FC2ブログ
3月31日(月) 雨 日の出5時48分 日の入り18時19分 最高気温18℃ 最低気温8℃ 湿度80%
2014/03/31(Mon)

「隠し剣 秋風抄」を読了。6時25分起床。ラジオ体操。
朝食後餌台にパンくずを置いてみかんの葉っぱを集めて穴に入れる。この時期、葉っぱがはえかえる。
風が強い。振込。藤沢周平著「日暮れ竹河岸」を読んで過ごす。
スポンサーサイト



この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月30日(日) 雨 日の出5時50分 日の入り18時18分 最高気温18℃ 最低気温8℃ 湿度82%
2014/03/31(Mon)

藤沢周平著「隠し剣 秋風抄」を読む。
7時起床。朝食後ルソンの壺「名言集」を見る。「人は自分が思っている以上に能力がある」
日記をつける。名人戦最終戦を見る。
15時半のバスで街へ。桜が満開になっている。買い物、図書館による。
17時のバスで帰宅。「隠し剣 秋風抄」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月29日(土) くもり 日の出5時51分 日の入り18時17分 最高気温17℃ 最低気温7℃ 湿度80%
2014/03/31(Mon)

藤沢周平著「一顆の瓜」「鱗雲」を読む。
6時15分起床。日記をつける。
庭に出てサラダ菜、とうもろこしの種をまく。シャワーを浴びる。
藤沢周平著「鬼気」「竹光始末」「果し合い」を読む。
将棋電王戦 第3局 豊島将之七段vsYSSをを見る。
今年オープンした日本一の高層ビルあべのハルカスでの対局。
夕食スシローへ。小雨が降り出す。レーズンパンをセットしておく。
藤沢周平著「遠方より来る」「乱心」「雪明かり」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月28日(金) 晴れ 日の出5時52分 日の入り18時16分 最高気温17℃ 最低気温7℃ 湿度80%
2014/03/31(Mon)

5時45分起床。朝食後6時半ラジオ体操。餌台にパンくずを置く。
沢山落ちたみかんの葉っぱ、玄関口と道路際の溝の落ち葉を集める。 
朝は冷えているが昼間は暖かくなるという。
藤沢周平著「恐妻の剣」「潮田伝五郎置文」「密夫の顔」を読む。
夜、巨人―阪神開幕戦を見る。
藤沢周平著「暗殺の年輪」「くしゃみ」「十四人目の男」「桃の木の下で」「臍曲がり新佐」
「夜の城」「冤罪」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月27日(木) 曇り後晴れ 日の出5時54分 日の入り18時15分 最高気温17℃ 最低気温7℃ 湿度84%
2014/03/31(Mon)

5時45分起床。朝食後6時半ラジオ体操。餌台にパンくずを置く。メール発信。燃えるゴミだし。
「風の果て」を読了。午後陽射しが出てきて風が吹き出す。
藤沢周平著「紅の記憶」「証拠人」「唆す」を読んで休む。「紅の記憶」は昔読んだ記憶があった。
レーズンパンをセットしておく。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月26日(水) 雨 日の出5時55分 日の入り18時15分 最高気温16℃ 最低気温6℃ 湿度82%
2014/03/31(Mon)

5時45分起床。朝食後6時半ラジオ体操。少し頭がふらつく。餌台にパンくずを置く。
この時期夏みかんの葉っぱが沢山落ちる。新しい葉が出てくるようだ。
ラジオを聞きながら日記をつける。曽根圭介著「沈底魚」を読む。王将戦を見る。
16時6分のバスで街へ。銀行、図書館、買い物をして17時のバスで帰宅。
夜、「沈底魚」を読了。ややこしくてよくわからない作品だった。甲子園の高校野球は雨で中止。
アメリカの仲介で日、米、韓、首脳会談開かれる。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月25日(火) くもり 日の出5時57分 日の入り18時14分 最高気温17℃ 最低気温7℃ 湿度78%
2014/03/31(Mon)

5時45分起床。朝食後6時半ラジオ体操。餌台にパンくずを置く。メール発信。
「わたしの藤沢周平」を読む。藤沢周平さんの作品の愛読者が沢山いることを知る。
中嶋博行著「検察捜査」を読了。中嶋博行さんの作品を予約しておく。夜、世界で暮らす日本人妻を見る。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月24日(月)  晴れ 日の出5時58分 日の入り18時13分 最高気温15℃ 最低気温5℃ 湿度78%
2014/03/31(Mon)

6時起床。6時半ラジオ体操。メール発信。注文していないサイトから注文受付メールが届く。
消費者センターに伝えておく。パンを作り忘れて普段と違う朝食をいただく。ゴミを出す。
乃南アサ著「禁猟区」を読了。野菜の種をプランターに蒔く。
15時半のバスで街へ。買い物。銀行、図書館に寄って17時のバスで帰宅。
宝島社 NHK「わたしの藤沢周平」編「わたしの藤沢周平」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月23日(日)  晴れ 日の出5時59分 日の入り18時12分 最高気温15℃ 最低気温2℃ 湿度78%
2014/03/31(Mon)

6時25分起床。6時半ラジオ体操。朝食後パンくずを餌台に置く。日記をつける。
暖かくなるという天気予報だったが部屋の中では相変わらず冷えた一日だった。
NHK杯トーナメント囲碁。将棋を見る。メール発信。「東京ダモイ」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月22日(土)  晴れ時々曇り 日の出6時1分 日の入り18時11分 最高気温12℃ 最低気温2℃ 湿度80% 
2014/03/22(Sat)

ラジオ深夜便 午前4時台〔明日へのことば〕アンコール 「ヒトらしい共感力を育む」
京都大学大学院准教授 明和政子さんの話しを聞く。
6時起床。朝食後、ラジオ体操。餌台にパンくずを置く。日記をつける。うぐいすの鳴き声が聞こえてくる。
「風の果て 上」を読了。電王戦第2局, やねうら王勝利、佐藤紳哉六段投了を見る。
夕食スシローで。鏑木蓮著「東京ダモイ」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月21日(金) 曇り時々晴れ 日の出6時2分 日の入り18時11分 最高気温10℃ 最低気温1℃ 湿度81% 春分の日
2014/03/21(Fri)

ラジオ深夜便 午前4時台〔明日へのことば〕「父母からの最期の贈りもの」
看護師 長濱晴子さん話を聞く。1969年聖路加看護大学を卒業し、2年間アメリカのニューヨーク、ヒューストンの病院で臨床をして末期患者を看取り、日本の病院での臨床をして、厚生省で行政に、国会議員秘書として立法に関わってこられ。自らもガンや重症筋無力症を患いつつ、4人のご両親を看とられたプロセス『両親4人の看送り記』を出版された。70才の頃長生きすることにこだわらなかった父親が90才になって長生きしたいと言うようになったように老人の考えも変わることなど、京都の病院で看護師をしていた時在日韓国人の患者の家族が「病院は患者を元気にして送りだすところであって、死亡して送り出すところではないでしょう」と言って末期の親を自宅で看取るからと病院からの退院を申し出た話し。などを聞く。
5時起床。日記をつける。6時朝食。6時半ラジオ体操。餌台にパンくずを置く。風が強い。寒くなる。
9時15分のバスで街へ。買い物、プール。150m歩く。少し泳ぐが気持ち悪くなりジェットバスで休む。
図書館に寄って11時45分のバスで帰宅時小雨が降り出す。
藤沢周平・徳永文一著「甘味辛味  業界紙時代の藤沢周平」を読む。
風が時々強くなる。駐車場の屋根が風で不安な音を出す。16時雪が降り出す。
夜、藤沢周平著「風の果て 上」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月20日(木) 雨 日の出6時4分 日の入り18時10分 最高気温12℃ 最低気温4℃ 湿度81%
2014/03/21(Fri)

「殺人の棋譜」を読了。
6時25分起床。小雨。ゆるくラジオ体操をする。朝食後餌台にパンくずを置く。ラジオを聞きながら日記。
五木寛之著「青春の門 挑戦編上 下」を読了。
16時6分のバスで街へ。図書館に寄ってから花と野菜の種を買う。17時のバスで帰宅。
熊谷達也「銀狼王」を読んで休む。夜風が強くなり冷えてくる。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月19日(水) 晴れ時々曇り 日の出6時5分 日の入り18時9分 最高気温14℃ 最低気温4℃ 湿度80%
2014/03/21(Fri)

ラジオ深夜便 午前4時台〔明日へのことば〕こんぴら大歌舞伎30回~こうしてわが町は復活した
元・琴平町長 山下正臣さんの話しを聞く。江戸時代に作られ、国の重要文化財の指定を受けている現存する中では日本最古の芝居小屋。別名、金丸座で歌舞伎公演を復活させた。
6時25分起床。ゆるくラジオ体操をする。朝食後、畑へ。土いじりをして9時過ぎ戻り日記をつける。
「漂白の牙」を読了。16時6分のバスで街へ。図書館に寄って17時のバスで帰宅。
斉藤栄著「殺人の棋譜」を読んで休む。
九州で桜開花のニュース。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月18日(火) 雨後くもり 日の出6時6分 日の入り18時8分 最高気温17℃ 最低気温4℃ 湿度81%
2014/03/21(Fri)

ラジオ深夜便 午前4時台〔明日へのことば〕
著名人の終の棲家に学ぶ~多磨霊園に眠る人々評論家 立元幸治さんの話しを聞く。
6時15分起床。ゆるくラジオ体操をする。朝食、パンくずを餌台に置く。
7時半畑に行こうと玄関に出ると雨が降り出していた。行くのをやめて日記をつける。
今野敏著「隠蔽捜査4転迷」を読了。 熊谷達也「漂白の牙」を読んで休む。
四国高知で桜ソメイヨシノ開花のニュース。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月17日(月) 晴れ 日の出6時8分 日の入り18時7分 最高気温16℃ 最低気温3℃ 湿度81%
2014/03/17(Mon)

ラジオ深夜便 午前4時台〔明日へのことば〕
丸山眞男(マサオ)に学んだ私の生き方 丸山眞男手帖の会 代表 川口重雄さんの話しを聞く。
6時15分起床。パンくずを餌台に置く。ラジオ体操後、朝食、日記をつける。
8時6分のバスで病院へ。9時すぎ受診。10時過ぎCT検査。10時45分終了。
買い物、銀行、図書館へ寄って11時45分のバスで帰宅。
午後畑へ。じゃがいもを植え付けて帰宅。シャワーを浴びて日記をつける。
16時大阪ガスから3年点検。ガス漏れ、ガス機器のチェック。
「13階段」第47回江戸川乱歩賞受賞作品 を読了。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月16日(日) 晴れ時々曇り 日の出6時9分 日の入り18時7分 最高気温15℃ 最低気温3℃ 湿度81%
2014/03/17(Mon)

ラジオ深夜便 午前4時台〔明日へのことば〕午前4時台〔明日へのことば〕
「認知症の人の「やりたいこと」を応援したい」
NPO法人認知症フレンドシップクラブ 理事・放送大学教授 井出 訓さんの話しを聞く。
6時25分起床。6時半ラジオ体操。頭を回すと少し目が回る。
朝食後日記をつける。将棋・囲碁トーナメント、棋王戦を見る。
「スリジエセンター1991」を読了。高野和明著「13階段」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月15日(土) 曇りのち晴れ 日の出6時11分 日の入り18時6分 最高気温9℃ 最低気温-2℃ 湿度81%
2014/03/17(Mon)

6時25分起床。今朝も冷える。バケツに氷がはり、屋根にかすかに雪が残る。
6時半ラジオ体操をする。頭を回すと少し目が回った。
10時15分のバスで街へ。図書館で本を読む。13時15分のバスで帰宅。
海堂尊著「玉村警部補の災難」を読む。
第3回 将棋電王戦 第1局 菅井竜也五段 vs 習甦(しゅうそ)を見る。
スシローで夕食。
海堂尊著「スリジエセンター1991」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月14日(金) 曇り時々晴れ 日の出6時12分 日の入り18時5分 最高気温9℃ 最低気温0℃ 湿度81%
2014/03/17(Mon)

6時15分起床。昨日より冷える。ラジオ体操は目が回って休む。
昨夜遅くまで本を読みすぎたらしい。
午前中「チーム・バチスタの栄光 下」を読了。
午後今野敏著「わが名はオズヌ」を読む。
夜、帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい)著「蠅の帝国」を読む。
戦時中のさまざまな医者(軍医)の生きざまを知る。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月13日(木) 雨 日の出6時13分 日の入り18時4分 最高気温15℃ 最低気温3℃ 湿度81%
2014/03/17(Mon)

6時30分雨音を聞きながら起床。ラジオ体操をする。寝汗をかいて下着を替える。
朝食後ラジオを聞きながら日記をつける。終末期の記事でよく出てくる下顎呼吸を見る。
10時15分のバスで街へ。買い物、銀行、図書館に寄って11時45分のバスで帰宅。
春の嵐のような大きな雨音を聞きながら海堂尊著「チーム・バチスタの栄光 上」を読む。
15時から王将戦、16時から棋聖戦を見る。夜「チーム・バチスタの栄光 上」を読了し休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月12日(水) 晴れ後曇り後雨 日の出6時15分 日の入り18時3分 最高気温15℃ 最低気温3℃ 湿度80%
2014/03/17(Mon)

夜中目を覚ます。
ラジオ深夜便 午前4時台〔明日へのことば〕 花屋さんは被災地の憩いの場
南相馬市・花店経営 一條玉枝さんの話しを聞く。
被災後仮設施設に入居しご主人、お母さんを続けて病気で亡くされる逆境のなかから事業を再開された。
6時25分起床。今朝は冷えが緩み氷が張っていなかった。ラジオ体操をする。
朝食後庭に出て落ち葉拾い。野鳥の餌台にパンくずを載せる。日記をつける。暖かくなる。
徳永進著「人あかり 死のそばで」を読む。王将戦・棋聖戦を見る。
畑へ歩く。1時間ほど玉葱の半分を植え替える。
徳永進著「老いるもよし」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月11日(火) 晴れ 日の出6時16分 日の入り18時2分 最高気温9℃ 最低気温0℃ 湿度79%
2014/03/17(Mon)

7時起床。震災3年目。なお避難生活を約267000人。
朝食後庭に出て落ち葉拾い。バケツに氷。冷えている。「ふいに吹く風」を読了。
陽射しがあって風も無い。穏やかなお天気だが寒い。
徳永進著「野の花入院案内」を読了。徳永進は第一回若月賞受賞者。若月賞受賞者を見る。
くも膜下出血の前兆、めまいの原因を見る。
徳永進著「野の花診療所の一日」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月10日(月) 曇時々雪 日の出6時17分 日の入り18時2分 最高気温7℃ 最低気温0℃ 湿度78%
2014/03/17(Mon)

夜中目を覚ます。風音を聞く。
ラジオ深夜便 午前4時台〔明日へのことば〕「読み聞かせ」で子どもの心を支えたい(2)読書ボランティア「おはなしころりん」代表 江刺由紀子さんの話しを聞く。
6時15分起床。氷が張っていた。ラジオ体操。
朝食後庭に出て落ち葉拾い。山鳩のつがいがくる。日記をつける。
「急な青空」を読了。強い風が駐車場の屋根を鳴らす音が聞こえてくる。真冬のように冷える。
財務省が10日発表した1月の国際収支速報によると、経常収支の赤字額が前年同月より1兆2406億円増えて、1兆5890億円となった。経常赤字は4カ月連続で、単月としては、比較可能な1996年以降で過去最大となった。石油など輸入が1兆8000億円超も増加。
午後2時過ぎ雪が降ってくる。南木佳士著「海へ」を読了。釣ったばかりの鰯を焼いてパンにはさんでいただく記事を見てオランダ アムステルダムでいただいた魚のサンドイッチを思い出す。16時陽が射す。
18時雪がちらついていた。寒い一日。 南木佳士著「ふいに吹く風」を読んで休む。
夜午後11時20分から[東北発]深夜便。東北発ラジオ深夜便~いま、東北に生きる
○作家が見た、ふるさと被災地(前半)直木賞作家 熊谷達也さんの話しを聞く。
夜中レーズンパンをセットしておく。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月9日(日) 曇時々晴れ 日の出6時19分 日の入り18時1分 最高気温9℃ 最低気温1℃ 湿度79%
2014/03/09(Sun)

「家族」家族それぞれの立場で語らせた内容が面白かった。
「風鐸(ふうたく)」も読了。
「あんまりがんばるとおれみたいにうつ病になっちゃうぞ」と、本音の忠告をした。
彼は上目遣いで「なんでもうつ病で片づけば楽ですけでね」と。言い捨てて医局を出て行った。
病のために軽い勤務を許されている先輩への当てつけだったのだろうが、この言葉だけは忘れない」が印象に残る。
7時15分起床。朝食後「新ルソンの壺 段ボールでアイデェア商品開発」を見る。
画面を次第に目が回ってくる。目を閉じて音だけ聞く。
南木佳士著「さとうきび畑」を読む。大森荘蔵、中島義道、マルクス・アウレリウス「自省録」「長命の者も、早死にする者も、失うものは同じであり、人が失いうるものは現在だけなのである。」を読む。
庭の夏みかんの木にうぐいすが来て遊んでいる。
将棋・囲碁トーナメントを見る。やはりソファーに座って見ていると目が回ってきた。
南木佳士著「急な青空」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月8日(土) 曇時々晴れ 日の出6時20分 日の入り18時 最高気温8℃ 最低気温1℃ 湿度78%
2014/03/09(Sun)

「冬物語」を読了。7時45分起床。日記をつける。
南木佳士著「からだのままに」を読了。「変容する「わたし」」で「年を重ねる効用~うつを生き延びて」という題でラジオ深夜便で話をしていたことを知る。
南木佳士著「天地有情」を読了。南木佳士著「家族」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月7日(金) 曇時々晴れ 日の出6時21分 日の入り17時59分 最高気温7℃ 最低気温0℃ 湿度78% 啓蟄
2014/03/09(Sun)

夜中目を覚ます。頭を動かすと気持ち悪くなる。少し吐き気がする。平行感覚異常か。
ラジオ体操に起きずに横になったままでいる。8時起床。いいお天気になっていたが冷える。
今野敏著「TOKAGE特殊遊撃捜査隊」を読了。
南木佳士著「フナを釣る」「金印」「ハヤを釣る」「ニジマスを釣る」「ヤマメを釣る」を読了。
メニエル病の症状の一つに外界が回るような目がまわるのがあるらしい。これと似ているようだ。
南木佳士著「冬物語」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月6日(木) 曇時々晴れ 日の出6時23分 日の入り17時58分 最高気温8℃ 最低気温0℃ 湿度78% 啓蟄
2014/03/09(Sun)

昨日読んだ若月俊一さんが東京から佐久の病院に初めて来たのが昭和20年の今日、3月6日で34歳のときだった。佐久病院は前年昭和19年の1月に長野県農業会病院として開設されており若月が赴任した当時は院長と卒業したての女医がいただけだった。今の佐久総合病院は職員が1600名ぐらいらしい。
6時半起床。玄関と家々の屋根に雪があった。ラジオ体操が昨日同様目が回り出来なかった。
南木佳士著「自選短編小説集 熊出没注意」を読了。
16時5分のバスで街へ。図書館と買い物をして17時のバスで帰宅。
南木佳士著「落葉小僧」を読了。
夜、南木佳士著「八十八歳の秋 若月俊一の語る老いと青春」を読了。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月5日(水) 雨のち曇 日の出6時24分 日の入り17時57分 最高気温10℃ 最低気温2℃ 湿度80%
2014/03/09(Sun)

夜中目を覚ます。目がまわる。6時半起床。ラジオ体操。
8時半朝食。「信州に上医あり ―若月俊一と佐久病院―」を読了。12時もどす。
午後、南木佳士著「生きてるかい?」を読了。時々雲間から陽射しがでる。
夜レーズンパンをセットする。南木佳士著「阿弥陀堂だより」を読了。
おばあさんが良かった。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月4日(火) 晴れのち曇のち雨 日の出6時25分 日の入り17時56分 最高気温10℃ 最低気温2℃ 湿度78%
2014/03/09(Sun)

夜中目を覚ます。「エチオピアからの手紙」を読んで6時25分起床。新聞を取りに玄関へ。冷える。
ラジオ体操。朝食後回覧板を見る。例年この時期の問題は自治会の役員のなり手がない事という。
先週少し暖かくなったが今週はまた寒くなる。午前中「エチオピアからの手紙」、「木の家」を読了。
午後、南木佳士著「山中静夫氏の尊厳死」、「試みの堕落論」を読了。
夜、南木佳士著「信州に上医あり ―若月俊一と佐久病院―」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月3日(月) 曇のち晴れ 日の出6時27分 日の入り17時56分 最高気温8℃ 最低気温2℃ 湿度80%
2014/03/03(Mon)

夜中目を覚ます。「臆病な医者」を読んで6時25分起床。北風が強い。
6時半ラジオ体操。朝食後コールセンターへ問い合わせ。振込。メール。日記をつける。燃えるごみだし。
9時15分のバスで街へ。買い物をしてプールへ。
10時10分からから100m泳いではジェットバスで体を伸ばしてひと休みしながら、
12時までで1500mを泳ぐ。ジェットバスの中で足の膝の屈伸運動をする。
図書館へ寄って本の返却、予約本を借りる。13時15分のバスで帰宅。
「臆病な医者」を読了。続いて南木佳士著「エチオピアからの手紙」を読みはじめる。
夜「武士の一分」を見て休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月2日(日) 曇 日の出6時28分 日の入り17時55分 最高気温12℃ 最低気温4℃ 湿度82%
2014/03/03(Mon)

5時目を覚ます。「ふつうの医者たち」を読んで6時すぎ起床。雨は止んでいた。
ラジオ体操後朝食。南木佳士著「ふつうの医者たち」を読了。
将棋、囲碁トーナメントを見る。南木佳士著「医者という仕事」を読了。
南木佳士著「臆病な医者」を読んで休む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ