陽射しが射している。とても暖かい。冬でもこの暖かさがあるからネパールの王様はここに都を作ったのだ。13時から13時50分までで「柳橋物語」を読了。また自家発電のエンジンの音が鳴り出す。陽射しが夏のように暑くなる。14時5分自家発電が止まる。しばらくして自家発電がつくが14時29分切れる。
「むかしも今も」を読み始める。17時10分お風呂に入る。鶏を前にしてガネッシュさんがいたのでとりあえず野菜スープを作ってもらうようにお願いする。17時半まだ調理中で出来たら部屋へ運びますと言ってくれる。今日は新しいメニューである。17時31分 「最愛の妻の死を乗り越えて 1」国立がんセンター名誉総長 垣添忠生さんの話を聞きながら夕食をいただく。夕食後「むかしも今も」読了。19時就寝。
ネワール族が作った古都キルティプールではネワール族の祭りがあった。
2013_1_21_3.jpg

アルジェリアの民放テレビやAFP通信は、目撃者の証言として、アルジェリアのイナメナスの天然ガス施設で、日本人9人が武装勢力によって殺害された、と伝えた。
「日揮」は21日午前0時半ごろ、広報担当者が本社で会見し、安否が確認できていない日本人10人について「情報はまだ確認できていない。一日も早く安否を確認したい」と述べた。
アルジェリア内務省は、これまでに人質23人の死亡が確認されたと発表していたが、地元のテレビ局は、20日、軍による捜索活動で新たに25人の遺体が施設で見つかったと伝えた。
死亡した人の国籍などは明らかになっていない。
アルジェリアのサイード情報相は、20日、国営ラジオで人質の死者の数はさらに増えるという見通しを示している。一方、武装勢力について、アルジェリア政府は犯行グループの32人を殺害して作戦を終えたと発表したが、現場で取材している地元紙の記者によると、軍が新たに5人の武装勢力のメンバーを拘束し、さらに3人の行方を追っていることを明らかにした。
イスラム武装勢力によるアルジェリアのガス施設での人質拘束事件で、4日間にわたる武装勢力の掃討作戦を終了したアルジェリア軍は20日、ガス施設内で新たに25人の人質の遺体を発見した。これにより、殺害された人質の数は倍以上の48人となった。治安当局筋が20日、明らかにした。
武装勢力側の32人を加えると、事件による死亡者数は80人に達した。当局筋によると、死者数はさらに増える可能性がある。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月19日(土) 明け方雨 晴れ 日の出6時55分、日の入17時33分 ネパール666日目 気温最高17℃、最低 4℃ 
2013/01/19(Sat)

2時過ぎに停電になった。今日の停電は3-9時と13-19時。3時15分ごろ電気が来る。
16日早朝に起きたアルジェリアの人質事件は17日にアルジェリア軍によって人質救出作戦が実施された。複数のヘリコプターによる攻撃と軍の突入で数時間にわたる戦闘が昼から夜まで続いて終わった。
18日アルジェリアの情報相が武装勢力と人質に死者が出たと発表した。19日民間放送局「シュループ」というテレビ局が、日本人が2人、イギリス人が2人、アメリカ人が1人、南アフリカ人が1人、合計6人の遺体がイナメナスの病院に運び込まれたと報じていた。アルジェリア軍の救出作戦が人質にあった関係諸国に通告なしに行われたことに人質の人命を優先させるよう訴えてきた日米欧などから批判が出ている。
アルジェリアではテロや人質などでは強行手段をとるのが通常だという。たとえ外国人が被害者でも妥協をしないというこれまでのやり方を変えなかった。助かった人はベッドの下に隠れていた人が多かった。
4時半〔にっぽんの歌こころの歌〕 歌謡スター・思い出のヒット:岩崎宏美集 ロマンス、思秋期(シシュウキ)、シンデレラ・ハネムーン ほかを聞きながらレモンを4個搾りレモンティを1.5リットルつくる。ヨーグルトをいただく。5時からVBAプログラムを考える。5時53分
6時朝食。
2013_1_19_1.jpg
ナスのピリカラ煮物。
2013_1_19_2.jpg
昨夜来雨が降っていて朝に止んだ。
2013_1_19_3.jpg
7時いつものウォーキングを兼ねた買い物にカリマティ市場へ出かける。
2013_1_19_4.jpg
雨が降ったお陰で土ぼこりが無い。
2013_1_19_5.jpg
車も休日で少なく普段の車の排気ガスは気にならなかった。
2013_1_19_6.jpg
市場では雨のせいで下が泥んこだった。
2013_1_19_7.jpg
いつものリンゴ、玉葱、ジャガイモ、トマト、レモン、キャベツ、グリーンピース、人参を買う。いつも上は3枚の薄着だが少し汗をかく。9時前に太陽の陽射しが射してきて汗ばむ。9時ホテルに帰る。まず濡れた下着と泥でよごれたズボンを手洗いして屋上に干す。9時20分。Ituneのお気に入りを利きながらジャガイモを洗って茹でる。9時30分。ヨーグルトをいただいて日記をつける。玉葱とニンニクの皮を剥き、人参を茹でる。今日の夕食の材料を揃える。
冷蔵庫のマヨネーズとイチゴジャムを処分する。10時55分強い陽射しが窓から差し込む。朝のプログラムを考える。F1~F75、M1~M75 Sheets Copy Creation Programを作る。13時37分 予定では13時から停電だがまだ電気が来ている。どうやら停電時間が変わったらしい。朝マーケットから帰ったときフロントで尋ねたが停電時間が変わったようだがまだ新しい予定表は入手できていないという。これまでの1日12時間の停電時間が2時間伸びたらしいとのことだ。
今日は珍しく午後電気が来ていた。17時48分停電になる。すぐホテルの自家発電が鳴り出す。18時電話していたらお風呂が空いたと電話をもらう。風呂に入ってあたたまる。ジーワンさんの作ってくれた夕食を〔にっぽんの歌こころの歌〕 ”真夜中の夢の競演”井上陽水&長谷川きよしを聞きながらいただく。夕食後山本周五郎著「柳橋物語」を読んで20時半就寝。

アルジェリア南東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きた外国人人質事件で、アルジェリア内務省は19日、軍の人質救出作戦終結を受け、4日間に及んだ事件で人質23人と犯人グループ32人が死亡したと発表した。依然安否確認が取れていない日本人は10人に上るが、死者23人の国籍は不明。国際テロ組織アルカイダ系のイスラム武装組織が起こした事件は、大きな犠牲を出す結末となった。
 内務省は声明で、作戦により107人の外国人人質と685人のアルジェリア人人質を解放したことも明らかにした。 
この日元横綱大鵬の納谷幸喜さんが死去 72歳。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月18日(金) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時32分 ネパール665日目 気温最高19℃、最低 3℃ 
2013/01/18(Fri)

0時7分ジェットの離陸の音が聞こえてくる。リンゴをむいていただく。英語を見る。3時すぎ停電になる。
今日の停電予定は4-10時と14-20時。ベッドで休む。非常灯で松本清張著「証明」を読了。5時25分自家発電の電気がくる。5時半起床。日記をつける。円が90円台になる。2年7ヶ月ぶりという。2008年3月バヌアツへ行った時は118円だった。2010年3月帰国の時は90円。2011年3月日本を出た時は80円を切っていた。2013年3月帰国の時は70円ぐらいになっているかと思ったが90円ぐらいのようだ。かつて土地は値上がりするものだというふうに誰にも考えられていたように、誰もが円も値上がりするものと思っていた。ここに来て120円ぐらいになってほしいという希望もではじめた。それだけ日本の経済の評価が落ちてきたということなのだろうが、いままではコストダウンを図っても円高で利益が出なくなることを繰り返していたが当面円安で経済界は息を吹き返すことだろう。ガソリンは値上がりになるが車の使用を減らすことで対応する人も出てくることだろう。
6時朝食。切干大根の煮物。日本で研修をした実習生がネパールに戻って実習と関係ない職につく人がほとんどということについて話を聞く。今日出発されるという。
いつでもがけ崩れが起きる仕事だけに心からお大事にとさよならをする。
今朝のThe Rising Nepalにはロルパで党の第三回大会で演説するダハル議長の写真を載せていた。
2013_1_18_1.jpg
広場の集会は寒そうだ。ロルパはマオイストの最大の拠点。
お客さんが増えてきて朝の食堂が賑やかになってきた。新しい隊で体調不良になる人が出てきたようだ。水。食事。空気。時差。高地。移動疲れ。などいろいろな原因が考えられる。盛りだくさんのスケジュールが詰まっているのもその一つだろう。
大抵の隊員はほとんど一度は体調不良を経験させられる。7時45分
英語を見る。東京-大阪の移動手段を見る。松本清張著「新開地の事件」を読了。
9時半フロントに今日は部屋ですごすと電話しておく。図書室に出かけ読んだ本を返して新しい本を探す。
本を探していたら中年のご婦人がマンガ「金田一少年の事件簿」を3冊戻しにきていた。山本周五郎作品を中心に借りてくる。今日は10時から14時まで電気が来る。この時間英語を見て過ごす。10時53分
今朝から濃霧に覆われていて陽射しが届かなかったが11時10分過ぎに弱い陽射しが射してきた。カトマンヅは標高が高いから陽射しが届くが、標高の100mぐらいのタライ平原では濃霧で陽射しが届かないと気温が上がらない。新聞にはよくタライで寒さで何人亡くなったという記事が出ている。
英語を聞いて過ごす。少しさしていた陽射しが射さなくなった。雲が厚い。雨が降ると寒くなるが降らないだろう。12時 「希望ある未来を望み見るために」作家 加賀乙彦さんの話を聞きながら昼食をいただく。
気がついてみると雨が降り始めていた。しばらくして雨は止んで雲間から強い陽射しが射してきた。
久しぶりで駐車場の石畳に水が溜まりひかっている。雨は止んでいるが雲間から雷の音が聞こえてくる。12時半。お湯を沸かして紅茶を1.5リットル作る。13時大きな雷がなってたむろしていた鳩が一斉に飛び上がった。13時16分停電になる。14時から停電の予定だが今日は早いようだ。今朝の4時からの停電も3時過ぎからだった。今日から停電が伸びたのかもしれない。これから読書。13時19分ガネッシュさんが自家発電のエンジンをつけてくれて電気がくる。英語を聞く。ひと休みして山本周五郎著「やぶからし」の中の
「入婿十万両」「抜打ち獅子兵衛」「蕗問答」「笠折半九郎」「避けぬ三佐」「鉢の木」を読了。16時40分にお風呂に入る。綺麗な一番風呂でゆっくり温まる。17時風呂上り日記をつける。「希望ある未来を望み見るために2」作家 加賀乙彦さんの話を聞きながら夕食をいただく。夕食後「孫七とずんど」を読んで19時就寝。 22時半目を覚ます。写真をアップ。23時本を読んで休む。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月17日(木) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時32分 ネパール664日目 気温最高22℃、最低 3℃ 室温19℃、湿度75%  
2013/01/17(Thu)

2時目を覚ます。茹でたグリンピースを干す。アンディ先生とさえさんの記事を見る。とても美しい写真を見る。先生の英語をみると感情表現の形容詞が大抵入っている。それを辞書で調べながら読む。カザンのタクシーでぼられた記事を見る。韓国と日本のタクシーも書かれていた。日本のタクシーのドライバーは白い手袋をして客のドアーは自動だが日本のタクシーメーターは心臓に良くなかったようだった。さえさんからはいつも元気をもらう。可愛い写真をWebサイトにアップする。3時を過ぎる。今日の停電は4-11時と16-21時。あと停電まで1時間に迫る。今日は6,434人が亡くなった阪神の地震が起きて18年目を迎えた。5時46分ベッドに横になって目を覚ましていた。東西に急な加速度で家がぐしゃぐしゃと音をたてた恐ろしい凄い揺れだった。あの地震がカトマンヅであったら日本大使館と日本大使公邸以外の建物で立っている建物が果してどれだけあるだろうかと思わずにはおれない。昨年の今日は軽井沢で過ごしている。一昨年の今日は駒ヶ根に居た。来年は潮騒を聞き満天の星を見て暖かいヌーナで過ごしたい。
4時1分停電になる。5時25分自家発電のエンジンが鳴り出す。
ネットに「この企業に勤めている人と結婚したい」ランキングがでていた。
1、任天堂  2、全日本空輸(ANA) 3、タニタ 3.グーグル(Google) 5.アップル(Apple) 
6.三菱商事 7.資生堂 8.JR東日本 9.三菱東京UFJ 10.サントリー とあった。
30年前にも全日本空輸(ANA)、三菱商事 、資生堂、三菱東京UFJはあったかもしれない。
はたしてこのうち30年後に残っているのはどこだろうか。
6時朝食。
2013_1_17_1.jpg
じゃがいもとピーマンのきんぴら風炒め物。
2013_1_17_2.jpg
昨日こられた方とおしゃべりをする。今度は雨季になるまでいらっしゃるという。朝の楽しみが増える。今朝のThe Rising Nepal一面にはバイディア派の第7回大会の記事があった。マオイストの現政権を裏切り者と言っていた。王政廃止後の最初の首相になったダハルは脱インドを宣言して最初の訪問先を北京にした。今のマオイスト政権2度目のバッタライはインドにした。バイディア派は何度も北京詣でを繰り返し中国から認知されて晴れて中国の傀儡の立場を鮮明にしている。中国から資金も得たようで選挙の準備も怠り無いようだ。この国では地盤、看板よりカバン(金)が選挙に物をいうらしい。その点でバイディア派は金が潤沢にあるようだから選挙の結果はわからない。
副首相・内務大臣のガッチャダールがNCとUMLに対して政府攻撃の煽動発言ばかりでは何も変らないよと談話を載せていた。この人の発言はいつもわかりやすい。インテリだが政治力が無いといわれるバッタライ政権の重し役を果たしている。各党のリーダーの中でUMLのカナルとネパール、NCのコイララ、マオイストのプラチャンダは口ばかりで国のことを思う発言・行動をしていないように見える。こんな姿をみて援助にかかわっている国々の関係者はどうみているのだろう。
7時半車の運転手のプスカールさんから今日と明日は車が行けないと電話がある。「大事な情報をありがとうと答える」7時45分 ラムさんに「マライ アザ ガリ チャヒンツー ガリー チャー?」と電話する。
「行くよ。行くよ」と言ってくれる。車の運転もいろいろある。怖い運転をする人が多い中でラムさんの運転が一番安心できる。怖い運転とはスピードを出す。狭い道でもいつも追い抜こうとする。車間距離はとらない。しょっちゅう急ブレーキをかける。とてもせっかちな運転をする人が多い。鼻の差でも隣の車に先に出られるのがいやらしい。8時
9時40分ラムさんのバスに乗せてもらう。乗客が次第に一杯になってくる。運ぶルートがこれまでのアルニコ ハイウェイを途中で左折してそこからも乗ってくる人がいて定員の倍ぐらいの人を乗せて教育局の正門でとまってくれた。ドアのそばに座っていたのだがそれでも人を掻き分けないと出れないので終点までそのまま行ってもらう。今日の帰りはまたご迷惑をかけることになるが利用させてもらうことにする。
明日も続けて迷惑をかけるのはしのびないので明日はお休みにさせてもらう。10時45分
今朝バスから見た看板で2つ銀行を追加する。
かねて予告していた通りNCとUMLが政府に対する抗議活動を以下の通り発表した。
ネパールの記事を見ていたら昨年5月の挙国一致内閣で副首相兼外相を一時務めたUMLのイソワール ポカレルが今月末京都と長崎で「ネパールの平和と民主化への道」という表題で講演するのを見る。
UMLは新憲法作成には消極的な動きに終始して結局成立させなかった。そしてすぐ内閣から引きあげたのだがポカレルの肩書きはその時のものを載せている。副首相兼外相という立派な肩書きはもらったがなにもしないまま閣外に去った人だ。その後新聞で意見を見たことも無い。こういう人が日本に招かれてどんな話が出来るのだろう。知らない日本人にはさも重要人物に見えるだろうがUMLではカナルとネパールの発言しか新聞には出てこない。CPから明日Web Programを教えてほしいと話がある。明日はここの車がないので休みにさせてもらいたいと朝話したことを繰り返す。金曜日には自分の時間が取り易いというので次の金曜日は出るようにするからと話す。
お隣の部門の車の運転手は気持ちよく乗せてくれるが定員の2倍も乗っているところに部外者が乗せてもらうので迷惑をかけているのを自覚しないわけにいかない。今日の午後は申し訳ないが利用させてもらうことにするが明日は休みにさせてもらう。15時15分 16時ラムさんのバスで帰る。16時半ホテル。

17時お風呂に入る。17時半Ituneのお気に入りを聞きながら、クリシャナさんの作ってくれた夕食をいただく。屋上に上がって綺麗な夕焼けを撮る。17時40分 
山本周五郎著「へちまの木」を読了。木村久邇典(きむら くにのり)さんの解説を読む。
「花筵」は昭和45年9月芸術座で佐久間良子、乙羽信子、田宮次郎、緒方拳らで講演されたとある。別の芝居でもとりあげられ、TVドラマもつくられ、「ちくしょう谷」で山本が生涯の指針とした「人間はなにを為したかではなくて、何を為そうとしたかだ」という意欲が十二分に篭められていると解説している。
19時就寝。23時目を覚ます。日記をつける。

大使館からのお知らせ(13-4) 1月17日
NCによる抗議活動の実施について
大使館に入った情報によりますと,NC(ネパールコングレス党)の下部組織は政府に対する抗議活動を以下の日程で行うとしています。
・1月17日(木)日中   デモ行進(ラトナパーク~アサン)
・1月20日(日)日中   デモ行進(カトマンズ市内)
このため,上記周辺地域で交通渋滞が予想されます。また,群衆には絶対に近寄らないでください。

大使館からのお知らせ(13-5) 1月17日
共産党UML及びNC等による抗議活動の実施について
当館に入った情報によりますと,共産党UML及びNC等の野党は,政府に対する抗議活動(デモ行進)を以下の日程で行うとしています。
・1月25日     各郡事務所前
・1月29日     カトマンズ
・2月1日     バグルン(バグルン郡)
・2月2日     ビラトナガル(モラン郡)
・2月3日     ネパールガンジ(バケ郡)
・2月4日     ポカラ(カスキ郡)
・2月5日     ダンガリ(カイラリ郡)
・2月6日     ジャナクプール(ダヌーシャ郡)
・2月7日     バイラワ(ルパンデヒ郡)
・2月8日     カトマンズ
外出する際は,群衆には絶対に近づかないようご注意願います。
また,今後の報道等に注意してください。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月16日(水) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時31分 ネパール663日目 気温最高21℃、最低 7℃ 
2013/01/16(Wed)

夜中目を覚ます。枕元の明かりのスイッチをつけたが点かなかった。そのまま休む。また目をさましスイッチをつけたら今度は明かりが点いた。横になったまま「ちいさこべ」を読んで1時半までに読了。これは昭和32年講談社倶楽部11月号で発表された作品。初めて読んだ短編だがとてもいい作品だった。著者が54歳の時の作。これを読んで改めて作者の人物の大きさを思わされた。この次の年代表作「樅の木は残った」「赤ひげ診療譚」など次々に書かれている。2時半 お湯を沸かして紅茶を1.5リットル作りさましておく。英語を聞く。5時停電になる。しばらくして自家発電がくる。
6時朝食。
2013_1_16_1.jpg
野菜いため。
2013_1_16_2.jpg
昨日のThe Rising Nepalには副大統領が各政党の合意が出来なければ今の政府が継続するしかない。と言っていた。副首相のガッチャダールはコンセンサスを得るのは各政党と政治家の責任だと述べまだ5月選挙実施はできると言っている。野党のNCとUMLは政権抗議の街頭闘争を決めたと出ていた。
ヌワコット県で水牛の闘牛の写真があった。
2013_1_16_3.jpg
朝食後カトマンヅ盆地は雲の中に入った。7時半
2013_1_16_4.jpg
いつものように鍵を開けてオフィスへ。ネパールの銀行を見る。
中央銀行1つ。商業銀行32行。開発銀行86行。これは信用金庫に似ている。ファイナンス会社78。これは消費者金融、クレジット会社のよう。マイクロ クレジット開発銀行21行。どんどん増えていまはもっと多くありそうだ。
大学を見る。最初の大学は1959年にできたトリブバン大学。これは世界有数の学生数の大学で2012年7月にエンロールされた学生数が143,899人。
関連のカレッジ85校、協力カレッジ600校。
2番目に出来たのがダン県のベルジャンジーにあるネパール サンスクリット大学。以前はマヘンドラ サンスクリット 大学と呼ばれていた。1986年の設立。
そのあとデュリケルにカトマンド大学、
ビラトナガールにプルバンチャル大学、
ポカラにポカラ大学、ダーランに医大ができている。 
午後は英語を聞いて過ごす。15時40分店仕舞い。
16時オフィスの車で16時25分帰宅。
直木賞と芥川賞の受賞のニュースを見る。
17時停電になったがすぐ自家発電が鳴り出す。
山本周五郎著「ちくしょう谷」を読む。17時半お風呂に入る。最初ぬるかったが熱いお湯が入ってくるので段々温まった。
18時ジーワンさんの作ってくれた夕食を中島みゆきさんの歌を聞きながらいただく。グリーンピースを茹でる。
夕食後「ちくしょう谷」を読了。「へちまの木」を読み始める。19時就寝
アルジェリアで石油施設で働く日揮の社員など約40人、アルカイダ系武装勢力に拘束される。フランスに対し人質の安全と引き換えにマリ北部での軍事作戦を停止するよう求めた。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月15日(火) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時30分 ネパール662日目 気温最高19℃、最低 5℃ 
2013/01/15(Tue)

2時目を覚ます。エアコンをつけて、枕元の明かりで「花筵」を読む。5時半起床。
今日の日の出は昨日より早くなり、日の入りは遅くなった。これから昼間の時間が段々長くなっていく。
昨日は大統領が発した9度目か10度目かのDeadlineの期日。今朝の新聞になにかでているだろうか。
2008年8月に制憲議会が発足してマダブ・ネパールが2010年6月に辞任したあと2011年2月に17回目の投票でようやく過半数を得て同じUMLのカナルが首相に選ばれた経緯がある。半年も首相が不在の時期を経験しているから、現在はバンダもしばらくないし異常とは思えないのだが野党は政治危機だ独裁政権とことさら今の状態が異常だと煽っているように見える。
6時朝食。
2013_1_15_1.jpg
冬瓜の煮物。
2013_1_15_2.jpg
お汁に山芋が刻んで入っていた。
昨日の 「大寒に山芋を食べる日」を今朝賞味させていただいた。
しばらくぶりでお会いした方の話を聞く。ジャバに行っていたそうで最初の2~3日は濃霧で陽射しが届かず昼間でも2度ぐらいの気温だったという。The Rising Nepalの今朝の一面は昨日が期日だったDeadlineがどうだったかの記事は見当たらなかった。ただ今日大統領が各政党に集まるように呼びかけたというのが出ていた。多分ここで各政党からの要請があったので大統領は再度のDeadlineをいついつにすると発表するのだろう。マオイストのバイデア派が議員のリバイバルより選挙が問題解決の道だと発表していた。どの政党も選挙が今の状況の問題解決というのだがそれでまとまらない。今の政権のもとでの実施は認められないということだろう。5月選挙実施は既に準備時間的に不可能らしい。
5月が無理ならその次は何月という記事はまだ出てこない。
写真をアップしてブログを更新。帰国報告要旨を更新してUSBにコピーしておく。
今日は英文帰国報告書を作ることにする。8時停電になる。すぐホテルの自家発電のエンジンが鳴り出す。8時3分電気が来る。いつものように9時15分前ホテルを出る。ババマハルに9時半車が来る。先週の金曜日どうしたかと聞かれる。CTEVTのバスに乗ったがその後遅れてバスが来たという。
ババマハルからコティソールの道の両側には大きな広告の看板が沢山かかっている。学校の看板に混じって銀行の看板も多い。ユニークな名前の銀行も多い。この国の現在ある銀行と大企業でどういうのがあるのか調べてみることにしようと思い立つ。新しいカレンダーを古いのと取り替えて休日マークを貼る。
今月は29日の火曜日が休日。CPからJICAのNational Staffをしていた人がUSAIDに移ったという話を聞く。この国では外国の支援団体はネパール人にとって貴重な職場になっている。
CPが給与の話をしてくれる。公務員は給与が低いと言う。日本の給与を聞かれる。CPの給与から11%税金に取られ、10%は強制的に国に預金しないといけないという。その利子は7%で国の10%より安いので国が搾取しているという話しだった。役所の本省の課長クラスでキドホテルの中堅スタッフと変らない給与だった。ホテルのスタッフの仕事の拘束時間は役人の倍以上。ホテルのネパール人のよく働くことには感心する。役所は良く働く人もそうでない人も給料は変わらないようだ。
Final Report Summaryを作ってみる。ネパールの銀行を調べてみる。
16時オフィスの車で帰る。車の中でタナフ出身という人とおしゃべりする。タナフの青年隊員を知っていた。16時20分ホテルに帰り日記をつける。お風呂が空くまで「花筵」を読了。今から64年前の昭和23年4月に刊行されたものだが一気に読ませられた。これまで知らなかったがとても面白い作品だった。
山本周五郎さんは小説の中でさまざまな名言を残している。この作品の主人公花筵を作った「市」の父には「人間がこれだけはと思いきったことに十年しがみついていると、大体ものになるものだ。」という言葉を語らせている。逆に言えば、10年も立っていないのに、ダメだとあきめてはいけないということと解説にあった。
また「読書、なかんずく小説を読む喜びは、もうひとつの人生を経験することができる、という点にある。」というのも残している。
「人は誰でも、他人に理解されないものを持っている。
もっとはっきり云えば、人間は決して他の人間に理解されることはないのだ。
親と子、良人と妻、どんなに親しい友達にでも、人間はつねに独りだ。」というのも書いている。
18時15分お風呂に入る。少しぬるかったのでしばらく風呂につかっていた。
ジーワンさんの作ってくれた夕食をItuneのお気に入りを聞きながらいただく。
夕食後ベッドで「ちいさこべ」を読みながら20時就寝。8日に出した郵便がこの日届いていた。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月14日(月) 晴れ 日の出6時56分、日の入17時29分 ネパール661日目 気温最高18℃、最低 1℃ 
2013/01/14(Mon)

2時半目を覚ます。昨日は久しぶりに青年の笑顔に会えて嬉しかった。皆さんの落ち着いた表情や話し方に成長を感じることができた。ボウズには出てこなくても、昨日のような毎年あるわけでもないセレモニーに出てこれなかった人達もいたが屈託を抱えているのではないかと思ったりしてしまう。
昨日は午前中安全管理の話があって防犯ブザーとヘルメットが貸与された。ヘルメットは希望者だけだったので遠慮した。帰任間近になると事故が多くなるという。普段しなかったことをしがちになるからのようだ。21時以降の外出はしないようにとあった。その時間になると複数の人でタクシーを拾って帰れるのでなければ、たとえ複数人でも夜道を歩いて帰るのはこの街では安全ではない。
ローカルバスには出来るだけ乗らないようにというアドバイスもあった。バスに爆弾の危険があるという。
これまでと、今の政治状況についての話もあった。ネパールよいとこの国勢調査の項目に主要都市の人口を追加する。4時50分 今朝は水が出てこなかった。水が出ないことはこれまでなかった。ここ以外では蛇口をひねっても水がでないのが珍しくないのだろうと改めて思われた。ホテルの同じ敷地の裏には井戸水を汲みに来る人達がいる。カトマンド市内でも井戸水は貴重だ。計画停電に対しては慣れた。水は沸騰したものを飲むのにも慣れたが、水道の水が出ないのは初めてでその準備はしていなかった。
早くも新年が始まって半ばにきた。今日からネパール暦ではマーグ月(10月)の1日でカレンダーには赤字で休日になっている。「大寒に山芋を食べる日」でマギー パルバ。マーゲ サンクランティというお祭り日。土曜日にマーケットで山芋が沢山並んでいたが、今日の祝日に食べるために入荷された。
ネパール人も山芋をとろろいもで食べる。今日から一週間ぐらいがネパールでは1番寒さが厳しくなるようだ。厳寒を跳ね返すために元気をつける意味合いの山芋を食べる祝日というわけのようだ。
6時朝食。三度豆(シミ)の炒め物。
2013_1_14_1.jpg
山芋のトロロが出るかと期待したがでなかった。
昨日のThe Rising Nepalには西部 70 ドティ県のバス事故で31名死亡というニュースが出ていた。
朝食後すべての都市、VDCの人口・世帯数・男女の数字をシートに作ってネパールよいとこの国勢調査添付ファイルを差し替える。9時停電になる。今日の停電は9-16時と19-24時。すぐにホテルの自家発電のエンジンの音が鳴り出す。レモンを2個搾ってレモンティーを1リットルつくり冷やしておく。読んだ本を図書室に返して新たに、源氏鶏太著「まだ若い 上 下」、山本周五郎著「ちいさこべ」、松本清張著「証明」を借りてくる。10時22分自家発電がとまって静かな大きな容量の発電機に切り替わる。
Ituneでお気に入りを聞きながら昼食をいただく。12時26分発電機が止まる。
午後も「まだ若い 上 下」を読む。日本は雪の成人式と出ていた。カトマンヅでは8年ぐらい前のこの時期に雨が降って気温が下がった時周辺の山々に雪が降ったという。カトマンヅに人たちは山の麓までバイクなどで駆けつけ山に雪を見に行ったものだというほどここでは雪が珍しいと言う。
17時日記をつけて可愛い写真をアップする。17時50分お風呂に入る。とてもいいお湯で温まった。風呂上りクリシャナさんの作ってくれた夕食を「わが人生の出会い、そして別れ」 詩人・作家 高校の先輩、三木 卓さんの話を聞きながらいただく。
山本周五郎著「花筵」を読み始め19時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月13日(日) 晴れ 日の出6時56分、日の入17時28分 ネパール660日目 気温最高19℃、最低 2℃ 
2013/01/13(Sun)

1時半起床。年金について調べる。メールを発信しておく。3時半
ネパールよいとこを更新する。
6時食堂へ行くと、既に朝食が並べられていた。
2013_1_13_1.jpg
写真を1枚撮ると開きスペースが無くなっていた。
ロビーのTVではNHKの政治番組で安倍にインタビューをしていた。前回は声が出なくて痛々しかったが今日は歯切れ良く話が出来ていた。円安、株高と経済に追い風を受けて市場の期待感を感じての話しで、デフレ対策や失業率などで日銀に目標と責任を持たせる話は国民に期待感を与えるものだろうと感じた。しかし日銀にそんな力があるのだろうか?円高傾向を円安に持って行ったり、失業者に仕事をつくることなど自分のやることをただ日銀に押し付けているような気もするがまあ、日銀に明確な目標を持たせるというのはわかりやすくていいと思った。
朝食後かわいい写真をアップする。
写真をアップしてブログを更新し、デジカメの写真を全部クリアーする。
ネパールよいとこの各県に隊員情報を追加する。10時。ズボンを四階でアイロンがけをする。
10時20分支度をしてホテルを出てオフィスまで歩く。10時50分オフィス着。会いたかった同僚は来ていなかった。顔をあわせるのがイヤだったのかもしれない。日本人の集まりには極力出ないようにしているが、今日は日本大使主催の新年会。背広もこの日のために持ってきたのだから日本人の集まりであるが参加させていただいた。大使館と違って大使公邸は広い庭があって塀の内側は日本の静けさと清潔なものだった。高橋大使のとてもわかりやすい話は良かった。大使の気持ちはとてもネパール人に信頼され、尊敬されることだろうとも思った。謙遜な人柄を知ることができて日本人大使として信頼できる方とみた。
とても感心させられた話しの内容だったがそれを納得できた人がいたのだろうかとも思った。
相手の成功を信じてやればやるほど、相手の成功の芽を摘む結果にしかなってはいないかと危惧する。
おせち料理とお赤飯、お雑煮をいただき満腹になる。アルコールはやめてコーラだけ飲む。
13-14時半まで。14時半門を出るとそこは交通大渋滞で排気ガスとホコリのネパールの現実に逆戻り。
帰りはタパタリのバス停まで送ってもらう。置時計が止まっていたので直す。
日記をつける。17時15分
17時半お風呂に入る。18時風呂上り懐かしのラジオ歌謡集を聞きながら夕食をいただく。
「ネパールよいとこ」と可愛い写真をアップする。松本清張著「殺人行おくのほそ道」を読んで20時就寝
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月12日(土) 晴れ 日の出6時56分、日の入17時28分 ネパール659日目 気温最高18℃、最低 4℃ 
2013/01/12(Sat)

0時目を覚ます。昨日見たイエッティ パットで「ネパールに来て一番驚いたこと」に「一日が36時間に思えること」というのが目をひいた。日本では毎日することがいろいろあってあっという間に終わるのに較べて自分の時間が沢山あるということなのだろう。ネパール人が未来をどう見ているのかで国の未来に希望を持っている人が多かったが明日は今日より良くなることを信じられる発展途上国共通なのだろう。しかし共通してネパールには天然資源に恵まれているという人が多いのには不思議に思った。エベレストなどヒマラヤの観光資源は豊富にあるが、豊富な川の水資源も現在の電力不足を将来は解決するだろうと期待しているようだった。水力発電所は簡単に出来るわけでないことを認識していないようだ。国民が豊かになってきている象徴をオートバイの急増に見ることができる。しかしそれが市内の道路渋滞を慢性的なものにしているし道路が排気ガス発生源となっている。どこの発展途上国でも経験する車やバイクの増加で道路混雑と空気汚染にこの国は直面している。この街はさして広くなく大して高低差が無い。自転車で十分だと思うのだが、自転車に乗る人は多くない。危険な道路を自転車に乗って交通手段にしている外国人を時々見ることがある。自転車に野菜や商品を積んで商売をしているネパール人は多いが、オートバイにのる学生はあっても自転車に乗って学校に通う学生はあまりいないようだ。
任期満了まで2ヶ月と10日というこの時期に任期短縮で帰国した同僚があったと聞いた。
そろそろ帰国報告を作る時期にどんな事情かあったのだろうか。2時10分 
今日の停電は3-9時と13-19時。あと1時間ほどで停電になる。お湯を沸かして紅茶を2リットル作って冷ましておく。今週はあまり食べられず食材が少し余った。休日の土曜日は道路に車が少なくなるので日曜日に歩くよりは排気ガスが少ない。今朝もマーケットへ買い物に出かけることにする。
昨日の書類を見る。銀行の書類で2012年12月23日の入金が25ドル少なく印刷されているのが見つかる。
けれまでは一致していたが今回初めて見つかる。確かめることにする。2時58分停電になった。
時間にルーズなこの国だが停電だけは予定時間より1分か2分早く予定通りに切れる。
5時半目を覚ましたとき自家発電が点いていた。
6時朝食。
2913_1_12_1.jpg
白菜の甘煮。昨日のThe Rising Nepalには大統領の10回目のDeadlineが13日とも14日とも出ていた。7時ホテルを出る。
スモッグに覆われ日が射さない。道路は休みですいている。
2013_1_12_6.jpg
2013_1_12_7.jpg
2013_1_12_2.jpg
あちこちで焚き火で暖を囲む姿があった。
2013_1_12_3.jpg
今日も玉葱、ジャガイモ、ニンニク、トマト、レモン、キャベツ、リンゴを買って9時にホテルに戻る。このころになると陽射しが出てきた。汗ばんだ服を手洗いして屋上に干す。
レモンを5個搾ってレモンティーを作る。ジャガイモを洗って茹でる。ニンニク、玉葱の皮を剥く。
11時までに一段落して日記をつける。12時石田衣良さんの話を聞きながら昼食をいただく。昼食後英語を聞く。13時停電になる。
町へ散歩がてらファスナーを買いにいく。
2013_1_12_5.jpg
14時半ホテルに戻り、リュックサックの物入れのファスナーを取り替える。「「とほほのほ」を読んで16時15分自家発電の電気が来る。日記をつける。17時50分お風呂に入る。熱いお湯で身体が温まる。風呂上り〔にっぽんの歌こころの歌〕 ポップス・シンガー思い出のヒット:越路吹雪集 愛の讃歌、ラスト・ダンスは私に、誰もいない海を聞きながら夕食をいただく。夕食後日記をつける。「とほほのほ」を読んで19時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月11日(金) 晴れ 日の出6時56分、日の入17時27分 ネパール658日目 気温最高14℃、最低 -1℃ 
2013/01/12(Sat)

0時半目を覚ます。今日の停電は4-10時と14-20時。4時までの3時間ちょっとを帰国案内メールを見る。
帰国届けの入力では宿泊場所の入力がある。ホテルを3泊予約入れておく。
予約確認を印刷しようと久しぶりでプリンターを使ってみた。
3度ヘッドをクリーニングしてもかすれた印刷しか出来なかくて諦める。3時51分 
ベッドでひと休み。4時停電になる。
5時過ぎ自家発電が来る。ベッドで「とほほのほ」を読んで5時20分起床。
昨日来ていた帰国の2ヶ月前までにという帰国届けをポータルで申請しておく。5時半。
6時朝食。
2013_1_11_1.jpg
里芋と鳥皮の煮物。
2013_1_11_2.jpg
今朝のThe Rising Nepalには大統領がまたDeadlineを13日にしたと出ていた。どうやらこれをいつまでも辞めないようだ。NCあたりから続けるよう言われているのだろう。
今日はいつもの車が来なかった。CTEVTのバスに乗ってオフィスへ。
今日は帰国1ヶ月前提出資料をつくる。Excel VBAのサンプル プログラムも作る。
15時オフィスの車でホテルには15時半帰宅。頭痛がするのでタイレノールを1錠とレモンティー2杯飲んで15時45分ホテルを出て事務所まで歩く。棚にあった2013年JICAカレンダーや資料を有り難くいただく。
16時半事務所を出て17時ホテルに帰る。
17時15分お風呂に入る。最初はものすごく熱い。2度目は熱い。3度目に入るときは丁度いい温かさに感じた。それだけ最初は身体が冷えていたからだろう。17時45分中島みゆきさんの歌を聞きながら夕食をいただく。夕食後かわいい写真を3枚Web Sitesにアップする。そのあと日記をつける。18時51分
枕もとの明かりで「イエッティ パットラ」を見て19時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月10日(木) 晴れ 日の出6時56分、日の入17時26分 ネパール657日目 気温最高14℃、最低 -2℃ 
2013/01/12(Sat)

23時半目を覚ます。
ニュースで安倍首相は9日、都内での日本生産性本部の新年会で、東日本大震災からの復旧・復興を加速させるため、復興庁の幹部官僚の多くを近く福島県に常駐させる方針を明らかにした。首相は復興庁の体制について「ほとんどの人たちが東京にいて、東京に来なければ物事が解決しない。現場にいる人がそこで本当に判断をする」と述べた。というのを見る。現場にいてこそ仕事も早く出来ることだろう。
単身赴任を余儀なくされる人が多くなることだろうが辛抱していただくしかない。
福島で住むことで放射能の影響に不安を感じない人はいないだろう。
まず本当に放射能はどれだけあるのかを見るところから始めることだろう。
昨日はパナソニック、シャープ、ソニーの苦戦の様子を見た。お隣のサムソンが最高益を出している同じ時期に大きな赤字を出し続け立ち直る目途さえ見えていない。パナソニックはプラズマTVへの投資とサンヨーの買収で大きく赤字を膨らませた。買収したサンヨーの電池も期待倒れだった。シャープも液晶パネルの投資が先を見誤った。ソーラー発電も中国企業に破れた。パナソニックの株価が下がって企業価値がかっての七分の1になった。これまで経験したことのない競争環境だけに果たして生き残れるか予断を許さない。武富士が韓国企業に買収されてしまったようにサムソンに買収されてしまうかもしれない。日本もかって勢いがあった時代には外国の企業を買収したものだ。カトマンヅにいるとサムソンやLGの広告やビルが目立つ。日本企業のロゴを載せた看板は残念ながら色あせている。1年ぐらい前には韓国の給料は日本の半分だから競争にならないのは仕方ないさと言っていたものだ。今は売れるものを作って伸びている韓国と競争にならないものに投資していた日本の先を読む目の誤りが今の結果をもたらしていることは明らかだ。1時 今日の停電は4-11時と16-21時。停電まであと3時間。3時過ぎまで英語を見る。
ベッドで「とほほのほ」を読む。4時停電になり休む。
5時過ぎ自家発電の大きなエンジン音が鳴り出す。5時25分起床。英語を聞く。
6時ロビーで新規の方とおしゃべりする。
朝食。
2013_1_10_1.jpg
白菜漬け。
2013_1_10_2.jpg
朝食後Imapを動かしてみる。
今朝のThe Rising Nepalで昨日の7度目の大統領が言っていた9日のDeadlockの結果を探したがなんの記事も見つからなかったこれまでNCのコイララを推しているようなそぶりを示していた。UMLが改めて独自色を出すようなことを言いだした。マオイストのプラチャンダが10日各政党に話をすると言っている。
皆から無視された形の大統領の発言だったが自身は何も発言していない。
いつもどおりオフィスの車で10時前。ImapのネパールMapをCPに説明する。
ESRI Arc GIS Version3.1をInstallする。それとDev Info2003をInstallして操作をして見る。
ESRIのソフトをWebで触ってみる。16時オフィスの車で帰宅。
いよいよ帰国案内のメールが来ていた。肝心の東京の宿の説明が見当たらなかったので質問しておく。17時15分お風呂に入る。ぬるいお風呂で温まらなかった。風呂上りラムさんにぬるい風呂で風邪をひくから熱くするよう頼んでおく。すぐボイラーを点けに行った。風呂上り夕食。
夕食後「とほほのほ」を読んで20時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月9日(水) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時25分 ネパール656日目 気温最高15℃、最低 -3℃ 
2013/01/09(Wed)

3時45分起床。今日の停電予定は5-12時と17-22時。あと1時間少しで電気が切れる。
昨日は大使館から新年賀詞交換会の開催の案内が来ていた。昨年は無かったものだ。
昨年10月、4年と20日の任期を終えた水野達夫さんの後任に高橋邦夫さんが(千葉県出身62歳)が着任された。新大使としての最初の年にこの催しを開かれる。来るとき大使館主催の新年会で必要と聞いていたので背広を持ってきていた。ネパールの豪邸はどこも高い塀に囲まれている。日本大使館も同様で、塀の中は外とは別世界のようにゴミ一つなく清潔で綺麗にしている。会場の前にはは芝生が敷き詰められている。平成22年海外在留邦人数調査統計速報によるとネパールには694人の邦人が在住とあった。
毎年少しづつ増えているようだ。レモンを4個搾ってレモンティーを作る。メールを発信。4時59分停電になる。5時半自家発電の電気が来る。
6時朝食。
2013_1_9_1.jpg
2013_1_9_2.jpg
筍とジャガイモの煮物。
昨日新しいシニア ボランティアが着いてこのホテルに宿泊を始めた。1ヶ月ほど事前研修をしてから赴任することになる。
今日はヤダフ大統領が言った7度目のDeadlineの日。何か新しいニュースがあるか注目してみる。
アジテーターのようにDeadlineを繰り返し言い続けたヤダフに今朝のThe Rising Nepalではもう少し自分自身も各政党と話しあいをしてみたらというサジェスチョンが出されていた。もともとシンボルでしかない大統領がどこまでできるのかわからないがたしかに双方に歩み寄るよう話すことぐらいはできるだろう。
午前中SLC Chartを修正してCPに見せる。午後同僚がネパール暦について訊ねてくる。
16時オフィスの車で帰宅。16時半ホテル。16時58分停電になる。すぐ自家発電のエンジンが鳴りだして電気が来る。17時15分お風呂に入る。温まって17時35分風呂上りItuneのお気に入りを聞きながら夕食をいただく。18時の大容量の自家発電に切り替わる。中島らも著「とほほのほ」を読んで19時就寝。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月8日(火) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時24分 ネパール655日目 気温最高15℃、最低 -1℃ 
2013/01/08(Tue)

5時半起床。下痢は止まる。身体の節々にまだ違和感が残る。
6時朝食。
2013_1_8_1.jpg
キューリの酢の物。
2013_1_8_2.jpg
パパイヤ(メワ)のデザート
2013_1_8_3.jpg
ガネッシュさんに郵便2通投函を御願いする。元日以来お客さんが少ない。今朝のThe Rising Nepalには相変わらずバッタライ首相が選挙をコミットメントする国民合意政権ができたら辞任する用意は出来ていると表明している。大統領のDeadlineについて法律家がこれ以上繰り返すことをやめて各政党に働きかけをしろという意見が出ていた。マデシのウペンドラ ヤダフがNCとアライアンスを組んだとでていた。ウペンドラ ヤダフはこれまでにも主要政党と組んで副首相の地位を得たことがある。NCの政権樹立が近いと見て接近したのだろう。NCは選挙のコミットメントをしさえすれば首相のポストが手に入るところまできているが、選挙はやりたくないようようだ。だからコミットメントしないのだろう。7時15分停電になる。今日の停電予定は8-14時と18-24時。すぐ自家発電のエンジンが鳴り出す。7時18分
9時10分過ぎホテルを出る。9時25分ババマハルからオフィスの車にのる。今日は多かった。
昨日の昼食と夕食で残したものを牛や鶏がいるところに置いておく。今日は一日Excel ProgramのStudy。15時40分Puskarさんから電話がある。ガンガジーのくるまでNCEDに行きPuskarさんの車に乗り換えて帰る。郵便のお釣りをフロントでもらう。ホテルに16時半すぐお風呂に入る。風呂上り帽子を手洗いし、紅茶を1.5リットル作る。17時45分 ベッドに横になり「敵意の環」を読了。21時起きて日記をつける。また休む。

大使館からのお知らせ(13-1) 1月8日
平成25年新年賀詞交換会の開催
先般,大使館からのお知らせ(12-99)でご案内しましたが,平成25年新年賀詞交換会を下記のとおり開催いたしますので,ご出席いただければありがたく,再度,ご案内申し上げます。
なお,準備の都合上,事前に出席者を承知致したく,下記6.をご参照の上,1月11日(金)までにご連絡お願いいたします。
当日は,「在留届」及び「在外選挙人登録」に関する受付を行いますので,ご希望の方は「旅券」「在外選挙人証」(新規申請の方は在外選挙人証は不要)をご持参ください。

1 日時        平成25年1月13日(日)午後1時から午後2時30分まで
2 場所        大使公邸(前庭)
3 招待者      在留邦人の皆様(ご夫妻)
4 服装        平服
5 駐車場       駐車台数に限りがございますので,車をご利用される方は,各自乗り合わせの上お越しくださいますよう宜しくお願いいたします。
6 出欠確認    メールの場合  
              電話の場合 または
               (団体,会社等は取りまとめの上ご連絡頂ければ幸いです。)
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月7日(月) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時24分 ネパール654日目 気温最高16℃、最低 1℃ 
2013/01/07(Mon)

枕元の明かりで「本因坊殺人事件」を読了。たしか一度読んだことがあった。朝まで2度下痢をする。
正月以来食べ過ぎていた。これから夕食を控えめにする。
6時朝食。
2013_1_7_1.jpg
パクチョイの甘煮。
2013_1_7_2.jpg
朝食後御岳百草丸を10錠のむ。
今朝は迷彩服で肩に日の丸をつけた自衛隊員3人と朝食をいただく。流石にきびきびした感じの人達だった。朝食後The Rising Nepalを見る。バッタライ首相が国民合意政権樹立したら辞めると重ねて表明している。ただ新政権は選挙実施をコミットしなければならないと条件をつけている。カナルは相変わらずマオイストは独裁政権だと非難している。昨年6月あたりと状況は変っていない。
1月3日から昨日までの写真をアップする。7時55分 今日の停電は8-14時と18-24時。
今日は15時過ぎに日本大使館に在留証明書を取りにでかける。7時57分
午前中清水一行著「敵意の環」を読む。12時半昼食。御岳百草丸を10錠のむ。足の関節にも痛みがある。将棋棋王戦渡辺―羽生戦をみる。77手目渡辺が桂をはねたところで優勢のようだ。13時15分
自家発電の電気が止まる。13時50分ホテルを出て大使館に15時10分つく。
途中のパスポートセンターの前でバイクと車の接触事故を目の前で目撃する。
2013_1_7_3.jpg
3部申請したのだが1部しかなかった。2部再度申請書を書く。15時半3部もらって大使館を出る。前の道路で市内行きのバスに乗る。市内から歩いて16時15分ホテルに帰宅。17時お風呂に入る。風呂に入る前身体がとても寒かったが熱いお湯のお陰で身体が温まる。夕食は食べずに17時半ベッドに横になって休む。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月6日(日) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時22分 ネパール653日目 気温最高19℃、最低 1℃ 0時の気温19℃、湿度70%
2013/01/06(Sun)

ヨーグルトをいただく。良く使う機能をまとめたプログラム教材をつくり送っておく。
リンゴをいただき日記をつける。4時21分
6時までデータ入力のサンプルプログラムの作成のかかる。
6時朝食。
2013_1_6_1.jpg
ひらたけの炒め物。
2013_1_6_2.jpg
ヨーグルトを頼む。朝食後プログラムの教材づくりをする。
今朝のThe Rising Nepalには大統領が各党の要請に答えて7度目のDeadlineの延長を表明したとあった。2012年11月22日に言い出して今度は1月9日がDeadlineという。大統領はこれが最後だと言ったようだ。
NCのポウデルが大統領は自分の考えで首相を任命しろとの談話を出していた。韓国などのように大統領が首相を指名する権限などないこの国で大統領の権限を逸脱したことを要求する発言だがこれがありえるとは思えない。カナルは相変わらずマオイストは独裁政権を狙っていると非難している。昨日はNCのデウバが大統領に首相を決めろと言いのが新聞に出ていたがNCは自分たちが担いだ大統領だのみにしているようだ。UMLはネパールを担いだが最近はそれを言わないでNCのコイララでもいいという様子だ。
東の13コタン県(ヒル:丘陵:パハール地域)で
家の生活を助けるので学校に行けない子供たちの写真を載せていた。
2013_1_6_3a.jpg
8時すぎジーワンさんがヨーグルトを届けてくれる。1月3日からの写真をアップする。
写真番号が9999になって1月3日から1番から始まっていた。
今日の停電は10-17時と20-1時。簡単な入力して計算するプログラムを作る。
12時半自家発電が来たので入力プログラムのつづき。レコードの後ろに追加が出来るようになる。
MaxRow = Range("A1048576").End(xlUp).Row の1行で最後の行を認識してそれに1を加えた行に新たなレコードを追加する。 13時半自家発電が切れる。
「蒼ざめた礼服」を読了。これは「サンデー毎日」昭和36年1月1日から37年3月25日まで連載された長編。
51年前の作品だが流石に面白く読ませてもらった。60年安保の後の池田内閣成立し高度経済政策が始まった時代であった。図書室で本を返して新しい作品を探してくる。14時23分
内田康夫著「本因坊殺人事件」を読み始めたら発電機の音がしてきた。15時。 レストランの発電だった。
また読書。16時過ぎから自家発電の電気がくる。入力プログラムのつづき。ほぼ完成。
17時お風呂に入る。とても熱かった。ラムさんが料理を作ってくれる。
17時半〔明日へのことば〕 創作の源泉を語る(1)小説家 宮本 輝さんの話を聞きながら夕食をいただく。夕食後日記をつける。18時20分 「本因坊殺人事件」を読んで19時就寝。22時半目を覚ます。
停電予定の時間だったが電気が来ていた。カレンダーをダウンロードする。
下痢をする。寒気がしてベッドで休む。「本因坊殺人事件」を読了。一度読んだことがあった。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月5日(土) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時22分 ネパール652日目 気温最高18℃、最低 4℃ 0時の気温19℃、湿度73%
2013/01/05(Sat)

昨日はしばらくぶりで日本大使館へ行った。タメルの脇にある教育省から先の道路の両側が拡張工事で歩きにくくなっていた。9時の窓口が開く前からネパール人の長い列が出来ていた。並んでいる人は日本から送られた日本郵便の同じ郵便封筒とパスポートを持っていて中には書類を取り出して読んだり書いたりして大使館の中に入る順番を待っていた。
長い列の後ろに並んで30分ほど待ったがなかなか進まないので窓口に行ってレジデント サーティフィケーションをもらいたい日本人だと言ったらすぐ門を開けて入れてくれた。
最初からそうすれば良かったが窓口の人はみんなネパール人だったので言うのに気後れしていた。
大使館の中の申請窓口はVisa申請窓口と証明書発行窓口の2つがあって、その前の椅子にはVisa申請のネパール人が5人ほど座っていて、日本人女性が1人座っていた。そこで在留証明書発行申請書と在留証明書の内容書類を記入して窓口に提出する。待っている間に若い日本人の女性とおしゃべりをする。ネパール人男性と日本で知り合い結婚して7年になりお子さんが2人いてカトマンヅに住んでいるという。
Visaの更新で今回は10年間のVisaをとるので来たということだった。証明書の発行は申請して次にオフィスが開く日だがVisaの更新は2日後になるという。費用は14400円。年金提出用の在留証明書の発行は無料。昨日は年末年始で大使館のVisa発行業務が休み明けだったせいか大勢の老若男女が書類を持って長い時間門の外の道路に並んでいた。ラリトプールにあるJICA事務所がある同じビルの2階にマレーシア大使館があってそこでいつもVisaを取りにネパール人が並んでいるがVisaの取得が難しいと聞いていた日本に大勢の人達が書類をそろえて申請にきていることを知った。
日本郵便の封筒の中には日本の呼び寄せ人の書類が入っているのだろう。
ネパール人にとってイギリス、アメリカ、ドイツなどと同じように日本は人気があるようだ。インドとネパールは密接な関係にあるがイギリスの植民地だったインドは英語が準公用語とされているから英語が出来る人が多い。ネパールでも英語教育は私立では5歳児童からはじまるから子供をアメリカやイギリスの大学に留学させている親もいる。日本にはネパール人が2万人以上いるという。ネパールには日本人が300人ぐらいらしい。来週13日に大使館で新年会があるからそのとき聞いてみることにする。
日本人にとって電気や水や辛くて塩気の多い食べ物で不自由するネパールで生活するのには大変勇気がいると思う。来た当初下痢をして体重を減らす人が多い。女性は逞しくて太って任期を務めて帰る人が多いが、男性はダイエットに良かったとやせ我慢を言って痩せたままで帰る人が多い。
しかし日本に帰れば食事がなんでも美味しく食べられるようになるから外国の食事の経験も悪くない。1時
ネットを見ると円が88円までになった。
英語を聞く。バナナとみかんとヨーグルトをいただいてレモンを搾ってレモンティー1.5リットルを作って冷蔵庫に冷やしておく。2時45分今日の停電は3-9時と13-19時。3時停電になり休む。
非常灯と懐中電灯の明かりで「蒼ざめた礼服」を読む。5時13分自家発電が来る。起きて英語を見る。
5時45分日記をつける。プログラムの教材を考える。
6時朝食。
2013_1_5_1.jpg
小松菜と油揚げの炒め物。
2013_1_5_2.jpg
パンを買ってもらうようお金を渡して御願いしておく。
朝食後The Rising Nepalを見る。ヤダフ大統領が政党に呼びかけた国民合意政権のお勧めの2012年12月30日に呼びかけの7度目のDeadlineの1月4日、なんの成果もあげないまま終わったと出ていた。もうこのDeadlineはすっかり色あせた感がある。NCの元首相のデウバが大統領は次のステップに踏み出せと言っていた。具体的には言っていないがNC政権が出来るよう大統領にアクションを呼びかけたものだ。
先日バッタライ首相が呼びかけた政党に首相を譲るのではなく政党から独立した人に選挙実施内閣を任せるという提案に対して、UMLが正式に反対することにしたと出ていた。マオイストのプラチャンダが5月の選挙は既に不可能になったと発言している。NCのリーダーはマオイストは政権にしがみついて延長を図っていると非難した。バッタライ首相は兼ねての主張の合意パッケージが出来れば辞任すると言っている。NCもUMLも合意パッケージを結べば首相は辞任すると言っているのだから選挙実施の約束の合意パッケージにサインしさえすれば首相が回ってくると思うのだが、本音は選挙をしたくないので合意パッケージなどしたくないようだ。NCとUMLは1月9日までにNCのコイララを首相にしなければ政府への街頭抗議を活発化させるとを言いだした。NCもUMLも人を動員するのに金がかかる。この国ではデモの参加者に呼びかけた政党は日当を支給しないと集まらないらしい。投石のレンガ1個幾らで追加手当がでるという話しも聞いた。この国では研修会を呼びかける場合、参加者には参加の日当と食事を支給するのが普通になっている。なにかセミナーを開く場合こうした予算もテキスト費用や会場費以外に準備する必要がある。研修に参加を促進するために必須なのだそうだ。
シュレスタ外務大臣がネパール軍のクマール ラマ大佐がイギリス政府に逮捕された事に抗議している。
サンクワサバ県の山の中からキツネの毛皮など2500ルピーの品物をカトマンヅに売りに出てきた笑顔の素敵な少年の写真があった。
2013_1_5_4a.jpg
トリスリの水力発電プロジェクトが60MWの計画が90MWに変更になったと出ていた。7時5分ホテルを出てカリマティ市場にでかける。
2013_1_5_5.jpg
2013_1_5_6.jpg
リンゴ3個・玉葱・ジャガイモ・キャベツ・砂糖各1Kg・レモン13個・トマト0.5Kg・ニンニク・人参を買って9時ホテルに戻る。ジャガイモを1時間人参を15分茹でる。衣類5点を手洗いして屋上に干す。玉葱とニンニクの皮を剥く。
11時半洗濯物を取り込んで部屋の窓際に干す。12時15分
2013_1_5_7.jpg
Ituneのお気に入りを聞きながら昼食をいただく。午後暖かい陽射しをレースのカーテンで弱めて「蒼ざめた礼服」を読む。ミナさん掃除をしてくれる。15時50分お風呂。熱いお風呂で気持ちいい。ラムさんが料理を作ってくれる。16時20分自家発電の電気で日記をつける。バヌアツで再度のボランティア活動を準備中というのを見る。自ら未来を作ろうとされるその姿勢に励まされる。「蒼ざめた礼服」を読んで19時就寝。
23時半目を覚ます。ジェットの音が聞こえてくる。エアコンをつける。日記をつける。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月4日(金) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時21分 ネパール651日目 気温最高18℃、最低 3℃ 2時の気温20℃、湿度73%
2013/01/04(Fri)

0時10分フォローチャートを作る。昔作ったことがあるがもう35年も書いたことがなかった。
学習にはよい教材が必須だ。いきなりプログラムを見せて理解しろというのは無理だろう。
初めてプログラムを書こうとして出来なかったときを思い出して懇切丁寧なフローチャートを作る。
初心者にとってはそんな補助教材があってもわからないで苦しむものだが、それで教える側の熱意が伝わる事に意味があるだろう。工夫された教材には反応がある。質問が出たらそれがまた教材の更新のヒントになる。つまらない話しでは質問もでないし質問がでなければ話す意味がない。話しには話し手の側も学習したいのだから質問が出ないような話しではまず失敗だ。昨日はいい反応が見受けられたので、帰国までの日々が楽しめる手ごたえを感じられて嬉しかった。
2時半まででフローチャートを作る。ヨーグルトをいただく。英語を聞く。3時45分ベッドで「蒼ざめた礼服」を読む。4時停電になる。今日の停電は4-10時と14-20時。6時ロビーに下りる。おもちのこげたような臭いがしていた。6時過ぎまで自家発電はつかなかった。
6時15分朝食。
2013_1_4_4.jpg
焼きなす。
2013_1_4_3.jpg
7時55分ホテルを出て日本大使館へ向かう。
軍隊の馬車が来る。
2013_1_4_8a.jpg
途中の道は道路拡張工事で歩道がなくなっていた。
2013_1_4_14.jpg
9時10分に着くと大使館前はビザを取りに来たネパール人で100人以上の行列ができていた。
2013_1_4_13.jpg
聞くところによると昨年12月20日頃にVISA発給は終わったらしい。約2週間ぶりということで人が多かったようだ。在住証明書申請の時、パスポートを求められたがパスポートのコピーと身分証明書だけでよかった。証明書の発給は7日月曜日の15時以降ということだった。
10時半終わって11時45分ホテルに戻る。12時昼食をいただき日記をつける。
少し頭がいたくなったので昼寝をする。14時半起きる。「蒼ざめた礼服」を読んで少し暗くなってくる。
5時20分 お風呂に入る。料理はラムさんが作ってくれる。肉もグリンピースもあるがパンが今日で無くなる。明日の朝頼むことにする。17時50分〔明日へのことば〕教育を問い続ける94歳の日々(2)教育研究者 大田 堯さんの話を聞きながら夕食をいただく。お湯を沸かして紅茶を1.5リットリつくり冷やしておく。
枕もとの明かりで「蒼ざめた礼服」を読んで19時就寝。 
23時半目を覚ます。ジェットの離陸の音を聞く。活動ダイジェストを英語に翻訳する。

この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月3日(木) 晴れ 日の出6時55分、日の入17時21分 ネパール650日目 気温最高18℃、最低 3℃ 2時の気温20℃、湿度73%
2013/01/03(Thu)

0時目を覚ます。枕もとの明かりで「蒼ざめた礼服」を読んで1時15分起床。
新年は日本もアメリカも経済の先行きに期待を持てると見られたようで株価が値上がりした。
日本では土地は値上がりするものと信じられていたがバブルがはじけてはじめて土地の値下がりを経験した。バブル崩壊後そのつけを払うのに失われた10年を経てそれまでのエクセレントカンパニーがあやうくなったり無くなったりした。日本の円だけは日本経済の成長が見られなくなっても一貫して値上がりをつづけて、輸出に頼る企業経営を攻め続けてきた。円も先々値上がりはしても値下がりはしないものと多分誰もが思ってきたがここに来て86円ぐらいに値下がりをしている。2年前は75円ぐらいまで値上がりしていた。円高になると企業の利益が出なくなるとよくニュースが取り上げたものだがこのところそれは出ない。円の値段を世界が日本の価値・体力はこのあたりと見るものとすると体力の衰えを見られた結果なのだろう。かって強かった半導体、液晶、ソーラーパネルは韓国、中国に越されてしまった感がある。半導体、家電業界では生き残りをかけた模索が始まっている。ものづくり日本と製造業に強かった日本の技術は中小企業の職人芸のなかに続いているが家電企業ではたいした技術開発がされてきたわけではないと言われ出す始末になってきている。成長してバブルの後押しで世界の頂点に立ってからは山道を転ばないように下り続けているような日本だが新内閣は成長戦略をうたっている。経済を成長させなければ政権も維持できないと見ているのだろう。成長はもうこの国では見込めないと成長しなくなったのに見合った成熟戦略というのがあるらしい。成長戦略にしろ成熟戦略にしろいずれもバランスをとってやっていくしかない。ヨーグルトとバナナをいただいて英語を見る。今日の停電は4-11時と16-21時。あと停電まで1時間。3時半レモンを4個搾りレモンティーをつくる。3時59分停電になり日記をつけて休む。
非常灯と懐中電灯の明かりでベッドで「蒼ざめた礼服」を読む。5時23分自家発電のエンジンが鳴り出す。
5時45分起床。
6時朝食。
2013_1_3_1.jpg
野菜いため。
2013_1_3_2.jpg
今朝のThe Rising Nepalでは首相とUMLの元首相ネパールとの会談の写真を載せていた。
ここで首相は新しい首相に政党から独立した人を立ててこの首相の下で5月の選挙をしようと提案した。
UMLとNCはこれに対して反対を表明した。とあった。
The Kathmandu Postにはもっと具体的に、バッタライ首相は
市民リーダーで元財務大臣のデベンドラ ラジ パンディ(右)の名を挙げたと出ていた。
一方反対を表明したUMLとNCは対抗馬としてダマン ナテ ドゥンガナ(左)を候補に挙げたとあった。
2013_1_3_3a.jpg
どちらも自分の党に有利に出来る首相を据えたいだろうからこの新しい話しは簡単には決まるとは思えない。
9時20分ババマハルで自転車に積んでいたジャガイモやミニトマトが車道に散乱しているのを見ながら歩いていると車の警笛がして横に車が止まって中から婦人たちが笑っていた。誠に和やかな事であった。
オフィスに着いたところでプスカールさんに「私は明日から月曜日まで車に乗りません マライ ボリ バタ ソンバール サンマ ガリ チャヒンダイナ」「ネクスト チューズデェイ」と伝えておく。
オフィスに出るとCPが既に来ていた。ネパール数字でExcelの算術演算の式などできるのかを質問する。
Fontasy HimalのFontsをコピーする。英語の数字がFontasy Himalのフォントで見るとNepalの数字に表示されるのを知る。表示上はネパール語の数字で見えているものが式で数字の算術演算が出来る事を知る。午前中はCPとPCを並べてWeb Sitesの作り方の学習。ガジェットやリンク、Excelインポート、利用者限定など12時半まででひと区切り。最初CPがIEを使っていたがGoogle Chromeに変えてやってもらってから同じ画面の動きになる。昼食は屋上で日を当たりながら飛行機の離発着を見ながらいただく。
午後もCPとPCを並べてExcel VBAのプログラムの動かし方の学習。次回は来週火曜日。
それまでに必要なデータを渡してここまでやってみて頂戴と話しておく。
帰りは若い同僚に車でホテルまで送ってもらう。
ロビーで同僚に今日調べた結果を伝える。
プログラムを作るのに今はどうして作っているのか少し調べてもらうように依頼する。
17時お風呂。17時半風呂上り屋上で夕日を撮る。
2013_1_3_14.jpg
〔明日へのことば〕アンコール教育を問い続ける94歳の日々(2)教育研究者 大田 堯さんの話を聞きながら夕食をいただく。「蒼ざめた礼服」を読んで19時就寝。
22時半目を覚ます。プログラムの説明教材としてフローチャートを作ることにする。
1つ作ってリンゴを剥いていただく。23時49分ジェットの爆音が聞こえてくる。
明日の今頃22年3次隊の人達が帰国の途につかれる。2年間多くの貴重な経験を積まれたに違いない。
ネパールを好きになった多くの人達は再びネパールに来ることになるのだろう。
今回は香港経由という。これまではバンコク経由だったがバンコク経由便が半年前からも切符がとれなかったという。直行便の再開が待たれるがいつになるのか見通しが立たっていない。
日本の地方都市と結ぶのは韓国経由の利用が増えている。
ネパールにいても韓国の元気さが伝わってくる。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月2日(水) 晴れ 日の出6時54分、日の入17時20分 ネパール649日目 気温最高19℃、最低 1℃ 4時の気温20℃、湿度70%
2013/01/02(Wed)

2時起床。日記をつける。メールボックスに2013年賀状というフォルダーを作って年賀メールをそこに移動しておく。英語を見る。5時停電になる。今日の停電予定は8-14時と18-24時だが早く停電になったようだ。これからホテルの自家発電の電気が来るまでひと休み。5時3分
5時23分自家発電のエンジンがなりだして電気が来る。照明は非常灯だけ。英語の続きを見る。
ニュースを見ると気象庁は2日、日本海にある二つの低気圧が相次いで通過し、冬型の気圧配置が強まるため、3日にかけて北日本(北海道と東北)や北陸を中心に猛吹雪になる所があると発表した。大雪や暴風、高波、交通の乱れに警戒が必要というのを見る。秋田は死ぬほど寒いらしい。
カトマンヅの冬は暖かくて過ごしやすい。
6時朝食。
2013_1_2_1.jpg
今朝も食卓に並べてあった。
サツマイモの甘煮。正月の栗きんとんを思い出す。
食べ切れなくて部屋に持ち帰って出かける前にいただく。
2013_1_2_2.jpg
今朝のThe Rising Nepalには09のサンクワサバ県の小学4年生の少年が生活費を稼ぐため牛や馬やロバの糞で燃料を作っている。火をつけて暖をとる。
2013_1_2_3.jpg
またカトマンヅの町で焚き火で暖をとっている。
2013_1_2_5.jpg
またリングロードを自転車でポテトチップを売る人。
2013_1_2_4.jpg
今の日本では見られないが昔はこうして紙芝居をしながら駄菓子を売るおじさんがいたものだ。
9時12分ホテルを出る。バスを待つ間同じ職場のおじさんと話をする。息子さんが韓国の大学に1年留学しているという。韓国は寒くてマイナス8度と言っていた。9時25分オフィスの車が来る。
今日は道路は余り混んでなかった。10時過ぎオフィスへ出ると今日はCPが早く来ていた。
今日は午前中プログラムのスキル トランスファーの為のサンプルプログラムとその説明書を作りCPに説明しておく。
同じ事務所に勤める人が訪ねてきておしゃべりをする。
12時 ネパールよいとこを更新。
午後はWebサイト説明用資料をまとめる。14時50分まで 15時半店仕舞い。
15時55分オフィスの車。16時20分ホテルに帰る。
今日の停電は5-12時と17-22時。17時に停電になった。
18時ベッドでうとうとしていたとき風呂が空いたと電話をもらう。
風呂上り教育を問い続ける94歳の日々(1)教育研究者 大田 堯さんの話を聞きながらラムさんの料理をいただく。
夕食後お湯を沸かして紅茶1.5リットル作る。
昨日のThe Rising Nepalを見ると、NCのコイララがプラチャンダは言ったことをしろ。つまり自分に首相を譲れとうったえているようだった。
情報大臣のマデシのヤダフは首相の辞任は合意パッケージが必要だと兼ねての主張を繰り返していた。コイララも選挙実施の約束だけすれば首相をやるよと言っているのにそれを飲もうとしない。そんな条件をつけられて首相にはなれないと主張する。もう年が明けたので5月中の選挙まで期間が少なくなってますます実施が難しくなってきた。コイララは実のところ首相になっても選挙を出来るだけ遅らせようという下心が見えている。プラチャンダは奥さんを連れてタイのバンコクに行っているという。奥さんの手術をするためという。以前NCで首相をしていた今のコイララとは違うコイララも手術にヨーロッパへ出かけていたことがある。先日の大統領のインド訪問の身体検査といい、プラチャンダが奥さんを連れてタイで手術をさせることといい、どうやらこの国の医療を政治家は信用していないようだ。
「蒼ざめた礼服」を読んで20時就寝。
この記事のURL | ボランティア ライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ