FC2ブログ
1月31日(水) 晴れ時々曇り 日の出 6時58分 日の入り17時26分 昼の時間10時間28分 最高気温7℃ 最低1℃
2018/01/31(Wed)
夜中に電話。ラジオがつなぐ受刑者との交流 清源禅寺住職 川越恒豊さんの話を聞く。
6時半畑へ。入り口の6時半畑へ。入り口の階段作りと草取り。9時過ぎ図書館。
乃南 アサ著「未練」「立川古物商殺人事件」藤沢周平著「暗闘風の陣」を読了。買い物、帰宅。
27日の雪がまだ残る。

1月4日(木)佐々木譲著「巡査の休日」
1月5日(金) 佐々木譲著「制服捜査」、久坂部羊著「老乱」
1月6日(土) 佐々木譲著「制服捜査 遺恨 割れガラス 感知器」
1月7日(日) 佐々木譲著「仮装祭」を読了。笹本凌平著「春を背負って」、佐々木譲著「犬の掟」
今野敏著「サーベル警視」、谷村志穂著「移植医たち」、今野敏著「プロフェッション」
1月11日(木) 斎藤兆史著「英語達人列伝 あっぱれ日本人の英語」久坂部羊著「虚栄」
1月12日(金) 「英語達人列伝 あっぱれ日本人の英語」幣原喜重郎と野口英世
1月15日(月) 「英語達人列伝 あっぱれ日本人の英語」岩崎民平、斎藤博、西脇順三郎、白洲次郎
1月17日(水) 大沢在昌著「夜明けまで眠らない」
1月18日(木) 佐々木譲著「沈黙法廷」
1月22日(月) 久坂部羊著「破裂」
1月23日(火) 菅原巌著「川西の歴史と産業」、垣根涼介著「人生教習所」
1月26日(金) 今野敏著「禁断」
1月31日(水) 乃南 アサ著「未練」「立川古物商殺人事件」藤沢周平著「暗闘風の陣」
スポンサーサイト



この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月30日(火) 晴れ時々曇り 日の出 6時59分 日の入り17時25分 昼の時間10時間26分 最高気温8℃ 最低-3℃
2018/01/31(Wed)
【絶望名言】アンコール(H29/4/24 OA) 太宰治 文学紹介者 頭木弘樹さんの話を聞く。
聞き手:川野一宇アナウンサー
6時半畑へ。入り口の6時半畑へ。入り口の階段作りと草取り。
10時プール。いつもと同じ、歩いて、泳いでジェットバス、82℃のサウナで12分x5回汗を流す。
暖かく風もない勝福寺古墳公園で昼休み。図書館。
「破裂」を読了。心臓手術訴訟と安楽死を扱って「現代版白い巨塔」とも言われた作品。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月29日(月) 晴れ時々曇り 日の出 7時00分 日の入り17時24分 昼の時間10時間24分 最高気温7℃ 最低-3℃
2018/01/31(Wed)
作家・作詞家 なかにし礼さんの話を聞く。6時半畑へ。入り口の草取り。ほうれん草を収穫する。
8時40分ラジオ体操。9時過ぎ図書館。「禁断」を読了。「破裂」を読む。
暖かく風もない勝福寺古墳公園で昼休み。買い物をして帰宅。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月28日(日) 曇り時々雪 日の出 7時00分 日の入り17時23分 昼の時間10時間23分 最高気温6℃ 最低1℃
2018/01/31(Wed)
6時半畑へ。入り口を耕し、ほうれん草と大根を収穫する。
10時図書館。「禁断」を読む。帰宅後、囲碁トーナメント、大阪女子マラソンを見る。「禁断」を読む。
1位 松田瑞生 ダイハツ 2:22:44
2位 前田穂南 天満屋 2:23:48の好タイム。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月27日(土) 雪時々曇り 日の出 7時1分 日の入り17時22分 昼の時間10時間21分 最高気温4℃ 最低-2℃
2018/01/31(Wed)
昨日来の雪が道路に積もる。3日連続の冷え込み。畑は見合わす。
午前中「禁断」を、午後図書館で「破裂」を読み、買い物。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月26日(金) 曇り時々雪 日の出 7時2分 日の入り17時21分 昼の時間10時間19分 最高気温3℃ 最低-3℃
2018/01/31(Wed)
昨日同様の冷え込み。道路が雪で白い。
6時半畑へ。入り口を耕し、ほうれん草を収穫し、一畝を耕す。表土が凍っていた。
8時40分ラジオ体操。10時図書館。「破裂」、今野敏著「禁断」を読む。
水道が凍って給湯器から水漏れ。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月25日(木) 曇り時々雨 日の出 7時2分 日の入り17時20分 昼の時間10時間18分 最高気温3℃ 最低-3℃
2018/01/31(Wed)
数年に1度の寒気で雪国では大雪。今年一番の冷え込み。
6時半畑へ。入り口を耕し、ほうれん草を収穫し、一畝を耕す。表土が凍っていた。
8時40分ラジオ体操。ガソリンを給油。買い物、銀行で振込。図書室で「人生教習所」を読了。
15時でお終いにして帰宅。王座戦 一次予選 村田智弘― 藤井聡太戦を見る。10時43分133手。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月24日(水) 曇り時々雨 日の出 7時3分 日の入り17時18分 昼の時間10時間15分 最高気温8℃ 最低-3℃
2018/01/31(Wed)
人生を変えるポートレートを 写真家 レスリー・キーさんの話しを聞く。
インドを旅してコミュニケーションの大切さを学び、仕事のポートレート写真に取り組む。
6時半畑へ。入り口を耕し、ほうれん草を収穫し、一畝を耕す。
9時過ぎ図書館。「川西の歴史と産業」、「破裂」、「人生教習所」を読む。
昼休み静かな勝福寺古墳公園。4時20分お終いにして買い物をして帰宅。冷たい風強し。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月23日(火) 曇り時々雨 日の出 7時3分 日の入り17時18分 昼の時間10時間15分 最高気温8℃ 最低-3℃
2018/01/31(Wed)
関東では積雪のニュースだったが朝5時雪は屋根に少しのこっていたが道路は溶けていた。
6時半畑へ。入り口を耕し、ほうれん草を収穫し、一畝を耕す。9時過ぎ勝福寺古墳の道を見る。
10時からプール。可愛い18人、その後シニアの大きなスピーカーの水の中でダンススクール。
歩いて、泳いで、ジャグジーで身体を伸ばし、サウナで汗を流す。
午後図書館で菅原巌著「川西の歴史と産業」、「破裂」、垣根涼介著「人生教習所」を読む。
16時半お終いにして帰宅。寒くなってくる。この冬一番の寒波。
群馬県草津白根山で火山噴火。噴石が当たり陸上自衛隊員1人死亡。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月22日(月) 曇り後雪後雨 日の出 7時4分 日の入り17時17分 昼の時間10時間13分 最高気温7℃ 最低2℃
2018/01/31(Wed)
関東で雪の予報。6時半畑へ。入り口に石を3個並べ、一畝を耕す。
9時買い物をして図書館で「沈黙法廷」を読了。昼前帰宅。予報通り午後雨が降り出しまもなく雪になる。
しばらくして土に雪が降り積もりだす。久坂部羊著「破裂」を読む。夕方雪が雨になる。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月21日(日) 晴れ時々曇り 日の出 7時4分 日の入り17時16分 昼の時間10時間12分 最高気温11℃ 最低2℃
2018/01/31(Wed)
6時半畑へ。ほうれん草と大根を収穫。「沈黙法廷」を読む。
夏みかんの木に美しいジョウビタキと沢山のすずめが来る。
全日本卓球女子準決勝石川―伊藤戦、決勝伊藤―平野戦、伊藤17才初チャンピオン。
男子準決勝張本―森園、決勝水谷―張本戦を見る。張本14才で男子最年少チャンピオン。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月20日(土) 晴れ時々曇り 日の出 7時4分 日の入り17時15分 昼の時間10時間11分 最高気温11℃ 最低2℃
2018/01/31(Wed)
シングルマザーに寄り添う シンママ大阪応援団・運営 寺内順子さんの話を聞く。
6時半畑へ。坂の上を1m耕す。9時過ぎ図書館へ。「沈黙法廷」を読む。
年末調整のための資料が届き出す。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月19日(金) 晴れ時々曇り 日の出 7時5分 日の入り17時14分 昼の時間10時間09分 最高気温10℃ 最低1℃ 
2018/01/31(Wed)
6時半畑へ。坂の上を1m耕し、草取りとじゃがいもを取る。
「沈黙法廷」を読みながら、順位戦 藤井-矢倉戦を見る。588.7K
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月18日(木) 曇り時々晴れ 日の出 7時5分 日の入り17時13分 昼の時間10時間08分 最高気温13℃ 最低1℃ 
2018/01/31(Wed)
星が見える。6時半畑へ。坂の上を1m耕し、じゃがいもと大根と小松菜とほうれん草を取る。
9時過ぎ図書館へ。「夜明けまで眠らない」を読了。
佐々木譲著「沈黙法廷」を読む。2時半お終いにして買い物をして帰宅。
B1順位戦 糸谷―斎藤、叡王戦 金井―佐藤戦を見る。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月17日(水) 雨 日の出 7時5分 日の入り17時12分 昼の時間10時間07分 最高気温15℃ 最低4℃ 6434名犠牲の1995年の震災から23年目。
2018/01/31(Wed)
【花が好き!自然が好き!】植物のいのちと響きあう(1)
英国キュー王立植物園公認植物画家 山中麻須美さんの話を聞き、Botanical Art作品を見る。
母を語る 脚本家 早坂暁 さんの四国遍路1400Kmの話を聞きながら日記をつける。(H16/10/19 OA)
夜中から予報通りの雨音。朝の畑を見合わせ、大沢在昌著「夜明けまで眠らない」を読む。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月16日(火) 晴れ時々曇り 日の出 7時6分 日の入り17時11分 昼の時間10時間05分 最高気温15℃ 最低9℃
2018/01/31(Wed)
フランソワーズ・アルディの曲を聞く。
ロボコン30年 国立小山工業高等専門学校 准教授 田中昭雄さんの話を聞く。
電気量のExcelを作る。
6時半畑へ。坂の上を1m耕し、じゃがいもとほうれん草を取る。
10時からプールで歩き、泳ぎ、ジェットバスで身体を伸ばし、サウナを5回繰り返す。
午後から図書館で「虚栄」を読了。3時半帰宅。暖かくなる。ベランダでじゃがいもを片付け。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月14日(日) 曇り 日の出 7時6分 日の入り17時09分 昼の時間10時間03分 最高気温7℃ 最低-1℃
2018/01/31(Wed)
「アメリカ音楽の父」とも称されるスティーブン・コリンズ・フォスターの曲を聞く。3時半昨日同様寒い朝。
6時半畑へ。こころをよむ 見つめ合う英文学と日本~カーライル、ディケンズからイシグロまで
「新渡戸稲造の愛読書 ~トマス・カーライル『サーター・レサータス』~」 
東京大学大学院教育学研究科教授…斎藤兆史さんの話を聞きながら坂の上を1m耕す。じゃがいもを取る。

『武士道』の著者としても知られる新渡戸稲造(1862~1933)は、18歳の時にイギリスの哲学者・歴史家トマス・カーライルの著書『サーター・レサータス』と出会い、以後35回愛読した。その本の教えの要諦は「もっとも手近な義務を果たせ」、「自分の手でなすべきことを全力でなせ」ということで、この教えに新渡戸は励まされた。国際人として活躍した新渡戸を教え導いた作品の魅力に迫る。
帰宅後8時45分ガソリンを給油し買い物をして9時半帰宅。
10時から朝日杯 佐藤天彦-永瀬拓矢、澤田真吾-藤井聡太戦、佐藤天彦-藤井聡太戦を見る。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月13日(土) 晴れ 日の出 7時6分 日の入り17時08分 昼の時間10時間02分 最高気温7℃ 最低-2℃
2018/01/31(Wed)
4時、風なく、星がよく見える。昨日同様厳しい寒さ。おとといの雪がまだ少し残る。
6時半畑へ。杭の整理。坂の上を1m耕す。小松菜を取る。
朝日杯羽生―高見、八代―糸谷、羽生―八代戦を見る。「虚栄」を読む。夜長電話。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月12日(金) 晴れ後曇り 日の出 7時6分 日の入り17時07分 昼の時間10時間01分 最高気温5℃ 最低-2℃
2018/01/31(Wed)
朝3時半、風強く、星がよく見える。昨日同様厳しい寒さ。昨日の雪がまだ少し残る。
昨夜三条市でJR普通電車が雪で動けなくなり満員の乗客約430人が約15時間閉じ込められているニュース。6時半畑へ。入り口の杭を取り替える。ドラム缶の中身をひっくり返し、糠をまぶして細かくして積み直す。ほうれん草を取って帰宅。杭の釘を取って先をノコで切る。
9時半図書館へ。強い日差しの中で「英語達人列伝 あっぱれ日本人の英語」幣原喜重郎と野口英世を読む。幣原喜重郎は明治元年に設置された堺県(現在の大阪府南西部)生まれで浜口雄幸と同じ大阪中学での同級生。大阪中学は後に第三高等中学校になり京都に移って第三高等学校になった。
幣原喜重郎がマッカーサーと憲法の戦争放棄条項を話し合ったことを知る。「虚栄」を再度読む。
いいお天気なので2時10分お終いにして買い物をして帰宅。車の手入れ。剪定バサミの手入れ。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月11日(木) 晴れ時々曇り 日の出 7時7分 日の入り17時06分 昼の時間9時間59分 最高気温4℃ 最低-3℃
2018/01/31(Wed)
昨夕のみぞれが残り朝屋根と道路が白くなる。朝刊はいつもどおり朝早く配達される。
6時半歩幅を小さくしてアイスバーンの道を畑へ歩く。坂の小石と雑草の根を取る。さつまいものつるをドラム
缶に積む。大根を取る。帰宅後8時40分ラジオ体操。9時過ぎ買い物、図書館へ。
斎藤兆史著「英語達人列伝 あっぱれ日本人の英語」を読む。日本人が書いた英文著作では以下を紹介。
内村鑑三著「How I became a Christian.」、新渡戸稲造著「Bushidou,the soul of Japan」
岡倉天心著「The book of Tea.」、鈴木大拙著「Zen and Japanese culture.」
岡倉天心が横山大観とアメリカを歩いていた時、アメリカ人から次の声を掛けられた。
What sort of nese are you people? Are you Chinese or Japanese or Javanese?
岡倉天心はこう答えたとあった。
We are Japanese gentleman.
But what kind of ‘key are you? Are you a Yankee, or a donkey. or a monkey?
久坂部羊著「虚栄」を再度読む。15時半でお終いにして、買い物をして帰宅。駐車場周りに雪が残っていた。

竜王戦5組 中田功- 藤井聡太、叡王戦 本戦 渡辺明-高見泰地 を見る。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月10日(水) 晴れ時々雨 日の出 7時7分 日の入り17時05分 昼の時間9時間58分 最高気温8℃ 最低-2℃
2018/01/31(Wed)
がんと闘う“命の教育”東京都豊島区立明豊中学校 校長 小林豊茂さんの話を聞く。「心を育てる教育をしている」。 6時半畑へ歩く。坂の小石と雑草の根を取る。小松菜とじゃがいもをとる。
8時40分ラジオ体操。9時過ぎ買い物、図書館へ。「老乱」を読了。「長生きする人が増えたから、認知症の人も増えた。頭と身体が老化しているのに死なない。元気で長生きは現実味の無いお題目。周りの子供たちから出来なくなったことを指摘され、それを回復するよう求められ、叱られるが今の医療で回復する手段はない。子供たちの役に立たないばかりか、迷惑をかけるだけの人間になってしまった。長く生き過ぎてしまった。
早く死にたいが自殺してはまわりに迷惑をかけるので死ねない。」認知症になった老人の気持ちと、家族の気持ちを学ばせてもらう。15時半お終いにして、みぞれ降る中を帰宅。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月9日(火) 曇り時々雨 日の出 7時7分 日の入り17時05分 昼の時間9時間58分 最高気温9℃ 最低2℃
2018/01/31(Wed)
風強く寒い一日。6時半畑へ歩く。坂の小石と雑草の根を取る。小松菜とじゃがいもをとる。
帰宅後8時40分ラジオ体操。9時45分プールへ。25m歩き、25m泳ぎ、ジェットバスで身体を伸ばし、80℃のサウナで12分温まりを5回繰り返し、12時まで。帰宅後「眼下の敵」を見て「老乱」を読んで過ごす。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月8日(月) 雨 日の出 7時7分 日の入り17時04分 昼の時間9時間57分 最高気温12℃ 最低8℃
2018/01/31(Wed)
1時半起床。斎藤兆史著『英語達人列伝 あっぱれ、日本人の英語』を予約しておく。
雨で畑は見合わせる。10時川西市文化会館が成人式に若者たちが集まる。小雨に晴れ着。
図書館で久坂部羊著「老乱」を読む。久坂部羊著「虚栄」を借りる。昼メールを受け、電話。15時まで。
小雨。帰宅後王将戦第一局、叡王戦を見る。一日雨。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月7日(日) 曇り 日の出 7時7分 日の入り17時03分 昼の時間9時間56分 最高気温9℃ 最低2℃
2018/01/31(Wed)
2時起床。「Windows ロゴマーク」及び「R」で「control fonts」と入力してClearType テキストの調整を選び「ClearTypeを有効にする」として文字の表示が綺麗になる。
6時半畑へ歩く。こころをよむ 見つめ合う英文学と日本~カーライル、ディケンズからイシグロまで
東京大学大学院教育学研究科 教授…斎藤兆史(さいとう よしふみ、1958年3月18日 - )さんの話を
聞きながら土いじり。明治期にイギリスをはじめ、ヨーロッパ各国の文学の文学が大量に入ってきまて、なかでも親しまれたのは英文学。特に明治初頭の10年間は教育上も英語が重んじられ、以後も日本人は原書や翻訳などを楽しみ、英文学研究も盛んに行なわれてきました。その作家・作品のなかに昔の日本人は何を見たのか。また日本を描いた作家は何をとらえているのか。今後、新渡戸稲造、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)なども取り上げていく。坂の小石と雑草の根を取り、小松菜の葉とじゃがいもをとる。
帰宅後8時40分ラジオ体操。振り込み。9時半過ぎ東区公民館図書館へ。
佐々木譲著「仮装祭」を読了。笹本凌平著「春を背負って」、佐々木譲著「犬の掟」、今野敏著「サーベル警視」、谷村志穂著「移植医たち」、今野敏著「プロフェッション」を読む。周りはセンター試験や、薬剤師国試の受験生たち。15時半帰宅。メール返信。
GatewayでバックアップをシステムイメージでHDに、回復ドライブをUSBに取る。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月6日(土) 曇り時々小雨 日の出 7時7分 日の入り17時02分 昼の時間9時間55分 最高気温10℃ 最低0℃
2018/01/31(Wed)
文化講演会「ゆがめられた関西像」国際日本文化研究センター教授…井上章一さんの話を再度聞く。
(初回放送2017年8月27日)詳細「関西人」と言えばどのようなイメージがあるだろうか。
“面白い”“必ず笑いをとろうとする”“話にオチを求める”・・・など思いつく事柄はいくつかあるだろう。
どうして、関西人のイメージはそのように定着したのか、関西人は昔からお笑い気質だったのか。
京都で生まれ育ち、阪神タイガースをこよなく愛する生粋の「関西人」井上さんが、関西のイメージの変遷を
たどりながらその本質を探る。大変面白いお話上手な建築出身の先生。
6時半畑へ歩く。坂の小石と雑草の根を取る。じゃがいもをとる。
帰宅後8時40分ラジオ体操。振り込み。9時半過ぎ公民館図書館へ。
佐々木譲著「制服捜査 遺恨 割れガラス 感知器」を読了。買い物をして帰宅。バックアップを見る。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月5日(金) 小雨後くもり 日の出 7時7分 日の入り17時01分 昼の時間9時間54分 最高気温7℃ 最低-1℃
2018/01/31(Wed)
3時からGatewayでWindows Updateが延々続く。T400sで設定して使いやすくなってくる。
6時半畑へ歩く。坂の小石と雑草の根を取る。じゃがいもをとる。
帰宅後8時40分ラジオ体操。振り込み。9時半過ぎ公民館図書館へ。「巡査の休日」を読了。
佐々木譲著「制服捜査」、久坂部羊著「老乱」を読む。15時45分まで。買い物をして帰宅。
夕方駐在所の警官が尋ねてくる。電話で振り込め詐欺の注意。
朝刊の2面の全面広告のアランドロンとジャンポールベルモンドの写真が良かったので額に入れて飾る。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月4日(木) 晴れ 日の出 7時7分 日の入り17時00分 昼の時間9時間53分 最高気温8℃ 最低-1℃
2018/01/31(Wed)
PCの整理。6時半畑へ歩く。坂の小石と雑草の根を取る。じゃがいもをとる。
帰宅後8時40分ラジオ体操。振り込み。9時半過ぎ図書館へ。公民館は休み。買い物をして10時本館へ。
いつもの席で佐々木譲著「巡査の休日」を読む。昼すいあまを聞きながら鳩やからすに見守られ昼食。
銀行記帳。16時半まで。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月3日(水) 雪時々曇り 日の出 7時6分 日の入り17時00分 昼の時間9時間54分 最高気温7℃ 最低-1℃
2018/01/31(Wed)
夜中目を覚ましPCの各種設定をする。
文化講演会・選「挑み続ける将棋人生」将棋界のレジェンド、加藤一二三九段。14歳でデビューしてから4年連続の昇級で、18歳にしてA級八段という記録は60年近くたった今なお破られていない。77歳で引退するまで常に挑戦し続けた加藤さんの将棋人生とは?記憶に残る名勝負や天才棋士たちとのエピソードだけではなく、加藤さんの持つ人生観について語る。(初回放送2017年11月26日)を再度聞きながら、
小雨から小雪に変わった畑へ。
朗読特集「最後の将軍-徳川慶喜-」司馬遼太郎(4)最終回▽二条城の緊迫 ▽大政奉還、辞官納地 ▽鳥羽伏見の戦い ▽慶喜、海路江戸へ ▽勝海舟と西郷隆盛の会見 ▽内戦回避、江戸城無血開城へ ▽余生を聞ながら、土を起こし石を取り畝に石を並べる。小松菜をとる。メール。
時々雪がちらつく中昼食スシローへ。寿司、のどぐろラーメン、ソフトクリームをいただく。
帰宅後「警官の条件」P.546を読了。
この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月2日(火) 晴れ時々曇り 日の出 7時6分 日の入り16時59分 昼の時間9時間53分 最高気温10℃ 最低3℃
2018/01/31(Wed)
日記をつける。メールの返信。
文化講演会・選「激動の時代に生きた若者たち~伊藤俊輔と明治維新~」作家…門井慶喜さんの話を聞く。
伊藤俊輔(のちの博文)は貧農出身だったが、来原良蔵(木戸孝允の義弟)に見出され吉田松陰の松下村塾に入門、多くの志士と親交を深めた。そして渡英し、明治維新後は大日本帝国憲法制定に中心的役割を果たし、初代内閣総理大臣に就任し、その後も3度総理大臣となった。伊藤博文の若き日を描いた「シュンスケ!」など歴史小説を手がけ、伊藤博文の魅力を聞く。
朗読特集「最後の将軍-徳川慶喜-」司馬遼太郎(3)<全4回>朗読松平定知を聞ながら畝に石を並べる。
▽慶喜、禁門の変を鎮圧、続いて長州追討へ ▽巧妙な薩摩の暗躍 ▽14代家茂の最期、隠された死 ▽将軍宣下、徳川宗家15代将軍徳川慶喜誕生
一日良い天気。部屋で「警官の条件」を読む。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月1日(月) 曇り時々小雨 日の出 7時6分 日の入り16時58分 昼の時間9時間52分 最高気温10℃ 最低2℃
2018/01/30(Tue)
昼の時間が1分長くなる。
6時半畑へ歩く。坂の小石と雑草の根を取る。朗読特集「最後の将軍-徳川慶喜-」司馬遼太郎(2)<全4回>朗読松平定知を聞きながら畝に石を並べる。だいこん小松菜を収穫。
▽慶喜京へ ▽同志幕末四賢侯 ▽京都守護職は腹心松平容保 ▽過激な長州、智謀の薩摩VS新撰組 ▽混乱する京 ▽慶喜、禁裏御守衛総督を拝命す
1862年7月6日、慶喜は将軍後見職、松平春嶽は政事総裁職就任。
慶喜は将軍後見職になって久光、春嶽 とともに中川宮 をたずねた。
会談をリードしたと描かれている慶喜は当時25歳、中川宮38歳、久光45歳、春嶽34歳と皆若かった。
慶喜の家来になる渋沢 栄一は埼玉県の村の豪農の長男で当時22歳、14代将軍家茂は16歳だった。
当時長州に近い朝廷の攘夷論と薩摩の開国論があり慶喜自身開国の考えだったが薩摩と同じくすることには幕府内部から薩摩にリードされてしまうなどの問題を指摘されて相当苦慮したように描かれていた。
将軍 徳川 家茂 1846年7月17日-1866年8月29日 20歳没
徳川 慶喜1837年10月28日-1913年11月22日 76歳没
島津 久光1817年12月2日 -1887年 12月6日 70歳没 
松平 春嶽 1828年10月10日-1890年 6月2日 61歳没 
中川宮 1824年3月27日 - 1891年10月25日 67歳没 
渋沢 栄一 1840年3月16日 - 1931年11月11日 91歳没 
T400sにChrome,Office2016, Dropbox、Itunes,AVGなどをインストールする。「警官の条件」を読む。

この記事のURL | 帰国後の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |